--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
12.03

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─

2016-11-11-0191.jpg
〈四国の路傍に〉

 人生相談に来られたAさんから、ご質問をいただいた。

三回忌などの廻向(エコウ)って何ですか?
 仏教は自業自得ではないのでしょうか?
 どうして、あの世へ行った人が、この世の人の祈りで救われるのでしょう?
 それでは、死後に拝んでくれる人さえいれば、この世でさんざん悪事をやっても大丈夫、ということになりませんか?」

 もっともな疑問だ。
 お答えした。

「確かに因果応報なので、善きことを行えば善き報い、悪しきことを行えば悪しき報いがあり、それは皆、その人自身の問題です。
 ではなぜ、祈りの功徳を廻し向けられるのか?
 それは、ありとあらゆるものが本当は、いっさいの枠を離れた(クウ)だからです。
 また、私たちは、の内容をすべて把握できないことも考えておく必要があります。

 例えば、一輪のタンポポを踏んだとしましょう。
 それは一見、自分とタンポポの間で起こった小さなできごとにしか思えませんが、タンポポを当てにしていたハチやチョウチョにとっては、蜜を得る先がなくなったことを意味します。
 あるいは、タンポポの根元にいた小さなミミズまで一緒に踏み潰したかも知れません。
 また、花を踏んでしまったという小さな悔悟の念が、懺悔させ、慈悲心を育てるかも知れません。
 それまでは、いつも花を見つけたら踏まないように心がけていたはずなのに、つい踏んでしまった自分の注意力が散漫になっていると気づくかも知れないし、アッと思っても足が止まらなかったことに、〝自分は年をとってしまった〟と嘆くかも知れません。
 このように、ありとあらゆるモノもできごとも、無限の連なりの中で生じ、滅しているので、神ならぬ身には全体像など知り得ないのです。

 また、例えてみましょう。
 まず、自分のために勉強をすれば成績が上がり、精神も豊かになります。
 希望する進学も可能になるでしょう。
 これは自分に対して結果が出ている状態ですね。
 一方、病気で苦しむ人たちを見捨てられず、救いたいと一念発起して勉強し、首尾良く医師になって活躍するならば医療の力はどこまで及ぶか、はかり知れません。
 実は、御霊のために供養という善行(ゼンギョウ)の功徳(クドク)を回し向ける廻向は、後者の世界と同じです。

 我(ガ)にとらわれない清浄な心で、正しい方法を用い、そして相手を選り好みせず普く供養するならば、〈枠を離れた影響力〉は当然、あの世の相手へ届き、たくさんの御霊へ届き、供養する施主(セシュ)その人自身もまた、善き影響力によって苦や悪因縁から離れる機会になることでしょう。
 自分のために行う善行は小さな因果応報としての〈世俗的善行〉であり、相手を選ばずに行う善行は無限の力を無限に及ぼす〈菩薩(ボサツ)の善行〉であり、両方共に大切です。
 だから誰かへ供養のまことを捧げたいならば、特定の相手に向かって祈るだけでなく、無限の相手に対しても廻向の心で再度、手を合わせましょう。
 その際、イメージを明確にするための伝統的文章があります。

『願わくは、この功徳をもって普く一切へ及ぼし、我らと衆生(シュジョウ)と皆共に、仏道を成(ジョウ)ぜん』。

 こうして、の心で行う善行は、あの世にいる特定の御霊のためになるだけでなく、結果的に、生きとし生けるもの全体のためにすら、なるのです。

 お盆の故事を思い出してみましょう。
 神通力第一とされた目連尊者(モクレンソンジャ)が、あの世に行った母親の様子を観たところ、餓鬼界(ガキカイ)で苦しんでおり、自分一人では救いきれないからとお釈迦様へ相談に行ったのがきっかけでしたね。
 お釈迦様は、雨季の修行が終わったら皆で祈り、その功徳で救いましょうと指導され、その通りに母親が救われたからこそ、いまだに、廻向の祈りが続いているのです。
 きっと、お釈迦様も、行者たちも、の祈りを捧げたのでしょうね。
 私たちもまた、縁に応じて、心を広く持ち、尊い廻向となる供養を実践しましょう」




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



スポンサーサイト
2016
11.27

年忌供養の麗しい光景 ─死者はいつから「ご先祖様」になるか?─

2016-11-11-0068.jpg
〈四国霊場の天井画には意外なものが……〉

 七回忌供養でAさんご一族が来山された。
 ひいお祖父さんとひいお祖母さんと、お祖父さんがもう、ご先祖様の仲間入りをしておられる。
 喪主だったお父さんを中心に、奥さん、お祖母さん、そしてお子さんと、三代にわたるご家族、ご親族が集まられた。
 にぎやかで皆さんの笑顔が好ましい。

