--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
12.02

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─

2016-11-11-0067.jpg
〈四国の霊場にて〉

 一年は、人生の一区切りをはっきりと感じさせる長さである。
 来し方を振り返り、行く先を想う。
 亡き人に対してもそうだ。
 一周忌では「もう、一年が経った」と感じる人も、「まだ、一年か」と感じる人もおられようが、いずれにしても、はっきりと〈時間的区切〉を迎える。
 そこで勢至菩薩(セイシボサツ)が守本尊として故人を導いてくださることの意義は大きい。

 勢至菩薩は、その名のとおり、この上ない勢いでお救いくださるが、勢いの内容は智慧の光明である。
 百か日の観音様が無類のお慈悲で阿弥陀様のもとへ向かわせてくださる一方、その道行きが確かなものとなるよう智慧の勢いを与えてくださる。
 だから、大勢至菩薩、あるいは大精進菩薩(ダイショウジンボサツ)とも呼ばれる。

 御霊はその力で迷いを解きつつ、み仏の世界へ溶け込んで行く。
 一方、勢至菩薩へ祈るこの世の人々もまた、思慕・想い出・未練・感謝などが入り交じり、揺れ動く心にまとまりがついてくる。
 この世の人々も勢いのご加護をいただくのある。

 妻を亡くされたAさんは一周忌を迎え、言われた。
「何もかも妻に任せっぱなしでしたから、オロオロするばかりで、いまだに落ちつきません。
 それでも、妻が大事にしていた花に水をやりながら、枯らさずにここまで来ました。
 夢中で一年経ってみると、植物が何を求めているのか、ようやくわかるようになりました」

 夫を亡くされたBさんは一周忌を迎え、経典を唱えた後で言われた。
「この区切の日に、ご住職が何を言ってくださるか、とても楽しみにして来ました。
 日常生活の何もかもを私に頼るばかりだったあの世の夫に、勢至様が勢いをつけてくださると聞いて、とても安心しました。
 一緒に経典を唱えた私自身も、ご住職がいつも言われる生き直しが、ようやくできるような気になりました」

 勢至菩薩のお姿は、蓮華の蕾を左手に持ち、右手で開く勢いを与えている。
 蓮華菩提心(ボダイシン…悟りを求める心)の象徴であり、蓮華が徐々に開く過程は、阿弥陀如来の浄土へ向かう旅路でもある。
 それは何もあの世のことだけではない。
 御霊の冥福を勢至菩薩へ祈る清浄な心になった私たちも又、自心の蓮華を花開かせつつあるのだ。

 あの世では安心が増し、この世ではまっとうに、幸せに生きる力が増す一周忌供養を行うことの意義はまことに深いと思う。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん さん ざん ざん さく そわか」※今日の守本尊勢至菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。

https://www.youtube.com/watch?v=qp8h46u4Ja8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



スポンサーサイト
2016
06.03

6月の守本尊は勢至菩薩様です

2016-06-03-0001.jpg

 6月は、芒種(ボウシュ)と夏至(ゲシ)の水無月(ミナヅキ…6月5日より7月6日まで)です。
 6月は午(ウマ)の月なので、守本尊勢至菩薩(セイシボサツ)様です。

 勢至菩薩(セイシボサツ)様は、『根上下智力(コンジョウゲチリキ)』という、人の性根(ショウネ)を見定め、それに応じた救いをくださるみ仏です。
 私たちは他人の性根を見誤って失敗しがちであり、自分自身の性根のありようにも鈍感だったりします。
 勢至菩薩様のご加護で自他の性根をよく見つめ、無事安全に精進しましょう。
 また、勢至菩薩様は、午(ウマ)年生まれの善男善女を一生お守りくださる守本尊でもあり、身体においては、主として頭や首をお守りくださいます。
 ご供養し、ご守護いただき、心豊かで無事安全に過ごしましょう。

勢至菩薩様は、まっとうに生きたいと思いつつも、まだそう生きられない人々をお救いくださいます。

「かかる勢至の形像(オスガタ)は○生きとし生ける一切の○衆生(シュジョウ)の中に揺るぎなく○本体として存在の○菩提(ボダイ)求める仄(ホノ)かなる○未敷(ミフ)の心を大切に○優しく育てて開かせる○大悲(ダイヒ)の智慧を証(アカ)すなり」


