2016
05.06

生かされている不思議 ─スマホの毒─

2016-05-06-0002.jpg
〈伐られしものの肌は温かかった〉

 お大師様の聖語です。

如来(ニョライ)威神(イジン)の力を離るれば、十地(ジュッチ)の菩薩(ボサツ)もその境界(キョウガイ)にあらず、いわんや生死(ショウジ)の人(ニン)をや」


 意訳です。
如来(ニョライ)の持つ不思議なお力がなくなれば、高い位にある菩薩(ボサツ)といえども、その世界に安住することはできません。
 ましてや、生き死にの輪廻転生(リンネテンショウ)に迷う私たちはなおさらです。」

 私たちは、み仏の不思議なお力に守られていればこそ、日常生活をつつがなく送られます。
 もちろん、四苦八苦(シクハック)は否応なくやってきますが、それにしても、車を運転中に何百台の車とすれ違ってもぶつからないこと、切符を買って電車に乗れば目的地へ連れて行ってもらえること、コンビニのおにぎりできちんと空腹が満たされること、いずれも、考えてみれば〈自分の力〉の果たす役割は小さく、無限のよき縁が重なってこその現象です。
 他の車がぶつかってこない、電車が脱線せずに目的地へ行く、おにぎりに毒が入っていない、いずれも「ありがたい」というしかありません。

 もっとも、ここでは、そうした日常的な場面ではなく、決心して仏道を歩むという行為が、み仏のご加護なくしては行われ得ないという状況について述べています。
 み仏のご加護を「加(カ)」と言い、私たちがそれをいただいて救われることを「持(ジ)」と言い、合わせて加持になります。
 不安でたまらない方や体調不良の方、あるいは変なものに取り憑かれたような気がする方などが「ご加持」を受けにご来山されれば、加持法という特殊な修法を行いますが、加持が意味するものはそれだけではありません。
 上記のように、365日、24時間にわたってご加護をいただいているのが真実であり、それに気づく人は「ありがたい」という感謝と共に生きられます。
 実に、「加」も「持」も真実なのです。

 守本尊利益経は説きます。

「子年千手観世音菩薩、丑寅年虚空蔵菩薩、卯年文殊菩薩、辰巳年普賢菩薩、午年勢至菩薩、未申年大日如来、酉年不動明王、戌亥年阿弥陀如来となりて守り、
 月にては十二か月四季折々の物を授け守り、
 日は三百六十五日昼夜を見守り、
 時は一刻の休みなく八方天地十方世界を守る」


 今日は早朝からA家の出棺・火葬、B家のご葬儀、C家のお通夜と続き、寺へ戻る余裕がありません。
 この世での役割を終え、み仏の世界へ還って行く方々をお送りする者としては、死を想う気持が深まる一方です。
 また、死に待たれているがゆえに生が輝いているという真実も、深く、深く心に迫ってきます。
 私たちの生は文字どおり〈束の間〉です。
 ゆめゆめ、仇(アダ)やおろそかにすることはできません。
 偽り、ごまかし、放恣で過ごす時間の恐ろしさが実感されます。

 国立青少年教育振興機構の発表によれば、「スマホ熱中度」と「生活慣習の乱れ」には強い関連があります。
 熱中度の高い層は、朝食や歯磨きなどの基本的生活習慣が、薄い層の半分ほどしかできていません。
 恐ろしいではありませんか。
 もはやとっくに言い古されたことですが、人間が人間の発明したものによって支配され、が壊されつつあります。
 自然や生きものや人間の輝きが心の目に瑞々しく映っているか?
 自分の頭で、が感応するものへの意識を深めているか?
 スマホに取り憑かれ、自分の意識と人生の時間を奪われてはいないか?
 取り返しのつかないことにならぬよう、よくよく振り返ってみたいものです。

 私たちは、の世界の親であるみ仏に守られつつこの世を過ごす息子であり娘です。
 恩知らずや親不孝にならぬよう、生を充実させながら生きたいものです。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん ばざら たらま きりく」※今日の守本尊千手観音様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IvMea3W6ZP0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

 

