--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
12.01

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─

2016-11-11-218.jpg
〈四国霊場にて〉

 積もりつつある落ち葉の上に小雨が降り、今にも雪に変わりそうなある日、人生相談で訪れた中年のAさんは、訥々と語り始めた。
 若い頃、父親に殺されかけた話から。

 熟した柿の木のそばで、ちょっとしたいざこざが起こり、逆上した父親が、「このやろう!」と鎌を振り上げた。
 無論、妻子のあるAさんは逃げた。
 父親は普段、決して暴力的ではなく、常識や良識も持ち合わせ、業界や町内で役員に推されるような人間だが、ある種のマグマを抱えているのは、学歴コンプレックスのせいかもしれない。

 百姓の家に生まれ、土方など、何でもやって生き延びてきた父親は、「裸一貫」が口癖で、IT企業ではたらくAさんとは人生観がまったく異なっている。
 とにかく、細くて長い節(フシ)がスルッとした指を持つ者は「汗を流さない」「本気ではたらかない」と決めつけ、信用しなかった。
 だから、病気がちな弱い身体と、よくはたらく頭脳を持ったAさんは、親子でありながら、信用できない者の範疇(ハンチュウ)に入れられていた。
 
 Aさんは〈生い立ちという檻(オリ)から出られない〉父親への軽蔑を育てつつ、そのことに苦しんでもいた。
 とにかく母親と協力して自分を育て、学校を出し、一人前にならせてくれたのだから、大恩人であることは重々、承知している。
 しかし、いくら恩を自覚しようと軽蔑は消えず、惚れ合い妻となった女もまたAさんと似た心理に陥り、家族間の葛藤は募る一方だった。

 多くの人に観音様のようだと称された母親は若くして他界しており、高齢になった父親も又、2年前、頑健な身体にガンを発症した。
 入院させ、金銭面ですべての面倒をみているが、夜半までの仕事が珍しくないAさんは、なかなか見舞いに行かない。
 たまに病室を訪れても、「何でお前のような子供に育ったんだろう」などと言われたシーンが繰り返し、思い出され、言葉も出ないままに息苦しい時が経つだけだ。

 通勤の途中、ビルの向こうに薄いを見た日、Aさんは初めて、お得意様Bさんの接待をした。
 BさんはAさんを高く評価し、受ける信頼はAさんの貴重なエネルギー源となっている。
 宴の終盤、酔ったBさんはやおら、「私は福島の出です」と前置きして民謡を唄い出した。

「ハアー 遥か彼方は 相馬の空かよ~」
 Aさんは鳥肌が立った。
 それは、Aさんがテストで全校のトップになった中学時代、夕食で一杯やった父親がちゃぶ台の前で立ち上がり、上機嫌で唄った時の姿そのものだった。

 福島県で百姓の五男坊に生まれた父親は、この「新相馬節」を十八番(オハコ)にしていた。
「なんだこらようと アー チョーイ チョイ」と唄う時は、すべてから解放されたとしか思えない無邪気な顔をしていた。
 Aさんは勝手に、〝きっと、自分が父親からこの民謡を聴かされた頃の少年時代に戻っているのだろう〟と考えていた。

 大恩人Bさんが唄い終える前に、涙をこらえつつ、Aさんは気づいた。
〝もう、消えた……〟
 ──自分でつくった〈そこから出られない〉心の檻(オリ)がなくなっている。

 上機嫌で更なる協力を約束してくれたBさんと堅い握手を交わし、乗り込んだタクシーを見送ってからAさんは決心した。
〝明日、父親の見舞いに行こう、(初めて)手を握ってやろう。
 俺の節がスルッとした指でもきっと、喜んでくれるだろう〟

※この文章は実話を元にていますが、プライバシー保護のため内容に手を加えたフィクションです。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



スポンサーサイト
2016
04.13

妨げられている再生可能エネルギーの利用 ─メルトダウンを隠した東電と原発政策─

2016-04-08-004-005.jpg

 福島第一原発は、メルトダウンという致命的な事故を起こした。
 その事実を認めたのは事故発生から2カ月後である。
 しかも東京電力はこれまで、「メルトダウンを判断する根拠はなかった」というおよそ信じがたい説明をしてきたが、今年の4月11日、岡村祐一原子力・立地本部長代理が、メルトダウンの判断基準が社内にあることをようやく認めた。
 何と、事故当時、「個人的な知識としては知っていた」という。

