FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
07.16

多様性は宝石のように輝く ─虫たちの声・雑木林の妙・生き直す終括─

2016-07-16-0001.jpg

 あと3週間で立秋、山里の朝はすでに、たちが主役です。
 まだ、梅雨明けもしていないのに、天気予報士たちはあれほど「酷暑」を心配していたのに。
 昭和37年、高橋元吉が書いた詩「鳴く」を思い出しました。

「草かげの
 鳴くたちの宝石工場

 どの音もみんなあんなに冴えてゐるから
 たちはきつといつしんになって
 それぞれちがつたいろの宝石を
 磨いてゐるのだらう

 宝石のひかりがうつり
 いひやうもない色まであつて
 方々の草かげがほんのりあかるい


 それぞれなりのいのちの発露が迫ってきます。
 聴いた作者はついに、「ほんのりあかるい」と見える人にまでなっています。
 全人格、魂をかけての音を受けとめているのがわかります。

 今から20年前、中川重年氏は名著『再生の雑木林から』に、学びと共生の道を示しました。
 人の手が入らず長年、放置された林はササなどに占領され、人間が足を踏み入れられないどころか、多様な植物たちが生きる場も失われます。
 私たちが普段、住んでいる地域からそう遠くないところにある雑木林は、ちょっと工夫して目をかけ、手をかければ、見違えるほどに生き返り、林の中の多様な動植物たちが活き活きすると共に、人間と林の共生も可能になります。
 こうした見通しのよい空間が保たれれば、熊に対する一種のバリアともなり、最近、各地で発生している熊騒動の解決にも一役買うのではないでしょうか。

雑木林で家族、友達、地域の仲間とともに行動することは、多様な自然の事象にぶつかり、それに対応する判断力、行動力、協調性、共同作業、他人へのいたわりといった、グループとしての質を高める訓練が不断に行われてくる。
 さらに、こうした活動の結果、林床植生にこれまでなかった植物が再生してくることを目の当たりにすると、そのわずかな自分がかかわった自然に対するインパクトが、一部の優占種群を抑え、多くの種類の植物に平等な空間を与えていることに気がつく。
 人間社会のあり方にも、まさしくこうしたことが要求されているのではないだろうか。

 ともに始めた『きずなの森』の活動から、こうした新しい自然と共生する人間の生きる方向性を学んできたように想われる。」


 そうだよなあ、と思っている頭に浮かびました。
終括の本質は生きなおしではないか……〟
 いわゆる終活ならぬ人生の締め括りを真剣に考えるのは、それまでの生き方を振り返って一つの区切をつけることであり、その先に必ず、新たな生き方が待っているはずだ。
 新たな生き方をつかんで初めて、終括ができたことになる〟

 私たちが終括を行えばそれで人生の幕が降りるわけではありません。
 また、死後の準備をすればそれで済むわけでもなく、私たちの生は続きます。
 それなら、〈新たに生きる〉意識を持つことが重要ではないでしょうか?

 インドのバラモン教には古来、四住期(シジュウキ)という考え方があります。
1 学生期…学問の期間
2 家住期…社会人として役割を果たす期間
3 林棲期…森林で修行する期間
4 遊行期…遊行しつつ死を待つ期間

 思えば、終括は3番目に当たると言えそうです。
 いきなり家や家族から離れなくても、それまでの人生を省みつつ、人間とは何か、人生とは何か、自分はこれから一人間として何を行いつつ残りの生をまっとうすべきか、という人生の根本問題に向き合うことはできます。
 そして、やがて、モノ金や名誉にこだわらず、自然に死を待つようになれば、理想ではないでしょうか。
 ──一人一人が人生の大事と向き合う貴重な時間……。

 虫の声を聴き、雑木林を想いつつ、こんなことを考えました。
 虫たち、雑木林のいきものたち、それぞれの人生を生きる私たち、めくるめく多様性が輝く世界です。
 いつのまにか虫たちは朝の饗宴を終え、今日も一日が始まっています。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト
2014
08.09

