--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
12.03

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─

2016-11-11-0191.jpg
〈四国の路傍に〉

 人生相談に来られたAさんから、ご質問をいただいた。

三回忌などの廻向(エコウ)って何ですか?
 仏教は自業自得ではないのでしょうか?
 どうして、あの世へ行った人が、この世の人の祈りで救われるのでしょう?
 それでは、死後に拝んでくれる人さえいれば、この世でさんざん悪事をやっても大丈夫、ということになりませんか?」

 もっともな疑問だ。
 お答えした。

「確かに因果応報なので、善きことを行えば善き報い、悪しきことを行えば悪しき報いがあり、それは皆、その人自身の問題です。
 ではなぜ、祈りの功徳を廻し向けられるのか?
 それは、ありとあらゆるものが本当は、いっさいの枠を離れた(クウ)だからです。
 また、私たちは、の内容をすべて把握できないことも考えておく必要があります。

 例えば、一輪のタンポポを踏んだとしましょう。
 それは一見、自分とタンポポの間で起こった小さなできごとにしか思えませんが、タンポポを当てにしていたハチやチョウチョにとっては、蜜を得る先がなくなったことを意味します。
 あるいは、タンポポの根元にいた小さなミミズまで一緒に踏み潰したかも知れません。
 また、花を踏んでしまったという小さな悔悟の念が、懺悔させ、慈悲心を育てるかも知れません。
 それまでは、いつも花を見つけたら踏まないように心がけていたはずなのに、つい踏んでしまった自分の注意力が散漫になっていると気づくかも知れないし、アッと思っても足が止まらなかったことに、〝自分は年をとってしまった〟と嘆くかも知れません。
 このように、ありとあらゆるモノもできごとも、無限の連なりの中で生じ、滅しているので、神ならぬ身には全体像など知り得ないのです。

 また、例えてみましょう。
 まず、自分のために勉強をすれば成績が上がり、精神も豊かになります。
 希望する進学も可能になるでしょう。
 これは自分に対して結果が出ている状態ですね。
 一方、病気で苦しむ人たちを見捨てられず、救いたいと一念発起して勉強し、首尾良く医師になって活躍するならば医療の力はどこまで及ぶか、はかり知れません。
 実は、御霊のために供養という善行(ゼンギョウ)の功徳(クドク)を回し向ける廻向は、後者の世界と同じです。

 我(ガ)にとらわれない清浄な心で、正しい方法を用い、そして相手を選り好みせず普く供養するならば、〈枠を離れた影響力〉は当然、あの世の相手へ届き、たくさんの御霊へ届き、供養する施主(セシュ)その人自身もまた、善き影響力によって苦や悪因縁から離れる機会になることでしょう。
 自分のために行う善行は小さな因果応報としての〈世俗的善行〉であり、相手を選ばずに行う善行は無限の力を無限に及ぼす〈菩薩(ボサツ)の善行〉であり、両方共に大切です。
 だから誰かへ供養のまことを捧げたいならば、特定の相手に向かって祈るだけでなく、無限の相手に対しても廻向の心で再度、手を合わせましょう。
 その際、イメージを明確にするための伝統的文章があります。

『願わくは、この功徳をもって普く一切へ及ぼし、我らと衆生(シュジョウ)と皆共に、仏道を成(ジョウ)ぜん』。

 こうして、の心で行う善行は、あの世にいる特定の御霊のためになるだけでなく、結果的に、生きとし生けるもの全体のためにすら、なるのです。

 お盆の故事を思い出してみましょう。
 神通力第一とされた目連尊者(モクレンソンジャ)が、あの世に行った母親の様子を観たところ、餓鬼界(ガキカイ)で苦しんでおり、自分一人では救いきれないからとお釈迦様へ相談に行ったのがきっかけでしたね。
 お釈迦様は、雨季の修行が終わったら皆で祈り、その功徳で救いましょうと指導され、その通りに母親が救われたからこそ、いまだに、廻向の祈りが続いているのです。
 きっと、お釈迦様も、行者たちも、の祈りを捧げたのでしょうね。
 私たちもまた、縁に応じて、心を広く持ち、尊い廻向となる供養を実践しましょう」




