--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
11.15

お地蔵様とお不動様の救い

2016-11-11-0020.jpg

2016-11-15-0001.jpg

 鎌倉時代中期、無住(ムジュウ)は密教と禅を学び、臨済宗東福寺派の長母寺で法務を行いつつ、10巻もの説話集『沙石集』を書いた。
 彼は、臨済宗の開祖栄西から伝わる秘書『地蔵の決』についても記している。

「その中の肝心に、地蔵大日の柔軟(ニュウナン)の方便(ホウベン)の至極(シゴク)、不動は強剛方便(ゴウゴウホウベン)の至極(シゴク)となり。」

(その中の最も大切な部分として、地蔵菩薩は大日如来の優しい方法による救済不動明王は大日如来の厳しい方法による救済を、究極的につかさどるというものがある)


 以下、その一部を意訳した。

「ある時、恵心僧都(エシンソウズ)の妹である安養の尼が気絶した。
 僧正勝算(ソウジョウショウサン)は不動明王のマントラでえある火界呪(カカイジュ)を唱え、恵心僧都が地蔵菩薩の御宝号を唱えつつ修法した。
 やがて息を吹き返した尼が言った。
不動明王が火炎の前に立ち、お地蔵様が手を引いてくださいました。』」

「ある時、恵心僧都に給仕していた弟子が突然、亡くなった。
 彼にはモノにとらわれる気持があった。
 一人の僧侶に不動明王のマントラである慈救呪(ジクジュ)を唱えさせ、僧都は地蔵菩薩の御宝号を唱えつつ修法した。
 蘇生した弟子は言った。
『4、5人の男たちに持ちものを奪われ、抵抗したけれどだめでした。
 是非も問わず奪うのはおかしいとさらに抗議すると、髪を結い、白い杖を持った2人の童子が現れて男たちを追い払い、取り戻してくれました。
 さあ、これを持って帰ろうと思った途端、息が出ました。』」

地蔵は柔らかにふるまい、不動は荒々しく助ける。
 事実は口伝(クデン)が真実であることを証明している。

 地蔵と不動の適切な救いがなければ、生き死にに伴う苦しみから離れられないのは明らかである。
 地蔵は、いかなる迷いの世界にあろうとも、いかなる世界に生まれようとも、お救いくださる。
 不動は、まっとうに生きようとする時に邪魔をする業(ゴウ)による障りも、貪り・怒り・愚かさも、あらゆる魔ものたちの障害も取り除いてくださる。
 地蔵の救いによって迷いの世界から抜けだし、不動の救いによって魔ものたちから逃れることなくしては、安寧の世界に入れない。
 納得できるまでよくよく考えるべきである。」


 日本中で武士が殺し合った時代から700年以上経った今でも、秘法は守り伝えられ、お地蔵様とお不動様のご加護は確かである。
 四国の霊場にはそれぞれご本尊様がおられる一方、この二尊は、ほとんどの寺院で祀られ、祈られている。
 お地蔵様のお慈悲とお不動様のお智慧なくしては、この世をまっとうに生きられないだけでなく、臨終後の行く先も危うい。
 本当に〈相手を選ばない思いやり〉というものを考えてみよう。
 行き詰まったら静かに唱えてみよう。
「おん かかか びさんまえいそわか」
 本当に〈自己中心的でない道理〉というものを考えてみよう。
 行き詰まったら静かに唱えてみよう。
「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」
 お地蔵様とお不動様の世界が感じられるに違いない。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト
2016
11.01

花の人に出会う

2016-11-01-00022.jpg
〈高橋香温先生の作品〉

 ある時、ホームページとブログを読んで当山をご指名くださったA家へ枕経にでかけた。
 ご遺族とは初対面なのに、どなたもが、友人のような親しさで迎えてくださった。
 グレーのネコがすうっと故人の枕元を通り過ぎて消えた。

 修法に入ると空気が温かくなった。
 いつものようにお不動様の結界を張り、引導を渡す時まで皆さんのまごころが強いご守護となることをお伝えした。
 故人はふんわりと横たわっていた。

 故人は几帳面に掃除をし、何ごとにもじっと耐え、弱音や愚癡をいっさい口にしない方だったという。
 かつて、仙台駅の清掃ぶりを視察する外国人一行に出会った時の光景を思い出した。
 うち合わせが終わって退出する前にもう一度、故人のそばに座った。