 このたび、新潟県の技術委員会は、〈国へ対して報告が義務づけられている〉メルトダウンの事実が隠されてきた経緯を明らかにするよう、東電へ申し入れた。
 成り行きをしっかり見守りたい。

 これはあまりにも重い事実ではないか。
 定められている報告義務を果たすための根拠がなかったという会社の説明はいったい、誰の判断によって行われたのか?
 また、法的義務を果たすための根拠を持っていないという東電の説明を「そうですか」とそのまま放置してきた政府の責任者は誰なのか?
 国民の生命にかかわるこれほど重大なことごとを、本当に政府は〈知らなかった〉のか?
 それで済むのか?
 全国の原発がいったい、いかなる管理をされているか、政府関係者を除く人々の手によって再度、徹底検証が行われるべきではないか。

 ことの重大さは、とてつもなく大きい。
 それは、原発を食品に置き換えてみれば、より明確に想像できる。
 たとえば、多数の人命にかかわる重大事故を起こした会社が、食品に用いられるいかなる物質が危険であるか決めていなかったために、報告義務をおっている危険な事態の発生に気づかず、放置したようなものだ。
 こんな会社が何ら責任を問われず、何ごともなかったかのように存続が許され、以前と同じ商売を続けるなど、社会正義からも、社会常識からもあまりにかけ離れているではないか。
 国に守られた核発電の会社なら何をやっても、何をやらなくても、責任を問われぬまま存続が許されるのか?
 あの当時、福島県どころか、東日本、あるいは日本全体が破壊されかねない状況だったのに……。

 ブログ「あらためて、原発(核発電)の非人間性を想う」へ書いた身近なできごとが裏付けられた。
 共同通信は4月5日、「原発優遇 市場ゆがめる」によって、電力小売全面自由化が形だけのものであるという事実を告発した。

原発の電力は使いたくない」

「価格は高くても再生可能エネルギーの電気を使いたい」


 こうした一般国民の願いが、自由化というスローガンと裏腹に、巧妙な手口で妨げられている。

消費者に提供する電気がどのような発電方式によってつくられたものかを示す『電源構成』の公表が進んでいない

原発事故後、再生可能エネルギーの急拡大に危機感を持った既存の電力会社が『自由化が進んだら高コストの原発は維持できなくなる』と訴え、制限なしに受け入れを拒否することが認められた


 これでは、消費者は発電会社を選びようがなく、発電会社は電力を消費者へ送りようがない。
 

「この結果、原発を抱える電力会社が市場に大量の電力を供給し、小規模な再生可能エネルギーの電気を排除することになる」


 これが現在の電力行政の実態だ。
 膨大な被害者を生んだ世界史的なできごとである福島原発の事故は、原発に群がり目先の利益を求める企業群と、そこから莫大な政治資金を得る政治家によって、あたかも〈なかった〉かのように扱われている。

 ちなみに、福島原発の事故によって国の方向を変えたドイツはこうなっている。

「電源構成はもちろん、発電時に出る放射性廃棄物の量まで公表が義務づけられている」

再生可能エネルギーを最優先で電力網に受け入れ、(再生可能エネルギーを生み出す電力会社に対する)安易な出力抑制を認めない」


 これこそが、日本国民の大多数が望む姿ではないか。
 しかし、日本の電力政策はその正反対である。
 国民の声に背き、原発最優先のまま、何も変わっていない。
 

「真の自由化を実現し、消費者の多様な要望に応えるには、情報公開の徹底に加え、発電設備を持つ既存の電力会社が送電網を支配する体制を早急に改め、独立した送配電会社が発電事業者に公平なアクセスを保証することが重要だ」


 この指摘には、過半の国民が同意するのではなかろうか。
 私たちは本気になって原発問題にぶつからねばならない。
 福島では、吉田所長らのいのちがけの奮闘はもちろん、たまたま溜めたままになっていたプールの水がうまい具合に燃料棒を浸すなど、僥倖としか言いようのない数々のできごとが重なったため、東日本全体や日本全体が破壊されるところまでは行かないで済んだ。
 それでも数十万の人々が直接的・間接的な被害に苦しみ、自死すらも相次いでいる。
 あの時、アメリカ人やドイツ人など、事態を正確に把握していた国の政府から情報を受けた人々は、たちまちに日本から脱出していたことを忘れてはならない。
 メルトダウンにより日本は〈終わる〉と予想されていたのだ。

