--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
11.10

静寂の共有 ━修行の深まり━

 今回の四国巡拝は今日で終わる。
 前回、お遍路さんとして目立ったヨーロッパ系の方々、特に、自転車で回る若い方はほとんどいない。
 多いのが僧侶に連れられた団参者だ。
 女性のリーダーもいて頼もしい。
 季節によって、これほど違うものかと驚く。

 最大の難所とされる45番札所岩屋寺で、40代の僧侶に声をかけられた。
「どちらからですか?」
「宮城です」
 即座に、震災の被害は?と返ってきた。
 あちこちで幾度か一緒になった彼は三重県からやってきたらしい。
 頭(ズ)が低く、自分より年上の20人ほどを巧みに率いている。
 まことに好ましく思えた。
 こういう人々が仏法を生かしてゆくのだろう。

 さて、「修行の道場」である高知県が終わり、「菩提(ボダイ)の道場」愛媛県に入ったところで、菩提心(ボダイシン)について少々、お話をした。
 お大師様が重要視されたこの言葉にはいくつもの意味がある。
 要は悟りを開くことに収斂するが、それではますますわかりにくいので、小生はよく「まっとうに生きたいと願い、精進する心」と表現する。
 湯川秀樹博士は、お大師様がこう願って生きた人であると指摘した。
「一日生きるとは、一歩進むことでありたい」
 ならば、私たちは今回、どう一歩進もうか?

 前回の巡拝では、「限られた時間内でしっかり思いを確立して歩くために、真言や御宝号を一区切りづつ丁寧に、ご本尊様とお大師様へ届けよう」と提案した。
 その結果、当山のグループは他のグループとかなり、リズムの異なった唱え方をしながら歩いている。
「南無大師遍照金剛、南無大師遍照金剛、南無大師遍照金剛、~」とバンバン、重ねてやらない。
「南無大師遍照金剛━━━、南無大師遍照金剛━━━、南無大師遍照金剛━━━」
 もしかすると、声をかけてきた彼は、そんなところが気になっていたのかも知れない。
 プロは他のプロが自分と違うことをやっている状態にすぐ、気づく。

 さて、今回はそのちょっと先へ進みたい。
 たとえば、最後の「南無大師遍照金剛━━━」が終わり、声が切れた先にやってくる静寂の数秒。
 この<余韻>大切にしたいのだ。
 そこは無限のスピードで思いがお大師様へと通じて行く時間であり、同時に、お大師様からも無限のスピードでご加護が返ってくる時間であると思う。
 また、日常生活ではほとんど望めないほど意識が深まる貴重な時間だ。

 運転手の滑田(ナメタ)さんにもご協力をいただいたおかげで、本堂の前でも、大師堂の前でも、唱え終わってから次の動作へ移る直前の静寂を共有できるようになった。
 静寂と言っても、周囲で物音一つしないわけではない。
 大きな声でお唱えする声が周囲に満ちていようとも、息を吐ききり、無呼吸の状態となった自分の心に必ず静寂がやってくるし、それは、心を合わせて修行しているメンバーには<気配>としてわかるのだ。

 今回も貴重で、生きた修行ができた。
 もしかすると、息が止まったままになり、この静寂に入りきってしまえば、安寧な成仏となるのかも知れない。
スポンサーサイト
2016
11.09

四国で猫に会い、亀に会う

 四国霊場巡拝している。

○捨てられた猫

 37番札所岩本寺を過ぎ、金剛福寺へ向かう途中のドライブインで、ほっそりした猫に出会った。
 軒下で毛づくろいをしていたのは、白と薄茶色の若い雌猫だった。
 毛足の長い背中はさっきまでの雨に濡れ、やや狐顔のまなざしは、いかにも空腹そうに見えた。
 ゆっくり近づき、しゃがんで頭を撫でるとゴロゴロ言いながら身体を擦り付けてくる。
 やはり、捨てられた猫なのだ。

