--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
11.19

生きている間だけが問題か? ─今の自分と死後の自分─

2016-11--01-0001.jpg
〈当山近くにある『ペット霊園やすらぎ』様で、恒例の供養会を行いました〉

2016-11-01-0006.jpg

2016-11-19-00011.jpg
〈ストーブの前は極楽〉

 よく、「人事(カン)を蓋(オオ)うて定まる」と言います。
 人の評価は、死後にはっきりするという意味です。
 生きているあいだは、義理や人情や損得勘定などがからみ、人物そのものの正確な評価は行われにくいものです。
 権力者や裕福な人は「大したものだ」と持ち上げられていても、その〈人となり〉については、身近にいる人々から厳しい目で見られていたりします。
 死後、身にまとっていた諸々がなくなると、その人そのものの真姿が明らかになります。

 死後は関係ない、自分が生きている間だけが問題だ、と考える方もおられるでしょう。
 そうでしょうか。

 少なくとも、自分の子供や孫、あるいは後の世代のことを考慮する人ならば、そうは言えないはずです。
 なぜなら、若い人たちの未来を考えながら生きるかどうかは、自分の今をどう生きるかという問題そのものだからです。
 後の世代に思いをいたしつつ生きる人は、生きている間はもちろん、死後にはますます評価を高めることでしょう。 

 ある時、ある田舎町のご葬儀導師を務めました。
 ご家族だけの質素なお別れでしたが、学生服を着たお孫さんがよてもよい姿勢でお別れの言葉を述べました。
 ご本人の了解を得てその一部を掲載しておきます。
 

「おじいちゃんから学んだ一番のことはあいさつ。
 人と接する上で大切な事はあいさつをきちんと出来る事だと、何度も教えてくれたよね。
 そのおかげで、どこに行っても、礼儀正しく立派だと僕はいつも誉められます。
 これはおじいちゃんのおかげだね!!
 ありがとう。

 おじいちゃんはいつも自分の事より、皆の事を優先して考える人だったから、入院した時だって、本当はおじいちゃんが病気で辛いはずなのに、僕達の心配ばかりしていたね。
 そんな思いやりのあるお祖父ちゃんが僕は大好きです。

 おじいちゃんにしてもらった事はたくさんあるけれど、僕は何も返してあげられなかったから、おじいちゃんの代わりにおばあちゃんの事は僕が守って行くから、安心して僕に任せてよ。
 だからおじいちゃん!!
 天国から僕達の事を見守っててね。
 僕もおじいちゃんみたいな立派な大人になれるように頑張ります。」


 おじいちゃんは、現場で汗をかくことをいとわないまじめな普通のサラリーマンだったそうです。
 戦後の混乱と競争の中で生き抜き、子供たちを育て上げました。
 特に名を立てたわけではなく、莫大な財産も遺しませんでしたが、家族や友人に囲まれつつ静かに逝きました。
 そして、と共に、この上なく高い評価が一つ、下されました。
 礼儀正しく、おばあちゃんを思いやる中学生が一人できあがることに大きくかかわっていたのです。
 一人の若者のお手本になっていたのです。
 しかも、その真実を、当の中学生が厳粛な場で堂々と証言しました。
 これ以上確かに「定まる」ことは望み得ましょうか?

 私たちは、望もうと、望むまいと、お(ヒツギ)に横たわってから、送った人生が顕わになります。
 しかも、自分以外の人によって観られ、思い出され、語られる真実は、〈死後の自分〉という永遠なる未来を定めます。
 生きた自分だけでなく死後の自分も、それを記憶する人々と、その人々とになる人々の生きざまにかかわって行きます。
 決して「自分が生きている間だけが問題」ではありません。

 滔々たるいのちと心の連鎖、という時間的・空間的に無限大なる網の繋ぎ目である一瞬を今、生きていることを忘れずに日々、過ごしたいものです。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



スポンサーサイト
2016
10.05

ゆとりある心のつくり方 ─第七十九回寺子屋『法楽館』について─

2016-10-04-0005.jpg
〈おかげさまにて、栗原市一迫別院は無事、スタートしました〉

2016-10-04-0008.jpg
〈地域の方々がおおぜい、徒歩や自転車や車で例祭にご参加くださり、感激しました〉

2016-10-04-00092.jpg
〈地域の無事と発展を皆さんと共に祈りました〉

 第七十九回寺子屋法楽館』では、「ゆとりあるのつくり方」と題して、法話と対話を行います。

1 親しい間柄での構え

 私たちは、に優しさ、厳しさ、正しさ、優雅さ、尊さを持って生きれば、円満な人格となり、自分が無事安に暮らせるだけでなく、他者を傷つけずに生きられます。
 優しさと言っても、自分に優しいのではなく、他者へこそ優しくせねばなりません。
 自分に対しては厳しくする姿勢を持ってこそ、人格は陶冶(トウヤ)されます。
 9月にはこうした優しさについてお話をしたので、今月は優雅さに関するお話をしましょう。

