--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
12.06

村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─

2016-12-06-0001.jpg

 アンデルセンの短編小説『』を読んだ。
 が主人になり、主人から独立したが幸福を得る一方で、の出生を知る主人は殺されてしまう。
 村上春樹氏は、アンデルセン文学賞の受賞スピーチ「と生きる」で、「暗く、希望のないファンタジー」と言っている。

 氏は、小説を書く過程について述べる。

「僕が小説を書くとき、筋を練ることはしません。
 いつも書くときの出発点は、思い浮かぶ、ひとつのシーンやアイデアです。
 そして書きながら、そのシーンやアイデアを、それ自身が持つ和音でもって展開させるのです。

 言い換えると、僕の頭を使うのではなく、書くプロセスにおいて手を動かすことによって、僕は考える。
 こうすることで、僕の意識にあることよりも、僕の無意識にあることを重んじます。

 だから僕が小説を書くとき、僕に話の次の展開はわかりません。
 どのように終わるのかもわかりません。
 書きながら、次の展開を目撃するのです。」


 氏の言う「シーンやアイデア」は、無意識として隠れている世界へ入る扉だろう。
 私たちも、何年経とうと鮮やかな光景や、繰り返し問いかける問題を溜め込む。
 多くはそのまま忘却されてしまうが、数十年後にようやく、ゆっくりと扉が開くものもある。
 氏は書くプロとして扉を開く。

「『』を読んだとき、アンデルセンも何かを『発見』するために書いたのではないかという第一印象を持ちました。
 また、彼が最初、この話がどのように終わるかアイデアを持っていたとは思いません。

 あなたの影があなたを離れていくというイメージを持っていて、この話を書く出発点として使い、そしてどう展開するかわからないまま書いたような気がします。」

僕自身は小説を書くとき、物語の暗いトンネルを通りながら、まったく思いもしない僕自身の幻と出会います。
 それは僕自身の影に違いない。


 そこで僕に必要とされるのは、この影をできるだけ正確に、正直に描くことです。
 影から逃げることなく。
 論理的に分析することなく。そうではなくて、僕自身の一部としてそれを受け入れる。

 でも、それは影の力に屈することではない。
 人としてのアイデンティティを失うことなく、影を受け入れ、自分の一部の何かのように、内部に取り込まなければならない。

 読み手とともに、この過程を経験する。
 そしてこの感覚を彼らと共有する。
 これが小説家にとって決定的に重要な役割です。


 無意識の世界に在る者が「影」である。
 私たちは、自分が意識し、考える内容だけで動き、生きているのではない。
 思考と行動の多くが無意識に衝き動かされて起こり、時として、それは、表面の意識とぶつかりもする。
 そうした全体が自分というものなので、自分を知り、世界を知り、人間として過たずに生きて行くには、そして他者の不幸の原因をつくらないためには全体像を観る力が必要である。
 この力を磨く読書において、小説が持つ役割は大きい。

アンデルセンが生きた19世紀、そして僕たちの自身の21世紀、必要なときに、僕たちは自身の影と対峙し、対決し、ときには協力すらしなければならない。

 それには正しい種類の知恵と勇気が必要です。
 もちろん、たやすいことではありません。
 ときには危険もある。
 しかし、避けていたのでは、人々は真に成長し、成熟することはできない。
 最悪の場合、小説『影』の学者のように自身の影に破壊されて終わるでしょう。

 自らの影に対峙しなくてはならないのは、個々人だけではありません。
 社会や国にも必要な行為です。
 ちょうど、すべての人に影があるように、どんな社会や国にも影があります。

 明るく輝く面があれば、例外なく、拮抗する暗い面があるでしょう。
 ポジティブなことがあれば、反対側にネガティブなことが必ずあるでしょう。

 ときには、影、こうしたネガティブな部分から目をそむけがちです。
 あるいは、こうした面を無理やり取り除こうとしがちです。
 というのも、人は自らの暗い側面、ネガティブな性質を見つめることをできるだけ避けたいからです。」


 世界は「影と対峙し、対決」する時代に突入しているのではなかろうか?
 フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は、麻薬撲滅の旗を掲げ、人権無視の殺戮を容認した。
 確かに犯罪者は減るだろうが、その一方で、どさくさ紛れに、自分にとって都合の悪い人間を殺す非道な殺人事件がどれだけ起こっているかわからない。
 これまで軍事行動を共にしてきたアメリカの大統領を「地獄に堕ちろ!」などと罵ることは常軌を逸している。
 アメリカの時期大統領トランプ氏の言動も異様だ。
 イスラム教徒やメキシコ人を嫌い、犯罪者として閉め出そうとしている。
 アメリカにいる白人そのものが移民であり、原住民を圧殺した人々なのに、後から来た移民を差別・軽蔑し、忌避するのはおかしい。

