2014
12.01

メルマガがあります

 法楽寺メルマガがあります。ご希望の方はこちらからどうぞ。合掌
FC2 Management
2014
10.31

輪廻思想は仏教の根幹 ―愚かしき〈この生〉を繰り返す恐ろしさ―

201410310001.jpg

 待ちに待った論考が登場した。
 國學院大學教授宮元啓一博士著『ブッダが考えたこと』である。
 平成16年に春秋社より発行され、平成22年には第8刷となっている。

 その第一章は「輪廻(リンネ)思想と出家の出現」である。
 冒頭の一節である。

「インドでは、輪廻思想は、唯物論者を除いて、すべての宗教思想、哲学が前提とする考え方である。
 仏教もその例外ではない」


 およそ輪廻という考え方がなければ、仏教は登場しなかったはずである。
 お釈迦様は、苦なる私たちが輪廻せざるを得ないからこそ、何とかしないではいられず、すべてを捨てて探求の道へ入られたに違いない。
 事実、日本の伝統的仏教は輪廻を前提として修行し、祈ってきた。
 しかし、明治維新によって西洋的思考法が入り、様相は一変した。

「明治時代、西洋近代文明を尺度とした開化、啓蒙運動が展開された。
 そのなかで、迷信打破の運動も活発になった」

「仏教界における迷信打破運動のひとつは、輪廻思想に向けられた。
 死んだら何かに生まれ変わるというのは非科学的であり、地獄や極楽など、誰も見たことのないものがあるとする根拠は何もない」


 そして、お釈迦様がそんな荒唐無稽なことを言われたはずはなく、後世の仏教徒たちが大衆迎合の道具として勝手に採り入れたに違いないという見方が喧伝された。

「仏教は本来、輪廻思想を否定するものだったという考え方は、日本の知識人たちの頭にかなり深く刻み込まれ、今日に至っている」


 博士は典型的な例を挙げる。
 キリスト教神学の高尾利数博士は、古い仏典にある「輪廻的な生存がなくなった」という言葉をもって、お釈迦様が〈輪廻思想を認めていなかった証拠〉であるとした。
 これには驚いた。
 前後を読めば、ついに輪廻から解脱した、という意味以外にはあり得ないからである。
 宮元博士は手厳しい。

「端からゴータマ・ブッダは輪廻思想を認めなかったという強い思いこみがあり、ごく簡単な経典の文言すらもまともに読めなくなっているということである」

「日本の仏教学者の最大の問題点のひとつは、彼らが、インドに生まれた仏教を、インド思想のなかでとらえる努力をほとんどせず、仏教に始まり仏教に終わる研究に専心し、そのため、樹を見て森を見ずの状態にいることである」

「輪廻思想が成立してこそ、解脱(ゲダツ)へのあこがれが生まれ、出家という独特の生活形態をもつ一群の人々が登場するようになる」


 輪廻とは、廻る輪のように生まれ変わり死に変わりを繰り返すことである。
 自分の中にあるつまらぬ考え方や悪しき欲望や愚かしい発言や行動、そして、傷つけ、騙し、殺し合い、自分勝手に生きる人間が構成する社会の様相は、〈これが永遠に繰り返される〉と思えば、限りなく恐ろしい。
 インドの人々は古来、この恐れを強く感じ、どうしたら抜け出せるかを真摯に探求してきた。
 だから、お釈迦様の時代には、すでに高度な哲学思想が現れていた。
 お釈迦様は最終的に問題を解決できる思想にも修行にもめぐり会えず、ついに独特の思想と修行方法にたどりつかれた。
 そして、「不死」に至ったと宣言されたのである。

「輪廻の世界とは、実存的な製造(生、生活)の世界である。
 したがって、解脱するとは、生存の世界から究極的に脱却することである」

解脱した者は、今生(コンジョウ)の生存を終えてから、決して再び何かに生まれ変わることがないとされる。
 つまり、解脱とは、生を永遠に捨てることにほかならない。
 生まれ変わることがもはやないから不生ともいえるし、再び死ぬことがないから不死ともいえる」


