--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
11.08

ツワブキとの初対面

 ツワブキがどういう花なのかをようやく知った。
 開ききった小さな菊花で、土手の目立たないあたり、あるいは、やや日陰になって他の華やかな花たちが見当たらないような場所で、ひっそりと咲いている。
 華奢な花弁の割には広葉樹のようにしっかりした濃緑色の葉をもっており、目を奪われた。

 昭和62年、小椋佳の作詞作曲による『流氷の街』が渡哲也の唄で巷に流れた。
 確か、テレビドラマの主題歌か挿入歌だったと思う。
 そのドラマを観たことはなかったが、いつしか、もろもろの問題で苦吟する者の耳の底に居ついた。

流氷の街の 片隅で
 心にしみ込む 優しさは
 涙おく 露草か
 ひそやかな ひとよ

 すまじきは恋の 戯れか
 心のなごみの 華やぎも
 ひとむれの つわぶきか
 隠れ咲く 花よ」

 小椋佳が言わんとするところは想像がついても、花そのものがいなかる姿をしているか、調べないままに約30年の月日が流れた。
 今回の四国遍路を迎える準備中、不思議とこの歌がよみがえった。
 そして、“この哀しみは何だろう?”と訝る思いを持ったまま飛行機に乗った。

最初に訪れた鶴林寺の参道で小さく黄色な花を見つけ、同行のご婦人方に訊ねた。
「何という花でしょうか?」
 そして、あっけない初対面となった。

 その慎ましさに涙を感じた。
 “小椋佳はいかなる思いでこの花を眺めたのだろう?”
 大ぶりでしっかりした葉にも唸らされた。
 食用にもなると聞き、今度は深く頷かせられた。
 あの歌の主人公が流氷の街で出会った女性のイメージは、霧の去った朝に存在感を増す風景と同じく、鮮明になった。

 知ってしまったせいで、よく目に入るのだろう。
 行く先々の札所で、ツワブキたちが出迎えてくれた。
 ポンと孤独に咲いているものもあり、群れているものもある。
 心で挨拶をしながら本堂へ向かう。
 祈りは確実に深まった。

スポンサーサイト
2015
09.12

Q&A(その10)ご本尊様って何でしょうか?

◎御礼
 今回の豪雨に関してたくさんの方々からご連絡をいただきました。
 おかげさまにて、当山に被害はありませんでした。
 『法楽農園』のササニシキも大難を免れました。
 被災された方々へ思いをいたしつつ、謹んでご報告とお礼を申しあげます。
 まことにありがとうございました。合掌




201509120001.jpg
〈関東方面からご本尊様へ捧げられたお菓子〉

 お仏壇についてご質問されるAさんへ申しあげました。

「お仏壇は、お位牌を安置する箱ではありません。
 ご本尊様のお力によって、お位牌をより所とする御霊が守られ、手を合わせる私たちが守られる〈ミニ寺院〉なのです」

 すると、若く利発なAさんはすかさず、第二の質問を行いました。

「そう言えば、ご本尊様っていろいろありますよね。
 ご本尊様っていったい、何なのでしょうか?」

 お答えしました。

「どこのお寺でも、本堂の真ん中に必ず、お不動様やお地蔵様などがご本尊様としてお祀りされています・
 そして、お仏壇の中にも必ず、お釈迦様や阿弥陀様などがおられます。
 そうしたご本尊様は、私たちの敬虔な気持やおすがりする必死な思いを受け止めて、異次元へとお導きくださる方であり、私たちから謙虚で清らかな心を引き出してくださる方でもあります。
 私たちは、立体の仏像や掛け軸に書かれた尊像を前にして合掌しますが、祈りを込める段階では瞑目して真言やお経を唱えたり、願いごとを念じたりします。
 目を大きく見開き、お姿についてあれこれと考えながら念じる人はおられません。
 それは、無意識のうちにご本尊様を自分の心中へ写し込み、そのイメージに対して意識を集中させている状態です。

