--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
12.03

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─

2016-11-11-0191.jpg
〈四国の路傍に〉

 人生相談に来られたAさんから、ご質問をいただいた。

三回忌などの廻向(エコウ)って何ですか?
 仏教は自業自得ではないのでしょうか?
 どうして、あの世へ行った人が、この世の人の祈りで救われるのでしょう?
 それでは、死後に拝んでくれる人さえいれば、この世でさんざん悪事をやっても大丈夫、ということになりませんか?」

 もっともな疑問だ。
 お答えした。

「確かに因果応報なので、善きことを行えば善き報い、悪しきことを行えば悪しき報いがあり、それは皆、その人自身の問題です。
 ではなぜ、祈りの功徳を廻し向けられるのか?
 それは、ありとあらゆるものが本当は、いっさいの枠を離れた(クウ)だからです。
 また、私たちは、の内容をすべて把握できないことも考えておく必要があります。

 例えば、一輪のタンポポを踏んだとしましょう。
 それは一見、自分とタンポポの間で起こった小さなできごとにしか思えませんが、タンポポを当てにしていたハチやチョウチョにとっては、蜜を得る先がなくなったことを意味します。
 あるいは、タンポポの根元にいた小さなミミズまで一緒に踏み潰したかも知れません。
 また、花を踏んでしまったという小さな悔悟の念が、懺悔させ、慈悲心を育てるかも知れません。
 それまでは、いつも花を見つけたら踏まないように心がけていたはずなのに、つい踏んでしまった自分の注意力が散漫になっていると気づくかも知れないし、アッと思っても足が止まらなかったことに、〝自分は年をとってしまった〟と嘆くかも知れません。
 このように、ありとあらゆるモノもできごとも、無限の連なりの中で生じ、滅しているので、神ならぬ身には全体像など知り得ないのです。

 また、例えてみましょう。
 まず、自分のために勉強をすれば成績が上がり、精神も豊かになります。
 希望する進学も可能になるでしょう。
 これは自分に対して結果が出ている状態ですね。
 一方、病気で苦しむ人たちを見捨てられず、救いたいと一念発起して勉強し、首尾良く医師になって活躍するならば医療の力はどこまで及ぶか、はかり知れません。
 実は、御霊のために供養という善行(ゼンギョウ)の功徳(クドク)を回し向ける廻向は、後者の世界と同じです。

 我(ガ)にとらわれない清浄な心で、正しい方法を用い、そして相手を選り好みせず普く供養するならば、〈枠を離れた影響力〉は当然、あの世の相手へ届き、たくさんの御霊へ届き、供養する施主(セシュ)その人自身もまた、善き影響力によって苦や悪因縁から離れる機会になることでしょう。
 自分のために行う善行は小さな因果応報としての〈世俗的善行〉であり、相手を選ばずに行う善行は無限の力を無限に及ぼす〈菩薩(ボサツ)の善行〉であり、両方共に大切です。
 だから誰かへ供養のまことを捧げたいならば、特定の相手に向かって祈るだけでなく、無限の相手に対しても廻向の心で再度、手を合わせましょう。
 その際、イメージを明確にするための伝統的文章があります。

『願わくは、この功徳をもって普く一切へ及ぼし、我らと衆生(シュジョウ)と皆共に、仏道を成(ジョウ)ぜん』。

 こうして、の心で行う善行は、あの世にいる特定の御霊のためになるだけでなく、結果的に、生きとし生けるもの全体のためにすら、なるのです。

 お盆の故事を思い出してみましょう。
 神通力第一とされた目連尊者(モクレンソンジャ)が、あの世に行った母親の様子を観たところ、餓鬼界(ガキカイ)で苦しんでおり、自分一人では救いきれないからとお釈迦様へ相談に行ったのがきっかけでしたね。
 お釈迦様は、雨季の修行が終わったら皆で祈り、その功徳で救いましょうと指導され、その通りに母親が救われたからこそ、いまだに、廻向の祈りが続いているのです。
 きっと、お釈迦様も、行者たちも、の祈りを捧げたのでしょうね。
 私たちもまた、縁に応じて、心を広く持ち、尊い廻向となる供養を実践しましょう」




