--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
04.24

寺院から送られるもののはたらき ─辟除と結界─

2016-04-24-0001.jpg

 寺院から発送されるものはすべて清められています。
 寺院がご本尊様のおられる聖地であり、日々、法が結ばれているからです。
 そのはたらきはこう説かれています。

○届いた先にいる亡者を救い、魔ものを祓う

 辟除(ビャクジョ)という祓いの法と、結界(ケッカイ)というご守護の法によります。

○送られたものを見たり触れたりする人にまつわる魔を祓う

 この世は物質的原理と精神的原理とによる二つの世界が融通無碍(ユウズウムゲ…互いに邪魔をせず、影響し合っていること)に絡み合って生じており、通じる人には通じるものがあります。

○送られたものを見て亡者へ祈ると成仏させられる

 ここでいう「見る」は、感謝し、心で何かを感じながら「観る」ことです。
 精神世界のことごとは私たちの感覚器官を通じて動いており、〈受ける〉のも、〈出す〉のも、それによります。
 女性が男性を蠱惑(コワク)する時は、流し目から始めるではありませんか。

○送られたものを見て、考え、あるいは聴いたり訊ねたりする人の六根清浄になる

 寺院の修法はすべて仏法に基づいて行われています。
 仏法清浄な世界から流れ出る清水のようなものとしてはたらき、積極的にそれを感得する人にとっては、その〈流れ〉が心身へよき影響を与えます。
 原因となることを行えば、必ず、何らかの結果は生じます。
 仏法に関して最も共通する部分が清めです。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん ばざら たらま きりく」※今日の守本尊千手観音様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IvMea3W6ZP0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

 

スポンサーサイト
2015
05.01

5月の守本尊様と真言

2015050100011.jpg

 5月は、立夏(リッカ)と小満(ショウマン)の皐月(サツキ…5月6日より6月5日まで)です。
 5月は巳(ミ)の月なので、守本尊は普賢菩薩(フゲンボサツ)様です。

 普賢菩薩様は、『諸善解脱三昧智力(ショゼンゲダツサンマイチリキ)』という、苦を解決し心の平穏を保つ智慧をつかさどるみ仏です。
 煩悩(ボンノウ)は、自分を迷わせ、他から邪魔される魔ものを呼び込み、いざ何かをしようとする時に、思わぬ妨げとなります。
 正しい方法によって煩悩を菩薩(ボサツ)の大欲(タイヨク)へ転換させ、自分と周囲を清め、よき運命の創造に障害となる魔ものを祓いましょう。

 また、普賢菩薩様は、辰己(タツ・ミ)年生まれの善男善女を一生お守りくださる守本尊でもあり、身体においては、主として腕や手をお守りくださいます。
 ご供養し、ご守護いただき、心豊かで無事安全に過ごしましょう。

 以下は、普賢菩薩を讃歎する経文です。

「普賢は人々が○さとり求める菩提心(ボダイシン)○発(オコ)し慈悲ある人生(イキカタ)を○為(ナ)さんと願うその心○正しき法(オシエ)に引導(インドウ)す○菩薩(ボサツ)の行(ギョウ)と誓願を○われら衆生(シュジョウ)に顕(アカ)されり」


普賢菩薩は人々が人生の真実を知りたいと願い、思いやりのある人生を生きたいと願う時、その心を正しい教えへと導く菩薩としての実践と誓いを明らかにされる)

 以下は、普賢菩薩の導きにより六根懺悔(サンゲ)し清浄にする方法として、お釈迦様がアーナンダに説いた偈頌(ゲジュ)です。

1 眼根(ゲンコン)
「若(モ)し眼根(ゲンコン)の悪有って 業障(ゴッショウ)の眼不浄ならば
 但(タダ)当(マサ)に大乗(ダイジョウ)を誦(ジュ)し 第一義を思念すべし
 是(コ)れを眼を懺悔(サンゲ)して 諸(モロモロ)の不善業(フゼンゴウ)を尽くすと名づく」

(もし、眼が悪しきはたらきを重ね、悪しき見方をするようであれば、一心に大乗の教えを読誦し、最高レベルの教えを思念せよ。
 これが、眼がつくった罪を懺悔し、さまざまな悪業を滅する方法である)