(このような勢至菩薩のお姿は、生きとし生けるものたちが揺るぎなく持っている、悟りを求めつつもまだ開きかけた蕾のようでしかない心を、優しく導き育てる大いなるお慈悲に満ちたお智慧を明らかにしておられる)

◎勢至菩薩様は、貪り、怒り、愚かさから離れ、み仏の世界と感応する力を授けてくださいます。

「勢至菩薩に帰依(キエ)するは○われら衆生が菩提(サトリ)への○道を求めて精進し○貪瞋痴(ムサボリ・イカリ・オロカサ)の○三毒(サンドク)離れて大いなる○仏の教えを受け止めて○智慧に目覚める驚愕の○心を自(ミズカ)ら開発(カイホツ)し○己(オノレ)を超えた存在の○真理に気づくことにあり」


(勢至菩薩に帰依するのは、私たちが悟りへの道を求めて精進し、貪り、怒り、愚かさという迷いの元を離れ、大いなるみ仏の教えによって智慧に目覚める気づきの心を自分で開き、矮小な自分を超えたみ仏の世界の真理に気づくためである)

2012092.jpg

 写真は、永代供養を行ってご加護を受けるため、当山の講堂へ納められた勢至菩薩様です。
 総丈は約35㎝あり、日本で唯一、護摩を焚いてできた灰が体内へ納められたご本尊様です。(奉納受付中)

 6月の守本尊様をご供養しお守りいただきたい時、願いを成就させたいと念じる時、辛い時、悲しい時、淋しい時、あるいは感謝したい時は、合掌して勢至菩薩様の真言(真実世界の言葉)を唱えましょう。
 たとえ一日一回の行でも、信じて行なえば、ご本尊様へ必ず思いが届きます。
 続けて行う回数は任意ですが、基本は1・3・7・21・108・1080回となっています。

勢至菩薩(セイシボサツ)

「おん さんざんざん さく そわか」

今月の真言をお聞きになるにはこちらをクリックしてください。音声が流れます


※お聞き頂くには 音楽再生ソフト が必要です。お持ちでない方は、
こちらから無料でWindows Media Player がダウンロードできます。





 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2015
06.02

6月の守本尊様は勢至菩薩(セイシボサツ)様です ―この世、あの世の地獄からの救済者―

20150602003.jpg

 6月は、芒種(ボウシュ)と夏至(ゲシ)の水無月(ミナヅキ…6月6日より7月6日まで)です。
 6月は午(ウマ)の月なので、守本尊勢至菩薩(セイシボサツ)様です。

 勢至菩薩(セイシボサツ)様は、『根上下智力(コンジョウゲチリキ)』という、人の性根(ショウネ)を見定め、それに応じた救いをくださるみ仏です。
 私たちは他人の性根を見誤って失敗しがちであり、自分自身の性根のありようにも鈍感だったりします。
 勢至菩薩様のご加護で自他の性根をよく見つめ、無事安全に精進しましょう。
 また、勢至菩薩様は、午(ウマ)年生まれの善男善女を一生お守りくださる守本尊でもあり、身体においては、主として頭や首をお守りくださいます。
 ご供養し、ご守護いただき、心豊かで無事安全に過ごしましょう。

勢至菩薩様は、この世の人びとがまっとうに生きるために大いなるお力を発揮してくださいます。

勢至菩薩(セイシボサツ)の勢至(セイシ)とは○比類なきほど大いなる○勢力得られこの世での○衆生(シュジョウ)のために無辺際(カギリナキ)○その自在なる方便(ホウベン)と○悟れる智慧を発揮して○その至らざる処なき○勢力(イキオイ)示すことにあり」


(勢至菩薩の勢至とは、比べるものがないほど大きな力をお持ちになり、この世で生きる人々のためにどこまでも自在な最高の手立てを示し、悟った世界からの智慧を発揮し、救い漏れのない勢いをお示しになられることを意味している)