 政治家の本音を見極め、国民の意思を明らかにしようではないか。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2015
05.13

映画『日本と原発』の鑑賞会を終えました ―脱原発へ向けて―

201505130002.jpg
〈今は亡き吉田所長たちの献身的行動と、原因不明の僥倖が重なったおかげで今の日本があることを忘れるわけにはゆきません〉

 5月9日、たくさんの方々にご参加いただき、おかげさまにて映画『日本と原発』の鑑賞会を無事、終えました。
 映画の冒頭にある河合弘之弁護士の言葉です。

原発事故
 国民生活を工程から覆す。
 経済も文化も芸術も教育も司法も福祉も
 つつましい生活もぜいたくな暮らしも
 何もかもすべてだ。
 したがって、
 原発の危険性に目をつぶっての
 すべての営みは、砂上の楼閣と言えるし、
 無責任とも言える。
 そのことに国民は気が付いてしまった。
 問題は、そこで
 どういう行動をとるかだと思う。」


 映画で紹介されている事実です。

○原発が環境に優しいという主張はまやかしである

「被告(国)は,原子力発電所の稼働がCO2の排出削減に資するもので環境面で優れている旨主張するが,原子力発電所でひとたび深刻事故が起こった場合の環境汚染はすさまじいものであって,福島原発事故はわが国はじまって以来最大の公害,環境汚染であることに照らすと,環境問題を原子力発電所の運転継続の根拠とすることははなはだしい筋違いである。」(平成26年5月22日、福井地裁で出された原発差し止め判決より)

○すでに人類史「第四の革命」が起こっている

 世界的に眺めてみると、平成18年をピークに原子力発電の量が落ち始めている一方、自然エネルギーの発電量は急激に上昇している。
 自然エネルギーに関する設備投資などの投資額は、平成16年から7年間で約5倍となり、今後ますますスピードアップする。
 平成24年には、世界の設備容量において、〈風力+太陽光=約3億8千万キロワット〉、それに対して〈原子力=約3億7千万キロワット〉となり、21世紀に入ってから12年で逆転している。

 映画を鑑賞した方々から当山へ寄せられた思いです。(プライバシーの関係上、手を加えてあります)

○科学者A氏

「ここまで来れば、原発の問題は、もはや科学的にどうかというより科学の力を用いる考え方の問題になります。
 データが示すとおり、原発を離れ、自然の力を利用するという世界的傾向は動かしようがなく、人類が生き残るためにどうあらねばならないかは、もはや明白です。
 つまるところ、国策を決める政治の動き次第です。
 根本的な解決のためには国民一人一人がよく考え、選挙や輿論という形で政治を動かして行かねばなりません。
 政財界に、原発を使いたい〈今の都合〉があっても、この映画のように事実を伝える啓蒙活動が盛んに行われれば、人々の意識はきっと変わることでしょう。」

○某電力会社役員の友人がいるB氏

「友人は昔から、原発のことについては触れないでくれと言っており、友人づきあいも親戚づきあいも、それが絶対条件なので、彼の周囲で原発を話題にする人はいませんでした。
 彼は決して高望みをせず、黙々とはたらいていました。
 原発事故後は人が変わったように難しい性格になり、周囲は腫れ物に触るような感じで接しています。
 彼にとって、原発はよほど重いものなのでしょうね。
 この映画を観て、彼が抱えてきた苦しみや葛藤や心の闇が、いくらかは想像できるような気がしました。」
 
 映画の最後にある河合弘之弁護士の呼びかけです。

「想像してみてください。
 あなたの住む町が、放射能に犯されることを。
 目に見えない匂いも形もないものが、あなたの未来も過去さえも奪うことを。
 あなたがあなたの家に帰れなくなる。
 町から生活の音が聞こえなくなる。
 毎日挨拶していた人たちと会えなくなる。
 日本人はチェルノブイリを見ても、自分たちにも起こることとは想像できませんでした。
 そして、福島を見ても忘れてしまいそうになっています。
 この映画で感じたことをそばにいる人たちと分かち合ってください。
 この映画のことを新たな原発事故の避難所で思い出すことのないように。
 あなたができることを考えてみてください。」