2 耳根(ニコン)
「耳根(ニコン)は乱声(ランショウ)を聞きて 和合の義を壊乱(エラン)す
 是(コ)れに由(ヨ)りて狂心(オウラン)を起すこと 猶(ナ)お癡なる猿猴(エンコウ)の如(ゴト)し
 但(タダ)当(マサ)に大乗(ダイジョウ)を誦(ジュ)し 法の無相(クウムソウ)を観ずべし
 永く一切の悪を尽くして 天耳(テンニ)もて十方(ジッポウ)を聞かん」

(耳のはたらきは、乱れた聞き方をし、和合の意義を破壊する。
 乱れた聞き方によって過った心になるのは、本能のみで走り回る愚かな猿ののようなものである。
 一心に大乗の教えを読誦し、すべての現象は《クウ》であり、固定した姿を保つものはないことを観ぜよ。
 そうすれば永久に一切の悪を滅し、仏神の耳となってすべてのものごとをありのままに聞くことができよう)

3 鼻根(ビコン)
「鼻根(ビコン)は諸香(ショカ)に著(チャク)して 染(ゼン)に随いて諸(モロモロ)の觸(ソク)を起こす
 此(カ)くの如(ゴト)き狂惑(オウワク)の鼻 染(ゼン)に随いて諸塵(ショジン)を生ず
 若(モ)し大乗経(ダイジョウキョウ)を誦(ジュ)し 法の如実際(ニョジツザイ)を観ぜば
 永く諸(モロモロ)の悪業(アクゴウ)を離れて 後世(ゴセ)に復(マタ)生ぜじ」

(鼻のはたらきは、さまざまな香りにとらわれ、染められたままに過った感情のはたらきを生ずる。
 このように狂い惑った鼻は、とらわれ染められたままにさまざまな煩悩を起こす。
 もしも、大乗経を読誦し、すべての現象はそのままに悟りの世界であるという真実を観ずるならば、
 永久にさまざまな悪業を離れて、輪廻転生《リンネテンショウ)》する先に、ふたたび同じ過ちを犯すことはない)

4 舌根(ゼッコン)
「舌根(ゼッコン)は五種の 悪口(アック)の不善業(フゼンゴウ)を起こす
 若(モ)し自ら調順(ジョウジュン)せんと欲せば 応(マサ)に勤めて慈心を修し
 法の真寂(シンジャク)の義を思いて 諸(モロモロ)の分別(フンベツ)の想無かるべし」

(舌のはたらきは、五種類の悪しき言葉づかいとなって悪業を生じる。
 もし自ら、はたらきを正しく調えようとするならば、思いやりの心によって実践し
 不動の真理である仏法に心を合わせ、自分勝手にわけへだてするやり方を離れよ)

5意根(イコン)
「心根(ンシンコン)は猿猴(エンコウ)の如(ゴト)くにして 暫(シバラ)くも停(ト)まる時有ること無し
 若し折伏(シャクブク)せんと欲せば 当(マサ)に勤めて大乗(ダイジョウ)を誦(ジュ)し
 仏の大覚身(ダイカクシン) 力無畏(リキムイ)の所成(ショジョウ)を念じたてまつるべし」

(意識は猿のように落ち着きなくはたらき、しばらくもじっとしていない。
 もし、このように乱れたはたらきのままに任せず、正しく制御しようとするならば、大乗の教えを読誦し、
 悟ったみ仏の偉大なお姿と、何ものも畏れない無限の救済力とをじっと意識に保たねばならない)

6身根(シンコン)
「身は為れ機関の主 塵の風に随いて転ずるが如(ゴト)し
 六賊は中に遊戯(ユウゲ)して 自在にして罣礙(ケイゲ)無し
 若(モ)し此の悪を滅して 永く諸(モロモロ)の塵労(ジンロウ)を離れ
 常に涅槃(ネハン)の城に処し 安楽にして心憺怕(タンパク)ならんと欲(ホッ)せば
 当(マサ)に大乗経(ダイジョウキョウ)を誦(ジュ)して諸(モロモロ)の菩薩(ボサツ)の母を念ずべし」

