--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
12.06

村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─

2016-12-06-0001.jpg

 アンデルセンの短編小説『』を読んだ。
 が主人になり、主人から独立したが幸福を得る一方で、の出生を知る主人は殺されてしまう。
 村上春樹氏は、アンデルセン文学賞の受賞スピーチ「と生きる」で、「暗く、希望のないファンタジー」と言っている。

 氏は、小説を書く過程について述べる。

「僕が小説を書くとき、筋を練ることはしません。
 いつも書くときの出発点は、思い浮かぶ、ひとつのシーンやアイデアです。
 そして書きながら、そのシーンやアイデアを、それ自身が持つ和音でもって展開させるのです。

 言い換えると、僕の頭を使うのではなく、書くプロセスにおいて手を動かすことによって、僕は考える。
 こうすることで、僕の意識にあることよりも、僕の無意識にあることを重んじます。

 だから僕が小説を書くとき、僕に話の次の展開はわかりません。
 どのように終わるのかもわかりません。
 書きながら、次の展開を目撃するのです。」


 氏の言う「シーンやアイデア」は、無意識として隠れている世界へ入る扉だろう。
 私たちも、何年経とうと鮮やかな光景や、繰り返し問いかける問題を溜め込む。
 多くはそのまま忘却されてしまうが、数十年後にようやく、ゆっくりと扉が開くものもある。
 氏は書くプロとして扉を開く。

「『』を読んだとき、アンデルセンも何かを『発見』するために書いたのではないかという第一印象を持ちました。
 また、彼が最初、この話がどのように終わるかアイデアを持っていたとは思いません。

 あなたの影があなたを離れていくというイメージを持っていて、この話を書く出発点として使い、そしてどう展開するかわからないまま書いたような気がします。」

僕自身は小説を書くとき、物語の暗いトンネルを通りながら、まったく思いもしない僕自身の幻と出会います。
 それは僕自身の影に違いない。


 そこで僕に必要とされるのは、この影をできるだけ正確に、正直に描くことです。
 影から逃げることなく。
 論理的に分析することなく。そうではなくて、僕自身の一部としてそれを受け入れる。

 でも、それは影の力に屈することではない。
 人としてのアイデンティティを失うことなく、影を受け入れ、自分の一部の何かのように、内部に取り込まなければならない。

 読み手とともに、この過程を経験する。
 そしてこの感覚を彼らと共有する。
 これが小説家にとって決定的に重要な役割です。


 無意識の世界に在る者が「影」である。
 私たちは、自分が意識し、考える内容だけで動き、生きているのではない。
 思考と行動の多くが無意識に衝き動かされて起こり、時として、それは、表面の意識とぶつかりもする。
 そうした全体が自分というものなので、自分を知り、世界を知り、人間として過たずに生きて行くには、そして他者の不幸の原因をつくらないためには全体像を観る力が必要である。
 この力を磨く読書において、小説が持つ役割は大きい。

アンデルセンが生きた19世紀、そして僕たちの自身の21世紀、必要なときに、僕たちは自身の影と対峙し、対決し、ときには協力すらしなければならない。

 それには正しい種類の知恵と勇気が必要です。
 もちろん、たやすいことではありません。
 ときには危険もある。
 しかし、避けていたのでは、人々は真に成長し、成熟することはできない。
 最悪の場合、小説『影』の学者のように自身の影に破壊されて終わるでしょう。

 自らの影に対峙しなくてはならないのは、個々人だけではありません。
 社会や国にも必要な行為です。
 ちょうど、すべての人に影があるように、どんな社会や国にも影があります。

 明るく輝く面があれば、例外なく、拮抗する暗い面があるでしょう。
 ポジティブなことがあれば、反対側にネガティブなことが必ずあるでしょう。

 ときには、影、こうしたネガティブな部分から目をそむけがちです。
 あるいは、こうした面を無理やり取り除こうとしがちです。
 というのも、人は自らの暗い側面、ネガティブな性質を見つめることをできるだけ避けたいからです。」


 世界は「影と対峙し、対決」する時代に突入しているのではなかろうか?
 フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は、麻薬撲滅の旗を掲げ、人権無視の殺戮を容認した。
 確かに犯罪者は減るだろうが、その一方で、どさくさ紛れに、自分にとって都合の悪い人間を殺す非道な殺人事件がどれだけ起こっているかわからない。
 これまで軍事行動を共にしてきたアメリカの大統領を「地獄に堕ちろ!」などと罵ることは常軌を逸している。
 アメリカの時期大統領トランプ氏の言動も異様だ。
 イスラム教徒やメキシコ人を嫌い、犯罪者として閉め出そうとしている。
 アメリカにいる白人そのものが移民であり、原住民を圧殺した人々なのに、後から来た移民を差別・軽蔑し、忌避するのはおかしい。

 両者共、「もう嫌だ!」と感じている人々の情念を煽り、地道な努力無しには実現され得ない共生や融和といった価値を無視するかのようだ。
 共生や融和の根拠となっている人権や自由や平等などの理念は吹き飛ばされそうになっている。

