--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
12.05

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─

2016-12-05-0001.jpg
〈善男善女の願いを込め、続けられる例祭の護摩法〉

 福島で出会った自衛隊員から話を聴いた。

 南スーダンへの派兵は、自衛隊からの離脱者を続々と生み出している。
 たまりかねた政府は、戦死した場合の弔慰金を6千万円から9千万円へ引き上げ、指示通り「駆けつけ警護」に当たれば1日2万3千円を支給するという。
 しかし、現場の本音は、金銭などではごまかしきれない問題の核心を衝いている。

 Aさんは日本を守ろうとして入隊した。
 もちろん、見知らぬ外国で戦死するつもりなどまったくなかったので、現在の自衛隊の動きは想定外だ。
 それに、現場ではたらく日本人から求められていないのに、戦闘要員として出兵させられることにも納得できない。
 災害時に請われ、丸腰ででかける時のような使命感を持ちようがない。
 国会では、南スーダンは戦闘行為が行われていない安全な場所だから、武装した自衛隊が出かけても安全だという議論が繰り広げられている。
 そもそも安全であれば軍隊は不要なはずだし、スーダン出兵がどうして国是である専守防衛になるのか。
 納得できないので、いくらお金を積まれようが自分のいのちはかけられないし、仲間がいのちをかけることにも耐えられない。

 もっともだと思わされた。
 次の話には胸を衝かれた。

 隊員は口を閉ざしたまま、共通のイメージを持っている。
 それは、最初に出る犠牲者はきっと、撃つ前に撃たれるということだ。
 厳しく訓練された隊員は、必ず命令で動くし、命令されないことは勝手にやらない。
 一方、戦闘が起こる時、撃てという命令は必ず、危機的状況から遅れて出されるだろう。 
 一発の発射が日本という〈国を背負った行為〉になることをよく知っている優秀な隊員たちは、自分のいのちに危機が迫ったからといって、指揮官でない者がバラバラに判断をくだすことはないと、互いに信じ合っている。
 だから、きっと、射撃命令が出る前に撃たれてしまうだろうというのが、若いまじめな隊員たちの共通認識だという。

 涙が流れた。
 現場の隊員たちにとって、これほどまでに切羽詰まった出兵であることを、どれだけの国民が認識しているだろう?
 安全な場所に征くのだから大丈夫だと主張している人々へ、〈真実を知って出かける〉彼らの本音を聞かせてやりたい。
 あるいは、崇高な理想を諦め、安定した収入を捨ててまで〈辞めないではいられない〉彼らの本音を聞かせてやりたい。
 しかも彼らは、やがて生じるであろう犠牲者が軍神として祭り上げられかねない日本の空気に恐ろしさを感じ、固唾を呑んで仲間の無事を祈っている。

 砲弾の飛び交うアフガニスタンでさまざまな活動を行ってきた医師の中村哲氏は「ペルシャワール会報」の10月5日号で述べた。

テロとの戦い』を声高に叫ぶほどに、犠牲者が増えました。
 そして、その犠牲は、拳をあげて戦を語る者たちではなく、もの言わぬ無名の人々にのしかかりました。

 干ばつに戮れ、空爆にさらされ、戦場に傭兵として命を落とす──アフガン農民たちの膨大な犠牲は、今後も語られることはないでしょう。
 私たちは、このような人々にこそ恩恵が与えられるべきだとの方針を崩さず、現在に至っています。
 多くの良心的な人々の支持を得て、事業は着実に進められてきました。
 PM5は、誰とも敵対せず、仕事を進めてまいります。


 彼らの地道な活動こそが、世界における日本の信用と価値を守っている。
 彼らは、自衛隊に来てもらいたいとは決して言わない。
 武器を持った敵対行為こそが最も危険であると、骨身に沁みて知っているからだ。

 南スーダンの気温は35度前後だが、作業現場の体感気温は50度にもなるらしい。
 日本の若者たちはそこへ征く。
 武器を携えて……。
 これからの日本を背負う若者が、戦争に加担するか、それとも無職になるかと悩んでいる姿はあまりに痛々しく、こうした日本をつくった世代の一員として、詫びる言葉も見つからなかった。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」※今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=EOk4OlhTq_M





