FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
11.15

お地蔵様とお不動様の救い

2016-11-11-0020.jpg

2016-11-15-0001.jpg

 鎌倉時代中期、無住(ムジュウ)は密教と禅を学び、臨済宗東福寺派の長母寺で法務を行いつつ、10巻もの説話集『沙石集』を書いた。
 彼は、臨済宗の開祖栄西から伝わる秘書『地蔵の決』についても記している。

「その中の肝心に、地蔵大日の柔軟(ニュウナン)の方便(ホウベン)の至極(シゴク)、不動は強剛方便(ゴウゴウホウベン)の至極(シゴク)となり。」

(その中の最も大切な部分として、地蔵菩薩は大日如来の優しい方法による救済不動明王は大日如来の厳しい方法による救済を、究極的につかさどるというものがある)


 以下、その一部を意訳した。

「ある時、恵心僧都(エシンソウズ)の妹である安養の尼が気絶した。
 僧正勝算(ソウジョウショウサン)は不動明王のマントラでえある火界呪(カカイジュ)を唱え、恵心僧都が地蔵菩薩の御宝号を唱えつつ修法した。
 やがて息を吹き返した尼が言った。
不動明王が火炎の前に立ち、お地蔵様が手を引いてくださいました。』」

「ある時、恵心僧都に給仕していた弟子が突然、亡くなった。
 彼にはモノにとらわれる気持があった。
 一人の僧侶に不動明王のマントラである慈救呪(ジクジュ)を唱えさせ、僧都は地蔵菩薩の御宝号を唱えつつ修法した。
 蘇生した弟子は言った。
『4、5人の男たちに持ちものを奪われ、抵抗したけれどだめでした。
 是非も問わず奪うのはおかしいとさらに抗議すると、髪を結い、白い杖を持った2人の童子が現れて男たちを追い払い、取り戻してくれました。
 さあ、これを持って帰ろうと思った途端、息が出ました。』」

地蔵は柔らかにふるまい、不動は荒々しく助ける。
 事実は口伝(クデン)が真実であることを証明している。

 地蔵と不動の適切な救いがなければ、生き死にに伴う苦しみから離れられないのは明らかである。
 地蔵は、いかなる迷いの世界にあろうとも、いかなる世界に生まれようとも、お救いくださる。
 不動は、まっとうに生きようとする時に邪魔をする業(ゴウ)による障りも、貪り・怒り・愚かさも、あらゆる魔ものたちの障害も取り除いてくださる。
 地蔵の救いによって迷いの世界から抜けだし、不動の救いによって魔ものたちから逃れることなくしては、安寧の世界に入れない。
 納得できるまでよくよく考えるべきである。」


 日本中で武士が殺し合った時代から700年以上経った今でも、秘法は守り伝えられ、お地蔵様とお不動様のご加護は確かである。
 四国の霊場にはそれぞれご本尊様がおられる一方、この二尊は、ほとんどの寺院で祀られ、祈られている。
 お地蔵様のお慈悲とお不動様のお智慧なくしては、この世をまっとうに生きられないだけでなく、臨終後の行く先も危うい。
 本当に〈相手を選ばない思いやり〉というものを考えてみよう。
 行き詰まったら静かに唱えてみよう。
「おん かかか びさんまえいそわか」
 本当に〈自己中心的でない道理〉というものを考えてみよう。
 行き詰まったら静かに唱えてみよう。
「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」
 お地蔵様とお不動様の世界が感じられるに違いない。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト
2016
10.19

この世の行状の落とし前 ─閻魔様とお地蔵様─

2016-10-19-0001.jpg
〈ダンダ幢を持った閻魔様〉

 私たちはこの世でそれぞれなりに生き、死んで行きます。
 因果応報が真理である以上、そして、この世でのすべての行為にすべての結果が伴ないきれない以上、その分は未来のいつの日か、どこかで、結果としての報いを受けねばなりません。
 ──善行への嬉しい報いも、悪行への苦しい報いも。

 そうした成り行きがいかなるものかを想像させるのがお地蔵様のお経です。
 そこには、閻魔(エンマ)様に調べられる様子と、お地蔵様の救いが説かれています。

 さて、調べはどのように進むかと言えば、以下のとおりです。
 
○その1 双童子(ソウドウジ)

 双童子は誕生の瞬間から人に寄り添そい善行悪行を記録する同生神(ドウショウジン)であり、善行を記録する者は吉祥天のように優しく、悪行を記録する者は羅刹のように恐ろしい。