◎勢至菩薩様は、この世の人びとのみならず、あの世の人びとの一周忌守本尊様として、悪業(アクゴウ)による苦しみからお救いくださいます。

「もし人あって重罪を○犯して苦しみ悩めども○勢至菩薩(セイシボサツ)を誠心(ヒタスラ)に○想い念じて恃(タノ)むなら○この尊(ソン)智慧の光以(モ)て○普くこの世の一切を○照らし救済(スクイ)の手を伸ばし○さらに地獄や餓鬼などの○三悪道(サンアクドウ)に転落し○苦しみ悩む人々を○救いそこから離脱させ○必ず弥陀(ミダ)の西方(サイホウ)の○浄土に生(ショウ)を得せしめる○無上の力を持(タモ)つなり」


(もしも誰かが、重い罪を犯して苦しみ悩んでいたとしても、勢至菩薩様を信じ、まごころからおすがりするならば、勢至菩薩様は、智慧の光を放ってもれなくこの世の一切を明るく照らし、救いの手を伸ばしてくださる。
 それのみか、あの世で地獄道や餓鬼道や畜生道という最悪の世界へ堕ちて苦しみ悩む人びとをも救い出し、必ず阿弥陀如来様の極楽浄土へと生まれ変わらせるこの上ないお力を発揮してくださる)

seisi011.jpg

 写真は、永代供養を行ってご加護を受けるため、当山の講堂へ納められた勢至菩薩様です。
 総丈は約35㎝あり、日本で唯一、護摩を焚いてできた灰が体内へ納められたご本尊様です。(奉納受付中)

 6月の守本尊様をご供養しお守りいただきたい時、願いを成就させたいと念じる時、辛い時、悲しい時、淋しい時、あるいは感謝したい時は、合掌して勢至菩薩様の真言(真実世界の言葉)を唱えましょう。
 たとえ一日一回の行でも、信じて行なえば、ご本尊様へ必ず思いが届きます。
 続けて行う回数は任意ですが、基本は1・3・7・21・108・1080回となっています。

勢至菩薩(セイシボサツ)

「おん さんざんざん さく そわか」

今月の真言をお聞きになるにはこちらをクリックしてください。音声が流れます


※お聞き頂くには 音楽再生ソフト が必要です。お持ちでない方は、
こちらから無料でWindows Media Player がダウンロードできます。






 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」※今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=EOk4OlhTq_M





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2014
06.05

6月の守本尊様と真言

20140603001 (2)
〈阿字観『』本尊〉

 6月は、芒種(ボウシュ)と夏至(ゲシ)の水無月(ミナヅキ…6月6日より7月6日まで)です。
 6月は午(ウマ)の月なので、守本尊は勢至菩薩(セイシボサツ)様です。

 勢至菩薩(セイシボサツ)様は、『根上下智力(コンジョウゲチリキ)』という、人の性根(ショウネ)を見定め、それに応じた救いをくださるみ仏です。
 私たちは他人の性根を見誤って失敗しがちであり、自分自身の性根のありようにも鈍感だったりします。
 勢至菩薩様のご加護で自他の性根をよく見つめ、無事安全に精進しましょう。
 また、勢至菩薩様は、午(ウマ)年生まれの善男善女を一生お守りくださる守本尊でもあり、身体においては、主として頭や首をお守りくださいます。
 ご供養し、ご守護いただき、心豊かで無事安全に過ごしましょう。

seisi011.jpg

 写真は、永代供養を行ってご加護を受けるため、当山の講堂へ納められた勢至菩薩様です。
 総丈は約35㎝あり、日本で唯一、護摩を焚いてできた灰が体内へ納められたご本尊様です。(奉納受付中)

 6月の守本尊様をご供養しお守りいただきたい時、願いを成就させたいと念じる時、辛い時、悲しい時、淋しい時、あるいは感謝したい時は、合掌して勢至菩薩様の真言(真実世界の言葉)を唱えましょう。
 たとえ一日一回の行でも、信じて行なえば、ご本尊様へ必ず思いが届きます。
 続けて行う回数は任意ですが、基本は1・3・7・21・108・1080回となっています。

勢至菩薩(セイシボサツ)