 さて、こうしたことを考えてみると、ご本尊様はまず、ある特定の〈お姿〉を持った者として存在し、視覚のある私たちへ聖なる世界をお示しくださっていると言えます。 お姿の根拠になっているのはもちろん経典です。
 だから、目の見えない方でも、経文によってお姿を想像できます。
 そして、私たちの静まり、清まった心はだんだんに、ご本尊様の聖なる世界へ入って行きます。
 やがて、ご本尊様の姿形は消えるか、あるいは無限大の大きさに広がって、姿を失うことでしょう。
 祈りに没頭する時、ご本尊様は私たちのいのちであり、心であり、〈そこにおられるご本尊様〉と〈ここにいる自分〉との区別はなくなります。
 これを明確な手順として行えば、ご本尊様と一体化する瞑想の修行になるのです。

 私たちは古来、雄大な山も、澄浄な泉も、皎々たる満月も、聖なる世界へお導きくださるご本尊様として尊んできました。
 ご本尊様はいつでも清らかな心へ顕れてくださるのです。
 ご本尊様へ手を合わせる時、私たちは自分の心におられるご本尊様にお会いしているとも言えます。
 尊いものを感じる私たちの心をこそ、お互いに尊び合い、いずれのご本尊様へもすなおな気持で合掌したいものです」




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん あらはしゃのう」
※今日の守本尊文殊菩薩様の真言です。どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=WCO8x2q3oeM





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2011
03.23

東日本大震災 ─東北関東大震災・被災の記(その14)寺院の役割─

 日々、皆さんからお便りやご支援をいただき、深く感謝しています。
 さて、寺院役割についてご提言をいただきましたので、ご紹介し、考えてみます。

「毎日死者、被災者にお祈りを続けておられるとのことですが、あなた方の宗派に呼びかけて、災害で亡くなった人の安置場所へ行って、死者を仮に弔ったり、肉親を失った人の悲嘆にくれた言葉をやさしく聴いてあげてくれませんか?
 また葬儀屋さんと知り合いもあると思いますので、その方たちに頼んで、汚れたままに寝かされている人たちをきれいに死に装束を着せてあげるわけには行きませんか?  こういうときにこそ宗教家は実際に活動をして欲しいと願っています。
 よく外国の宗教に見られるように、仏教関係のネットワークで災害地で炊き出しをしたり、本堂を開放して被災者を受け入れたり出来ませんか?
 多分やっておられるところもあるのだとは思いますが、欧米国に比べるとどうも日本の宗教団体、特に仏教はあれだけ大きな組織でありながら目立つ活動が少ないように思います。
 報道されていないだけでしょうか?
 ご一考ください。」

 ご提言まことにありがとうございました。
 一般論としては妥当性を含むと考えられ、ご趣旨に同意することにやぶさかではありません。
 ただし、私が〈現地〉で相手を選ばず勝手に引導を渡す修法を行うべきかどうか、ご遺族や地域住民や役場の職員や医師や納棺師の仕事を手伝うべきかどうか、人生相談に乗ろうと避難所へ出向くべきかどうか、そして、そうした行為を実際に行えるかどうかという個別具体的な面においては、いくつかのポイントからお答え申し上げます。
 なお、当山は真言宗の伝授を受けた正統な寺院ですが、宗派に属さない単立の宗教寺院であり、「宗派に呼びかけ」は不可能であることを申し添えます。

1 ご趣旨をたとえてみれば、泥棒が多い社会になった時、縄を作っている職人へ、「お前の縄などすぐに切れて泥棒を縛る役にたたないから、仕事をやめて警察官の手伝いをしなさい」と言うのと同じパターンであり、縄の有効性、つまり、現実的には、祈りという宗教行為の有効性に関する信仰心や信念の問題なので、議論にどれだけ意義があるかはよくわかりません。
 だから、この先は、祈りの有効性を信じない方、及び、信じていても、当山の祈りは信じられないという方にとって読む必要はないかも知れません。
 しかし、真実を知って見解を変える方もおられる可能性があります。
 当山で人生相談をしたり、お通夜で戒名に関する法話を聴いたりして、〈戒名に関する真実〉を知ってから生前戒名を含め、戒名を求める方々がたくさんおられるという体験をふまえ、以下、念のため、時間を費やしてみます。