「善を証明する童子は
 影のごとく相手から一瞬も離れず
 耳を低くして
 小さな善行も必ず記録する

 悪を証明する童子は
 響きが音を出す本体に応ずるように
 目を留めて
 小さな悪行も必ず記録する」

○その2 人頭杖(ニントウジョウ)

 閻魔王国へ入る鉄門の左右には、人頭杖(ニントウジョウ)がある。
 別名ダンダ幢(ドウ)という頭のような飾りを持つ幢幡(ドウバン…み仏の世界を表す旗)が立っており、この世での善行悪行も飾りに現れる。 
 ダンダは棒、杖だが、それが刑罰の道具にも用いられることから、刑罰という意味もある。
 黒闇天女(コクアンテンニョ)と、太山府君(タイザンブクン)がそれを持って閻魔王へ報告する。

○その3 浄頗梨(ジョウハリ)の鏡

 閻魔王の国には光明王院(コウミョウオウイン)があり、その中殿に懸けられている光明王鏡を浄頗梨(ジョウハリ)の鏡という。
 王の指示でそれに対面させられた死者は、自分の顔を鏡へ映すように、自分の歴史を見る。
 ここまでで、死者は、自分の過去がすべて明らかにされ、善悪の報いを受けねばならないことを知る。

 さあ、大変です。
 思い当たるフシがいろいろある人々は、震え上がることでしょう。
 悪行と無縁な人はいないので、全員が地獄へ行くかと言えばそうではなく、この国にはもう一つ、善名称院(ゼンミョウショウイン)もあります。
 そこは常に春であって花が咲き、同時に秋でもあって果実がたわわになっています。
 この浄土は、地蔵菩薩が入定(ニュウジョウ…瞑想に入ったまま悟りの世界へ行く)する宝処(ホウショ…尊い場所)であり、中央に座す地蔵菩薩は毎朝、瞑想から起つと無数の身を現じて、生きとし生けるもののそばへでかけます。
 信心して念ずる者には笑顔で智慧ある姿となり、不浄の行いをしている者がいれば自分の胸を指で刺して悲しみ、智慧の潤いをもって悪の報いによる苦を除こうとされます。
 地獄界や修羅界などの六道(ロクドウ)を輪廻(リンネ)する運命にある私たちのために、以下の様な願いを持っておられます。
 何とありがたいことでしょうか。

「私が真理を悟ったならば
 地獄の世界において、身代わりとなって苦を引き受けよう
 それができなければ、決して成仏はしない

 私が真理を悟ったならば
 餓鬼の世界において、食べものを施そう
 それができなければ、決して成仏はしない

 私が真理を悟ったならば
 畜生の世界において、飲み食いをさせよう
 それができなければ、決して成仏はしない

 私が真理を悟ったならば
 修羅の世界において、争いを和ませよう
 それができなければ、決して成仏はしない

 私が真理を悟ったならば
 人間の世界において、心の平安を与えよう
 それができなければ、決して成仏はしない
 
 私が真理を悟ったならば
 短命を恐れて我を念ずる者に長命を与えよう
 それができなければ、決して成仏はしない」

 こうした教えをどう受けとめるかは、私たち次第です。
 報われぬ善行を嘆いたり、知らん顔でいたい悪行に内心怖れていたりするだけでは、どうにもなりません。
 善行はきっと童子が記録しており、ダンダ棒の人頭と浄頗梨(ジョウハリ)の鏡に映るので、愚癡を言う必要はありません。
 悪行の報いからは決して逃れられないので、すみやかに懺悔(サンゲ)して対応すると共に、善行によって悪行の影響を総体的に小さくしましょう。
 そして、思いがさらに進むならば、お地蔵様など身近に感じられる仏神へ祈るだけでなく、自分もいくらかはお地蔵様のような願いを持って生きましょう。
 ポイントは〈自分だけ〉にあります。
 決して自分だけ良い思いができるわけではなく、自分だけが辛い目に遭っているのでもありません。
 お地蔵様のように、〈共に〉生き仏となるイメージを持ちながら、この世を生き抜きたいものです。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2016
05.12

迷いなどを抱えていれば菩薩を目指せないか? ─仙台稲門会にて─

2016-05-12-0001.jpg
〈自然の花かご〉

 5月10日、仙台稲門会で「見捨てない心をつくる」というお話をしたところ、最後にご質問をいただいた。
「心に問題を抱えている人は菩薩(ボサツ)として生きられないのでしょうか?」
 菩薩とは、布施・持戒・忍辱(ニンニク)・精進・禅定(ゼンジョウ)・智慧の六波羅蜜(ロッパラミツ)行を成就しても、自分だけが安心の世界へ行ってしまわず、この世に現れてくださる存在であると話したからである。
 つまり、悟っても、悟りの浄土へ行ってしまわないのが菩薩なら、いろいろやらかし、悟っていない私たち凡夫菩薩として生きられないのではないか、ということだ。

