--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
12.06

村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─

2016-12-06-0001.jpg

 アンデルセンの短編小説『』を読んだ。
 が主人になり、主人から独立したが幸福を得る一方で、の出生を知る主人は殺されてしまう。
 村上春樹氏は、アンデルセン文学賞の受賞スピーチ「と生きる」で、「暗く、希望のないファンタジー」と言っている。

 氏は、小説を書く過程について述べる。

「僕が小説を書くとき、筋を練ることはしません。
 いつも書くときの出発点は、思い浮かぶ、ひとつのシーンやアイデアです。
 そして書きながら、そのシーンやアイデアを、それ自身が持つ和音でもって展開させるのです。

 言い換えると、僕の頭を使うのではなく、書くプロセスにおいて手を動かすことによって、僕は考える。
 こうすることで、僕の意識にあることよりも、僕の無意識にあることを重んじます。

 だから僕が小説を書くとき、僕に話の次の展開はわかりません。
 どのように終わるのかもわかりません。
 書きながら、次の展開を目撃するのです。」


 氏の言う「シーンやアイデア」は、無意識として隠れている世界へ入る扉だろう。
 私たちも、何年経とうと鮮やかな光景や、繰り返し問いかける問題を溜め込む。
 多くはそのまま忘却されてしまうが、数十年後にようやく、ゆっくりと扉が開くものもある。
 氏は書くプロとして扉を開く。

「『』を読んだとき、アンデルセンも何かを『発見』するために書いたのではないかという第一印象を持ちました。
 また、彼が最初、この話がどのように終わるかアイデアを持っていたとは思いません。

 あなたの影があなたを離れていくというイメージを持っていて、この話を書く出発点として使い、そしてどう展開するかわからないまま書いたような気がします。」

僕自身は小説を書くとき、物語の暗いトンネルを通りながら、まったく思いもしない僕自身の幻と出会います。
 それは僕自身の影に違いない。


 そこで僕に必要とされるのは、この影をできるだけ正確に、正直に描くことです。
 影から逃げることなく。
 論理的に分析することなく。そうではなくて、僕自身の一部としてそれを受け入れる。

 でも、それは影の力に屈することではない。
 人としてのアイデンティティを失うことなく、影を受け入れ、自分の一部の何かのように、内部に取り込まなければならない。

 読み手とともに、この過程を経験する。
 そしてこの感覚を彼らと共有する。
 これが小説家にとって決定的に重要な役割です。


 無意識の世界に在る者が「影」である。
 私たちは、自分が意識し、考える内容だけで動き、生きているのではない。
 思考と行動の多くが無意識に衝き動かされて起こり、時として、それは、表面の意識とぶつかりもする。
 そうした全体が自分というものなので、自分を知り、世界を知り、人間として過たずに生きて行くには、そして他者の不幸の原因をつくらないためには全体像を観る力が必要である。
 この力を磨く読書において、小説が持つ役割は大きい。

アンデルセンが生きた19世紀、そして僕たちの自身の21世紀、必要なときに、僕たちは自身の影と対峙し、対決し、ときには協力すらしなければならない。

 それには正しい種類の知恵と勇気が必要です。
 もちろん、たやすいことではありません。
 ときには危険もある。
 しかし、避けていたのでは、人々は真に成長し、成熟することはできない。
 最悪の場合、小説『影』の学者のように自身の影に破壊されて終わるでしょう。

 自らの影に対峙しなくてはならないのは、個々人だけではありません。
 社会や国にも必要な行為です。
 ちょうど、すべての人に影があるように、どんな社会や国にも影があります。

 明るく輝く面があれば、例外なく、拮抗する暗い面があるでしょう。
 ポジティブなことがあれば、反対側にネガティブなことが必ずあるでしょう。

 ときには、影、こうしたネガティブな部分から目をそむけがちです。
 あるいは、こうした面を無理やり取り除こうとしがちです。
 というのも、人は自らの暗い側面、ネガティブな性質を見つめることをできるだけ避けたいからです。」