スポンサーサイト
2016
05.05

5月の守本尊は普賢菩薩様です ─菩薩に救われる道─

2016-05-05-0002.jpg

 5月5日から6月4日までは「立夏」と「小満」の皐月(サツキ)です。
 5月は巳(ミ)の月なので、守本尊普賢菩薩(フゲンボサツ)様です。

 普賢菩薩様は、『諸善解脱三昧智力(ショゼンゲダツサンマイチリキ)』という、苦を解決し心の平穏を保つ智慧をつかさどるみ仏です。
 煩悩(ボンノウ)は、自分を迷わせ、他から邪魔される魔ものを呼び込み、いざ何かをしようとする時に、思わぬ妨げとなります。
 正しい方法によって、煩悩を菩薩(ボサツ)の大欲(タイヨク)へ転換させ、自分と周囲を清め、よき運命の創造に障害となる魔ものを祓いましょう。

 また、普賢菩薩様は、辰己(タツ・ミ)年生まれの善男善女を一生お守りくださる守本尊でもあり、身体においては、主として腕や手をお守りくださいます。
 ご供養し、ご守護いただき、心豊かで無事安全に過ごしましょう。

 以下は、普賢菩薩様を讃歎する経文です。

普賢菩薩は三摩地(メイソウ)の○境地に入って大悲(ダイヒ)から○普(アマネ)く衆生(シュジョウ)の救済を○願い行う菩薩にて○その方便(ハタラキ)の究竟(モクテキ)は○衆生(シュジョウ)の利益(シアワセ)実現す○慈悲の心の実践に○あるを信じてこの菩薩○ただ誠心(ヒタスラ)に帰依(キエ)をして○己(オノレ)の罪障(ザイショウ)懺悔(サンゲ)して○菩提(サトリ)求める心持ち○普賢の真言誦持(ジュジ)すべし」


普賢菩薩は深い瞑想の境地へ入り、無限のお慈悲からすべての生きとし生けるものの救済を願い、実践するみ仏である。
 最高の手だてが目的とするところは救い漏れのない慈悲の実践にあることを信じ、普賢菩薩へまごころこめて帰依し、自分の罪科を懺悔して悟りを求める心になり、普賢菩薩の真言を唱えて離すことなかれ)

 普賢菩薩は行者の象徴です。
 お釈迦様が過去世において、行者として実践された修行の数々を説くジャータカは、シビ王だった時代の逸話を伝えています。
 王は、盲目のバラモンを救うため、「一切を知る智慧の眼は、肉眼の百倍も千倍も好ましい」と言いつつ医師に自分の眼球を取り出させ、バラモンへ与えました。
 小生も心眼の実話を聞いたことがあります。
 ある町の職人は仕事も信仰も熱心でした。
 やがて名声が上がり、知らぬ人のない名人となりました。
 しかし、中年にさしかかる頃、目の病気にかかり失明しました。
 仕事ができなくなり苦しみましたが、祈るうちにだんだんと心眼が開け、不思議にも、眼前に置かれた画の内容までわかるようになったそうです。

 行者である菩薩の行う実践は畢竟(ヒッキョウ)、生きとし生けるものへ楽を与え、その苦を抜く慈悲行です。
 凡夫も他のためになる慈悲心はありますが、菩薩とは〈差し出せるものの範囲〉が違います。
 我々凡夫は、自分のできないレベルまで行える菩薩を心から敬わないではいられません。
 自分の目を差し出すほどの菩薩に心うたれ、自分にはできないながらもその崇高さの前に己を投げ出し敬わないではいられないのです。
 これが帰依(キエ)です。
 帰依を表現する具体的な方法が合掌であり、真言を唱えることです。
 これで心も身体も言葉も菩薩へ一歩、近づけます。
 「おん さんまや さとばん」と唱えつつ普賢菩薩の境地をめざせば、やがては数々の穢れや過ちをまとったままの自分が、菩薩の境地を自分なりのレベルで感じとれる時が来るかも知れません。
 それが即身成仏(ソクシンジョウブツ)であり、感じとられ、生き方が変わった時、自分も菩薩に近づき、普賢菩薩の救済が現実のものとなるのです。

21080819 010

 写真は、永代供養を行ってご加護を受けるため、当山の講堂へ納められた普賢菩薩様です。
 総丈は約35㎝あり、日本で唯一、護摩を焚いてできた灰が体内へ納められたご本尊様です。(奉納受付中)

