--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
11.21

愛情をいくらでも受け止めてくれる子供のこと ─罪滅ぼしと生き直し─

2016-11-11-0293.jpg
〈これから開く四国霊場の花〉

 高崎順子氏は著書『フランスはどう少子化を克服したか』について言う。

子供は嫌がどれだけ愛情を注いでも、受け止めてくれるかけがえのない存在」

 これには参った。
 親の立場から、子供は親が自然に愛情を注ぐ対象、としか、考えなかった。
 実は、子供のおかげで、親になった人が自分の心から愛情をどんどん引き出してもらえるのだ。
 親はそうして愛情豊かな人間に育って行く。
 子供は親を人間らしく育ててくれる。

 可愛い仕草を見ると、可愛がる心が出てくる。
 言うことをきかないと、憎たらしさに耐えて、子供のために、よいことができるよう仕向ける努力をする。
 愛情は豊かになり、揺るがなくなる。

 こう考えつつ自分の子育てを振り返ると、愕然としてしまう。
 情けなくて涙も催す。
 いったい、何をやってきたのか……。

 女の子ゆえ、どう扱えばよいかわからなかった。
 照れくさくて、スキンシップは苦手だった。
 子供が喜べば嬉しいから、欲しいもの、必要なものは極力、与えるようにし、ときおり、妻から「甘やかさないで!」と注意された。
 育てるというより、漠然とではあるが問題なく育っているとしか見えず、信念として特に何かを教え込むということもなかった。
 事業に失敗し、家を失い登校できなくなった子供をこっそり、送って行き、心で〝済まない〟と合掌した。
 進学については、「俺の子なんだから」と勝手に高慢でちんぷんかんな高望みをして困らせた。
 そして子供たちはそれぞれ、はたらき、自分で伴侶を見つけ、自分たちで生きている。

 自分はいったい、何をやってきたのだろう?
 確かに〈食わせ〉はした。
 しかし、充分に愛情を注いだとは口が裂けても言えない。
 なぜなら、子供の悩みや苦しみや淋しさを共有し、その胸苦しさを共に感じ、自分も悩み苦しんだという記憶がないからだ。
 仕事が忙しかったなどという言いわけが通用しない嘘であることは自分がよく知っている。
 はたらき、遊んだのは〈自分の人生〉でしかない。
 生きてきた時間のうち、〈子供や妻との人生〉はいったいどれほどあったろうか?

 どれをとっても、子供との関係が薄い印象しかなく、それは自分が愛情豊かな人間に育っていないことを意味しているのではなからろうか……。

 上記の本に書いてあるわけではないが、フランスでは、かつて、既婚の女性たちも着飾って社交界で華を競い、子育てを使用人へ任せっぱなしにしたことが暴力的な革命分子が育つ温床になり、王妃までも公開ギロチンにかけるという残忍な行為へ走らせたという。
 だから、革命を二度と繰り返さぬよう宗教と情操の教育には充分に留意しているらしい。
 
 この世を去りつつある団塊の世代の方々よ。
 もしも、小生と似た感慨を覚えるならば、今からでも冒頭の言葉を噛みしめてみようではないか。
 遅ればせながら、密かに愛情を注いでみたい。
 子供や孫がいなかったり、子供にとって今さら親の干渉が不要だったりするならば、何かに愛情を注ごうではないか。
 愛情が必要で、いくらでも受け止めてくれる対象は無限にある。
 枯れつつある日々の中から、まだ、愛情という温かなものが流れ出てくるならば、それは心を豊かにし、生きがいが感じられ、罪滅ぼしを伴った〈生き直し〉になるのではなかろうか。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



スポンサーサイト
2016
09.27

犬と猫の寿命は延びたが……

2016-09-27-0001.jpg

 東京農工大と日本小動物獣医師会の調査によると、日本でペットとして飼われている平均寿命が過去最高になった。
 平成26年現在、13・2歳、11・9歳である。
 過去25年間で、は1・5倍、は2・3倍に延びた。
 ワクチン接種の普及などにより感染症対策が進んだことが主たる理由である。
 また、屋内で飼われるなど、生活環境がよくなったことも影響しており、のワクチン接種率が低いことを見ても、寿命はまだ延びる可能性が高いという。

