--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
12.02

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─

2016-11-11-0067.jpg
〈四国の霊場にて〉

 一年は、人生の一区切りをはっきりと感じさせる長さである。
 来し方を振り返り、行く先を想う。
 亡き人に対してもそうだ。
 一周忌では「もう、一年が経った」と感じる人も、「まだ、一年か」と感じる人もおられようが、いずれにしても、はっきりと〈時間的区切〉を迎える。
 そこで勢至菩薩(セイシボサツ)が守本尊として故人を導いてくださることの意義は大きい。

 勢至菩薩は、その名のとおり、この上ない勢いでお救いくださるが、勢いの内容は智慧の光明である。
 百か日の観音様が無類のお慈悲で阿弥陀様のもとへ向かわせてくださる一方、その道行きが確かなものとなるよう智慧の勢いを与えてくださる。
 だから、大勢至菩薩、あるいは大精進菩薩(ダイショウジンボサツ)とも呼ばれる。

 御霊はその力で迷いを解きつつ、み仏の世界へ溶け込んで行く。
 一方、勢至菩薩へ祈るこの世の人々もまた、思慕・想い出・未練・感謝などが入り交じり、揺れ動く心にまとまりがついてくる。
 この世の人々も勢いのご加護をいただくのある。

 妻を亡くされたAさんは一周忌を迎え、言われた。
「何もかも妻に任せっぱなしでしたから、オロオロするばかりで、いまだに落ちつきません。
 それでも、妻が大事にしていた花に水をやりながら、枯らさずにここまで来ました。
 夢中で一年経ってみると、植物が何を求めているのか、ようやくわかるようになりました」

 夫を亡くされたBさんは一周忌を迎え、経典を唱えた後で言われた。
「この区切の日に、ご住職が何を言ってくださるか、とても楽しみにして来ました。
 日常生活の何もかもを私に頼るばかりだったあの世の夫に、勢至様が勢いをつけてくださると聞いて、とても安心しました。
 一緒に経典を唱えた私自身も、ご住職がいつも言われる生き直しが、ようやくできるような気になりました」

 勢至菩薩のお姿は、蓮華の蕾を左手に持ち、右手で開く勢いを与えている。
 蓮華菩提心(ボダイシン…悟りを求める心)の象徴であり、蓮華が徐々に開く過程は、阿弥陀如来の浄土へ向かう旅路でもある。
 それは何もあの世のことだけではない。
 御霊の冥福を勢至菩薩へ祈る清浄な心になった私たちも又、自心の蓮華を花開かせつつあるのだ。

 あの世では安心が増し、この世ではまっとうに、幸せに生きる力が増す一周忌供養を行うことの意義はまことに深いと思う。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん さん ざん ざん さく そわか」※今日の守本尊勢至菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。

https://www.youtube.com/watch?v=qp8h46u4Ja8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



スポンサーサイト
2016
11.25

人生と共に走る車 ─カギ供養の風景─

2016-10-13-0005.jpg
〈餅つきをするウサギ野仙哉君。DIYの店頭には、お正月用の餅が並び始めました〉

 小春日和と言うしかない穏やかに晴れたある日、仙北の町から若いご夫婦が車の「カギ供養」に訪れた。
 ほとんどの方は「家を解体しました」「車を廃車にしました」といったふうに、過去形で申し込まれるが、ご夫婦は「もうすぐ、新車に乗り換えるので、ありがとうという思いで来ました」と言う。
 2人ともまだ30才前後なのに、お布施の袋はちゃんと表書きがされている。
 礼儀正しく微笑ましい。
 誘導されて玄関前に駐められたのは白っぽいやや小ぶりな乗用車。
 大切に乗られてきた様子がうかがえる。
 
 本堂で修法を始めると、イメージの中にある車は、とてもスムーズに辟除(ビャクジョ…悪しきものを祓うこと)も結界(ケッカイ…塀を廻らすように、ご本尊様のご守護を受けること)も進む。
 辟除を繰り返さねばならなかったり、結界が張りにくかったりする場合もあるが、長く乗られたと思われる割には何ごともない。
 お二人の心がけがよかったのだろうか。
 供養法が終わり、最後に車の周囲へ守本尊様10尊の法を結んだ。

