--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
01.07

四苦八苦を生きて ─高校卒業後の半世紀─

20140107001 (2)

 昨年、酸素吸入器を着けつつ集中治療室から生還されたAさんが、「紅白しだれ桃の木 平泉寺」と題する版画の年賀状をくださった。
 涙が出るほど、嬉しかった。
 Aさんは精魂込めた作品をお送りくださった。
 Bさんも、Cさんも、Dさんも……。
 そうした方々に対して私はたった一行である。
 詫びつつ、仏神のご加護を祈り、書く。
 あまりに粗末ではあるが、何とか松の内に届くよう努力する。
 大変、申しわけないけれど、もう私には、いただいた年賀状にお返事を書くことしかできない。
 年賀状による心の便りは、一年に一度、一年間続く安心を与えてくれる宝ものである。

 さて、高校で同期だった仲間が文集を作ることになった。
 半世紀をふり返ってみた。
 以下、駄文である。
 なお、四苦八苦とは、以下のとおりである。

・生苦(ショウク)…生まれ、生むことに関する苦、ままならなさ。
老苦(ロウク)…老いに関する苦、ままならなさ。
病苦(ビョウク)…病気に関する苦、ままならなさ。
死苦(シク)…死に関する苦、ままならなさ。
・愛別離苦(アイベツリク)…愛しいものとの分かれに関する苦、ままならなさ。
・怨憎会苦(オンゾウエク)…怨み憎むものとの出会いに関する苦、ままならなさ。
求不得苦(グフトクク)…求めても得られない苦、ままならなさ。
・五蘊盛苦(ゴウンジョウク)…生きて、感じ、想うはたらき全般に関する苦、ままならなさ。

 仙台二高を卒業して半世紀経ったとはとても実感できない。
 しかし事実として、肉体は老いさらばえた。
 どう繕おうが実態は無惨である。
 精神はどうか?
 物忘れをするようになり、計算能力は落ち、意識のはたらきと言葉を発することが〈即〉とつながらず会話に躓く。

 一方で、あの頃はまったく想像すら出来なかった人間の宿命について些か、わかってきたことは確かである。
 何よりも意識の落差が大きいのは「老い」についてである。
 いかに小説を読もうが映画を見ようがお年寄りと話をしようが、老いによる生命力の全般的な減衰はまったくと言っていいほど想像も感得もし得なかった。
 また「病気」についても然りである。
 風邪をひいたり盲腸がやられたりはしても、当時における病気は治ってあたりまえの一時的災厄でしかなかった。
 自分の死への一里塚であるという意味での病苦など、どこにもなかった。
 また、愛するものとの永久の別れや、憎悪せずにいられない相手との巡り会いなど、自分の非力がまったく役立たぬ現実に打ちのめされ心身が立てなくなる体験もまだ、乏しかった。
 たとえ豊かではなくても、砂漠で乾いた喉が水を欲して得られぬような、あるいは、不治の病気に罹り子供の成人までいのちが保たぬような求不得苦(グフトクク)は知らなかった。
 もちろん生まれる苦は、妻や子の出産においてやきもきする程度しか、未だにわからない。
 そして、肉体や現象界、感受作用、想起作用、意志作用、自分という意識、それぞれが盛んにはたらき、コントロールしかねるがゆえの苦があるなど、思いもよらなかった。
 二千万人いる各種依存症は、この五蘊盛苦(ゴウンジョウク)が行きついた姿である。

 我が身の体験として、あるいは家族や他人様に起こったできごととして徐々に四苦八苦を知った。
 ここまで生きてきてようやく宿命を観たような気がする。

 最近、独り暮らしのAさんが家の中で転び、腰を痛めて動けず救急車も呼べないので、飼い犬に付き添われたままじっと二時間過ごした体験をお聞かせいただいた。
 それは大変だったでしょうと言葉をかけたところ、「住職さんにはおわかりにならない」と言われた。
 娘にいかなる時も携帯電話を離さぬよう厳命されている私には、手さえ動かせない状況を想像してみても現実性がない。
 だから、早朝の本堂でやってみた。
 微動だにせず厳寒の中で過ごしたのは僅か三十分。
 それはまるで永遠のように長い時間だった。
 いつまでそうした状況が続くかわからないAさんにとっての二時間は文字どおりの永遠であり、死へつながる可能性も考えさせる心細く怖ろしい時間だったことだろう。
 やがて私へも訪れる死苦はいかなる相貌をとって顕れるのか?

