--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007
02.09

後厄年の過ごし方 その1

1 後厄年にあっては、何ごとも〈時間がかかる〉と覚悟して計画を立てれば、運勢を活かせます。

 確かに、ものごとをなすのに時間が多くかかれば「困る」のが私たちの感覚ですが、すべてが早ければ良いというものでもありません。
 たとえば、ウィスキーにしてもワインにしても、熟成という過程を経て初めて円やかで深い味わいや芳醇な香りがもたらされます。
 数学者や科学者は、突きつめて考えた果てに、ある時突然、解が得られるといいます。入浴中に原理を発見したアルキメデスは、その典型でしょう。
 また、母親の手をかけた食事は何よりもおいしく、子どもへ満足や安心を与え、母親や家庭への信頼をもたらします。
 時間がかかることを恐れず、愚痴を言わず、労を厭わず、「精進」を誓い腰を据えてやりましょう。

 時間がかかるなら早く取りかからねばなりません。この時期は、準備や確認といった手順を身につけるチャンスです。
 慌てても間に合わないので、肝心なものごとほど準備を急ぎ、スタートしたなら確実に進められるようその確認もしっかりやらねばなりません。
 古人は、そうした心構えを「段取り八分(ブ)の仕事二分(ブ)」と言いました。
 
2 この時期は、寒い冬が去り温かな春の兆しがやってきたと感じられるような気持になります。

 四季の移り変わりのように、再び廻り来るものがありましょう。それが何であるかを見極めなければなりません。
 愚かな人との腐れ縁だったりすれば、早くはっきりと断ち切りましょう。
 古い付き合いの人から持ち込まれた計画などは、信頼関係のあるなし、目的が善か悪かなどをもって判断しましょう。
 なれ合いや損得だけで動くのは危険です。悪人に利用されかねません。

3 人生の酸いも甘いも経験した年配女性のはたらきがことの成否に大きな影響を及ぼす場合があります。
 
 母親や祖母、あるいは目上の女性を敬い尊び、地に足のついた智慧に学びましょう。

 そもそも、生きものの本性は女性です。特殊な条件が満たされなければ男性は生まれません。
 実際に子孫を残すかどうかは別にしても、女性が生み育てる性であることはまちがいありません。
 母性本能の持つ「自分のいのちに代えても子どもを守る」という絶対の慈悲は、あらゆる生きものの尊さの根源です。 
 母親までが自己中心という煩悩をむき出しにし、裏側に我欲が貼り付いている権利を主張するのみで母性を忘れたならば、人間はあらゆる生きものの中で最下等に堕してしまいます。ハトよりもワニよりも下劣になります。
 現代日本の子どもたちに表れている地獄が母性崩壊によってもたらされた面があるのは、厳然たる事実です。

 もちろん、母性の崩壊は、必ずしも母性を失った本人だけのせいにはできません。
 そうした女性は、現代文明の毒による被害者でもあります。
 私たち全員がイデオロギーに惑わず、真実を観る目を開き、真理と原理をふまえた道理に基づいて生きるよう、方向転換をしたいものです。

 さて、太陽神に仕えた卑弥呼は女性です。
 日本に仏教がもたらされ、最初に出家したのは三人の女性です。
 狩野芳涯の『悲母観音像』は日本人のみならず東洋人の誇りです。
 真の意味で女性を尊び、試練の年を乗り切りましょう。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2005
07.10

若貴問題

 花田勝氏と貴乃花親方の確執は全国紙のトップニュースとなるほど世間の注目を集めましたが、7月4日、花田勝氏が東京家裁に対して6月29日付で故二子山親方の遺産の相続を放棄したことを発表した以上、もうこれ以上報道すべきではありません。
 国民へものを考えさせるきっかけになるという役割を終えたからです。

 世界中を植民地化しようとしていた西洋諸国が日本の混乱を待っていた江戸末期、江戸城を無血開城させ、国難を救った勝海舟はこんなことを言い遺しました。
「もう逃れられない危機だと判断した時は、まず身命を捨てて対処した。
 その結果、不思議と一度も死ななかった」
「勝とうとすると、ことを急ぐ。頭に血が上り胸はドキドキし、判断を誤り進退を誤るものだ。
 逃げて身を守ろうとすると、縮こまって相手に乗ぜられてしまう。
 ことの大小を問わず、人はこの規則に支配されるものだ。
 俺はそれをよく知っていたから、いつも勝ち負けは度外視して虚心坦懐にやっていたよ」


 こんな古川柳にもなった大岡裁きがあります。
「御白洲で子を引き勝って負けになり」
 大岡越前守は、一人の子供の実の母親を名乗る二人へ「子供を引っ張り合って勝った方の子供と認めよう」と告げ、結果的に負けた方の子供と決した話です。
 実の親なら何よりも子供の痛みを解り引っ張り続けられないはずであるというのが根拠でした。
(後代になって、本当の親なら絶対に手を離せないはずだから越前守は誤っているという説も現れたようですが、いかがなものでしょうか)

 勝海舟は、自分の命よりも名誉よりも財よりも大切なものを覩ることができたのでしょう。
 御白洲の実母は、子供の痛みを我がことと感じ、母性の命ずるままにふるまったのでしょう。
 その結果、国が守られ、母と子が守られました。

 財の完全放棄という尊い行動を見たのですから、もう終わりです。
 若貴問題は、見ず、読まぬようにしましょう。
 視聴率が下がれば、テレビは自動的に報道しなくなります。
 マスコミを健全な方向へ動かすのも視聴者の良識というものではないでしょうか。




back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。