--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
02.14

過去が悔やまれて仕方がない時は? ―土木工事と真言―

201502140001.jpg
浄蓮花

 過去が悔やまれ、にうなされもするがどうしたらよいか、というご質問がありました。

 私たちは不完全な生きものです。
 常に、自分の耳目を用いて掴む限られた情報の中から、自分の能力や好き嫌いなどによって取捨選択したものを用いて判断し、行動しているので、後から〈過ち〉と判断せざるを得ないような行為をとってしまうことはやむを得ません。

 また、は一瞬も休むことなく変化し続けており、たとえば、昨日まで痩せ形の女性が好みだったのに、豊満な女性と親密になってからは、すっかり変わったなどということが起こるほどです。
 太平洋戦争、あるいはベトナム戦争などを挟んで思想や主張が180度変わった学者や評論家や文化人は山ほどいます。
 だから、確かに〈あの時はよかった〉はずのできごとが、〈なぜあんなことを行ったのか〉という後悔をもたらす場合があるのは、ある意味、当然と言うしかなく、むしろ、後悔をせず常に前向きなどという人は、若干、注意しておつき合いする必要があります。
 人生に起こる自他のマイナスをしっかり見つめるところからしか、の確かな成長はもたらされにくいからです。
 川村敏明医師は、を病んだ方々と共に考えてこそ「人間が生きることの本質が見えてくる」と言われ、日々、人生相談を行っている当山もまったく同感です。

 最新の土木技術は、コンクリートの擁壁を用いず、水平に踏み固めた地面へ先が90度以上反り返った鋼鉄の網を敷きつめ、反り返った高さの分だけまた土を盛って踏み固めて同じように網を敷くという工法を編みだし、垂直に近い崖が安全に造られるようになりました。
 この工事現場を眺め、の成長もこうしてもたらされるという強い実感を持ちました。
 もちろん、には瞬時の大転換もありますが、そのためには、自覚しないところできっと、デコボコをじわじわと踏み固める工事が行われていたはずです。

 こうしてはたらくを別ものにすることはできません。
 変化していればこそ、心はいつも新鮮でいられるからです。
 問題は、変化によって心が塞がったり迷路へ迷い込んだりしたままにならず、どうやって成長できるか、言い換えれば心の工事はどうすればきちんと行われるかということに尽きます。

 答の一つは、自分を省みるのと同じく、他者の心もよく観たり感じとったりすることです。
 それは現実の人間を相手にしても、小説や音楽などの芸術に接してもできます。
 そうすると、そこここに〈自分と同じような人々〉がいて、〈自分と同じような苦楽〉を生きている真実に目を瞠らされることでしょう。
 そのできごとは必ず心を楽にしてくれます。
 もう一つは、無心に真言や経文を唱えることです。
 それは知らぬ間に、落ちた穴から陽光の当たる平地へと引き上げてくれることでしょう。
 まず、うなされた時に、自分の守本尊様の真言を唱えるようをお勧めします。
 当山を訪れる善男善女が、そうしてあらたな歩みを初めておられます。
 ご加護を祈っています。合掌




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」※今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=EOk4OlhTq_M





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト
2015
02.13

映画「降りてゆく生き方」について

201502130001.jpg
〈公式サイトよりお借りして加工しました〉

降りてゆく生き方」という映画がある。
 縁あって、映画ができるまでの成り行きを知った。

 DVDの冒頭、武田鉄矢氏が言う。

「私たちは天下国家の話をしたがるが、一番大切なのは、ここちよい人と出会い、ここちよい会話ができるかどうかではないか」

「ミニチュアサイズの理想のモデルをつくれない人はどんな大型のモデルもつくれないという言葉を聞いたが、そのとおりだと思う」


 ここ黒川郡大和町に「寺院サービス」という神社仏閣専門の建築会社がある。
 そこで何度も〈ミニチュア〉の寺院を見た。
 四方八方から何度も眺め、どう造るかを決めてゆく。
 当山の講堂も、そうしてできた。
 全高五メートル近い当山のご本尊様もまた、10分の1の〈ミニチュア〉で表情や印の形などを考慮した上で発注し、途中で幾度も成り行きを確認し、理想のイメージどおりにできあがった。