 5月の守本尊様をご供養しお守りいただきたい時、願いを成就させたいと念じる時、つらい時、悲しい時、淋しい時、あるいは感謝したい時は、合掌して普賢菩薩様の真言(真実世界の言葉)を唱えましょう。
 たとえ一日一回の行でも、信じて行なえば、ご本尊様へ必ず思いが届きます。
 続けて行う回数は任意ですが、基本は1・3・7・21・108・1080回となっています。

普賢菩薩(フゲンボサツ)

「おん さんまや さとばん」

今月の真言をお聞きになるにはこちらをクリックしてください。音声が流れます

※お聞き頂くには 音楽再生ソフト が必要です。お持ちでない方は、
 こちらから無料でWindows Media Player がダウンロードできます。





 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2016
05.05

5月の行事予定 ─例祭・寺子屋・瞑想・書道・写経・居合─

2016-05-05-0001.jpg

 平成28年5月の行事予定です。

[第一例祭 2016/5/1(日)

 今月の守本尊である普賢菩薩様のわかりやすい経典や真言などを読誦してご加護をいただきましょう。
 太鼓の音と共に般若心経をお唱えすると心身がリフレッシュされますよ。
 参加は自由です。
 願い事を書く護摩木は一本300円です。
・送迎申込 開始30分前に地下鉄泉中央駅そばの『イズミティ21』前へ送迎車がまいります。
 乗車希望の方は前日午後5時までに必ずご連絡ください。

書道写経教室] 2016/5/1(日)午後2:00~午後3:30

 髙橋香温先生の熱意と誠意を感じられる貴重な時間です。
 書道の基本を学び、100文字の写経も行います。
 イス席もありますので、お気軽にご参加ください。
・場  所  大師山法楽寺
・指  導  書道師範高橋香温(温子)先生
・ご志納金 1000円(未成年者500円)
(毎月第一日曜日午後2時から開催します)
・送迎申込 開始30分前に地下鉄泉中央駅そばの『イズミティ21』前へ送迎車がまいります。
 乗車希望の方は前日午後5時までに必ずご連絡ください。

[第七十五回寺子屋『法楽館』 ―守本尊の祈り方と瞑想について─]2016/5月14日(土)

 私たちは誰しもが〈守本尊〉にお守りいただいています。
 卯(ウ)年生まれなら文殊菩薩、酉(トリ)年生まれなら不動明王です。
 お正月や立春はもちろん各種のご祈祷においても守本尊様のご加護をいただきます。
 そうした守本尊様の祈り方や瞑想法についてお話しします。
 体験コーナーもありますので、どうぞお気軽におでかけください。

・14時~15時30分
・場  所 大師山法楽寺
・ご志納金 1000円
・送迎申込 開始30分前に地下鉄泉中央駅そばの『イズミティ21』前へ送迎車がまいります。
 乗車希望の方は前日午後5時までに必ずご連絡ください。

[第二例祭 2016/5/21(土)午後2:00~3:00

 今月の守本尊である普賢菩薩様のわかりやすい経典や真言などを読誦してご加護をいただきましょう。
 太鼓の音と共に般若心経をお唱えすると心身がリフレッシュされますよ。
 参加は自由です。
 願い事を書く護摩木は一本300円です。
・場  所 大師山法楽寺
・送迎申込 開始30分前に地下鉄泉中央駅そばの『イズミティ21』前へ送迎車がまいります。
 乗車希望の方は前日午後5時までに必ずご連絡ください。

お焚きあげ 2016/5/28(土)午前10:00~11:00

 最終土曜日、お不動様の前で「供養会」を行い、「お焚きあげ」を行います。
 人形や手紙や写真や時計、あるいは御守や御札や仏壇や神棚など、燃えるものも、燃えないものも大丈夫です。
 一緒にお不動様のお経を読み、真言を唱えましょう。
お焚きあげをご希望の方は、必ず電話などで日時を連絡の上、お品をご持参、あるいはお送りください。
 当日とは限らず、いつでも結構です。

[機関誌『法楽』の作製] 2016/5/30(月)午前9:00~

 講堂にて、機関誌『法楽』を作り、機関紙『ゆかりびと』と共に発送しますので、ご協力をお願いします。
『実語教・童子教』も共に学びましょう。
 おかげさまにて、『法楽』は第314号、『ゆかりびと』は第177号となります。
・場  所 大師山法楽寺

[隠形流(オンギョウリュウ)居合道場]