 昔はを飼い、今はを飼っている小生の実感としては、屋内飼育という環境の変化はもちろんだが、何よりも食べる餌の質が上がり、薬や医療が進歩したことが寿命を延ばしていると思う。
 人間が高齢化しているパターンとまったく同じである。

 は血統によって寿命に顕著な違いがあり、は雄雌で違う。
 ちなみに、の純血種は12・8歳、雑種は14・2歳。
 猫の雄は11歳、雌は12・9歳。
 いろいろと考えさせられるデータではある。

 また、ペットのご葬儀やご供養をしている者の実感としては、この調査から約2年を経過している現在、寿命はきっとさらに大きく伸びていると思う。
 犬の15歳や猫の13歳は当たり前といった感じである。

 Aさんは大型犬を居間の真ん中で飼い、ついに寝たきりになったので、床ずれしないよう、不眠不休の介護をして送った。
 もう一匹は認知症になったのか、夜と昼の生活が入れ替わってしまったので、それに合わせて餌やりなどをしているうちに、自分が体調を崩してしまった。
 Bさんは、立派な高齢者で病気も抱えているが、「歳とった猫たちを全員送るまではあの世に行けません」と明るく笑う。
 Cさんは、捨てられる犬たちへ手を差し伸べているうちに使命感が募り、ついに支援組織を作って生涯をかけることにした。

 ところで、人間もペット長寿は結構だが、遠からず、大きな転換点を向かえることだろう。
 科学技術が進み、生活レベルが上がる一方で、人間の格差が各方面で広がり、進歩の恩恵にあずかれない人々が続出し、それに伴って哀れなペットたちも増えるに違いない。
 所得や学歴だけでなく、医療や食事といった面でも凄まじい勢いで格差が広がりつつあり、それはすでに世代間で受け継がれ始めている。
 富裕層に飼われる高級なペットたちはますます長生きし、一般庶民に飼われるペットたちの寿命は近々に頭打ちとなり、やがては捨てられ、殺される者が続出するだろう。
 かつて、当山で生まれた仔猫たちを欲しい方々へお届けした時、飼われる環境の違いを痛感させられた。
 人間の呻きを慰めるペットたちは、人間の生活レベルの範囲内でしか生きられないのだ。 
 Cさんたちの〈善意の連帯〉にも限度があろう。

 ペットの長寿を手放しで喜べないのは、団塊の世代長寿を手放しで喜べないのと同じである。
 高度成長時代の貯えを持った世代が去り、次の世代が遺産を消費し、あるいは国際資本に奪われた先はどうなるか?
 生々流転のこの世では、あらゆるものが〈満つれば欠ける〉運命を逃れられない。

 犬の13・2歳は、人間ならばおよそ69歳、猫の11・9歳は、人間ならばおよそ64歳だとされる。
 それはもっと延びるかも知れないが、一般人の生活向上は、すでにピークを過ぎた。
 冒頭の調査が行われた平成26年、年収300万円以下の人口はついに全給与所得者の4割を占めた。
 国家の豊かさを示すGDP(国内総生産)は世界第3位なのに、OECD(経済協力開発機構)の調査による貧困率において世界第4位である。
 ここ数年で就職率は上がったが、可処分所得は下がっている。
 国民の大部分が安い給与で使われる仕組みは着々と進行している。

 犬や猫の寿命は延びた。
 しかし、人間の生活そのものの質はどうか?
 テレビの画面には千円以上のラーメンや、五百万円以上の高級車などが紹介されているものの、多くの庶民には無縁だ。
 別の画面のお笑いで慰められつつ日々を送る間に、日夜、いっときの休みもなく格差は拡大し続けている。
 それはきっと、犬や猫の未来にも暗雲となることだろう。
 多くの国民が犬や猫と一緒に安心して長寿を喜べる社会になって欲しいと、心から願う。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん ばざら たらま きりく」※今日の守本尊千手観音様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IvMea3W6ZP0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