 地震大国日本における原発の再稼働は世界の脅威ですらあります。
 子々孫々のために、世界のために、しっかり考え、行動したいものです。





 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2014
12.16

人類に空爆のある雑煮かな ─東北関東大震災・被災の記(第159回)─

201412150003.jpg
〈凍えず、凛として勁(ツヨ)き外の猫〉

 雲が垂れ、すっかり雪景色になりました。
 こうなる直前に行った福島市の青空が思い出されます。

 小高い丘の上にある新しい団地では、除染が行われていました。
 ものものしい服装の男性が6人、近くに大きな車を2台止め、小さな道路標識をあちこちと動かしながら、通路や側溝を相手に丹念な作業を続けています。
 目的のお宅に訪問してから小一時間が経ち、外へ出てみたら、まだ奮闘のまっ最中。
 いくらも進んでいません。
 一緒に外へ出たこの家の主Aさんは、ちょっと失礼、とタバコに火を付けました。
「いったい、何をやっているんでしょうね。
 私はちっとも構わないんですが……」
 大きく広がった青空を見上げ、転じた視線の先では吾妻連峰が悠然と人間の営みを見下ろしています。
「――そうですよね……」
〝あの山々の岩陰にも、草むらにも降りそそぎ、地表から沈み込みつつある微少なものたちは、何万年もこの世にとどまっている。
 その圧倒的な存在力の前で、人間のものものしい行為はいったい、どれほどの意味と価値があるのか?と、科学者Aさんは嗤っておられる。〟
 原発事故の被害者Aさんは、悠揚迫らぬ態度でタバコをふかしています。
 あくまでも部外者でしかない小生には口にすべき言葉がありませんでした。
 そして、冒頭の俳句を思い出しました。

「人類に空爆のある雑煮かな」


 私たちはもうすぐ、お雑煮にありつきます。
 恵まれた家庭でも、あるいは路上生活者のためのテントでも、私たちは熱いお雑煮を食べて新しい年がやってきたことを実感します。
 俳人関悦史氏は、そうした〈我が生〉の確認作業中にあって、遠く離れた異国で行われている空爆に思いを馳せました。
 襲う者と襲われる者、殺す者と殺される者、憎悪による取り返しのつかない破壊、人間の手によってつくり出されるあらゆる不条理が彼(カ)の地にはまぎれもなく〈在るはず〉なのです。

 東日本大震災で自宅が半壊した関悦史氏は、こうも詠んでいます。

「激震中ラジオが『明日は暖か』と」


 激震に見舞われ生死の境にいる思いの被災者とは無関係に、ラジオは明日の天気予報を流しています。
 今この時、地上に併存する自分の恐怖と、遙かな地にある長閑さ……。
 冒頭の俳句をひっくり返せば、こうなりましょうか。
空爆中日本では熱々の雑煮
 雨あられと降る爆弾の下で、日本通の誰かは焼かれつつ、雑煮の場面を想像しているかも知れません。

 Bさんがやってきて、こんな話をされました。
「住職。
 原発事故の時、どうしてヨウ素剤が配られるか知っていますか?
 甲状腺はヨウ素を蓄積するので、放射性ヨウ素が溜まれば病気になる確率が高まります。
 そこで、あらかじめ、安定ヨウ素剤を摂取して甲状腺を満杯にしておけば、後からやってくる放射性ヨウ素の入る余地がないため、甲状腺を守られるそうです。
 診療放射線技師Cさんから聴いたのですが、何もわからなかった私は、とてもよく理解できました。
 万が一の時は、まじめにヨウ素剤を飲むつもりです」
 小生もようやく理屈が呑み込めました。
 言葉が具体的な想像力を伴うと、腑に落ちる具合はズンと増します。

 私たちはすべて〈井の中の蛙(カワズ)〉であると言えないでしょうか?
 見える対象も聞こえる対象も触れる対象もすべて、井戸の底から丸い井戸口の外に見える小さな空を眺める程度のものでしかありません。
 小さな世界であれこれ思念を廻らせていても、広い世間様や広い世界を相手にしているような気分でいます。
 しかし、広がっているのは、あくまでも気分でしかありません。
 わずかに、しかし、確かに〈他の井戸〉の住人と通じ合えるとしたら、想像力がはたらいた時ではないでしょうか。
 そもそも「思いやる」とは、「思い」を「やる」ことだったはずです。
 お釈迦様は、鳥についばまれる虫や、病人や老人や死人を思いやるところから、人生の根本を探求し始めました。
 見えるものも、見えぬものも、思いやりつつ生きたいものです。
 互いが互いに〈単なる井の中の蛙〉であれば、個々の人生も社会も、なかなか明るい方向へと進まないのではないでしょうか。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」※今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=EOk4OlhTq_M