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



スポンサーサイト
2015
10.15

死の悲しみから立ち直る道(その1) ―喪失の現実を受け容れる―

2015092900032.jpg
〈十三仏様に守られた共同墓『法楽の礎』〉

 アメリカの医師で心理学者のJ・ウィリアム・ウォーデン氏は、の悲しみから立ち直るための課題を4つ挙げました。

1 喪失を現実のこととして受け容れること。

2 の悲しみがもたらす苦痛を知り、そのはじめから終わりまでを体験すること。

3 失われたものが失われたままになっている周囲の世界に適応すること。

4 心のなかに失われたものの居場所をつくり、思い出を携えていくことを学び、生き続けること。

 を前にした方やご家族からの人生相談を受け、数多くの方々へ引導(インドウ)を渡し、送った方々と接してきた体験を通して、この問題を考えてみましょう。
 今回は第一番目、喪失した現実の容認です。

1 喪失を現実のこととして受け入れること。

 送った方はどうなるか?
 その振幅には実に大きなものがあります。
 片方の極はこうです。
「どうしても信じられません」
 そして、もう一つはこうです。
「ようやく救われたと喜んでいます」
 後者については、故人がを前にした不安や悲しみや苦しみから解放され、さぞやホッとしているだろうという面が第一。
 そして中には、看取った方々の仲には苦痛から解放されたという安堵感をありのままに語る方もおられ、両面での安心がもらたされればもう、涙混じりの笑顔すら見られます。

 問題は前者です。
 現実を見れば頭ではを確認できているのに、感情がついてきません。
 この場合は、周囲が何を言おうとなかなか感情が転換せず、遺影を前にして〝もう、んだのだ〟と受け容れようとしても、その現実感がないのです。

 妻を突然、亡くしたAさんは1ヶ月経ってもまだ、「女房が朝飯作ってくれるのを待っているんです」と言っていました。
 ボーッとテレビを観ているうちにお腹がすいてどうにもならなくなり、その辺にあるものを食べます。
 掃除も洗濯もできず、見かねた娘さんがたまに手伝いに来ています。
 無意識のうちに死を頭から拒否し、その意識のはたらきが現実全体を覆い、薄膜のかかったような日々を送っていたのでしょう。
 当山では、まず、供養の経典と自作のCDをお渡しし、毎日、お線香を点す時にお経も捧げるように提案しました。
 Aさんが読むかどうかは次の段階で、お任せしました。
 また、奥さんの守本尊様の真言をお伝えし、あの世でも守っていただけるよう祈ることも提案しました。
 運転に気をつけてくださいよ、と、たびたび申しあげもしました。
 四十九日、百か日、一周忌と法要のために本堂へ足を運び、奥さんとご自身の守本尊様の真言を覚え、ようやく、「娘に、あんまり来なくたって大丈夫だと言いました」というところまで回復されました。
 途中、こんな段階もありました。
「いっそのこと、自分もあっちへ行けばいいと思うんです。
 妻のそばに……」
 こんなふうにお応えしました。
「そうですねえ。
 それもいいかも知れませんが、そうなりますかねえ。
 いくら仲がよくても、それぞれが一人の人間として別々な人生を歩んでいる以上、この世で積んだ善い業(ゴウ)も、悪い業(ゴウ)も違うので、同じところへ行ける確率は低いはずですよ。
 お釈迦様がそうおっしゃっているし、因果応報は確かなので、私も自分の因縁に応じたところへ行くのだろうと思っています。
 ダライ・ラマ法王は、心中する二人の行き先について詳しく述べておられますが、それを読んでも、一緒に亡くなってすら、あの世で一緒に暮らせるとはとても思えません。
 ちなみに私などは、妻からたまに、あんたと暮らすのはもう懲(コ)り懲(ゴ)りだと言われ、自分を振り返って見ると、そうだよなと深く納得できるので、あの世で妻を解放してやれば、さぞやせいせいするだろうと思い、拝みながら生活しています」
 お墓参りのたびに立ち寄っておられたAさんは、三回忌を迎える前に、すっかり新たな日常生活に溶け込まれました。

 次回は喪失と向き合うお話です。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん ばざら たらま きりく」※今日の守本尊千手観音様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IvMea3W6ZP0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

 

2015
05.07

年忌供養は誰に向かって拝むのか? ―百か日は観音様、三回忌は阿弥陀様―

201505050003.jpg

201505070002.jpg
十三仏に守られた共同墓『法楽の礎』〉

201505070001.jpg
十三仏に守られた納骨位牌堂『法楽殿』〉

 共同墓『法楽の礎』を契約したAさんからご質問がありました。

「私が亡くなった後の年忌供養はどこでやっていただけるのですか?
 お墓の前ですか、それともご本堂ですか?」

 還暦はとっくに過ぎたご夫婦ですが、何でも真剣に問われます。
 基本的には本堂ですとお答えしたところ、共同墓でお骨を拝むのではないんですか?と二の矢が飛んできました。
 そこで、少々詳しくお答えしました。