 両者共、「もう嫌だ!」と感じている人々の情念を煽り、地道な努力無しには実現され得ない共生や融和といった価値を無視するかのようだ。
 共生や融和の根拠となっている人権や自由や平等などの理念は吹き飛ばされそうになっている。

「影を排除してしまえば、薄っぺらな幻想しか残りません。
 影をつくらない光は本物の光ではありません。」


 グローバリズム一辺倒の資本主義は、「これさえやっていれば大丈夫」と原理主義的に世界を席巻してきた。
 一部の人々が太陽のように富と力を得る一方、抑圧される人々の影もまた深く濃くなってきたにもかかわらず、無視されてきた。
 ドゥテルテ大統領やトランプ氏の登場は、「影」からの逆襲を意味しているのかも知れない。
 

自らの影とともに生きることを辛抱強く学ばねばなりません。
 そして内に宿る暗闇を注意深く観察しなければなりません。
 ときには、暗いトンネルで、自らの暗い面と対決しなければならない。

 そうしなければ、やがて、影はとても強大になり、ある夜、戻ってきて、あなたの家の扉をノックするでしょう。
『帰ってきたよ』とささやくでしょう。

 傑出した小説は多くのことを教えてくれます。
 時代や文化を超える教訓です。」

 
 私たちに必要なのは、「自らの影とともに生きることを辛抱強く学」ぶことではなかろうか?
 さもないと、強大になり、コントロールから離れた影は、小説で主人公を殺したように、世界を破滅させるかも知れない。
 ほどほどの光と穏やかな影との共生を求めるならば、指導者も私たちも叡智包容力を持たねばならないと思う。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」※今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=EOk4OlhTq_M





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト
2016
06.24

一人になって ─苦も楽も─

2016-06-24-0001.jpg

 Aさんは、ご主人が最期を迎えた時、病室にいた。
 看病に疲れ、ウトウトしてしているうちにご主人の容体が急変した。
 すぐにナースコールを押したが、まもなくご主人は息を引き取った。
 混乱したAさんは、夫の死を自分のせいだと思い込み、心が塞り、冷えていった。

 Aさんのご心痛は、いくばくか理解できた。
 小生も義父の病室に泊まり込み、ナースコールが一瞬、遅れたという意識を持っている。
 無言の言葉は確かに交わし得たし、その眼差しも忘れてはいない。
 告げられた言葉を「受けとめました」という小生の答が届いていたと信じて疑わないが、それでもなお、遅れたのではないかという慚愧の思い、罪悪感といったものは何十年経とうと、消え去らない。

 幾度か、来山したい旨の電話があったが来山されず、そのまま、連絡の間隔が長くなった。
 やがて、睡眠中にご主人が重く覆いかぶさってきて、圧死しそうだというお話があり、医師の診断を受けるようお勧めした。
 家にいれば黒いがつきまとい、デイサービスに行けば白い靄が天井から降り、道を行けばつけ狙われていると感じ、不安が常態化した。
 心配しているうちに、ご家族から入院のご連絡をいただいた。

 Bさんは、ご主人を亡くしてから、すっかり気力を失った。
 好きだった山登りはもちろん、何をする気にもなれず、他人と接したくなくなり、家からあまり出なくなった。
 しかし、おりおりに、当山へ手紙を出した。
 お彼岸お盆年忌の供養などを申込み、来山する力は出ないけれど、ご主人が信頼していた当山との連絡を欠かさず、当山から送られる新聞『ゆかりびと』や機関誌『法楽』などを熱心に読んでおられた。

 数年後、やはり、Aさん同様、ご主人が〈圧する者〉としてたち現れるようになった。
 Bさんは「思い当たるふしはありません」と言われるが、小生は、オシドリ夫婦特有の寂しさや執着心が作用しているのではないかと感じていた。
 思い余ったBさんは、ご主人共々救われたいとの一心で塔婆供養を申し込まれた。
 そして、ついに心が晴れたBさんから届いた手紙の一部を書きとめておきたい。

 もちろん、Bさんのお許しを得ている。
 なお、手が不自由になったBさんは、一時間ほどの〈稽古〉をしてから、そのままの勢いで書かれたという。
 筆達者な人がままならなくなってなお、両手で万年筆を握った。
 いただいた手紙は当山の宝ものである。

「昨日、とても立派な『廻向之証』とお便りをいただき、ありがとうございました。
 手に取って見ていると、戒名も中央に書いてあり、まるで後光が射しているように思います。
 夫も安心して私の所から去っていきました。
 私にもご加護を祈っておりますと書いて下さり、とても力強く勇気が出ました。」