 お釈迦様は、輪廻する生存状況と格闘し、ついに輪廻せずに済むところに至ったからこそ「不死」とされた。
 
 このように、輪廻を前提としない仏教はあり得ないのである。
 輪廻からの脱却を目的とするからこそ仏教の修行は成立しており、輪廻を意識しない出家者つまり、僧侶もあり得ない。
 お釈迦様の問題意識がどこにあったか、そして自分の問題意識はどこにあるか、よく考えてみたい。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2014
10.31

11月の行事予定

2014101800001.jpg

 平成26年11月の行事予定です。

[第一例祭] 2014/11/2(日)午前10:00~11:00

 護摩法を行います。
 今月から、皆さんと一緒にお唱えする経典を大幅に入れ替えました。
 ほとんどを読み下し文にしたので、内容が今までよりも理解しやすくなりました。
 み仏と万物と万霊をご供養し、願いをかけましょう。
 その月の守本尊様をお讃えする「讃歎経(サンタンキョウ)」は、リズムが良くとても読みやすく、何度も口にしているうちに、だんだんと有難味がわかってきます。
 太鼓と共に般若心経を唱えましょう。
 自由参加です。
 み仏の智慧が輝く護摩の火に身を近づけ、悪しきものは焼き祓い、善き願いへ大きなご加護を受けてください。
 (願い事を書く護摩木供養は1体300円です)
・場  所  大師山法楽寺
・送迎申込 開始30分前に地下鉄泉中央駅そばの『イズミティ21』前へ送迎車がまいります。
 乗車希望の方は前日午後5時までに必ずご連絡ください。

[書道・写経教室] 2014/11/2(日)午後2:00~午後3:30

 髙橋香温先生は津波で被災されても書道一筋でがんばっておられます。
 先生の熱意と誠意を感じられる貴重な時間です。
 今月も、『舎利礼(シャリライ)』という72文字のお経を4文字づつ書きます。
 書道の基本を学び、100文字の写経も行います。
 イス席もありますので、お気軽にご参加ください。
・場  所  大師山法楽寺
・指  導  高橋香温(温子)先生
・ご志納金 1000円(未成年者500円)
(毎月第一日曜日午後2時から開催します)
・送迎申込 開始30分前に地下鉄泉中央駅そばの『イズミティ21』前へ送迎車がまいります。
 乗車希望の方は前日午後5時までに必ずご連絡ください。

[第十回新法楽塾] 2014/11/2(日)午後4:00~午後5:30

 清浄体操から、梵字の「阿」と一体になる阿字観(アジカン)まで、正統な瞑想法を伝授します。
 お大師様は経典を根拠にして、阿字観こそがお釈迦様の悟りへ入る最終的な方法であると説かれました。
 しかも、難しい本格的な方法のみならず「光と一体」の観想だけという略法でも、み仏そのものになれるのです。
 身体を整え、心を正す修行を実践しましょう。
 身体を締めつけず、ご本尊様の前で修行するにふさわしい服装でおでかけください。
 いつからでも始められます。
 イス席もご用意しますので、座れない方などもどうぞ心配せずにおでかけください。
 なお、正式な伝授なので、録画・録音はできません。
 清浄な姿と心でご参加ください。
 資料の準備などの関係上、参加される方は、事前に電話やファクスやメールなどでお申し込みください。
・場  所  大師山法楽寺
・ご志納金 1000円
・送迎申込 開始30分前に地下鉄泉中央駅そばの『イズミティ21』前へ送迎車がまいります。
 乗車希望の方は前日午後5時までに必ずご連絡ください。

