--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
09.02

9月の守本尊は不動明王様です

2016-09-02-0001.jpg

 9月は、白露(ハクロ)と秋分の長月(ナガツキ…9月7日より10月7日まで)です。
 9月は酉(トリ)の月なので、守本尊不動明王様です。

 不動明王様は『種々界智力(シュジュカイチリキ)』という、人がいかなる世界の住人であるかを知る「智慧の力」と、無限なる「慈悲の力」を発揮してお救いくださるみ仏です。
 たとえば、地獄界にいる人にとっては光明こそが救いであり、餓鬼界にいる人にとっては飲食できることが救いです。
 住む世界によって何が救いになるかは違います。
 戦乱の中にあれば平和、いじめられている人にとってはいじめの終熄が最も切実な望みです。
 大日如来様の使者である不動明王様は、一人一人の救いとなるものをよく見極め、力をお与えくださいます。

「燃えるが如(ゴト)き境地なる○常に火生(カショウ)の三昧(サンマイ)に○住(ジュウ)し如来(ニョライ)の命(メイ)受けて○意(ココロ)の内(ウチ)と外にある○一切世界の障害と○汚れをすべて焼き尽くし○魔を打ち砕くその威力○大力(ダイリキ)にして威猛(イモウ)なり」


(火が燃えるような境地である火の心に成りきり、大日如来の命令によって、私たちの心の内側と外側にあるすべての世界の邪魔ものと、汚れをすべて焼き尽くし、迷わせ苦しめる魔ものを打ち砕く威力は無限の力を持ち、その強さ、激しさはたとえようもない)

 子供が駄々をこねた時、「よしよし、いい子だね」と優しく接して不満を解消させ、態度を改めさせるのも、一法ですが、それでも聞き分けがなかったり、納得させる時間的余裕がなかったりすれば、「ダメッ!」「コラッ!」と叱りつけて場面を転換せねばなりません。
 私たちの心と、生きる現実世界がこうなっているように、み仏の世界でもまた、観音様やお地蔵様は前者の役割を務め、お不動様は後者の役割を務めてくださいます。
 何とありがたいことでしょうか。 
 私たちの心が万華鏡に似ているのと同じく、み仏の世界も多様性に富んでおり、それを示すのがマンダラです。
 私たちはマンダラの前に座り、じっと心を澄ませると、マッサージでツボが刺激されて身体のはたらきが活性化されるように、心の豊かさを取り戻せます。

2016-09-02-0002.jpg

 また、不動明王様は、酉年生まれの善男善女を一生お守りくださる守本尊様でもあり、身体においては、主として胴体をお守りくださいます。
 ご供養し、ご守護いただき、文化の幸(サキ)わう月を心豊かに、無事安全に過ごしましょう。
 また、数え年才3・12・21・30・39・48・57・66・75・84・93・102の方々を今年一年、立春から節分までお守りくださいます。

2012098.jpg

 写真は、永代供養を行ってご加護を受けるため、当山の講堂へ納められた不動明王様です。
 総丈は約35㎝あり、日本で唯一、護摩を焚いてできた灰が体内へ納められています。(奉納受付中)〉

 9月の守本尊様をご供養しお守りいただきたい時、願いを成就させたいと念じる時、辛い時、悲しい時、淋しい時、あるいは感謝したい時は、合掌して真言(真実世界の言葉)をお唱えしましょう。
 たとえ1日1回でも、信じて行なえば、ご本尊様へ必ず思いが届きます。
 回数は任意ですが、基本は1・3・7・21・108・1080回となっています。

「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」

今月の真言をお聞きになるにはこちらをクリックしてください。音声が流れます


※お聞き頂くには 音楽再生ソフト が必要です。お持ちでない方は、
 こちらから無料でWindows Media Player がダウンロードできます。





 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト
2016
01.30

イラク戦争と靖国神社への祈り(その16) ─死と仏壇─

20160129001000011.jpg

 平成16年1月、自衛隊のイラク派兵に鑑み、仏神と祖霊のご加護で自衛隊員の無事帰還をはかるべく、靖国神社へ向かって托鉢行を始めた。
 世界の情勢が急変を見せ始めた今、そのおりの記録を加筆訂正しながら再掲しておきたい。
 不戦日本の願いを込めて。

