--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
12.02

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─

2016-11-11-0067.jpg
〈四国の霊場にて〉

 一年は、人生の一区切りをはっきりと感じさせる長さである。
 来し方を振り返り、行く先を想う。
 亡き人に対してもそうだ。
 一周忌では「もう、一年が経った」と感じる人も、「まだ、一年か」と感じる人もおられようが、いずれにしても、はっきりと〈時間的区切〉を迎える。
 そこで勢至菩薩(セイシボサツ)が守本尊として故人を導いてくださることの意義は大きい。

 勢至菩薩は、その名のとおり、この上ない勢いでお救いくださるが、勢いの内容は智慧の光明である。
 百か日の観音様が無類のお慈悲で阿弥陀様のもとへ向かわせてくださる一方、その道行きが確かなものとなるよう智慧の勢いを与えてくださる。
 だから、大勢至菩薩、あるいは大精進菩薩(ダイショウジンボサツ)とも呼ばれる。

 御霊はその力で迷いを解きつつ、み仏の世界へ溶け込んで行く。
 一方、勢至菩薩へ祈るこの世の人々もまた、思慕・想い出・未練・感謝などが入り交じり、揺れ動く心にまとまりがついてくる。
 この世の人々も勢いのご加護をいただくのある。

 妻を亡くされたAさんは一周忌を迎え、言われた。
「何もかも妻に任せっぱなしでしたから、オロオロするばかりで、いまだに落ちつきません。
 それでも、妻が大事にしていた花に水をやりながら、枯らさずにここまで来ました。
 夢中で一年経ってみると、植物が何を求めているのか、ようやくわかるようになりました」

 夫を亡くされたBさんは一周忌を迎え、経典を唱えた後で言われた。
「この区切の日に、ご住職が何を言ってくださるか、とても楽しみにして来ました。
 日常生活の何もかもを私に頼るばかりだったあの世の夫に、勢至様が勢いをつけてくださると聞いて、とても安心しました。
 一緒に経典を唱えた私自身も、ご住職がいつも言われる生き直しが、ようやくできるような気になりました」

 勢至菩薩のお姿は、蓮華の蕾を左手に持ち、右手で開く勢いを与えている。
 蓮華菩提心(ボダイシン…悟りを求める心)の象徴であり、蓮華が徐々に開く過程は、阿弥陀如来の浄土へ向かう旅路でもある。
 それは何もあの世のことだけではない。
 御霊の冥福を勢至菩薩へ祈る清浄な心になった私たちも又、自心の蓮華を花開かせつつあるのだ。

 あの世では安心が増し、この世ではまっとうに、幸せに生きる力が増す一周忌供養を行うことの意義はまことに深いと思う。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん さん ざん ざん さく そわか」※今日の守本尊勢至菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。

https://www.youtube.com/watch?v=qp8h46u4Ja8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



スポンサーサイト
2015
06.02

6月の守本尊様は勢至菩薩(セイシボサツ)様です ―この世、あの世の地獄からの救済者―

20150602003.jpg

 6月は、芒種(ボウシュ)と夏至(ゲシ)の水無月(ミナヅキ…6月6日より7月6日まで)です。
 6月は午(ウマ)の月なので、守本尊勢至菩薩(セイシボサツ)様です。

 勢至菩薩(セイシボサツ)様は、『根上下智力(コンジョウゲチリキ)』という、人の性根(ショウネ)を見定め、それに応じた救いをくださるみ仏です。
 私たちは他人の性根を見誤って失敗しがちであり、自分自身の性根のありようにも鈍感だったりします。
 勢至菩薩様のご加護で自他の性根をよく見つめ、無事安全に精進しましょう。
 また、勢至菩薩様は、午(ウマ)年生まれの善男善女を一生お守りくださる守本尊でもあり、身体においては、主として頭や首をお守りくださいます。
 ご供養し、ご守護いただき、心豊かで無事安全に過ごしましょう。

勢至菩薩様は、この世の人びとがまっとうに生きるために大いなるお力を発揮してくださいます。

勢至菩薩(セイシボサツ)の勢至(セイシ)とは○比類なきほど大いなる○勢力得られこの世での○衆生(シュジョウ)のために無辺際(カギリナキ)○その自在なる方便(ホウベン)と○悟れる智慧を発揮して○その至らざる処なき○勢力(イキオイ)示すことにあり」


