FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
02.09

チベットの風(2)

 DVD『チベットの風』の続きである。 

 最盛期には世界一と称されたデプン寺には現在700人の僧侶がいる。
 中国が来て、文化大革命に襲われる前は7000人が修行していた。
 殺され、亡命し、還俗させられ、僧侶は激減した。

 ガンデン寺もまた最盛期には9000人が修行する世界最大規模の寺院だったが、文化大革命で、僧侶は一人残らず殺された。
 ガンデン寺で、ある宗派が成立していたのが理由である。
 ダライ・ラマ法王とパンチェン・ラマがゲルク派のため、ゲルク派の創始者ツォンカパが建立した寺院は完全に破壊され尽くした。
 西チベットの高僧と支持者によって4寺が再建されているものの、今も破壊の跡が生々しく残っている。
 青年は言う。
「5年前まではダライ・ラマ法王の写真を家に置けましたが、今ではそれさえも許されません」。

 パンチェン・ラマの本山タシルンポ僧院はダライ・ラマ一世の創建によるが、今は4ヵ寺しかない。
 ラサから来た男性の話。
「一番目の寺院には、パンチェン・ラマ10世が造った世界一大きな銅製の仏像が安置されています。
 二番目の寺院には、1989年に亡くなったパンチェン・ラマ10世の墓があります。
 仏塔中にある遺体に、当局が防腐処理をしました。
 三番目の寺院には、パンチェン・ラマ4世の墓があります。
 中国が来るまでは、たくさんの寺院がありました。
 それらはすべて破壊され、パンチェン・ラマ5世から9世の墓は、最後の墓へ一緒に納められました。
 6000人いた僧侶は800人になってしまったのです」。

 チベットには転生ラマ(トゥルク)として崇められる高僧がたくさんいる。
 13世紀に転生ラマ制度が始まってからは、歴代ダライ・ラマ法王と歴代パンチェン・ラマが転生ラマの代表とされた。
 歴代ダライ・ラマ法王は、5世から政治と宗教の実験を握る国家元首となった。
 歴代パンチェン・ラマは、タシルンポ僧院の座主を務め、阿弥陀仏の化身として尊ばれている。
 パンチェン・ラマが亡くなると、ダライ・ラマ法王が次のパンチェン・ラマの転生者を承認・選定する。

 1989年、パンチェン・ラマ10世は、こうした声明を発表した4日後、謎の死を遂げた。
「中国のチベット支配は、チベット人へ対し、利益よりも多くの害をもたらした」。
 パンチェン・ラマ10世亡き後、11世を建てる必要が生じた。
 亡命中のダライ・ラマ法14世は、チベットにいるゲントゥン・チューキ・ニマ少年を、ダライ・ラマ法王認定のパンチェン・ラマ11世とした。
 しかし、すぐに、この少年は家族と共に行方不明となった。
 中国政府は後に、ニマ少年の拉致を認めている。
「本当のパンチェン・ラマ11世はチベット人ですが、家族共々、どこにいるかわかりません。
 中国の刑務所に拘束しているのでしょう」。
 政府はギエンツェン・ノルブ少年を11世として立た。
「パンチェン・ラマ11世は二人います。
 一人はダライ・ラマ法王に認定され、もう一人は中国政府が立てました。
 北京にいるのは中国擁立のパンチェン・ラマです。
 北京のパンチェン・ラマがツガツェやラサの訪問に際して、政府は法律を作りました。
 民衆は外に出、スカーフ(カター)を持って歓迎しなくてはいけません。
 皆は彼がパンチェン・ラマだと信じていると言いますが、内心ではまったく信じてはいません。
 中国政府が立てたからです」。
 少年だったパンチェン・ラマは現在20才になり、活動させられている。
 もちろん、中国政府が立てたパンチェン・ラマはダライ・ラマ法王に認定されてはいない。
 だからこのパンチェン・ラマを信じているチベット人は誰もいないのである。
 中国人すら信じるだろうか?


 これは何世紀も前の遥か昔にあったできごとではなく、わずか半世紀前に始まり、たった今、この地球上で継続している現実である。
 人権侵害という耳慣れた言葉でくくってしまえないほど現実離れし、想像を絶する弾圧である。
 人間を人間扱いしない政治体制の中国が軍事・経済・政治各方面で世界へ大きな影響力を及ぼしつつあるという事実、数百万人の人々が暮らす一国が丸ごと簒奪され、民族が一人もいなくなるようにし向けられているという事実の途方もなく巨大な暗黒。
 私たちは、国会で誰一人この問題を採りあげようともしない国に安閑と暮らすことを恥じないでいられようか。

〈真実〉
230207 008




「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


 
スポンサーサイト
2010
11.03

ダライ・ラマ法王の独占インタビュー ―チベット仏教の叡智(その8の2)─

 DVDになっているNHKライブラリー『チベット 死者の書』へ特典として付いている「ダライ・ラマ法王の独占インタビュー」について記します。
※(その1)は、「NHK文化講座『生活と仏法』講義録 56 ―チベット仏教の叡智─」にあります。

