FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
07.03

7月の運勢 ─高慢心でなく健全な気位を─

2016-07-03-0001.jpg
〈広島の平和記念公園で出会った招魂木(オガタマノキ)。身震いする思いでした。当山の個別型永代供養樹木葬法楽陵」の御神木である招魂木もこうなることでしょう。楽しみです。〉

2016-06-18-0232.jpg
樹木葬法楽陵」〉

 7月7日から8月6日までが小暑と大暑の文月(フヅキ)です。
 今月の運勢、留意点をかいつまんで述べます。

 今月は、とにかく高慢心に注意しましょう。
 高慢心には大きく分けて二種類あり、他者と比較して自分を高くしないではいられない「慢」と、比較せず自分勝手に自分の価値を高いと自惚(ウヌボ)れ傲(オゴ)る「憍(キョウ)」です。
 前者は、自分に都合のよい尺度を持ち出して他者を貶(オトシ)め、後者は無意味な自己満足で終わります。
 いずれも、自らを省みる智慧と謙虚さに欠け、自ら向上の可能性を阻害し、他者へ不愉快な気持を生じさせるだけでなく、真の和合や親和を排除する情けない煩悩(ボンノウ)です。
 
 ポトラッチという言葉があります。
 北アメリカの太平洋側北西部からカナダの沿岸部にかけて、原住民の間で行われてきた贈りものの儀式です。
 そもそもは、裕福な人々が、結婚式や葬式などで参加者へ食糧や装飾品などを贈り、富裕ぶりを誇示するだけでなく、富を社会へ還元する意味合いもある宗教的儀式でした。
 それが時と共に華美になり、豪勢になり、競争意識も芽生えて争いさえ引き起こすほどになり、ついに禁止されました。

 私たちも無意識のうちに、自分流のポトラッチを求めてはいないでしょうか?
 ほとんどその価値が疑われない〈自己実現〉という言葉の裏に、こうした〈見せびらかし〉の欲動がないでしょうか?
 個人主義であるのに、〈個〉であることに毅然として耐えられるほど強くなく、無理をしてでも他者に勝る旗や力を示し、他者に認められないではいられない焦りのようなものがないでしょうか?

 お釈迦様は説かれました。
「無数の敵を相手にし、たった1人で勝者となる者も、自分にうち克つ者にはかなわない。
 彼こそが最も戦に強い者である」
 ソクラテスも、ほとんど同じことを言っているのは驚きです。
 お釈迦様より100年以上も後に生まれたはずなのに。
「私は、敵を倒した者より、自分の欲望を克服した者の方を、より勇者と見る。
 自らに勝つことこそ、最も難しい勝利だからだ」

 何ごとも、負ければ辛く、悔しく、残念ですが、勝てば勝ったで、満足感や達成感に続いて高慢心という煩悩(ボンノウ)が生じます。
 それがまた周囲に無用の争いや反発や離反や怨みや妬みを引き起こします。
 人生はやはり、ままなりません。
 私たち自身にとって、また周囲の人々にとっても何が求められるべきか、よく考えたいものです。

 月光がモノの形をくっきりと浮かび上がらせる光景や、ミニトマトがたわわな実をつけた様子などに、自分が生きて〈在る〉ことを実感し、感謝できれば、ポトラッチを探し求めるなど思い浮かぶこともないはずです。
 たとえ特段のモノや地位に恵まれまいと、一人間としてこの世に〈在る〉気位をしっかり持っていれば、不足ない気持で生きられることでしょう。
 向上心や切磋琢磨する心は持っていても、高慢心などは無用です。
 その反対に、わずかばかりの才能や財産や地位や実績などにすがり、誇り、高慢心を持つ一方で、気高く清浄で品位ある気位を知らなければ、真の福徳は得られようはずもありません。

 私たちは一人残らず、縁が調えば一人で生まれ、縁が壊れれば一人で死んで行く存在です。
 その存在は誰とも比較できません。
 ときおり、自分を省みれば、つまらぬ高慢心、はた迷惑な高慢心、空しい拠り所の高慢心を持っていることに気づくかも知れません。
 それを穢らわしいと感じ、恥じる気持になれれば大丈夫でしょう。
 健全な気位には爽やかさこそあれ、何らの疚(ヤマ)しさも伴っていません。
 謙虚に、健全な気位を持って生きようではありませんか。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト
2014
06.26

7月の守本尊様と真言

2014061900111.jpg
〈西馬音内盆踊り〉

 7月は、小暑(ショウショ)と大暑(タイショ)の文月(フヅキ…7月7日より8月6日まで)です。
 7月は未(ヒツジ)の月なので、守本尊は大日如来(ダイニチニョライ)様です。

 大日如来(胎藏界…タイゾウカイ)様は『種々解智力(シュジュゲチリキ)』という、人の欲するものや楽しみとするものを知る力をもって、お救いくださるみ仏です。
 人は望みを持ってこそ生きられ、「幸せ」とは善き望みのかなうことです。
 天にあって全体を観る金剛界の大日如来様に対して、地にある胎藏界の大日如来様は、一人一人のそれをよく見極め、力をお与えくださいます。

