--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
11.27

年忌供養の麗しい光景 ─死者はいつから「ご先祖様」になるか?─

2016-11-11-0068.jpg
〈四国霊場の天井画には意外なものが……〉

 七回忌供養でAさんご一族が来山された。
 ひいお祖父さんとひいお祖母さんと、お祖父さんがもう、ご先祖様の仲間入りをしておられる。
 喪主だったお父さんを中心に、奥さん、お祖母さん、そしてお子さんと、三代にわたるご家族、ご親族が集まられた。
 にぎやかで皆さんの笑顔が好ましい。

 法要の心構えをお話しした。

七回忌阿閦如来(アシュクニョライ)様が一つの関所を越えさせてくださる時期です。
 三回忌で阿弥陀様の極楽浄土に到着し、それから4年間、このみ仏にお導きいただいてきました。
 阿閦様は、無瞋恚(ムシンニ)如来、あるいは無動(ムドウ)如来とも呼ばれ、どんなことがあってもイライラせず、怨まず、人の道を邪魔するあらゆる魔ものを降伏させます。
 動じることがありません。
 み仏の世界を歩まれている故人もきっと、不動の悟りを開き、東の浄土におられるこのみ仏のお力で、よき世界へ転生(テンショウ)する流れに乗っておられることでしょう。
 古来、七回忌法要を終える頃になると喪主を務めた人も縁者の方々も、故人の死と人生を丸ごと受け容れ、乗り越え、引き継ぎの段階をすっかり終えて、故人に見守られつつ不動の信念で新しい世界へ進むことができるとされています。
 また一つの区切として、思い出につらなるものをまとめたりするのに適した時期でもあります。

 さて、私たちは、亡くなった家族や親族をいつから〈ご先祖様〉とお呼びするのでしょうか?
 それは、四十九日忌からです。

 中陰(チュウイン)という行く先の定まらない時期を過ぎ、あの世での道が定まればもう、ご先祖様なのです。
 そして、喪主はその後、施主(セシュ)となります。
 〈喪に服する人〉から〈供養を施す人〉へと役割を進めるのです。


 しかし、三回忌あたりまでは、まだ、故人はこの世で果たした役割のイメージが強く、それぞれの人々なりに、お祖父ちゃんやお父さんといった感覚の存在です。
 〝ご先祖様になった〟とはなかなか思えないのが人情というものでしょう。
 それも七回忌あたりになると、故人に関するすべては〈よき思い出〉という1つの清浄で温かく揺るぎない結晶体となり、仏神に通じる尊さをはっきりと帯びています。
 私たちは、このあたりでようやく、ご先祖様として手を合わせられる気持になるものです。

 施主様はお1人ですが、それは、本当の意味では施す人々の代表であり、先祖様へ供養を施す人は等しく尊い役割を果たしていると言うべきです。
 だから、今日は、皆さんが施主様になったつもりで、お手元の経典をお読みください。
 経典はまず、日頃の過ちを懺悔(サンゲ)させ、私たちがみ仏の子であることを思い出させます。
 清らかな心身でこれからのご供養を行うのです。
 次に七回忌の守本尊である阿閦如来様をお讃えします。
 そして、お焼香して故人の冥福を祈り、自分もまっとうに生きて行くことを誓いましょう。
 最後に、ご供養した功徳をご先祖様と自分たちだけにいただくのではなく、広く生きとし生けるものへ廻し向け、皆共に安心の世界に生きられるよう祈りましょう。

 これが本日行う供養会の意味と意義です。
 どうぞご一緒にお手元の経文をお読みください。」

 最初は小さかったお父さんの声がだんだんはっきりしてきた。
 小学校へ入ったばかりのお嬢さんらしい一生懸命な声も聞こえた。
 こうした年忌供養の場に代わり得るものはないと思う。
 だからこそ、ご先祖様は、その時代、その時代なりに工夫し、方法を伝え、守ってきた。
 当山もしっかりと役割を果たして行きたい。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト
2015
10.15

