--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
10.15

定めた道を歩むには ─死ぬまで未熟─

2016-10-13-0006.jpg

 日々、自分の〈足りなさ〉〈至らなさ〉を痛感している。
 へ、「生前にそこを埋めておきたい」と話した。
 埋める方法を相談したつもりだったが、意外な答が返ってきた。
「もう、外からとり入れる必要はない。
 今、あなたが持っているもので救われている人々がいるのだから、後は、身につけた方法をさらに錬磨し、次代へ確かに受け渡すだけでよいのではないか」

 より勝れたものをもって、より多くの人々の苦を抜き、より多くの人々へ楽を与えたいという勝義心(ショウギシン)のイメージに偏りがあった。
 自分に力が足りないのは事実だが、そこを埋める方法についての思量が足りなかった。
 中年になってから出家したこともあり、たとえば堤防工事なら、より高度な工法を会得するためにには、若くしてプロとなった人々の何倍もの努力が必要だであると覚悟し、やってきた。
 は、残された時間の少ない中で、自分にできる工法そのものの限りない高度化をはかるよりも、自分で使える工法の精度を高め、それをバトンタッチすることに優先順位をつけてはどうかと諭されたのだ。

 目が覚める思いだった。
 そう言えば、遠方に住み、遠隔加持(エンカクカジ)を受けている信徒さんから、自分で出来る祈り方を求められ、伝えた時の達成感は大きかった。
 それは、いわば自分の血肉を分け与えるに等しいが、法の血肉は分け与えても決して減らない。
 分け与える行為そのものが、法をより確かなものへと昇華させる。

 行者は何をすべきか?
 一歩、踏み出した者にとって離れようのない大問題への答は、行者自身の年齢によって変わるのだ。
 懺悔(サンゲ…自らを省みて悔い、他者と社会へ恥じる)して慈悲心を清め、精進して智慧を深めるという一本道でも、菩提心(ボダイシン…まっとうに生きる心)と勝義心(ショウギシン…無限の向上心)のはたらかせ方は違う。

 中年になってから出家し、ご加持(カジ)の法を体得してすぐに一山を開基したA氏を思い出す。
 氏は、宗派が定めた修行の段階をすべて終えたわけではない。
 しかし、実際に救われた人々の求めに応じて場を造り、身につけた修法を駆使して訪れる人々を救っている。
 一個の身体を持って生まれる人間には、手を伸ばす範囲にも、この世にいられる時間にも限りがある。
 お大様はほとんど無限とも思える修法を確立されたが、一凡人に縁となり、駆使できるものはごくごく限られている。
 それをやるしかない。

 医など科学の世界に住む方々と接していると、方法の日進月歩が実感される。
 日々、より進んだ〈救い方〉があみ出され続けている。
 しかし、宗教の世界では、応用法に工夫の余地はあっても、お大様ほどの行者が確立した手法そのものにはまったく手のつけようがないし、すべての手法を、実際に駆使できるレベルまで会得することは不可能だ。
 行者は身につけた範囲のものを磨き、必要とする方のために役立てればそれでよい。
 それが本ものであるかどうかは、自分ではわからない。
 しかし、結果は、ご本尊様と、ゆかりを求める人々が教えてくれる。

 お大様は説かれた。
「自分で功徳の力をつけ、如来様のご加持力をいただき、社会や自然や宇宙の限りないお力を受け、普く供養する心で生きるのが行者のつとめである」
 これは何も行者に限った真実ではない。
 よき願いを持つ人は誰でも、自力や他力といった固定観念を離れ、こうした気持で精進の日々を過ごせば、必ず、その目的とその人に見合った最上の結果が得られることだろう。
 結果にモノサシを当て、50点、100点と点数をつけることは無意味だ。
 その人にとってそうして過ごす以上の方法はなく、得られた結果がその人にとってそれ以上にあり得なければ、何とどう比べられようか。

 若いころはたくさん詰め込もう。
 年をとったら錬磨を深めよう。
 実に、人は死ぬまで未熟、死ぬまで勉強だ。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん さん ざん ざん さく そわか」※今日の守本尊勢至菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。

https://www.youtube.com/watch?v=qp8h46u4Ja8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



スポンサーサイト
2016
10.07

ご供養とご加持 ─朝のひととき─

2016-10-07-0001.jpg

 早朝、壇上で結界を張ろうとすると、真っ暗なのに「キーッ」と鳥の声がし、〝そうか〟と思った。
 法によって天井となる金剛網の高さをぐっと伸ばす。
 彼も法内に入れた。
 結界のできあがりを待っていたかのように、一陣の風が堂外を吹き抜ける。
 秋なのにもう、冬の硬さを含んでいる。

