--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
12.04

12月の守本尊は千手観音菩薩様です ─救われる時─

2016-12-04-0001.jpg
〈改装中の守本尊道場に、ようやく仏像が建ち始めました〉

 12月は、大雪(ダイセツ)と冬至(トウジ)の師走(シワス…12月7日より1月4日まで)です。
 12月は子(ネ)の月なので、守本尊千手観音(センジュカンノン)様です。

 千手観音〈センジュカンノン)様は天眼無礙智力(テンゲンムゲチリキ)をもって、人々の過去までも見通し、どのような因縁で、何に苦しみ何を求めているかを、無限の(仏教における「千」は無限を意味します)智慧の眼をもってご覧になり、無限の慈悲の手を差しのべ、お救いくださいます。
 ご供養し、ご守護いただき、1年の締めくくりとなる月を心豊かに、無事安全に過ごしましょう。

 千手観音〈センジュカンノン)様は、子年(ネドシ)生まれの善男善女を一生お守りくださる守本尊でもあります。
 身体においては、特に腹腰をお守りくださるので、お腹が不調の時などは真言を唱え、ご加護をいただきましょう。

「尊く聖(キヨ)き観世音(カンゼオン)○菩薩(ボサツ)の行を果たさんと○人間界に降り立って○衆生(シュジョウ)の苦しみ同じくし○衆生と共に喜びを○分かち合わんと哀愍(アイミン)し○衆生済度(サイド)に勤(ツト)め往(ユ)く。」


(尊く清らかで聖なる観音様は、菩薩としての務めを果たそうとして人間界に降り立ち、生きとし生けるものの苦しみを自分の苦しみと感じ、生きとし生けるものと喜びも分かち合いたいものだと切に願い、その救済に励む)

 観音様のお救いは、「そうしてはなりません、こうしなさい」と教えるのではありません。
 もしも病気で苦しむ人がいたなら、自分も病人に姿を変えて一緒に苦しみ、それにじっと耐えたり、花に憩いを感じてホッとする姿を見せるなどして、救われる様子を教えてくださるのです。

「善(ヨ)き人々よたとえ百○千万億の衆生(シュジョウ)あり○この世の中の諸々の○苦しみ受けて悩めども○観音菩薩の在(ア)るを聞き○その名至心に称(トナ)うれば○観音菩薩はその音声(コエ)を○即時に観じ応現(オウゲン)し○皆の解脱(ゲダツ)を得せしめん。」


(善男善女よ、無数の生きとし生けるものの世界にあっていかなる苦しみに悩もうと、観音様がおられると知り、その御宝号を一心に唱えておすがりするならば、観音様はその声をただちに聞いて願いを知り、そばに現れて皆をこの上ない安心の世界へお導きくださる)

 私たちは、何かを渇望する時、それを持っており分かち与えてくれるような相手にすがらないではいられなくなります。
 病気になれば、治す術を知っている医師のもとへ走り、お金が必要になれば、銀行へ走ります。
 そのようにして、お互いさま、おかげさま、と生きますが、いよいよどうにもならなくなった時には、「これが欲しい」ということではなく、〈救い〉そのものを求める気持になります。
 これが、おすがりするという状態です。

 だから、具体的な手段を失い尽くし、困り果てた人でなければ、すがらずにはいられないという状態はなかなか理解できません。
 そうしておすがりする者に対して、観音様はすぐさま追いつめられた状態から解放してくださるというのですから、まことにありがたいというしかありません。 
 それが信じられるかどうかは、そこに立ち至り、「南無観世音菩薩」あるいは「おん あろりきゃそわか」、あるいは千手観音様へ「おん ばざらたらま きりく」とおすがりした体験者にとってのみ、意味のある問いとなることでしょう。
 ちなみに小生は、幾度も〝もはやこれまで〟を乗り越えて今、生きており、信じている人の部類に入ります。

21080819 007

 写真は、永代供養を行ってご加護を受けるため、当山の講堂へ納められた千手観音様です。
 総丈は約35㎝あり、日本で唯一、護摩を焚いてできた灰が体内へ納められたご本尊様です。(奉納受付中)

 12月守本尊様をご供養しお守りいただきたい時、願いを成就させたいと念じる時、つらい時、悲しい時、淋しい時は、合掌して真言(真実世界の言葉)をお唱えしましょう。
 たとえ一日一回でも、信じて行なえば、必ずご本尊様へ思いが届きます。
 回数は任意ですが、基本は1・3・7・21・108・1080回となっています。

「おん ばざら たらま きりく」

今月の真言をお聞きになるにはこちらをクリックしてください。音声が流れます

※お聞き頂くには 音楽再生ソフト が必要です。お持ちでない方は、

 こちらから無料でWindows Media Player がダウンロードできます。





 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



スポンサーサイト
2010
03.27

平成22年4月の運勢(その1)

 2010年4月の運勢について記します。
 この場合の4月とは、4月5日から5月4日までの間(清明穀雨)です。

1 自分の損を厭わず全体のために身を呈する器量のある人が現れれば〈こと〉が成る時です。
 誰しもが自分の利益を第一にして動きがちですが、そうして成るのは私的な小事です。
 聖徳太子は説かれました。

「公のものごとを行う際に私情が入れば恨みが生じ、公正さがなくなり、円滑に進まず決まりも破られる」。


 釈尊は説かれました。

「この世は皆が長過ぎる箸を持って食事しているようなものである。とても食べにくい。誰かが誰かに自分の箸で食べさせてやればお互いが食べやすくなる。苦を脱するためには、自分を第一とする我欲を離れて与えよ」。