 仏法に生きる身と心をつくるために行います。 
 九字を切り、守本尊様のご加護をいただく密教独自の剣法です。
 高齢者の方々や女性が多く、厳しいながらも和気藹々(ワキアイアイ)と稽古しています。
 入門ご希望の方は、事前に連絡の上、まず、見学してください。
・日  時 毎週金曜日 午後6:00~8:00
・場  所 仙台市旭ヶ丘青年文化センター(6日・13日)
       仙台市旭ヶ丘市民センター(20日・27日)

◎清掃奉仕の日

 毎週金曜日、ご縁の方々が最も多くおでかけになられる土曜・日曜の前日に、境内地などの清掃や草取りなどを行います。
 皆さんのご都合に合わせて、何時でも自由にでかけられ、大きな徳積みをされてはいかがでしょうか。
 その日ごとに作業のポイントを貼り出しますので、ご覧の上、どうぞご参加ください。
 どなたでも参加できます。
・日  時 毎週金曜日午前9時~午後5時
・場  所 法楽寺境内地など




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2016
05.04

野球場を避難所に ─東日本大震災被災の記(第184回)─

2016-05-06-0001.jpg
満福寺の大師堂に祀られた三鬼は凄まじいパワーを発揮している〉

 野球場災害発生時の避難所として整備しておくという構想がある。
 教王山満福寺(栃木県栃木市)の住職長澤弘隆師の発想である。

 すべてをドーム型にし、観客席の下を、いざという場合の管理所や医療施設や非常食などの保管庫、あるいは発電施設などに使えるよう準備しておくという。
 また、グラウンド部分へ避難者を収容できるよう、敷物や間仕切りなども用意しておきたい。
 こうすることによって、雨風をしのぎ、プライバシーも守られながら、憲法の理念が最低限であはあってもどうにか守られるのではないか。

 個人の尊重(尊厳)、幸福追求権及び公共の福祉に関する日本国憲法第13条は以下のとおりである。
「すべて国民は、個人として尊重される。
 生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。」

 ちなみに、自民党憲法草案の第13条はこうなっている。
「全て国民は、人として尊重される。
 生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公益及び公の秩序に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大限に尊重されなければならない。」
 国会の質疑において、現憲法の「個人」が「人」となっている点について民進党の議員から訊ねられた安倍首相は先日、笑いながら短くこう答弁し、すぐに着席した。
「さしたる意味はありません。」

 さて、本題だが、師は指摘する。

「毎年のように大地震・風水害・火山噴火などの自然災害が起きるたび、行政当局からの避難勧告・避難指示に従って住民が避難する先は決って学校の体育館。
 持病があったり、足腰が不自由な高齢者も、体調のすぐれない人も、妊産婦も、乳幼児をかかえた女性も、幼い子供たちも、硬く冷たいフロアに毛布一枚で雑魚寝。
 冷暖房もない、トイレはすぐに汚物がつまり汚臭があたりに漂い、食べ物飲み物もなかなか届かず、やっと食べ物にありつけるかと思えばおにぎり一つをもらうのに2時間も3時間も並ばされ、プライバシーもなく、人間としての尊厳などどこにもない、我慢・忍耐の限界で生きることを延々と強いられる不便・不自由なストレス生活。
 基本的人権だとか主権在民だとか、この国はとくに政治家(とりわけ民進党・共産党・社民党)は口を開けば『民主主義、民主主義』と言いますが、災害避難所の体育館で納税者である住民を人間以下扱いしておいて何が民主主義か、どこが主権在民か。
 主権者たる国民に長期間人間以下の生活を強いる行政の非人間性や不作為は明らかに憲法違反です。
 この国の行政は、避難住民をとりあえず安全で大勢の人を収容できる建物に集めることしか考えておらず、それ以上のことは想定にないのです。
 憲法第25条は『すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利がある。国は、すべての生活部面において、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない』(生存権)と言っています。
 避難生活は『すべての生活部面において』『健康で文化的な最低限度の生活』には含まれないのでしょうか。
 避難住民は『すべての国民』に入らないのでしょうか。
 ともかく、学校の体育館などでの長期の避難生活は人権無視です。

