FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
08.13

4ヶ月ぶりに我が子を発見したご両親 ─東日本大震災被災の記(第186回)─

2016-08-13-0001.jpg
〈野辺の花にもある生と死〉

 8月12日、オリンピック男子体操で内村航平選手が逆転優勝し、新聞各紙のトップを飾った。
「もう何も出ないというところまで出し切れた」という言葉に国民が打たれた同日、さして大きくない記事も、〈やり切った〉人を紹介していた。
 4月14日に発生した熊本地震で唯一、行方不明のままだった大学生大和晃さん(22才)がついに発見されたのだ。
 父親の卓也さん(58才)と母親の忍さん(49才)は5月1日、県から捜索打ち切りを通告されてなお、職場の協力も得て、独自に探し続けてきた。

 被災したと思しき阿蘇大橋附近は峻険な場所で、激しく崩落しており、もしも埋まったなら発見は不可能だろうと思われていた。
 しかし、両親はあきらめなかった。

「布を見つければ息子の服ではないか、金属板を見つければ車の一部ではないか……。
 どんな小さな手掛かりも見逃すまいと河川敷を歩き、近づけない場所はカメラの望遠レンズを使って確認した。
 晃さんが乗っていた同型車や当日の服装の写真を載せたチラシも作り、川沿いの住民や工事関係者に配った。」


 そしてついに、手がかりを発見した。

「6月23日、阿蘇大橋の崩落現場から下流約5キロ地点で金属板を発見。
 晃さんの車と同車種の車体の一部だとわかった。
 いつしか、友人や知人が次々と捜索に加わっていた。
 我が子を捜し歩く姿をテレビで見て突き動かされ、現場を訪れ協力した人もいた。
 自宅には、『晃さんのお父様』の宛名で、全国から励ましの手紙が届いたという。

 そして7月24日。
 車体の一部を見つけた。
 忍さんは、取り乱した様子で車体を掘りだそうとしたという。
 忍さんは『私のこの手で晃を抱きしめるまでは諦められないんです』。

 7月30日、車体を見つけた現場に行った忍さんは、近くに折り鶴を置いた。
 毎日の捜索に向かう車中で折ってきたもので、1千羽を超えた。
 近くに、メッセージも添えた。
『もうすぐ連れて帰るばい』

 11日、遺体の収容を終えて、卓也さんは『手紙や励ましの言葉もたくさんもらった。ありがとうございました』と報道陣のカメラに向かって頭を下げた。
 忍さんは、晃さんにかける言葉を問われるとこう答えた。
『お帰り、きつかったね、苦しかったね』」(朝日新聞より)


 収容されたのが息子であると信じている卓也さんは語った。

子どもを手元に取り戻すことができた


 ここで言う「子ども」とは何だろう?
 ご遺体や遺品といったモノである。
 ご両親は、手がかりとしてのモノを100日以上、探して来られた。
 そして息子にかかわる確かな何かを手にしようとしておられる。
 それを確認し手にすることによって、息子との再会、息子の帰還が果たされる。
 それへ手を合わせることによって、あの世へ逝った息子と親との新たな絆が確信的に成立する
 
 ところで〈それ〉はあくまでモノである。
 この場合、モノは単なる物質としてのモノではない。
 あの世の御霊とこの世の私たちが、異なる世界にいながら通じ合うために、かけがえのない役割を果たす。
 だからこそ、人類は、世界中のどこでも、歴史が発祥した当初から、お骨や遺品の扱いには繊細な感覚をはたらかせてきた。
 そこが宗教心の根を形成する肝腎なところである。
 我欲に満ちた人間に汚れを抑制させる最後のよりどころでもある。


 しかし、東日本大震災の直前はどうだったか?
 人を送る宗教行為は限りなく貶められつつあった。
 評論家は過激さを競うかのように、お葬式とそれに関する諸々の行為を否定していた。
 それが、震災を期に鳴りを潜めた。
 一気に生じた膨大な死と弔いが、私たちの本源的な心性に気づかせたのである。
 ご遺体や遺品が単なるモノではないという当たり前の心を取り戻した。

