--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
11.21

愛情をいくらでも受け止めてくれる子供のこと ─罪滅ぼしと生き直し─

2016-11-11-0293.jpg
〈これから開く四国霊場の花〉

 高崎順子氏は著書『フランスはどう少子化を克服したか』について言う。

子供は嫌がどれだけ愛情を注いでも、受け止めてくれるかけがえのない存在」

 これには参った。
 親の立場から、子供は親が自然に愛情を注ぐ対象、としか、考えなかった。
 実は、子供のおかげで、親になった人が自分の心から愛情をどんどん引き出してもらえるのだ。
 親はそうして愛情豊かな人間に育って行く。
 子供は親を人間らしく育ててくれる。

 可愛い仕草を見ると、可愛がる心が出てくる。
 言うことをきかないと、憎たらしさに耐えて、子供のために、よいことができるよう仕向ける努力をする。
 愛情は豊かになり、揺るがなくなる。

 こう考えつつ自分の子育てを振り返ると、愕然としてしまう。
 情けなくて涙も催す。
 いったい、何をやってきたのか……。

 女の子ゆえ、どう扱えばよいかわからなかった。
 照れくさくて、スキンシップは苦手だった。
 子供が喜べば嬉しいから、欲しいもの、必要なものは極力、与えるようにし、ときおり、妻から「甘やかさないで!」と注意された。
 育てるというより、漠然とではあるが問題なく育っているとしか見えず、信念として特に何かを教え込むということもなかった。
 事業に失敗し、家を失い登校できなくなった子供をこっそり、送って行き、心で〝済まない〟と合掌した。
 進学については、「俺の子なんだから」と勝手に高慢でちんぷんかんな高望みをして困らせた。
 そして子供たちはそれぞれ、はたらき、自分で伴侶を見つけ、自分たちで生きている。

 自分はいったい、何をやってきたのだろう?
 確かに〈食わせ〉はした。
 しかし、充分に愛情を注いだとは口が裂けても言えない。
 なぜなら、子供の悩みや苦しみや淋しさを共有し、その胸苦しさを共に感じ、自分も悩み苦しんだという記憶がないからだ。
 仕事が忙しかったなどという言いわけが通用しない嘘であることは自分がよく知っている。
 はたらき、遊んだのは〈自分の人生〉でしかない。
 生きてきた時間のうち、〈子供や妻との人生〉はいったいどれほどあったろうか?

 どれをとっても、子供との関係が薄い印象しかなく、それは自分が愛情豊かな人間に育っていないことを意味しているのではなからろうか……。

 上記の本に書いてあるわけではないが、フランスでは、かつて、既婚の女性たちも着飾って社交界で華を競い、子育てを使用人へ任せっぱなしにしたことが暴力的な革命分子が育つ温床になり、王妃までも公開ギロチンにかけるという残忍な行為へ走らせたという。
 だから、革命を二度と繰り返さぬよう宗教と情操の教育には充分に留意しているらしい。
 
 この世を去りつつある団塊の世代の方々よ。
 もしも、小生と似た感慨を覚えるならば、今からでも冒頭の言葉を噛みしめてみようではないか。
 遅ればせながら、密かに愛情を注いでみたい。
 子供や孫がいなかったり、子供にとって今さら親の干渉が不要だったりするならば、何かに愛情を注ごうではないか。
 愛情が必要で、いくらでも受け止めてくれる対象は無限にある。
 枯れつつある日々の中から、まだ、愛情という温かなものが流れ出てくるならば、それは心を豊かにし、生きがいが感じられ、罪滅ぼしを伴った〈生き直し〉になるのではなかろうか。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



スポンサーサイト
2015
04.22

お母さんは何でしょう? ―教育について―

201504220001.jpg

 作家柳田邦男氏は、評論『言葉が立ち上がる時』に「関係性喪失の病」を書いている。
 ある知的発達に遅れのある少女が医師のテストを受けた。
「お父さんは男です。
 では、お母さんは何でしょう」
 少女は答えた。
「お母さんは大好きです!」

 このエピソードを思い出すたびに、さまざまな光景がよみがえってくる。
 最近では、仙台市の霊園で両脇を抱えられた障害者に会った。
 両腕を左右から若い女性スタッフに支えられた50前後の女性が大きな造花を手で振り回しながら、歌を唄っているかのように口を開けて歩いてくる。
 誰か身内のお墓参りをしたのか、それとも、五月晴れと言いたくなる陽気なので、スタッフが散歩に連れ出したのか。
 車を運転してすれ違う一瞬では無表情としか見えなかったが、決して大きくない身ぶり手ぶりは、クルクル回る白い菊花とあいまって、心中の踊りを感じさせた。

 驚いたのは、左右の二人にも同じような印象を受けたことである。
 女性は黄色のジャンパーに白いスカート、二人は、ほとんど印象に残らない地味な色合いのジーパン姿。
 しかし、三人は明らかに心中の踊りを共有しつつ、霊園を出ようとしていた。
 おまりできてよかった、なのか、いいお天気だね、なのか、中身はわからない。
 ただ、三つのいのちが一つのメロディを奏でていたことだけは確かに思えた。

