FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
11.22

「ともかくもあなたまかせの年の暮」「ドクターの笑顔やさしい往診日」

2016-11-21-0001.jpg

 江戸時代の小林一茶は詠んだ。
 

「ともかくもあなたまかせの年の暮」


 年の瀬となってあれもこれもと気は急くが、ジタバタしたところで、時々刻々と一年は過ぎ去ろうとしており、もうどうしようもない。
 ことここに至れば、あなた任せを決め込むしかなかろうと、腹をくくっている。

「これがまあ終の棲家か雪五尺」


 雪が1・5メートルも積もってしまえば、出て歩くこともできないが、家が押し潰されるまではこうしていられる。
 自分の一生がこんなふうに終わってしまうのなら、それもそれだと泰然たるものである。

 みやぎシルバーネットさんが発行する「シルバー川柳」は、あっという間に第6弾となった。
 10月8日放映の「仙台人図鑑 第27回」に登場した編集人千葉雅俊氏(55才)は、読者が投稿した川柳を何句か紹介した。

「ドクターの笑顔やさしい往診日」 (女性・75才)


 末期癌の女性は、最後までペンと紙を離さなかった。

「決めかねるもっと美人の我が遺影」 (女性・85才)


 自分の遺影をあれこれと選ぶ達観した心中がよく表れている。

 氏は、投稿者の半数が、呆け防止のためにやっているというアンケート結果を披瀝した。
 老人クラブなどの会員が減る一方で、カラオケや川柳など、単一の目的に特化した会が増えた。
 豊かな老後を求める人びとの中で、趣味や好みを共有する人と人とのつながりという〈力〉が輝きを増している。
 
 昭和10年、寺山修司は『俳句作法講座』で、こう述べている。

「(俳句には)花鳥風月と合体した作者自身をもう一段高い地位に立った第二の自分が客観し認識しているようなところがある。
『山路来て何やらゆかしすみれ草』でも、すみれと人とが互いにゆかしがっているのを傍からもう一人の自分が静かにながめているような趣が自分には感ぜられる。」


 そして、ある歌人の話として、歌人には自殺者が多く、俳人には少ないというエピソードを紹介し、こう言う。

「いかなる悲痛な境遇でも、それを客観した瞬間にはもはや自分の悲しみではない。」


 年をとると、そこまで行ってみなければわからない〈ままならなさ〉にぶつかり、辛さや淋しさや悲しみに耐えねばならなくなる。
 そんな時、心を励まし、いのちを活性化させ、苦難を乗り越えさせもする俳句や川柳や短歌は、ありがたい友となるのではなかろうか。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



スポンサーサイト
2016
04.28

ペーソスと川柳 ─『ババァ川柳 女の花道編』─

2016-04-28-0001.jpg

 妙齢の美女に優しく言われる。
「上半身裸になって、ベッドでお待ちくださいね。」
 やがて、やってきて照明を落とす。
「明かりを暗くしますね。」
 ふんわりと横に座る。
「背中が私にくっ着くようにしてください。」

 別に悪いことをしようとしているわけではない。
 楽しいことをしようとしているわけでもない。
 病院でエコーとか言う検査を受けようとしているのだ。

 〝ああ、ここなのか〟と思った。
 川柳はここから生まれるのではないか……。

 自分の中に燃え続けているいのちの炎。
 それが揺らめく場面。
 二つは揃っていても、人生の段階が違えば形も意味も違い、ズレは笑いが伴うペーソスを生む。
 笑いは大きかったり、小さかったり、句により、詠む人により、また読む人によって振幅が大きい。

 4月30日、「みやぎシルバーネット」さんのシルバー川柳ババァ川柳 女の花道編』が発行された。

「茶柱は 立てど幸せ 待ちぼうけ」(坂本文美子 90才)


 流行歌の歌詞に出てきそうな句だが、すんなりと詠まれてみると、やはり自然に胸へ響いてくるものがある。
 できごとを少々、そちら側に置いている余裕は達観というものか。

「広くなる 毎年同じ 庭なのに」(小北道子 79才)