2 香川県に満濃池があります。
 この日本最大の灌漑用ため池は、かつて氾濫によって地域住民を苦しめていました。
 思いあまった住民は、お大師様に救ってもらおうと朝廷へ申し出、弘仁12年(西暦821年)、築池別当として派遣されたお大師様は陣頭指揮し、わずか4ヶ月ほどで完成させました。
 その間、お大師様は一心に修法を重ねられ、人々は昼夜を分かたずにはたらき、宗教行為と作業行為と仏神のご加護により世界的に評価の高い偉業は達成されました。
 もしもお大師様を信じない人がこの光景を目にしたならば、お大師様へ「一人でも人手が欲しいのに何をしているのか。お前も座っていないで、はたらけ。」と言ったかも知れません。
 それは人それぞれであっていたし方ありませんが、お大師様を信じる人なら到底、そうした発想は思い浮かばなかったものと思われます。
 私はお大師様ならぬ凡夫の身であり、「お前の祈りなど何になるのか」と言われれば、未熟・不徳のいたすところとお詫び申し上げるしかありません。
 ただ、当山の法務と共に歩む方々の中には、「一人でも人手が欲しいのに何をしているのか。お前も座っていないで、はたらけ。」と言う方はおられないと信じていることだけは、書いておかねばなりません。
 当山の祈りが現場への力になると信じて共に祈っておられる方々の願いを背負っている以上、環境エネルギー政策研究所所長飯田哲也氏や九州大大学院教授吉岡斉氏が指摘したように事故の孕む重大性を認識している以上、自分なりに〈日本が危機から脱出するために役立てる行動=信じる修法〉に励むのみです。
 また、こうした状況下でもネットを通じてご祈祷やご供養やご加持の要望があり、そうした〈信じる方々〉を脇へ置いて、使命を放棄するわけにはゆきません。

3 「じっと座っている暇があるなら現場で汗を流せ」とお考えかも知れませんが、当山の法務遂行状況を知っておられる方々は、誰一人、住職が暇人であると考えてはおられないと思われます。
 み仏へ仕える身である以上、あまりに当然ではありますが、3時4時に起き、カロリーメイトを車から降ろせない住職に空き時間はあまりないのを知っておられます。
 なぜ時間がないかといえば、これも当然ですが、行うべき法務をすべて行うのに1日24時間では足りないからです。
 能力のない住職が守る寺院の実態など、情けないことに、追われ通しでいのちをすり減らす日々でしかありません。
 今、携帯電話へ役員の方々から心配の声として入ってくるのは、いつ、ご縁の方々の安否がすべてつかめるだろうかという問題、固定電話が通じればご葬儀やご供養を求める新たなご縁が増えると予想されるが住職の身体が持たないのではないかという問題、皆さんと一緒に作り発送することになっている機関誌と新聞の印刷は、作業予定日の28日朝までに間に合うかどうかという問題などです。
 この一週間の予定はかなり飛びましたが、これもいちいちネットへ書かずとも、救いを求める新たなご縁の方々を含め何件ものご葬儀やご供養や納骨や人生相談を行っており、22日も朝から大郷町、大和町、富谷町と、自分で動く当山としてはまったく異例な送迎を受けつつ、修法を行いました。
 その中には、災害でいのちを落とした方々のご遺族が宗派を超えて当山へ修法を申し込まれたケースもあります。
 すでに6月まで予定が入っていることを知っている妻は、「現場へ行きたい」と聞いて「また、できもしない、夢みたいことを言って」と笑いました。
 しかし、何とかして〈恩の地〉へ入る覚悟でいます。

