--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
04.04

運勢を暗くする四魔について

20130404007.jpg
〈岩出山の『森栖』さん〉

 苦を抜く方法として、「大日経」は四魔を封じよと説いています。
 四魔(シマ)とは、煩悩魔(ボンノウマ)・天魔(テンマ)・死魔(シマ)・蘊魔(ウンマ)です。
 四魔は自分の心から発し、他から呼び込む場合もあります。

 四魔がはたらくと、人それぞれに異なる人格の香りが変化し、感覚に狂いが生じたりします。
 これはやがて病気になる場合もあるので、要注意です。
 性格や好みが偏ってきたり、何か一つしかできなくなってきたなら、早く体調を整えないと、事故や災難に遭いかねません。
 心が偏ると、どうしても、ものごとを悪くとりがちになり、悪いものに影響され動かされやすくなり、悩みも生じます。
 また、あちこちに身体をぶつけたり、事故が多くなったりしている人は、体調にまで影響が及んでいる可能性があるので、ご加持や病院での治療を受けてみたいものです。
 四魔の障害によって、いる場所や向かう方向があいまいになる場合があります。
 そして、魔ものなった悪心がはたらいている引け目は魔ものに見破られ、とり憑かれ、悪循環に陥りかねません。

1 煩悩魔(ボンノウマ)

 目や耳などの六根で好(コウ)・悪(オ)・平(ヘイ)・苦受(クジュ)・楽受(ラクジュ)・不楽不苦受(フラクフクジュ)と感じ、それが潜在意識へ入ってはたらき煩悩となります。
 煩悩が必要以上に求め、暴走し、障害を及ぼすのが煩悩魔です。。
 誰にでもある煩悩について巧みに語り、悪しき面でよく当たるように思わせる占い師などは、煩悩をうまく利用する煩悩魔です。

 自分から出たり、自分から呼んだりし、すぐに腹を立てる、あるいは邪慳になる、あるいは邪淫などの悪行に結びついたりもします。
 負けないための心がけとしては、恩を忘れず、感謝の心を持つことです。
欲に流され理性を眠りこけさせてはなりません。
 また、極論へ走らず、万事、偏らないようにしましょう。

 煩悩魔が離れると良縁がつくようになり、非行が防止され、夫婦円満、家庭円満となります。
 個人的、家庭的な運勢がよくなります。

2 天魔(テンマ)

 嫉妬が魔ものとなり、自分でもわけがわからぬままに他への害意を抱いたり、あるいは人智の及ばないところから害意を持って襲い来るのが天魔です。
 とかく悪口を言い、わけもなく他へ攻撃的になっていれば、天魔が生じているかも知れません。
 自讃毀他(ジサンキタ)といい、臆面もなく自らを讃歎し、他を貶めるような状態になれば、もはや重症です。
 天魔が強くはたらくと、仮の良縁はすぐに消され、実の良縁も、もぎ取られてしまいます。

 負けないための心がけとしては、謙虚になり、感謝の心を持つことです。

 天魔が離れると金運などに恵まれ、事業が伸び、社会的活動が活性化します。
 他動的な運勢がよくなり、社会的な運勢がよくなります。

3 死魔(シマ)

 死に対する怖れや、死に関係する人の悪心や、死に神から来る障害です。
 わけもなく、死にたくなります。
 あるいは傷つけたり、殺したくなったりします。
 死に対する歪んだ関心が、無用の怖れや道理でない期待となったりします。
 苦しんでいる人へ言葉によるいたわりをせず、心ない言動をとり、心からぬくもりが消えている人は、死に神になっています。
 一度口から出た言葉へいつまでもこだわり、凍った状態を溶かそうとしない頑迷な人も、ぬくもりから遠ざかっています。
 怨みや未練を持ったままで亡くなられた場合は、しっかり引導を渡さねばならないのはもちろん、供養法も重要です。

 負けないための心構えとしては、自分も世界も(クウ)であり、であればこそ愛しいという気持を体験することです。

 死魔が離れ、地縛霊が解かれ、死霊が安らかになると、周囲に陽光が射してくるような気配となり、運気が陽の方向へ転換します。
 亡者を怖れなくなり、呼び込まなくなります。

4 蘊魔(ウンマ)

 モノや感受作用や意志作用など、この世の構成要素の不釣り合いから来る障害です。
 言葉は巧みだけれども基本的見解の正しくない人や、自他のものの区別を忘れる人となり、ものを正しく観られないので、すぐにトラブルとなり、親子の争いが起きたりもします。
 物欲や食欲などの五欲が混乱するのは、煩悩魔と共に蘊魔もはたらいている場合が多いものです。

 負けないための心構えとしては、とにかく色眼鏡を外し、ありのままに観て正しい見解を持つことです。
 また、人も、ものごとも、入れ物だけでなく実態をよくよく見透さねばなりません。
 見聞きするものに惑わされない人間にならねばなりません。