 法要の心構えをお話しした。

七回忌阿閦如来(アシュクニョライ)様が一つの関所を越えさせてくださる時期です。
 三回忌で阿弥陀様の極楽浄土に到着し、それから4年間、このみ仏にお導きいただいてきました。
 阿閦様は、無瞋恚(ムシンニ)如来、あるいは無動(ムドウ)如来とも呼ばれ、どんなことがあってもイライラせず、怨まず、人の道を邪魔するあらゆる魔ものを降伏させます。
 動じることがありません。
 み仏の世界を歩まれている故人もきっと、不動の悟りを開き、東の浄土におられるこのみ仏のお力で、よき世界へ転生(テンショウ)する流れに乗っておられることでしょう。
 古来、七回忌法要を終える頃になると喪主を務めた人も縁者の方々も、故人の死と人生を丸ごと受け容れ、乗り越え、引き継ぎの段階をすっかり終えて、故人に見守られつつ不動の信念で新しい世界へ進むことができるとされています。
 また一つの区切として、思い出につらなるものをまとめたりするのに適した時期でもあります。

 さて、私たちは、亡くなった家族や親族をいつから〈ご先祖様〉とお呼びするのでしょうか?
 それは、四十九日忌からです。

 中陰(チュウイン)という行く先の定まらない時期を過ぎ、あの世での道が定まればもう、ご先祖様なのです。
 そして、喪主はその後、施主(セシュ)となります。
 〈喪に服する人〉から〈供養を施す人〉へと役割を進めるのです。


 しかし、三回忌あたりまでは、まだ、故人はこの世で果たした役割のイメージが強く、それぞれの人々なりに、お祖父ちゃんやお父さんといった感覚の存在です。
 〝ご先祖様になった〟とはなかなか思えないのが人情というものでしょう。
 それも七回忌あたりになると、故人に関するすべては〈よき思い出〉という1つの清浄で温かく揺るぎない結晶体となり、仏神に通じる尊さをはっきりと帯びています。
 私たちは、このあたりでようやく、ご先祖様として手を合わせられる気持になるものです。

 施主様はお1人ですが、それは、本当の意味では施す人々の代表であり、先祖様へ供養を施す人は等しく尊い役割を果たしていると言うべきです。
 だから、今日は、皆さんが施主様になったつもりで、お手元の経典をお読みください。
 経典はまず、日頃の過ちを懺悔(サンゲ)させ、私たちがみ仏の子であることを思い出させます。
 清らかな心身でこれからのご供養を行うのです。
 次に七回忌の守本尊である阿閦如来様をお讃えします。
 そして、お焼香して故人の冥福を祈り、自分もまっとうに生きて行くことを誓いましょう。
 最後に、ご供養した功徳をご先祖様と自分たちだけにいただくのではなく、広く生きとし生けるものへ廻し向け、皆共に安心の世界に生きられるよう祈りましょう。

 これが本日行う供養会の意味と意義です。
 どうぞご一緒にお手元の経文をお読みください。」

 最初は小さかったお父さんの声がだんだんはっきりしてきた。
 小学校へ入ったばかりのお嬢さんらしい一生懸命な声も聞こえた。
 こうした年忌供養の場に代わり得るものはないと思う。
 だからこそ、ご先祖様は、その時代、その時代なりに工夫し、方法を伝え、守ってきた。
 当山もしっかりと役割を果たして行きたい。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2016
10.07

ご供養とご加持 ─朝のひととき─

2016-10-07-0001.jpg

 早朝、壇上で結界を張ろうとすると、真っ暗なのに「キーッ」と鳥の声がし、〝そうか〟と思った。
 法によって天井となる金剛網の高さをぐっと伸ばす。
 彼も法内に入れた。
 結界のできあがりを待っていたかのように、一陣の風が堂外を吹き抜ける。
 秋なのにもう、冬の硬さを含んでいる。

 7日を月忌命日(ガッキメイニチ)とする方は11名、祥月命日(ショウツキメイニチ)の方は1名である。
 ご冥福を念じ、光明真言法を結ぶ。

 さまざまな願いがかけられており、5種の遠隔加持法を修する。
 能力開発、商売繁盛などを願い、精進している方々のためには「増」の法で後押しする。
 人間関係の深化や良化などを願い、精進している方々のためには「合」の法で邪魔ものを祓い、良縁を固める。
 過ちを悔いて悪因縁の解消を願い、精進している方々のためには「滅」の法で清め、前方に光を招く。
 病気にならぬよう、病気から回復できるよう願い、精進している方々のためには「封」の法で病魔を抑え、本来の力が出せるよう活性化する。
 悪意あるものなどに悩みつつ、精進している方々のためには「止」の法で足止めし、善行を妨げる軛(クビキ)や足枷(アシカセ)から解放する。