 ご葬儀となり、宮城に留まる。

死と仏壇(2月24日)

 ご不幸があった場合、お仏壇を閉じるか、それとも開けたままにしておくか、宗派の作法や地方地方の慣習としてはさまざまある。
 基本的には旦那寺や慣習に合わせておけば大過ないが、場合によっては、親戚縁者の意見が分かれたりするなど議論百出になり、喪主様が困り果ててしまう。
 当山にはこれまで幾度もこの問題についての人生相談があり、喪主様から「皆を説得してください」というご依頼もあった。
 いつも、こう申しあげてきた。
「私が決めて、皆さんに従っていただくというよりも、まず、喪主様に、ものの道理として考えていただきたいと思います。
 もちろん、その材料はご提供しましょう」
 そして、以下のような話などをする。

仏壇はお堂あるいは寺院です。
 仏壇には必ずご本尊様が祀られ、もしご先祖様など先に逝かれた方があれば、そのお位牌も安置されていますね。
 当然、読まれる経典や、お線香などのご供物もあることでしょう。
 さて、ご本尊様という仏宝(ブッポウ)があり、教えという法宝(ホウボウ)があるお堂の前に座り、合掌したりお経を読んだりする人は僧宝(ソウボウ)であると言えます。
 三つの宝ものがあるならば、そこは明らかに寺院であり、聖地です。
 必ずしも立派な建物があるから寺院なのではなく、もし、酒色に狂ったり、修行をおろそかにしたり、豪勢な生活を楽しんだりする破戒僧侶がいれば、伽藍の価値や、長い歴史や、広い名声にかかわらず、真の寺院とは言えません。
 このように、仏壇寺院である以上、家族を送る大切な時に、そこにおられ日々拝んでいるご本尊様に手を合わせてはいけない根本的な理由がありましょうか?
 また、大切な家族の死に際し、ずっとご守護いただいてきたご本尊様におすがりしないでいられないのは、極めて自然な真情です。

 そもそも、私たちのいのちと心と共におわすみ仏のご守護について、私たちが、『今は要りません』などと言えるはずがありましょうか。
 当山でお唱えする『守本尊利益経』には『日は365日昼夜を見守り時は一刻の休みなく八方天地十方世界を守る』と説かれています。
 み仏を想い、ご本尊様に合掌する心を断絶する根本的な理由はないのです。

 判断するに当たって大切なのは、枝と幹を見誤らないことです。
 言うまでもなく〈根本〉こそが幹です。
 常に根本からの発想や判断だけで世の中を円滑に渡って行けるわけではありませんが、自分がものごとの決定にあずかれる立場に立ったならば、そこのところを間違えないようにしたいものですね」




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2014
02.24

3月の守本尊様と真言 ─文殊菩薩─

20140223居合01DSCF064525

20140223居合02DSCF0650232

地鎮祭にて八方天地十方世界を守る守本尊様方のご加護をいただく〉

 3月は、啓蟄(ケイチツ)と春分(シュンブン)の卯月(ウヅキ…3月6日より4月4日まで)です。
 3月は卯(ウ)の月なので、守本尊文殊菩薩(モンジュボサツ)様です。

 文殊菩薩様は、『過現未来業報智力(カゲンミライゴッホウチリキ)』をもって、過去から現在を通り未来へと連なる因と縁と果とのつながりを見極めるお力をくださり、悪しきことをせず良きことを行うようお導きくださいます。
 文殊菩薩様は、卯年生まれの善男善女を一生お守りくださる守本尊でもあり、身体においては、主として腕や手をお守りくださいます。
 また、数え年3・12・21・30・39・48・57・66・75・84・93・102才の方々を今年一年、立春から節分までお守りくださいます。
 ご供養し、ご守護いただき、暖かさが嬉しい月を心豊かに、無事安全に過ごしましょう。