2 今月は、力のある者が力の弱い者へ力を分け与えたり加勢したりすることによって膠着状態を打開できることでしょう。
 人の持つ能力は全差万別であり、得るものに差がつきます。
 差がほどほどであれば、組織も社会も公正であり得ます。
 しかし、それが多くの人々の理解・納得できる限度を超えれば不公正となります。
 階層が固定化し、恨みと蔑みが生まれ、皆が刺々しく渇いた空気を緊張して吸いながら暮らすようになります。
 現世的な力をたくさん持った人は、修養と実践とにより、我欲高慢さを離れて初めてまっとうな人格者になれます。
 釈尊は説かれました。

「豪貴(ゴウキ)にして道を学ぶは天下の難事である」。


 しかし、天下の苦を解くためには、権力や財力や地位のある人々が「道を学ぶ」ことは必須です。
 お大師様はそのためにこそ、天皇などへ説法されました。

3 座して待っていても棚からボタモチが落ちてはきません。
 待つことなく、自ら動いて通じさせられる時です。
 意志は表情に表れ、言葉に表れ、行動に表れます。そこに共鳴や共感が生まれれば心が通じ、ものごとが動き始めます。
 意志を固めることを「発心(ホッシン)」といい、お大師様は

「発心すれば即ち到る」


と説かれました。
 覚悟が決まれば、あとは一本道です。
 歩む人の道ばたを共鳴・共感という心の花々が飾ってくれることでしょう。



「おん ばざら たらま きりく」※今日の守本尊千手観音様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。





[投票のご協力をお願いします。合掌]


alt="にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ" />
にほんブログ村


alt="にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ" />

にほんブログ村


border="0" alt="にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ" />
にほんブログ村



blogram投票ボタン
width="88" height="31" style="border: none;" />



2007
07.18

十三仏様のご加護7 ―観音菩薩―

8 観音菩薩のご加護

『本朝諸仏霊応記』の霊験譚(レイゲンタン…不思議なできごと)である。
 
 若狭国(今の福井県西部)に住む糟谷宗次の妻は上月氏景連の娘だった。
 宗次が江戸に単身で赴任していた時、女が緋縮緬に黒帯を付けて夢枕に立った。
 我が妻かと思って顔を見たら絵像にある観音様で、「汝の妻は観音の化身である」と告げた。

 元気だった妻は、7年後の7月11日、33歳の厄年に突然病死してしまった。
 今度は夢に亡き妻が現れ、告げた。
「我は岩殿観音の化身であったが、今は岩殿へ帰ったのである」
 驚いた宗次は両親共々肥後国飽多郡(アクタゴオリ)にある岩殿観音への信仰を篤くした。

 ある時、女がこんな書面を手に岩殿山へ現れた。

「金子少々と硯一面を寄進します。硯は紫石という貴石製で、宗次の妻が秘蔵していたものです。

 袱紗(フクサ…慶弔の贈答で使われる小型の風呂敷)は、妻の袖の小切れで作りました。
 宗次には男女それぞれ2人づつ子どもがいるので、ご守護のため御影像を4枚いただきたきたく存じます。
 宗次夫婦は常々岩殿観音への信心深く、妻は、死後、自分で書いた観音経を読んで欲しいと言いのこしたため、母親はずうっとそれを読んで回向しております。
 法名は耀室周貞信女といい、33歳の歳に亡くなったのも奇瑞にちがいないと、両親共々胸を晴らしました。
 老人の悪筆で恐縮ですが、心の裡を申し上げようと、ここに筆を染めた次第です。
 貞享元年甲子年四月11日 亡女周貞父母
 肥後国岩殿観音別当御衆中」
 この書面は、今も岩殿山に秘蔵されているという。

 観音様を妻にしたとは、宗次も果報者でした。
 ところで、貞享元年は西暦1684年、今からおよそ320年前ですが、年齢に応じた守本尊様が深く信仰されていたことが解ります。
「33歳の歳に亡くなったのも奇瑞にちがいない」とは、33歳の1年間をご守護くださるのが観音様であり、信仰していた観音様のお導きで逝ったことを遺族が喜んでいるゆえの表現です。
 
 人は、生まれたての頃は目も見えず百パーセント親へいのちを預けており、お地蔵様に手を引いていただかなかれば生き延びられません。
 次は、行くべき方向を阿弥陀様にお示しいただき、数え3歳ではお不動様にまちがった世界へ入らぬよう厳しくご指導いただき、やがて虚空蔵様に善悪を教えていただくというように、毎年ご縁となる守本尊様のご加護があればこそ、一生を過ごせるのです。
 
 最初の本厄年は6歳です。ここでは千手観音様が乗り越えさせてくださいます。
 女性は33歳で大厄、男性は42歳で大厄とされていますが、運勢は9年で一回りするので、厄年はそれだけではありません。
 60歳の還暦も本厄年です。60年かかって暦が一巡りするほど長生きしたことを祝うと同時に、この坂を越えたならば後はありがたい「いただきもの」という感覚もあります。
 
 生まれたお祝いはお地蔵様の法、前厄ならば勢至様の法、本厄ならば千手観音様の法、後厄は大日如来様の法をもって行います。
 これからも、守本尊様の修法に務め励み、伝えて行きたいと念じています。





back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。