 醸し出している純粋さはまるで少女のようだった。
 ──ああ、〈の人〉に出会った。
 教えのとおり、確かに、忍耐は人を一輪のにする。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2016
10.08

罪と不動明王

2016-10-08-0002.jpg
 
 お不動様の経典には、こう説かれています。

「我が身を見る者は、菩提心(ボダイシン)を起こさん。
 我が名を聞く者は、惑を断じて善を修せん。
 我が説を聴く者は、大智慧を得ん。
 我が心を知る者は、即身成仏(ソクシンジョウブツ)せん。」


 お不動様のお姿を見れば、まっとうに生きようという気持が起こります。
 ご尊名を聞けば、迷いを断ち、善く生きねばならないと思います。
 経文を学べば、大いなる智慧が得られます。
 お心を知れば、この身このままで、本来み仏である真姿に生まれ変われます。

 最後の一行だけは、体験上の確信を持つに至っていませんが、上の三行は、深く納得できます。
 自分の人生を振り返り、生き方を根本から考え、死なねばならないことを深く自覚しながらも死に行く道筋が見えず、途方に暮れた一人の赤児となってお不動様の前に座る時、まっとうに生きるという一筋の道が心中に開けてきます。
 そうした心になれば、善悪を言挙げせずとも、良心仏心に従って善く生きないではいられなくなります。
 至心に経文や真言を読誦し、自分の頭で考えれば、一語一句の意味を知るというよりは、お不動様が〈言わんとしているところ〉がわかり、世間的にうまくやるという世界ではなく、人間として迷わずに済む方策が生まれます。
 これだけは、一行者として言えます。
 お不動様が根本仏大日如来の使者とされていることは真実です。
 

「無始(ムシ)よりこのかたの無量の罪、今世(コンセイ)犯すところの極重(ゴクジュウ)の罪、日々夜々(ニチニチヤヤ)に作るところの罪、念々歩々(ネンネンブブ)に起こすところの罪、真言の威力をもって皆消滅す」


(無限の過去より積み重ねてきた計り知れないほどの罪、意識するとしないとにかかわらず生まれてこのかた犯してした重く重い罪、日夜、生きることに伴う罪、思っても歩いても常に犯してしまう罪たち、それらをすべて、真言の威力で消滅させよう)

 自分の罪を自覚する者としては、「南無転迷開悟不動明王」「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」と唱えないではいられません。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2016
08.03

お不動様のご加護をいただこう

2016-08-03-0001.jpg

 当山のお不動様は、小さいお像だがハイパワーである。
 当病平癒にも、供養成仏にも、祈りを受ける主尊として、行者と一体になり、施主や願主の誠心を受けとめてくださる。
 猛火はあらゆる邪心や邪業(ジャゴウ)や邪鬼をうち祓ってくださるので、堂内は空気が違う。

 お不動様のおられるところ、どこにでも火炎がある。
 滝行では細胞の生命力を励まし、護摩法ではありありとお姿を現し、斎場では迷いや未練を解き放つ炉内の浄火となる。
 火の元は至極の智慧であり、お不動様の悟りである。

 悟りへ至る分別(フンベツ)を七覚支(シチカクシ)と言う。
 だから、お不動様の髪は浜菅(ハマスゲ)という草で7つの莎髻(シャケイ)に結ばれている。
 では7つのポイントとは何か?

1 結ぶ法の真偽を判別する。
 み仏の教えにかなう正しい法でなければ、動かさない。
 お不動様が、自己中心的で、他者を害する願いに対して、それを実現させる法力をくださるはずはない。

2 正しい法のために精進する
 お不動様が私たちを救う不退転のお慈悲は、仏法に則り、途切れることはない。
 願う私たちの善心を励まし、あきらめぬ力をくださる。

3 真理・真実を喜ぶ
 不変の真理、世界の真実を喜び、それが不断の力となっておられる。
 私たちも又、真理、真実に魂が震える時、お不動様の喜びとお力をお分けいただいているのだ。

4 清浄で、軽快、安穏な心身を保つ
 悟ったお不動様に穢れはなく、あらゆる者を救うために、本体は不動であり揺らぎなく安穏でも、お心は、どこにある善心をもただちにキャッチし、分身である童子様たちをどこへでも遣わす。
 お釈迦様はどこへでも足を向けられ、お大師様も広く衆生を救われ、ダライ・ラマ法王も又、世界中で平和と思いやりを説かれている。