4 日常活動を行っている寺院とご縁のある方は、「宗派をあげて」という発想は、あまりされないのではないかと思われます。
 寺院の活動はそれぞれの寺院によって千差万別であり、寺院の予定は数ヶ月先まで入っているのが普通です。
(葬式坊主との揶揄に一理なしとはしませんが、真剣に救いを求める善男善女にとって、年忌供養などは何をさておいても行いたい大事な法会であり、人々はこうした機会を重ねるごとに仏法を学び、心を深めておられます。)
 寺院は求めに応じて法務を行っており、宗派で決めたある日、そうした予定を各寺院がキャンセルして共に何かを行うことが困難であるばかりでなく、ご親族が集まっての年忌供養など、その寺院でなければ果たせない役割を求めているご縁の方に迷惑をかけながら、他の法務を行う計画は、なかなか納得を得られないものと思われます。
 可能なのは、「宗派を代表して」という形ですが、そうしたことに、個々の寺院という立場で行う以上のいかなる価値があるのかよくわかりません。
 宗教者は宗教者としての信念で、カンバンをかけずとも、パフォーマンスを行わずとも、他人から知られずとも、できることを行おうとしています。
 でも、寺院が何を行っているか、住職が何を考えているかは、その寺院へ仏縁を求める方にはわかります。
 むしろ、慎みという点から考えれば、当山のブログなどで拙い法務の内容を公開するのは恥ずかしい限りですが、まさに弘法(コウボウ…仏法を広めること)のためと腹をくくり、続けています。

 ただし、全体的に「寺院の姿が見えにくい」というご趣旨にはまったく同感です。
 それは各宗派が宗派活動を行わないというよりは、そもそも、各寺院自体が死にかかわる以外の法務をあまり行っていないという点こそが原因であると思われます。
 全寺院が〈法務を見なおす〉ことを求められるようになって久しいのに、いろいろと寺院や僧侶についての具体的な人生相談をお聞きすると、そうしたと認識は決定的に不足していると感じています。
 当山ももちろん、今回のようなご叱責も念頭に置き、よりいっそうの日常活動に励み、少しでもご指摘にお応えしようと思います。

5 ご遺族や地域住民や役場の職員や医師や納棺師の仕事を手伝うことが、「実際に活動をして欲しい」というご要望へ真にお応えする方法なのかどうかは、よく考えてみなければなりません。
 当然ながら、現在、葬祭業者さんや石材業者さんや納棺師さんや農協の職員さんなどからさまざまな情報をいただき、ご相談も受けています。
 また、皆さんは、私が一行者としてどこへでもでかけて修法することを知っておられ、しばしば私の長靴姿を目にしてもおられますが、誰一人、「現場へ来てください」という人はいません。
 それには二つの理由があるものと思われます。
 一つは、人にはそれぞれの役割があるからです。
 プロの方々は皆さん、「私は私の役割をまっとうしますから、住職も住職の役割をまっとうしてください」という思いでおられるはずです。
 だから、知識も技術もない住職へ、僧侶でなくてもできることを依頼して時間を潰させる案など思い浮かぶはずはありません。
 皆さんは例外なく、住職へより詳しく惨状を伝え、よりねんごろに供養してもらいたいと願っておられます。
 もう一つは、なけなしのガソリンを使って住職を送り迎えして(私が、法務の約束をキャンセルして泊まりこむことを望む人は一人もいません)わずかな時間だけ現場体験をさせることが、納棺師など自分の役割を充分に果たすこと以上に重要だなどとは考えられず、そんな余裕もないからです。

 ただし、「死者を仮に弔う」ことはとても重要であり、時間もガソリンもない私が、現場へ行けないながらも、お彼岸の中日に皆さんと共に祈った功徳を回向(エコウ…回し向けること)したことは、「東日本大震災 ─東北関東大震災・被災の記(その13)ふるまい─」へ小さく書いたとおりです。
 また、「言葉をやさしく聴いてあげ」るのも、とても重要です。
 日々、人生相談を受けている身にはよくわかります。
 だからこそ、ガソリンが手に入ったなら、「弔う」ためにも、「供養する」ためにも、「聴いて寄り添う」ためにも、何とか時間と体力をやりくりしてでかけようとしています。
 私が今、〈現場にいないこと〉がご不満であるとするならば、もろもろの力不足をお詫び申し上げるしかありません。