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



スポンサーサイト
2016
10.19

この世の行状の落とし前 ─閻魔様とお地蔵様─

2016-10-19-0001.jpg
〈ダンダ幢を持った閻魔様〉

 私たちはこの世でそれぞれなりに生き、死んで行きます。
 因果応報が真理である以上、そして、この世でのすべての行為にすべての結果が伴ないきれない以上、その分は未来のいつの日か、どこかで、結果としての報いを受けねばなりません。
 ──善行への嬉しい報いも、悪行への苦しい報いも。

 そうした成り行きがいかなるものかを想像させるのがお地蔵様のお経です。
 そこには、閻魔(エンマ)様に調べられる様子と、お地蔵様の救いが説かれています。

 さて、調べはどのように進むかと言えば、以下のとおりです。
 
○その1 双童子(ソウドウジ)

 双童子は誕生の瞬間から人に寄り添そい善行悪行を記録する同生神(ドウショウジン)であり、善行を記録する者は吉祥天のように優しく、悪行を記録する者は羅刹のように恐ろしい。

「善を証明する童子は
 影のごとく相手から一瞬も離れず
 耳を低くして
 小さな善行も必ず記録する

 悪を証明する童子は
 響きが音を出す本体に応ずるように
 目を留めて
 小さな悪行も必ず記録する」

○その2 人頭杖(ニントウジョウ)

 閻魔王国へ入る鉄門の左右には、人頭杖(ニントウジョウ)がある。
 別名ダンダ幢(ドウ)という頭のような飾りを持つ幢幡(ドウバン…み仏の世界を表す旗)が立っており、この世での善行悪行も飾りに現れる。 
 ダンダは棒、杖だが、それが刑罰の道具にも用いられることから、刑罰という意味もある。
 黒闇天女(コクアンテンニョ)と、太山府君(タイザンブクン)がそれを持って閻魔王へ報告する。

○その3 浄頗梨(ジョウハリ)の鏡

 閻魔王の国には光明王院(コウミョウオウイン)があり、その中殿に懸けられている光明王鏡を浄頗梨(ジョウハリ)の鏡という。
 王の指示でそれに対面させられた死者は、自分の顔を鏡へ映すように、自分の歴史を見る。
 ここまでで、死者は、自分の過去がすべて明らかにされ、善悪の報いを受けねばならないことを知る。

 さあ、大変です。
 思い当たるフシがいろいろある人々は、震え上がることでしょう。
 悪行と無縁な人はいないので、全員が地獄へ行くかと言えばそうではなく、この国にはもう一つ、善名称院(ゼンミョウショウイン)もあります。
 そこは常に春であって花が咲き、同時に秋でもあって果実がたわわになっています。
 この浄土は、地蔵菩薩が入定(ニュウジョウ…瞑想に入ったまま悟りの世界へ行く)する宝処(ホウショ…尊い場所)であり、中央に座す地蔵菩薩は毎朝、瞑想から起つと無数の身を現じて、生きとし生けるもののそばへでかけます。
 信心して念ずる者には笑顔で智慧ある姿となり、不浄の行いをしている者がいれば自分の胸を指で刺して悲しみ、智慧の潤いをもって悪の報いによる苦を除こうとされます。
 地獄界や修羅界などの六道(ロクドウ)を輪廻(リンネ)する運命にある私たちのために、以下の様な願いを持っておられます。
 何とありがたいことでしょうか。