 あれから5年、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」ではないが、またしても、ご葬儀はもちろん、家族も親も〈要らない〉という本がベストセラーになりつつある。
 言うまでもなく、著者のすべては親から生まれ、親子という家族関係の中で育てられ、ものを書いて売れる人間になったはずなのに……。
 評論家や宗教者から、お骨は単なるモノだとも、堂々と言われる。

 東日本大震災で津波に遭った被災地のあちこちでは、月命日となる11日に、各地で行方不明者の捜索が行われている。
 現場の方々は皆さん、真剣である。
 5年前によみがえった尊い感覚を大切にしておられる。
 それは、大和家の思いと通じている。
 大和家の報道に接してハッとしたなら、その心を大切にして行きたい。
 霊性が何かを教えてくれたはずなのだから……。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん あらはしゃのう」
※今日の守本尊文殊菩薩様の真言です。どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=WCO8x2q3oeM





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



スポンサーサイト
2016
08.10

お化けはいるのか? ─お子さんから質問されたら─ 

2016-08-10-0001.jpg
〈松井冬子氏の作品をお借りして加工しました〉

 毎年、この時期になると、お子さんたちから訊ねられます。
お化けっているの?」
 今の時代は、小学生低学年の子供でも、夜中の内にお土産を用意しておいてくれるサンタクロースがお父さんやお母さんであることを知っています。
 それでも、薄暗いあたりに何かの気配を感じる感覚は残っているようです。

 日本人が生んだ世界的天才の一人である南方熊楠(ミナカタクマクス)は、何でも自分で確かめる人でした。
 たった一人で那智山に入り、日中は動植物を観察して図や文章に書きとめ、夜は心理学を研究しつつ気づきました。

幽霊が現わるるときは、見るものの身体の位置の如何(イカン)に関せず、地平に垂直にあらわれ申し候(ソウロウ)。
 しかるに、うつつは見るものの顔面に平行してあらわれ候。」


 幽霊は、どこでどういう姿勢でいても、必ず地面に垂直に立ち現れます。
 その一方で、幻は、自分の顔に平行な形で現れるというのです。
 彼は、誰かから「幽霊を見た」と聞いてはそこへ出向き、何度も幽霊を確認しました。
 同時に、そうした異次元の入り交じる場所で、珍しい生きものをも発見したようです。

 それにしても、正確に観ようとする人の目は鋭いものです。
 言われてみれば幽霊は地中や水中から現れるので必ず垂直に出てくるはずですが、私たちはこんな当たり前なことになかなか気づきません。
 〝あっ、出た!〟と思えばもう、恐ろしく、早く逃げるか、もしくは金縛りで動けなくなるか、いずれにしても心臓は早鐘を打ち、冷静な観察眼や判断力がはたらかないからです。
 だから、夜道に落ちている縄を見つけて〝ヘビだ!〟とびっくりしますが、南方熊楠なら、何でできた何㎝の縄であるかまで即座にわかることでしょう。

 ちなみに、彼はこんなことも書いています。

「小生が旅行して帰宅する夜は、別に電信など出さないのに妻はその用意をする。
 これは rapport(ラッポール)と申し、特別に連絡の厚い者にこちらの思いが通ずるので、帰宅する前、妻の枕頭に小生が現われ呼び起こすのだ。」


 いわゆる夢枕を意識的に現出させるのです。
 普通に言う夢枕は不吉な知らせがほとんどで、戦地に行っている息子が夢枕に立ったその日に戦死していたなどは典型的なものです。
 当山にご葬儀やご供養を依頼される方々の中にも、夢枕の体験を語る方は幾人もおられます。