 半世紀かけて、釈尊の説かれた四苦八苦を教えられつつ生きてきたが、この道は死ぬまで、更には来世まで続く。
 転生(テンショウ)のおりには、中森明菜の「恋も二度目なら」ではないが、自他のため、「少しは上手に」対処ができるようになっていたいものだと願っている。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



スポンサーサイト
2008
06.25

【法句経 第一章 無常の教え】  2

法句経』の意訳です。

○この身体は根本的に頼りになろうか。口などの穴からは不浄なものが漏れ出し、臭い匂いを発し、やがては病苦老苦死苦を招くではないか。

の命ずるまま放逸に生きれば、悪行を重ねる。死が待っていることを忘れているうちに、短い寿命はすぐ尽きてしまうものを。

○子供も、父も、兄も救えない。死がやってくれば家族や親族の誰も救えず、たった一人で受けいれるしかない。

○昼も夜も漫然と怠惰に過ごし、老いても性に駆られ、財産があっても施さず、み仏の教えに耳を貸さぬなら、こうした悪弊は自らの人生を貶め欺瞞で満たすことだろう。

○空へ飛ぼうと、海へ潜ろうと、深山の岩陰に隠れようと、この世のどこにも死から逃れられる場所はない。

○これを行わねばならない、こう行った、こう行ってこうした結果を得よう、と騒がしく乱れた時を過ごしつつ、老苦死苦を招いてしまう。

○こうした無常と日常生活の実態を知ったならば、静かに思いをこらし、いのちの行く末を観よ。修行は心を乱す魔ものを克服し、この世の苦から解放する。
2008
04.04

『八正道』により『四苦八苦』を克服しましょう 6 ―病苦―

 今回は、『四苦八苦』の三番目、病苦の克服法です。
 かつて、「後厄年の過ごし方 その3」で、病苦について書きましたが、もう少しつけ加えます。

1 病気になった場合に現れる苦には三種類あります。

 一つは、痛み、だるさ、辛さ、苦しさなどの肉体的な苦です。

 もう一つは、すべてが移りゆくことを知らされることです。
 私たちは無意識の裡に「今の自分は明日もいる」と思っていればこそ、希望を持ち、励み、誠実に生きようとします。
 重い責任を担っている人などは、「自分がいなければ、この世は成り立たない」と思ってもいます。
 しかし、いざ、自分が入院してみれば、周囲の人びとは「心配しないでしっかり治してください」などと慰撫しつつたちまちにして新たな状況の中でやり始め、口では「安心したよ」などと言いながら、心中ではガッカリさせられます。
「立場」など、いつでもヒョイと脇へ置かれて何の不思議もないのに、私たちはイスがないと不安であるばかりでなく、ともすると、イスが自分そのものであると勘違いしがちです。
 無論、重篤な病気であれば、死を意識せねばならなくなります。
 自分のいのちが移りゆくと実感した時、初めて行く先を思い、亡き後を考えます。
 あの世、この世、過去世、祖先、神、仏、といったものが重い想念となってたち顕われもします。
 こうした段階で、「人生の大事を何一つ掴んではいませんでした」と当山の門をたたく方もおられます。

 もう一つは、失う苦です。
 どんなに忙しくはたらいていた人も、はたらけなくなります。
 自分の一生をかけた研究でも、中断せねばなりません。
 あるいは断念する場合もありましょう。
 可愛い子どもたちを養う生き甲斐の時を失います。
 確かだった「充実の時間」を生きることはできません。
 そして、自分のいのちを失うという恐怖は死魔を呼びこむ場合もあります。
 