 Aさんご夫婦も、Bさんご夫婦も、当山の法友である。
 この世とあの世に別れても、いかなる状況になっても、ただただ苦を離れ楽を得られるよう、等しく祈るのみである。
 南無守本尊大法護如来。
 南無大師遍照金剛。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2013
04.21

寺子屋の教え『実語教・童子教』を考える(その51)─師の影を踏んではならない─

20130421014.jpg

 江戸時代まで寺子屋などの教材として広く用いられていた『実語教・童子教』を見直しましょう。
 一度聞いたら忘れられない警句などがふんだんに含まれています。

「一日のたりとも疎(ウトン)ぜざれば
 况(イワン)や数年のをや
 は三世(サンゼ)の契り
 祖は一世の眤(ムツビ)
 弟子七尺(シチシャク)を去つて
 を踏むべからず」


(たった一日、となって何かを授け指導してくださる方をも疎んじてはならない
 ましてや、数年もの間、となる方なら、なおさらである
 師弟関係は一代だけにとどまらず、過去・現在・未来へとつながる深い縁である
 親子関係は一代だけの縁である
 弟子はそうした師を敬い尊び、七尺は後へ退ってつき従うべきであり、
 まちがっても師のを踏むなどという非礼があってはならない)

 私は、子供の頃、「師のを踏んではならない」との教えが、なぜか深く印象に刻まれていました。
 当時、師といえば学校の先生でした。
 子供たちは当然、ワイワイと先生の側に群がり、実際はを踏みつけ放しでしたが、私の心はいつもそうした親しい先生に自分とは桁外れの何かを見つけ、密かに尊敬していました。
 小学校1年から2年までを受け持たれた女性のK先生は、ぽっちゃりした丸顔で無限に優しく、教室はいつも陽光の中にあるように暖かく活気に満ちていました。
 3年から6年までを受け持たれた男性のS先生は長身痩躯(ソウク…やせ形)で、外には静けさを漂わせながら内には熱い確信のようなものを蔵しておられ、私は「ライフルマン」に似ていると感じていました。
 テレビ番組「ライフルマン」は、チャック・コナーズが主演するお決まりの西部劇でしたが、とても流行っていました。
 私が先生を明確に〈自分より遥かに上のレベルの人〉と感じとり、自然に礼を尽くしていたのは、こうした教えが頭にあったからなのか、それとも先生方の人徳が教えを再認識させたからなのか、そのあたりはよくわかりません。
 半世紀以上も過ぎた今、ふり返ってみれば、真実を含んだ教えはいつまでも心にとどまり、周囲の情報に反応し、取捨選択の判断をさせ、取り込んで熟成させるべきものを見逃さないための力となっています。

 しかし、一方で、自分の人生には、師となってくださった方々への幾多の無礼、非礼、恩知らずの行為もあったことを知っています。
 学校で、あるいは地域で、あるいは娑婆の仕事において、そして出家後の世界においても、たくさんの師とめぐり会ってきましたが、弟子としての礼を尽くし切れていません。
 たとえば、昨日の例祭で一緒に読経してくださり、お茶の席ではいろいろと人生観などを語ってくださった檀信徒の皆さんも、まぎれもなく、かけがえのない師です。
 み仏と一如である皆さんへお仕えするのは僧侶の務めであり、皆さんとの接触が「僧侶や寺院はいかにあるべきか」を考えるために欠かせない縁となって、こんにちの自分と当山を成り立たせています。
 私は、心では「師のを踏んではならない」と思いつつ、法要などの修法においては、み仏と一体になった導師へ合掌していただくなど、思いとは反対の形をとらざるを得ません。
 そうであればこそ、この教えはまともな僧侶であるための決定的な重しであり、これが外れた瞬間に奈落の底へ堕ちることはよくわかっています。
 教えが心にあってなお、未熟な足どりで生きていることを思うと、教えがなかったならばどうなっていたか、想像すらできません。

 今の先生方は限りなく〈友だち目線〉で児童や生徒に接触することを求められ、同時に、保護者からは容赦ない批判の目でチェックされています。
 子供たちが混乱し、先生方が心を病みもする現実を直視し、今のやり方が本当に子供たちの心で大切なものが育つための最も有効な方法であるかどうか、古人の智慧に学びながらよく考えてみる必要があるのではないでしょうか。