「どうぞ、ご安心ください。
 最後まで大切にしてくださいね」
 言わずもがなの言葉で2人を見送った。
〝ああ、車は人生と共に走る……〟
 白い車はゆっくりと視界を行き、門柱から去った。

 お2人とも一期一会、あの車とも一期一会、そして、彼らと車がつくる人生とも一期一会だった。
 数日前に一匹、雪虫が飛んだあたりの向こうに、やや南側へ体重をかけた笹倉山が佇んでいる。
 午後の陽光はまだ、温もりを残していた。

 白い車よ、ご苦労様。
 感謝に満ちたよき心のお2人に幸いあれ。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」※今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=EOk4OlhTq_M





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2016
11.19

生きている間だけが問題か? ─今の自分と死後の自分─

2016-11--01-0001.jpg
〈当山近くにある『ペット霊園やすらぎ』様で、恒例の供養会を行いました〉

2016-11-01-0006.jpg

2016-11-19-00011.jpg
〈ストーブの前は極楽〉

 よく、「人事(カン)を蓋(オオ)うて定まる」と言います。
 人の評価は、死後にはっきりするという意味です。
 生きているあいだは、義理や人情や損得勘定などがからみ、人物そのものの正確な評価は行われにくいものです。
 権力者や裕福な人は「大したものだ」と持ち上げられていても、その〈人となり〉については、身近にいる人々から厳しい目で見られていたりします。
 死後、身にまとっていた諸々がなくなると、その人そのものの真姿が明らかになります。

 死後は関係ない、自分が生きている間だけが問題だ、と考える方もおられるでしょう。
 そうでしょうか。

 少なくとも、自分の子供や孫、あるいは後の世代のことを考慮する人ならば、そうは言えないはずです。
 なぜなら、若い人たちの未来を考えながら生きるかどうかは、自分の今をどう生きるかという問題そのものだからです。
 後の世代に思いをいたしつつ生きる人は、生きている間はもちろん、死後にはますます評価を高めることでしょう。 

 ある時、ある田舎町のご葬儀導師を務めました。
 ご家族だけの質素なお別れでしたが、学生服を着たお孫さんがよてもよい姿勢でお別れの言葉を述べました。
 ご本人の了解を得てその一部を掲載しておきます。
 

「おじいちゃんから学んだ一番のことはあいさつ。
 人と接する上で大切な事はあいさつをきちんと出来る事だと、何度も教えてくれたよね。
 そのおかげで、どこに行っても、礼儀正しく立派だと僕はいつも誉められます。
 これはおじいちゃんのおかげだね!!
 ありがとう。

 おじいちゃんはいつも自分の事より、皆の事を優先して考える人だったから、入院した時だって、本当はおじいちゃんが病気で辛いはずなのに、僕達の心配ばかりしていたね。
 そんな思いやりのあるお祖父ちゃんが僕は大好きです。

 おじいちゃんにしてもらった事はたくさんあるけれど、僕は何も返してあげられなかったから、おじいちゃんの代わりにおばあちゃんの事は僕が守って行くから、安心して僕に任せてよ。
 だからおじいちゃん!!
 天国から僕達の事を見守っててね。
 僕もおじいちゃんみたいな立派な大人になれるように頑張ります。」


 おじいちゃんは、現場で汗をかくことをいとわないまじめな普通のサラリーマンだったそうです。
 戦後の混乱と競争の中で生き抜き、子供たちを育て上げました。
 特に名を立てたわけではなく、莫大な財産も遺しませんでしたが、家族や友人に囲まれつつ静かに逝きました。
 そして、と共に、この上なく高い評価が一つ、下されました。
 礼儀正しく、おばあちゃんを思いやる中学生が一人できあがることに大きくかかわっていたのです。
 一人の若者のお手本になっていたのです。
 しかも、その真実を、当の中学生が厳粛な場で堂々と証言しました。
 これ以上確かに「定まる」ことは望み得ましょうか?