 確かに地蔵菩薩も、観音菩薩も、迷い、苦しむ凡夫ではない。
 悟った者であるからこそ強大な救済力を発揮できる。

 では、迷いと苦しみに満ちたこの世に現れ、私たちの身近でお救いくださるとはどういうことだろう?
 現れたお地蔵様はいろいろなお姿をとる。
 経典は説く。
 
「仏身、菩薩身、辟支佛(ビャクシブツ)身、声聞(ショウモン)身、梵王(ボンノウ)身、帝釈(タイシャク)身、閻魔王(エンマオウ)身、毘沙門(ビシャモン)身」

 さまざまなみ仏や神様の姿となる。
 しかし、それだけではない。

「長者身、居士(コジ)身、宰官身、婦女身」
 
「薬草身、商人身、農人身」

「大地形、山王形、大海形」

 長者、信徒、役人、女性、草木、庶民、山や海などの大自然。
 まだまだあるが、これは文字どおり、救済を求める相手に必要な何ものにでもなってくださることを意味している。
 ならば、私たちも、欠陥や罪や愚かさなどを持ったままで、お地蔵様になり得る瞬間があるはずではなかろうか?

 だから、こんなふうにお答えした。

「そうですね。
 小生もたくさん欠陥を持っており、重々、自覚しています。
 しかし、それでも菩薩を目ざして修行し、法を結び、人生相談などを行っています。
 たとえば、小生と同じような欠陥に悩む方が来られると、その方の苦しみや辛さが我が身に沁みてよくわかります。
 手を取り合うような雰囲気で問題に対峙したりもします。
 だから、大切なのは問題意識ではないでしょうか?
 自分が凡夫であることを自覚した上で、菩薩を目ざす。
 そうして生きていれば、この身このままで、いつかきっと誰かの何かの役に立てる。
 その瞬間には、まぎれもなく菩薩になっているはずです。
 それを即身成仏(ソクシンジョウブツ)と言います。
 誰かへ心から優しい言葉をかけた瞬間、その人は生き仏として菩薩になっています。
 凡夫が救い、救われる道はここにあります。」




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん さん ざん ざん さく そわか」※今日の守本尊勢至菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。

https://www.youtube.com/watch?v=qp8h46u4Ja8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2016
03.07

現代の苦と水子地蔵墓

2016-03-07-0001.jpg

1 水子地蔵へのお納骨

 過日、水子地蔵へお納骨を行いました。
 水子地蔵様の台座に小さな扉をつけ、お地蔵様のお足元へお骨を納められるようにしたのです。
 まだ、寒い日が続く時期なのに、風もなく、陽光の恵みが感じられる佳い日でした。
 成人していない〈お父さん〉も〈お母さん〉も親につきそわれ、神妙な面持ちで手を合わせました。
 緊張し、表情を失ったような二人にとって、できごとの持つ意味を本当に知るようになるのは数十年先かも知れません。

2 水子霊への供養や後悔

 人生相談に来られたAさんはしみじみと言われました。
「結局、男の子を授かることはできませんでした。
 もちろん、女の子たちはそれぞれまっとうに育っており、何の文句もありませんが、ごくたまに、夫へこう言いたくなります。
『あの時、性別を教えてもらってから決めた方がよかったのかしら……』
 夫の答はずっと同じです。
『あの時はああするしかなかったんだから、もういいじゃないか』
 それでも二人して還暦を過ぎ、そう遠くない将来、ご先祖様を毎日ご供養しているお仏壇を嗣ぐ人がなくてすっかり途絶えることを考えると、堕胎した罰が当たったのではないかと思ってしまうんです。
 今になってようやく、子育てをすることや、ご先祖様を供養することの意味がわかってきたのに、もう〈遅い〉なんて……」
 そして、ご夫婦のどちらかに万一の事態が発生した際のことごとを当山へ託しました。
「お骨の状態になってから本堂に来るので、引導を渡してから共同墓で永代供養してください。
 いつかは、先祖代々のお位牌を位牌堂に納めます。
 お仏壇のお焚きあげもお願いします」

3 水子をつくったり暴発したりする若者

 今は、トイレで堕胎したり、生まれてから何年かを過ごした幼子ですら、親が平気で虐待し、殺しもする時代になりました。
 小中学生の堕胎も珍しくはないと耳にします。
 年配者はどうしても「道徳教育がなっていない」「親のしつけが悪い」と考えがちですが、最近の脳科学は興味深い事実をつかんでいます。