2 苦は共通の言葉による呻き「愚痴」を生みます。
 
「どうして私が…」「なぜこんな時に…」「こんなことなら…」「どうしたら良いのか…」「あいつのせいで…」「俺はバカだった…」などの言葉です。
 原因のない結果はありません。
 例えば、はたらき過ぎたから、酒を飲み過ぎたから、親から病気になりやすい体質を受けたから、などなど。
 もちろん、不意の事故や、血液製剤による肝炎などの避けがたい原因もありますが、いずれにしても、原因が解ったからといって、事態を受け容れることは用意でありません。

3 釈尊は、言葉となってやるせなく生じる思いを、言葉そのものをコントロールすることによって克服せよと説かれました。

 それが「正語(ショウゴ)」です。
 十善戒における言葉の戒め、すなわち、「不妄語」「不綺語(フキゴ)」「不悪口(フアック)」「不両舌(フリョウゼツ)」を避ける決心をしましょう。
 慈雲尊者は、抑制としての戒律に具体的な目標をつけ加えられ、不妄語は「正直」を、不綺語は「高尚」を、不悪口は「従順」を、不両舌は「交友」をイメージして実践せよと説かれました。
、正直で嘘のない言葉、志を汚さぬ飾りのない言葉、柔軟な心で状況に対応することによって生まれる柔らかで穏やかな言葉、誠の交流を貫く言葉など、周囲の人々への思いやりを忘れぬ言葉を用いるよう心がけるのです。

 さて、釈尊の言葉に関する説法は『法句経』にまとめられており、そのいくつかを記しておきます。
 経文はくり返し読むことが肝心です。
 一字一句をきちっと眼で追い、できれば声に出して読誦したいものです。
 実践なくして苦の克服は不可能です。
 経文を導きとして、自他のために、克服しましょう。

「夫(ソ)れ士の生まるるや、斧の口中に在るがごとし、身を斬る所以(ユエン)は其(ソノ)悪言(アクゴン)に由(ヨ)る」
(人は生まれながらにして、口に斧を持っているようなものである。悪しき言葉となって振るわれる斧は、相手を傷つけるだけでなく、自分をも傷つけるのである)

「諍って少利(ショウリ)を為すは、失財を掩(オオ)うが如く、彼に従って諍(アラソイ)を致し、意(ココロ)をして悪に向かわしむるなり」
(はかないこの世の利益を求めて他と争うのは、自分の徳が少ないことを覆いかくそうとするようなものである。
 我が利益を求めて争い続ければ、ますます徳を失い、心は他を傷つける悪へと向かうであろう)

「言(ゴン)をして意(ココロ)の可(ヨロ)しきに投ぜしめ、亦(マタ)歓喜を得しめ、悪意に至らしめざれば、出言(シュツゴン)するも衆(ミナ)悉(コトゴト)く可なり」
(悪意がなく好ましい言葉のみを用い、周囲の人の心を和ませ喜ばせる言葉を用い、周囲の人びとが悪意を持たぬような言葉づかいができるようになれば、そうした言葉は皆、正語である)



 なお、病苦を抜く真言は秘密となっており、伝授によらねばならず、守本尊様の御前で人の道を歩むことを誓えばお授けできます。
 ご誠心の方は、どうどお申し出ください。
2007
02.13

後厄年の過ごし方 その3

 後厄年に病苦に襲われたならば、自分の言葉に注意して過ごしましょう。<

 病気になった場合の「苦」には、三種類あります。
 一つは病気そのものによる肉体的な苦しみです。
 お腹が痛いとか、だるくて力が入らないなどというものです。
 これは、医療技術の発達によってかなり緩和されるようになり、不治の病気でも、身体的な苦しみに精神が破壊されることなくいのちをまっとうできる場合が多くなっています。