 世界は「影と対峙し、対決」する時代に突入しているのではなかろうか?
 フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は、麻薬撲滅の旗を掲げ、人権無視の殺戮を容認した。
 確かに犯罪者は減るだろうが、その一方で、どさくさ紛れに、自分にとって都合の悪い人間を殺す非道な殺人事件がどれだけ起こっているかわからない。
 これまで軍事行動を共にしてきたアメリカの大統領を「地獄に堕ちろ!」などと罵ることは常軌を逸している。
 アメリカの時期大統領トランプ氏の言動も異様だ。
 イスラム教徒やメキシコ人を嫌い、犯罪者として閉め出そうとしている。
 アメリカにいる白人そのものが移民であり、原住民を圧殺した人々なのに、後から来た移民を差別・軽蔑し、忌避するのはおかしい。

 両者共、「もう嫌だ!」と感じている人々の情念を煽り、地道な努力無しには実現され得ない共生や融和といった価値を無視するかのようだ。
 共生や融和の根拠となっている人権や自由や平等などの理念は吹き飛ばされそうになっている。

「影を排除してしまえば、薄っぺらな幻想しか残りません。
 影をつくらない光は本物の光ではありません。」


 グローバリズム一辺倒の資本主義は、「これさえやっていれば大丈夫」と原理主義的に世界を席巻してきた。
 一部の人々が太陽のように富と力を得る一方、抑圧される人々の影もまた深く濃くなってきたにもかかわらず、無視されてきた。
 ドゥテルテ大統領やトランプ氏の登場は、「影」からの逆襲を意味しているのかも知れない。
 

自らの影とともに生きることを辛抱強く学ばねばなりません。
 そして内に宿る暗闇を注意深く観察しなければなりません。
 ときには、暗いトンネルで、自らの暗い面と対決しなければならない。

 そうしなければ、やがて、影はとても強大になり、ある夜、戻ってきて、あなたの家の扉をノックするでしょう。
『帰ってきたよ』とささやくでしょう。

 傑出した小説は多くのことを教えてくれます。
 時代や文化を超える教訓です。」

 
 私たちに必要なのは、「自らの影とともに生きることを辛抱強く学」ぶことではなかろうか?
 さもないと、強大になり、コントロールから離れた影は、小説で主人公を殺したように、世界を破滅させるかも知れない。
 ほどほどの光と穏やかな影との共生を求めるならば、指導者も私たちも叡智包容力を持たねばならないと思う。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」※今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=EOk4OlhTq_M





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト
2016
09.06

入れ歯の拾いもの ─見世物になったジャック・ロンドンと村上春樹氏のこと─

2016-09-06-0001.jpg

 晴れた日、入れ歯を拾った。
 墓地の入り口付近、アスファルト道路の真ん真ん中だ。
 まるで生きているかのような肉色と白く光る歯並びに驚いた。
 さっそく丁寧に持ち帰り、職員たちに見せたところ、〝何てものを……〟というように眉をしかめ、「すぐ、水に入れなきゃ」と言う。
 乾くとダメになってしまうのだそうだ。
 それに数十万円すると聞いて、また、仰天した。
 あとは2人に任せ、作家村上春樹氏のエッセー『ジャック・ロンドン入れ歯』を思い出した。

 氏と誕生日が同じアメリカの作家にジャック・ロンドンという人がいた。
 過去形で書くのは、彼が名声の絶頂で自殺してしまったからだ。
 彼が日露戦争の従軍記者として朝鮮半島へ出かけた時、単身、宿泊した辺鄙(ヘンピ)な村の役人から頼まれた。
「村のものたち全員が御尊顔を拝したいと申しております。
 もしよろしかったら、広場でみんなにお顔を見せてやっていただけますか」
 彼は、自分の文名がこんな寒村にまで知れ渡っていることに驚きながらも、感激した。