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト
2016
09.23

オバマ大統領の心を想う ─国連の演説について─

2016-09-23-0001.jpg

 目を閉じると「カッチン、カッチン、カッチン」という柱時計の音しか聞こえない。
 ここは日本だ。
 しかし、戦乱の続く中東では空から爆弾が降り、病院も、食糧や水を運ぶ車も爆破され、子供や妊婦や松葉杖をついた人々が逃げまどっているはずだ。
 膨大な国民が難民となり、逃げる途中でいのちを失い、逃げた先では生きる場もなく、邪魔もの扱いの中で続々と死んでいるのに、祖国では果てしなく殺し合い、廃墟となった国土を奪い合っている。

 9月20日、かねて「核なき世界」を提唱してきたアメリカのバラク・オバマ大統領は、国連総会で最後となる演説を行った。

我々が核兵器の拡散を止め、核兵器のない世界を追求しない限り、核戦争の危険性から逃れることはできない。
 北朝鮮の核実験はすべての国を危険にさらす。
 合意を破る国は必ず重大な結果に直面する。」

アメリカを含む核保有国は核兵器の削減を追求し、核実験を二度と行わないよう再確認する責任がある。


 世界各国で、〈外敵〉を執拗に攻撃して人気を博す指導者が激増した。
 彼らは一様に拳を振り上げて「攻撃的なナショナリズム」を煽り、世論には「粗野なポピュリズム」が広がっている。
 強権的にことを運ぼうとする指導者が好まれ、果実を早くもぎ取ろうとするあまり、少数意見や専門家の知見は無視される。

「歴史を振り返れば、力に訴える者らには2つの道筋しか残らないことが分かる。
 一方は永久弾圧で、これは自国内で衝突をもたらす。
 もう一方は国外の敵への責任転嫁で、戦争を引き起こしかねない。


 世界の方向性が「弾圧」と「戦争」であるという指摘は恐ろしいが、現実である。
 日本でもそうした徴候は顕著だ。
 9月22日付の読売新聞である。

「大分県警の隠しカメラ問題、捜査員らを略式起訴

 大分県警別府署の捜査員が参院選候補者を支援する団体が入る建物敷地内に無断でビデオカメラを設置した事件で、別府区検は21日、同署の阿南和幸刑事官と守口真一刑事2課長(肩書はいずれも当時)、同課の捜査員2人の計4人を建造物侵入罪で別府簡裁に略式起訴した。
 起訴状などによると、4人は共謀し、参院選公示前の6月18~21日、民進党や社民党の支援団体が入る別府地区労働福祉会館(大分県別府市)への出入りを録画するカメラの設置などのため、敷地内に計5回、無断で侵入した、としている。4人は容疑を認めているという。
 一方、地検は21日、建造物侵入容疑で告発されていた同署の横山弘光署長と衛藤靖彦副署長については不起訴とした。
 地検は『関与を認めるに足る証拠はなかった』としている。」


 確かに、彼らの行動そのものについて刑事責任が問われるのは、他人の敷地へ無断で侵入したこと、撮影された人物のプライバシー権を犯す可能性があったこと、などでしかなかろう。
 しかし、行動の目的を推測してみれば明らかなとおり、この事件における真の問題は、そうした微罪などにありはしない。
 公権力が行っている、国民1人1人の、あるいは個々の政治団体や組織の思想・信条に関するチェックが、ついに、こうした粗雑な行動によってあからさまになるほどの域に達したことこそが重大だ。
 反権力の存在、反権力と権力との緊張感、反権力と正対する権力の自省があればこそ、権力は健全性を保つことができる。
 民主主義も思想・信条・報道の自由も成立する。
 しかし、反権力を潰そうとするなら、それは腐敗と独善と暴走への道に相違ない。