秋立つや皆在ることに泪して ―俳人の泪―

201408090001.jpg
〈酷暑の中で草刈りをしてくださる方〉

2014080900012.jpg
〈彼はなぜ、水面に浮かぶ葉の上に乗ったのか〉

 暑い暑いと言っているうちに、立秋となった。
 当山のあたりでは、草も車も朝露に濡れ、虫たちの声が天地を満たしている。

「秋立つや皆在ることにして」

 明治から平成にかけて、4代を生きた永田耕衣の作である。
 秋立つ時期は、不思議に来(コ)し方をふり返りたくなる。
 耕衣は、ふり返ろうとした瞬間、〈〉現在、ここに〈生きて在る〉ことに衝撃を受けたのだろう。
 しかも、人々と共に在る……。
 〈〉は完ぺきである。
 過もなく、不足もない。
 机があり、ネコが寝ていて、カラスが鳴いている。
 身体のあちこちが傷み、記憶力は落ちかけ、友と会う機会も減ったが、そのままに生きて在る。
 自分を含め、皆が在るとは何というありがたいことか。
 いつの時代の〈〉も、全体として直感できる時、同じ〈〉を誘う。

 それにしても、世界中で流されているは、耕衣のとあまりにも隔たっている。
 赤十字の施設に逃れていてすら爆撃され、家族を失い、友人を失い、家を失い、傷ついたパレスチナの人々。
 国境も無視して一神教と暴力による支配を目ざすイスラム原理主義勢力に追われ、酷暑の山岳地帯へ逃れるイラク北部の人々。
 医師たちまでもがエボラ出血熱に冒され、病魔と死魔の猛威にさらされているギニアの人々。
 最近の祈りには二つを欠かさない。
「一心祈願不戦日本」
「一心祈願世界平和
 日午後からの寺子屋でも、皆さんと一緒に唱えたい。

 耕衣はこうも詠んだ。

「死螢に照らしをかける螢かな」

 先に逝ったホタルのすぐそばで、ホタルが光っている。
 生者死者を意図して照らすのか。
 耕衣は実際にこの情景を観たのか?
 それとも、幻影だったのか?
 いずれにしても、あまりのリアリティーにたじろがされる。
 この句を読んだ瞬間、なぜか、脳内スクリーンの左下に横たわったホタル、右上に光るホタルが出現した。
 しかも、まるで自分がかつて観た光景のように鮮やかだったのはなぜだろうか。
 こうして書いているも、同じ構図が頭にある。
 一枚の写真のように。
 耕衣のリアルと私のリアルは重なっているのかも知れない。

 それにしても、「死」と「照らしをかける螢」とは、まさに写真の中で等価であるように、二者で一つのシーンを構成している。
 息をする耕衣も、歩く耕衣も、詠む耕衣も、このシーン中の人物だったのではないか。
 詠む者と詠まれた世界が一つになっている。
 冒頭のは、そこで流されたのだろう。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん ばざら たらま きりく」※日の守本尊千手観音様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IvMea3W6ZP0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

 

2014
08.04

お骨に合掌し仏教の歴史をたどる『舎利礼文(シャリライモン)』(その1)

20140804000123.jpg

 朝夕はひんやりするようになり、やはり立秋間近と実感させられます。
 午前3時頃に寺務所へ入ると室内の気温は29度ですが、窓を開け、闇一杯に広がるカナカナカナというヒグラシと、ジージージーという地虫たちの声に少々、耳をかたむけながら、あちこちの換気扇を回しているうちに、たちまち、26度になってしまいました。

 さて、昨日から書道教室で書き始めたお経について、少々記しておきます。
 お稽古の前に内容をご説明申しあげたところ、高橋香温先生はじめ、お弟子さんたちも目を輝かせながら聴いてくださったからです。

 それは、ご葬儀やご供養の場でゆっくりと唱えられることの多い『舎利礼文(シャリライモン)』もしくは『舎利礼(シャリライ)』というお経です。
 たった72文字に仏教の歴史が凝縮されています。

「一心頂礼(イッシンチョウライ)
 万徳円満(マンドクエンマン)
 釈迦如来(シャカニョライ)」

 
「あらゆる徳を円満にそなえたお釈迦様を一心に礼拝します。」

 仏道修行は、お釈迦様が悟られた境地に憧れ、それを求めることから出発します。
   

「真身舎利(シンジンシャリ)
 本地法身(ホンジホッシン)
 法界塔婆(ホウカイトウバ)
 我等礼敬(ガトウライキョウ)
 為我現身(イガゲンシン)
 入我我入(ニュウガガニュウ)」