「私が真理を悟ったならば
 地獄の世界において、身代わりとなって苦を引き受けよう
 それができなければ、決して成仏はしない

 私が真理を悟ったならば
 餓鬼の世界において、食べものを施そう
 それができなければ、決して成仏はしない

 私が真理を悟ったならば
 畜生の世界において、飲み食いをさせよう
 それができなければ、決して成仏はしない

 私が真理を悟ったならば
 修羅の世界において、争いを和ませよう
 それができなければ、決して成仏はしない

 私が真理を悟ったならば
 人間の世界において、心の平安を与えよう
 それができなければ、決して成仏はしない
 
 私が真理を悟ったならば
 短命を恐れて我を念ずる者に長命を与えよう
 それができなければ、決して成仏はしない」

 こうした教えをどう受けとめるかは、私たち次第です。
 報われぬ善行を嘆いたり、知らん顔でいたい悪行に内心怖れていたりするだけでは、どうにもなりません。
 善行はきっと童子が記録しており、ダンダ棒の人頭と浄頗梨(ジョウハリ)の鏡に映るので、愚癡を言う必要はありません。
 悪行の報いからは決して逃れられないので、すみやかに懺悔(サンゲ)して対応すると共に、善行によって悪行の影響を総体的に小さくしましょう。
 そして、思いがさらに進むならば、お地蔵様など身近に感じられる仏神へ祈るだけでなく、自分もいくらかはお地蔵様のような願いを持って生きましょう。
 ポイントは〈自分だけ〉にあります。
 決して自分だけ良い思いができるわけではなく、自分だけが辛い目に遭っているのでもありません。
 お地蔵様のように、〈共に〉生き仏となるイメージを持ちながら、この世を生き抜きたいものです。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2016
10.12

なぜ戒めを守り、生き方を戒めに一致させようとするのか? ─持戒のご利益─

2016-10-08-0016222.jpg
〈『マンダラの読み方』よりお借りして加工しました。供養は修行です〉

 お釈迦様は、戒律を守ることのご利益を説かれました。

1  僧侶が和合する
 一緒に修行していながら、片方では真剣に勤行を行い、片方ではダラダラ怠けているならば、同志としての信頼や親和は望めません。
 お釈迦様は、行者一人一人の自覚と共に、修行の場が和合していることを強く求められました。
 それは本来、家庭や職場でも根本中の根本ではないでしょうか。

2  僧侶を受け入れる 
 皆が真剣に勤行していてこそ、行者として加わりたい人を受け入れられます。
 加わる先の人々がお手本にならないなら、そのグループは、やる気のある人に大切なものを与えられません。
 本性を隠してはびこるブラック企業、ブラックバイトのような不誠実は許されません。 

3  悪人を調伏(チョウブク)できる
 自分を律し、自分を放恣(ホウシ)にしていなければこそ、他者の悪しきところを取り除けます。
 仏法における調伏は、悪人をやっつけたり、あるいは相手を説き伏せ、仲間に引き入れることではありません。
 太陽の暖かさが、旅人の羽織っているマントを脱がせるような、感化作用によって仏心を開花させることが真の調伏です。

4  慚愧(ザンキ)する者を安楽にさせる
 自分の罪科を悔い改めようとしている人へ本当の安楽を与えられるのは、先に過ちの川を渡った対岸にいる人です。
 自分の悪行に打ちのめされている人に、同じく悔いている人が手を差し伸べ、苦悩を和らげることはできます。
 しかし、流される人を安楽なところまで導くのは、崩れぬ対岸にいて丈夫なロープを投げ入れられる人の役割です。

5  現世の煩悶(ハンモン)をなくす
 人としての戒めが自然に生きられていれば、ままならぬことがあっても、煩わされ、悶えて悩まず、淡々と対処できます。
 この世にいる限り、病気であれ、老いであれ、裏切りであれ、争いであれ、ままならないという苦は逃れられません。
 しかし、戒めを生きていればもう、それ以外の生きようはないので、たとえままならないできごとにぶつかっても、その事態が生き方を迷わせるほどの苦しみにはなりません。

6  未来の煩悶をなくす 
 この世で戒めが生きざまとなれば、悪業(アクゴウ)を積むことなく、来世に悪果(アクカ)をもたらしはしません。
 因果応報は厳粛な真理であり、私たちが因と果の糸を見つけられようと見つけられまいと、その二つは切り離せません。
 戒めを守ることにより、この世で煩悶もたらす悪行(アクギョウ)を行わず、その結果として起こる煩悶を克服すれば、煩悶を起こす因は消え、来世に煩悶が生ずるはずはありません。

7  信じない者を信じさせる
 仏法を生きる方法は戒めを守り、戒めが生き方そのものになることであり、そうして生きている人のみが誰かを仏法へ導き入れられます。
 千万の言葉で仏法を説くよりも、仏法に生きている姿を見せる方が大きな説得力となります。
 私たちは、ごく普通の日常生活にあっても、善きにつけ、悪しきにつけ、人と接し感化されるではありませんか。