[『マイベストプロ』講演会] 2014/11/6(土)午後1:00~午後1:50

 恒例となった相談会が行われます。
 今年は「お墓と供養―人生相談と祈りの現場から―」と題し、一般墓、一代墓、共同墓、自然墓などの考え方、また、供養をどうすべきかなど、皆さんの気づきにくいポイントを、わかりやすくお話しします。
 ※講演後、別室で膝を交えてお話し合いをする時間もあります。
・場  所 河北新報社一Fホール 仙台市青葉区五橋1-2-28
・参加費 無料
・申  込 マイベストプロ宮城事務局 秋の生活相談会022-227ー6660
※講演後、別室で膝を交えてお話し合いをする時間もあります。

[収穫感謝昼食会] 2014/11/8(土)午前11:30~午後1:00  

 農家の方からハーベスタ(脱穀機)をお譲りいただき、今年は脱穀も自前で行いました。
 好天に恵まれて作業が進み、天日干しの「法楽米」は次々と袋を満たし、(株)赤間農園のもみすり機へと搬送されました。
 できあがりが楽しみです。
 収穫感謝昼食会へぜひ、お出かけください。
 一汁一菜で、無農薬・無肥料の「法楽米」をじっくり味わってください。
・会  費 500円
・参加申込 11月7日午後5時まで。
 電話 022-346-2106(午前9時~12時、午後1時~5時)
 ファクス 022-346ー2107
 メール:ryuuchi@hourakuji.net
・送迎申込 開始30分前に地下鉄泉中央駅そばの『イズミティ21』前へ送迎車がまいります。
 乗車希望の方は前日午後5時までに必ずご連絡ください。

[第五十七回寺子屋『法楽館』 ―映画「ひめゆり」を観る会─] 2014/11月8日(土)午後1:30~3:30

 映画で証言した「ひめゆり」生存者の声です。
「この映画は生き残った者の真実の叫びであり、亡くなった友への心の奥底からの鎮魂の思いを綴ったものです」
 監督の話です。
「語られている内容は過去ですが、語っている切実さは『今』にそのままつながっています」
「この映画は、今を生きる私たちに多くの示唆と希望を与えるものと信じます」
 沖縄出身の歌手Cocco氏の想いです。
「〝忘れたいこと〟を話してくれてありがとう。
 〝忘れちゃいけないこと〟を話してくれてありがとう」 
・映  画 平成19年柴田昌平監督作品
・場  所 法楽寺講堂
・参加費 1000円
・送迎申込 開始30分前に地下鉄泉中央駅そばの『イズミティ21』前へ送迎車がまいります。
 乗車希望の方は前日午後5時までに必ずご連絡ください。

[第二例祭] 2014/11/15(土)午後2:00~3:00

 護摩法を行います。
 今月から、皆さんと一緒にお唱えする経典を大幅に入れ替えました。
 ほとんどを読み下し文にしたので、内容が今までよりも理解しやすくなりました。
 み仏と万物と万霊をご供養し、願いをかけましょう。
 その月の守本尊様をお讃えする「讃歎経(サンタンキョウ)」は、リズムが良くとても読みやすく、何度も口にしているうちに、だんだんと有難味がわかってきます。
 太鼓と共に般若心経を唱えましょう。
 自由参加です。
 み仏の智慧が輝く護摩の火に身を近づけ、悪しきものは焼き祓い、善き願いへ大きなご加護を受けてください。
 (願い事を書く護摩木供養は1体300円です)
・場  所 大師山法楽寺
・送迎申込 開始30分前に地下鉄泉中央駅そばの『イズミティ21』前へ送迎車がまいります。
 乗車希望の方は前日午後5時までに必ずご連絡ください。

[第十一回新法楽塾] 2014/11/15(土)午後4:00~午後5:30

 清浄体操から、梵字の「阿」と一体になる阿字観(アジカン)まで、正統な瞑想法を伝授します。
 お大師様は経典を根拠にして、阿字観こそがお釈迦様の悟りへ入る最終的な方法であると説かれました。
 しかも、難しい本格的な方法のみならず「光と一体」の観想だけという略法でも、み仏そのものになれるのです。
 身体を整え、心を正す修行を実践しましょう。
 身体を締めつけず、ご本尊様の前で修行するにふさわしい服装でおでかけください。
 いつからでも始められます。
 イス席もご用意しますので、座れない方などもどうぞ心配せずにおでかけください。
 なお、正式な伝授なので、録画・録音はできません。
 清浄な姿と心でご参加ください。
 資料の準備などの関係上、参加される方は、事前に電話やファクスやメールなどでお申し込みください。
・場  所  大師山法楽寺
・ご志納金 1000円
・送迎申込 開始30分前に地下鉄泉中央駅そばの『イズミティ21』前へ送迎車がまいります。
 乗車希望の方は前日午後5時までに必ずご連絡ください。