 もう一つは、すべては移りゆき、自分の人生もまた終末を迎えねばならないことに直面させられる苦しみです。
 誕生の瞬間から、次の瞬間には訪れるかも知れない死への歩みを始めているはずなのに、その真実をきちんと把握しながら生きる人はそう多くありません。
 無意識ながら永遠に生きられるようなつもりで日々を過ごすのが普通ではないでしょうか。
 しかし、病気は、死に神が人生の伴侶であることを否応なく気づかせます。

 そしてもう一つは、自分が確かに持っているはずのものを失わねばならない苦しみです。
 どれほど仕事が生き甲斐であった人であっても、ベッドに横たわる身は、もう活動を停止させられています。
 いかに夢を持って子どもを育てていても、ベッドの上にいれば、もう手をかけてやることはできません。
 どんなに親しくつきあっていた友人でも、時の経過とともに見舞いに訪れる回数はだんだん減り、いつしか遠ざかります。

 こうした苦にあって口からこぼれる言葉は何でしょうか。
「どうして私が…」「なぜこんな時に…」「こんなことなら…」「どうしたら良いのか…」「あいつのせいで…」「俺はバカだった…」などなど、苦が愚痴となって表れます。
 心が言葉を生む以上こうなるのは当然ですが、釈尊は、言葉に導かれて病苦を克服せよと説かれました。
「正語」を心がけるのです。
 正直で嘘のない言葉、志を汚さぬ飾りのない言葉、柔軟な心で状況に対応することによって生まれる柔らかで穏やかな言葉、誠の交流を貫く言葉。
 周囲の人々への思いやりを忘れぬ言葉を用いるよう心がけることによって、三つの苦は克服できるのです。

 数年前、不治の病気に犯され若くして世を去った女性が別れの言葉を口にしました。
「生んでくれてありがとう。お父さんとお母さんの娘で幸せだった」
 即身成仏(ソクシンジョウブツ)とはこのことです。
 こうした言葉が口から出たのは、もう救われている証拠です。
 そして、この一言によって、ご両親はもちろん、家族も、友人知人も、医療や介護に携わった人々もすべて救われています。
 態度も言葉も心も自他を救うみ仏であるならば、もはや「生き仏」というしかないではありませんか。


 心は言葉に表れる一方、言葉によって創られもします。
 自然に出る言葉は、自分の心の状態を教えてくれます。

 苦から脱するには、つまり自他を救うには、教えに学び実践するしかありません。
 自分を鍛える厄年の最後に、人間を人間たらしめている言葉によって自分の心をしっかり確認し、心を鍛えたいものです。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村


2006
07.26

救われる道5 ―人間界から脱するには―

 出版の原稿書きに追われていて、気がつきました。
 5つの苦界から脱する方法をまだ4つしか書いていません。
 ここに5番目を記します。
 ただし、これは最も難しく内容も膨大かつ深遠であり、本稿ではサワリしか書けません。
 8つのカギを用いても問題が解けずに思い悩み、行き詰まった方は人生相談にご来山ください。

 人間界は聖なる世界と四悪界(地獄・餓鬼・畜生・修羅)との中間にあり、人間は、時には神のごとき行いをするかと思えば、時にはケダモノにも劣る行いに走ることもある中間的存在です。
 万華鏡のように悲喜こもごも、泣いたり笑ったりの人生このままで良いと達観するならともかく、あまりに哀れであり、苦しく、辛く、情けなく、憤らずにいられないできごとにあふれたこの世を良くしたい、あるいは自らのままならぬ思いを解消したいならば、目ざすべきは如来の世界です。
 そのために、釈尊は「八正道」を示されました。
「八正道」によって四苦八苦を克服できないならば、人間にとっての救いはどこにもありません。

「生苦」は生まれに関する苦です。
 母となる母体の辛さはもちろん、無事この世へ生まれ出ることができるかどうか、子供にとっても、人生の最初に死と隣り合わせの苛烈な体験が待っています。
 生まれた後は、何でこんな所に生まれたんだろうとか、生まれて来なければ良かったなどと考える場面もあります。
 どう考えようと、一旦生まれた以上は、死ぬまで生き続けるかそれとも自分で終わりにするか、選択肢は二つしかありません。
 いずれも極苦と感じるならば、生苦は極まります。
 克服するカギは「正見」です。