 最近、剣聖上泉信綱が話題になっているらしい。
 有名な話が残っている。
 賊が子供を人質にして立てこもった現場に遭遇した信綱は、僧侶になりすまし、握り飯を手にして賊へ近づき、放り投げられた握り飯に気を取られた賊をたやすく取り押さえたという。
 彼がその〈強さ〉をもって賊を斬り捨てようとすれば、やすやすと実行できたことだろう。
 公衆の面前での鮮やかな剣さばきは、彼をますます高名にしたかも知れない。
 しかし、人質である子供のいのちは、なくなっていた可能性が高い。
 彼は、相手を斃す力を持っていながらそれを直接用いず、周到に作戦を立て、僧侶や住民に理解させ、協力を仰ぎ、最後は自分のいのちをかけて実行した。
 無論、充分な勝算があればこそだろうが、修羅の現場では何が起こるかわからないのに、彼は子供のいのちを守ろうとして剣を持たずに踏み込んだ。
 彼は、いのちの価値も、失う哀しみも、奪う恐ろしさも、胆の髄までわかっていたのだろう。

 ところで、アフガニスタンにおいて不屈の活動を続けている医師中村哲氏は2年前の暮れ、現地から警告を発した。

日本はこれまで、アフガニスタン国内では民生支援に専念してきた。
 そのことが日本への信頼であり、我々の安全保障であった。

 それが覆されようとしている。
 戦争の実態を知らぬ指導者たちが勇ましく吠え、心ない者が排外的な憎悪を煽る。
 『経済成長』が信仰にまで高められ、そのためなら何でもする。

 武器を売り、原発を復活し、いつでも戦ができるよう準備するのだという。
 それが愛国的で積極的な平和だとすれば、これを羊頭狗肉という。
 アフガンへの軍事介入そのものが、欧米諸国による集団的自衛権の行使そのものであり、その惨憺たる結末を我々は見てきた。
 危機が身近に、祖国が遠くになってきた。
 実のない世界である。」


 世界一の武力を抱えたアメリカの大統領が、職を去るに際してアメリカと国際社会へ言い遺そうとした言葉は重い。
 持てる者がまず、持てる者自身へそのありようを問うという姿勢こそ、「攻撃的なナショナリズム」や「粗野なポピュリズム」といった反知性的暴流への防波堤である。
 日本も学ぶところ大なるものがあるのではなかろうか。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2016
08.03

お不動様のご加護をいただこう

2016-08-03-0001.jpg

 当山のお不動様は、小さいお像だがハイパワーである。
 当病平癒にも、供養成仏にも、祈りを受ける主尊として、行者と一体になり、施主や願主の誠心を受けとめてくださる。
 猛火はあらゆる邪心や邪業(ジャゴウ)や邪鬼をうち祓ってくださるので、堂内は空気が違う。

 お不動様のおられるところ、どこにでも火炎がある。
 滝行では細胞の生命力を励まし、護摩法ではありありとお姿を現し、斎場では迷いや未練を解き放つ炉内の浄火となる。
 火の元は至極の智慧であり、お不動様の悟りである。

 悟りへ至る分別(フンベツ)を七覚支(シチカクシ)と言う。
 だから、お不動様の髪は浜菅(ハマスゲ)という草で7つの莎髻(シャケイ)に結ばれている。
 では7つのポイントとは何か?

1 結ぶ法の真偽を判別する。
 み仏の教えにかなう正しい法でなければ、動かさない。
 お不動様が、自己中心的で、他者を害する願いに対して、それを実現させる法力をくださるはずはない。

2 正しい法のために精進する
 お不動様が私たちを救う不退転のお慈悲は、仏法に則り、途切れることはない。
 願う私たちの善心を励まし、あきらめぬ力をくださる。

3 真理・真実を喜ぶ
 不変の真理、世界の真実を喜び、それが不断の力となっておられる。
 私たちも又、真理、真実に魂が震える時、お不動様の喜びとお力をお分けいただいているのだ。

4 清浄で、軽快、安穏な心身を保つ
 悟ったお不動様に穢れはなく、あらゆる者を救うために、本体は不動であり揺らぎなく安穏でも、お心は、どこにある善心をもただちにキャッチし、分身である童子様たちをどこへでも遣わす。
 お釈迦様はどこへでも足を向けられ、お大師様も広く衆生を救われ、ダライ・ラマ法王も又、世界中で平和と思いやりを説かれている。