「影を排除してしまえば、薄っぺらな幻想しか残りません。
 影をつくらない光は本物の光ではありません。」


 グローバリズム一辺倒の資本主義は、「これさえやっていれば大丈夫」と原理主義的に世界を席巻してきた。
 一部の人々が太陽のように富と力を得る一方、抑圧される人々の影もまた深く濃くなってきたにもかかわらず、無視されてきた。
 ドゥテルテ大統領やトランプ氏の登場は、「影」からの逆襲を意味しているのかも知れない。
 

自らの影とともに生きることを辛抱強く学ばねばなりません。
 そして内に宿る暗闇を注意深く観察しなければなりません。
 ときには、暗いトンネルで、自らの暗い面と対決しなければならない。

 そうしなければ、やがて、影はとても強大になり、ある夜、戻ってきて、あなたの家の扉をノックするでしょう。
『帰ってきたよ』とささやくでしょう。

 傑出した小説は多くのことを教えてくれます。
 時代や文化を超える教訓です。」

 
 私たちに必要なのは、「自らの影とともに生きることを辛抱強く学」ぶことではなかろうか?
 さもないと、強大になり、コントロールから離れた影は、小説で主人公を殺したように、世界を破滅させるかも知れない。
 ほどほどの光と穏やかな影との共生を求めるならば、指導者も私たちも叡智包容力を持たねばならないと思う。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」※今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=EOk4OlhTq_M





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト
2005
12.19

『マッチ売りの少女』を読みましょう

 毎年、この時期になるとアンデルセン童話『マッチ売りの少女』を思い出します。
 通りすがりの書店で立ち読みすることもありますが、何といっても昭和3年に発行された菊池寛編『アンデルセン童話集』を白眉とせねばなりません。
 この本は、さる人が書庫の整理にあたり処分したいと言われるのでもらい受けていた『小学生全集』の一冊です。

 昭和3年7月、菊池寛は冒頭でアンデルセンをこう紹介しています。

「彼はそのお伽噺によって世界中に知られ、愛された人、そして此の後も永久にそれによって生きる人なのです」
「アンデルセン、この小父さんの書いてくれたこれ等の可愛い美しいお話を、皆さん、お互ひに大人になってからも忘れないやうにしませう」

 後書(アトガキ)は、菊池寛の言葉を伝えています。

「児童の心はしばしば教室の窓を通して、青草の野を慕ってゐる。私の小学童話読本も青草の野でありたい。だが、この青草の野は、私の趣味と信念によって管理され、児童を誘惑する未熟の黒樹や毒草は一本一茎もない筈である」


 ここに言うところの「趣味」は、私たちのいわゆる「好み」ではありません。言葉は控え目でも、超一流の文学者としての感性と誇りをかけて行なわれた「選択」のことでしょう。そして、「信念」の内容は、感受性豊かな青少年たちの健全な育成のために、清浄で滋養にあふれた青草を与えねばならないという一心に他なりません。
 戦後情けないほどに失われた、〈公のために恬淡として自分自身をかける〉という日本人らしい潔さが感じられ、目頭の熱くなる思いがします。
 我が利を貪るあさましい姿を平然と人前にさらす人々が英雄視される日本になるとは、英霊の想像もできなかった事態にちがいありません。

「かくばかりみにくき国となりたれば捧げし人のただに惜しまる」

 戦争未亡人の詠んだこの一句には肺腑をえぐられます。

 さて、この本では『幼いマッチ賣り』となっている『マッチ売りの少女』です。

「寒さと餓(ヒモジ)さに、少女は其處(ソコ)の道ばたに踞(シャガ)んでしまひました。可哀さうに其の肩の上に捲き垂れている長いきれいな髪に雪がどんどん降りかかるのを、かき拂ふ力もありません」

 薄倖さと寒さの厳しさと雪の白さが、少女の哀れさと美しさを際だたせています。

「シュッ!火花が跳ねた、跳ねた!少女が手をその上にかざすとそれは小さな蝋燭(ロウソク)の様に温い輝かしい光を投げかけたのでした」

 一本のマッチの火が別世界を顕わすシーンです。

 これでこの本は終わります。

「お祖母さんは子供をその腕に抱き上げ、それから二人は一緒にその明るみの中を高く高く地を離れて行きました。寒さも餓(ヒモジ)さも苦しみもない神の國の方へ。
 其の夜も明けた時、哀れな少女は壁に倚(ヨ)りかかって倒れてゐました。頬の血は失せ、それでも口には微笑みを浮かべながら、彼女は寒さに凍え死んだのです。
 初日が昇って、小さな亡骸を照らしました。けれども彼女は固く強ばった身を伸ばした儘、手には燃えたマッチの束を持ってなほも其処に寝てゐます。
『この子はこれで身を温めようとしたんだね。』
と通行人は言ひ合いました。けれども、彼女がこの新年の暁方(アケガタ)、どんなに美しいものを見たか、そしてお祖母さんと一緒に何(ド)んなにいい處へ行ったか、それを想像できた人は一人もありませんでした。」

 生と死、この世と天国、貧しさと豊かさ、ひたむきさ、家族愛、美。ここには子どもたちの想像力と創造力を高める宝ものがたくさんあります。
 佳い文章でつづられた〈黒樹や毒草〉でない良い物語が、子供を楽しませるだけでなく、家族・師弟・友人間で行なわれる真剣な対話のきっかけになりますよう。




back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。