--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
10.23

お線香のこと ─高任和夫作『光琳ひと模様』に想う─

ogatko_112.jpg
〈ogatko_11をお借りして加工しました〉
 
 お線香はなぜ点すのか?
 佳い香りを捧げようとするのは供養道の入り口で、お精進の心になり、その心を誓い、その心で生き、御霊へお見せすることこそ真の供養道であり、それは同時に修行道ともなっています。
 つまり、供養修行が重なるところにお線香を捧げる真の意味と意義があるのです。
 では、何にためにお精進をめざすのか?
 それは「三日坊主」を克服するためです。
 なぜ三日坊主になるか?
 それは、やらなければならないことよりも好き勝手なことをやりたいという煩悩(ボンノウ)があり、ガマンするよりも楽をしたいという煩悩があるからです。
 煩悩は誰にでもあります。
 そして、克服も又、誰にでもできます。
 どうやって?
 煩悩が出てきたら、「あっ、これではいけない」と考え、それを振り払って再び、やるべきことをやる、決めたことを実践するといった方向へ戻せばよいだけのことです。
 そうやって、意識という一本の線上に煩悩の黒い点が現れる回数を少なくし、励む白い点が現れる回数を多くすれば、賢い心は慣れて変化するので、だんだんに白い点だけで線が構成されるようになって行くこと請け合いです。
 修行をやると決心したらやり通すかどうかは自分にかかっています。
 誰も自分の代わりに食事をできず、排泄もできず、睡眠もできないのと同じく、到着点まで行けるかどうかは自分にかかっています。

 お線香は佳い香りをふりまきながら淡々と燃え、灰になってなお、香りを漂わせます。
 同様に、煩悩を克服してこそ、分野を問わず、何かが成し遂げられます。
 煩悩の克服とは、たとえば色欲を〈追い払う〉だけではありません。
 そうやる方法もあれば、そうでない方法もあります。
 だからこそ、人類は滅亡しないで済みます。
 たとえば、小説家高任和夫氏の最新作『光琳ひと模様』は、生涯、色好みであり財欲もありながら、凄まじい精進によりそれらをすべて昇華しつつ、とてつもない画業を成就させた希代の画家尾形光琳を描ききっています。
 晩年、座禅に励み女性を近づけない生活をしながら陶工として超一流の作品を作る弟の尾形乾山は、兄の『紅白梅図屏風』を観て言います。

「兄さんは、つくづく不思議なお方どすなあ」
「兄さんは放蕩のかぎりを尽くしたものの、絵によって、美によって浄化され、ついには解脱されたんとちがうかと感じました」
「ねえ兄さん、絵を描くのも陶器をつくるのも、これすべて修行。仏の教えにも通じるんとちがいますか」


 尾形光琳は、彼を丸ごと認め支えた妻に手を握ってもらいながら59才の生涯を終えました。

 何をなりわいにしようと、お線香精進を誓い、実践し、霊性を高めましょう。
 くじけそうになる時は、精進波羅蜜菩薩様(ショウジンハラミツボサツ)様の真言を唱えましょう。
「おん びりやきゃり うん びりえい びりえい そわか」




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


 
スポンサーサイト
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。