--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
09.05

最初の在家信者は息子を失いそうになった長者夫婦 ─高野聖の原形は絶望した若者にあった─

2016-09-05-0003.jpg

〈「法楽の会」会員の皆様と、善男善女のご芳志により、護摩法を続けています〉

 お釈迦様がある朝、河のほとりを散歩しておられました。
 そこに若者が駆け寄ってきました。
「苦しくてなりません」
 若者はヤシャといい、地域の長者の息子です。

 前夜、パーティーに疲れて眠り込んだヤシャは、夜中にトイレへ向かった時、心を寄せている舞姫が楽団員とたわむれているのを目撃しました。
 絶望した彼は裸足で邸宅を飛び出し、河まで走って来たのでした。
「よき若者よ。
 ここは安穏無事である」
 こう言って話を聴いてくれたお釈迦様の前で、泣くだけ泣き、彼は無常を骨の髄まで知りました。
 お釈迦様は諭します。
「さあ、ご両親が心配しておられるだろうから、もう、家へ帰りなさい。
 たとえ家にいて豪華な衣装をまとっていても、五欲(ゴヨク…食欲・財欲・色欲・名誉欲・睡眠欲)から離れれば、本ものの出家者だ。
 たとえ娑婆(シャバ)を離れて山に住んでも、五欲に惹かれれば本ものの出家者ではない。
 大事なのは心だ。
 だから、家に帰りなさい」
 しかし、ヤシャはその場で弟子入りを希望し、お釈迦様も許しました。

 さて、朝になって息子がいないことを知った父親は半狂乱になって探し、河までやってきました。
 お釈迦様は、息子を知らないか、と訊ねる父親をそばへ座らせ、他者のためになる布施(フセ)や、人としての戒めを守る持戒(ジカイ)などの大切さを説きました。
 説法に納得した父親は人生の空(クウ)も、財物が生きる上の根本ではないことも知りました。
 その様子を見極めたお釈迦様は、ヤシャを呼んで対面させました。
 自殺したのではないかと案じていた父親がとても喜び、息子の出家に賛成したことは言うまでもありません。

 誰かに問題が生じた時、本人を無理に変えようとするよりも、できごとを正面からとらえて相談に来られた方にまず、考え方や生き方を変えていただくことによって、問題の当人も救われるというパターンは頻繁(ヒンパン)に起こります。
 この世のできごとはすべて、〈関係性〉の中でのみ発生するからです。
 それが空の教えであり、因果応報の教えです。
 この場合は、息子であるヤシャに問題が起こり、父親がお釈迦様のところへ来るより先に、もう帰依(キエ)していました。
 しかし、人生相談の現場においては、追いつめられた息子さんを救おうと相談に来られた親御さんやご家族にご自身の生き方を変えていただくというケースが多いのです。

 さて、自分の生き方を深く省みた父親は、長者のままで弟子入りすることを希望し、お釈迦様も許しました。
 このクリカラ長者が最初の優婆塞(ウバソク…男性の在家信者)です。
 邸宅での供養と説法を請う長者に承諾したお釈迦様は、翌日、出かけました。
 その場で母親も信者となり、最初の優婆夷(ウバイ…女性の在家信者)が誕生しました。
 やがてヤシャの仲間50人も出家し、お釈迦様は総勢61人に膨らんだ弟子たちがそれぞれ、諸国へ説法の旅に出るよう促しました。
 こうして、日本における高野聖(コウヤヒジリ)の原形とも言うべきスタイルができました。
 托鉢(タクハツ)で修行を始めた小生も、未熟者ではありながら、気持の上ではヤシャや高野聖のような志を持って歩いたものです。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト
2014
11.01

11月の守本尊様と真言 ―天の邪悪なキス―

201411010001.jpg

 11月は、立冬(リットウ)と小雪(ショウセツ)の霜月(シモツキ…11月7日より12月6日まで)です。
 11月は亥(イ)の月なので、守本尊阿弥陀如来(アミダニョライ)様です。