 7日を月忌命日(ガッキメイニチ)とする方は11名、祥月命日(ショウツキメイニチ)の方は1名である。
 ご冥福を念じ、光明真言法を結ぶ。

 さまざまな願いがかけられており、5種の遠隔加持法を修する。
 能力開発、商売繁盛などを願い、精進している方々のためには「増」の法で後押しする。
 人間関係の深化や良化などを願い、精進している方々のためには「合」の法で邪魔ものを祓い、良縁を固める。
 過ちを悔いて悪因縁の解消を願い、精進している方々のためには「滅」の法で清め、前方に光を招く。
 病気にならぬよう、病気から回復できるよう願い、精進している方々のためには「封」の法で病魔を抑え、本来の力が出せるよう活性化する。
 悪意あるものなどに悩みつつ、精進している方々のためには「止」の法で足止めし、善行を妨げる軛(クビキ)や足枷(アシカセ)から解放する。

 結界を解き、内陣から出ても〈霊体〉そのものになったような感覚は残っているので、すぐにはトントンと歩けない。
 蓮華の花によって作られた座に一歩、一歩を乗せつつ歩むイメージの作法から抜け出なければならない。
 もう還暦はとっくに過ぎたはずのクロが「ニャー」と小さく挨拶しながらゆっくり迎えに来る。

 今日も、人生相談や開眼供養やお納骨が待っている。
 ご本尊様のご加護と、善男善女のご誠心のおかげをいただき、しっかり務め終えたい。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2016
09.29

10月の守本尊様と真言 ―阿弥陀如来―

2016-09-29-0001.jpg
〈ご加持の印〉

 10月は、寒露(カンロ)と霜降(ソウコウ)の神無月(カンナヅキ…10月8日より11月6日まで)です。
 10月は戌(イヌ)の月なので、守本尊阿弥陀如来(アミダニョライ)様です。

 阿弥陀如来様は、『遍處行智力(ヘンショギョウチリキ)』をもって、人々がどのような世界へ行こうとしているかをご覧になり、地獄界や餓鬼界などの悪しき世界へ入らぬよう、お導きくださいます。
 正しく念ずるならば、そのお力により、必ず善き所へ連れて行ってくださるのです。
 また、阿弥陀如来は、戌亥年生まれの善男善女を一生お守りくださる一代守本尊様でもあり、身体においては、主として脚をお守りくださいます。
 そして、特に今年、数え年で2才、11才、20才、29才、38才、47才、56才、65才、74才、83才、92才、100才の方をご守護くださいます。
 ご供養し、ご守護いただき、心豊かに、無事安全に過ごしましょう。

「それ衆生(シュジョウ)界一切の○業障重罪(ゴッショウジュウザイ)ことごとく○消滅すまで大慈悲の○無量の願を捨てざると○誓約された阿弥陀仏○三密加持(サンミツカジ)のその時に○目(マ)の当たりにぞ拝すなり」


(生きとし生けるものたちすべての悪行による悪しき影響力や障りを招く可能性、そして重い罪そのものをことごとく消滅させるまで、無限の願いを捨てないと約束された阿弥陀如来を、私たちは、身体と言葉と心とをみ仏と一体化させるその時に、ありありと拝することができる)

 私たちは、うわべだけでなく、心の底から自分自身を省み、身体でよきことを行い、思いやりのこもった言葉を用い、み仏の世界やお姿を心に描く時、慈悲の権化(ゴンゲ)である阿弥陀如来様のお力やお姿を感得せきるかも知れません。

「亡き人と○一切衆生(シュジョウ)の成仏を○至心に廻向(エコウ)・祈念して○阿弥陀如来の真言の○無量無辺の加持力(カジリキ)と○利益を信じ誠心(ヒタスラ)に○大師と共に誦持(ジュジ)すれば○阿弥陀の光に包まれて○その法悦に随喜(ズイキ)せん」


(亡くなった人と、生きとし生けるものが成仏できるよう、心の底から、自分の善行がもたらすよい影響力をふり向け、成就するよう祈り、阿弥陀如来の真言が持つ限りない救済力を信じつつ、お大師様と一緒に唱え、没頭すれば、やがて阿弥陀如来の光に包まれ、ご加護を受けている実感を喜べることだろう)