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2014
03.02

勇気こそ地の塩なれや梅真白 ─人間・福島─

20140302001.jpg

20140302001 (2)

20140302001 (3)
〈『福島 土と生きる』からお借りして加工しました〉

 太平洋戦争末期の昭和19年、成蹊学園に奉職していた俳人中村草田男(クサタオ)は、教え子を戦地へ送り出す際に詠んだ。

勇気こそ地の塩なれや真白」


 地の塩は、聖書に登場する。

「あなたがたは地の塩である。
 だが、塩に塩気がなくなれば、その塩は何によって塩味が付けられよう。
 もはや、何の役にも立たず、外に投げ捨てられ、人々に踏みつけられるだけである。」

 イエスは、信徒となった者たちを祝福した。
 神を信じる者は、この世に生気も潤いももたらすであろう。
 しかし、信仰を失えば、塩気のない塩のような役立たずになるというのである。

 時に草田男43歳、洗礼を受けたのは82歳で死ぬ前日であり、いかなる思いで教え子たちへ「地の塩」と言ったのかはわからない。
 ただ、寒風の中で花開いた真っ白なから、もろもろの思いを振り切って出撃する勇気をもらうよう祈ったのではないか。
 迷うのも、悩むのも、決意を固めるのも、地にあって生きる者ゆえである。
 そうして〈在る〉ことがすでに、地の塩として生き生きと生きている証拠である。

 草田男は、東大俳句会に入ってから東京都の母校青南小学校を訪ね、決定的な一首を詠んだ。
「降る雪や明治は遠くなりにけり」
 この時も、今年と同じく東京は大雪だった。
 降りしきる雪の勢いに呑まれ、時空の感覚が薄れてしまい、思わず出た言葉だったらしい。
 その13年後、教え子に手向けの句を詠むとは思ってもいなかったことだろう。

 草田男がはたらいた成蹊学園はその後、成蹊大学などへと発展し、現在の安倍総理や作家の桐野夏生や小池真理子などを輩出する名門校となった。
 まだ寒い東北の地では、の開花が鶴首されているが、同じを詠んだ梶井基次郎の一首も忘れられない。

咲きぬ温泉(イデユ)は爪の伸び易(ヤス)き」


 この句が生まれた昭和初期までは発展する日本があった。
 戦後、世界史に残る奇跡の復興を遂げた日本全体にも一時期、こうしたゆとりの日々があった。
 しかし、それはもう、急速に遠ざかりつつある昔の話。

 2月28日、インターネット上の仮想通貨ビットコインの取引所「マウントゴックス」が東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。
 およそ470億円が煙となった事態に、マルク・カルプレス社長は謝罪会見を行った。
 しかし、終始薄ら笑いを絶やさない様子に唖然とした向きも多かったのではなかろうか。
 少なくとも、被害者の精神的、物質的被害を、〈人間に起こったできごと〉として真剣に受けとめている様子はみじんも見られない。
 ことわざ「蛙の面に小便」を思い出し、昭和60年、悪徳商法で多くの被害者を出した永野一男豊田商事会長が二人の男に刺殺された事件も思い出した。

 大石芳野氏の写真集『福島 土と生きる』に目を通した。
 ここには、筆舌に尽くせない悲嘆があり、絶望がある。
 しかし、血の通う人間の不屈の精神もある。
 我々は、あの震災と原発事故で何を失ったのか?
 何に気づいたのか?
 そして、どこへ行こうとしているのか?
 どこを目ざすべきなのか?
 真の勇気とは何か?
 大石芳野氏は同著のあとがきに記した。

「土と共に生きる人たち、染みついた放放射能に抗(アラガ)い格闘を続ける福島の人たちと問題を共有し合うことの大切さを、福島で出会った多くの一人ひとりにカメラを向けながら、改めてしみじみと思う。」


 真っ白なが咲き、勇気をもらう時、血の通った人間として、よく考えてみたい。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。