「お釈迦様の仏舎利と、真理を悟った境地そのものと、真理を象徴する塔婆とを、私たちが敬い礼拝する時、この身に真理が顕現し、悟りの世界と私たちとは一体になります。」

 古人は白米のご飯を銀舎利(ギンシャリ)と呼びました。
 お米が充分に食べられない時代や場所においては、白く光る一粒一粒が、まるでお釈迦様のお骨のように尊く、ありがたく感じられたからです。
 こうしたことでもわかるとおり、生前、たくさんの人々を救ったお釈迦様が亡くなられた後、せめてお骨を拝みたいという人々の思いが仏舎利信仰を生み出しました。
 インドのアショーカ王が、そうした気持に応えようと、全国に仏塔を造り、そこへお釈迦様のお骨を安置したことにより、仏教は一気に広まりました。
 日本でも、故人が最後にこの世へ遺して行ったお骨はとても大切に扱われ、どこの斎場でも、最高の敬意をもって御尊家様へと手渡されます。
 きちんとお骨を納め、「ああ、ここに眠っている」という安心感を伴って合掌する時、この世とあの世はつながります。
 モノであるお骨は当然、土へ還ってゆきますが、〈その場〉のかけがえのなさは、後々、身に沁みてわかるものです。
 最近、一段と多くなったお骨の移転においては、どなたもが熟慮し、一大決心をして改葬されます。
 普通の埋葬でも、改葬でも、納骨が終わり「これで安心しました」と言われる皆さんのお顔には、人としてなすべきことをきちんとやり終えたという達成感が感じられます。

 さて、拝む対象の二番目は、「本地法身(ホンジホッシン)」という難しい言葉になっていますが、要は、悟りを開いてみ仏と成られた(成仏です)お釈迦様の悟りの境地そのものを尊び、礼拝するのです。
 不動の境地そのものは、まさにみ仏の世界であり、いつ、いかなる時代においても揺るぎません。
 だから法(真理)の身(お身体)とお呼びします。

 三番目は、「法界塔婆(ホウカイトウバ)」すなわち、真理の世界を象徴する塔婆にも深い敬意を捧げます。
 塔婆は仏塔を指すストゥーパというインドの言葉を音訳したもので、日本においては平安・鎌倉の時代から、個人のお骨が眠っている場所にも建てるようになりました。
 五輪の塔も同じものです。
 NHKの大河ドラマでは、ひんぱんに武将などの墓地が紹介されますが、現代のお墓のような形ではなく、五輪の塔が建てられている例をとても多く見かけます。
 私たちがお塔婆を捧げるのには、「この世にあるもののすべての徳を捧げます」という意味があります。
 だから、形は下から地・水・火・風・空を象徴する四角形や円形が重ねられ、表にはそれを表す梵字(ボンジ)が書かれ、裏には心を表す梵字が書かれています。
 目に見えるものも、見えないものも、あらゆる存在が持つすべての徳をもって供養します、という深い思いが込められているのです。

 こうして、お骨と、悟りの境地と、供養の心を込めたお塔婆とを敬い、礼拝すると、「現身(ゲンシン)」すなわち、この身このままに「入我我入(ニュウガガニュウ)」が実現します。
 それは、み仏が自分に入って来ることであり、同時に、自分がみ仏の世界へ入って行くことです。
 つまり、み仏と自分は一体になれます。
 そこには、不安も、悩みもありません。
 一体になる方法が探求された結果として登場した密教においては、合掌などの印を結ぶことで身体を一体化し、真言や経文を唱えることで言葉を一体化し、み仏の世界を観想することで心を一体化させます。
 昨日、瞑想会で行った阿字観(アジカン)もこうした形になっており、参加された方々は、み仏に成る〈成仏体験〉をされました。

 これが、前半の36文字に含まれている意味です。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2013
07.31