 蘊魔を断てば、特に、人を動かす仕事関係においてよき変化が出ます。
 
 自分自身を省み、心がけを考えて過ごし、手に負えない時には四魔切りのご加持(カジ)によって障害を取り除き、善願成就となりますよう。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん ばざら たらま きりく」※今日の守本尊千手観音様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

 

スポンサーサイト
2011
08.28

タブー ─子供や妊婦は葬式へ出られない?─

「───おばあちゃあん。───おばあちゃあん」
 枕経に訪れたお宅で、母親の膝に乗った男の子がグスングスンとむずかっています。
 一緒に白鳥へ餌をやりに行こうと約束していた祖母が突然、亡くなってしまったのです。
 言葉もなく辞した車中で、葬儀屋さんから意外な話を聞きました。
 地方によっては葬式子供を列席させない場合があるけれども、今回はどうしましょうかというのです。
 さらに考えられない実話が落ちついた口調で語られました。
 妊婦であるからという理由で肉親の葬式にでられなかった娘さんの話、あるいは嫁ぎ先の義母が何かの判断をしたために実家の母親の葬儀に出られなかったお嫁さんの話など、どれも合点のゆかないことばかりでした。
 こういったタブーのほとんどは、〈(ハレ)〉と〈穢(ケ)〉の感覚にまつわるものです。
 私たちの文明は、穢れとし、さまざまな理由をつけてタブーをつくった時代の影響から、とっくに脱すべき段階です。
 僧侶が責任と勇気を持ってものの道理を説かないために、〈怖れ〉が人の発展を阻害する奇怪な天魔と化して闊歩しているのでしょう。
 
 男の子は5歳です。
 もう、はっきりと祖母のを感じ取り、自分に起こったできごととして受け止めています。
 人は誰しも、自分のをもって最後の仕事をします。
 それは、周囲の人々を立ち止まらせ人生の大事に直面させるということです。
 彼もまた幼いながらお祖母ちゃんの仕事に応えようと、しっかり立ち止まっています。
 誰がそのまれなる人生修行の機会を奪えましょうか。
 厳かで正統な儀式へ立ち会い、の厳粛さを感じて欲しいと願うばかりです。

(この文章は、平成16年に書きました。もうネットで読んでいただけない古い綴りの中から行者高橋里佳さんがピックアップしたものを加筆修正の上、再掲しています)

20110809 017



 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん あらはしゃのう」※今日の守本尊文殊菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2010
06.29

『四十二章経』第二十五章 ─成就─

 このページは、機関誌『法楽』作りに参加された皆さんと一緒に、中国へ伝わった最初の仏教経典とされている『四十二章経』を学ぶ過程を綴っています。
 毎回、一章づつ、3年半かけて学び通す予定です。

第二十五章 成就

「仏の言(ノタマ)わく、
『夫(ソ)れ道を為す者は、猶(ナオ)し木の水に在って、流(ナガレ)を尋ねて行くに、左に岸に觸れず、亦(マタ)右に岸に觸れず、人の取る所と為(ナ)らず、鬼神(キジン)の遮(サエギ)る所と為(ナ)らず、流(エル…渦巻)の住(トド)むる所と為(ナ)らず、亦(マタ)腐敗せず、吾(ワレ)、其(ソノ)海に入るを保せんがごとし。
 人の道を為(ナ)すや、情欲の惑す所と為(ナ)らず、衆邪(シュジャ)の誑(マド)わす所と為(ナ)らず、精進して疑(ウタガイ)無くんば、吾(ワレ)、其(ソノ)道を得るを保せん』」


 釈尊は説かれました。
仏道を歩む者は、水に浮かぶ木片が、川の流れに沿って海を目ざす場合に、左右の岸にぶつからず、誰かに拾い上げられず、魔ものに妨害されず、渦巻に巻き込まれず、腐らず、必ず大海へ到達するように、正しく修行するならば、必ず悟りを得られることを保証しよう。
 人が仏道を歩む際には、情欲に惑わされず、邪魔ものに誑(タブラ)かされず、信じて精進するならば、成就できることを保証しよう」

 実践者釈尊の力強い教えです。
 私たちが川を流れる木片であるというのも、実にイメージしやすいたとえです。
「左右の岸にぶつかる」とは、見るもの、聞くものに左右される迷いです。
「誰かに拾い上げられる」とは、おかしな説に取り憑かれてしまうことです。
「魔ものに妨害される」とは、善行を邪魔しようとする天魔などに狙われることです。
 天魔とは天界にあって善行を妨げる魔ものですが、「好事(コウジ)魔有り」というように、順調な時や、ここぞという時に突然やってくる不慮の事態、あるいは、妬み嫉みによる妨害なども含みます。
「渦巻に巻き込まれる」とは、五欲に溺れてしまうことです。
 たとえば受験勉強に打ち込んでいる時に強い恋愛感情が起こり、勉強も恋愛もうまくゆかなくてグチャグチャになる状態などは、溺れていると言えましょう。
「腐敗する」とは、修行に慣れたり嫌気が差したりしていいかげんになることです。
 弟子たちがばれないように戒律を破ったり、修行に励んでいるふりしてサボったりしても、きっと釈尊にはお見通しだったことでしょう。
 それにしても、釈尊の「保証しよう」には千金の重みがあります。