 

2012
09.10

子や孫のためにふり返っておきたい先人の導き(その22) ─難しいからと恐れず、易しいからと油断しない─

20120910001.jpg
〈8月13日にイラン北部で起きた地震が報道されました。この無常無情不条理感。UPI=共同より〉

23 「む」 難しい易しいを区別するな
 
 難しい事はなおやろう。
 易しい事ならばなお気をつけよう。
 難しさに恐れるな。
 易しさに油断するな。


 難しいことだからといって最初から恐れず、もちろん、逃げず、自分への試練であると受けとめてなおさら懸命に挑戦する。
 易しいことだからといって最初から油断せず、もちろん、いいかげんにせず、きちんとやり終える。
 小学校低学年の頃にこうした教育を受けた人々が、西欧列強のアジア支配へ立ち向かい、戦後の驚異的復興を指導しました。
 その世代は、怯懦(キョウダ)からとても遠かったと感じています。
 いくじなし、臆病、気弱、怖じ気、こうしたものにとりつかれている余裕はありませんでした。
 また、その世代は、世間を甘くは見ていません。
 不条理も、無常も、無情も、骨身にしみているからです。

 戦後の団塊の世代になると、このあたりはかなり違ってきました。
 豊かで、生きられない心配がほとんどない時代になったからです。
 そして次の世代は、小さい頃から家庭でも社会からも手厚く保護され、嫌なこと、やりたくないこと、気が向かないことを遠ざけつつ成長してきた感があります。
 やがて、「自分にすなおである」生き方が最高であるとされるに至りました。

 今、「こんな難しい問題は面倒だから、うまく避けよう」とする自分はいないでしょうか?
 今、「こっちが易しそうだから、これで済ましてしまおう」とする自分はいないでしょうか?
 お釈迦様は「好きだからと惹かれてとらわれ、気に入らないからと嫌悪してとらわれ、関係ないからと無視してとらわれ、あらゆるが生ずる」と説かれました。
 また「を求めてとらわれ、から逃げようとしてとらわれ、ボーッとしてとらわれ、あらゆるが生ずる」と説かれました。
 社会がこぞって「すなおになろう」と呼びかけた対象である「自分」とは、もしかすると、お釈迦様の時代から変わらない〈気ままな自分〉、お釈迦様の御眼から観れば〈自他へをもたらす元凶としての自分〉だったのではないでしょうか?

 今回の教えは、「これは難しい」、「これは易しい」と勝手な尺度で判断してその難しさや易しさにとらわれる愚かさを戒めています。
 なぜ愚かなのか?
 逃げようとしようが、バカにしようが、何かを対象にして生きる自分の人生をないがしろにしているからです。
 試験問題であれ、人間関係であれ、対象をないがしろにする時、自分の人生をないがしろにしていないはずはありません。
 自分の人生をないがしろする人は必ず、他人様の人生をもないがしろにするはずです。
 これが愚かでなくて何でしょう?

 難しいと感じても恐れず、易しいと感じても油断しない時、難しさも易しさもすでに克服され、自分の人生を創ってくれる対象として同じく眼前にあるだけです。
 そして、淡々ととり組む時、きっと〈気ままな自分〉はいなくなっていることでしょう。
 もちろん、〈すなおであるべき自分〉などという余計な観念もはたらいていないことでしょう。
 
 流行の言葉に翻弄されず、歴史に磨かれた智慧が凝縮されている古人の教えから、汲めども尽きない心の清水を謙虚にいただきたいものです。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2012
07.14