(勢至菩薩の勢至とは、比べるものがないほど大きな力をお持ちになり、この世で生きる人々のためにどこまでも自在な最高の手立てを示し、悟った世界からの智慧を発揮し、救い漏れのない勢いをお示しになられることを意味している)

◎勢至菩薩様は、この世の人びとのみならず、あの世の人びとの一周忌守本尊様として、悪業(アクゴウ)による苦しみからお救いくださいます。

「もし人あって重罪を○犯して苦しみ悩めども○勢至菩薩(セイシボサツ)を誠心(ヒタスラ)に○想い念じて恃(タノ)むなら○この尊(ソン)智慧の光以(モ)て○普くこの世の一切を○照らし救済(スクイ)の手を伸ばし○さらに地獄や餓鬼などの○三悪道(サンアクドウ)に転落し○苦しみ悩む人々を○救いそこから離脱させ○必ず弥陀(ミダ)の西方(サイホウ)の○浄土に生(ショウ)を得せしめる○無上の力を持(タモ)つなり」


(もしも誰かが、重い罪を犯して苦しみ悩んでいたとしても、勢至菩薩様を信じ、まごころからおすがりするならば、勢至菩薩様は、智慧の光を放ってもれなくこの世の一切を明るく照らし、救いの手を伸ばしてくださる。
 それのみか、あの世で地獄道や餓鬼道や畜生道という最悪の世界へ堕ちて苦しみ悩む人びとをも救い出し、必ず阿弥陀如来様の極楽浄土へと生まれ変わらせるこの上ないお力を発揮してくださる)

seisi011.jpg

 写真は、永代供養を行ってご加護を受けるため、当山の講堂へ納められた勢至菩薩様です。
 総丈は約35㎝あり、日本で唯一、護摩を焚いてできた灰が体内へ納められたご本尊様です。(奉納受付中)

 6月の守本尊様をご供養しお守りいただきたい時、願いを成就させたいと念じる時、辛い時、悲しい時、淋しい時、あるいは感謝したい時は、合掌して勢至菩薩様の真言(真実世界の言葉)を唱えましょう。
 たとえ一日一回の行でも、信じて行なえば、ご本尊様へ必ず思いが届きます。
 続けて行う回数は任意ですが、基本は1・3・7・21・108・1080回となっています。

勢至菩薩(セイシボサツ)

「おん さんざんざん さく そわか」

今月の真言をお聞きになるにはこちらをクリックしてください。音声が流れます


※お聞き頂くには 音楽再生ソフト が必要です。お持ちでない方は、
こちらから無料でWindows Media Player がダウンロードできます。






 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」※今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=EOk4OlhTq_M





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2012
07.08

時間が止まったたままです

20120706002.jpg
〈小さな来訪者〉

 はからずも、同じ日にほとんど同じ言葉を3度、聴きました。
「私にとって、時間は止まったままです」

 お一人は、東日本大震災で亡くされた兄弟のご遺骨を預かりに来られたAさんです。
「最近ようやく、お骨がいつまでも家にあるのはおかしいかな、と思えるようになり、知人から、こちらで安骨(アンコツ)供養をしていると教えられたのでお伺いしました。
 一年以上経っても、私の中に時計が二つあるようで、周りの時間はどんどん進んでいますが、あの日に時間がピタッと止まったままの感覚はどうしても消えません。
 もう、終わってしまったという気がしてなりません」

 お一人は、不意打ちの形でお子さんを亡くされたBさんです。
 一周忌のご相談に来られ、ご葬儀を行ったのがついこの間だったような気がして「一年はあっという間ですね」と申し上げたら、跳ね返るようなタイミングで言葉がやってきました。
「でも、私の中で、時間は止まったままです。
 何も変わりません」
 強いまなざしに頷き、目をスライドさせたら、脇にひっそりと座った奥さんが涙ぐんでおられます。