 四国遍路をする人はすべて、心に「同行二人(ドウギョウニニン)」の思いを抱き、「南無大師遍照金剛」と唱えます。
 どこでもお大師様と一緒であり、どこの札所におられるご本尊様に対しても、お大師様と一緒に般若心経や真言を捧げ、善願の成就を祈ります。
 お不動様やお地蔵様や阿弥陀様など、各札所におられるどなたもが、まごころを捧げる善男善女へ救いの手を差し伸べられます。
 まごころを捧げる具体的な方法、すなわち、即身成仏(ソクシンジョウブツ)する方法が、身体と言葉と心をみ仏に一体化させることであり、合掌し、真言や経文を唱え、心が清浄になってご本尊様と一体化すれば、「加持力」に包まれる状態と言えるのです。
 その〝ああ、お救いいただいている〟という実感こそが「法悦に随喜」と称する中身です。
 
2012097.jpg

 写真は、永代供養を行ってご加護を受けるため、当山の講堂へ納められた阿弥陀如来様です。
 総丈は約35㎝あり、日本で唯一、護摩を焚いてできた灰が体内へ納められています。(奉納受付中)

 10月守本尊阿弥陀如来(アミダニョライ)様をご供養しお守りいただきたい時、願いを成就させたいと念じる時、つらい時、悲しい時、淋しい時は、合掌して真言(真実世界の言葉)をお唱えしましょう。
 たとえ一日一回でも、信じて行なえば、ご本尊様へ必ず思いが届きます。
 回数は任意ですが、基本は1・3・7・21・108・1080回となっています。

「おん あみりたていせい から うん」

今月の真言をお聞きになるにはこちらをクリックしてください。音声が流れます


※お聞き頂くには 音楽再生ソフト が必要です。お持ちでない方は、
 こちらから無料でWindows Media Player がダウンロードできます。





 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2016
09.20

Q&A(その29) 導師がネコのように静かに歩き、棒を振るわけは?

2016-09-20-0004.jpg
〈み仏の両眼には日輪と月輪が〉

2016-09-20-0002.jpg
〈梵字のマ、日輪〉

2016-09-20-0003.jpg
〈梵字のタ、月輪〉

 これまで、葬祭会館の方などから幾度もご質問を受けました。
「どうしてご住職はあれほど静かに歩くのですか?」
 答は以下のとおりとなります。

 真言密教の行者は、修行道場であれ、あるいはご葬儀場であれ、修法する道場へ入る際には人知れず、いろいろな観想を行っています。
 たとえば、右の目には梵字のマ、左の目にはタを置きます。
 マは日輪(ニチリン…輝く陽光)、タは月輪(ガチリン…円満な月光)です。
 陽光は智慧の光で真実世界をくまなく照らし、月光は瞑想に入った行者へ悟りの心を開かせます。
 道場内をこの両眼で観ながら静かに入ります。
 心には梵字のウンを置き、金剛薩埵(コンゴウサッタ)というみ仏に成り切っています。
 こういう状態で進む足は一輪づつ、目には見えない蓮華を踏んでいます。
 だから、スリッパを引きずるような音などは決して出さず、肩を揺すって歩くなどということもありません。
 蓮華の花びらを散らさぬよう、足をそっと置くように一歩、一歩と歩むので、正面を向いているご参詣やご参列の皆さんには足音がほとんど聞こえないはずです。

2016-09-20-0001.jpg
〈滝田商店様よりお借りして加工しました〉

 もう一つ、よくあるご質問へお答えしておきましょう。
「どうして最初に棒のようなものを振るのですか?」

 実は、以下のとおりの手順で、道場のお清めを行っているのです。
 導師の左側には二つの仏器と、その間に1本の棒が置いてあります。
 手前の仏器には塗香(ヅコウ)という手に塗るためのお香が入っており、着座した導師はまず、蓋を開けてそのお香を両手に塗ります。
 そして護身法を結びます。
 次は、奧にある仏器の蓋を開け、左手に数珠、右手に三鈷杵(サンコショ)という仏具を持って、仏器の中に入っている水を加持(カジ)します。
 この時に、カラン、カランという音が21回、聞こえるはずです。
 数珠に三鈷杵を当て、水を21度、清めています。
 それから散杖(サンジョウ)という棒を水へ入れて回します。
 これは、水を重ねて清め、清浄な乳水に変えているのです。
 それから、散杖の先に水を着け、道場や心を清めるために、横、縦に振ります。
 