[機関誌『法楽』の作製] 2014/11/24(月)午前9:00~

 講堂にて、機関誌『法楽』を作り、機関紙『ゆかりびと』と共に発送しますので、ご協力をお願いします。
『実語教・童子教』も共に学びましょう。
 おかげさまにて、『法楽』は第298号、『ゆかりびと』は第161号となります。
・場  所 法楽寺講堂
・日  時 毎月、最終月曜日に行っていますが、今月は月末に当たっており、一週間繰り上げて作製・発送を行います。

お焚きあげ 2014/9/29(土)午前10:00~11:00

 お不動様のご縁日に、お不動様の前で「供養会」を行い、「お焚きあげ」を行います。
 人形や仏壇や写真など、燃えるものも、燃えないものも大丈夫です。
 一緒にお不動様のお経を読み、真言を唱えましょう。
お焚きあげをご希望の方は、必ず電話などで日時を連絡の上、お品をご持参、あるいはお送りください。
 当日とは限らず、いつでも結構です。

[隠形流(オンギョウリュウ)居合道場]

 仏法に生きる身と心をつくるために行います。 
 九字を切り、守本尊様のご加護をいただく密教独自の剣法です。
 高齢者の方々や女性が多く、厳しいながらも和気藹々(ワキアイアイ)と稽古しています。
 入門ご希望の方は、事前に連絡の上、まず、見学してください。
・日  時 毎週金曜日 午後7:00~9:00
・場  所 仙台市旭ヶ丘青年文化センター

◎清掃奉仕の日

 毎週金曜日、ご縁の方々が最も多くおでかけになられる土曜・日曜の前日に、境内地などの清掃や草取りなどを行います。
 皆さんのご都合に合わせて、何時でも自由にでかけられ、大きな徳積みをされてはいかがでしょうか。
 その日ごとに作業のポイントを貼り出しますので、ご覧の上、どうぞご参加ください。
 どなたでも参加できます。
・日  時 毎週金曜日午前9時~午後5時
・場  所 法楽寺境内地など




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2014
10.30

11月の聖語「種を蒔く人」 ―ヒストリーとイティハースを思う―

201410190019.jpg
〈お釈迦様の前に立つと恥ずかしくなります〉

 お大師様は説かれました。

「春に種を蒔かなければ、秋の実りを得られようか。
 善男善女よ、因果応報をゆめゆめ、忘れるなかれ」


 原文は以下のとおりです。
「春の種を下さずんば、秋の実いかんが得ん。
 善男善女仰がずんばあらず、仰がずんばあらず」

 私たちがまっとうに生きるためには、どんなに理不尽な扱いを受けても、いかなる不条理を目にしても、善き原因があればいつかは必ず善き結果が出ることを信じて進むのみです。
 悲しい思いや、辛い辛抱や、苦しい経験は、因果応報への信念を鍛えるために仏神から与えられた貴重な機会なのかも知れません。
 では、耐えきれなくなりそうな時、因果応報が信じられなくなりそうな時は、何が支えとなるか?
 ご先祖様は何を支えとして善く生きようとし、人間はずっと人間であり得たのか?

