2014
12.01

メルマガがあります

 法楽寺メルマガがあります。ご希望の方はこちらからどうぞ。合掌
FC2 Management
2014
10.22

【現代の偉人伝 第198話】 ―『だから日本は世界から尊敬される』を書いたマンリオ・カデロ閣下―

201410220009.jpg

 異国から来た大使が日本人青少年に必読の書を書かれた。
 ここには、忘れられつつある歴史的事実と、それが持つ真実について日本人と共鳴し合わないではいられない1人の外国人の熱い思いが詰まっている。
 その人は駐日サンマリノ共和国全権大使であり、駐日大使の代表「外交団長」でもあるマンリオ・カデロ閣下である。
 平成25年10月10日、宮城県川崎町で閣下の講演会が行われた。
 幹事のお誘いで初めてお目にかかった閣下は、自国に神社まで建てたほどの大変な日本びいきで、夫人の絵里・カデロ氏は居合の達人である。

 最も印象的な言葉は、いかにも悔しいといった感じで言われたひとことだった。 

「私がびっくしりたのは、日本人の大人が神武天皇のことを知らないということです。
 これには参りました」


 また、最も驚いたのは、サンマリノ共和国には軍隊がなく、それでも現存する世界最古の共和国として存立していることだった。

「私は賢い外交的な仲介や決意によって戦争は避けることができるし、平和は不幸な世界に打ち勝ってくれるものと信じています。
 平和や幸福に対しての強い意志があれば、その実現は不可能ではないはずです。
『戦争に勝つ』ことが成功なのではなくて、『戦争を回避する』ことが成功であると思っているのです」


 そして、イタリアの日本大使館は日本人を友人と認めるイタリア人たちが守っているので大丈夫という話には、涙が出そうになった。

「ローマにあるいくつかの大使館では、警察や軍人に守ってもらわなければならないのでもう大変です。
 なぜだと思いますか?
『友だちがいない』からです。
 友だちがいたら、イタリア国民がその国を勝手に守るんです。
 信頼が一番のプロテクションなんです。
 一方、ローマにある日本大使館には警察がついていません。
 どうしてでしょう。
『友だちだから』です。
 フランスの大使館にも警察はいない。
 友だちは財産です。」


 こんな閣下が、悔しさのあまり、私たちがあまり〈知らない〉日本の歴史についてとうとう講義された。
 6月に小学館から発行された『だから日本は世界から尊敬される』は、日本人必読の書である。
 特に力を入れて書いたのが、天正遣欧少年使節の偉業である。

「私が駐日サンマリノ共和国全権大使になった時にとても意識したことがありました。
 それは歴史上において、偉業を達成した日本人外交官たちのことです。
 本来の意味でいえば日本最初のヨーロッパへの大使といってもいいでしょう。
 しかも、独学で言葉を覚え、異国の有力者と渡り合った彼らは、当時10代の少年たちでした。
 彼らのことを日本人であればもっと知ってほしい。」

「アメリカ大陸を発見したクリストファー・コロンブスや、シルクロードを旅したマルコ・ポーロなどのことは世界中の人が知っているのに、日本人の中でもあまり知られていません。
 それが残念でなりません。
 彼らが旅立ったときは、まだ、13、14歳の子供だったのです。
 それに対してクリストファー・コロンブスやマルコ・ポーロたちは、船のことも詳しいし、当時の世界情勢の勉強も充分にしていました。
 王様の力をバックにしていましたから、知恵も力もあった。
 もちろん、コロンブスにしてもマルコ・ポーロにしても、素晴らしいガッツがあったからあのような偉業が達成できたわけですが、マンショたちはまだ若い子供だったのだから、偉業という点ではもっと凄かったと思います。
 アジアの視点から考えても、この旅は素晴らしい快挙であり、特筆すべき『事件』です。」

「彼らのことを思うたびに、長年この異文化の国と関わってきた私には、何となく想像がつきます。
 彼らの旅のモチベーションが、理解できるように思うのです。
 私はかつて機会を得て、九州に残るマンショたちのおに行きました。
 彼らが生まれた町や、生家の跡地や伝説が残るところまでも足を延ばしました。
 そうすることで、私は、あの時代に彼らがそこに生きた息吹を感じられたような気がしています。



