--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
05.14

平等・智慧・布施の世界 ─映画『殿、利息でござる!』を観て─

2016-05-14-0001.jpg
〈河北新報様よりお借りして加工しました〉

2016-05-14-0002.jpg
〈お焚きあげの不動堂〉

2016-05-14-0003.jpg
〈笹倉山と永代供養自然墓『法楽の郷』〉

2016-05-14-0004.jpg
〈笹倉山と個別型永代供養樹木葬『法楽陵』〉

2016-05-14-0005.jpg
〈横幅30メートルに及ぶ十三仏守護の永代供養共同墓『法楽の礎』〉

 当山のある宮城県黒川郡大和町は、映画『殿、利息でござる!』でもちきりだ。
 何しろ、大和町の中心部吉岡地区で実際にあったできごとをもとにして創られ、子孫たちにとっては、ご先祖様方の隠れた善行が陽の目を見るという、ほとんど信じがたい作品なのである。
 全国公開に先がけて観られる当地の映画館は老若男女でいっぱいだ。
 特にお年寄りの姿が目立つ。
 仙台市の北部に隣接する黒川郡全体としてはトヨタ自動車などの工場進出でめざましい動きがあっても、さびれる一方の吉岡や周辺地域の人々にとって文字どおり、快哉を叫びたくなるできごとだからだ。

 KHBによれば、話はおおよそ以下のとおり。

 金欠の仙台藩は百姓町人へ容赦なく重税を課し、破産と夜逃げが相次いでいた。
 さびれ果てた小さな宿場町・吉岡藩で、故郷の将来を心配する十三郎(阿部サダヲ)は、知恵者の篤平治(瑛太)から宿場復興の秘策を打ち明けられる。
 それは、藩に大金を貸し付け利息を巻き上げるという、百姓が搾取される側から搾取する側に回る逆転の発想であった。
 計画が明るみに出れば打ち首確実。
 三億円相当の大金を水面下で集める前代未聞の頭脳戦が始まった。
「この行いを末代まで決して人様に自慢してはならない」という“つつしみの掟”を自らに課しながら、十三郎とその弟の甚内(妻夫木聡)、そして宿場町の仲間たちは、己を捨てて、ただ人のために私財を投げ打ち悲願に挑む!
『武士の家計簿』の原作者が取材した実話を基に、『ゴールデンスランバー』『白ゆき姫殺人事件』の監督が贈る痛快歴史エンターテインメント超大作。


 僧侶の身としては、他のため、皆のためになろうとする〈布施〉の精神はもちろんだが、仏教的観点からの〈平等〉が描かれていることに最も感心した。
 地域を救うため、貧しい庶民が、地域の有力者やお金持ちへ堂々と出資を説くシーンには涙が出た。
 皆のためという誠心に身分や貧富による違いはない。
 自分のためではなく、皆のためであればこそ、お金を出したくないという執着心に対して、「それでいいのか?」「恥ずかしくないのか?」と問いかけることができる。
 自分の執着心であろうと、他人の執着心であろうと。
 むろん、人はそれぞれなりに、他人にはわからない事情というものを抱えており、布施は決して強制されるべきではない。
 本当の布施の心は平等にはたらき、布施をする時、一切の差別は消え、人間として真の平等が実現する。

 私たちが普段、意識している「平等」とは、ほとんど「チャンスにおいて不公平でない」という意味である。
 いわゆる「機会の平等」だ。
 しかし、仏教における平等、すなわち差別(シャベツ)を離れた心は違う。
 我欲(ガヨク…自己中心的な自分へのこだわり)や我慢(ガマン…自己意識から起こる慢心)から離れ、自分と他人とを差別しないのが〈平等〉である。
 平等の心から他人の苦を見捨てられず、それを何とかしないではいられずにはたらくのが〈智慧(チエ…自己中心でなく最善の方法を考える心)〉であり、そこで行われる実践が〈布施〉である。
 ここにおいて、本人は執着心から離れて真の自由を得、相手は苦が消される。
 だから、平等な意識で智慧がはたらき、行われる布施は清浄な行為であり、滅罪への道とされる。

 いかに史実に基づくとは言え、この映画はあくまでも娯楽作品である。
 伊達家の殿様やフィギュアスケートの羽生結弦選手が効果的に使われ、人々は皆、善人として描かれる。
 映画を観て、そんなことはなかろう、と思う方もおられようが、〈布施〉と〈智慧〉と〈平等〉が救いをもたらす世界の価値を多くの方々に感じとっていただきたいと願ってやまない。
 ご覧になられればきっと、性欲・暴力・恐怖といった刺激に頼らない良質の映画に安心されることだろう。
 



 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト
2012
10.15

托鉢と議員報酬

20121015014.jpg

 ここ大和町では、あまりに議員報酬が低すぎて、お金に余裕のある人や第二の人生を歩む人などでなければ、議員を勤めることは難しいと指摘されています。
 政治の世界へ人生をかけようとする意欲にあふれた若い人を育てるためには報酬を引き上げ、政治活動をしながら結婚し子育てするなど、人生設計もできるようでなければなりません。
 ところが、経済的に低迷している現在、なかなか賛同者が増えません。

 Aさんからこんなお話を聞きました。
「住職さん。
 反対する人たちが多いのは、往々にして、議員のはたらきぶりがよく見えない地域です。
 住民の声を町政に反映させようと一生懸命な議員のいる地域の人たちは、『これでは気の毒だ』とわかってくれるものです」

 とてもよく納得できます。
 托鉢で歩き、同じ現象を感じていたからです。
 玄関先での読経を断る人たちが多いのは、ともすると、寺院や僧侶があまり評価されていない地域です。
 ようやく拝ませていただいた後で、こんな話を耳にします。
「葬式を頼んだら、食えなくてやっている別な仕事の休みがとれないからと、一週間も待たされたことがあります」
「ある席で住職とご一緒させていただいたら、地域で亡くなりそうな人の名を挙げて、消息を尋ねられました」
「いつも送迎付きで、法事では銘柄指定の酒をしこたま飲まれます」
 これでは、托鉢僧をも拒否するわけです。
 僧侶全員が常に自らを戒めつつ法務に勤しまなければ、結局は仏法の衰退につながると危惧しています。

 現職の議員さん方が皆さんが頑張ってやることをやっておられれば、きっと理解者が増えることでしょう。
 一日も早く、有為の若者が安心して立候補できるような環境となるよう願っています。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」※今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2009
11.23

道祖神

 兎野の田圃を通る道ばたに道祖神が祀られています。
 11月28日には、おも行われます。
 魔除けや五穀豊穣、あるいは子宝を願う素朴な祈りが、今も続いています。
 この道を、イヌに声をかけながらベテランらしい風情の狩人が歩いて行きました。
 仙台市の中心部から車で半時間ほどの大和町宮床には、こうした地域が残っています。

211116 011

211116 008

211116 006

211116 0072



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 密教・修験道へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



人気ブログランキングへ



back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。