「どこのお寺でも三回忌などのご供養を本堂で行います。
 その理由は第一に、ご本尊様のご加護は時空を超えているので、ご本尊様へお祈りすれば何ごとも通じるからです。
 たとえ御霊の依り代となるお骨が遠くの山中にあろうと、至心に祈った場所から法は届きます。
 当山には、東京の墓苑に埋葬されている方のご供養や、アメリカ在住の方のご加持などが申し込まれており、皆さんにご安心を得ていただいています。
 法が時間を超えて先亡の御霊へ届き、空間を超えてどこへでも届くのは、モノの世界の原理とは異なる聖なる世界があるからです。

 第二に、ご本尊様は、どらえもんの『どこでもドア』のような存在であり、どなたへ祈ろうと広大無辺な仏界へ通じ、いかなるみ仏のご加護もいただけるからです。
 たとえば百か日忌は観音様が守本尊ですが、ご本尊様がお不動様のお寺でも当然、問題はありません。
 それは、お不動様を入り口として法を結び、法の世界へ入った行者は、さらに観音様の世界へも進めるからです。
 十三仏の教えによるお不動様の役割は、死後、初七日のお導きであり、百か日のハードルを無事、越えさせてくださる観音様ではありません。
 それでもお不動様の前で百か日のご供養が成立するのは、お不動様と一体になる法を結ぶ行者は、日常世界を超えた仏界へ入り、無限の仏界において観音様の法を結ぶことが可能だからです。
 同じようにして、一周忌の勢至菩薩、三回忌の阿弥陀様、あるいは三十三回忌は虚空蔵様と、確かなご加護をいただけます。

 もちろん行者は、必ずしも眼前へ尊像をお祀りしなくとも、修法によって仏界へ入られます。
 また、数多くのみ仏がおられるのは、私たちの心に多様で無数の徳があり、徳の極まりが仏界だからです。
 こうした理由から、ご本尊様をお祀りしない葬祭会館でもご葬儀ができるのです。
 古家や古井戸を取り壊す前に供養と因縁祓いの修法を行う際、現場で特別にご本尊様をお祀りせずに修法するのも同じ理由からです。

 もちろん、お寺の帰りに、魂入れの済んだお塔婆をお墓へ立て、あらためてお線香を点して合掌するのはとても尊い行為です。
 モノと心とのあらゆる徳を捧げる象徴であるお塔婆は最高のご供物であり、それをわざわざ依り代の近くまで持参するのは深い誠意の表現です。
 なお、古来、神社仏閣が山上に建てられたのは尊いものを高くお祀りするのが第一の理由、第二の理由は、わざわざ遠くまで足を運ぶまごころが仏神と凡夫との距離を縮めるからです。
 ご理解いただけたでしょうか?」




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2013
03.14

東日本大震災 ─東北関東大震災・被災の記(第129回)─「小説は 死者と生者つなぐ」考(その2 三回忌という時期)

20130314001.jpg
〈岩出山の森栖さん〉

20130314062.jpg

 3月11日付の朝日新聞に掲載された池澤夏樹氏といとうせいこう氏の対談「小説は 死者と生者つなぐ」を読んでいます。

いとう氏
「日本には、非業の死を遂げた人の霊をしずめるための能や歌舞伎や浄瑠璃があった。
 死者の恨みをどう共有するのかという意味で、芸能や文学が人の魂にふれてきたと思う。
 今、科学も宗教も生と死をとらえきれない。
 だから、その中間領域に小説を置かないといけない。」


 死に行く人の恨みは周囲にいる人々の記憶に残り、死者への怖れとなる。
 だから、死者を慰撫するために、芸術の世界で恨みを昇華させ、時には神として崇める。
 やがて怖れが憐憫や畏れへと変われば、送った側の人々は徐々に安心することだろう。
 しかし、仏法は、生者も死者も等しくみ仏の子であると観て、悪しき心のはたらきである恨みと対峙し、心から切り離す修法を行う。
 四十九日忌には薬師如来、百か日忌には観音菩薩、あるいは三回忌には阿弥陀如来のお導きをいただく供養会には、死者の滅罪を重ねて願うという一面がある。
 それは、死者の安心を願い供養する生者がよき心となり、自らの滅罪を行う機会でもある。

 