 餌になりそうな食べ物も持っていないので、「しっかり生きろよ」と声をかけてジャンボタクシーに戻ろうとしたら追いかけてくる。
 かわいそうだが振り切って乗り込むのを見た彼女は、隣に停まっている白い乗用車の下へもぐり込み、長めのしっぽがするりと消えた。
 それが永久の別れとなった。
 車中から一部始終を眺めていたらしいAさんは言う。
「捨てるくらいなら。飼わなければいいのにねえ」
 小生は応えた。
「そうですが、やむにやまれないケースもきっとあるんでしょうねえ」

 昼食時に潮騒を聞きながらうどんを食べている時、彼女を思い出した。
“誰かに餌をもらっているだろうか”
 宇和島駅前のホテルで夕食を食べ終える頃、一階のレストランから見える街路を急ぐ女子高生の白い傘が視界を流れ、またもや彼女を思い出した。
 不憫さに胸が詰まり、言葉も詰まった。
「━━あの猫はどうしているんでしょうか……」
 誰もが口をつぐんだままだった。

○現れた

 ジョン万次郎の巨大な銅像と道路をはさんだ向かい側に、目立たぬ宝篋印塔と、それを取り囲むさほど大きくない池がある。
 渡海僧の碑だ。
 その昔、手漕ぎの小舟で、遥か西方にある補陀洛浄土(フダラクジョウド)を目ざす渡海が試みられた。
 助手は神の遣いである

 一人の観光客もいない池を見つめていたら大きな野鯉が二匹、やってきて、背中を水面より高く出し、すばやくUターンした。
 続いて、30センチほどもありそうながゆっくりと頭を出したかと思う間もなく、水中へ没した。
 あとは、どんよりと雲の垂れる空の下、暗い水面が静まり返るだけだった。

 渡海僧は確かにと会い、に連れられて行くべきところへ逝ったのだろう。
2016
11.07

マルチの落とし穴 ─「俳人は俳句しかないのである」─

2016-11-07-0001.jpg
〈地にあるもの〉

 今は、〈マルチ〉な人間が喜ばれる時代である。
 何かで名を上げれば、その人の行為は他の分野に関するものでも関心を呼び、マスコミに重宝される。
 しかし、そうした人々の中には、専門分野以外のところで、いかがなものか、と思われる行為に走ってプロプロたる土台を疑われたり、自分で破壊してしまったりするケースも散見される。

 かつて、「人間探求派」と呼ばれた俳人に石田波郷(ハキョウ)がいる。
 これから四国八十八霊場へでかけることを縁として、愛媛県出身の彼について少々、書いておきたい。

 昭和40年2月21日、俳人石田波郷は、毎日新聞に「俳句の魅力」を発表した。
 以下、抜粋を読んでみよう。
 歴史的仮名遣(カナヅカイ)で書かれたもので、読みにくいかも知れないが、当時のままで引用したい。

「今日では小中学生に俳句を教へる先生は、子供たちに、自分のほんたうに歌ひたいものを、自分の言葉で歌ひなさいといふにちがひない。
 俳句も詩である以上、私もこの考へは当然だと思ふが、私は形からはひつた私の入門を間違つてゐたとは思はない。
 私は形からはひつたが、それゆゑに俳句形式のもつ魅力を存分に学ぶことができたし、後年、自由な詩の欲求が起こつた時にも、自分のやつてゐるものが俳句であることを決して忘れず、形をくづすことを拒んできた。
 そして自らの表白の欲求によつて自らの俳句を生み出してゆく、生々たる営みを、これが生きるといふことかと思つたほどである。」


 波郷は、五・七・五という韻文の形を重んじた。
 切れ字がきちんとしていてこそ俳句であるとし、「歌ひたいもの」をそこに納めるべく苦闘した。

「俳句の魅力は、一口にいふと、複雑な対象を極度に単純化して、叙述を節してひと息に表現することにあると思ふ。
 複雑なものは複雑ななまゝに、多元のものは多元のまゝに詠まうといふ新しい方法も今日広く行われてゐるし、その方が、現代の句法と言へるのかもしれないが、俳句独自の魅力は弱まるのではないか。」