死の悲しみから立ち直る道(その1) ―喪失の現実を受け容れる―

2015092900032.jpg
〈十三仏様に守られた共同墓『法楽の礎』〉

 アメリカの医師で心理学者のJ・ウィリアム・ウォーデン氏は、の悲しみから立ち直るための課題を4つ挙げました。

1 喪失を現実のこととして受け容れること。

2 の悲しみがもたらす苦痛を知り、そのはじめから終わりまでを体験すること。

3 失われたものが失われたままになっている周囲の世界に適応すること。

4 心のなかに失われたものの居場所をつくり、思い出を携えていくことを学び、生き続けること。

 を前にした方やご家族からの人生相談を受け、数多くの方々へ引導(インドウ)を渡し、送った方々と接してきた体験を通して、この問題を考えてみましょう。
 今回は第一番目、喪失した現実の容認です。

1 喪失を現実のこととして受け入れること。

 送った方はどうなるか?
 その振幅には実に大きなものがあります。
 片方の極はこうです。
「どうしても信じられません」
 そして、もう一つはこうです。
「ようやく救われたと喜んでいます」
 後者については、故人がを前にした不安や悲しみや苦しみから解放され、さぞやホッとしているだろうという面が第一。
 そして中には、看取った方々の仲には苦痛から解放されたという安堵感をありのままに語る方もおられ、両面での安心がもらたされればもう、涙混じりの笑顔すら見られます。

 問題は前者です。
 現実を見れば頭ではを確認できているのに、感情がついてきません。
 この場合は、周囲が何を言おうとなかなか感情が転換せず、遺影を前にして〝もう、んだのだ〟と受け容れようとしても、その現実感がないのです。

 妻を突然、亡くしたAさんは1ヶ月経ってもまだ、「女房が朝飯作ってくれるのを待っているんです」と言っていました。
 ボーッとテレビを観ているうちにお腹がすいてどうにもならなくなり、その辺にあるものを食べます。
 掃除も洗濯もできず、見かねた娘さんがたまに手伝いに来ています。
 無意識のうちに死を頭から拒否し、その意識のはたらきが現実全体を覆い、薄膜のかかったような日々を送っていたのでしょう。
 当山では、まず、供養の経典と自作のCDをお渡しし、毎日、お線香を点す時にお経も捧げるように提案しました。
 Aさんが読むかどうかは次の段階で、お任せしました。
 また、奥さんの守本尊様の真言をお伝えし、あの世でも守っていただけるよう祈ることも提案しました。
 運転に気をつけてくださいよ、と、たびたび申しあげもしました。
 四十九日、百か日、一周忌と法要のために本堂へ足を運び、奥さんとご自身の守本尊様の真言を覚え、ようやく、「娘に、あんまり来なくたって大丈夫だと言いました」というところまで回復されました。
 途中、こんな段階もありました。
「いっそのこと、自分もあっちへ行けばいいと思うんです。
 妻のそばに……」
 こんなふうにお応えしました。
「そうですねえ。
 それもいいかも知れませんが、そうなりますかねえ。
 いくら仲がよくても、それぞれが一人の人間として別々な人生を歩んでいる以上、この世で積んだ善い業(ゴウ)も、悪い業(ゴウ)も違うので、同じところへ行ける確率は低いはずですよ。
 お釈迦様がそうおっしゃっているし、因果応報は確かなので、私も自分の因縁に応じたところへ行くのだろうと思っています。
 ダライ・ラマ法王は、心中する二人の行き先について詳しく述べておられますが、それを読んでも、一緒に亡くなってすら、あの世で一緒に暮らせるとはとても思えません。
 ちなみに私などは、妻からたまに、あんたと暮らすのはもう懲(コ)り懲(ゴ)りだと言われ、自分を振り返って見ると、そうだよなと深く納得できるので、あの世で妻を解放してやれば、さぞやせいせいするだろうと思い、拝みながら生活しています」
 お墓参りのたびに立ち寄っておられたAさんは、三回忌を迎える前に、すっかり新たな日常生活に溶け込まれました。