〈衆議院議員の石山敬貴先生が飛び入りでミニ講演をされました〉
220628 002

〈突然のお天気雨です〉
220628 010

〈上がりかけたお天気雨〉
220628 012





「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。



[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2008
08.16

お盆供養会が終わりました

 15日、お盆供養会が終わりました。
 恒例の奉納剣でも雨に祟られず、無事、守本尊法を終えることができました。
 お塔婆の申し込みがこれまでで一番多かっただけでなく、何日も前から準備にかけつけ、遅くまで後かたづけをしてくださった方々の数もこれまでにないほどであり、とても感謝し切れない数日でした。
 ベテランの役員さん方と若い行者たちが一つになって運営の立案から実行までを取り仕切り、爽やかでスムーズな式典となりました。
 ご奉仕、ご参加、供養のお申し込みをくださった方々へあらためて感謝申し上げます。

 さて、護摩供養の修法を行っていて、龍がとぐろを巻いているような渦巻や、龍が天へ駆け昇るかのような上昇気流を感じた瞬間がいくつかありましたが、信徒さんが撮ってくださった写真にそうした気配が映し出されていたのには驚嘆しました。

〈なぜか、上へ伸びず、溜まっているように燃えています〉
2008152.jpg

〈螺旋になって伸び始めました〉
2008151.jpg

〈どこかシュールな睡蓮です〉
2008153.jpg

〈ほぼ完成した『開運不動明王』様のお堂前で慈救呪(ジクジュ)を開始〉
2008168.jpg

〈準備の疲労を超えてイザ九字法へ〉
2008156.jpg

〈魔ものは去れ〉
2008154.jpg

天魔から守る隠形(オンギョウ)の構え〉
2008157.jpg

〈エイッと難しい抜きつけ〉
2008155.jpg


 ところで、「忘却することは怠惰の入口、を意識することは目的達成の入口」という言葉があるそうです。
 は自分にも、あるいは誰かにも、一瞬後に訪れて何の不思議もないので、なすべきことをなす、なせるのは今しかありません。
 こうした事情は何も行者に限ったことではなく万人に通じる真実であり、目的意識が明確な人なら誰でも今、行わないではいられないはずです。
 怠惰の入り口から入るわけにはゆきません。
 
 そうした意味でも、お盆のような「亡き人」を偲び、供養する機会はとても大切なものです。
 自分が今、偲んでいる相手のように誰からか偲ばれていてもあたりまえなのだという想像力、それをもたらす無常の理への理解。
 言葉で「人は誰でもぬ」と考えるだけでなく、胸に迫り来る感覚を伴った理解が生じれば、怠惰への転落は防がれ、同じすべき宿命を持った同士としての他人やいのちあるものたちへの姿勢も変わることでしょう。
 こうして、亡き人を供養することは、その縁によって自分が供養されること通じ、正しい供養は常に「相互供養」になります。

2008
04.18

天魔に負けない人になってください

 天魔は、「幸せつぶし」としてたち現れます。
 天魔に遭うと、考え深い人は「理不尽」、あるいは「不条理」などととらえ、さらりとした人は「運が悪い」、「間が悪い」などと思います。
 そして、何とかしようと悪戦苦闘してもなかなか去ってくれないと怒りや怨みを抱いたり、途方に暮れたりします。
 こんな時に真言を唱えると目の前の壁が意識から離れ、唱え終わる頃にはまったく新しい考え方をしていて驚く場合もあります。

 真言は瞬時にして異次元の真実世界へ導きますが、絵画や音楽といった芸術にも似たようなはたらきがあります。
 たとえばシュルレアリスム(超現実主義)のサルバドール・ダリ、ルネ・マグリット、あるいはマックス・エルンスト、ジョアン・ミロなどの絵画は、惰性的に動いていた眼や心をストップさせ、日常的なはたらきの陰に隠れていた感覚を目覚めさせます。
 20世紀初頭に作曲されたホルストの代表作『惑星』などの音楽も、例を挙げたらきりがありません。
 いずれ、寺子屋では、学校、熟、パソコン、テレビといったものに縛られている日常感覚から解放する時間と空間を体験させたいと考えています。

 私たちは、知らぬ間に自分の心を染めています。
 歓喜、悲嘆、安心、不安などに応じて色は移ろいますが、心に強いベールがかかると一色になります。
 そうなると、淀んだいのちは活動を弱め、塞がった心は固まるだけでなく、何かのおりに火山のような動きに転ずる可能性もあります。
 解放体験はそうした状況の救済になるだけでなく、能力開発にも大きな効果を発揮することでしょう。

 当山では日々、人生相談やご加持やご祈祷などで個々の問題に対する治療法を行っており、寺子屋では子どもたちへ新鮮な体験をさせ、身心の病気に対する予防法と能力開発法を行い、天魔などに負けない大人に育ってもらいたいと願っています。

back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。