(身体は、さまざまなはたらきを統合的に司る一方、塵が風に吹かれるように周囲の状況によって影響を受ける。
 眼・耳・鼻・舌・心・身の六根は、それぞれが勝手に動き回り、制御されていない。
 もし、こうした有様によって生ずる悪を滅し、永久にさまざまな煩悩や煩悶から離れ、
 いつも悟りの境地にり、安楽で心が淡々と乱れないようにしたいならば、
 まさに、大乗経を読誦し、さまざまな菩薩を生ずる母体である根源的智慧と慈悲を心に保たねばならない)

 見たり、聞いたり、嗅いだり、味わったり、思ったり、触れたりする体験が、好みや執着心などによって、そうしたはたらきにどんどんクセや歪みなどを生じさせ、あたかも曇ったり歪んだりしいている鏡が問題を起こすように、苦をもたらしてしまいます。
 そこをいったんクリアにするため、(クウ)を説く大乗経典を至心に読誦し、学ばねばなりません。
 「苦を解決し心の平穏を保つ智慧をつかさどる」普賢菩薩はその際、力強い導き手になります。
 まっさらな心で真言を唱えれば、きっと、心の曇りは晴れることでしょう。

21080819 010

 写真は、永代供養を行ってご加護を受けるため、当山の講堂へ納められた普賢菩薩様です。
 総丈は約35㎝あり、日本で唯一、護摩を焚いてできた灰が体内へ納められたご本尊様です。(奉納受付中)

 4月の守本尊様をご供養しお守りいただきたい時、願いを成就させたいと念じる時、つらい時、悲しい時、淋しい時、あるいは感謝したい時は、合掌して普賢菩薩様の真言(真実世界の言葉)を唱えましょう。
 たとえ一日一回の行でも、信じて行なえば、ご本尊様へ必ず思いが届きます。
 続けて行う回数は任意ですが、基本は1・3・7・21・108・1080回となっています。

普賢菩薩(フゲンボサツ)

「おん さんまや さとばん」

今月の真言をお聞きになるにはこちらをクリックしてください。音声が流れます

※お聞き頂くには 音楽再生ソフト が必要です。お持ちでない方は、
 こちらから無料でWindows Media Player がダウンロードできます。






 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2014
06.28

見聞きするものに右往左往する心をどうにかしたいのですが…… ―心の健康法について―

2014062800111.jpg

 人生相談に多いテーマです。
「すぐに引きずられてしまいやすい気持をどうにかしたい」
 考えてみましょう

 私たちが生きている世界は、18の要素から成り立っています。

 まず、私たちは、認識するための根幹すなわち「六根(ロッコン)」を持っています。

 眼根(ゲンコン…視覚)
 耳根(ニコン…聴覚)
 鼻根(ビコン…嗅覚)
 舌根(ゼッコン…味覚)
 身根(シンコン…触覚)
 意根(イコン…意識)


 視覚を持った眼があればこそ、モノの形や色がわかります。

 同時に、私たちの周囲には、認識する対象としての「六境(ロッキョウ)」があります。

 色境(シキキョウ)
 声境(ショウキョウ)
 香境(コウキョウ)
 味境(ミコウ)
 触境(ソクキョウ)
 法境(ホウキョウ)

 
 香るものがあってこそ、鼻の嗅覚がはたらき、食べられるか、腐っていてたべられないか、などの判断ができます。

 「六根(ロッコン)」が「六境(ロッキョウ)」と出会ってはたらく意識を「六識(ロクシキ)」と言います。

 眼識(ゲンシキ)
 耳識(ニシキ)
 鼻識(ビシキ)
 舌識(ゼッシキ)
 身識(シンシキ)
 意識(イシキ)


 「身根」という触覚を持った身体が、「触境」という、モノに触れれば、「ああ、柔らかい布団だなあ」といった皮膚感覚によって起こる認識作用、つまり「身識」が起こります。
 仏教は、私たちが世界を認識しながら生きる様子をこのように18の要素から考えています。