 さて、冒頭のできごとである。
 少女の答は、○か×かのテストでは当然、×とされる。
 知的問題があることの証拠ともなろう。
 しかし、少女の心のありようとしてはどうか。
 母親に守られているという大きな安心感の中で暮らしているものと想像できる。
 もちろん、母親の心中はとうてい偲びきれないが、少なくとも少女にとっての母親は観音様そのものではないか。
 ならば、テストでは×であっても、少女の暮らしそのものは花丸がつけられるべきだろう。
 柳田邦男氏はこう評した。
「女の子は知識より大事な真実を答えたのである。」
 そして、○か×かと分ける知識にばかり傾きがちな学校教育を、「生活やいのちの本質にかかわる関係性の大切さ」を教える方向へ向けて欲しいと指摘する。

 今、少子化や、大卒者の一年以内の離職率が3割超という状況にあって人手不足に悩む企業は、社員教育に乗り出している。
 企業への帰属意識を高め、やる気を出させるために皆で山登りをするなどの方策がとられている。
 一方では、社員一人一人の〈状態〉をしっかり把握し、複数の部署でその〈情報〉を共有し合い、一人一人に適した教育を行いつつある。

 日本は、いわば〈教育力〉によってここまで来た。
 物理的には小国であっても、侮られない国家としての歩みを続けてきた。
 これからも、繊細さを失わない教育によって、一人一人のいのちが生かされる国でありたい。
 ゆめゆめ、〈不要者〉を切り捨て、人間を便利な〈道具〉扱いすることのない国でありたい。

○今日から3日間、出張となります。
 次回のブログは2、3日後となるかも知れません。
 また、お会いしましょう。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2015
04.19

便利な環境で長生きしつつ危機を招く私たち

2015041900012.jpg

 4月15日の産経新聞は、曽野綾子氏のコラム『生活水準と少子化の関係』を掲載した。
 その中で、日本の人口減少傾向は危険な水準に達しているが、その原因が果たして巷間言われているように、生活水準や児童保育施設などの問題にあるのだろうかという根源的疑問を呈している。
 世界中を歩いてきた氏は証言する。

「昔、東南アジアの田舎で働いている日本人たちが一様に話していたのは、当時、人口の急激な増加に悩んでいたアジア各国で『一番いいのは、早く村に電気を引いてテレビを入れることですよ。そうすれば夜することがないなんてことはなくなるわけですから。確実に人口は減りますよ』だった。」


 だから氏は、「停電の夜」を増やせばいいが、それはもうできないと言う。
 また、「貧困になれば、もっと子供を産まなくなるだろう、というのは、恐らく間違いなのである。」とも指摘する。
 不便だと人は盛んに身体を使うので性欲も旺盛になるし、機械化されなければ働き手としての子供も自然に求められると言う。
 そして締めくくる。

飢餓で人がばたばた死んでいるような土地の現状も見たが、そこで医師たちから聞いたもっとも驚くべき話は、飢餓状態になると人間の受胎率は上がるという話だった。
 おなかが空けば、セックスどころではなくなるだろう、と私は思っていたのだが、体の方はきちんと種の消滅の危機を察して増える方向に働くのだという。
 繁栄が人口を減らした、とすれば、私たちはどう方針を変えればいいのだろう。」


 日本家族計画協会が平成26年9月に行った「男女の生活と意識に関する調査」によれば、日本におけるセックスレスの男女は未婚・既婚を問わず増え続けている。
 既婚男性で一ヶ月以上性交渉がない人は36・2%、女性は50・3パーセントに上っている。
 その理由として男性は「仕事で疲れている」、女性は「面倒くさい」を第一に挙げる。
 また、性交経験率が50%を超える年令は男性29才、女性28才。
 性交への関心では「関心がない」又は「嫌悪している」が男性17・9%、女性45・2%、特に、25才~29才の男性が20・3%に急増した。

 曽野綾子氏の観察とこれらのデータは、暗い夜がなくなり、便利になると人間は、種を保存する生きものとしての存在から離れてゆくことを意味しているのだろうか?
 最近、東京都の豊島区が消滅可能性自治体とされた。
 若年女性の減少率が50・8パーセントに達したためである。
 1日に200万人の乗客数を誇る池袋駅を抱えていてすら、危機は忍び寄っている。

 病気や天災から逃れて長生きし、便利で楽な暮らしをしようと文明を進めて来た私たちは、それらが得られつつある状況で自分たちの数を減らし、生活の場を崩壊させつつある。
 人間は自然を相手にどこまでも勝者であり続けると思ってきたが、それはとんでもない勘違いだったのではなかろうか?
 人間が〈生きもの〉としての根源的ありようから離れることはきっと、何ものかが許さないのだろう。
 私たちは、私たちの危機から何を学び、どう乗りこえてゆけばよいのだろうか?




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。