 さて、ぎっしりと聴衆で埋まった広場へでかけた彼に、役人は言った。
「申し訳ありませんがちょっと入れ歯を外して見せていただけますでしょうか」
 それまで入れ歯というものを目にしたことのなかった観客は熱烈な拍手を送った。
 お立ち台に立って、30分もの間、入れ歯を外したり入れたりしながら、彼は心底、こう思ったという。
「人間がどれだけ死力を尽くして何かを追求したところで、その分野で人々に認められるのは稀なことなのだ」

 村上春樹氏はこの一件について思う。

「これを読んで僕は、ロンドンという人は本当に偉いと思った。
 感動さえした。
 もちろん腹も立てずそのまま半時間も入れ歯を出したり入れたりしていた親切さも相当偉いと思う。
 顎の筋肉だってずいぶん疲れたことだろう。
 しかし僕がそれ以上に感心したのは、その教訓の学び方であった。
 もし千人の人間がまったく同じ立場に置かれたとしても、そこからこんな特殊な教訓を引き出せる人は彼の他にまずいないのではないだろうか。」
「しかし考えてみればまあそのとおりだよな、と僕も思う。
 人は何かに向かってたとえ血の滲むような努力をしても、必ずしもそのことで他人に認められるとは限らないのだ。
 それはたしかに人が肝に銘じておいていい事実であるだろう。
 僕はこのエピソードを読んで、ジャック・ロンドンという作家が以前にも増して好きになった。」


 ところで、地震、津波、大雨、大風など、地球温暖化現象による生活環境の激変は凄まじい。
 今は主として、自然の中で暮らしてきた山村、農村、漁村の人々が甚大な被害を蒙っているが、ある限度を超えると、次には、都会の機能が麻痺することだろう。
 もしも、日本三大鍾乳洞の一つである龍泉洞(岩手県)のように、東京都の地下鉄が水没したならば、あるいは環状線が水没したならば、どうなろうか。
 被災地では、アッと言う間に生活の基盤を失い、手の施しようがない人々のもとへ、ボランティアの人々が黙々と足を運び、黙って汗を流す。
 しゃがみこんだ老婆の横で若者が泥を運び出す絶望と希望が交錯する光景には、目まいを感じることさえある。
 無惨であり、神々しい。
 そして、ふと、思う。
〝ボランティアの善男善女は、あれだけ崇高な行為を実践できる魂なりの評価を受け、それにふさわしい生活環境を得ておられるだろうか?〟
〝常々、抗えない無常や不条理に打ちのめされ、声にならない呻きを抱えていればこそ、呻く人々に対して、じっと傍観者になってはいられないのかも知れない〟
 確かに、「どれだけ死力を尽くして何かを追求したところで、その分野で人々に認められるのは稀なこと」なのだろう。
 そうであろうと、ジャック・ロンドンは置かれた立場で誠意を尽くした。
 ボランティアの方々も、場と相手とを問わず誠意を尽くす。
 村上春樹氏はこの誠意を感じたから、「以前にも増して好きになった」のだろう。
 人知れず祈ることくらいしかできなくなった小生もまた、ボランティアの方々があふれさせる誠意には強く励まされる。

 さて、拾った入れ歯です。
 しっかり確保し、職員たちがケアしております。
 お心当たりの方はどうぞ、お早めにお申し出ください。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん あらはしゃのう」
※今日の守本尊文殊菩薩様の真言です。どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=WCO8x2q3oeM





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン





2016
06.07

事前指示書と村上春樹のオーディオ観

2016-06-04-0008.jpg

 最近、事前指示書に関するご相談があります。
 事前指示書とは、自分で意志表示できない状態になった時にそなえて、事前に医療行為などに関する要望をまとめておくものです。
 自分が倒れたならこうしてもらいたいとか、これは止めて欲しいというイメージを持っていても、形あるものにしておかないと、周囲の人々がわからなかったり、誤解したり、あるいは無視したりといったことになる可能性があるので、指示書は大切です。
 こうした事前指示書にはその人の人生観がはっきりと表れ、いかにまとめるかは、一人の人生を総括する作業でもあります。