 さて、たとえば、暗い夜道を歩いていて、急に蛇を見かけると、気味が悪い、怖い、などの気持が起こります。
 慌てて逃げる人もいるでしょう。
 ドキドキして、なかなか気持のおさまらない人もいるでしょう。
 何か、不吉なできごとの前触れかと思って、不安がなかなか抜けない方もいるでしょう。
 今夜は悪い夢を見そうだなあと、嫌な気持になる人もいるでしょう。
 もちろん、蛇ってこんな所にもいるのか、程度で、すぐ忘れる人もいるでしょう。
 この違いは、〈蛇の側〉によるものではありません。
 眼にする私たちの心の違いによって受け止め方に違いが生じているのです。
 まず、このことをおさえておきましょう。

「私たちの受け止め方によって、できごとは異なったものになる」

 さて、次に、暗い夜道や、蛇の出やすいところをよく歩く人と、そうでない人とでは、当然、「蛇を見て驚く」というできごとが起こる確率が異なります。
 このことをおさえておきましょう。

「私たちは、環境の違いによって、異なった経験をしながら生きる」

 そして、そもそも、蛇は本当に蛇だったのか、という問題もあります。
 有名な「蛇縄麻の譬え」があります。
 夜道に落ちていた縄を、蛇だ!と勘違いする場合があります。
 縄が落ちているなあ、と見て通り過ぎる場合もあります。
 あれっ、これは麻縄で丈夫そうだから使おう、と拾う人もいます。

 余談ですが、私はこの山里に来てすぐ、驚きました。
 フキノトウを探す名人は、枯葉を見て、その下にフキノトウがあるとわかってしまうのです。
 「住職、ほら、そこにもあるよ、早く採ったら」
 こう言われても、私には、さっぱりわかりませんでした。
 また、釘や紐を拾う名人にとっても、砂利道は宝の山なのです。
 私は言われなければなかなか、すぐそこに落ちている立派な釘に気づきませんが、名人の袋はどんどん重くなってゆくのです。
 このこともおさえておきたいものです。

「観察眼の違いによって、世界の様相は別ものになる」

 最後に、仏教で願う「六根(ロッコン)清浄」について考えてみましょう。
 眼根(ゲンコン…視覚)や耳根(ニコン…聴覚)が〈清浄〉であるとはどういうことか?
 それは、眼そのものが汚れている、あるいは耳そのものが汚れているからきれいにしよう、というわけではありません。
 眼のはたらき方にある〈偏り〉を極力小さくして、できるだけありのままに見るようにした方が、事実をより正確につかみ、判断を誤らず、私たちが本来持っているみ仏のお智慧やお慈悲をそのままにはたらかせやすくなるからです。
 偏りはどこから来るか?
 それは、自己中心的な意識や、好き嫌いや、執着心や、高慢心や、過剰な自己防衛意識や、極論に走る思考停止など、さまざまな状態が、眼に連動する心へ余分なフィルターをかけているのです。
 自分さえよければいい、といった人には、困っている人や弱っている人が眼に入りません。
 眼にしても心が反応しなければ、見えないのと同じです。
 カレーの嫌いな人には、カレー屋さんが目に入らず、見えても無意識のうちに眼をそらしてしまうことでしょう。
 否応なくカレー屋さんの前を通ったことが、不快な気持を引きずらせるかも知れません。
 もしかすると、カレー屋さんを縁とするよき出会いの機会を失しているかも知れません。
 もったいないことです。
 最後におさえておきましょう。

六根(ロッコン)を覆う煩悩(ボンノウ)は、自他へ不快感や苦しみや不幸をもたらす。
 一つ、好きなものにとらわれ、嫌いなものを激しく拒否しないではいられない貪欲(トンヨク)を離れよう。
 一つ、高慢心やあたり構わぬ自己主張による瞋恚(シンニ…怒り)を離れよう。
 一つ、自己中心的で道理に反する勝手な考え方である愚痴(グチ)を離れよう。」