 私たちは、望もうと、望むまいと、お(ヒツギ)に横たわってから、送った人生が顕わになります。
 しかも、自分以外の人によって観られ、思い出され、語られる真実は、〈死後の自分〉という永遠なる未来を定めます。
 生きた自分だけでなく死後の自分も、それを記憶する人々と、その人々とになる人々の生きざまにかかわって行きます。
 決して「自分が生きている間だけが問題」ではありません。

 滔々たるいのちと心の連鎖、という時間的・空間的に無限大なる網の繋ぎ目である一瞬を今、生きていることを忘れずに日々、過ごしたいものです。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2016
11.17

煩悩を敵視しない ─心をまっとうに弾ませる智慧─

2016-11-11-210.jpg
〈救いを求めて〉

「あれこれと煩悩(ボンノウ)が多くて、悩みが絶えません。
 私みたいな者は地獄行きでしょうね」

 笑い話混じりでも、あるいは真剣な目でも、こうした質問は不断に続いている。
 小生はこんなふうに応えたりする。

「自分が一つの生命体として生きたいと思う以上、煩悩はなくなりません。
 でも、もし本当に、生きたいと思わなくなったなら、心は弾むでしょうか?
 心が弾む毎日であってこそ、生きている甲斐があるのではないでしょうか?
 問題は、どういう心がけで、どう弾むかにかかっています。
 この〈どう〉をつかむためには、智慧が必要です。
 知識ではありません。
 それは、仏教を学び実践することによっても得られますが、決してそれだけが得る道ではないし、仏教徒なら誰でも智慧を身につけているわけでもありません。
 多様な人生の多様なステージで、まっとうに、真剣にやっていれば、必ずなにがしかの形でつかめることでしょう。
 なぜなら、それは自分の心の中に求めるしか得ようのないものだからです。
 だから、悟りを得る方法として、『大日経』は『実(ジツ)の如(ゴト)く自心を知る』と説いています。

 もちろん、〝こんな気まま勝手な自分の心に大切な智慧などあるはずがない〟と思うかも知れません。
 自分は悟ったなどと公言する尊大な人の高慢さに比べたら、あなたの謙虚さは宝もののように貴いのですが、諦めてはもったいないと思います。
 私たちは一人残らず、み仏の子です。
 み仏からいのちと心を授かってこの世へ修行に来ている以上、心の核としての仏心は必ずあり、仏心を灯火として安寧と感謝で生きられるか、それとも憂き世の暴風雨に翻弄(ホンロウ)され、混乱と憤懣で生きるかは、仏心に気づくか気づかないかによって異なります。
 そして、人生がさまざまであるように、きづくチャンスもさまざまです。
 まっとうに、真剣にやっていれば、いかなる境遇でも、いかなる仕事をしていても、必ずチャンスは巡ってきます。

 もちろん、気づくとは言え、これが仏心だと指し示せるものではありません。
 ただ、深い感謝の念が特定の対象を超えて無限に広がり、あらゆるものと〈共に在る〉と実感され、自分を含めすべてが〈在る〉ことそのものに対して堪えきれないほどの愛おしさを覚えるようになれば、気づいた証拠と言えそうです。
 そうなった時、もはや煩悩があるかないかは問題になりません。

 自分の煩悩とその恐ろしさに気づいたならば、モグラ叩きのようにやっつけたいとイメージするのではなく、他者のよき生き方や、生きものたちが無心に見せるいのちの躍動に感応する心を錆び付かないようにしたいものです。
 そして、お手本として学ぶ謙虚さを失わないようにもしたいものです。
 そもそも私たちは、この世に生まれ落ちてから、いったい、どれほどたくさんのお手本のおかげで生きてきたのでしょう。
 心のありよう次第で、アリも、コスモスも、新聞配達のおじさんも、ホームの駅員さんも、すべてお手本に見えてきます。
 そうした意味で、み仏は究極のお手本です。
 だから密教では、即身成仏(ソクシンジョウブツ)つまり、お手本に成り切ってしまおうとします。