 この気づきは鮮烈だ。
 愕然とした瞬間、そして、続く沈黙がありありと伝わってくる。

 歌人の鳥居氏は言った。

「生きづらかったら短歌を詠もう」


 ならば、こう言えようか。
 哀しかったら川柳で笑い飛ばそう。
 『ババァ川柳 女の花道編』には救いがあると思う。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2016
01.16

漢文『法句経』を読んでみる(その2)

201601160002.jpg
〈『悪魔の飽食』を書いた筆鋒は相変わらず鋭い〉

 寺院や寺子屋ではもちろん、戦前まで広く親しまれていた漢文の『法句経(ホックキョウ)』を読んでみたい。
 戦場へ赴く若者が懐へ忍ばせていたという話も聴いている。
 当山では学びの柱として欠かせない。
 新たになった読み下し文を現代語にしてみたい。

 前回の続き【無常品(ムジョウホン)第一】 である。

〔一一〕咄嗟(トッサ)に老(ロウ)至れば、色(シキ)変じて耄(モウ)と作(な)る。少(ワカ)き時は意(ココロ)の如(ゴト)くなるも、老ゆれば蹈藉(トウセキ)せらる。

 ああ、あっという間に老いがやってくれば、美しい姿形も老醜に変わる。若い頃は気ままに生きられても、老いれば心も身体も思いのままにならず、踏みにじられる。

〔一二〕寿(イノチ)百歳なりと雖(イエド)も、亦(マ)た死すれば過ぎ去らん。老いたるが為(タメ)に厭(イト)われ、病(ヤマイ)条(ノ)びて際(キワ)に至る。

 たとえ百才まで生きたとしても、死がやってくれば必ずこの世を去る。老いれば厭われ、病苦の果てに死へ赴く。

〔一三〕是(コ)の日已(スデ)に過(ス)ぐれば、命則(スナワ)ち随いて減ず。少水(ショウスイ)の魚(ウソ)の如(ゴト)し。斯(コ)れ何の楽しみか有(ア)らん。

 日々、過ぎ去る時に従って、いのちも減り続ける。わずかな水に棲む魚が干上がってしまう時を待つようなものだ。本質的な楽しみはどこにあろうか。

〔一四〕老(オ)ゆれば則(スナワ)ち色(シキ)衰え、病(ヤマイ)に自(オノ)ずから壊され、形敗(ヤブ)れ腐朽(フキュウ)す。命終わること自然(ジネン)なり。

 老いるに従って容貌は衰え、病魔によって身体は壊され、腐り朽ちて行く。やがていのちに終わりが来ることは避けられない宿命である。

〔一五〕是(コ)の身は何の用(ヨウ)ぞ、恒(ツネ)に漏れ臭き処(トコロ)なり、病(ヤマイ)の為(タメ)に困しめられ、老死(ロウシ)の患(ウレ)い有り。

 この身体はいったい何の用を足しているのか、常に不浄で臭いものを漏れ出させ、病魔に苦しめられ、老いの患い、死への患いを伴っているではないか。

〔一六〕欲を嗜(タシナ)み自(ミズカ)ら恣(ホシイママ)なれば、非法(ヒホウ)是(コ)れ増す。変を見聞(ケンモン)せず、壽命は無常なるに。

 愛欲を貪り放逸に暮らせば、誤りを増すのみだ。死という避けられない災難から目を背け知らん顔をしているが、寿命は無常である。

〔一七〕子(コ)有(ア)るも恃(タノ)むところに非ず、亦(マ)た父も兄も[恃(タノ)むところに]非ず。死の為(タメ)に迫(セマ)らるれば、親(シン)も怙(タノ)む可(ベ)きこと無し。

 例え子供がいても死魔を追い払う頼りにはならず、父も兄も同様である。死が迫った時には親であっても頼りにならない。

〔一八〕昼夜に慢惰(マンダ)にして、老(オ)ゆるも婬を止(ヤ)めず、財有(ア)るも施さず、仏言(ブツゴン)を受けず、此(コ)の四弊(シヘイ)有(ア)らば、自(ミズカ)ら侵欺(シンギ)を為(ナ)す。