5 眼前の現象をそのままにとらえ、救いを求める衆生から離れない
 大日如来の使者として、智慧と慈悲を具体的な手段で顕すお不動様は常に私たちを見守ってくださる。
 いったん真の慈悲心を動かした人も又、同じであり、見捨てることはできず、心中にある仏心が発した悟りの光は永遠である。

6 心身が定まりぶれない
 悟りにぶれはなく、常にはたらくべき智慧がはたらき、動くべき慈悲心が動いている。
 ペルシャワールの中村哲氏は大洪水に見舞われた現場でも「他に方法がなければやる、それで失敗すれば神の思し召し」との姿勢を貫き、打開してきた。

7 いかなる現象や行為にもとらわれない
 すべては空(クウ)なる世界でのできごとゆえ、その時、その場での手段は、救済実現の瞬間に尽くされたことになる。
 お釈迦様が、「迷いの川を渡らせてくれた筏(イカダ)は、向こう岸へ着いたならば置いて先へ進もう」と言われたとおりである。

 こうしたポイントが実現されているお不動様のお力は、矮小(ワイショウ)な人間にとって〈無限〉としか言いようがない。
 お不動様のありようを知れば、その威神力はよりいっそう感得できる。
 お力の一端に浴することができるかどうかは、私たちの誠心にかかっている。
 願い事を心に刻んだならば、合掌し、真言を唱え、お姿を心に念じたい。
「のうまく さんまんだ ばざらだん せんだ まかろしゃだ そわたや うん たらた かん まん」
 こうして身口意(シンクイ)を不動明王と一体化しよう。
 あるいは護摩法に参加しよう。
 あるいは願い事を書いた護摩木でご供養しよう。
 実践がすべてである。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2016
07.11

「私の八月十五日」を読む(第三回) ─死んだ母親─

2016-07-11-00012.jpg

 仙台市泉区長命ヶ丘に「ほっといっぷく」という高齢者のサークルがある。
 それぞれの体験談が冊子「私の八月十五日」にまとめられた。
 ネットでのご披露をお許しいただいた。
 順次、転載したい。
 願わくば「不戦日本」が揺るぎなきものでありますよう。

○私の八月十五日(I・H S12 女性)

 私は父の仕事の関係で、当時、秋田におりました。
 まだ、幼かったので、当時のことは何も覚えていないのですが、ひとつだけ鮮烈な印象として残っていることがあります。
 ちょうど土崎の港が爆撃を受けたとき、私たちも逃げました。
 母に手を引かれて走る途中、激しい赤ん坊の泣き声が聞こえてきました。
 見ると、血だらけになったお母さんが、塀かコンクリートか何かに凭れて地面にべったりと座っていました。
 赤ん坊は、そのお母さんの腕の中で泣いていたのです。
 たぶん、あのお母さんは息絶えていたのでしょう。
 みんなみんな、自分の逃げることに必死だったのだと、いま思います。
 あの赤ん坊が生きておられれば、もう六十才近くになられたはずです。

 7月6日、イギリスの独立調査委員会(チルコット委員会)は、イラク戦争に参戦して200人近い英軍戦死者を出した当時の状況について発表した。
 開戦から13年、真摯な検証により実態が明らかになった。

「(フセイン政権の)武装解除の平和的な方策を尽くす前に侵攻に参加した。
 軍事行動は当時、最後の手段ではなかった」


 すでに知られているとおり、アメリカが開戦の理由として挙げた「イラクフセイン政権下で、化学・生物兵器の開発が続いているとの情報」について、疑うべき充分な理由があったと断じている。
 イラクにおける戦乱の行方や戦後の成り行きなどについては「侵攻の結果を過小評価していた」と手厳しい。
 そして、当時のブレア首相が当時のブッシュ米大統領に対し、秘密裏に戦争への協調を約束していたことも判明した。

「何があっても行動を共にする」


 元北アイルランド省次官のジョン・チルコット氏が率いる独立調査委は、戦争の正当性を疑問視する国民の声に押されて戦争の6年後に設置された。
 委員は歴史学者ら5人、調査した文書は15万件以上、証言者はブレア氏を含め150人以上に上った。
 内容は、不確実な情報を根拠としたアメリカ軍のイラク侵攻に追随したブレア氏の政権へ厳しい結果となった。
 しかし、7月6日、ブレア氏は報告書の公表を受けて会見し、情報処理の過ちや多大な犠牲者を出したことには謝罪しつつも、開戦は「正しかった」と主張した。