 自分の煩悩に気づき、これではいけない、情けないと意識する人は、大切なスタート地点に立っています。
 その謙虚な気持を失わなければ、きっと周囲に〈仏心の輝き〉を発見することでしょう。
 輝きを認めるすなおな気持を失わなければ、きっと自分もそうありたいと思うはずです。
 そこから先は、それぞれのタイプや生きて来られた過程や、今の環境などにより、千差万別の形で〈方法〉を探そうとされることでしょう。
 寺院へお詣りしたり、経典を読んだり書いたりするのも一つのやり方です。
 どうぞ、自在にお考えください。」

 人であれ、社会であれ、自然であれ、周囲にかけがえのない価値を感じ、自分がそのために役立とうとするならば、弾んでいる心のどこに煩悩があろうか?
 煩悩即菩提(ボンノウソクボダイ…迷いはそのまま悟りでもある)とはこのことである。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん あらはしゃのう」
※今日の守本尊文殊菩薩様の真言です。どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=WCO8x2q3oeM





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2016
11.05

Q&A(その32)自分の人生を大切にするためには ─無常と瞑想の話─

2016-11-05-00012.jpg
〈精悍な構え〉

 人生相談をお受けしていると、「自分の人生を大切にしたいので……」と吐露(トロ)される方が少なくありません。
 そのほとんどの場合、意味するところは〈自分の意思を通したい〉ということです。
 お気持ちはわかりますが、本当に、「人生を大切にする」には「意思を通す」必要があるのでしょうか?

 ダライ・ラマ法王著『思いやること』の中に「人生を大切に生きる」という一節があります。
 

「生きている、というそれだけの理由で、あなたは重要な局面に立ち、重大な責任を負っています。」

「束の間の人生を、あなた自身と他者の利益のために使うべきです。」

「肉体的な幸せは、身体の中の要素がたまたまバランスを保っている状態であり、深く調和しているわけではありません。
 この儚さをあるがままに受け止めましょう。
 また先で時間がとれる、などと思い込んでいてはいけません。」


 法王は、人生を大切に生きたいならば、生きている状態そのものをきちんと見つめよう、そうすれば、まず、自分の存在は儚いものであると気づくだろうと述べておられます。
 そして、普段は忘れている無常を観察する瞑想の文を示されました。

1 私はいつか必ず死にます。
  死は避けられません。
  人生は終わりに向かっていて、延長することはできません。


 私たちは普段、自分が死ぬに決まっている存在であることなど忘れています。
 むしろ、当分、あるいはしばらく、もしかするといつまでも生きていると勘違いしています。
 だから不安に取り憑かれないでいられると言えばそれまでですが、事実や真実を忘れきっていると、ものごとの受け止め方や考え方の土台が狂い、ままならないところへ追いつめられたりします。
 自他の苦しみは、往々にして、真実を忘れていることが根本原因なのです。

2 死期を知ることはできません。
  人間の寿命は人それぞれ。
  死因はたくさんありますが、生の原因となるものはそれほど多くありませんし、肉体はもろいものです。


 私たちは必ず死を迎えますが、最大の問題は、その時期や形を事前につかめないところにあります。
 当山はこれまで、たくさんの方々からのお申し出を受けています。
「自分が死んだことをよくわかっていないでしょうから、迷わず成仏するよう、ちゃんと引導を渡してください」
 事故や事件で亡くなられた方のご遺族にとっては、ここが最も心配なところです。
 実に肉体は脆く、アッという間に壊れ、二度と元には戻りません。

3 私たちはみなこのように、危うい状態にあります。
  ですから、口論をしたり争ったり、お金や物をため込むのに心身のエネルギーを使い果たしている場合ではありません。


 私たち自身が無常な存在であり、生きものたちやモノなど、あらゆるものも無常であることをよくよく腹に納めたいものです。

4 刻一刻と壊れゆくものを不変と思い込むことで、私たちは自分にも他者にも苦痛を与えています。
  去り行く幻への執着を和らげるべきです。


 儚い者同士が儚いモノを奪い合うならば、何と哀れな状態でしょうか。
 そこには砂時計を自分の思い通りに止めようとする愚かさがあり、智慧の明かりがない無明(ムミョウ)はあらゆる苦痛を生み出します。