「おん さんざんざん さく そわか」

今月の真言をお聞きになるにはこちらをクリックしてください。音声が流れます


※お聞き頂くには 音楽再生ソフト が必要です。お持ちでない方は、
こちらから無料でWindows Media Player がダウンロードできます。





 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2012
07.19

いじめ、いじめられているお子さんへ(その3) ─親御さんが教育するための一助として─

20120719024.jpg
〈傾いた石碑の下で江戸時代から座ったままの僧侶が祈っていると信じられますか〉

 いじめているお子さん、いじめられているお子さんのために、簡単な運勢を書きました。
 運勢はいのちと心が動いて行く可能性の高い方向を示しています。
 必ずそうなるわけではないので、決して予言やお告げではありません。
 良き可能性をどんどん伸ばし、悪しき可能性へは早めに処置するためこそ、古人はこうした判断方法を残してくれました。
 縛られることなく、兆しを見逃さず、智慧をもって対応するのがそれを生かすコツと言えそうです。

【数え年14才の貴方】

 子供の世界のありようも、大人の世界のありようもはっきりと見え始め、大人の欺瞞などへ敏感になり、ものごとをはっきりさせたくなります。
 毀誉褒貶(キヨホウヘン…誉めることと貶すこと)に対する意識も高まり、気持はだんだん〈一人前〉に近づきます。
 約束ごとにどう対処するかによって仲間を厳しく評価し、自分でも親友との約束を最優先にします。
 また、何が正しいかによってお互いに譲れない争いや戦いも起こり、ままならなさを実感します。

 今年はまず、自分の人間としての器がいったいどの程度なのかをふり返り、相手の器もまた冷静に判断しつつつき合いましょう。
 自分を過大評価したり、必要以上に卑下したりすると、軋轢(アツレキ)だらけになりかねません。
 戦いに勝つヒーローだけに目を向けていると成長しません。
 敗れた側にある真実にも気づくようになればグンと成長することでしょう。
 自分が正当に求めていても得られずに悩んだりしたなら、勢至菩薩(セイシボサツ)様の梵字やお姿をイメージして祈れば、祈りの響きの中へそうした悩みは解消してしまいましょう。
 真言は「おん さん ざん ざん さく そわか」です。
 また、社会的に不当な扱いを受けたり、社会的問題によって貧困や飢餓に苦しむ人などが見捨てられない気持になった時は、自分の志を堅固にすれば、心は強くなります。
 頭をぶつけないよう、心臓がドキドキする時は無理をしないよう、気持にムラがあると思ったなら深呼吸をしてみましょう。

 こんなことに気をつけながら過ごし、いじめたい心が起こった時も、いじめに遭って辛い時も、この一年を守ってくださる守本尊勢至菩薩様の真言を唱えて、そうした悪い流れにうち克ちましょう。

【数え年15才の貴方】
 
 出口のない悩みを体験し、そうした悩みを持った仲間がいることに深く思いをいたすようになります。
 自分の本当の心や姿をなぜ周囲が理解してくれないのかともがき、「誰もわかってくれない」と捨て鉢な気持になったりもします。
 そんな時、たった一人、ありのままに観てくれる仲間がいたりすると生涯を通しての親友になるかも知れません。
 ご縁のAさんが詠まれました。
「合図あり 生きてる限り あげは舞う」
 この〈合図〉は、ピンと来る人にだけ通じるのです。
 これでよいではありませんか。

 今年はまず、小説や歴史や偉人伝などに目を向け、これまで人間がどう生き、何を考えてきたかを考えてみましょう。
 そうすると人と人の間にある人間として悩むのは〈自分だけではない〉ことに気づくことでしょう。
 今日はたちまち、昨日になり、明日はたちまち、今日になります。
 時の激流の中でもまれもまれているうちに、やがては一人前の鯉となって滝登りもできるようになります。
 自分の未熟さに嫌気がさし、賢者の遙かな高みがあまりにも遠いと感じられたなら、千手観音(センジュカンノン)様の梵字やお姿をイメージして祈れば、祈りの響きの中へそうした悩みは解消してしまいましょう。
 真言は「おん ばざら たらま きりく」です。
 自分は〈これから〉であり、どういう社会が創られて行くのかは自分たちにかかっているし、いのちをバトンタッチしてくれた親や祖父・祖母やご先祖様をやがて守って行くのは自分であると思えば、いつまでもウジウジしてはいられません。
 転んだりして血を流すことにならないよう気をつけ、落ち込んだ時は好きな生きものと接してみましょう。

 こんなことに気をつけながら過ごし、いじめたい心が起こった時も、いじめに遭って辛い時も、この一年を守ってくださる守本尊千手観音様の真言を唱えて、そうした悪い流れにうち克ちましょう。



 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


 
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。