--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
12.02

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─

2016-11-11-0067.jpg
〈四国の霊場にて〉

 一年は、人生の一区切りをはっきりと感じさせる長さである。
 来し方を振り返り、行く先を想う。
 亡き人に対してもそうだ。
 一周忌では「もう、一年が経った」と感じる人も、「まだ、一年か」と感じる人もおられようが、いずれにしても、はっきりと〈時間的区切〉を迎える。
 そこで勢至菩薩(セイシボサツ)が守本尊として故人を導いてくださることの意義は大きい。

 勢至菩薩は、その名のとおり、この上ない勢いでお救いくださるが、勢いの内容は智慧の光明である。
 百か日の観音様が無類のお慈悲で阿弥陀様のもとへ向かわせてくださる一方、その道行きが確かなものとなるよう智慧の勢いを与えてくださる。
 だから、大勢至菩薩、あるいは大精進菩薩(ダイショウジンボサツ)とも呼ばれる。

 御霊はその力で迷いを解きつつ、み仏の世界へ溶け込んで行く。
 一方、勢至菩薩へ祈るこの世の人々もまた、思慕・想い出・未練・感謝などが入り交じり、揺れ動く心にまとまりがついてくる。
 この世の人々も勢いのご加護をいただくのある。

 妻を亡くされたAさんは一周忌を迎え、言われた。
「何もかも妻に任せっぱなしでしたから、オロオロするばかりで、いまだに落ちつきません。
 それでも、妻が大事にしていた花に水をやりながら、枯らさずにここまで来ました。
 夢中で一年経ってみると、植物が何を求めているのか、ようやくわかるようになりました」

 夫を亡くされたBさんは一周忌を迎え、経典を唱えた後で言われた。
「この区切の日に、ご住職が何を言ってくださるか、とても楽しみにして来ました。
 日常生活の何もかもを私に頼るばかりだったあの世の夫に、勢至様が勢いをつけてくださると聞いて、とても安心しました。
 一緒に経典を唱えた私自身も、ご住職がいつも言われる生き直しが、ようやくできるような気になりました」

 勢至菩薩のお姿は、蓮華の蕾を左手に持ち、右手で開く勢いを与えている。
 蓮華菩提心(ボダイシン…悟りを求める心)の象徴であり、蓮華が徐々に開く過程は、阿弥陀如来の浄土へ向かう旅路でもある。
 それは何もあの世のことだけではない。
 御霊の冥福を勢至菩薩へ祈る清浄な心になった私たちも又、自心の蓮華を花開かせつつあるのだ。

 あの世では安心が増し、この世ではまっとうに、幸せに生きる力が増す一周忌供養を行うことの意義はまことに深いと思う。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん さん ざん ざん さく そわか」※今日の守本尊勢至菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。

https://www.youtube.com/watch?v=qp8h46u4Ja8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



スポンサーサイト
2016
11.02

年忌供養の経文 ─身体と言葉と心を一つにしよう─

2016-11-02-0001.jpg

 年忌供養などを行う際、ご参列の皆さんにお唱えしていただく経典が最近、ようやくまとまり、用い始めた。
 御霊のためにお唱えしたい経文を集めると、どんどん長くなってしまい、一緒にやる方々が大変なので、ずいぶん試行錯誤してきた。
 かつてまとめた経典を毎日、ずっと読んでいてくださる方々もあり、頭が下がる。
 まず懺悔(サンゲ)して自分を清め、お導きくださるご本尊様をお讃えし、供養のまことを捧げ、その功徳を普く及ぼすという基本が皆さんにご理解いただければありがたい。

 お堂に皆さんの声が響くと荘厳さが増すだけでなく、場が柔らかく、温かくもなる。
 終わった後の皆さんの顔には清々しさが漂う。
 時には、小中学生がしっかり読んで、周囲が驚き、喜んだりもする。
 せっかく読んだ経文を手放せなくなる方もあって、たちまち増刷が必要になる。

 増刷といっても、当山ではほとんど自前でやる。
 パソコンと印刷機で経文を刷り上げ、あとは手作業で製本テープを貼ったりする。
 そこには住職の信念が顕れ、職員さんたちの誠意も表れる。
 こうして出来た経典を一緒にお唱えすると、同じ井戸の水を汲む仲間であると実感される。

 終わってから鋭い質問をいただき、貴重なやりとりが生まれる場合もある。
「読むのに必死で、ご供養の気持がどこかへ飛んでいましたが、よかったのでしょうか?」
 お答えする。
「まず、ご供養したいと心から願う気持でイスに座り、あとは経文に没頭すればよいのです」