 あの当時、アメリカ軍は、イラクのフセイン政権が大量破壊兵器を保有していることを理由にイラクへ侵攻した。
 当時の小泉首相もイギリス同様、兄弟ブッシュの要請によって自衛隊を派兵した。
 平和憲法によって自衛隊は外国の戦闘へ参加できず、イラクのどこが具体的な非戦闘地域であるか、国会で問われた小泉氏は平然と答えた。
「自衛隊が行くところだから非戦闘地域です」
 根拠を示さず、権力者である政権の判断だから正しいと言い切ったに等しい。

 そして、根拠なき開戦が明らかになったイラク戦争に関し、出兵した同盟国日本では何らの検証も行われず、事実は風化しつつある。
 膨大な人々がいのちを失い、テロが世界へ拡散するきっかけとなり、今なお戦闘が続いているイラク……。
 私たち日本人には何の責任もないのだろうか?

 7月1日にバングラデシュの首都ダッカで起きたテロ事件。
 日本人7名が殺されたおり「私は日本人だ」と三度、叫んだ人がいた。
 彼は、日本人である以上、こうして殺されるいわれはない、と信じていたのだろう。
 残念ながら、営々として築き上げてきた「戦争をしない日本人」というブランドは風前の灯火となった。

 それでもなお中村哲医師は、武器によってでなく、住民の信頼に護られつつ、パキスタンからアフガニスタンにかけて医療や灌漑など多様な活動を展開している。

「この火急の折、つまらない争いや議論に巻き込まれず、着実に進みたいと考えています。
 健康な者に医者は要りません。
 本当に窮している今でこそ、力添えが必要だからです。
 殺伐な話が多い中、ここには希望と人間らしい喜びがあります。
 困った人々を救済するという美談ではありません。
 私たちもまた、人の温もりに触れ、自然の恵みを知り、生きる気力を養ってきました。」


 何としても「不戦日本」を貫きたい。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん さん ざん ざん さく そわか」※今日の守本尊勢至菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。

https://www.youtube.com/watch?v=qp8h46u4Ja8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2016
03.31

天災と人災 ─戦争と震災の話─

2016-03-31-0001.jpg

 引導を渡した方の言葉に中村哲医師の言葉が重なり、書き置かずにはいられなくなった。

1 敗戦を生き延びたAさん

 ある時、枕経で祈ったAさんはあまりに昂然としておられ、驚いた。
 ご遺族からの身の上話では、少女時代を満州で送ったという。
 勃発した戦争敗戦は、それまでの〈人生〉を奪い去った。
 家運隆盛の生活は夢のまた夢。
 みずぼらしい引揚者となって親族の家で暮らし、若い女性ながら列車に乗って闇米の買い出しなどを行い、家族、親族のために身を粉にしてはたらいた。

 それから半世紀以上が過ぎ、今度は東日本大震災に遭った。
 生活の崩壊と、周囲にあふれる膨大な死と悲しみは徐々にAさんの心身を蝕んだが、常にこう言っていた。

「これは天災でしょ。
 戦争に比べたら、まだまだ……。」


 そして、手元にある食材を用い、できるかぎりの料理を作っては家族や客人に精いっぱい振る舞い続けた。
 人間がもたらす巨大な愚行に対して〈挫けざる者〉の矜恃は、天災に遭ってなお厳然と揺るがなかったのだろう。

2 アフガニスタンの医師中村哲

 30年以上、アフガニスタンで人々を救い続ける医師中村哲氏は言った。

天、共に在り

私たちが己の分限を知り、誠実である限り、天の恵みと人のまごころは信頼に足る。


 穏やかな人々の暮らしが戦争によって脅かされるという巨大な不条理の中にあってなお、誠実に生きる時、人間は真の勇者であり、真人間であり続けられる。
 氏の人生は戦時中の空襲に始まり、「常に米軍が影のように」つきまとい、破壊者の影は「アフガニスタンまで」追いかけてきた。
 以下は著書『天、共に在り』による氏の述懐である。