6 他の寺院についてはわかりませんが、当山においては、ご葬儀やご供養や人生相談やご祈祷やご加持など、本堂を使う法務があり本堂の開放は不可能です。
 住職は家もなく本堂で寝起きしており、お風呂すらなく、善男善女が住職夫婦へ風呂をつくってやろうとお風呂場基金を集めてくださっている現状において、たった一つの建物を法務以外に開放することはできません。
 当山の法務と共に歩む方々の中で解放すべき、あるいは解放が可能であると考える方は、一人もおられないでしょう。
 ご希望の〈現地〉における炊き出しは物理的に不可能ですが、善男善女がご本尊様へ捧げられたものを、ここの〈現地〉において、できるかぎりお分けしています。

7 外国との比較、特にキリスト教との比較に関しては、論ずる資格も能力もなく、また、そうしたことを研究するよりも先に行うべき眼前の法務が待っているので言及しません。
 ただし、アメリカなどにおいては教会へ対する企業の寄進は非課税であり、実業家の夢は事業の成功と大きな寄進にあるとされていること、また、歴史に明らかなとおり軍と教会と企業が連携して世界中へ進出していること、あるいは国家に守られて寄進された莫大な財が世界を相手にどのように運用がなされているか、運用主体の実態はいかなるものか、などの情報がぼちぼちと漏れ始めていること、そして、私が無から一山を開いたように、日本における寺院は基本的に住職が自分で維持管理せねばならないこと、なども勘案されてはいかがかと、ご提案申し上げます。

 当山が、住職がいなければ法務の遂行に重要な支障をきたす小さな寺院であり、ここも被災している〈寺院の現場〉を離れる余裕がなく、ご指摘の〈被災の現場〉で活動を行えない点については私の力不足に原因があるので、お詫び申し上げます。

8 こうした妥当性を含むお申し出は、各寺院とご縁の方々が、個別に寺院へ申し出られるのがよろしいのではないでしょうか?
 あちらこちらの檀信徒さんが、ご縁の寺院へご趣旨のお申し出をされることはとても大切でありましょう。
 寺院が行うのはすべて宗教行為です。
 宗教的救いを求めるならば、宗教行為を求めるならば、ぜひ寺院を調べ、訪ね、選び、お申し出ください。

 結論として、今回の件は、当山のペースで行う他、どう考えても対応方法がないことをお詫び申し上げます。
 限られた時間の中、大急ぎで書いており、乱筆や失礼な表現もまた、お詫び申し上げます。



 般若心経を一緒にお唱えしましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。

〈大和町のスポーツセンターへ結集した支援部隊〉
230323 004

〈ついこの間まで、自衛隊を(日陰者)扱いしていた歴史があったことはもう、忘れられているかも知れません〉
230323 005

〈野営されるのでしょう。信徒である自衛隊員の方々、ご意見を述べられる幹部の方々を思い浮かべます〉
230323 007




「のうぼうあきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

 
2010
11.25

墓地でゴザを広げる

 本堂でのご供養が始まる前、鹿児島県の大島から飛行機で遺骨を移されたHさんご一家が「電気を貸してください」と言われます。
 どうしたのかなと思いつつ、「そこですよ」と指さすと、しっかり者のお嫁さんが炊飯器らしきものを風呂敷包みからとり出され、一瞬みそ汁の芳香が漂いました。
 何か言われたものの、こちらも準備中のことゆえ内容はよく判りません。
 いずれ、故人へお供えするのだろうと思っていました。

 喪主となった奥さんは春先から当病平癒を祈願して健康をとり戻し、この日のために何度も打ち合わせを重ねました。
 おかげで、台風の合間をぬってはるか南からお移りいただいた御霊のご供養は、つつがなく終わりました。
 いよいよ納骨です。
 カロート壁に般若心経を刻み込んだお墓には、たくさんの写経と一緒に南の島の樹木から採った木の葉も納められました。
 徳利から年代物のお猪口に酒が注がれ、供えられました。
 幾種類もの花々が飾られました。
 かなり雲が厚くどんよりとしてはいたものの、予報に反して雨が降らず、静謐な空気の中ですべての修法が終わりました。
 空はやや明るくなったようです。