 こうしたことごとをふまえ、仏教では、さまざまな修行を行います。
 たとえば、心で念じながら、五体投地を行います。
「南無 帰命頂礼 不動明王 慚愧懺悔 六根清浄 滅除煩悩 滅除業障
(ナム キミョウチョウライ フドウミョウオウ ザンギサンゲ ロッコンショウジョウ メツジョボンノウ メツジョゴッショウ)
(お不動様を心から信じ、ご加護を求めます。
 これまでの生き方にあった悪しきものを悔い改め、深く懺悔しますので、六根の垢を落としてください。
 煩悩が滅しますよう。
 悪しき業の障りが滅しますよう)
 あるいは、本来の清浄な心へ還る阿字観(アジカン)の瞑想を行います。
 もちろん、清浄な心で読経や写経も行います。
 身体を調子よくはたらかせるには健康法があるように、心を健全にはたらかせるためにも、伝統に培われた健康法があるのです。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん さん ざん ざん さく そわか」※今日の守本尊勢至菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。

https://www.youtube.com/watch?v=qp8h46u4Ja8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2013
01.03

お正月に唱える経典は何を説いているの?─目や耳などを清めましょう(その1)─

201301020132.jpg

 善男善女のご唱和をいただきながら、元旦、二日と計4回の護摩法を終えました。
 3日の午前10時と午後2時で正月の修正会を終えます。
 さて、皆さんと共にお唱えしている今年の守本尊普賢菩薩(フゲンボサツ)様のお経は、私たちの目や耳などに悪しき心が関与して穢れたはたらきを行うようになった場合の清め方を示しています。

1 見る器官としての目に穢れが生じた場合

 もし、目と視覚のはたらきに悪意が関与し、悪業(アクゴウ)によって障害が発生すると目が不浄となる。
 その場合は、ただ、まさに、大乗経典を唱え、究極的な真理を思い、真理を心に抱かねばならない。
 これを、目が犯す罪を懺悔してさまざまな悪業(アクゴウ)を発生させないようにする方法と言う。

「若(モ)し眼根(ゲンコン)の悪有りて 業障(ゴッショウ)の眼不浄ならば
 但(タ)だ当(マサ)に大乗(ダイジョウ)を誦(ジュ)し 第一義を思念すべし
 是(コ)れを眼(ゲン)を懺悔(サンゲ)して 諸(モロ)もろの不善を尽すと名づく」


 目が悪しきものを見た場合、「悪」として学び捨て去ればよいのですが、その刺激の強さによって是非善悪の判断力を弱められ、同じような光景に鋭く反応する習慣がついてしまう場合があります。
 また、怒りや憎しみを心に抱いて相手を見た場合、相手を見るたびに怒りや憎しみが湧く用にもなります。
 これが「不浄」な状態です。
 それを正すには、真理を説く経典を至心に読誦し、学び、刺激による快・不快、あるいは怒りや憎しみなどに惑わされない心になることが肝要です。
 また、自分の目のはたらきをチェックすると、いかなる習慣がついているか気づくはずです。
 そこで「ああ、これではいけない」と心を清め修正しておけば、見るものに引きずられ、惑わされ、悪業を犯すという流れを脱することができます。
 以下、同様に学びましょう。

2 聞く器官としての耳に穢れが生じた場合

 耳と聴覚のはたらきが乱の起こる声や音を聞いて和合の心を壊す時は、狂った心が起こり、愚かなサルのようになる。
 その場合は、まさに、大乗経典を唱え、いっさいが空(クウ)であると知り、執着を離れた境地になって道理を悟らねばならない。
 永久に悪を離れ、天にも通じる耳となって八方天地の音を聞けるようになるであろう。

「耳根(ニコン)は乱声(ランセイ)を聞きて 和合の義を壊乱(カイラン)す
 是(コ)れに由(ヨ)りて狂心(キョウシン)を起こすこと 猶(ナ)お痴(チ)なる猿猴(エンコウ…サル)の如(ゴト)し
 但(タ)だ当(マサ)に大乗(ダイジョウ)を誦(ジュ)し 法の空無相(クウムソウ)を観ずべし
 永く一切の悪を尽くして 天耳(テンニ)もて十方(ジッポウ)を聞かん」