 情動などを司る大脳辺縁系は思春期になると急速に発達します。
 一方、適切な社会的行動へ導く前頭葉皮質の発達は遅れ、成人してからもどんどんはたらきを強めます。
 そもそも、感情などで衝動を起こさせる部分と、それをいったん制御して人間社会に即した行動へ結びつける部分とのズレが思春期特有のイライラや、情緒不安定や、暴発的行動などをもたらしてきたのですが、なぜか最近、大脳辺縁系の発達があまりにも早くなったために、子供たちの行動に深刻な影響が出始めているのです。
 こうした状況こそが真の緊急事態ではないでしょうか?
 広い分野の専門家が額を寄せ合って真剣に対応せねばならないのではないでしょうか?

4 新たな現代の苦

 生活環境や生活形態の激変によって、私たちはわずか数十年前には予想もしなかったほど便利で、長生きできる日々を手に入れましたが、一方では、各種のアレルギーや、心の病気や、不可解な暴発の激増、そして、年配者の生を支えきれない社会構造、若い人々の未来を保証できない年金などの重大な問題を抱えるようになりました。
 お釈迦様の説かれた「苦=ままならなさ」は常に、その時代や社会なりの〈姿〉で顕れます。
 私たちが今、息苦しくなったり、生きずらくなったりしてきたと感じるのは、社会全体に苦が増したというよりは、〈私たちすべてが苦を抱えた存在である〉という真実が、社会の無理や矛盾や歪み、また私たちの〈生きものとして変化〉によって、明らかになってきたということではないでしょうか。

 この苦へ対処するには、現代特有の原因を滅する方法と、万古代わらぬ苦の本質に迫る方法があります。
 当山は、人生相談や社会的発言などで〈現代〉と正対し、み仏におすがりする修法で本質的転換や本質的解決を目ざしています。
 水子地蔵と身代わり地蔵様の祈りは、おすがりする万人を救います。
「南無大施徳菩薩地蔵尊(ナムダイセトクボサジゾウソン)」
「おん かかか びさんまえい そわか」




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん ばざら たらま きりく」※今日の守本尊千手観音様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IvMea3W6ZP0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

 

2016
02.17

人間の病いと世界の病い

 患者一人一人が抱える心のいと徹底的に向き合った故河合隼雄の言葉である。

201602170001.jpg

「ぼくの場合は、一人の人間のことに必死になっていたら、世界のことを考えざるをえなくなってくるんですね。
 結局、深くんでいる人は世界のんでいるんですね。」


 一人の人間のありようは世界の具体的な表現だ。
 一人の人間のありように世界が表れていないはずはない。

「進行性不治難病と告げられて何処に在りてもわれは〈時計〉か」(山口健二


 進行性をもった不治の気に罹った山口健二氏は、自分が死への時を刻み続ける一個の時計であると観じた。
 しかし、気づいて詠んだのは一人であっても、たった一人だけが〈時計〉なのではない。
 万人が〈時計〉なのだ。
 追いつめられた一人の心理に万人のありようが顕れている。

 また、病気になり伏せっている維摩居士(ユイマコジ)を見舞い、あなたほどの神通力を持った方がなぜ病魔に勝てないのかと問う文殊菩薩へ、居士は答えた。

「一切衆生(シュジョウ)病むが故に我れ病む」


 万人に病気があり苦しんでいるのだから、自分もまた同じ苦しみを苦しむのは当然であるという。
 悟りを開きながらも絶対安心の世界である涅槃(ネハン)へ入ってしまわず、人びとの苦楽を自分の苦楽と感じながら具体的な救済に励む菩薩(ボサツ)の道を示す決定的な言葉である。
 身代わり地蔵は、衆生の苦しみを我が苦しみと深く感じるがゆえに、身代わりになられずにはいられない。
 たった一人をも見捨てない。
 苦しむ一人に、万人の苦しみが表れており、菩薩は万人の苦へ立ち向かう。
 弥勒菩薩(ミロクボサツ)が現れて最後の一人をも救い尽くす日まで。。

 苦しむ〈一人の人間〉が心の目に入らない人は、世界の苦しみがわからない。
 自分が苦しい時は、万人の苦しみがわかる時だ。
 苦しむ人が目に入る。
 さあ、見えてくる人、見えてくる世界へ、自分はどうするか?
 何ができるか?
 何をしないではいられないか?




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。