 次回は喪失と向き合うお話です。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん ばざら たらま きりく」※今日の守本尊千手観音様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IvMea3W6ZP0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

 

2015
03.22

葬儀堂『法楽庵』がスタートしました

201503210005.jpg

201503210003.jpg

201503210007.jpg

201503210010.jpg

 好天に恵まれ、堂内いっぱいに集まられた善男善女と共に、葬儀堂法楽庵』がスタートしました。
 納棺師武藤由香さんの講話は忘れられません。
 特に、奥さんを亡くされたご主人が、お柩の横で奥さんと並んで横たわり、写真を撮ってくれるよう依頼したお話には涙しました。
 ご主人の願いです。
「自分が死んだなら写真を棺へ入れてください。あの世でも妻と一緒に暮らします」
 
 お堂の管理は「ほこだて仏光堂」様へ依頼していますが、業者様を含めどなたでもお使いいただけます。
 お通夜や、法要法事などのみでも使えます。
 022(739)8541へ、お気軽にお電話ください。 




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2014
10.06

公開Q&A(その7)僧侶はお葬式で何を考えているの?(その5 繰り上げ法要にて)

201410060001.jpg

 質問7 お葬式ではどんなことを考えているのですか?

 ご葬儀における僧侶の頭の中はどうなっているか、というご質問にお答えして5回目、いよいよ最終回です。
 最近では、ご葬儀にひき続き、繰り上げ法要を行う方が多くなりました。
 これは、亡くなられた方があの世でみ仏にお導きいただくための過程を早めにたどっておくことです。
 具体的には、一週間目となる「初七日忌」、それから一週間ごとに進み、7週目の「四十九日忌」、そして100日目の「百か日忌」のご供養を、あらかじめ行います。
 昔はその都度、忌日にあわせてご供養を行いましたが、忙しい現代では、なかなかそうも行かず、忌日よりも遅れないうちに供養するという本旨により、ご親族などが集まっておられるご葬儀の日に、まとめて修法してしまうというものです。
 その後に会席が控えていたりすることも多く、短時間で行う場合もあるようですが、決して〈軽い〉ものではありません。

 私たちはこの世に生まれると、親や先生に導かれて成長します。
 同じように、あの世でも、み仏のお導きがあればこそ、だんだんとみ仏の世界へ溶け込んで行くことができます。
 その段階が忌日として示されています。
 お大師様が説かれたとされる『弘法大師逆修(ギャクシュ)日記事』を読んで見ましょう。
・初七日…お導きは不動明王
 み仏の世界をはっきりと示し、地獄などへ向かわせません。
・二七日…お導きはお釈迦様
 この世で得られなかった福徳と智慧をお授けくださいます。
・三七日…お導きは文殊菩薩
 障りを除き、極楽へ向かわせます。
・四七日…お導きは普賢菩薩
 安心など、求める救いに応じて手を差し伸べます。
・五七日…お導きは地蔵菩薩
 地獄などへ行きそうな人でも必ず寄り添い、救います。
・六七日…お導きは弥勒菩薩
 罪を除き、まっすぐに極楽へ向かわせます。
四十九日忌…お導きは薬師如来
 安楽を与え、この世の苦をすっかり取り去ってくださいます。
百か日忌…お導きは観音菩薩
 汚れを除き、地獄行きのような人でも身代わりとなって浄土へ向かわせます。

 こうした教えと修法のお次第によって、それぞれのみ仏からご加護をいただき、この世で積んだ悪業(アクゴウ)の影響力を弱め、苦から離れられるよう、法を結びます。
 それはちょうど、幼稚園から中学、高校と進むようなものです。
 私たちは、どうしても悪業(アクゴウ)を積んでしまいがちな存在なので、全力を挙げて祈ります。
 