 人の関係においてもそうではないか。
 信頼感を持てる者同士がいつしか集まり、周囲へ自然に輪ができる人であって初めて真のリーダーたり得るのではないか。
 小さな人間関係においてまっとうな人が社会という大きな人間関係をまっとうに動かしてこそ、人々は安心できるのではないか。

「この人の生き方、考え方、つくるもの、それが私にとってここちよい。そこに人がつながる。
 その手応えがあればよい」


 身近にある安心や信頼を大切にしようというところから、平和への思いが本当に湧いてくるのではないか。

 この映画のキーワードである。

「さまざまな場所で 空の下で さまざまな人人人 少しでも 暮らし つながる 生きる 活きる 日本 感性 いのち」


 映画の冒頭に登場するのは、車椅子のまちづくりリーダー清水義晴氏である。

「世の中をよくするのも、悪くすすのも、ただ、この一人からです」


 氏は病院のベッドで絶望し、ただただ神に祈っていたおり、奇跡的な出会いがあって、生きる世界を得た。
 今、人につながり、世界につながっているという不動の手応えがある日々を生きている。
 氏の姿勢は仏陀の姿勢そのものである。
 自らをどうするか、それがすべての始まりであり、そこからしか本当の救いへは入れない。

 最後に登場するのは、北海道浦河赤十字病院精神科神経科部長川村敏明医師である。

「病人をただ正常な人に近づければよいというものではなく、もっと複雑です。
 ただ治すのではなく、今の状態の中に苦しみがあるからこそ、何が大事かがが見える。
 彼等と一緒に考えていくことの中に、人間が生きることの本質が見えてくる」

「病気でない人だけが集まっても、表面的な見方しかできない。
 健常者自身が、表面的なことしか見ない中で行き詰まっているのではないか」


 病気の人と一緒に生きてみてようやく、本当に我が身がふり返られる場合がある。
 我が身に潜み、表面化していないだけのさまざまな心の病気が観える。
 行き詰まってなお生きる人の姿に、自分がまだまだ甘いことを知らされる。

 落ち着いて考えてみよう。
 私たちの誰一人として、姿形も心も〈理想型そのもの〉として存在してはいない。
 人気アニメどおりの肉体を持ち、同時にみ仏そのものの心を持った人は誰もいない。
 ヒットラーは、誰の目にも明らかな美や、混じり気のない純粋な血や、鉄の如く強い国家を求めた。
 そこではさまざまな〈理想的でないもの〉が排除された。
 私たちの社会は、はてしなく財物に恵まれ、健康を維持し、英語を駆使して世界のどこででも思いのままに生きられる人間像を理想としているように思えるが、同じ島国日本で生きている皆がそうした理想的存在になれると本気で思い、真剣にそこを目指しているだろうか。
 誰もがそうした方向を理想と信じているだろうか?
 一本道で競争していれば、やがてきっと皆が幸せがつかめると確信しているだろうか?
 そして、この世のそこここに、そうした成功例があるだろうか?
 あるいは、やがて成功者だらけになると思えるだろうか?
 今、現に苦しみ、悩み、夢が持てず、辛い日々を送っている多くの人々の思いにこそ、「何が大事か」、「人間が生きることの本質」は何か、が感得できるのではないか。

 最後に武田鉄矢氏が言う。

「私たちは、昇ってゆく生き方を探し求めてきて、その中にあまり幸せはないぞ……、真逆の降りてゆく生き方の中に、自分のいのちが輝く瞬間があるような気がする。
 人のいのちが燃えるような瞬間があるのではないか。
 この方角はきっとまちがっていない。
 この映画を通じて、降りてゆく生き方の気づきになればと思う」


 ご縁の方々と共に観たい映画である。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。