 さて、霜月の特徴を表した名句があります。

「青のキス天の邪鬼な霜月よ」 (尾上有紀子

 秋は夏の気配を引きずっています。
 朝晩は冷え冷えとしていながら、日中は少し動くとすぐに汗をかいたりします。
 春と対象になる季節なのに、4月と10月では平均気温が6度も違うとされています。
 しかし、紅葉が濃くなり、立冬を迎える頃になると、さすがに夏の気配は消え去り、万物を凍らせる冬の凄まじさが顔を見せ始めます。
 上記の一句は、その〈有無を言わせぬ力〉に圧倒されている様子を詠みました。
 澄んだ空の青さは、私たちを優しく包み込むのではなく、異次元の迫力で見上げる者に迫ってきます。
 受け容れるしかない「キス」としたのは女性ならではの感覚で、唸らされました。
 また、「邪悪」とは脱帽です。
 襲ってくる相手の強引さに邪悪と表現したくなる面があろうと、そこからロマンスが始まり、新たな日々がもたらされます。
 こうした邪悪さは女性にとって魅力的なものでもあることでしょう。
 自然というモノの世界と感応している女性らしい繊細な感性に拍手したくなりました。

 阿弥陀如来様は、『遍處行智力(ヘンショギョウチリキ)』をもって、人々がどのような世界へ行こうとしているかをご覧になり、地獄界や餓鬼界などの悪しき世界へ入らぬよう、お導きくださいます。
 正しく念ずるならば、そのお力により、必ず善き所へ連れて行ってくださるのです。
 また、阿弥陀如来は、戌亥年生まれの善男善女を一生お守りくださる一代守本尊様でもあり、身体においては、主として脚をお守りくださいます。
 ご供養し、ご守護いただき、心豊かに、無事安全に過ごしましょう。

201209711.jpg

 写真は、永代供養を行ってご加護を受けるため、当山の講堂へ納められた阿弥陀如来様です。
 総丈は約35㎝あり、日本で唯一、護摩を焚いてできた灰が体内へ納められています。(奉納受付中)

 10月の守本尊阿弥陀如来(アミダニョライ)様をご供養しお守りいただきたい時、願いを成就させたいと念じる時、つらい時、悲しい時、淋しい時は、合掌して真言(真実世界の言葉)をお唱えしましょう。
 たとえ一日一回でも、信じて行なえば、ご本尊様へ必ず思いが届きます。
 回数は任意ですが、基本は1・3・7・21・108・1080回となっています。

「おん あみりたていせい から うん」

今月の真言をお聞きになるにはこちらをクリックしてください。音声が流れます


※お聞き頂くには 音楽再生ソフト が必要です。お持ちでない方は、
 こちらから無料でWindows Media Player がダウンロードできます。





 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん ばざら たらま きりく」※今日の守本尊千手観音様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IvMea3W6ZP0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

 

2014
10.01

10月の守本尊様と真言

201410010001.jpg
〈次の世代へ伝授される稲架掛け(ハセガケ)の台作り〉

201410010002.jpg

 10月は、寒露(カンロ)と霜降(ソウコウ)の神無月(カンナヅキ…10月8日より11月6日まで)です。
 10月は戌(イヌ)の月なので、守本尊阿弥陀如来(アミダニョライ)様です。

 阿弥陀如来様は、『遍處行智力(ヘンショギョウチリキ)』をもって、人々がどのような世界へ行こうとしているかをご覧になり、地獄界や餓鬼界などの悪しき世界へ入らぬよう、お導きくださいます。
 正しく念ずるならば、そのお力により、必ず善き所へ連れて行ってくださるのです。
 また、阿弥陀如来は、戌亥年生まれの善男善女を一生お守りくださる一代守本尊様でもあり、身体においては、主として脚をお守りくださいます。
 ご供養し、ご守護いただき、心豊かに、無事安全に過ごしましょう。

201209711.jpg

 写真は、永代供養を行ってご加護を受けるため、当山の講堂へ納められた阿弥陀如来様です。
 総丈は約35㎝あり、日本で唯一、護摩を焚いてできた灰が体内へ納められています。(奉納受付中)

 10月の守本尊阿弥陀如来(アミダニョライ)様をご供養しお守りいただきたい時、願いを成就させたいと念じる時、つらい時、悲しい時、淋しい時は、合掌して真言(真実世界の言葉)をお唱えしましょう。
 たとえ一日一回でも、信じて行なえば、ご本尊様へ必ず思いが届きます。
 回数は任意ですが、基本は1・3・7・21・108・1080回となっています。

