--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
12.06

日本の歌 101 ─われは海の子─

われは海の子
  作詞:宮原晃一郎 作曲:不詳 明治43年、『尋常小学読本唱歌』に発表

1 我は海の子白波の
  さわぐいそべの松原に
  煙たなびくとまやこそ
  我がなつかしき住家なれ

2 生まれて潮にゆあみして
  波を子守の歌と聞き
  千里寄せくる海の氣を
  吸ひてわらべとなりにけり

3 高く鼻つくいその香に
  不斷の花のかをりあり
  なぎさの松に吹く風を
  いみじき樂と我は聞く

4 丈餘のろかい操(アヤツ)りて
  行手定めぬ波まくら
  百尋(モモヒロ)・千尋(チヒロ)海の底
  遊びなれたる庭廣し

5 幾年こゝにきたへたる
  鐵より堅き腕(カイナ)あり
  吹く潮風にみたる
  はだは赤銅(シャクドウ)さながらに

6 波にたゞよふ氷山も
  來らば夾れ恐れんや
  海卷き上ぐる龍巻も
  起らば起れ驚かじ

7 いで大船を乘出して
  我は拾はん海の富
  いで軍艦に乘組みて
  我は護らん海の國


 明治36年、文部省が懸賞をかけて全国から新体詩を募った。
 佳作となったのが新聞記者宮原知久(本名)の「海の子」だった。
 西欧列強が世界の冨を求め、世界の覇権を目ざして、次々と海へと乗り出していた時代に、日本も負けじと富国強兵へ走る空気がそっくり表れている。
 戦後、7番が禁止され、今は3番までしか教えられていないという事情もよく解る。

 1494年(明応3年)、毛利元就の生まれた年に、ローマ教皇アレクサンドル6世の仲介で世界の海をスペインとポルトガルで2分する条約が結ばれ、列強の侵略による略奪と、文明の破壊と、奴隷売買が本格化した。
 キリスト教と軍艦はアジアとアフリカに暗黒時代をもたらし、やがてアメリカでは先住民が滅ぼされ、黒人奴隷が労働力として大量に〈輸入される〉ことになる。
 こうした成り行きは、軍隊に続いて監獄から出された人々がなだれ込み、共産主義と弾圧によってチベット文明が滅ぼされつつあるのと同じ構図である。
 なお、少数民族が独自の文化を守ってきたウィグル地区では40回以上も原爆実験が行われ、数十万人の住民が殺されたが、中国政府は口をつぐみ、依然として民族同化政策に走っていることを指摘しておかねばならない。
 さて、危機に抗すべく立ち上がった日本は、明治政府をつくり国家神道と軍隊によって列強並みの強国になろうと試み、敗れた。
 アメリカの凋落ぶりを見ていると、同じ轍を踏み続ける人類の宿命を考えずにいられなくなる。
「平家物語」を読むまでもなく、因果応報の節理は峻厳であり、いずれツケは必ず回ってくるのに、我が世の春を無制限に謳歌したくなる私たちは、釈尊依頼2500年、何ら変わっていない。

 この歌は、国威高揚の熱気が国中を勢いづけ、自信と覇気に満ちていた時代の象徴である。
 1番から3番までは、子どもの元気さを謳って余すところがない。
 そもそも元気とは根元的ないのちの勢いであり、世間を渡るための甲羅をまとわぬ子どもに、その最も純粋な姿を見ることができる。
 雄大な海、遙かな沖、吹き渡る風、すべてが元気と呼応してこの歌が生まれた。
 しかし、4番から先には、元気をはたらかせる方向が示され、邪気が顔をのぞかせる。
 無邪気さはなくなっている。
 こうして、大人の「はからい」に子どもの心が染められる。
 子どもの有様は、大人の有様を写す鏡である。
 今後も、教えられ、唄われるのは3番までであろう。
 そうすれば、この歌は「101番目」の名曲であり得る。

 ここまで、この世で呼吸している人々の記憶に深く刻まれている「日本の歌」101曲を考察した。
 明治は遠くなっても、数十万人の明治の人々が健在である。
 いのちをつなぎ、言葉を伝え、ふるまいを教え、そして歌に込められた心を遺して去りつつある方々へ感謝し、いのちある限り、この宝ものを大切にしたい。
スポンサーサイト
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。