5 眼前の現象をそのままにとらえ、救いを求める衆生から離れない
 大日如来の使者として、智慧と慈悲を具体的な手段で顕すお不動様は常に私たちを見守ってくださる。
 いったん真の慈悲心を動かした人も又、同じであり、見捨てることはできず、心中にある仏心が発した悟りの光は永遠である。

6 心身が定まりぶれない
 悟りにぶれはなく、常にはたらくべき智慧がはたらき、動くべき慈悲心が動いている。
 ペルシャワールの中村哲氏は大洪水に見舞われた現場でも「他に方法がなければやる、それで失敗すれば神の思し召し」との姿勢を貫き、打開してきた。

7 いかなる現象や行為にもとらわれない
 すべては空(クウ)なる世界でのできごとゆえ、その時、その場での手段は、救済実現の瞬間に尽くされたことになる。
 お釈迦様が、「迷いの川を渡らせてくれた筏(イカダ)は、向こう岸へ着いたならば置いて先へ進もう」と言われたとおりである。

 こうしたポイントが実現されているお不動様のお力は、矮小(ワイショウ)な人間にとって〈無限〉としか言いようがない。
 お不動様のありようを知れば、その威神力はよりいっそう感得できる。
 お力の一端に浴することができるかどうかは、私たちの誠心にかかっている。
 願い事を心に刻んだならば、合掌し、真言を唱え、お姿を心に念じたい。
「のうまく さんまんだ ばざらだん せんだ まかろしゃだ そわたや うん たらた かん まん」
 こうして身口意(シンクイ)を不動明王と一体化しよう。
 あるいは護摩法に参加しよう。
 あるいは願い事を書いた護摩木でご供養しよう。
 実践がすべてである。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2016
02.01

イラク戦争と靖国神社への祈り(その17) ─お葬式をしてはいけない日?─

201601300031.jpg

 平成16年1月、自衛隊のイラク派兵に鑑み、仏神と祖霊のご加護で自衛隊員の無事帰還をはかるべく、靖国神社へ向かって托鉢行を始めた。
 世界の情勢が急変を見せ始めた今、そのおりの記録を加筆訂正しながら再掲しておきたい。
 不戦日本の願いを込めて。

 いったん帰山してからの法務が相次ぐ。

○お葬式のできない日(2月25日)

 午前中、長年患っておられたAさんへ引導(インドウ)を渡した。
 覚悟の出立は見事だった。
 午後、終り次第新幹線に乗る予定で地鎮祭の出張祈祷にでかけたところ、枕経のご依頼が入った。
 またしてもご不幸である。
 B家では、大黒柱が不治の病にかかって以来、不測の事態を想定し、かねて、奥さんをはじめご一族が額を寄せあってお寺選びをしておられたのだという。
 忌中の提灯を目印に玄関のドアを開けたら、「よくおいでくださいました」とお揃いでお迎えいただいた。
 寺院が〈選ばれる〉時代にならない限り仏教は衰退すると信じ、日々法務に邁進してきた者としてはまことに心強い。

 さて、ご親族はお葬式の日取りに頭を悩ませておられた。
 諸事情を考え合わせると4日目がよいのだが、4という数を忌む風習があり、どうしたらよいかわからないという。
 4日目にするか、それとも5日目にするかという選択である。

 まず、喪主様から教えを問われた。
「ご住職様、仏教上、どうなっているのでしょうか?
 どういう問題がありますか?」
「私たちは自分で自分の生まれる日も亡くなる日も決められず、生き死にに関することごとにおいて良い日も悪い日もありません。
 だから、俗信は別として、日柄による修法上の障碍は何もありません。
 当山は、どのようにも対応できます。
 どうぞご都合のよい日をお選びください」
 極力、皆さんのご意志を尊重しようと、議論の結果を待った。

 案の定、聡明な喪主様が道理によって場をリードし、俗信に左右されず、御霊が早く成仏への道へ入り、ご遺族もまた大仕事を速やかに済ませられるよう4日目と決した。
 それを確かめてから「その日は初七日をご守護くださるお不動様のご縁日です」と申し上げた。
 全員が信頼の眼差しを向けて来られ、場にかすかに漂っている不安や不満の気配は霧消した。
 み仏の教えは、真理真実に立ち、気まま心や愚かさや怒りによって自ら苦を招く生き方から脱するための慈悲ある智慧である。
 俗信に対して適切な判断をもたらす智慧の鏡ともなる。
 今日も確かなご縁の糸を結んでいただいた。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。