5 束の間のものを永遠のものと誤解するところから生まれた、苦しみのサイクルから抜け出すために、心の底から努力すべきです。


 モノ金や肉体に執着させようとする情報に満ちている日常生活は、無自覚に流されていれば、誤解が強まるだけです。
 目先の儚い〈楽〉が、抜きがたい〈苦〉をもたらしている事実は覆われています。
 国語教師橋本武氏は言いました。
「すぐに役立つものは、すぐに役立たなくなる。」
 私たちはいかに、〈すぐに役立つ〉ノウハウを求めて血眼になり、道具と化した私たちは、いかに簡単に使い捨てられることでしょうか。 

6 長い目で見れば、何より助けになるのは、自分自身の姿勢を変革することです。


 ようやく結論にたどり着きました。
 人生を大切に生きたいならば、何よりも先に、無明(ムミョウ)を離れねばなりません。
 それには、「自分自身の姿勢を変革」せねばなりません。

無常を意識するには鍛錬、つまり心を飼いならすことが求められます。
 ただしこれは罰を与えたり、外からコントロールするという意味ではありません。
 鍛錬とは、何かを禁止することではないのです。
 むしろ、短期的な利益と長期的な利益が相反する場合に、長期的な利益のために目先の利益を犠牲にすることをいいます。
 これは自制心と呼ばれるものですが、自分の行動の因果関係を理解することに根ざしています。


 私たちは、目先の快楽を引き出そうとする刺激の洪水に呑み込まれそうになっています。
 一方で、まじめに汗を流す苦労がなかなか報われず、目先をうまくやった人が大儲けしたり、有名になったりするのを見て、〝どうせ、自分なんて……〟あるいは〝どうせ、こんな世の中だから……〟と因果応報など考えてもみなくなったりしがちです。
 そこから脱して自分を取り戻し、活き活きと生きるためには当然、努力が必要です。

自制心があれば、平和で、ゆったりとした、幸せな気持ちになりますが、心がこのように鍛錬されていなければ、外の状況がどれほど素晴らしくても、恐れと不安に悩まされるでしょう。
 幸福は、飼いならされた穏やかな心に根ざしている、と理解しましょう。
 これは、周りの人たちにも多大な恩恵をもたらします。」


 自分が刺激や周囲の状況に流されず、真理、真実を観る人になれば、自分が幸せになれるだけでなく、周囲の人々にもまた、よき影響をもらたすことができます。

個人主義とは、外に何かを期待したり、命令を待つのではなく、自分自身が率先して行動すること、そこで釈尊はたびたび『個人の解放』を呼びかけたのです。


 10月29日、当山は「ジャズと法話と無料相談の会」を催しましたが、この3つには共通点と目的がありました。
 それは〈解放〉です。
 ジャズで感性を弾けさせ、法話で罣礙(ケイゲ…般若心経にある言葉で、心のひっっかり)を溶かし、プロへの相談で疑問を解消していただきたかったのです。
 お釈迦様は、道理をはたらかせるために解放を呼びかけられたのではないでしょうか?
 神のお告げや、権力者の意図に操られない人間になってこそ、人生は大切に生きられるのでしょう。
 

自由と個人主義には自制心が必要です。
 自由と個人主義が煩悩(ボンノウ)に利用されると、ネガテイブな結果が待っているので、自由と自制心は対になって働かなくてはならないのです。


 煩悩は必ず〈目先〉を利用しようとします。
 快楽や恐怖につながる道具を並べます。
 それに引っかからず、道理と思いやりで生きようとするならば、「短期的な利益と長期的な利益」をよく見すえましょう。
 自分にとって、社会にとって、世界にとって、地球にとって、何が真の利益なのか──。

 法王が説かれた瞑想の文を繰り返して読み、無常の真実に立って生きたいものです。
 その先にこそ、その人なりに「人生を大切にする」生き方がきっと見つかるに違いありません。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん あらはしゃのう」
※今日の守本尊文殊菩薩様の真言です。どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=WCO8x2q3oeM





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。