 さて、幽霊のほとんどは未成仏霊であると思われます。
 悲しいことですが、東日本大震災の後、たくさんの方々がこの問題でご来山し、ご供養や、ご加持や、ご祈祷を行い、また、一般家屋、事務所、ビル、浜辺、橋、樹木など〈現場〉へ出かけての修法も行いました。
 南方熊楠のように垂直に立っている幽霊には会わずじまいでしたが、ありありと気配を感じたことは数限りありません。
 凍っているような闇も、何かが動くような柔らかな空気もありました。

 ただし、急いでつけ加えておかねばならないことがあります。
 未成仏霊は必ずしも、おどろおどろしい雰囲気を伴っているとは限りません。
 平成28年の春、東北学院大学で社会学を学ぶゼミの学生たちが、石巻市のタクシー運転手から聞き取り調査した卒論には、乗せたはずのお客様がいなくなっていた話なども書かれていますが、皆さん揃って、出会った〈幽霊〉に対して畏敬の念を持ち、大切な体験として記憶に留めておられます。
 津波で身内を亡くした方などはこう言いました。
「こんなことがあっても不思議ではない。
 また乗せるよ」
  
 お子さんから「お化けっているの?」と訊かれたらこんなふうに答えるのも一法でしょう。
「そうだね。
 亡くなってまだ、あの世にすっかり行けないままの人もいるかも知れないね。
 目に見えないのに誰かがいるような気がしたら、合掌して〝早く、安心の世界へ行ってください〟と祈ってあげましょう。
 でも、本当に誰かが隠れていたら大変だから、注意しましょうね」




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん ばざら たらま きりく」※今日の守本尊千手観音様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IvMea3W6ZP0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

 

2016
06.16

映画『TOMORROW 明日』を観て

2016-06-16-0001.jpg

 映画『TOMORROW 明日』を観た。
 原爆が落とされる長崎で暮らす人々の前日と当日を描いた作品である。
 戦争末期とはいえ、寝て起きて、飯を食い、はたらき、恋をする人々の日常生活は淡々と続いている。
 それは広島に原爆が落とされた直後であっても変わらない。

 東日本大震災の直後を思い出す。
 浜辺は信じがたいほどの惨状であっても、水が及ばなかった高台の生活は見かけ上、震災前とさして変わらない。
 駆けつけた気仙沼で目にした光景には呆然とさせられた。
 津波に遭い、泥にまみれながら後片付けをしている人々の目線が届く範囲にある民家では、普段通りの〈洗車〉が行われていたのだ。

 長崎の日常生活は、人々の思いと真実によって普段通りに紡がれる。
 結婚も、出産も、仕事も、招集も、近所づきあいも皆、〈明日〉を前提としていればこそ、今日のふるまいようがある。

 新婚初夜、蚊帳の中で新婦と向きあった新郎は、母の形見の指輪を新婦の指にかける。
 
「あなたを大切にします。
 戦争はどうなるかわからないが、
 それだけは約束します」

 母親の秘密について告白しようとするが、言い出しかねている様子に、新婦は優しく言う。

明日でも明後日でもいい。
 まだ時間はいっぱいあるでしょう」

 恋人の学生から召集令状が来たと聞かされて新婦の妹は泣く。

「悲しくて泣いているのではありません。
 招集が来て嬉しいのかも知れないけれど、
 それでも勝手に涙がでてしまうんです」

 その先に本音が出る。

「秀雄さんを一人では死なせたりはしません。
 もしも万が一、死ぬことになったなら、
 私も生きてはいません」

 二人は抱き合ってただ、泣くしかない。

 結婚式に参加した新婦の姉はその日、陣痛が起こる。
 母親と、産婆さんと、一晩かけてようやく男児を出産する。
 母親は汗を拭いながら言う。

「いい天気だねえ」

 それぞれが明るい一日を迎えた昭和20年8月9日の昼前、ゴーッという爆撃機の音が空から聞こえる。
 そして、一瞬の閃光がすべてを消滅させた。
 プロローグが思い出される。