3 嗅ぐ器官としての鼻に穢れが生じた場合

 鼻と嗅覚のはたらきがさまざまな香りに執着し、俗世間に従い感受対象にとらわれる。
 このように狂い惑った鼻は、俗世間に従い、さまざまな煩悩を生じる。
 もし、大乗経典を唱え、教えが真理真実そのままであることを悟るならば、
 永久にさまざまな悪業から離れ、後の世にも悪しき行為を行わなくなるであろう。

「鼻根(ビコン)は諸香(ショコウ)に著(ジャク)して 染(ゼン)に随いて諸(モロ)もろの触(ショク)を起こす
 此(カ)くの如(ゴト)き狂惑(キョウワク)の鼻(ビ) 染(ゼン)に随いて諸塵(ショジン)を生ず
 若(モ)し大乗経(ダイジョウキョウ)を誦(ジュ)し 法の如実際(ニョジツザイ)を観(カン)ぜば
 永く諸(モロ)もろの悪業(アクゴウ)を離れて 後世(ゴセ)に復(マ)た生(ショウ)ぜじ」


 以下、(その2)へ続きます。
 年の初めに六根(ロッコン)を清めるイメージを持ちましょう。

201301020000172.jpg




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2010
05.07

四つの難

法句経』に四難が説かれています。

「人として生を受けることは難しく、長寿を保つことは難しく、仏に遇うことは難しく、仏法を聞くことは難しい」


 地球上には3000万種とも言われる多様な生きものがいます。
 猫であれ犬であれ蟻であれ鳩であれ、コスモスであれ稲であれ松であれ大根であれ、メダカであれ鯉であれサンマであれ鯨であれ、自分が何であっても不思議ではないのに、自分は今、人間として、ここにいます。
 自分が人間として生まれて来たことの不思議さに驚嘆せずにはいられません。

 教えに説く長寿は、いわゆる長生きと限定したものではないでしょう。
 むしろ、誰でもが〈今、生きている〉というその存在のありがたさではないでしょうか。
 昨日死んでいればもうそれっきりであり、明日も生きていられるとは限りません。
 たった今この瞬間の〈生の現実〉の重さは何ものにも比べられません。
 
 今は情報化社会なので宗教や思想を調べることは簡単ですが、まっとうな宗教や思想を自分の血肉として生きている人と出会い、「なるほど、そうか!」と眼を瞠らされ、「この人のように生きたい」と決心させられるのは、釈尊の時代と同じように「難しい」と言えましょう。
 人間として生まれ、まっとう生きていれば、いつの日か、み仏のような人と出会って教えを耳にする機会を得られることもありましょう。
 そうして仏法を学べるのは奇跡とも思えるほど「有り難い」ことです。

 また、「仏に遇う」とは、お地蔵様や観音様、あるいはそのような人にお会いすることばかりを意味するのではありません。
 朝日を浴びた稲の輝き、人の言葉や眼の色、聞く虫の音、漂うお香の香り、おはぎの味、深山の気配、どこにでもみ仏はおられます。
 六根清浄であれば、いつ、どこででもみ仏にお会いできるのです。
 み仏を感得できるように心のアンテナを浄めることこそが難しいのではないでしょうか。

 教えもまた同じです。
 今は教えに接しがたいのではなく、むしろ情報過多の時代であるために、本ものの教えにが揺すぶられ正しくみ仏の世界へ導かれるのは難しくなっています。
 不安や脅しや刺激や癒しという道具を巧みに操り、我がために他人を利用しようとする偽ものの宗教たちが、巨大で無数の網を張って獲ものを待ちかまえています。
 自分の心をしっかりさせ、明知を保っていなければ、救いと反対の方向へ連れて行く縁をつかまえてしまわないとも限りません。
 いつの時代でも、本ものと出会うにはその時代、その人なりの困難があったのでしょう。

 こうして考えてみれば、「四難」は、この世に厳然としてあります。
 まずそれに本当に気づき驚くことが大切です。
 字面を読んで〝ああ、そうか〟と頭で考えるだけでは何ごとも始まりません。
 教えを感得できるかどうか、それもまた「仏法を聞くこと」の難しさなのかも知れません。

〈境内地には遅咲きの桜などが咲いています。大きな池も完成間近となりました〉
220507 0022



「おん さんまやさとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。