「おん あみりたていせい から うん」

今月の真言をお聞きになるにはこちらをクリックしてください。音声が流れます


※お聞き頂くには 音楽再生ソフト が必要です。お持ちでない方は、
 こちらから無料でWindows Media Player がダウンロードできます。





 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2014
01.17

この世を生き抜く、あの世で死にきる ─死にきって死後の野にふと雪一片─

20140117p037_02.jpg
〈撒かれる散華〉

20140112005.jpg
〈厳寒の中でも、あの世の安心を求める方々のため、変わらぬ精進は続けられています〉

 当山の法務は、善男善女の生と死に関わるものばかりです。

 善男善女と書いたから、悪い心を持っている人は関係ないのかと言えば、そんなことはありません。
 訪れる方々はすべて、例外なくみ仏の子だからです。
 よく、「いいお戒名をいただきました」と感謝されますが、それは決して当山の力によるものではなく、お戒名をお授けくださるご本尊様の御眼からご覧になられれば、誰しもが仏性(ブッショウ)を持った可愛い子だからに他なりません。
 お戒名には、院号(インゴウ)として魂の色合いが顕れ、道号(ドウゴウ)としてこの世での足どりが顕れ、法名(ホウミョウ)としてあの世の姿が顕れますが、すべては、み仏の子としての真姿を映す鏡なのです。
 だから、授かったいいお戒名は、その方がいい方だったことの証拠です。
 このように、どなたもが、まぎれもなく〈善男善女〉です。

 さて、人間関係の改善や健康の回復など、生きる方向において、ご本尊様は〈生き抜く〉力をくださいます。
 また、死後について、ご本尊様は〈死にきる〉力をくださいます。

 死が人間にとって宿命である以上、死から〈逃げ切れる〉と思っている方は一人もおられないでしょう。
 しかし、私たちは往々にして〈死にきれない〉思いを持ち、死者が〈死にきれない〉でいるのではないかと考えるので、不安や苦しみなどが生じます。
 死者が持つこの世への叶わぬ執着心を断ち切り、送る方々の逝ってしまって欲しくないという無常の理に逆らう執着心をも断ち切るためにこそ、み仏に成りきった行者が引導を渡します。
 ご本尊様は逝く方へ〈死にきる〉力をくださり、送る方々はご葬儀の場などでそれを感得されればこそ、その後の時の経過により少しづつでも無常が受け入れられ、心に安心が広がって行きます。

 死にきった世界を詠んだ一句があります。

「死にきって死後の野にふと雪一片(ヒトヒラ)」 志摩 聰


 この世からあの世へ持ってゆけるものは何一つありません。
 財産も名誉も肩書も捨てねばならない一方、窮乏からも離れ、愛憎すら消えます。
 決して消えないものは、次の世に結果をもたらさずにはおかない善なる業(ゴウ)と悪なる業(ゴウ)という潜在的な影響力のみです。
 このように、何も身にまとえないはずなのにまとっていたつもりでいた諸々がすべてきれいに消えてしまったのが、「死にきって」たち現れる「死後の野」です。
 その空空寂寂(クウクウジャクジャク)とした世界に音もなく舞い降りる一片の雪。
 足元へ降りきる時も待たず、幻のように消えてしまうたった一片の雪。
 許されるか、許されるかわからない希望に似た欠片(カケラ)。
 それを手にできようができまいが、歩いてゆかねばならない〈野〉……。

 この〈野〉は虚無の世界ではありません。
 霊性は徳を具えているからこそ霊性であり、格段に濃い徳とのご縁が十三仏様のお導きです。
 この世で親に、先生に、先輩に導かれるのと同様、あの世でも必ず導きがあるはずです。
 夢のような「雪一片(ヒトヒラ)」は、み仏のご来臨を示す散華(サンゲ)ではないでしょうか。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん ばざら たらま きりく」※今日の守本尊千手観音様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IvMea3W6ZP0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

 