「歴史」には二通りの考え方があります。
 私たちは普通、英雄や強大な国の行為などによる特別なできごとが記録されたものを歴史と考えます。
 これが英語のヒストリーです。
 学校で習う歴史の教科書の大部分はこうしたできごとの羅列になっています。
 それに対して、どこにでもあるような、記録するほど特別でもない庶民たちの営みが積み重ねられたものをインドの言葉でイティハースと言います。
 ガンジーはこう説きました。

「ヒストリーは〈帝王たちの行跡〉であり、愛や真理が分断されたときに記録される」
イティハースは多くの人々の日常的実践の積み重ねであり、自然に継承されてきた伝統・常識の体系であるため、わざわざ記述がなされない」(中島岳志「死者のデモクラシー」より)


 人々が愛や真理を共有しつつ紡いだ日常生活こそが真の歴史であって、それは「死者たちの沈黙の中にある」としたのです。

 私たちのほとんどは、信長でもなければ、秀吉でもありません。
 だから、ヒストリーを勉強して並外れた意志の実現力に感嘆するのも結構ですが、迷い、追いつめられた時ほど、〈伝統・常識〉で暮らす人々の身近にある〈愛や真理〉に気づくことが大切です。

 Aさんのお祖母さんは太平洋戦争中、教師としてはたらき、たくさんの教え子を戦地で失いました。
 お祖母さんは亡くなるまで、「B君はガダルカナルで死んだ」「C君はニューギニアで死んだ」と思い出しては手を合わせ、孫にも語り聞かせていました。
 やがて大人になったAさんは、お祖母さんから聞かされていたかつての激戦地へ出向き、放置され、現地の人に踏みつけられるままになっている路傍のご遺骨に落涙しつつ、集めるようになりました。
 お祖母さんは「生徒たちは我が子であると観て、育てる」という教師としての〈伝統・常識〉を貫きました。
 お祖母さんはすでに過去の人となり、沈黙の世界へ行きましたが、今なお、沈黙の中からAさんの心へ語りかけています。
 Aさんは、お祖母さんから感得した〈愛や真理〉を柱とし、原動力として行動しつつ、ものを書き、語り続けています。

 Aさんと話していると迷いが感じられません。
 ご自身の行動が炎天下に撒かれた打ち水のように儚いと思うこともあるでしょうに、まっすぐです。
 やはり、〈やっただけのことはきっとある〉という因果応報の信念がおありなのでしょう。
 信念を持って種を蒔く人であり続けたいものです。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2014
10.29

生きた証の一代墓 ―そっと落とし文を―

201410290024.jpg
〈河北新報様よりお借りして加工しました〉

 人生相談の現場には、こうした声もあります。
「自分の生きた証を残したい」
「ずっと二人で支え合って生きてきたので、どちらかが亡くなったなら残った方がしっかり供養したい。
 二人とも亡くなり、あの世でまた一緒になってから、自然墓へ移して欲しい」
 〈お墓には後継者が不可欠〉という抜きがたい先入観を打ち破りさえすれば、一代墓(イチダイボ)という形で願いは実現します。
 
 ご近所のペット霊園やすらぎ」さんで、恒例の供養会を行いました。
 園内4カ所で修法し、大日如来、地蔵菩薩、観音菩薩のご加護について申しあげ、代表の鈴木広氏よりお話をお聴きしました。
「最近では、もう、癒されるというところを超えています。
 多くの方々が、救われると言われます。
 本当に救いなんですねえ。
 だんだん、人間が当てにならなくなってきたんでしょうか」

 どうしてもペットと一緒のお墓を建てたいというご相談が絶えません。
 もちろん、お骨を混ぜることはできませんが、同所に眠る方法はあります。
 本堂でのご葬儀も増えています。
 人間のご葬儀で泣き声が聞こえることはほとんどありませんが、ペットの場合は珍しくありません。
 ご家族だけなので、気持が外へ出やすいのでしょうか。

 み仏のお救いはこうなっています。
 現実世界を真実世界へ転換させたい→思いやりを根本的価値とする→具体的で適切な方法を実践する
 必ず、方法は見つかるはずです。
 祈りつつ、想像力と創造力をもって、共に進みましょう。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」※今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=EOk4OlhTq_M





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


back-to-top