 閣下は「終わりに」に書かれた。

「本書は、日本がいかに素晴らしい伝統、文化、精神性を持ち、世界から憧憬の眼差しを向けられているかということをもっと日本人に自覚してほしいとの思いから執筆しました。
 特に4章で触れた遣欧少年使節たちのことは、学生の教科書にほんの少しだけ記述がされているだけで、ほとんどの日本人が詳しいことを知りません。
 彼らが400年以上も前に、世界と日本を結ぶ偉業を達成していたことをぜひ、知ってほしい。
 そして、彼らの精神を見習い、自信を失っている日本人に自信を取り戻してもらいたいと思っています。」


 大使は、活躍した少年たちの「お参りをしては自分を奮い立たせて」おられるという。

 この本は、大人はもちろん、子供たちにもぜひ、読ませたい。
 ただし、読んだ後で目線を上げるのはいいが、胸を張り過ぎてはいけない。
 人生に光も闇もあるように、人の世にも光と闇があり、国家の行動も同じである。
 世界に〈偉大な国〉などはなく、思い上がる〈尊大な国〉があるに過ぎない。
 思い上がりが他者へ無用な不快感を与え、力を行使すれば他者を苦しめ、思いやりというもっとも大切な心に蓋をし、野蛮になった挙げ句、争いを起こす愚行は市井でも、国際社会でも繰り返されてきた〈愚かしい過程〉である。
 今回、私たちを目覚めさせてくれたのは、イタリアに囲まれ世界で5番目に小さく、人口約3万人の国を代表する1人の大使である。
 誇りという灯は、胸の中で小さく点し、しっかりと守ればよい。
 他人の心へ点す目的を超えて明るさをひけらかすことは無意味、無意義であり、むしろ有害で非創造的、非文化的であることもまた、子供たちへしっかりと教えておきたい。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2014
10.21

子供たちの3人に1人が味覚障害者 ―秋風や夕餉(ユウゲ)の箸(ハシ)の手くらがり―

201410210009.jpg

NHK様からお借りしてコピーしました〉

 NHKのニュースには驚いた。
 スポットライトを浴びて登場したはずの大臣が辞職しても、もはや眉一つ動かさなくなりつあるが、子供たちの3人に1人が味覚障害を持っているとは、本当に驚いた。
 マクドナルドなどファストフードによって、画一的で甘味と脂肪の旨みに慣らされてゆくことの栄養学的危険性と文化的危険性は重々承知していたが、味の濃さによって味覚がダメージを受けていたとは、本当に驚いた。

 味覚が発達するのは子供の頃で、特に10才前後の味覚は最も鋭いという。
 そこで、東京医科歯科大学の植野正之准教授の研究グループが、埼玉県内の小学1年生から中学3年生までの349人を対象に「甘み」や「苦み」など、基本となる4つの味覚を認識できるかどうか調査した。
 結果は以下のとおりである。

・酸味を認識できない…21% 
・塩味を認識できない…14%
・甘みを認識できない…6%
・苦みを認識できない…6%


 いずれかが認識できなかった子供は107人(全体の31%)である。
 こうした子供に共通している傾向は、「ジュースを毎日飲んでいたり、野菜の摂取が少なかったりしたほか、ファストフードなどの加工食品を好む」というものである。
 植野正之准教授は指摘した。

味覚が認識できなくなるとさらに味の濃い食品を好んだり食事の量が増えたりするため、食生活の乱れや生活習慣病につながるおそれがある。
 子どものたちの味覚を育てることが必要だ」

 
 目も耳もない最も単純な形のアメーバは、感じとる対象を2つに分けて生きている。
 食べ物か、そうでないか。
 ご先祖様は食べられるか食べられないか、食べてみて危険なものを言い伝えてくださった。
 人は最期が近くなると食べられなくなり、衰弱へ向かい、やがて向こうへ旅立つ。
 味覚は、生きものとしての根源的感覚である。
 それが破壊されているとは深刻な事態である。
 結果の出ていることには必ず原因があり、悪しき原因は取り除かねばならない。
 私たちは、食生活の習慣を粘り強く、改めてゆかねばならないと思う。
 私たちがどう生きるかということは、何を残すかということでもある。
 子や孫や子孫のためによき食生活の習慣を残し、伝えたい。

 小説家永井荷風は詠んだ。

「秋風や夕餉(ユウゲ)の箸(ハシ)の手くらがり」


 秋風が吹く頃、独りで夕飯を食べている。
 箸を持つ手の先へ視線は届かず、暗がりになっている。
 箸を動かすにつれて動く影法師は、いのちのない生きもののようだ。
 人が独り、生きるということは、こうした営みを続けることに他ならない。
 この真実が観えた時、味覚が貧しかったならば、心はどうなろうか?