8  自分が信じるところを前進させる 
 何ごとも精進(ショウジン)なくしては実現できず、戒めが血肉となれば、精進して生きる他の生きようはないので、必ず、仏道をより先へ歩めます。
 私たちは常に、何かをやりながら生きる生きものであり、何をどうやるかが人生を紡ぐということです。
 戒めを守るならば、その人の人生はそのように紡がれており、それは同時に、選んだ道を前進していることに他なりません。

9  仏法にずっと止まらせる
 戒めを守らずして仏法を生きることは不可能です。
 お釈迦様が持戒のご利益をはっきりと説かれた原因は、ある行者が淫欲に負け、娑婆へ戻ったというできごとにあります。
 戒律の「戒」は個人的な一心内の戒め、「律」はグループ内の決まり、この二つに背けば、そのグループでは生きられません。

10 清浄心にずっと止まらせる
 世間的な価値を求めず、仏界を目ざす清浄な心は、戒めにそった生き方でなければ保てません。
 仏法によって人々の悩みや苦しみを解消する手助けとなりたい場合、世間的に価値があるとされているモノやお金や立場や名誉が役立つ場合はあります。
 たとえそうしたものを利用する場合でも、それらを正しく〈手段〉とし、それらに流されないかどうかは持戒にかかっており、こうしたポイントは、政務活動費問題などにおいても、重要であると思われます。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん あらはしゃのう」
※今日の守本尊文殊菩薩様の真言です。どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=WCO8x2q3oeM





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2016
09.26

薬草も毒草も生きる世界 ─10月の聖語─

2016-09-19-00063.jpg
〈一迫別院は、地域の氏神様を引き継ぎます〉

 10月の聖語です。
 お大師様は説かれました。

「大山、徳広ければ、禽獣(キンジュウ)争い帰し、薬毒まじり生(オ)う。
 深海、道大いなれば、魚集まり泳ぎ、龍鬼(リュウキ)並び住む。」


(大きな山は、広大な徳を持っているので、鳥もけだものも、争うように集まり、棲み、薬草毒草も混じり合って育つ。
 深い海には生きる道がたくさんあるので、魚たちが集まり、暮らしているが、龍や鬼なども住む)

 これは、お大師様が法相宗(ホッソウシュウ)という宗派の特徴を示した文章の一節ですが、そのまま、密教が説くマンダラの表現にもなっています。
 山と海は自然界を意味し、そこでは文字どおり、あらゆる生きものたちが暮らしています。
 それらは、人間の都合による善悪や好悪などの判断を超えており、たとえば、人間によって薬にされる薬草も、食べた者を害する毒草も、それなりの場所で共生・共存しています。
 人間の食卓に並ぶ魚も、災厄を及ぼす凶暴な龍や鬼たちも、海はすべて受け容れ、生かしています。

 世界はこのように人間の思惑を超え、絶妙のバランスで成り立っており、〈共生〉こそが、ありのままの姿であると言えます。
 その真実を象徴的に描くのがマンダラです。
 だから、マンダラには根本仏である大日如来や、その使者である不動明王や、大日如来の徳を分け持つ阿弥陀如来や文殊菩薩などのみ仏だけでなく、血肉を食らう毘舎遮(ビシャシャ)、あるいは屍体を貪る女夜叉(ヤシャ)である荼吉尼天(ダキニテン)なども描かれています。
 私たちは、〈共に生きる〉以外、生きようがありません。

 しかし現在、私たちは、何もかもを〈人間中心主義〉で覆い過ぎてはいます。
 異常気象が教えるとおり、環境への並はずれた影響力を持つ私たちは、目先の快適さを求めるあまり、知らぬ間に、あるいは知っていながら、あまりに環境の破壊を進め過ぎました。
 もはや、悪因悪果の因果応報は明らかです。
 私たちが酷い苦しみを感じ始める前に、もう、他の生きものたちは苦しみ、絶滅させられてもいます。
 私たちが「大山」の「徳」を消滅させ、「深海」の「道」を埋めてしまうならば、マンダラは成り立たず、いのちは萎み、消えて行くことでしょう。
 
 生きとし生けるものものはすべて、この世全体のバランスによって生かされています。
 ゆめゆめ、忘れぬようにしたいものです。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2016
07.26