 お一人は、かつて私が托鉢でお訪ねし、置いてきたお札を持参されたCさんです。
 沿岸部にあったCさんの店舗は津波ですっかりやられ、泥にまみれて見つかったお札を返しに来られたのです。
お札には、ずいぶん長いこと守っていただきました。
 お札がこのとおりになり、店はなくなりましたが、自宅だけはどうにか残りました。
 周囲で、復興、復興と勇ましい掛け声は聞こえても、私の中ではまだ、時間が止まったままです。
 たくさんの方々が自分のような気持でいるはずです。
 これがどう動き出すのか、不安です」

 止まってしまった時間は、人為で動かせるものではないのでしょう。
 それはきっと、私たちのはからいを超えたところで始まるのでしょう。
 Aさんがお骨を手放されたこと、Bさんが一周忌供養会を終えられること、Cさんのお宅に新しいお札が掲げられること。
 こうしたことごとが、〈その時〉を早めるのに役立って欲しい、〈その時〉は必ず明るい方向へ開けるものであって欲しいと祈るばかりです。

 新しい年の朝を迎えた詩人坂村真民は書きました。
「鳥は飛ばねばならぬ
 人は生きねばならぬ」
「鳥は本能的に
 暗黒を突破すれば
 光明の島に着くことを知っている
 そのように人も
 一寸先は闇でなく
 光であることを知らねばならぬ」

 AさんにBさんにCさんに、そして止まった時間におられるたくさんの方々に、一日も早く新しい朝が来るよう祈っています。



 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんざんざん さく そわか」※今日の守本尊勢至菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。



[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2012
01.29

ご主人の魂に救われた奥さん

 3年前にご主人を亡くされたAさんは、百か日の供養会でも、一周忌の時も、三回忌の時も「淋しくてなりません」と肩を落としたままでした。
 ところが、三周忌にご来山されたおりの様子がこれまでとはずいぶん違うので「暮らしはどうですか?」とお訊きしたところ、スッと目を上げて答えられました。

「主人を亡くしてから3年近く経ち、ようやく主人がいてくれることを感じて元気になりました。
 これまではいなくなったという空虚さに負けて、いつもいつもただ淋しさだけを相手にして暮らしてきましたが、このとところ、二回、主人の魂と会って、すっかり安心できました。
 一度目は、疲れが溜まって困っていた時のことです。
 右肩の後の方から手が当てられて『大丈夫だよ』という声が聞こえたような気がしました。
 左手でその手を確認しながら振り向くと、確かに手だけ見えましたがとても冷たいのです。
 でも、主人だとわかったし、気持が良くて、私も連れて行ってと言いました。
 まだいいよという声のない声で答えたきり、気配は消えました。

 二度目は一人でいた時、正面から不意に抱きしめられたのです。
 アッと思って私も抱きしめましたが、やはり主人はとても冷たく、あまりに細いので驚きました。
 また、私も連れて行ってと言いましたが、やはり、まだいいよと答え、今度は右上の方へ去りました。
 何かが見えたような気がしましたが、見えたものは思い出せません。
 目に見えてはいなかったにもかかわらず、私には去って行った様子がはっきりとわかりました。

 それから、私は変わりました。
 自分が自分の淋しさの繭に包まれてばかりいた頃は、同じような境遇の人の悲しみがよくわかって当然なのに、今ほど強くは感じられませんでした。
 自分に心の余裕ができたのでしょうか。
 今度は他人の淋しさや悲しみがありありと感じられ、自分がいかに酷い状態だったかも、あらためて知りました。
 最近では感謝の気持が強くなり、子供たちや周囲の人々へ心からありがとうと言ってばかりいます。
 長い3年間でしたが、こうして時が経つ必要があったのですね。
 やはり、主人は私の主人です」

 御霊阿弥陀如来のお導きへ入る三回忌を終えてから、奥さんは変わられました。
 ご主人が極楽浄土で憩うようになり、安心した存在として奥さんへかかわってこられたのでしょう。
 それは、おりおりの供養を欠かさず、廻向(エコウ…あの世御霊安心していただけるよう供養する功徳を廻し向けること)を行い、ご主人の安心を願ってこられた奥さんへの、あの世からの感謝だったのではないでしょうか。
 奥さんは安心を分けいただいたのです。
 祈る心、悼む心、まごころを因とする果を教えていただいたできごとでした。

〈大渋滞の夜〉
20120129001.jpg



 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん あり きゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン




back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。