池澤氏
「医学は科学だから『ご臨終です』で終わる。
 でも、そこから始まるものがある。
 死を納得するための工夫が要る。
 僕は、震災で母親を亡くした友人から、どうやって亡きがらを見つけ、どう弔ったかを丁寧に聞いた。
 彼は語ることで自分の中の何かを鎮めた。
 僕は体験の一部を受け取ることで何かを担った。」


 否応なく「そこから始まるもの」への対応は、宗教者の仕事でもある。
 供養や人生相談に訪れる方々の瞳にかかっている翳(カゲ)が、お帰りになられる時にいくばくかでも薄れていると確認できれば、心に安堵が広がる。
 時には、帰りしなの言葉が耳に残る。
「おかげさまで、一区切りつきそうです」
「まだ、前へ向かう気持になれません」
 いずれにしても、氏の言うとおり「担う」役割は重い。

いとう氏
「『双頭の船』というのは、頭の一方が死の世界に向かっていて、もう一方が生の世界へ向いていると思う。
 死の海が生の舳先(ヘサキ)に接し、生の海は死に接し、死と生が行き来する動力でこの船は進む。
 そして、船を縦軸にすると時間軸になる。
 下は過去でみんな死んでいる。
 上は未来。
 これから生まれる未来の人は、今はまだ死んでいるともいえるわけで、過去と未来は死でつながっている。
『想像ラジオ』の主人公はディスクジョッキーだが、最後の方で次のDJが出てくる。
 つながっていく。
 未来と過去はこうして扱わねばいけねいのかなと。」

  
 氏はまさしく輪廻転生(リンネテンショウ)を語っておられる。
 私たちがこの世で活躍するたかだか100年もない時間は、死と死の間にあるつかの間のできごと。
 氏の言う「これから生まれる未来の人は、今はまだ死んでいる」の「まだ」は、永遠とも言えるほど長い。

池澤氏
「被災地の初期のざわめきが鎮まるための2年だった気がする。
 三回忌というのは、死者が向こうへ歩き始める時期なのではないか。」


 氏が感じておられる切り替わりの時期は普通、四十九日忌に当たる。
 薬師如来の強大なお力をいただき、この世と微かにつながっている気配も消え、完全に「向こう側」の存在となる。
 しかし、今回の震災において、あまりにも強引に死の淵へ引き込まれたたくさんの方々の中には、いまなお何かを〈引きずっている〉方もおられることだろう。
 氏は、2年が経ち、そうした方々もはっきりと向こうの住人になったのではないかと感じておられる。
 修法する者の立場としては、「向こうへ歩き始める」というより、死者は、私たちがおよそ想像し得る限り最高に安楽な世界で憩い始められたと考え、感じている。
 そうした意味では、氏のイメージする「向こう」は極楽浄土であろうから、宗教者と似た感覚なのかも知れない。

いとう氏
「僕の場合は死者が話しかけてくるまでに2年かかったという感覚です。
 向こうから『聞け』と言ってくる声を想像で書くには、客観性と批評性が必要で、それは小説だった。」


 やはり、2年後の三回忌には、時間が経過したことによる何かが顕わになる。
 宗教者は阿弥陀如来の救いを祈り、小説家は落ちついて語り出した向こう側の声を聴く。
 時が経ち、鎮まることは、向こう側とこちら側の双方へ安心をもたらす。
 向こうでは憩いが深まり、こちらでは新たな言葉が紡ぎ出される。
 しかし、それもなお、こちら側の現実は過酷なままだ。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん あらはしゃのう」※今日の守本尊文殊菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2013
03.12

東日本大震災 ─東北関東大震災・被災の記(第127回)─三回忌終了のご報告・和合する人々と区切の真言─

201303120001.jpg

 おかげさまにて、全国の皆さんへご唱和を呼びかけていた般若心経百万巻を捧げる三回忌供養会は無事、終了しました。
 108巻をご唱和いただいた方々、納経された方々、準備や進行にご協力いただいた方々、お心を向けてくださったすべての方々へ心よりお礼申しあげます。
 あいにく気温が前日より10度も低く小雪が舞って境内は真っ白、ときおり思い出したように強い突風も吹く荒れ模様になりましたが、善男善女が続々と足を運ばれ、堂内に読経の声が満ちました。
 午前10時からの修法が終わった時は12時45分を過ぎていました。
 おそらくは参加されたどなたも経験したことのない供養会だったのではないでしょうか。