 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2009
10.11

『法句経』物語15 双要品(ソウヨウボン)第九 「第一話の2」

 官吏は神馬を連れて支度を調え、国王の印と紐を携えて国王となるべき人を求め歩きました。
 それを眺めるおびただしい数の人々に混じって、あの商人はいました。
 官吏は気づきました。
「あそこに黄色の雲がたなびいている。
 王者の気である」
 商人に近づいた神馬は膝を屈し、商人の足を舐めました。
 群臣はあらかじめ用意しておいた香湯で商人を清め、国王として礼拝しました。
 商人はこうして国政を司る位に昇りました。
 そして深く自省しました。
「私には微かな積善すらない。
 なぜこのような位を得たのだろうか。
 仏陀の恩によるものに相違ない」
 国王は、群臣と共に、以前、釈尊と出逢ったコーサラ国に向かい、頭を地につけて願いました。
「私のような卑賤で徳のない人間でも、釈尊の慈悲のご恩によってこの国の王となりました。
 明日、できることならば、アラカン方と一緒におでかけくださり、御心を垂れ、三ヶ月間お守りください」
 それを知った釈尊は弟子のアーナンダへ告げました。
「行者たちへ知らせよ。
 明日、あの国王が私たちを招くことになった。
 皆うち揃い、神通力をもって変身し、国王と人民を喜ばせようではないか」

 翌日、皆うち揃い、神通力をもって国王の待つ城へ到着しました。
 供養の膳を終え、手を洗った釈尊は、国王のために教えを説きました。
 国王は問いました。
「私はそもそも下賤でつまらぬ人間です。
 これといった徳もありません。
 なのに、なぜ、こうした福徳を得られたのでしょうか」
 釈尊は告げました。
「昔、この国のパッセナディ大王は仏陀を四つ辻で供養したことがあった。
 その時、国王は深く観じた。
釈尊は帝王で、弟子たる国王は忠臣のようだ』
 国王はそこで福の種を植え、今、その果を得たのである。
 あの時、もう一人はこう言った。
仏陀は牛で、弟子は車のようなものだ』
 彼は、自ら車に轢かれるという結果を生じる種を植えた。
 今、地獄にあって火車のために轢かれ、自分で結果を得ている。
 国王の境遇は、自分の現世的な力によって得たものではない。
 善行をなせば福が従い、悪行をなせば禍が追ってくるだけである。
 これを自分でつくる因果と言うのである。
 天・龍・鬼神が関与するものではない」

 そして釈尊は、詩をもって真理を説きました。
「心がものごとの大本である。
 心が主となる尊きものであり、心がものごとのありようを決める。
 心中に悪を抱いて語り、行えば、必ず罪苦が伴うのは、車がわだちを踏むようなものである」
「心がものごとの大本である。
 心が主となる尊きものであり、心がものごとのありようを決める。
 心中に善を抱いて語り、行えば、必ず福徳安楽が伴うのは、に随うようなものである」

 こうして釈尊が語り終えた時、国王も無数の聴衆も皆歓喜し、ものごとのありようを見極める智慧の眼が開きました。


 この教えで重要なのは、自分の努力だけで得られるものは、せいぜい得たいと願ったものの範囲でしかないけれども、善業も悪業も、思慮を超えた結果をもたらすということです。
 凡夫の考える「こうすればこうなるだろう」の因果応報は、み仏の眼から観た善悪に基づく因果応報とはレベルがまったく違うのです。
 勝手な見返りをあてにせず善行を行い、どんなに大きな災いがあるか予想できないという畏れをもって悪行を慎みたいものです。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 密教・修験道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ
2009
04.26

錯覚とイメージ(1)

 お大師様が、「大日経」という経典にある教えについて、とても美しい詩を書かれました。
 詩の柱になっている教えとは、こういうものです。
「〈無いもの〉や、〈変化するもの〉を、〈在る〉とか、〈変わらない〉というふうに勘違いしてはなりません。それが、迷いであり、苦の原因になるのです」
 私たちがまちいやすいものとして、十の例が挙げられています。
 だから十喩(ジュウユ…十のたとえ)といいます。

(1)  …薬物などによって見えるもの
(2)  陽焔…かげろう
(3)  
(4)  …鏡像
(5)  乾竪婆城(ケンダツバジョウ)…蜃気楼
(6)  響…こだま
(7)  水月…水に映った月
(8)  浮泡…水の泡
(9)  虚空華(コクウケ)…眼病などによって見えるもの
(10) 旋火輪…手に持った火を回してつくる輪

 どうでしょう。
 私たちが「見えた」「聞こえた」といって悩まされるものも、落ちついて考えれば、こうしたものに類していると思いませんか?
 一番多い迷いの形は「気配実体」の混同です。
 たとえば、山道を歩いていて、けものの気配がするからといって、必ず、兎や猪がいるとは限りません。
 また、思いこみによる見違いです。
 たとえば、暗い道に落ちているの切れ端を見て、「蛇だっ!」と恐がり、逃げるようなものです。

 不安や恐れがもたらすこうした勘違いを離れるために行うのが祈りであり、経典を読誦するなどの修行です。

back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。