FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
09.04

Q&A(その28) 喪失と子供の不調について

2016-09-04-0001.jpg

 子供神経質になった、急に成績が落ちた、などの場合、環境の激変が影響しているかも知れない。
 こうした子供や孫に関する人生相談もたくさんある。
 カール・ベッカー博士によると、小さなお子さんの〈喪失〉体験は7つのリスクをもたらすという。
 ここにおける喪失とは、親や兄弟など身近な人の死、あるいは親や仲間から見捨てられる、いじめられる、虐待される、といった人間関係の決定的な切断である。
 以下、博士著『愛する者の死とどう向き合うか』を参照しつつ、考えてみよう。

1 不安と恐怖が異常に高まる。

 ちょっとしたできごとや物音でも、不安になり、恐れる。

2 重度の抑うつになる確率が高まる。

 全員が抑うつ状態になるわけではなく、大人になってから強い落ち込みになりやすいという研究報告がある。
 
3 健康上の問題や事故などが増加する。

 喪失による悲嘆がストレスとなって健康を害しやすくなるし、周囲に対する注意力が散漫になったりもする。

4 学業成績が低下する。

 環境の激変により、誰かの手助けがないと、勉強へ集中しにくくなったりする。

5 自己評価(セルフ・エスティム)が低下する。

 生きるための杖を失ったように思うし、他者からの心ない言葉が、より所のない気持を強めたりもする。  

6 外的なLOC(統制の所在)が著しく高まる。

 不幸の多くが運の悪さから生じ、自分の運命は抗えない他者によって統制されていると感じる「外的統制者」になりやすい。
 反対に「人生の不幸の多くが自分の過ちから生じていると考える人間」は内的統制者である。

7 後の人生において、悲観的になりやすい。

 やれると思えばやれそうなことも、やれないと思うことによってやれなくなり、悪循環に陥りやすい。

 もちろん、喪失を体験した子供すべてがこうした問題を抱えるわけではないが、いくつかに当てはまると判断した場合は、適切な手を打つ必要がある。
 たとえば、こうしたポイントである。

遊びの時間を充実させる。

 遊ぶことによって、子供は自分がいる世界の意味を理解し、その理解は喪失の理解へとつながる。
「遊ぶ子は、ストレスに直面しても不安定になったり、人間として持っている自己治癒力を失ったりすることはめったにありません。」

○その子供なりの性質・性格のうち、立ち直りに役立ちそうなところをうまく動かす。

 自分でどんどん立ち直れる子供もいれば、ショックに弱い子供もいて、性格は簡単に変えられないことをよく理解した上で導く、

○家族間で何らかの信念や実践を共有する。

 なぜ、と疑問のまま、説明できないできごとにぶつかっても、家族として精神的な信念体系を持っていれば、できごとの意味を見つけやすい。
 たとえば、家族の中で掃除などの役割を淡々と果たしている子供は、不測の事態に適応しやすい力を持っている。
 大人も子供も、何かしらスピリチュアルな信念を持っている人と、持っていない人とでは、現実に耐え、適応する力が違う。
 自分の信念や行動によって〈自分の世界〉をつかんでいれば、そこに生じたできごとも、理解し、受け容れやすいのだろう。

○外部からのサポートを行う。

 家族以外に頼れる人がいない場合、第三者の手助けは力になる。

○状態を判断した上で、喪失した相手とのつながりを保たせる。

「(あの世へ逝った)お父さんは今、何を考えているんだろう」
 こうした姿勢が出てくれば、できごとはおさまりをつけつつあると言える。

 もしも、我が子に異変を感じた際は、学校でのいじめなどと共に、環境の激変によるストレスを考えてやるようにしたい。
 ただし、できごとが起こった時期と変化が生ずる時期の間にかなりなズレが生ずる場合もあり、慎重な検討が必要。
 いずれにしても、変化は必ず何かのシグナルである。
 キャッチしてあげたい。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト
2016
05.21

眠れない現代人に思う ─抱えている問題を眺めてみると……─

2016-05-21-0001.jpg

 現代人不眠症が多いという。
 神経質で、気になっていることがあるとなかなか眠れない。
 ちょっとした物音にもすぐ、目が覚める。
 寝不足は心身を消耗させ、持てる力が出なくなる。
 
 こうして私たちは困ってしまうが、最近の科学は、それを人間が本来、生き延びるために持っていた特性であると見る。
 森や林から草原に降りて生活するようになったご先祖様は、チーターの様な足もなく、タカのような羽もなく、クマのようなツメもなく、イノシシのようなキバもなく、イヌのような嗅覚もなく、ミツバチのような視力もなく、とても弱い生きものだった。
 だから、敵の存在をいち早くキャッチできるよう、いつも全身全霊で注意していた。
 本来は自分が生き延びるために用い、磨いていた能力が、自分を食べに来る敵がいなくなった今でも残り、必要以上にはたらくために神経過敏な状態になっている。
 現代人は、他の動物ではあり得ないスピードで安全な環境をつくったのに、生きものとしての姿はあまり変わらず、変化のギャップが私たちの悩みをもたらした。

 私たちはよく「手に汗を握る」というが、これはもっと昔の名残とされている。
 サルのように木々をジャンプしつつ生活していた頃、手がカサカサせず汗ばめば枝を握りやすかったらしい。
 もちろん、雨に当たるなどしてあまりに濡れすぎると今度は滑ってしまうので、湿り気はほどほどであればよい。
 動物としての身体は昔とあまり変わらず、汗の出具合も〈適度〉なはずなのに、今は環境が変わったため、〈過敏〉とされるようになった。

 だから、私たちには工夫が必要だ。
 上がった体温が下がり、自律神経が沈静するという睡眠の条件を意図して満たさねばならない。
 適度な運動をしたり、風呂へ入ったりする。
 また、音楽などの趣味で心身をリラックスさせたりする。
 緊張させるブルーやホワイト系でなく、夕陽や夕焼けにつながる暖色系の小さな電灯を点す。
 こうした努力をしないと、また、お互いに生活習慣や環境の大切さといった認識を共有しないと、悩みが深まってしまう。 

 さて、ある朝、三台のパソコンが皆、ウィンドウズ10へ切り替える場面になっており、困った。
 そんな意思は持っていないのに、機械がほぼ自動的にそうやろうとしている。
 現代文明が抱える危機のありかを再認識させられた。
 私たちは、ネットと電気がなければたちまち、仕事に差し支えるだけでなく、いのちの危機にすら瀕する危うい環境を生きている。
 それはネットを動かし、発電と送電を行う者に事実上、牛耳られていることを意味する。

 ある時、桜の苗木が蔓草にてっぺんまで巻きつかれ、立ち枯れている光景を見た。
 樹木がなければ蔓草も生きられないのに……。
 ネットや電力を扱う者と利用者との関係も同じだ。
 利用者をあまりにも意のままにしようとすれば、利用者は枯れるか反発するかして、共倒れになりかねない。

 私たちの存在が、変わりにくい肉体のDNAと変化の激しい生活環境とのズレで実にままならないだけでなく、個と社会との微妙な関係も国家規模、あるいは地球規模になれば、うまく維持するには相当の智慧が必要だ。
 たまにはこうして、〈いつもの自分〉や〈空気のような社会〉から少々、離れて両方を眺めてみることも必要ではなかろうか。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん あらはしゃのう」
※今日の守本尊文殊菩薩様の真言です。どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=WCO8x2q3oeM





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。