子や孫のためにふり返っておきたい(その1) ─今の仕事に今からかかれ─

20120714001.jpg

 昭和6年1月1日に大日本雄辯會講談社(ダイニホニュウベンカイコウダンシャ…講談社の前身)が『立身出世金言手帳』を発行しています。
 横8・5センチメートル、縦14センチメートルのもので、月刊『少年倶楽部』新年号の付録です。
 その第一ページです。
「人間は誰でも偉くなれるのです。
 しかし一ぺんにえらくなる事は出来ません。
 少年の時から、偉くならう、えらくならうと、一生けん命に心がけて、自分をみがく人だけが偉くなれるのです。
 あなたが偉い人物になる様にと、至誠天地の神々に祈って、この金言手帳を差上げます。
 どうぞ、この中のいくつでもよろしいから實行して下さい。
(裏の方には、あなたの好きな金言格言を書き入れて下さい)」
 漢字にはすべてフリガナがついており、最後の13ページは「僕の好きな金言」とあって空白です。

 戦後に生まれた世代としては、立身出世という言葉に対する入り組んだ思いがあります。
 身を立て(自分をしっかりした一人前の人間にする)、世に出る(社会的な役割を果たせるひとかどの人間になる)こと自体は、否定されるべきものを含んでいません。
 東洋の小さな国でありながら、世界を制覇をもくろむ西洋列国の属国にならず、がんばろうとしたご先祖様方が人間形成をする上で、この言葉が核となったことはよくわかります。
 団塊の世代にはまだ、その気配が残っていました。
 団塊の世代を育てた親たちは戦後、占領軍の日本弱体化政策によって、公的な意味での道徳教育の根幹は捨てさせられましたが、自分が育ってきた過程で身につけた価値観は簡単に捨てられるはずもなかったからです。
 親たちが血と汗で復興させた日本の余慶を受けながら生きてきた団塊の世代は、すでに甘くなり始めています。
〈社会のためになる〉という価値観が〈自分の好きなことが一番〉という価値観に取って代わられつつ、一生を終えようとしています。

 もしかすると、いかなる文明も、この二つの価値観の間を揺れながら歴史を創ってきたのかも知れません。
 人間もまた、克己心と享楽心の間で生きています。
 今の日本で、克己心を喚起する姿勢が受け容れられるかどうかはわかりません。
 しかし、この小冊子の一ページ一ページには、その場しのぎをやってきた自分がちょっと脇へ置いたままになっている金言が、変わらぬ光で〈やましい心〉を照らします。
 やましい部分をあぶり出されるのは辛い。
 しかし、それをやっておかねばならないという思いが強く、恥を忍んで書くことにしました。

 決しておもしろくはありません。
 よくぞ「おもしろくてためになる」本を作ろうとしてきた講談社さんが遺してくれたと感謝しつつ、読んでみます。

1 「い」 今の仕事に今からかかれ

 仕事を追って仕事に追はれるな。
 今日の勉強は今日中にせよ。
 これが少年の奮闘だ。
 今日の仕事を明日に延ばすのは弱い証拠だ。


 私の父は小学校しか出ていない農家の次男です。
 しかし、この言葉を口癖にし、軍隊でも教えられたことは必ずその日のうちに復習したので、何をやっても同輩にひけをとらなかったそうです。
 忙しいと口にする私は堕落者ですが、仏法の師から伝授されたことだけは必ずその日の夜にメモを整理しました。
 今、信念をもって修法し、居合の道場で伝授をできるのも、すべてメモのおかげです。
 しかし、仕事に追われる情けない状況にあるので、いわゆるお説教をする資格はありません。
 それでもなお、この金言は書いておく価値があると信じ、紹介しました。

2 「ろ」 労苦は僕の膽試(キモダメ)しだ

 楽な仕事を喜ぶな。
 苦しい仕事で膽(キモ)を練れ。
 高い山ほど上ったら愉快だ。
 がんばる所で膽を養へ。


 膽は肝ですが、「肝を練る」といっても、ちんぷんかんぷんかも知れません。
 心の重心をしっかりさせる、あるいは、心の柱を堅固にする、あるいは、心の足腰がどっしりするといったイメージでしょうか。
 辛いところで逃げず、がんばり抜けば、心のステージが上がって清々しい気持になり、動じない心がつくられるのです。
 逃げる癖は、言い訳する癖を招き、二つが車の両輪のようになれば、信じる方向へと運命を創ってゆく強い力は出てきません。
 親が子供をあいまいに逃がし、感情だけで庇(カバ)い、言い訳をしてやっているようではモヤシのような子供になってしまいます。
 身体も心も、風邪をひいたなら優しくしてやらねばなりませんが、風邪をひかないように予防させる時は厳しくせなばなりません。