 子供の味覚が健全に育たない社会は恐ろしい。
 そして、もしも母親が生活的に追い込まれているがゆえに子供の味覚を育てられないとしたなら、あまりにも哀しい社会ではないか。
 真に女性尊厳を尊ぶならば、キラキラしい人々にかまうことはない。
 能力や経歴や美貌や資産のある人々はそれなりに生きる場をつかみつつ生きるだろう。
 問題は、尊厳が危うくなっている大衆の側にこそある。
 華々しい「経済発展」が叫ばれている中での悲惨な子供たちの現状は、問題の深さを示している。
 子供たちと女性たちを見捨てられようか。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2014
10.20

芋煮会が終わりました

201410190012.jpg
〈自然農法家大枝邦良先生から、法楽米で作った麹と山楽耕(ヤマガッコウ)で採れた豆を用いた貴重な味噌(防腐剤無)が差し入れられ、一部をくじ引きの景品にさせていただきました〉

201410190015.jpg
〈老若男女が楽しく語り合いました〉

201410190017.jpg
〈好天のもとで最高の料理を作っていただきました〉

2014101900017.jpg
〈永澤さんの詩吟は定番になりました〉

201410190018.jpg
〈窓外の光景〉

 絶好の好天に恵まれ、「ゆかりびとの会」主催の芋煮会を開催しました。
 おにぎりや芋煮、漬け物など女性軍手作りの料理と、ご本尊様へ捧げられたお酒や甘酒に舌鼓を打ち、歓談のひとときを過ごしました。
 皆さんすっかりご機嫌でお帰りになられ、大成功でした。
 準備と後片付けに汗を流してくださった皆さん、本当にお疲れ様でした。
 心より感謝申しあげます。
 手品を披露してくださった鶴さん、詩吟にかり出された永澤さん、カラオケを唄い盛り上げてくださった方々、送迎にご協力くださった鈴木さん、伊藤さん、まことにありがとうございました。
 おかげさまにて〈同じ釜の飯を食う〉かけがえのない時間が過ごせました。
 たとえ血の通った家族でなくても、家族のように心の通い合う時間が過ごせました。
 皆々様へ深く、深くお礼申しあげます。合掌




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん ばざら たらま きりく」※今日の守本尊千手観音様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IvMea3W6ZP0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

 

2014
10.19

いじめ・不登校・戦争をなくす方法 ―チベット人の学校にある平和地帯―

2014101900001.jpg

 文部科学省の発表によると、平成25年度の「いじめ調査」における認知件数は、小・中・高校と特別支援学校を合わせ全国で18万5000件です。
 複数回答における主ないじめの内容は以下のとおりです。
1 冷やかしやからかい(64%)
2 遊ぶふりをして蹴られるなどの暴力(23%)
3 無視や仲間外れ(20%)
 危険なことをやらされるなどは10%未満だが、いじめが原因の自殺は中学校7人高校2人となっています。
 宮城県は1万7624件で前年度比約7千件プラスの激増となりました。

 一方、宮城県内の全中学生に占める不登校者の割合を示す「不登校出現率」は3.17%で2年連続日本一という過去最高記録となりました。
 全国最低の岩手県は1.97%、震災と原発事故の影響が懸念される福島県でも2.45%です。
 なお小学校における不登校出現率は0.03ポイント増の0.40%で全国16位となっています。

 さて、昭和24年(1949年)9月1日、中華人民共和国(中共)成立の1カ月前、中国政府は突然、声明を発しました。
「チベットは中国の領土であり、いかなる外国の侵略も許さない」
「人民解放軍は必ずチベット、新疆、海南島、台湾を含む中国の全領土を解放する」
 当時のチベットは独立国であり、外国人の存在はイギリス人が3名、オーストラリア人が2名、ロシア人が1名を数えるのみでした。
 解放されるべき占領国や帝国主義国家など、どこにもいなかったのです。
 しかし、翌昭和25年(1950年)になり、中国政府はチベットを占領します。
「人民解放軍の基本的課題は、本年中にチベットを帝国主義国家の手から〈解放〉することにある」
 アメリカ、イギリス、インド、ネパールへ発したチベット政府の緊急アピールは黙殺されました。
「チベットがかつて中国の一部であったことは一度もなく、チベットを支配する外国勢力など存在せず、したがって解放される必要はまったくない」
 占拠した中国政府の言い分です。
「人民解放軍は300万のチベット人民を帝国主義者の圧政から解放し、中国西部国境の守りを強化する」
 そして、反対する者や僧侶など100万人以上が殺され、敷設された鉄道に乗った中国人がなだれ込み、今やチベット人より多くなりました。(「チベット!チベット!チベット大虐殺の真実」を参照しました)