 詠みたい内容に合わせた自由な表現を否定はしないが、定まった形での表現にこそ、俳句の醍醐味があると言う。
 

俳人は俳句しかないのである。
 詠みたいことはすべて俳句でやるほかはない。

 おびたゞしい字余りや破調、日本語本来の語法を犯す叙法も、詠みたいものがあふれてやまないからだといふ考え方にも、同じ俳人として同情はできるのである。
 しかし同調はできない。


 文字どおり、血を吐くような叙述である。
 誰しも、言いたいこと、言わずにいられないこと、表現したいことを抱えている。
 それをどのように吐き出すかは自由だし、その気持は理解できるが、自分はプロとしての境界を破るわけには行かないと宣言している。
 まったく同感である。
 小生も、宗教者として最大の難問をそこに感じ、役割をまっとうできるかどうかの難関はそこにあると覚悟している。
 いわゆる「分際(ブンザイ)」の問題だ。
 小生のような凡人は、身の程を弁(ワキマ)えることによってしか、自分をかけた結晶体はつくれない。
 

「俳句表現にはたしかに限界がある。
 俳句といふ詩形を破ることなく、この限界をひろげることはむづかしいかもしれないが可能である。
 過度的に破調を来たすことはあつても必ず見事な完成をもたらして、俳句を前進させてきたのである。

 金剛の露ひとつぶや石の上 茅舎
 葛城の山懐に寝釈迦かな  青畝

 かういふ珠玉のやうな俳句、俳句表現の魅力を典型的にもつた句が私はたまらく好きだ。
 この二句の短冊を私は宝物のやうに大切にしてゐる。」


 お大師様は説かれた。

「夫(ソ)れ、仏法遥かに非(アラ)ず、心中にして、即ち近し。」


(そもそも、仏法はどこか遠くにあるのではなく、自分自身の心中にあり、身近なものである)

 この一文は、般若心経の真髄を説いた「般若心経秘鍵(ヒケン)」にある。
 仏教の行者は、世間に起こり自分に起こるいかなる現象についての〈解〉も、〈表現〉も、ここに求めるしかない。
 さまざまな理由から非宗教な分野にそれらを求める人びとに「同情」はできる。
 しかし、いかなる理由があろうとも、小生は「同調」できない。
 そうして、宗教の役割の「限界」をひろげ、「前進」させて行きたい。
 四国霊場で、その力を授かりたい。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2016
04.08

今月の寺子屋は、四国巡りのお話です

 今月の寺子屋法楽舘」では、四国八十八か所巡拝のお話をします。
 画像処理が間に合えば、今回、巡拝した写真もお目にかけられます。
 四国霊場は、日本の宝とも言うべき〈生きた聖地〉です。 
 ご関心のある方はどうぞ、おでかけください。

・日時:4月9日(土)午後2時~
・場所:法楽寺講堂
・参加費:千円(中学生以下:五百円)
・送迎:午後1時30分に地下鉄泉中央駅そばの「イズミティ21」前から送迎車が出ますので、乗車を希望される方は前日午後5時までに電話(022-346-2106)などでお申し込みください。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2014
04.14

嫌悪は四国霊場にふさわしくない ―四国遍路を大切にする日本人と韓国人―

2014041400022.jpg
〈河北新報様よりお借りして加工しました〉

201404140001.jpg

「それでも日本人愛している」
 4月12日付の河北新報は、センセーショナルな見出で韓国先達(センダツ)の崔象喜さんを紹介した。

 ソウル在住の韓国崔象喜さんは四国遍路の巡拝を4回達成し、平成25年12月、初の外国人先達となった。
 平成18年、事故死した父親の供養のため四国遍路を行い、困った時にあちこちで受けた親切が忘れられず、自分もお接待の心を守りたいと思ったことがきっかけである。
 当時は、こう語っていた。
「お遍路で日本人の優しい心を知ってほしい。
 日韓両国の人の良さを知っている私が大好きな人たちのことを伝えていくことで、両国民がより仲良くなることにつながれば」