 ところで、、古いオーディオ装置を愛用し続けている作家村上春樹氏はこんなことを言っています。

「うちのJBLのユニットは柄こそでかいけど、最新のスピーカーに比べたら上も下もそんなに伸びません。
 スペック的に見たら時代遅れなスピーカーだと思います。
 もっと広域が伸びたり、低域がもっとガシッと出たりしたらいいだろうな、と思う時ももちろんあります。
 でもそういう音になって、僕にとっての音楽の情報量がいまより増えるかと言ったら、それはないんじゃないかな。
 このいまのスピーカーを通して与えられる情報が、僕にとって長いあいだひとつのメルクマールになってきたし、それをもとにして音楽的にものを考える訓練を僕は積んできたわけです。

「僕にとって音楽というものの最大の素晴らしさとは何か?
 それは、いいものと悪いものの差がはっきりわかる、というところじゃないかな。」

価値判断の絶え間ない堆積が僕らの人生をつくっていく。


 私たちは、音楽だけでなく、いろいろなものの価値判断をし、取捨選択しつつ「人生をつくっていく」わけですが、人生の最終場面における取捨選択が事前指示書の作成ではないでしょうか?
 誰かに選んでもらうのではなく、〈ここはどうしても譲りたくない〉と自分で選んだ自分の人生の最後の姿がそこにはあります。
 選び方に誰かとの比較はなく、いつしかできていた自分なりの尺度をもってするしかありません。
 ここに、村上春樹氏の言う「メルクマール」つまり指標の問題があります。

 氏は音楽に対して、〝これはいいなあ〟〝これはよくないなあ〟と判断し、そうした感覚で「ものを考える」生き方をしてきました。
 判断の材料となる音楽を提供するのが「JBLのユニット」です。
 それを通してこそ、氏は安定した判断が行い続けられました。
 私たちにもまた、自分なりの判断をさせる心の装置があるのではないでしょうか。

 私たちは普段、それを誰かに示すことはなく、氏にとっての音楽のようなものを必ずしも持ってはいませんが、事前指示書を考える段になると、自分でも気づかなかった判断の道筋や希望の強さに驚いたりします。
 Aさんは、ペースメーカーの電池がなくなる時を臨終の時と思い定めて指示書に書き、それまで、み仏から預かったいのちを大切に生きようと考えておられます。
 Bさんは、自分が手をかけられなくなった時に飼い猫をどうしてもらいたいか、相手の了承を得て指示書に書き、「一番の気がかりがなくなりました」と笑顔を見せました。
 Cさんは、献体の場合も引導を渡してもらえることを知り、「二つの望みがかなえば、もう、何も要りません」と涙を流されました。
 こうした決心の〈相談〉や〈書き込み〉、あるいは〈委託〉をお寺で行いたいとのお申込みがあると、いつも以上に身が引き締まります。

 そもそも寺院は、そうした場でした。
 この世のままならなさに負けず、人としてまっとうに生き抜き、最期を託すために役立つ場だったはずです。
 大いに利用していただきたいと願っています。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2015
11.27

ご祈祷はどのように行われるか? ─不思議なことが起こる時─

201511270001.jpg

 11月26日、重度の糖尿病にかかっている今井駿くん(当時7才)にインシュリンを投与させず、手かざしなどの祈祷で治そうとして結果的に死へ至らしめた会社役員近藤弘治容疑者(60才)が逮捕された。
 当病平癒などの超能力を持つ龍神であると自称していたらしい。
 こうした事件があると、いわゆる〈科学的〉とみなされる事象しか信じない方々から祈祷は一段と見下げられ、侮られる。
 日々、ご祈祷を法務の一つとしている立場から、少々述べてみたい。