 そこで、何とか最低限の人間らしい避難生活はどうすればできるかです。
 一考を案じました。
 どこの都道府県にも何ヵ所かある高校野球のできる野球場
 あれを必要と思われる数だけ、国と都道府県が災害特別事業予算を組んで『全天候型・冷暖房付・ドーム式野球場』しかも堅固で耐震性高くリフォームし、いざ稼動という時には、グラウンド部分には100m×100mの床と2m×2mの間仕切りスペースを2000ヵ所、1日でできるよう関係資材を備蓄しておき、残余の部分にはさまざまな業務ごとの受付・相談や食べ物飲み物の受け渡しなどのためのテントを建て、スタンド下には避難業務の本部、臨時病院または医務室、医師・看護師の寝泊りなどの控室、医薬品・医療機器倉庫、飲み物・食糧庫、発電設備・機材倉庫、燃料倉庫、調理給食室、情報発信室、関係者寝泊り控室、ボランティア寝泊り控室、報道関係控室、大浴場・シャワー室、娯楽室、キッズ遊び場等々、必要に応じて確保しておきます。
 これくらいものがどこの都道府県にも当然のようにあって、いざという時に住民が体調を崩さず安心して長期避難に耐えられるようにしておくのが、基本的人権・民主主義先進国ニッポンの行政というものではありませんか。」

(「」内は師の文章をそのままお借りした)

 野球場のみならず、さまざまな大規模施設に師が提案されたような検討を行う余地があるのではないだろうか。
 それにしても、こうした避難施設が事実上、用意しようのない原発事故は恐ろしい。
 福島原発ほどの大事故が現に発生していながら、机上の空論に限りなく近い避難計画を根拠にして原発を推進するなど、個人の尊厳が守られている国とは思えない。
 私たち自身が自らを守る方法について、さまざまな世界から発せられる具体的な提案や、地域のさまざまな知恵も結集しながらよく考えたい。
 真の民主主義が幸(サキワ)う日本であるために。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2016
05.03

生き霊に死霊は混じり桜ばな

2016-05-03-0001.jpg
〈強まる緑と永代供養共同墓『法楽の礎』の十三仏〉

 夏が来る。

生き霊死霊は混じり桜ばな散りたる庭にが出てくる(吉川宏志)」


 平成11年、靖国神社で詠まれた一首である。
 そこでは生者と死者の思いが交錯している。
 まして桜の季節にあっては。
 しかし、桜が何をかきたてようと、念の世界である。

 ここにが出てくると話はガラリと変わる。
 リアルなのだ。
 同じ風土にあって、漂うものと、たとえ小さくても確かな歩みを刻むもの。
 散り敷く桜の花にの動きを認めた時、歌人は目の眩むような思いを持ったのではなかろうか。

「山中の小公園に水照りて信長のごと雀蜂来る(吉川宏志)」


 山で見つけた小さな公園。
 夏の陽射しが反射して眩しい池の水面。
 動かぬ暑い空気、そして焦点を失いつつある視線。
 そこに突如、スズメバチが飛来する。
 唐突さ、槍のような突進、静寂を破る羽音は身震いさせる。
 
 彼はまぎれもなく雄なのだ。
 容赦ない禍々(マガマガ)しさが伝わってくる。

「給食の献立表に『かしわ餅』あれば楽しも五月はじまる(吉川宏志)」


 子供の頃を懐古して詠んだのだろうか。
 桜の花が去ったあとで作られる桜色の餅と、香り立つ緑の葉。
 ドロリと暖かな春がカーンと強い夏に入れ替わる時期を象徴する柏餅は、まさに皐月の象徴だ。
 
 上記の三首は、いずれも、「」「雀蜂」「かしわ餅」の存在感が凄まじい。
 本当は、存在する何もかもが凄まじい真実を告げているのに、普段の私たちはそれに気づかない。
 桜を眺め、水面を眺め、給食をほおばっているだけである。
 そのまどろみの中で、「」も「雀蜂」も「かしわ餅」も、さしたる光彩を放つことなく、小さな漣(サザナミ)を起こす程度で行き過ぎる。
 しかし、歌人はまるで背景から何かを切り取る魔術師のように、それらをあまりにも鮮やかに輝かせる。
 お釈迦様は弟子たちへまず「起きよ!」と説いた。
 私たちはいつ、何をきっかけに気づき、起きるのだろうか……。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」※今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=EOk4OlhTq_M





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


back-to-top