「人間は
 父や母のように
 霧のごとくに
 消されてしまって
 よいのだろうか」
  (若松小夜子「長崎の証言・5」)

 こうして身内や大切な人を〈消された〉体験に身震いする人々は、70年経った今、この世から〈消えつつ〉ある。
 それと共に、理不尽な消滅のできごとを、我が身に置き換える想像力が〈消えて〉しまわぬよう願ってやまない。
 体験者がいなくなれば、あとは想像力に頼るしかない。
 それが枯渇した日には、恐ろしいことに、きっと愚行は繰り返されることだろう。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2016
06.12

東日本大震災被災の記(第185回) ─書道家高橋香温先生の復活─

2016-03-12-0009.jpg

2016-06-12-0011.jpg
〈第一回書道教室髙橋高温先生。「百字偈(ヒャクジゲ)」のお話を申し上げた。〉

2016-06-12-0010.jpg
〈ハッとさせられた作品〉

 6月11日、朝日新聞は、名取市閖上東日本大震災に遭った書道家髙橋高温先生を紹介した。
 思えば、当山が先生とご縁になったのは、知人を介してご相談に来られたことがきっかけだった。
 そして、すぐに当山で毎月一回の書道教室を初めていただき、回を重ねるうちに、たちまち5年が過ぎた。

 震災から半年後の9月11日に当山で開いた寺子屋では、「シンポジウム『文字を書く心・文字を唱える心』」と題してお話をお聴きした。
 泥の中から見つかった作品「ひまわり」が支えとなったことは、参加者の心に強く響いた。
 各方面、各地からの支援があるとは言え、まさに着の身着のままといった気配は痛々しかったが、先生は思いのたけを述べられた。

「白いものが落ちてきたなと思ったら雪でした。
『早く明るくならないかな』しか考えられないで一夜を過ごしました。
 翌朝明るくなり始めた頃、イヌを連れて散歩しているらしい親子を見かけ、声をかけました。
 母親らしい人に、『下へ降りられないですか?』と言われ、水があるので降りられないと思っていたけれど、何とか階段を伝って外へ出ました。
 そして、『誰かと一緒にいなければならない』と思いました。」

「やがて4月中旬になり、作品「ひまわり」を見つけました。
 そのことを知った書道教室の生徒さんから『先生、誰かに教えたらどうですか。見つかったのはとても凄いことですよ』と言われ、ハッとしました。
『まだ行方不明のご家族を捜している方が見たら安心するかな』
 こう考え、震災前の予定で一緒に展示会を行うことになっていたカメラマンの作品と共に、展示することにしました。」

「しばらく筆を持っていなかったのですが、『ああ、作品も生きていたのだな』と打たれ、『何か書かなければいけない』と思えました。
 あの時が、自分の書の転換期になったと思います。」

「マスコミの取材で『自分だけが生き残り、罪悪感はなかったですか?』と問われ、『罪悪感があったなら、私は生きていられません』と答えました。
 すでに〈思いやり〉は人びとの心から薄れつつあるのかと悲しくなります。
 たまたま生きている自分です。
 震災後には確かにあったお互いを思いやる気持を書にしたいのです。
 色あせないうちに、ふるさとの潮風、カモメ、学校、友達、お寺、神社などを書にしたいのです。
 そこから本当の自分が再スタートをきれるのではないかと思います。」

「今や、生きていた作品「ひまわり」は私の手を離れつつある〈震災のシンボル〉です。
 しかし、私は、この作品と共に、ここから再スタートをしたいのです。」


 あれから5年、先生は仙台市で「永遠のしずく」と銘打った作品展を開かれた。
 先生は、当山でお大師様の教えに接し、インスピレーションを得られた。
「永遠のしずくとは、お大師様が説かれた一文にある『海渧(カイテイ)』すなわち、海に満ちる潮から生じる無限の滴(シズク)」