「われら衆生(シュジョウ)が自らの実相(スガタ)知るならば
 この世のすべての存在が共に一つの生命を生きていること悟られて
 宇宙の生命(イノチ)を自らの生命(イノチ)としてぞ生きること
 そこにこの世の一切が大日如来の現象(アラワレ)と捉える曼陀羅(マンダラ)精神の
 教えの根本(モト)を見出(ミイダ)さん。」


(我々人間たちが自分自身の真実なるレベルを知ることができたならば、
 この世のすべての存在が共に一つの生命を生きていることが悟られ、
 宇宙そのものとして存在し、うねっているいのちが自分自身のいのちと同じであると感得して生きられよう。
 そこに、この世の一切が大日如来の現象であると捉えるマンダラ精神の
 教えの根本が見出される)

 また、大日如来様は、未(ヒツジ)年、申(サル)年生まれの善男善女を一生お守りくださる守本尊様でもあり、身体においては、主として両手をお守りくださいます。
 ご供養し、ご守護いただき、猛暑の一ヶ月を無事安全に過ごしましょう。

21080819 012

 写真は、永代供養を行ってご加護を受けるため、当山の講堂へ納められた大日如来様です。
 総丈は約35㎝あり、日本で唯一、護摩を焚いてできた灰が体内へ納められています。(奉納受付中)〉

 7月の守本尊様をご供養しお守りいただきたい時、願いを成就させたいと念じる時、辛い時、悲しい時、淋しい時、あるいは感謝したい時は、合掌して真言(真実世界の言葉)をお唱えしましょう。
 たとえ一日一回でも、信じて行なえば、ご本尊様へ必ず思いが届きます。
 回数は任意ですが、基本は1・3・7・21・108・1080回となっています。

「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」

今月の真言をお聞きになるにはこちらをクリックしてください。音声が流れます


※お聞き頂くには 音楽再生ソフト が必要です。お持ちでない方は、
 こちらから無料でWindows Media Player がダウンロードできます。





 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若経の祈りを続けましょう。
 般若経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2012
06.26

7月の守本尊様

201206250072.jpg

 7月は、小暑(ショウショ)と大暑(タイショ)の文月(フヅキ…7月7日より8月6日まで)です。
 7月は未(ヒツジ)の月なので、守本尊大日如来(ダイニチニョライ)様です。

 大日如来(胎藏界…タイゾウカイ)様は『種々解智力(シュジュゲチリキ)』という、人の欲するものや楽しみとするものを知る力をもって、お救いくださるみ仏です。
 人は望みを持ってこそ生きられ、「幸せ」とは善き望みのかなうことです。
 天にあって全体を観る金剛界の大日如来様に対して地にある胎藏界の大日如来様は、一人一人のそれをよく見極め、力をお与えくださいます。

 また、大日如来様は、未年、申年生まれの善男善女を一生お守りくださる守本尊様でもあり、身体においては、主として両手をお守りくださいます。
 ご供養し、ご守護いただき、猛暑の一ヶ月を無事安全に過ごしましょう。

21080819 012

 写真は、永代供養を行ってご加護を受けるため、当山の講堂へ納められた大日如来様です。
 総丈は約35㎝あり、日本で唯一、護摩を焚いてできた灰が体内へ納められています。(奉納受付中)〉



 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんざんざん さく そわか」※今日の守本尊勢至菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。



[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2011
06.30

7月の守本尊様

7月は、小暑(ショウショ)と大暑(タイショ)の文月(フヅキ…7月7日より8月7日まで)です。
7月は未(ヒツジ)の月なので、守本尊大日如来(ダイニチニョライ)様です。

 大日如来様は『種々解智力(シュジュゲチリキ)』という、人の欲するものや楽しみとするものを知る力をもって、お救いくださるみ仏です。
 人は望みを持ってこそ生きられ、「幸せ」とは善き望みのかなうことです。
 地にある胎藏界(タイゾウカイ)の大日如来様は、一人一人のそれをよく見極め、力をお与えくださいます。
 また、大日如来様は、未年申年生まれの善男善女を一生お守りくださる守本尊様でもあり、身体においては、主として両手をお守りくださいます。
 ご供養し、ご守護いただき、猛暑の一ヶ月を無事安全に過ごしましょう。

21080819 012

 写真は、永代供養を行ってご加護を受けるため、当山の講堂へ納められた大日如来様です。
 総丈は約35㎝あり、日本で唯一、護摩を焚いてできた灰が体内へ納められています。(奉納受付中)〉



 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

 
2011
06.22

2011年7月の運勢

 2011年7月運勢──平成23年7月文月7月7日から8月7日まで)の運勢です。
 運気の流れを参考にし、人間修行の六波羅密(ロッパラミツ)行で改運し、開運し、快運となりますよう。