 修法を行うには、まず、その場を清めます。
 家庭でも、学校でも、職場でも掃除をするのと同じです。
 そして、目的の修法がきちんと行われるように、導師や善男善女の心も清めます。
 それだけではありません。
 これらが終われば必ず、結界の法を結び、魔もののようなものを一切シャットアウトしてから、ご供養やご祈祷やご葬儀の法を順々に進めます。
 清めと護身法結界の手順を踏まない修法はありません。

 今回は、導師が道場へ入り、お清めを行うあたりまでの大まかな作法について書きました。
 何となく想像していただければありがたいことです。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2016
08.20

タカマツの金メダルと「覚えていない」考 ─会得を目ざす日本の文化─

2016-08-20-0001.jpg

 隠形流(オンギョウリュウ)居合の道場で、聖ウルスラ学院英智高(仙台市)出身者がバドミントンで金メダルを獲得したことに話題が集まった。
 師範代は、高橋礼華選手(26才)が「19オールとなってから覚えていない」と言った話をとりあげた。
「身体が自然に動いていたんでしょうね」
 彼女はきっと、無心の状態で闘ったのだろう。
 こうやればこうなると、頭が余計な計算はしない。
 何かを得たり失ったりすることが気になりもしない。
 そして身体が動けばそれがきっと、その人にとって〈最善〉というものだろう。
 居合の行者が剣を手にしても同じである。
 刃筋が通り、ピタッと決まった時は、「そうなっている」と言うしかない。

 密教の行者が壇上で印を結び真言を唱え、ご本尊様の世界を観想して〈そこへ入ってしまう〉時と同じである。
 小生はこの状態を「法が通る」と言っている。
 行者の魂が神仏の世界やあの世へと通じてしまう。
 お大師様は、そのこと、すなわち「加持(カジ)」が書かれた『大日経』を発見しても、自分で読んだだけでは実際に通じさせる方法がわからなかった。
 だから海を渡り、伝授を求めてまっしぐらに行動された。
 そして、お大師様が受けた伝授は1200年を経た今でも、世界のどこかで続けられている。
 タカマツの試合ぶりは、私たちが〈そこへ入ってしまう〉時、最高の力が出せることを教えているのではないか。

 行者Aさんから質問された。
「サイコロを振って望みの目を出すという訓練を始めたのですが、丁半なら、どちらを念じても50パーセントの確立を上まわらなければならないのに、私はむしろ、下回ってしまいます。
 どうすればよいのでしょうか?」
 これも初心者によくある現象である。
 表面の意識では「丁」と念じたつもりでも、その底にある疑念や不安などが強いと、意識されない心の部分が〝そうはならない〟と反対に動いているのではないか。
 幾度やっても、心のはたらきが同じパターンであれば、結果は同じだ。
 もしも習い性になれば、結果は表面の意識が願う姿からどんどん遠ざかるかも知れない。
 ここを突破する方法は一つしかない。
 伝授された護身法(ゴシンポウ)をしっかり結び、単純に念ずるという訓練を繰り返すしかない。
 そうしているうちに疑念や不安が薄れ、心全体が単純に「丁」へと向かえば、必ず、「丁」の出る確立は50パーセントを超えてくる。

 タカマツは「覚えていない」状態で勝利した。
 居合の行者は「そうなっている」ところを目ざす。
 密教の行者は「法が通る」ところまでやらねば修法を行ったことにはならない。

 リオデジャネイロのオリンピックで顕著な日本選手の逆転劇には、何かを〈会得〉したという共通の精神的背景があるのかも知れない。
 この〈会得〉こそ、精進(ショウジン)を尊ぶ私たちの文化が持つ精華なのではなかろうか。
 8月7日、フランスのトマ・ブエル氏は、女子体操で活躍する日本人について、「小さなピカチュウがいっぱいだ」「小さい人たちが喜んでいるよ」と中継した。
 差別ではないかという声も上がったらしいが、身体の大きさについてはともかく、日本の文化と日本人のふるまい方がヨーロッパ文化圏の人々からどう見られているのかという興味深い示唆だったと思う。
 科学的関心を高く持ち、狭い国土で大きな人口を養うために何ごとも効率を高め、よいものや、おもしろいものには無心で飛びつく。
 しかし、私たちにはそれだけでなく、とことん自分を鍛え、〈会得〉を目ざすという不退転の文化もある。
 高橋礼華選手の「覚えていない」は歴史に残る言葉となるのではなかろうか。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。