 いつも死を侮り死への準備を怠り、老いても色欲に溺れ、財物を施さず、み仏の言葉に耳を傾けず、この四つの習い性となった悪行は、自らの生を貶め欺くのみである。

〔一九〕空(クウ)にも非ず、海の中にも非ず、山石(サンシャク)の間に入(イ)るにも非ず、地(ジ)の方所(ホウショ)に之(コレ)を脱(ノガ)れんも、死を受けざるところ有ること無し。

 空であれ、海中であれ、山々の石の陰であれ、どこに逃れようと、死に襲われぬ場所はない。

〔二〇〕是(コ)れ務めなり。是(コ)れ吾が作(ナ)すことなり。当(マサ)に作(ナ)して是(コ)れを致(イタ)さしむべし。人此(コ)の為(タメ)に躁擾(ソウジョウ))して、老死(ロウシ)の憂いを履践(リセン)す。

 これが自分の務めである、これが自分の為すべきことである、こうしてこうしよう。人はこのようにあくせくしつつ、やがて必ず老いの憂いと死の憂いに破壊される。

 私たちは、人間として本当になすべきことが何であるかわからぬままに毎日を送りかねない。
 そうこうしているうちに、30年、50年など、あっという間に過ぎる。
 老苦も病苦も、そして死に神さえすぐにやってくる。
 大切なのは、若い日に抱いた疑問、〝自分は何者なのか?〟〝自分のこの世の役割は何か?〟〝人生に目的はあるのか?〟などの数々を捨てないことではなかろうか。
 問いつつ生きる時は、生きつつ何らかの回答を見出しているかも知れない。

 作家森村誠一氏は83才になってなお、意気軒昂である。

「作家にゴールはない。
 余生ではなく誉れある『誉生(ヨセイ)』にしたい。
 可能性を追う、未知数の狩人でありたい」


 老いてから得られる自由には2種類あると言う。

「『何もしなくていい自由』と『何をしてもいい自由』です」


 かつては、仕事や子育てなどでの〈一段落〉というものがあり、それが〈余生〉の感覚に結びついていた。
 今は違う。
〝もう、何もなくていい〟と思って人生の後半を生きる人と〝これからやれる〟と思う人とでは天地の違いが出ることだろう。
 氏の助言である。

「どのようなことでも、自分の世界を持って、能動的に広げていってほしい。
 何かを生産し、表現することで、生きているという実感が持てるものです」


 そう言えば、「みやぎシルバーネットさん」のシルバー川柳はそうした〈実感〉に満ちている。
 1月の課題は「ババァ(婆)」だった。

「顔のシワ バームクーヘン 美味しそう」 (鈴木洋子 79才)

「婆ちゃんが 大志を抱き バーゲンへ」 (佐藤和則 84才)

「新時代 火星に作る ババァホーム」 (伊勢武子 82才)

「幸・福(シアワセ)は 婆と爺とで半分コ」 (八巻勇夫 77才)






 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」※今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=EOk4OlhTq_M





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2014
08.31

「人生の秘め事話した黒電話」「気にせずに生きよおまえのそばがよい」

201408310001.jpg

 8月30日、『シルバー川柳 七転び八起き編』が発行されました。
 フリーペーパー『みやぎシルバーネット』に投稿された膨大な川柳のうち、編集人千葉雅俊氏の選による128句が収められています。
 冒頭の一句からガツンときます。

「人生の 秘め事 話した 黒電話」 佐藤清(87歳)