21080819 009

 写真は、永代供養を行ってご加護を受けるため、当山の講堂へ納められた文殊菩薩様です。
 総丈は約35㎝あり、日本で唯一、護摩を焚いてできた灰が体内へ納められたご本尊様です。(奉納受付中)

 3月の守本尊文殊菩薩(モンジュボサツ)様をご供養しお守りいただきたい時、願いを成就させたいと念じる時、つらい時、悲しい時、淋しい時は、合掌して真言(真実世界の言葉)をお唱えしましょう。
 たとえ一日一回でも、信じて行なえば、ご本尊様へ必ず思いが届きます。
 回数は任意ですが、基本は1・3・7・21・108・1080回となっています。

「おん あ ら は しゃ のう」

今月の真言をお聞きになるにはこちらをクリックしてください。音声が流れます


※お聞き頂くには 音楽再生ソフト が必要です。お持ちでない方は、

こちらから無料でWindows Media Player がダウンロードできます。





 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2012
08.31

当山のお葬式ではこうしたことが行われます ─故人の思想や宗教を選ばずに引導を渡す理由─

201208310142.jpg

 お葬式では何がどう行われるのか、おおまかな順番と内容は以下のとおりです。

1 お清め

 まず、護身法を行って行者自身と、修法の道場となる場所全体、あるいはご参列の方々やご供物なども清めます。
 仏神に降りていただき、故人をみ仏の世界へお送りする厳粛な時を迎え、清めねばなりません。
 大切な方をお招きする時に心を正し、掃除を行い、皆が威儀を整えるのと同じです。

2 結界

 お釈迦様が悟りを開かれる寸前、魔ものたちは四方八方から邪魔しようとしましたが、結界によってすべてシャットされました。
 日常生活的な空間でないお葬式の場が開かれようとする時も同じであり、八方天地すべてが見えない聖なる壁によって塞がれます。

3 み仏へのご挨拶

 東・南・西・北とそれぞれの方位をご守護くださるみ仏方をお讃えします。

4 ご守護慰霊
 
 故人をご守護しお慰めする法を結びます。
 ご逝去の形などによってそれぞれに異なるみ仏のご守護をいただきます。

5 結界

 明王様の法により重ねて結界を結びます。

6 礼拝

 仏法僧へ帰依する心を新たに表明します。

7 願いの文

 これからみ仏にお救いいただきたい内容を申し述べ、お願い申し上げます。

8 剃髪(テイハツ)

 目に見えない刀で故人の髪を剃り落とし、み仏の子としてみ仏の世界へ旅立つ準備に入ります。

9 お授け

 み仏と一体になった導師が故人を懺悔へ導き、戒律を授けます。
 戒名を求められた場合は戒名も、そして、み仏の世界を象徴する梵字も授けられます。
 
10 開扉

 法の力により、あの世の扉が開かれます。

11 願いの文

 救いの世界を讃え、この世からあの世へお導きいただくよう、お願い申し上げます。
 また、こうした救済がすべての御霊へ与えられるよう、お願い申し上げます。

12 引導(インドウ)

 引き導く引導とは、み仏と一体になった導師が、故人を迷いのこの世から安心のあの世へとお渡しするお葬式の要です。
 仏教の行者は、この一瞬に修行と法力のすべてをかけます。
 言い換えれば、ここで確かな法を結べてこそ一人前の僧侶であり、これができなければ、ご葬儀で導師を務めることはできません。

13 供養

 み仏と、あの世の住人になられた御霊をご供養します。

14 お焼香

 ご参列の方々にも供養のお焼香をしていただきます。

15 み仏へのご挨拶

 大日如来の使者として終始、この場を御守りくださったお不動様をお讃えします。

16 解界(ゲカイ)

 結んだ結界を解き、導師は修法壇を降ります。

17 法話

 私たちにとって、先に行かれた方にとって、ご葬儀とは何か、この厳粛な事態を迎えた私たちの心はどうあるべきか、私たちが故人に対してできることは何か、などをお話し申し上げます。
 ここまでをもってお葬式のすべてを終わります。
 お焼香が終わればそれでおしまいではありません。
 どうぞ最後までご静粛に過ごされ、ご協力をたまわりますよう。