一 協調と対立が入れ替わる不安定さが顕れます。
 昔、中国の詩人が『顔面問答』という含蓄ある文章を残しました。
 口と鼻と目が、ある日、ふと「なぜこんなにはたらいている自分たちが何もしない眉毛の下にいるのか?」と疑問を持ち、眉毛へ君の役割は何かと訊ねました。
 眉毛はゆったりと答えました。
「君たちの活躍ぶりにはいつも感謝している。さて、私の役割は私にもわからない。君たちのように誇るべき何ものも持たず、ご先祖様の代からずっとこうして自分のいるべき場所を守っているだけなのだ」
 同じグラウンドに立っている仲間が競って自分の役割を誇り、目立たぬ仲間を嘲るならばチームは成り立ちません。
 目的達成のために何が大切なのか、人間の品位や人徳とは何かをよく考えましょう。
 また、協調ができたなら、合掌の心で呼吸を合わせましょう。
 古人は言いました。

「右仏 左は我と 拝む手の 中ぞゆかしき 南無の一声」

 合掌する右手はみ仏、左手は自分です。
 それが合わさって尊い心が導き出されます。
 同じく左手は自分で、右手は他人であり、相手であり、仲間です。
 自分を「自分様」とは言いませんが、他人を仏様や神様と同じく「他人様(ヒトサマ)」と言います。
 他人の心に仏性があることを信じ、仏性を見いだすことができる人は自分の仏性もはたらく人です。
 協調の根本はここにあることを考えてみましょう。

二 口の持つ大切さと危険性が露わになります。
 口は飲食のためにあり、いのちを養いますが、何を入れるかによって吉凶が分かれます。
 お酒を大量に飲んだり、タバコを吸ったりすれば、健康を害し、いのちを縮めます。
 また、口は話すためにあり、人と人を交流させますが、いかなる言葉を出すかによって吉凶が分かれます。
 考えもなしに、相手の心を思いやらず出任せで言葉を用いるなら、たちまち信頼されない人の烙印を押されてしまうことでしょう。
 あらためて、口から入れるものと口から出す言葉をふり返ってみましょう。
 さて、中沢けい氏は「現代人は感性と理性の割に、悟性をあまりはたらかせていないのではないか」と指摘しています。
 私たちは、目や耳などを通じて情報を受け取るために感性をはたらかせます。
 次に、情報を整理するために悟性をはたらかせます。
 そして整理された情報を元にして理性をはたらかせ、判断し決断します。
 もしも感性だけでポンと言葉が出ると、軽くなってしまいがちです。
 理性ばかり強いと、手前勝手で通じにくい言葉になりがちです。
 共通のOS(基本ソフト)を用いてこそパソコン同士がつながるように、人間に共通した悟性できちんと情報が整理されないと、言葉の内容がよくなりません。
 そのための方法としては、よい文章に接することが一番ではないかと考えています。
 一種のブームになっている古典への挑戦と、新聞の切り抜きがお勧めです。

三 世の中の流動性が高まり、夢のある新しい計画が先へ進む一方、冷や水をかけられるようなできごとも起こりがちです。
 こうした場合は、激高したり、落ち込んだりせず、冷静に自他の状況を見直す必要があります。
 すべては因縁によって生じているだけの空(クウ)なる存在であり、因縁が時々刻々と変化している以上、生々流転は免れようがありません。
 人の心も同じです。
 変化を的確にとらえ、その都度、変えるべき部分と変えずに進む部分とを判断せねば、「独りよがり」という危険な船の船頭になりかねません。

 さて、今月の修行です。
 お墓や仏壇の前でも、あるいはいつ、どこででも修行はできます。
 皆さんの開運を祈っています。

布施(フセ)行と運勢]水を供えましょう。
 精進の人は足を知り、不条理に耐えて着実に結果を得ます。
 不精進の人は二兎を追い、欲にかられた無理な計画に走って頓挫しがちです。
[持戒(ジカイ)行と運勢]塗香(ヅコウ)で身と心を清めましょう。
 精進の人は他人を見捨てられずに行う善行が身を助けます。
 不精進の人は自分だけの安楽を求めて失敗しがちです。
[忍辱(ニンニク)行と運勢]お花を供えましょう。
 精進の人は他人の助力を大として無事安全です。
 不精進の人は他人の助力を小として不満を抱え、恩を忘れた報いで失敗しがちです。
[精進行と運勢]お線香を供えましょう。
 精進の人は社会的に正しく内輪では優しくして安楽です。
 不精進の人は、優しそうな外面に隠した傲慢な内面が露見して、信頼を失いがちです。
[禅定行と運勢]飯食(オンジキ)を供えましょう。
 精進の人は他の意見を聞きつつ立場をまっとうできます。
 不精進の人は人を信じられず、抱えた不満と欲のために惑い自滅しがちです。
[智慧行と運勢]灯火を供えましょう。
 精進の人は智慧をもって他を救い、自分も救われます。
 不精進の人は不徳が祟り、脱する方法のある危険から脱しきれない場合も生じがちです。

20110621005.jpg



 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。