平成25年8月の行事予定

2013073110000.jpg

20120815050.jpg

20130731010.jpg

 立秋(リッシュウ)と処暑(ショショ)の葉月(ハヅキ)に予定している行事です。
 この世の幸せとあの世の安心のため、仏神と諸精霊のおわす聖地へおでかけください。

[第一例祭 2013/8/4(日)午前10:00~11:00

 護摩法を行います。
 般若心経や守本尊様をお讃えする経典などを唱え、み仏と万物と万霊をご供養し、願いをかけましょう。
 太鼓と共に観音経を唱えましょう。
 願いをかける護摩木は一本三百円。
 自由参加です。
 護摩の火に身を近づけ、悪しきものは焼き祓い、善き願いへ大きなご加護を受けてください。
 (願い事を書く護摩木供養は1体300円です)
・送迎申込 開始30分前に、地下鉄泉中央駅そばの『イズミティ21』前へ送迎車がまいります。
 乗車希望の方は前日午後5時までに必ずご連絡下さい。


[書道・写経教室] 2013/8/4(日)午後2:00~午後3:30

 髙橋香温先生は津波で被災されても書道一筋でがんばっておられます。
 熱意と誠意を感じられる貴重な時間です。
 書道の基本を学び、100文字の写経も行います。
 イス席もありますので、お気軽にご参加ください。
 今回は、七夕で飾る短冊の書き方も稽古します。
・場  所  大師山法楽寺
・指  導  高橋香温(温子)先生
・ご志納金 1000円(未成年者500円)
(毎月第一日曜日午後2時から開催します)
・送迎申込 開始30分前に、地下鉄泉中央駅そばの『イズミティ21』前へ送迎車がまいります。
 乗車希望の方は前日午後5時までに必ずご連絡下さい。


[第六回法楽塾] 2013/8/4(日)午後4:00~午後5:30

 正式な勤行(ゴンギョウ)法と修行法をお伝えします。
 自分の身を法で守り、菩薩(ボサツ)として他者のためにもなりたい在家行者をめざす方のために基礎づくりを行います。
 ただし、履歴書に書く資格は得られません。
 よき願いを抱き、自信を持って祈られるようになるだけです。
 決心された方は、資料などの関係上、参加予約の上、身分証持参でおでかけください。
・場  所  大師山法楽寺
・ご志納金 3000円(隠形流居合の行者は無料)
・イス席もありますので、お気軽にご参加ください。
・送迎申込 開始30分前に、地下鉄泉中央駅そばの『イズミティ21』前へ送迎車がまいります。
 乗車希望の方は前日午後5時までに必ずご連絡下さい。


[第四十二回寺子屋『法楽館』 ─自然農法について─] 2013/8/10(土)午後1:30~午後3:30

 今回の寺子屋は、黒川郡大郷町で不耕起・無施肥・無農薬の野菜作りをしている大枝邦良氏より、自然農法のお話をいただきます。
 氏は、『自然農法で野菜づくり』(学研パブリッシング発行)でこう述べておられます。
「自然に任せるといっても、自然農法はまったくの放置ではありません。
 タネをまく、草を刈るなど、人間が介入しなくてはいけないところがあります。
 どういう方法とタイミングで介在するかが大切なんです」
 化学物質に頼らないで野菜などを育てるどのような方法があるのでしょうか?

 当山は、農業分野における科学的成果を否定するものではありません。
 科学者も、田畑で汗を流される方々も、営々と努力してこられました。
 世界に冠たるその成果は称賛されこそすれ、否定されるべき何ものもありません。
 ただ、今の時代にあっては、自分で自分の食べものをつくられる状況にある人は、効率的に流通しているモノに頼るだけでなく、〈自分で食うものは自分でつくって食う〉という気持も必要ではなかろうかと考えています。。
 自分あるいは自分たちでつくって食うという姿勢は、食糧戦争に巻き込まれる個人が真の自立を確保するため、また、効率的流通の中で気づかれぬうちに発生しているかも知れない諸問題から身を守る上で、大切なのではなかろうかと思われます。
 当山の『法楽農園』は、こうした思いを込めて始まりました。
 
 事前予約などは不要です。
 どうぞ、ふるっておでかけください。 
・ご志納金  1000円(中学生以下500円)
寺子屋は毎月第二土曜日に開催します。
・送迎申込 開始30分前に、地下鉄泉中央駅そばの『イズミティ21』前へ送迎車がまいります。
 乗車希望の方は前日午後5時までに必ずご連絡下さい。