 人としてやるべきことをきちんとやりたいと思って行動を起こし、思いやりの心で寺院へ詣で、必要な努力をし尽くせばそれ以上のことはない。
大日経』は説く。

「菩提心(ボダイシン…悟りを求める心)を因とし、大悲(ダイヒ…無限の思いやり)を根本とし、方便(ホウベン…正しく有効な手だて)を究竟(クキョウ…究極)とす」


 目的意識を持った時はその思いをしっかりさせ、読経に入ったならば経文へ没入し、その時々に、身体と言葉と心のはたらきを一体化することが肝要だ。

 たとえば、「病気が治りますように」と思って般若心経を唱える際、頭が病気に占領され、経文は口だけで暗誦されているのなら、身体と言葉と心がバラバラになっており、理想的な状態ではない。
 般若心経を唱えながら頭では〝お腹がすいた〟と思っているのと同じパターンであるということに気づけば、問題の大きさが実感される。
 私たちはどうしても〈バラバラ状態〉に陥りやすく、そこが迷いであり、悪業(アクゴウ)の土壌になりやすい。
 瞑想などで、身体も言葉も心もみ仏の世界に一致すれば即身成仏(ソクシンジョウブツ)だ。

 上記のやりとりが最近、制服をまとった中学生との間で行われた。
 唱えやすいので、お仏壇の前でやりたいと言う方もおられる。
 肝腎なものが皆さんの心へ届くためには工夫が欠かせない。
 ご縁の方々はそのことを教えてくださる。

 お大師様は説かれた。

「仏法は人によって興り、人によって廃れる」


 そして、時代は人によってつくられる。
 時代を嘆くだけでなく、ご縁の方々と一緒になすべきことをなしてゆきたい。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん ばざら たらま きりく」※今日の守本尊千手観音様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IvMea3W6ZP0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

 

2016
08.16

お盆供養会を終えて ─あやふやで確かなもの─

2016-08-15-0022.jpg

2016-08-15-0012.jpg

2016-08-15-00120.jpg

 午前4時を過ぎてもまだ薄暗く、だいぶ、日が短くなりました。
 真っ暗な中でのコオロギからツクツクボウシへとだんだんに主役は代わりますが、窓から流れ込む冷気はすっかり秋のものです。
 夏の気配と共に去り行く彼らのいのち……。
 むしろ、彼らの一匹、一匹がこの世を去りつつ、灼熱の余韻をも消して行くのでしょうか。

 おかげさまにて、今年もお盆供養会を無事、終えることができました。
 法話は、釈迦族滅亡の因縁にかかわるお話でした。
 本堂から廊下まであふれんばかりの善男善女が集い、ご先祖様や亡き人を偲び、施餓鬼の(セガキ)の趣旨を体して慰霊のまことを捧げました。
 これまでにないほどたくさんのお塔婆が申し込まれ、私たちの心に根付いている宗教心の確かさは、老体に残るエネルギーを活性化させました。

 午後から訪れた仙台市営いずみ墓園にも、たくさんの人々がおられました。
 杖をつきながら、ゆっくり一歩また一歩と歩む母親の手を引いた白髪の息子さん、摘んだらしいお花を両手いっぱいに持ち、ピンクのワンピースで駆ける女児、たった一人で芝墓地に佇み、じっと瞑目している黒衣のお婆さん、野球帽の男の子と二人で手をつなぎ、通路を黙って歩む若いお父さん。
 私たちの日常から肝腎なものはまだ消え去ってはいないと実感させられました。

 無数の死者がいたからこそ私たち一人一人がここにいるのであり、この世で生きた私たち一人一人の生きざまと死にざまは必ず、はてしなく続く〈この世〉のありようにかかわって消えません。
 私たちが箸を使ってご飯をいただくのも、手拭いで顔を拭くのも、皆、そうして生き、死んだ方々から伝えられたふるまい方です。
 
 ちなみに、この世あの世との間に川が流れているという感覚は昔から、世界中にあったようです。
 ギリシャでは、カロンという老人が渡し守で、死者は銀貨を求められました。
 エジプトでは呪文を知っていれば無事、渡れました。
 ペルシャでは、善人だけが橋の向こうにある楽園へ行ける一方、悪人は渡れずに地獄へ堕ちるとされていたので、死を向かえた人々は大変だったと思われます。
 私たちの霊性は、こうした素朴な〈感じ〉を伴っています。
 それは、自分のいのちがどこからどこまで広がっているのか、その縁(ヘリ)を確かめられず、眼前のネコのいのちと自分のいのちとの境界線もわからないのと同じくらい、あやふやでありながら、いのちがここにある真実は疑えないほど確かなことであるのと同じです。