 結界を解き、内陣から出ても〈霊体〉そのものになったような感覚は残っているので、すぐにはトントンと歩けない。
 蓮華の花によって作られた座に一歩、一歩を乗せつつ歩むイメージの作法から抜け出なければならない。
 もう還暦はとっくに過ぎたはずのクロが「ニャー」と小さく挨拶しながらゆっくり迎えに来る。

 今日も、人生相談や開眼供養やお納骨が待っている。
 ご本尊様のご加護と、善男善女のご誠心のおかげをいただき、しっかり務め終えたい。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2016
10.01

共同墓『法楽の礎』物語 ─心配りの人とマンダラ─

2016-10-01-0007.jpg

共同墓法楽の礎』の正面に珍しく空きが出ました。2区画お求めの方はこの機会にどうぞ〉

 ご主人を亡くされたAさんは2年間、お骨を抱え、思案に暮れていた。
 菩提寺(ボダイジ)はなく、仙台市の市営墓地へ納骨だけ行うのも味気なく、生前、仏教に関心を持っていたご主人の気持を考えても、なかなか踏ん切れないでいた。
 ある時、当山の共同墓法楽の礎』を契約した方と知り合い、〝どういうお寺なのだろう?〟と気になり始めた。
 自分の目で確かめたいと思い、寺子屋『法楽館』に参加し、思い切って質問をした。
「事情があって、主人のご葬儀を行えず、戒名もないままで来ました。
 本当に、受け入れていただけるんですか?」
 質疑応答でお戒名の意義を知り、お戒名はご本尊様から授かるとも聴いて決心した。
「お戒名をつけて『法楽の礎』にお願いします。
 私の分も契約します」

 Aさんは、立ち居振る舞いも言葉遣いも、細やかな心配りを感じさせる。
 金剛界マンダラの「供養会(クヨウエ)」を思い出した。
 ここでは、主尊である毘盧遮那(ビルシャナ)如来などの5尊を除く68尊をすべて女尊として描くことになっている。
 その全員が供養する品々を捧げ持っている。
 多くは私たちにおなじみの水や花だが、ただ、「はい、お水です」「はい、お花です」というわけではない。
 み仏の世界ではこうだろう。

「清水を汲んできました。
 生きとし生けるものを潤し、見返りを求めずに他のために役立つ布施の心と、汚れ無き清浄なまごころをもってご供養いたします」
「新鮮な生花をそのいのちと共に捧げます。
 いかなる怒りも憎しみも静め、和やかにする忍辱(ニンニク)の心をもってご供養いたします」

 マンダラ全体に細やかな供養の心が満ちている。
 Aさんもそうした心で亡きご主人を供養し、安心していただこうとしておられる。
 十三仏様はきっと、新たな〈仏弟子〉を温かく迎え入れ、浄土へとお導きくださることだろう。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2016
09.24

一迫別院がスタートします

2016-09-24-00012.jpg
〈「しんこもち」様よりお借りして加工しました〉

 10月2日(日)17時より、栗原市一迫字真坂本町一番地において、第一回目の例祭を行います。
 当山は、かねてから大衡村、加美町、大崎市、栗原市など、仙北地域に住まわれる方々とのご縁も多く、少しでも皆様のお近くで修法できればありがたいことであると考えています。
 場所は、名物「しんこもち」で広く親しまれている『有限会社もちっ小屋でん』様の北隣です。

 ご縁があって広い土地建物をご寄進いただきましたが、とても使い切れません。
 そこで、一階の入り口を小さく仕切り、修法の場としました。
 古い建物なので立派な伽藍(ガラン)ではありませんが、古い平屋を道場とし、托鉢で修行を始めた頃を思えば、夢のようなお話です。

 毎月、一度、第一日曜日の夕刻に行う例祭から始め、地域の方々とのご縁と、当山のスタッフとのかね合いを考えつつ、新たな聖地として造り、守り、徐々に活動を広げて行きたいと願っております。
 もしも、この日に、ご供養や、ご祈祷などを希望される方は、本山となる大和町へ電話(022ー346ー2106)やファクス(022ー346ー2107)やメール(ryuuchi@hourakuji.net)などで3日前までに(急では対応し切れません)お申し込みください。
 ご縁を求める方の宗教や思想は一切問いませんので、おを抱えたままお困りの方なども、どうぞお気軽にご相談ください。

 一軒一軒とお訪ねする托鉢で皆さんのナマの声をお聴きし、皆さんの希望や期待や悩みや怒りに接して、行者と寺院の〈あるべきよう〉を模索してきた当山の姿勢はこれからも、代替わりをしようとも変わらず、揺るぎません。
 どんなことでもお申し出いただき、ご指導をたまわりますよう願う気持ちは尽きません。
 ただただ、ご縁を求める皆さんのため、できることをもって役立たせていただきたいと祈っております。合掌




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」※今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=EOk4OlhTq_M





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。