 最後に短い法話を行いました。
「仏教では三宝(サンポウ)を敬います。
 仏様である仏法(ブッポウ)、教えである法宝(ホウボウ)、それを信じて導かれ、護る僧宝(ソウボウ)です。
 僧宝とは袈裟衣をつけた僧侶だけではなく、こうしてご唱和いただいた皆さんや、ご協力くださった皆さんは等しく宝ものです。
 そもそも、僧という言葉は仏教用語である僧伽(ソウギャ=サンガ)からきており、インドの言葉であるサンガは和合衆(ワゴウシュウ)とも訳されました。
 心を一つにして励む人々だからです。
 ここにおられる皆さんはまぎれもなく和合衆であり、逝かれた方々は三宝に護られ、きっと極楽浄土へ到着されたことでしょう。

 さて、皆さんは、おそらく、最後の方では『まだ終わらないのだろうか』『えっ、また唱えるの』と、いつまで続くのだろうかという気持になっていたことでしょう。
 いくら供養しようというご誠心があっても、これだけ長時間になれば、相当、疲れてもおられるはずです。
 しかし、考えてみてください。
 津波や原発事故で避難を余儀なくされている方々や、仮設の店舗などでようやく生計を立てている方々は、『いったい、いつになれば、元の生活に戻れるのだろう』ともどかしい気持を抱えながら過ごしておられるはずです。
 又、強い恐怖や悲嘆と共に冥界へ逝かれた御霊方にも、なかなか安心の世界へ溶け込んでしまえない何ものかが残っているかも知れません。
 今、私たちは、はからずも、そのごく一部分を共有したのではないでしょうか。
 そして、私たちは供養の一事を為し終えました。
 結果となる〈その時〉が必ず来ることを実証しました。

 先ほど行った修法には、これまでで最も困難なものを含まれていました。
 かつて、事故が続発した関東地方のマンション建設現場で供養と鎮めの修法して以来のことです。
 いかに三回忌のご本尊様である阿弥陀如来のお導きが強力であろうと、悲劇的な最期を遂げた御霊方が極楽浄土へ入られるのは、やはり、容易でなかったと思えます。
 しかし、私たちは和合して、所定の祈りを貫徹しました。
 きっと、あの世の御霊方も無事、阿弥陀如来の光へ溶け込まれたことでしょう。

 冒頭にお話ししたとおり、修法には滅罪が含まれており、その法を込めた般若心経御守に魂入れをしました。
 どうぞ皆さん、ご自身の滅罪と除災招福のため、また、誰かのため、どうぞお持ち帰りください。
 本日は本当にご苦労さまでした。
 ご唱和へ重ねてお礼申しあげます」

 法話で触れたように、終了間際のある真言へ入った時、止まらなくなりました。
 濁流にもまれて離れる手と手、車椅子を押して走る看護師さんの息づかい、家族を呼ぶ声、2年前の現実が気配となって顕れました。
 空漠の地となったあちこちの沿岸部で拝んだ時に迫ってきた気配と同じです。
 あの日、津波の来た方角へと自らクルリと後ろ向きになった共同墓『法楽の礎』の主尊大日如来様は、そのすべてを受けとめようとされたのであると信じています。
 この真言が奔流となったのは、かつて、山中の修行で師から法力を使える行者となるための伝授を受けた時以来です。
 別な真言を唱えねばならないのにこの真言が口から流れ、師は私の頭を地面に押しつけました。
 その頃は無我夢中でしたが、今日のできごとをふり返ってみると事情は察知できます。
 御霊方にとって、後ろ髪を引くもろもろの執着心から離れてみ仏そのものになるためには、どうしても強烈な区切が必要だったのでしょう。
 唱え終わってみると、堂内に流れている般若心経はかなりの速度で皆さん四苦八苦されているはずなのに、実に静かでゆったりと聞こえました。

 三回忌の祈りは成就しました。
 あの世の方々が安心の世界へと入られたのと同じく、この世の私たちも苦から離れる次の一歩を踏み出す大きなきっかけとなったことでしょう。
 
※『ゆかりびとの会』の皆さん、準備から受け付け、進行、後片付けと本当にご苦労さまでした。
 心より感謝しております。

※3月11日を期して、『法楽寺仏前勤行宝典』(A5版50ページ総ふりがな・CD付)を作りました。
 順次、『ゆかりびとの会』会員の方々へご進呈申しあげ、入会される方々へも、もれなくお渡しし、家庭での勤行に役立てていただきたく存じます。
 また、関心がおありの方はどうぞメールやファクスや電話でお申し込みください。(ご志納金はお心のままに)

2013031200032.jpg





 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。