「太陽に輝く
 青い海
 月夜に輝く
 白い海
 永遠のしずくとなる
 海よ
 すべては血潮が
 知るところ
 生と死が
 わかちあう場所を」


 Aさんが朝日新聞に驚き、息せき切って電話をくださった。
 Aさんは以前、仙台市で開かれた先生の作品展にでかけ、先生と言葉を交わし、すっかりファンになっていた。
 だから、「永遠のしずく」展を知っていち早く、お赤飯を持って駆けつけ、展示のお手伝いもした。
「あれは凄いと思っていました。
 先生のお人柄と作品が紹介されてよかったですね。
 法楽寺の書道教室に出かけられなくて残念ですが、出版する本を楽しみにしています。」

 ちなみに、「海渧(カイテイ」の出典はここにある。

「我性(ガショウ)の自覚は空(クウ)に満ち、海渧(カイテイ)の化身(ケシン)は世(ヨ)を救う」

 我性(ガショウ)の自覚とは、自分の本体がみ仏であると自覚すること。
 海渧(カイテイ)とは、海に満ちる潮から生じる無限の滴(シズク)たち。
 化身(ケシン)は、ありとあらゆるものに姿を変えつつ生きとし生けるものを救うみ仏。
 だから、全体の意味はこうなる。
「自分の本体がみ仏であると自覚する時、その力は宇宙に充ち満ちる。
 大海の水がつくる無数の滴たちのような仏菩薩(ブツボサツ)は、私たちをいつもお救いくださっている」

 先生は、この二文字を、異なった濃淡でたくさん書かれた。
 それは、時にはっきりと、時に淡い、み仏の顕現のようだった。
 合掌。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2016
06.10

夫を迎えに来たお婆さん ─ご来迎の真実─

2016-06-04-0007.jpg

 東日本大震災の直後、ある山村でお婆さんが亡くなり、ご自宅からお送りした。
 寒い日、ガソリンが手に入りにくくて業者さんの車を初めて利用させていただいた。
 そのご主人が今年、夏を迎えた頃に、この世での役割を終えられた。
 ご先祖様の遺影が鴨居に並ぶ仏間兼居間で倒れていたという。

 また、ご自宅でのご葬儀となり、座して修法に入った。
 お柩は部屋の西側に置かれ、頭は北、足は南である。
 導師の右横に棚があり、高さ70センチメートルほどの仏壇がはめ込まれている。
 もちろん、そこにはお婆さんのお位牌がある。

 引導を渡した直後、右目の端で異変が起こった。
 仏壇を乗せた棚の下は空洞でカーテンが掛けられているのだが、それが、パタパタ、パタパタと揺れる。
 経典を手に持って読誦していながら脇見で確認することはできない。
 しかし確かに、右90度、視界の限界ギリギリのところで、再び、パタパタ、パタパタと揺れた。

 良くも悪しくも因習の深い地域とて、ご夫婦の間にもご家族の間にもさまざまなできごとがあった様子は、かねてお子さん方からお聞きしていた。
 それらすべてを呑み込んで、お婆さんは、これから斎場へ向かうお爺さんを呼んでいる。
「お疲れ様。もういいのよ。さあ、おいでなさい」
 戻った静寂の中でお送りする準備は調った。

 数名が立ち会う斎場で喪主様は涙目だった。
 さっきのできごとには触れず、控え室へ向かう喪主様と短い挨拶を交わした。
「ご苦労様でした」
「ありがとうございました」

 人気のなくなった火葬炉の前で、また合掌し、猛火を発する不動明王に祈りつつ、気配を感じた。
〝ああ、お婆さんが来ている……。
 お爺さんがこの世へ持っていた愛憎も執着心も、もう、見事に捨て去ったことだろう〟
 一足先に仏様となったお婆さんは、文字どおり〈来迎(ライゴウ…迎えに来ること)〉されたのだった。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。