 前回、釈尊が最初に説かれたのは「四聖諦(シショウタイ…4つの真理)」と「十二縁起」であることについて書きました。
 私たちの生存は「煩悩と業と苦の三者にことごとく収まる」のであり、悟らない限り「十二縁起」という輪廻転生のサイクルからから逃れられません。
 仏法における悟りは輪廻転生からの解脱であり、それは〈自由な生まれ変わり〉を意味します。
 なぜなら、仏教における私たちの理想は、〈自分で生存のありようをコントロールする力を持ち、苦の中にある人がいる限り何度でもこの世へやってくる〉ことだからです。
 つまり菩薩(ボサツ)になることです。
 この理想を明確に説いたのが『理趣経(リシュキョウ)』における「百字の偈(ゲ)」です。

菩薩(ボサツ)の勝慧(ショウケイ)ある者は、乃至(ナイシ)生死(ショウジ)を尽くすまで、恒(ツネ)に衆生(シュジョウ)の利を作(ナ)して、而(シカ)も涅槃(ネハン)に趣(オモム)かず」

(自他を幸せにする智慧のある菩薩は、この世の苦がなくなるまで、生涯かけて励み、自分だけが安楽世界で憩うことはない)

 ダライ・ラマ法王は、

「化身(ケシン)とは、来世、いつ、どこに生まれるかコントロールする力を持った人である」

と説き、チベット仏教は、化身であるラマ(指導者)によって導かれることを指摘しました。
 チベット仏教では真の菩薩が指導するのです。
 さて、1995年、チベットでは阿弥陀仏の化身であると認められる6歳の少年がみつかり、ダライ・ラマ法王はパンチェン・ラマ11世と認めました。
 しかし、中国政府はすぐさまこの少年を誘拐し、間髪を入れず、別の少年をパンチェン・ラマ11世と名乗らせました。
 正式なパンチェン・ラマ11世は今現在、消息不明のままです。
 共産主義国家中国では、私たちには想像もつかないような人権侵害と宗教弾圧が行われています。
 ダライ・ラマ法王は、こうした現実を憂いています。

「不幸なことに現在のチベット社会では、化身ラマというだけで高い地位を得る。
 堕落である」

 宗教的真実ではなく、国家権力の都合によってでっち上げられた偽者の宗教指導者を利用する人々は「堕落」していると断じています。

 パンチェン・ラマ11世及び、先代のパンチェン・ラマ10世について、「チベット・サポート・ネットワーク・ジャパン(TSNJ)」は事実を伝え、パンチェン・ラマ11世の救出を国際社会へ訴えています。
 一部を転載しますが、詳しくは「http://www.geocities.jp/t_s_n_j/panchen_lama/」をご覧ください。

「1951年に中国共産党政権がチベット侵略を開始致し、国家元首であるダライ・ラマ法王は1959年にインドに亡命されました。
 その後も、パンチェン・ラマ10世つまり前世のパンチェン・ラマは、チベット国内に残り、中国共産党のチベット支配に協力をしなければならない立場に陥りました。
 1064年3月、新年大祈願祭の祝いの場で、ダライ・ラマ法王を非難するようにという命令がパンチェン・ラマに出されておりました。
 しかしパンチェン・ラマは、その命令に逆らって『チベットが間もなく独立を回復し、ダライ・ラマ法王が玉座にお帰りになるのを確信する。ダライ・ラマ法王万歳。』と演説されたのです。
 その結果、同年8月からパンチェン・ラマ10世は、裁判に懸けられあらゆる名誉や役職を剥奪されました。
 そしてその後14年間全く行方不明となってしまったのです。

 パンチェン・ラマ10世は1978年2月に釈放されましたが、彼が行方不明の14年間どこにいたのか、それについては何も語りませんでした。
 それを明らかにしたのは、1997年11月、獄中から解放されて米国に渡った中国民主化運動の指導者、魏京生氏でありました。
 彼は北京の泰城第一号刑務所にパンチェン・ラマと一緒に収監されていた、と語ったのです。
 同時に魏京生氏は、パンチェン・ラマが獄中で拷問を受け、自殺未遂を図ったことも明らかにしております。
 パンチェン・ラマ10世は、釈放された後は、上手に中国共産党の協力者の役割を演じているようでした。
 特に胡耀邦総書記を良き理解者、また後ろ盾としてチベットにおいてチベット語の教育が普及するように力を尽くしておられました。
 しかし1997年1月に胡耀邦氏が失脚すると、パンチェン・ラマ10世は、再び大変な苦境に陥ったのです。
 1989年1月に中国政府を激しく非難する演説を行って、翌日に心臓発作で亡くなったと中国政府は発表しました。
 胡耀邦氏は、後を追うかのように4月に亡くなりました。
 パンチェン・ラマ10世の死がきっかけで、チベットで暴動が発生し、ラサに戒厳令が敷かれました。
 また胡耀邦氏の死がきっかけで、天安門事件が起こり北京に戒厳令が敷かれたのです。

 このようにパンチェン・ラマは、前世においてもまた現世においても、チベットおよび中国全体の安定のカギを握っているとも言えるのです」

 これまで9回にわたり、かつてNHKが行った「ダライ・ラマ法王の独占インタビュー」の詳細を追ってみました。
 チベット仏教の真実と、チベットで凄まじい宗教弾圧が行われている現実を浮き彫りにする貴重なインタビューでした。
 私たちは〈知った者〉として何ができるか真剣に考えたいものです。
 ──了。

〈真実を伝える貴重な映像です〉
2208301.jpg




「おん さんまやさとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。