「いま、きな臭い世界情勢、一見勇ましい論調が横行し、軍事力行使をも容認しかねない風潮を眺めるにつけ、言葉を失う。
 平和を願う声もかすれがちである。

 しかし、アフガニスタンの実体験において、確信できることがある。
 武力によってこの身が守られたことはなかった。
 防備は必ずしも武器によらない。

 一九九二年、ダラエヌール診療所が襲撃されたとき、『死んでも撃ち返すな』と、報復の応戦を引き止めたことで信頼の絆を得、後々まで私たちと事業を守った。
 戦場に身をさらした兵士なら、発砲しない方が勇気の要ることを知っている。

 現在力を注ぐ農村部の建設現場は、常に『危険地帯』に指定されてきた場所である。
 しかし、路上を除けば、これほど安全な場所はない。
 私たちPMSの安全保障は、地域住民との信頼関係である。
 こちらが本当の友人だと認識されれば、地元住民が保護を惜しまない。

 そして『信頼』は一朝にして築かれるものではない。
 利害を超え、忍耐を重ね、裏切られても裏切り返さない誠実さこそが、人々の心に触れる。
 それは、武力以上に強固な安全を提供してくれ、人々を動かすことができる。

 私たちにとって、平和とは理念ではなく現実の力なのだ。
 私たちは、いとも簡単に戦争平和を語りすぎる。
 武力行使によって守られるものとは何か、そして本当に守るべきものは何か、静かに思いをいたすべきかと思われる。」

「いたずらに時流に流されて大切なものを見失い、進歩という名の呪文に束縛され、生命を粗末にしてはならない。
 今大人たちが唱える『改革』や『進歩』の実態は、宙に縄をかけてそれをよじ登ろうとする魔術師に似ている。
 だまされてはいけない。
『王様は裸だ』と叫んだ者は、見栄や先入観、利害関係から自由な子供であった。
 それを次世代に期待する。」

「科学や経済、医学や農業、あらゆる人の営みが、自然と人、人と人との和解を探る以外、我々が生き延びる道はないであろう。
 それがまっとうな文明だと信じている。
 その声は今小さくとも、やがて現在が裁かれ、大きな潮流とならざるを得ないだろう。」


3 人災に抗するもの

 私たちは天災を畏れ、防備に精を出す。
 しかし、天災は人智を超えているから天災であり、完全防備は不可能なので常に逃げる方法を考えておく必要がある。
 大自然がもたらす天災は、大自然の一部である人間にとって、いわば存在者の宿命である。
 だから、浜の人々は、海による犠牲者を供養すると共に、時として災厄をもたらす海をも供養する。(山内明美准教授)
 いのちを奪うこともある海は、決して〈敵〉ではあり得ない。

 一方、戦争は思い上がった人間による人災である。
 そして、人災は人間の行為であるがゆえに、それも丸ごと〈大肯定〉されはしない。
 ここが天災とは決定的に異なっている。
 愚かさに気づいた人間は、それを克服しない限り納得できない。
 霊性に発する良心があるからだ。
 冒頭に書いたAさんの言葉どおり、人災をもたらすものは、その根源を断たない限り悪魔として存在し続け、人間を脅かし、消えない傷を与え続ける。
 良心は、悪魔との永遠の戦いを命ずるからこそ良心である。
 
 中村哲氏は、砂漠に水を引くという自然との戦いに勝利したが、それは畢竟、「自然と人」との「和解」の範疇である。
 しかし、戦争との「和解」はない。
 終熄させる、つまり、存在させなくするしか、悪魔への対処法はない。
 氏は、悪魔をもって悪魔へ対峙する愚かさを説いている。
 具体的対処法は「人と人との和解」のみであろう。
 氏は実践者として、そこに目覚めよと言う。
 今、世の中を動かしている〈去り行く世代〉の義務が何であるか、よくよく考えたい。
 Aさんのように、現に去りつつある人々の冥福を祈るためにも。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん ばざら たらま きりく」※今日の守本尊千手観音様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IvMea3W6ZP0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

 

back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。