「老苦」は老いに関する苦です。
 若くして夭折しない限り、老いは誰にもやってきます。
 それは意外に足早に訪れるにもかかわらず、気づく、あるいは認めるのはどうしても遅くなるもので、そのズレは、ちょうど見て感じるよりもはるかに早く到達する津波のようなものです。
 小椋佳は「果てしない海へ消えた僕の若い力呼んでみたい」と絶唱しますが、若い力は、決して戻ってはきません。
 克服するカギは「正思」です。

「病苦」は病に関する苦です。
「俺は人様に後ろ指さされたことなどない」と豪語する心が、すでにある意味で病気にかかっているかも知れないように、事故死や変死でない限り、人間は必ず病を得て死を迎えます。
「医者になど行ったことはない」人であっても、ぱったり亡くなれば、死亡診断書に「心筋梗塞」と書かれたりします。
 自分の生活に原因があったとしても、なかなか気づきにくいものであり、呼んだつもりはないのにいつの間にか側にいるのが病魔です。
 克服するカギは「正語」です。

「死苦」は死に関する苦です。
 生きものはすべて生まれた瞬間から死への歩みを始めます。
 それは決して止めることはできません。
「生まれた」には「死なねばならぬ」が貼りついているのに、普段は気づかず、誰かの死によって初めて実感されます。
 それでも他人の死と自分の死とは天と地ほどの隔たりがあり、人は自分の死を目の前にして初めて、最もままならぬものを真に知り得ます。
 克服するカギは「正業」です。

「愛別離苦」は愛するものとの別れに伴う苦です。
 どんなに可愛がっている犬であれ、いつかは死にます。飼い主が先に死ぬかもしれません。いずれ必ず別れはやってきます。
 克服するカギは「正命」です。

「怨憎会苦(オンゾウエク)」は怨み憎まずにいられないものとの出会に伴う苦です。
 怨んだり憎んだりしないではいられぬ人との出会や、後に怨みや憎しみの残るできごとは、必ずあるものです。
 克服するカギは「正精進」です。

「求不得苦(グフトクク)」は求めても得尽すことのできない苦です。
 身体は手足をどんなに伸ばしてもたかが知れている範囲までしか届きません。
 大富豪も寝るときに占める面積はせいぜいが畳一枚分やそこらです。
 一日は二十四時間しかなく、どんなに好きなラーメンでも十杯は食べられません。
 なのに、見れば、聞けば、思えば、欲しい惜しいと際限なく賤しくなります。
 欲は、放っておいて自律的に止まることはありません。
 律し、節する意思がなければなりません。
 克服するカギは「正念」です。

「五蘊盛苦(ゴウンジョウク)」はいのちのはたらきや、ものなどがあり過ぎて起こる苦です。
 性的欲望が引き起こす犯罪、ネット上に溢れた情報が必要とするものを適切に選ばせない不便、発達し便利になった情報網を悪用する輩の跋扈、発達した科学がもたらした核爆弾、いずれもこの苦です。
 克服するカギは「正定」です。

 人間は不完全なのに、真、善、美それぞれに完全なイメージを持つことはできます。
 そして、数学の定理、捨て身の善行、至高の絵や音楽など、時として、驚嘆するようなものをつかみ、表わすことができます。
 そこに感じられる「究極」や「完全さ」こそが如来界の表われです。
 ピラミッド、教王護国寺の立体マンダラなど、人間はいつの時代も完全なものを求めつつここまで来たのではないでしょうか。
 
 もし〝この迷いから脱したい〟と思った時は、至心に祈りましょう。
 如来界をイメージし、祈願をかけましょう。
 心清浄ならば、きっと如来界をかいま見せていただけることでしょう。 




back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。