 先達とは、お遍路さん方へお参りのしかたなどを指導する公認の案内人である。
 崔象喜さんは、案内を行う一方で、外人が道に迷わず歩けるよう工夫したステッカーをあちこちに貼っている。
 そこへ外国人を排除しようとする張り紙が貼られた。
「『大切な遍路道』を朝鮮人の手から守りましょう」

 崔象喜さんは言う。

「そもそもステッカーは余計なことだったのだろうか。
 たくさんの人に心配、迷惑をかけてしまい本当に申し訳ない」
「日本人を愛しているんです。
 日本で受けた接待の感動を忘れることはできません」


 四国霊場は、お大師様がこの世にマンダラ世界を具現させようと開かれ修行道場である。
 マンダラは、み仏の目から観た仏性に輝く世界であり、そこには仏神から夜叉(ヤシャ)までも描かれている。
 私たちは、時として仏神のようになれもするが、時として夜叉のようにもなる。
 東日本大震災のおりに、我が身を捨てて人々を救った方々は皆、仏神そのものだった。
 夜叉が何であるかは、昭和60年公開の映画『夜叉』(監督:降旗康男、主演:高倉健)に余すところなく描かれている。
 こうしたマンダラ霊場から外人を排除することはあり得ない。

 むろん、排除の張り紙を作った人も、四国霊場を守りたい一心から行ったのだろう。
 しかし、人種差別を孕むステッカー騒動は韓国にも飛び火している。
 日本人の中に韓国人を嫌悪する人々がいるのと同じく、韓国人の中にも日本人を嫌悪するする人々がいる。
 韓国ではすでに、〈嫌日感〉を煽る道具としてこの問題が利用され始めているという。
 何ごとであれ、相手への嫌悪感をかき立てることが人間同士、あるいは国家同士の親和と共存に役立つはずはない。
 反目は諍いへと進み、やがては戦いも起こりかねない。
 このルートは万人を不幸にする。
 戦争には一方的被害者も、一方的加害者もいない。
 被害者はやがて報復する加害者となり、加害者は必ず加害の報いを受けて被害者となり、転々して絶えることがない悲しくも哀れな循環が歴史となる。
 太平洋戦争では、東京や神戸などが大空襲によって莫大な被害を蒙り、広島と長崎は原爆で瞬時に壊滅させられたが、その数年前、日本軍は中国の重慶で218回にのぼる凄まじい絨毯爆撃を行っていた。

 さて、崔象喜さんのステッカーそのものは、シンプルで外人にもわかりやすいと思われるが、霊場を案内する道具として眺めた場合、デザインに若干、工夫が必要かも知れない。
 今回のできごとを招来への糧とするために、〈歩む外国人〉として、同じく〈歩む外国人〉のためにと考えた崔象喜さんの善意を生かし、関係者が外国人のためになる道案内の方法をこれまで以上によく考え、試行錯誤を行うべきではなかろうか。
 もちろん、そのメンバーには、崔象喜さんなどの外国人にも入ってもらい、情報を受ける側の意見をよく聴くことは欠かせない。
 国政を問わぬ公募も一法ではなかろうか。
 もう、とっくに、こうした試みは始まっているのだろうが、ぜひ、スピードアップをしていただきたい。
 無用の嫌悪感が膨らみ、お大師様が決して望まれるはずのない方向へと霊場が変質を始めないうちに。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん あらはしゃのう」
※今日の守本尊文殊菩薩様の真言です。どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=WCO8x2q3oeM





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。