 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん ばざら たらま きりく」※今日の守本尊千手観音様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

 

2009
06.14

保育所の闇 (3)

 敗戦から立ち直ろうとした世代は、365日、朝から晩まで休みなくはたらいて日本を復興させました。
 今は「背中を見て育つ時代ではない」と言われますが、当時は、ほとんで親の背中しか見えず、母親はいつもエプロンをかけていました。
 そして、生きるための「なりわい」と「家事」以外の時間は「子育て」に使う親が多かったのではないでしょうか。
 もちろん、貧しくて遊興にうつつを抜かす余裕もなかったわけですが、モノがなかった代わりに、父親も母親も子供の遊び相手になり、先生になってくれました。

 さて、団塊の世代である自分自身を省みると、自分は「なりわい」に一生懸命でした。
 妻は「家事」と「なりわい」の手伝いに一生懸命でした。
 私は遊びながらも会社を発展させ、いくばくかは社会的貢献も行い、家や車などを持ち、家族旅行へでかけました。
 読書や音楽鑑賞などの趣味にも没頭しました。
 さて、「子育て」はどうだったか?
 習い事や勉強をやらせ、家庭教師はつけたけれども、子供と一緒になって遊びや勉強を行い、落ちついて子供の考えや希望や悩みを聞いてやる時間はほとんど持ちませんでした。
 夫婦して「なりわい」と「家事」の次は、「自分の欲しいモノを手に入れ人生を楽しむこと」であり、「子育て」の重要性をほとんど認識してはいませんでした。
 決して放置していたつもりはなくとも、子供は自然に育つものであるという感覚でいたことは確かです。

 最近、中年にさしかかりつつある子供に訊ねてみました。
「学校でいじめはなかったか?」
放置されていると思わなかったか?」
 結果には文字どおり打ちのめされました。
 親が会社を倒産させて無一文になる前後、学校でかなりいじめられていたけれども、親はとても〈それどころではないだろう〉と思って我慢し、どうにか〈自分のいる場所〉をつくって乗り切ったというのです。
 自分が危機に陥っていても、親は当てにならず、自分の家にいても、自分の心の安心を得る方法は自分で探すしかなかったとは、もう、頭を垂れるしかありません。
 そして、「自分は放置されていると思っていた」というのです。

 私ははたらき、遊びもしましたが、子供の欲しいものは何とかして買い与え、たまの休みには家族旅行もしました。
 それで子供へ果たす責任はまっとうしていると考えていました。
 しかし、仕事へ対する真剣さと同じ真剣さをもって子供へ対していたかといえば、恥ずかしいなどという言葉を超えた状況でした。
 仕事の次の関心事は社会的活動であり、次は自分の人生を豊かにすることであり、そうしたがんばりはそのまま家族全員の幸せにつながると錯覚していました。
 明らかに錯覚だったのは、子供の心を知らずして子供を幸せにできるはずはないからです。
 団塊の世代の多くは、過去をふり返る時、きっと似たような苦い思いを味わうことでしょう。

 戦争を生き抜いた親は懸命に復興をはかり、懸命に育ててくれました。
 自分と同じ苦労をさせぬようにとがんばって汗を流してくれました。
 団塊の世代は、モノを手に入れ、遊ぶことによって自分らしく生きよう自己実現をしようという産業界の誘いに乗り、豊かで楽しい時代を生きました。
 しかし、「子育て」という大事業を「自己実現」の下へ置いたために、充分、目をかけてもらえない子供たちを輩出させました。
 子供たちは、団塊の世代ではほとんど見られなかった登校拒否や家庭内暴力を引きおこしました。
 今、その子供たちが子供をつくり、幼子たちは心に闇を抱えて育ちつつあり、心の病気は飛躍的に増えています。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。