 喪主Aさんから言われました。
「父は、世間的には幅広い活躍をしましたが、何しろパワーのある人なので、私的にはいろいろありました。
 亡くなる頃は、母へ苦労をかけたとさかんに謝っていました。
 そのことは息子として大いに評価するし、母も、もういいよと慰めていましたが、人の一生は簡単に塗り替えられるものではないだろうという気持もあります。
 もちろん、父を責めるわけではなく、人生の重さ、善も悪もひっくるめて人間の行為の厳粛さを考えてしまうのです。
 和尚さんがいつも言われているように、この世でやったことのすべてがこの世で結果に結びついているわけではないので、あの世や来世で結果が出るのでしょう?
 そう思うと、懸命に生きた姿を見ているだけに、父の行く末が案じられるのです。
 ああ生きるしかなかった父が、いつか必ず悪業の報いを受けることを思うと、哀れでなりません。
 さっき、和尚さんの裂帛(レッパク)の気合を聞き、ご加護が確かであると説明され、これで父は救われるのではないかと思えました」

 をかけて行う宗教行為は、相手が生者であれ死者であれ、必ずへ響きます。
 人の心は、どこかに共通する音叉があり、意識してもしなくても、発せられた音は共鳴を起こすからです。
 この音叉こそ、仏と言われ、神といわれている至高の存在につながるものです。
 Aさんのお話は、音叉の音を聴いたということであり、故人の音叉にも届いたと信じています。

 以上で、ご葬儀に関して僧侶がどう考え、何を行っているかというご説明を終わります。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2013
05.28

身は華ととも落ちぬれども 、心は香とともに飛ぶ ─精進の力─

20130524021.jpg

20130528001 (2)
〈道路はゴミだらけになり、店内や周辺で暴力事件が続発し、朝には酔客が子供たちの登校にすら不安を与えていたとは〉

 お大師様は、ある人の21日忌を迎える法要に際し、供養の文を読み上げられました。
 その中にある言葉です。

「身は華ととも落ちぬれども 、心は香とともに飛ぶ」


無常の身は花が散るように死を迎えても、心は朽ちず、花の香りが遠くまで広がるように天空を飛ぶ)

 この前段には、心の内容が示されています。
「早くから女性としての徳を磨き、後には仏法僧を崇敬された。
 朝起きると俗世間を厭い、夕方には弥勒菩薩(ミロクボサツ)を信じ、おそばへ行きたいと願っていた」
 以下は原文です。

「旦(ツト)に四徳を磨き、晩(オソ)くには三宝を崇(アガ)む。
 朝(アシタ)には閻浮(エンブ)を厭(イト)い、夕(ユウベ)には都率(トソツ)を欣(ネガ)う」


 四徳は以下のとおりです。

・婦徳…女性としての心がけ
・婦容…女性としての身だしなみ
・婦言…女性としての言葉づかい
・婦功…女性としてのはたらき

 故人は幼い頃からこのように明確なイメージを持って修養に励み、やがては仏法僧を信じ、導かれる日々を送りました。
 朝には、我(ガ)とが我がぶつかり合う世間の穢れに流されず戒律を守って清浄に過ごそうと誓い、夕方には弥勒菩薩への信仰を深めました。
 生きざまの美しい印象は周囲の人々の心から消えず、御霊もまた、まっすぐに弥勒菩薩のおられる都率天(トソクテン)へと飛翔されたのでしょう。

 これほどの香りを発する徳は一朝一夕にできはしません。
 不断の精進が結果としてもたらします。
 故人はきっと、お線香を点しつつ合掌し、祈ったことでしょう。

 お線香には四つの功徳があります。

・芳香を放つ………精進の人は清々しい雰囲気を持っています
・火が消えない……精進の人は意志力がとぎれません
・燃え尽くす………精進の人は骨身を惜しみません
・後に香りを残す…精進の人は周囲の人々へ佳き印象を残します

 実に、「ともに飛ぶ」のは気まま勝手な心ではありません。
 美しい意志を持って精進した人にのみ、み仏から与えられるご褒美としての力を持っていなければなりません。
 お大師様の言葉を胸に精進したいものです。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん さん ざん ざん さく そわか」※今日の守本尊勢至菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。

https://www.youtube.com/watch?v=qp8h46u4Ja8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。