 以上が当山で行うお葬式の概要であり、当然ながら、この内容はお布施の金額などによって変わることはありません。

 明治時代、廃仏毀釈(ハイブツキシャク)によって、日本史上例を見ない国家による仏教破壊が行われました。
 その狂風はまもなくおさまりましたが、仏教を貶めるための説がたくさん流され、その残滓は今も残っています。
 たとえば、「お釈迦様が自分の遺体にかかわるなと言われた」という経文のわずかな部分だけをとりあげて、「そもそも仏教と葬儀は関係ない」と主張する方もおられますが、かなり無理があります。
 最新の研究によれば、少なくとも9世紀のインドでは、経典に基づく死者儀礼が行われていました。
 その流れは当然、当山が行う修法にも深い影響を与えています。
 また、仏教は、お告げや預言ではなく、精緻な哲学を伴った思想を基にした宗教です。
 だから、歴史と共に深められ、高められ、世界各地で伝統的な習俗や思想や宗教の影響も受けながら発展して来ました。
 そうしたことを無視して、お釈迦様の時代に還れというのは、実存主義や現象学などの成果を否定して、ソクラテス・プラトンに還れと主張することと同じで、あまり創造的ではないと思われます。

 お葬式のお経はよくわからないというご批判があります。
 この点については、普段の勉強会や説法による説明はもちろん、当山が毎月行っている例祭や年忌供養では極力、読み下し文を用いるなどして対応しています。
 それでもなお、定められた次第によって行うので、わかりにくい部分は多々、生じます。
 このことは、み仏の世界、悟りの世界といった私たちの日常的な感覚とは次元の異なる世界を表現している文章なので、どうしても簡単にはわからなくなりがちであるとご理解、ご容赦をお願いするしかありません。
 日々、唱え、修行している私なども微力なので、死ぬまで勉強してなお、よくわからないことは山のように残ることでしょう。
 勉強の続きは来世で行おうと決心し、そうありたいと願うしかありません。
 
 当山ではこうした立場から、お釈迦様に始まりお大師様によって整理された法の流れに基づき、ご縁を求める方の思想・宗教にかかわりなく修法し、引導を渡し続けています。
 無宗教の方や俗名で送られたい方も同じです。
 檀家になるかどうかも無関係です。
 なぜなら、み仏のご加護は決して相手を選ばないからです。
 とにかく、み仏のお導きと後押しする法力によって、この世とあの世の区切をきちんとつけて安心の世界へ旅立っていただきたい、決して迷われないようにという一心で日々、修法を行っています。
 どうぞご安心ください。合掌




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん ばざら たらま きりく」※今日の守本尊千手観音様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

 

2012
08.28

9月の守本尊様

20120828007.jpg

 9月は、白露(ハクロ)と秋分(シュウブン)の長月(ナガツキ…9月7日より10月7日まで)です。
 9月(トリ)の月なので、守本尊不動明王(ふどうみょうおう)様です。


 不動明王様は『種々界智力(シュジュカイチリキ)』という、人が居る世界を知る智慧の力を発揮してお救いくださるみ仏です。
 地獄界にいる人にとっては光明こそが救いであり、餓鬼界にいる人にとっては飲食できることが救いです。
 住む世界によって何が救いになるかは違います。
 戦乱の中にあれば平和、いじめられている人にとってはいじめの終熄が最も切実な望みです。
 大日如来の使者である不動明王様は、一人一人の救いとなるものをよく見極め、力をお与えくださいます。
 また、不動明王様は、年生まれの善男善女を一生お守りくださる守本尊様でもあり、身体においては、主として胴体をお守りくださいます。
 ご供養し、ご守護いただき、文化の月を心豊かに、無事安全に過ごしましょう。

21080819 013

 写真は、永代供養を行ってご加護を受けるため、当山の講堂へ納められた不動明王様です。
 総丈は約35㎝あり、日本で唯一、護摩を焚いてできた灰が体内へ納められています。(奉納受付中)




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」※今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。