 若い方はご存じないかも知れませんが、一昔前は、電話線でつながった黒い電話がどこの家にもありました。
 つながっているので、秘め事といえども、たとえば物置の陰やトイレの中などで話すわけにはゆきません。
 周囲の人気(ヒトケ)を見はからい、タイミング良くやりとりするしかないので、大変でした。
 しかし、当時は、電話とは〈そういうもの〉だったので、今の方々が「えっ、そんなに不便だなんて……」と想像するほど苦しく、辛く、もどかしかったわけではありません。
 また、家族間の距離も今よりずっと近かったので、家族の誰かに起こったできごとは当然、家族の皆に起こったできごととしてとらえられるので、一人の秘め事といえども〈口に出さぬ共有〉という側面がありました。
 この句は、詠み手の思いと、去った時代の光景と、その時代を知っている人なりの懐かしさだけでなく、忖度(ソンタク)という大人の態度を培った家族間のあたたかな空気までも感じさせます。
 そして、スリリングなムードは作品の文学的価値を高めており、作者の腕のほどが知られる傑作です。

「気にせずに 生きよおまえの そばがよい」 会田昭夫(73歳)


 年をとると、迷惑をかけたくないという思いが強まる一方で、伴侶なり、家族なり、友人なり、そばにいてくれる誰かの存在そのものがとてもありがたく感じられるようになります。
 この一句は、何らかの理由で夫の時間や労力を強くアテにせねば生きられなくなった奥さんの「すまない」という気持と、そうなった奥さんのそばでつながりの実感を持って生きるご主人の感謝と、双方共に切ない思いが交錯しています。
 まさに、〈生きてみなければわからない〉人生の真実が端的に表現されています。
 
 最近、立て続けに、小さいけれども非常に深刻なできごとが起こりました。
 一つは、さいたま市で起こった盲導犬の傷害事件です。
 全盲の男性(61歳)が連れていたラブラドルレトリバーの盲導犬「オスカー」(8歳)が何者かに刺されました。
 何があっても我慢する訓練を受けていたオスカーは、第三者によって傷が発見されるまで、何カ所も刺され血を流しつつご主人を守り続けました。
 もう一つは、アメリカのニューアーク空港からデンバーに向かう飛行機の中で、リクライニングシートにからんで乗客同士の争いが起こり、飛行機が緊急着陸した事件です。
 男性客(48歳)が前席の背もたれを倒せなくする「ニューディフェンダー」(ひざ保護器)という旅行用具を用いてパソコンを使用していましたが、前席の女性客(48歳)が席を倒せないことを抗議し、乗務員が男性客へ用具をはずすよう求めたところ男性客が拒否しました。
 とうとう、怒った女性客が水の入ったコップを投げつけ、二人は緊急着陸した空港で降ろされました。
 発明者は「事件で販売が増えた。問題は航空会社が座席間隔を狭くしていること」と発言しています。
 いずれの事件も、自分だけ楽しめればよい、自分だけ満足できればよい、自分だけ得をすればよい、といった薄汚い自己中心の心がここまで堂々と育ってしまったかと、あきれ、不安にさせられました。

 誰もが必ず老い、一人で向こうへ旅立つまでの過程において、人と人との間にある人間としてあたたかな雰囲気で暮らせることが最後の拠り所となります。
 自己中心の人は早めにその拠り所を失います。
 モノも金も名声も権力も、このあたたかさを与えてはくれません。
 なぜなら、自分にあるあたたかな心のみが、同じ心の縁を招く力になるからです。
 お釈迦様は、精進せず、人徳もない人の無惨な老後の姿を説かれました。
「白鷺の空池をうかがうがごとし」
 たった一匹になった白鷺が、餌もない空っぽな池のそばで、老いた姿をさらしている光景です。

シルバー川柳 七転び八起き編』はあたたかな心の宝庫です。
 人生の先輩が川柳を通じて示した真実に学び、自分の生き方をふり返ってみたいものです。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2009
05.25

5月の俳句 3

 信徒古田正吉さんからいただいた作品です。

短歌

 優雅なる韓国舞踊に目を見張る 博物館の風薫る庭

 壊されし忠魂碑わきひっそりと こもれび受けて軍馬の碑立つ

俳句

 大神輿かつぐ男に育ちけり

 なるほどと大葉眺むる水芭蕉
 
川柳

 鼻おしろいつけて小雀背で眠る

 スナップのカメラを逃げるやんちゃ坊




back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。