「ここで食事をしても良いでしょうか?」。
 奥さんの声にエッとあたりを見回すと、いつの間にかお墓の脇にはすでにコンパネが敷いてあります。
 シートも、畳んだテントらしきものも見えます。
 かねて石屋さんと相談しておられたのでしょう。
 故郷では、こうした時には一族揃って墓前でくつろぐ習わしがあるのだそうです。
 佳い香りを発していたみそ汁は、文字通り御霊と一緒にいただくものだったのです。
 
 いそいそと準備にとりかかった皆さんの顔には安堵と喜びがあります。
 残念ながら予定が詰まっており、せっかくのお誘いをお断りしてしまいましたが、御霊にもご参詣の方々にもゆっくりしていただきたいと願い、参道を広くとり、ゆったりしたレイアウトして良かった、「ああ喜んでおられる」とただただありがたく、涙の出るような思いで『法楽の苑』を後にしました。

 当山の墓地では、お天気の良い日にのんびり佇む方や、周囲の石へ腰かけておにぎりやお茶を楽しむ方の姿が見られます。
「ここは淋しくありません」と言われるたびに、理想が実現しつつある手応えを感じます。

 ※この文章は、もうネットで読んでいただけない古い綴りから行者高橋里佳さんがピックアップしたものを加筆修正の上、再掲しています。平成16年のものです。

〈笑顔で善男善女をお迎えする白い花
2212122 001




「おん さんまやさとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2010
08.01

本堂跡地の活用法について

 昨年まで本堂として用いていた建物はそのまま残っており、境内地は放置したままです。
護持会新聞」などで活用法についてのアンケートを募ったところ、ゆかりびとの方々が安心して過ごせる集合住宅を求めるご意見などをいただきました。
 そうした中に以下のようなご提言がありましたので、同じように考えた方もおられるやと思い、触れておきます。

「宗教法人が税制上、優遇されているとは聞いていますが、集合住宅は、このようなご時世に計画すべきことでしょうか?」
 営利事業としての建築はいかがなものかというご指摘です。
 これは、いつもギリギリで運営している当山にタダで入居していただく力はないことをよく知った上でのご懸念です。
 実は、ここのところが計画に関する一番の問題点です。
 一人暮らしで不安を抱え、信じる寺院の近くで過ごせたら安心であるというお話は多々ありましたが、当山は頭割りのお布施依頼を行わないので、建設資金も運営資金も利用者負担にならざるを得ません。
 それじゃあ営利事業じゃないかと言われれば、理念はともかく、確かに形はそうなってしまいます。
 宗教法人が営利事業を行うのは最も避けるべきであるとの信念との整合性をどうするか、妥協の技術を競う政治の世界ならともかく、当山には逃げらないハードルです。
 入居を考えておられる方々の思いを体しながら、適切な方法を探って行きます。
 ──皆さんがご本尊様の近くで心穏やかに暮らせる場、あるいはおりおりに修行のできる場をご提供できることを夢見ながら。

「跡地には樹木、草花を植え、憩いの場にされてはいかがでしょうか」
 これも有力な選択肢です。
 今は倉庫でしかないとはいえ、旧本堂とその周囲には祈りの気配が濃厚に残っています。
 資金を必要とせず、当山が足元を固めた聖地聖地のままで残れば、訪れる方々へ清浄な心になるための空間を提供し続けることでしょう。
 
 恐山でも、定義山でも、古いお堂はそうした存在であり続けています。
 
 いずれにしても、皆さんのご意見に耳を傾けながら、当山の信念に立った形を真剣に模索して行きます。
 これからも、忌憚のないご意見をお願いします。

清浄になりたいものです〉
2207313 011



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。



[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン




back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。