ポケモンGOが持つ共生の可能性

2016-07-26-0002.jpg

 これまで二度、仏教瞑想などによって迷いや苦しみから離れる実践的視点から、ポケモンGOが持つ問題点について書いた。
 批判に対し、仏教の包括的、かつ、すべてを生かす視点や姿勢からはどうなのかというご意見をいただいた。
 確かにそのとおりであり、まして、この世を大日如来の〈密厳国土(ミツゴンコクド)…仏菩薩の徳に満ちた世界〉と観る密教の立場からすれば、何一つとして、み仏のおはからいから外れるものはないはずだ。
 何ものをも生かすのが、み仏の慈悲であり、智慧である。
 方手落ちにならぬよう考えてみたい。

1 仏教的観点
 あらゆる人は〈本来のみ仏〉に成り切ることのできる可能性、つまり仏性(ブッショウ)を具えている。
 そして、いのちあるものも、いのちを持たぬものも、すべては本来、密厳国土を構成し得る。
 また、一切の差別(シャベツ)なくあらゆる人を救うみ仏には、密厳国土へ向かわせる方法、つまり方便(ホウベン)が具わっている。

2  ポケモンGOの恩恵

 さて、このアプリは、この世の幸せとあの世の安心につながるいかなる要素を持っているか?
 恩恵の第一は、驚きを伴う素朴な達成感ではなかろうか?
 誰でもが努力への報酬を手にすることができるという面は、閉塞感のある現代にあって、一種の心理的救いかも知れない。

 これらは、日常生活における仕事上の因果応報とは異なり、上司や同僚や取引先などの思惑や動きなどに左右されず、自分の目と手と足と運とによっていつか必ず達成されるもので、ことがうまくいった時の喜びや満足感にはかなりの力があることだろう。
 また、屋外への誘いを伴っているので、あまり屋外へ出ない人々が、つられて日光の降りそそぐ世界へ出るきっかけとなる点も見逃せない。
 実際、自閉症の人が別人のような行動をとるようになった例も報告されている。

 もっとも、自閉症の人が門から外へ出たからといって急に回復したわけではなく、家族など周囲の人は、その人が家の中にいる時よりも余計に注意を向けなければ、いかなる状態になるかわからないので、決して、出たから安心なわけではない。
 ただし、身体心理学によれば、〈からだ〉と〈こころ〉は二元的なものではないので、〈からだ〉の動きは必ず〈こころ〉に影響を及ぼすとされ、落ち込めば俯(ウツム)くが、俯きがさらなる落ち込みにつながり、顔を上げることによって落ち込みを改善するといった療法も用いられていることを考えれば、「外へ出る」「外へ出た」変化は必ず何ごとかであるはずだ。
 変化を生かす智慧が生まれ、智慧が広く共有されるようになれば、人々の〈歩み〉には、ポケモンを探すという目先の目的以上の意義をも見出せることになるかも知れない。

 また、アプリにまつわる周辺産業の拡大や活性化、あるいは人が集まる場所の有効活用など、産業界への波及効果もあろう。
 そして、個々人の行動はすべて膨大な情報となり、管理者には無限の利用法が待っていることだろう。
 ただし、管理社会化は個人の尊厳を脅かす危険性に満ちており、そうならぬよう防止する方策が後手に廻ることなく整備されねばならない。

3 キーワードは共生

 文化に新たな局面を拓いたポケモンGOはこの先、光の面と闇の面と、さまざまな可能性を持って進展して行くことだろう。
 東北大学名誉教授白鳥則郎氏が「人類とIT環境との〈共生〉」を説かれるように、人類はポケモンとうまく〈共生〉して行けるかどうか、すべての試みは始まったばかりである。
 人間の手によって生み出されながら、人間の手に負えなくなりつつある核爆弾、核発電のような運命をたどらぬよう願うしかない。

※以下もご覧ください。
ポケモンGOが抱える根本的問題 ─背景とフィルター─(http://hourakuji.blog115.fc2.com/blog-entry-5157.html)
ポケモンGOが抱える根本的問題(その2) ─視線・場・映画館─(http://hourakuji.blog115.fc2.com/blog-entry-5158.html)




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」※今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=EOk4OlhTq_M





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。