 遥か関西からもお塔婆供養を申し込まれました。
 当山はこれからも、今に生きる仏法を目ざして正統な修法を続けます。
 皆々様に仏神と諸精霊のご加護がありますよう。
 



 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん さん ざん ざん さく そわか」※今日の守本尊勢至菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。

https://www.youtube.com/watch?v=qp8h46u4Ja8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2016
04.27

軍人の妻

2016-04-08-020-011.jpg

 今から70年ほど前、太平洋戦争に負けた頃の話である。
 Aさんは職業軍人の妻だった。
 将校の夫は突然、満州へなだれ込んだソ連軍によってシベリアへ抑留され、消息不明になった。
 三人の子供を抱え、Aさんは必死に祖国日本へ向かった。
 途中、日本海の船上で二人の子供が体調を崩し、相次いで亡くなった。

 船員はAさんから子供を引きはがし、黒い海上へ捨てた。
 二度。
 
 Aさんは日本で生き、息子を育て上げた。
 老いてからは地域の活動へ控えめに参加し、戦中・戦後のことは黙して語らない。
 いつも背筋は見事なほど伸びている。

 Aさんの胸中を知るBさんはいつも思っているそうだ。
〝さすが、軍人の妻……〟

 小生は、このお話を聴いて思った。
〝──きっと、ご主人の御霊が守っておられるのだろう〟




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん あらはしゃのう」
※今日の守本尊文殊菩薩様の真言です。どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=WCO8x2q3oeM





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2016
03.12

東日本大震災被災の記(第181回) ─海と血潮─

2016-03-12-0003.jpg

2016-03-12-0001 (1)

 3月11日の朝、境内地は薄く白い雪に覆われていた。
 あの日は、だんだん雪が降りしきってきた。
 今日も雪になるのか……。

 ご葬儀へでかける頃は日が射し、いつしか雪は消えかけていた。
 普段、何かを信仰しているわけではないが、お身内を当山の修法で送って欲しいというお申し出だった。
 天寿をまっとうした方は生きたまま枯れたように穏やかな威光をまとっておられた。

 帰山して法務を行っていると、町内のスピーカーからお知らせが流れる。
 一心不乱になっていたので内容を聞き漏らし、職員の森合さんに訊ねたら、もうすぐ2時46分になるから黙祷しましょうというお話。
 時計は確かに〈その時〉が近いことを知らせていた。

 瞑目すると、やがて一陣の風が吹き、窓外の六地蔵様にかけた善名善女の絵馬たちが一斉にカラカラと鳴った。
 鳥がキーッと声をあげた。
 瞼の裏に、あの日、共同墓の壇上で、津波の来た方角へクルリと向きを変えた大日如来のお像が浮かび、何かのざわめきが聞こえたような気がした。

 夜、仙台市で開いている隠形流居合の道場へ行く。
 道場にお借りしている会館の三階にあるオープンスペースは、当山で書道教室を開いてくださっている書家髙橋香温師の個展会場になっていた。
 師は一人でご縁の人びとを待っておられた。

 個展を申し込んだこの会館は、3月11日から数日間だけ空いていたのでちょうどこの日に始められたのです、と師は言う。
 師はあの津波でご家族を亡くし、一人ぼっちになられた。
 5年後の今、人も家も生活も呑み込んでしまった海をこう詠み、「永遠しずく」と大書された。
 
「太陽に輝く
 青い海
 月夜に輝く
 白い海
 永遠しずくとなる
 海よ
 すべては血潮が
 知るところ
 生と死が
 わかちあう場所を」

 帰山して写真を見た。
 永遠しずくとは、お大師様が説かれた一文にある「海渧(カイテイ)」すなわち、海に満ちる潮から生じる無限の滴(シズク)からインスピレーションを得た言葉であり、文字であると、師は語ってくださった。
 師の血潮と涙を感じ、お送りした御霊へ祈り、生者と死者の3月11日は終わった。

○個展「永遠しずく」は、仙台市青葉区旭ヶ丘の日立システムズホール仙台にて3月16日まで。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。