 こうした中で、ダライ・ラマ法王以下、亡命した人々はインドのダラムサラに亡命政府を組織し、法王の妹であるジェツン・ペマ先生などの努力により、チベット子供村(TCV)が創設されました。
 国際モッテッソーリ〈教育と平和〉賞など数々の受賞歴のあるジェツン・ペマ先生は、世界中へ、教育における平和の大切さを説き続けておられます。
 過日、東京にあるダライ・ラマ法王日本代表部事務所を訪ね、経理・渉外担当官のツェワン・ギャルポ・アリヤ氏からお話を聴き、ジェツン・ペマ先生のDVD『幸せになる』をいただいてきました。
 その中にある「平和地帯」という概念に日本の子供たちの惨状を解決する大きなカギがあると考え、寺子屋『法楽館』で参加者の方々と共に観賞し、字幕の文字をそのまま書き写しました。

「すべてのTCVすべての学校に平和地帯があります。
 平和地帯という概念は、1987年に法王が欧州議会において『チベットは将来、平和地帯となる』と仰ったことから来ています。
 それに関して5つの要点がありましたが、私もあまり覚えていないので、詳しい説明は控えます。
 先ほどの法王様の発言を聞き、我々は子供たちの教育を受け持つ立場から『子供たちは将来のチベットの市民である』と言ったのです。 今はまだ子供ですがいずれチベット人民となります。
 その時にチベットが平和地帯となっている事を考えれば、今のうちから子供たちに平和や非暴力の概念を根付かせなければいけない。
 その為、このような地帯を作り、その丘の上に寺院を建てました。
 日本仏教界の資金援助のおかげで建てることができました。
 とても綺麗な場所で、そうした丘の上全部が平和地帯なのです。
 兵の私たちの使い方ですが、子供たちが喧嘩をしているのを見かけたら、我々の施設において、先生方、大人達、上級生が彼らと話し仲直りをさせた後、平和地帯に行かせ、平和について考えさせます。
 そして、景色や夕陽を見ながら、しばし時を過ごすのです。
 鳥のさえずり、林や花など、その場の素晴らしさを堪能するのです。
 これは9年間やってきて成果を上げています。
 実際TCVにおいて、8才以上の子供たちは、戦争ごっこすらほとんどしません。
 子供はこの遊びが大好きですが、TCVでは例外です。
 確かに小さい子供たちは、おもちゃのピストルを買って遊んだりもしますが、それ以外ではチャンバラといった戦争ごっこや喧嘩などはありません。
 子供たちもわかっているからだと思います。
 このような良い結果が得られた事から、今では子供たちの寮の中にも平和地帯を設けています。
 例えば食堂やリビングなどの片隅にテーブルと椅子を置いて小さな平和地帯を作ります。
 何か子供たちが問題であれば、寮母さんは平和地帯で子供たちと話をします。
 平和地帯を毎日、思い出す事で、常に平和を意識するようになったり、必ず何か変わると思います。
 法王様が仰るように、世界の平和のためには、まず個々人が心の中で平和を培わなければ、我々はこの平和の概念を子供たちへ根付かせるよう努めています。
 彼らが学校を卒業した後も、平和を愛し、非暴力を貫いて育っていければ、我々の努力が実ったと言えるでしょう。」


 いかがでしょうか?
 朝から晩まで、戦いのゲームに熱中している日本の子供たちとのあまりの違いに愕然としないではいられません。
 パチンコなど世界中の賭博機械の60パーセントもが集中する飛び抜けた博打天国であり、ギャンブル依存症に苦しむ人々が数十万人にものぼるとされている中で、公認賭博場をつくろうとしている日本とのあまりのギャップに愕然としないではいられません。
 子供たちの惨状は、大人がもたらしました。
 大人が目覚め、子供たちが育つ環境をまっとうなものにしない限り、いじめも、不登校も、そして争いも、戦争もなくならないことでしょう。
 当山もチベット子供村に習い、『不戦堂』と『法楽農園』をオープンな〈平和地帯〉とすべく、精進を重ねます。
 願わくは、仏教に根ざしたチベットの叡智が日本を救い、世界に平和をもたらしますよう。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



back-to-top