 小説家村上春樹氏は作品中に超現実的な場面を多々描くものの、「基本的に信じていない」と言う。

「まったくないとも信じていないけど、あるとも信じていない。
 そういうことについてあまり考えたりもしない」(以下の引用は『村上春樹河合隼雄に会いにいく』より)


 こんな氏は、ノモンハンの戦場跡へ行ったおり、慰霊の意識から迫撃砲弾の破片と銃弾をホテルへ持ち帰った。

「夜中にパッと目が覚めたら、部屋が大揺れに揺れているんです。
 僕は完全に目は覚めていたんですよ。
 もう歩けないぐらいに部屋中がガタガタガタガタ揺れていて、ぼくははじめ地震だと思ったのですね。
 それで真っ暗な中を這うようにして行って、ドアを開けて廊下に出たら、ピタッと静まるんです。
 何が起こったのかぜんぜんわからなかったですよ。」


 ご祈祷に出かけると、こうした思いもよらぬできごとに遭うのは珍しくない。
 自死や焼死された方の〈現場〉へ導かれたり、得も言われぬ力で祈祷や供養の修法を邪魔されたりなどは日常茶飯事である。
 ご来山された方へ直接、法をかけるご加持などにあっては、受者が自分で言おうとしてもいないことを言い始め、ようやくご自身の本心を解放して泣いたりされる。
 だから、ノモンハンの話には、〝そうだよね〟と思うしかない。

 氏はできごとを総括する。

「これはぼくは、一種の精神的な波長が合ったみたいなものだろうと思ったのです。
 それだけ自分が物語のなかでノモンハンということにコミットしているから起こったのだと思ったのですね。
 それは超常現象だとかいうふうに思ったわけではないですけれども、なにかそういう作用、つながりを感じたのです。」


 対話している臨床心理学者河合隼雄博士は述べた。

「そういうのをなんていう名前で呼ぶのか非常にむずかしいのですが、ぼくはそんなのありだと思っているのです。
 まさにあるというだけの話で、ただ、下手な説明はしない。
 下手な説明というのはニセ科学になるんですよ。
 ニセ科学というのは、たとえば、砲弾の破片がエネルギーを持っていたからとか、そういうふうに説明するでしょう。
 極端に言うと、治療者として人に会うときは、その人に会うときは、その人に会うときに雨が降っているか?
 偶然、風が吹いたか?
 とかいうようなことも全部考慮に入れます。
 要するに、ふつうの常識だけで考えて治る人はぼくのところへ来られないのですよ。
 だから、こちらもそういうすべてのことに心を開いていないとだめで、そういう中では、いま言われたことはやはり起こりますよ。」

 
 そして、〈全部考慮に入れる〉のは、勘をはたらかせることに通じて行く。
 たとえば電車の中で「ちょっと荷物をお願いします」という時に頼むのは「確かな人」と覚しき相手だが、一瞬にしてその判断ができ、しかもまちがっていないなら、判断の根拠はどこに求められるか?

「自分の人生経験というものをふまえて、そのときの状況でパッと全体的な判断を下すわけです」


 小生も、混み合う大衆食堂で席を確保しつつ料理を受け取りに席を立たねばならず、見知らぬ人へ荷物を託す場合、とっさの判断が必要になり、〈確かな人〉に頼めれば、結果がでないうちから安心できる。
 瞬時に「全体的な判断」をするしかないし、それはなぜか狂わない。

 村上春樹氏に戻るが、氏はノモンハンに「コミット」すなわち関わり合うことに没入していたからこそ、「つながり」が生じたのだろう。
 河合隼雄博士は、知人が亡くなった夢を見た時、それが「確か」だと思える場合と、そう思えない場合があり、夢の中と覚めてからとを問わず、そうした勘はよく当たると言う。
 要は、相手に対する意識が深まり、それが全存在をかけたレベルに達していれば、普通ではない現象が普通に起こり得るのではなかろうか?
 当山の修法においても、お大師様の説かれた即身成仏の修法に入り切れれば、普通でない現象が起こり得る。
 そもそも、「ふつうの常識だけで考えて治る人」は当山へ足を運ばれない。
 博士と同じく行者としての「全部」を総動員してようやく、ご本尊様へおすがりする資格があると考え、修法の修行を続けている。
 当山のご祈祷はこんなふうに行われている。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2015
11.19