2013
01.03

お正月に唱える経典は何を説いているの?─目や耳などを清めましょう(その1)─

201301020132.jpg

 善男善女のご唱和をいただきながら、元旦、二日と計4回の護摩法を終えました。
 3日の午前10時と午後2時で正月の修正会を終えます。
 さて、皆さんと共にお唱えしている今年の守本尊普賢菩薩(フゲンボサツ)様のお経は、私たちの目や耳などに悪しき心が関与して穢れたはたらきを行うようになった場合の清め方を示しています。

1 見る器官としての目に穢れが生じた場合

 もし、目と視覚のはたらきに悪意が関与し、悪業(アクゴウ)によって障害が発生すると目が不浄となる。
 その場合は、ただ、まさに、大乗経典を唱え、究極的な真理を思い、真理を心に抱かねばならない。
 これを、目が犯す罪を懺悔してさまざまな悪業(アクゴウ)を発生させないようにする方法と言う。

「若(モ)し眼根(ゲンコン)の悪有りて 業障(ゴッショウ)の眼不浄ならば
 但(タ)だ当(マサ)に大乗(ダイジョウ)を誦(ジュ)し 第一義を思念すべし
 是(コ)れを眼(ゲン)を懺悔(サンゲ)して 諸(モロ)もろの不善を尽すと名づく」


 目が悪しきものを見た場合、「悪」として学び捨て去ればよいのですが、その刺激の強さによって是非善悪の判断力を弱められ、同じような光景に鋭く反応する習慣がついてしまう場合があります。
 また、怒りや憎しみを心に抱いて相手を見た場合、相手を見るたびに怒りや憎しみが湧く用にもなります。
 これが「不浄」な状態です。
 それを正すには、真理を説く経典を至心に読誦し、学び、刺激による快・不快、あるいは怒りや憎しみなどに惑わされない心になることが肝要です。
 また、自分の目のはたらきをチェックすると、いかなる習慣がついているか気づくはずです。
 そこで「ああ、これではいけない」と心を清め修正しておけば、見るものに引きずられ、惑わされ、悪業を犯すという流れを脱することができます。
 以下、同様に学びましょう。

2 聞く器官としての耳に穢れが生じた場合

 耳と聴覚のはたらきが乱の起こる声や音を聞いて和合の心を壊す時は、狂った心が起こり、愚かなサルのようになる。
 その場合は、まさに、大乗経典を唱え、いっさいが空(クウ)であると知り、執着を離れた境地になって道理を悟らねばならない。
 永久に悪を離れ、天にも通じる耳となって八方天地の音を聞けるようになるであろう。

「耳根(ニコン)は乱声(ランセイ)を聞きて 和合の義を壊乱(カイラン)す
 是(コ)れに由(ヨ)りて狂心(キョウシン)を起こすこと 猶(ナ)お痴(チ)なる猿猴(エンコウ…サル)の如(ゴト)し
 但(タ)だ当(マサ)に大乗(ダイジョウ)を誦(ジュ)し 法の空無相(クウムソウ)を観ずべし
 永く一切の悪を尽くして 天耳(テンニ)もて十方(ジッポウ)を聞かん」


3 嗅ぐ器官としての鼻に穢れが生じた場合

 鼻と嗅覚のはたらきがさまざまな香りに執着し、俗世間に従い感受対象にとらわれる。
 このように狂い惑った鼻は、俗世間に従い、さまざまな煩悩を生じる。
 もし、大乗経典を唱え、教えが真理真実そのままであることを悟るならば、
 永久にさまざまな悪業から離れ、後の世にも悪しき行為を行わなくなるであろう。

「鼻根(ビコン)は諸香(ショコウ)に著(ジャク)して 染(ゼン)に随いて諸(モロ)もろの触(ショク)を起こす
 此(カ)くの如(ゴト)き狂惑(キョウワク)の鼻(ビ) 染(ゼン)に随いて諸塵(ショジン)を生ず
 若(モ)し大乗経(ダイジョウキョウ)を誦(ジュ)し 法の如実際(ニョジツザイ)を観(カン)ぜば
 永く諸(モロ)もろの悪業(アクゴウ)を離れて 後世(ゴセ)に復(マ)た生(ショウ)ぜじ」


 以下、(その2)へ続きます。
 年の初めに六根(ロッコン)を清めるイメージを持ちましょう。

201301020000172.jpg




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。