お盆供養会 2013/8/15(土)午後10:00~11:00

 例年どおり、お盆供養会を行います。
 護摩法を行い、この世のすべての徳を込めたお塔婆を捧げれば、必ずや、すばらしい廻向(エコウ…積んだ徳を御霊へふり向けること)になることでしょう。
 どなたでも、どこにおわす御霊でもお受けできます。
 また、修法後、講堂前で、隠形流(オンギョウリュウ)居合の行者さんたちが、恒例の魔切り奉納剣を行います。
 また、今年は、午後3時から『みやぎ四国八十八か所巡り道場』のお詣りも行います。
 完成しているのは7カ寺分だけなので、30分~40分ほどで終了します。
 道場(仙台市泉区菅ノ崎3)までの送迎車がでますので、どうぞお気軽におでかけください。
・送迎申込 開始30分前に、地下鉄泉中央駅そばの『イズミティ21』前へ送迎車がまいります。
 乗車希望の方は前日午後5時までに必ずご連絡下さい。

・道場参拝  8月15日(土)午後3:00~3:30
・送迎申込 午後2:30に当山を出発し、午後4:00に帰山します。
 乗車希望の方は前日午後5時までに必ずご連絡下さい。


[第二例祭 2013/8/17(土)午後2:00~

 護摩法を行います。
 般若心経や守本尊様をお讃えする経典などを唱え、み仏と万物と万霊をご供養し、願いをかけましょう。
 太鼓と共に般若心経を唱えましょう。
 願いをかける護摩木は一本三百円。
 自由参加です。
 護摩の火に身を近づけ、悪しきものは焼き祓い、善き願いへ大きなご加護を受けてください。
 (願い事を書く護摩木供養は1体300円です)
・送迎申込 開始30分前に、地下鉄泉中央駅そばの『イズミティ21』前へ送迎車がまいります。
 乗車希望の方は前日午後5時までに必ずご連絡下さい。


お焚きあげ 2013/8/24(土)午前10:00~11:00

 お不動様のご縁日に、開運不動前にて「供養会」及び「お焚きあげ」を行います。
 人形や仏壇や写真など、燃えるものも、燃えないものも大丈夫です。
 一緒にお不動様のお経を読み、真言を唱えましょう。
お焚きあげをご希望の方は、必ず電話などで日時を連絡の上、お品をご持参、あるいはお送りください。
 当日とは限らず、いつでも結構です。
※毎月、最終土曜日に行いますが、今月は31日に当たるので、一週間、繰り上げます。

[機関誌『法楽』作り] 2013/8/26(月)午前9:00~

 講堂にて、機関誌『法楽』を作ります。ご協力をお願いします。
『実語教・童子教』も共に学びましょう。
※毎月、最終月曜日に行います。

[隠形流(オンギョウリュウ)居合道場]

 毎週金曜日 午後7:00~9:00 旭ヶ丘青年文化センター、もしくは旭ヶ丘仙台市民センターにて
 九字を切り、守本尊様のご加護をいただく密教独自の剣法です。
 女性や高齢者の方々が多く、厳しいながらも和気藹々と稽古しています。
 入門ご希望の方は、事前に連絡の上、見学してください。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2012
08.01

8月の守本尊様

20120801006.jpg
〈今年のアジサイはどうも元気がありません〉

 8月は、立秋(リッシュウ)と処暑(ショショ)の葉月(ハヅキ…8月7日より9月6日まで)です。
 8月は申(ヒツジ)の月なので、守本尊大日如来(ダイニチニョライ)様です。

 大日如来(胎藏界…タイゾウカイ)様は『種々解智力(シュジュゲチリキ)』という、人の欲するものや楽しみとするものを知る力をもって、お救いくださるみ仏です。
 人は望みを持ってこそ生きられ、「幸せ」とは善き望みのかなうことです。
 天にあって全体を観る金剛界の大日如来様に対して地にある胎藏界の大日如来様は、一人一人のそれをよく見極め、力をお与えくださいます。

 また、大日如来様は、未年、申年生まれの善男善女を一生お守りくださる守本尊様でもあり、身体においては、主として両手をお守りくださいます。
 ご供養し、ご守護いただき、猛暑の一ヶ月を無事安全に過ごしましょう。

21080819 012

 写真は、永代供養を行ってご加護を受けるため、当山の講堂へ納められた大日如来様です。
 総丈は約35㎝あり、日本で唯一、護摩を焚いてできた灰が体内へ納められています。(奉納受付中)〉



 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんざんざん さく そわか」※今日の守本尊勢至菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。



[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。