お経のわかりにくさと読み下し文の話 ─村上春樹の翻訳論について─

2015111900012.jpg
〈寺子屋『法楽館』にて〉

 「法会に参加しても、お経がさっぱりわかりません」という声にお応えして、当山では、例祭や年忌供養などの際に、皆さんが祈りの内容をイメージしやすいよう、読み下し文などを用いています。
 一方、胆となる法を結ぶあたりでは、インドの言葉である真言をそのまま用います。
 二種類を用いるのは、文学作品のオリジナルと翻訳の関係に似ています。

 作家村上春樹氏はオリジナルと翻訳について明快に述べています。

「オリジナル・テキストのアップデートは不要です。
 それは時代性を含んで成立しているものですから。
 言葉が古くなっても、表現が古くなっても、事情がかわっても、人の考え方が変わっても、それは不変のオリジナルとして、永遠の定点として存在します
 それが芸術というものです。」(『村上さんのところ』)


 経典も同じです。
 真言は「永遠の定点」であり、中国で翻訳された漢文の経典は、日本人にとって〈準定点〉と言えるのではないでしょうか。
 だからこそ、お大師様は海を越えて唐の国へ渡り、サンスクリット語の原文を読みこなした上で、漢文に訳された経典と修法のお次第を持ち帰りました。
 たとえば般若心経について知りたいならば、お大師様が説かれた『般若心経秘鍵(ヒケン)』に関する書物か、宮坂宥洪師の『般若心経の新世界』が、原文をベースにして掘り下げた研究としてお勧めです。

「しかし翻訳は時代とともに更新されていく必要があります。
 なぜなら翻訳は芸術ではないからです。
 それは技術であり、芸術を運ぶためのヴィークル=乗り物です

 乗り物はより効率的で、よりわかりやすく、より時代の要請に添ったものでなくてはなりません。
 たとえば古い言葉は更新されなくてはなりませんし、表現はより理解しやすいものに変更されなくてはなりません。
 それから、以前にはわかりにくかった様々な情報が、今ではわかるようになったということもあります。」


 氏は、フィッツジェラルドが書いた小説の翻訳として用いられた「フランス大旅行団」という言葉を例示します。
 目の前を通り過ぎて行く旅行団がイメージできなかった氏は原文にあたり、「ツール・ド・フランス」つまり自転車レースのことであると突きとめました。

「この翻訳がなされた当時の日本では、ツール・ド・フランスが何かを知る人はあまりいなかったのでしょう。」

「優れたオリジナル作品は古びませが、翻訳は古びます。
 どんな翻訳だって、多かれ少なかれ古びます。
 僕の翻訳だっていつか古びます。
 翻訳は原理的に更新されることが必要なのです」


 当山は現在のところ、残念ながらサンスクリット語を学んで経文の原文にあたる力がなく、漢文を原文扱いしながら活動しています。
 しかし、修法中にご本尊様と一体になるべきところではオリジナルである真言を用いています。
 また、オリジナルから「よりわかりやすく、より時代の要請に添った」ものへ翻訳する力はなくとも、漢文を「より理解しやすい」読み下し文にして皆さんと共に理解を深めようと努めています。
 次の世代では、「永遠の定点」をよりしっかりと用い、同時に、説かれた真理・真実を誰もがより理解できるよう、新しい翻訳のような作業がなされることを期待しています。
 ご縁の方々と共に、オリジナル・テキストも、翻訳テキストも有効に用いた宗教活動を行い、安心と救済の場であり続けて欲しいと願ってやみません。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。