 優雅さは、家族や友人など、親しい人間関係においてこそ保ちたい徳です。
 もしも家庭内で正しさを重視し過ぎれば、身に弛緩する余裕がなく、疲れ、苛立ち、反発が芽生え、人間関係を損なう頑(カタク)なさや、あるいは投げやりな態度が生じるかも知れません。

 優雅さゆとり和やかさといったをつくるには、5つのポイントがあります。

○他者の徳をすなおに認め、尊敬すること。

 常に自分を高いところへ置き、他者にその人なりの価値を見出せず、欠点ばかりを論(アゲツラ)ってはなりません。
 それでは他者を遠ざけ、心を閉じさせます。

○他者の善行をすなおに讃えること。

 自分の善行は見せびらかし、賞めてもらいたいのに、他者の善行を見ると、嫉妬して貶(ケナ)したり、無視したりする気持になりませんか。
 これではせっかくの善行が、形だけの欺瞞になり、認めてもらえないばかりか、心の浅さが見透かされます。

○他者の善行に何らかの形で参加すること。

 他者の尊い生きざまに心が揺すぶられても、傍観者でいるだけでは、自分の生き方が向上しません。
 たとえば、自分が同様の行動をとることは無理であっても、その素晴らしさを心から誰かに語るだけでも、自分なりの参加になり、自分も知らぬ間に一歩、前へ進んでいます。

向上心を保つこと。

 いのちは常に意欲と共にあり、意欲が我欲(ガヨク)の色合いを強めれば、煩悩(ボンノウ)という自他を苦しめる魔ものになります。
 しかし、探求心などの形で活き活きする意欲は、大隅良典栄・東京工業大誉教授(71才)のノーベル生理学・医学賞にも結びつきます。

○まっとうに生きるという意識を捨てないこと。

 今の時代は、誰でもが〈自分らしく〉生きようと頑張っていますが、その固定観念にとらわれれば、一歩まちがっただけで、〈気ままが一番〉というお釈迦様が最も誡(イマシ)めた方向へ行きかねません。
 ケダモノでなく人間として生きる以上、まっとうであればこそ、それぞれの人となりがそれぞれに生かし合えるこの世になるのではないでしょうか。

2 生じたへの対処法

 私たちの人生は、原因と結果の連続で成り立っています。
 まず、仮のがやってきます。
 たとえば、素敵な異姓との出会いです。
 結婚したいと望むならば、実際に結婚できた時こそ、が実体化したことになります。
 また、どうしてもウマの合わない同僚ができたとします。
 それは何かに通じる仮のかも知れません。
 もしも殴り合いになり、職場にいられなくなったならば、が実体化したことになります。

 このように良きも、悪しき縁も、仮のものとして生じ、やがては実のものとなります。
 望む縁ならば順調に育て、望まぬ縁ならば、早めに対処しておきたいものです。
 そうしたケースバイケースの対処法にもまた、正しさ、優雅さ、優しさ、厳しさなどのポイントがあります。
 こうしたものをつかんでおけば、いかなる状況でも〈ゆとりある心〉を失わずに生きられることでしょう。

3 イメージと向上

 私たちはまぎれもなく、1人残らず〈み仏の子〉ですが、自分自身を省み、よりよく生きるイメージを持ってこそ、その本姿で生きられます。
 よきイメージがなければ、お釈迦様が指摘したとおり、そうは意図しなくても誰かを傷つけ、自分も傷つけられながら過ごすしかなくなります。
 原因のない結果はありません。
 だから、家族や友人といった親しい人間関係が和やかに保たれるためには、上記のような意識が求められます。
 いじめ、虐待、殺人、自殺といったできごとが、親しいはずだった人間関係の中で日々、生じていることは、親しい間柄であっても〈気ままが一番〉ではないことを証明しています。
 個人主義の時代になった以上、放っておいても、家庭や地域や学校や会社がいつの間にか肝腎なことを教え、身につけさせてくれるわけではありません。

 鎌倉時代の明恵上人(ミョウエショウニン)は「あるべきよう」を生涯、求め続けました。
 江戸時代の慈雲尊者(ジウンソンジャ)も「人となる道」を生涯、説き続けました。
 私たちは、〈あるべき〉イメージをつくり、自他への問題意識を持ち続けることによってこそ、〈人となり〉つつ生涯をまっとうできるのではないでしょうか?
 親しい間柄なればこそ、私たちは試行錯誤しつつ存分にその訓練ができます。
 
 共に、優雅さゆとり和やかさ、そして縁というものを考えようではありませんか。
 寺子屋は10月8日、午後2時から当山で行います。
 イズミテイ21前から送迎車も出ますので、前日午後5時までにご遠慮なくお申し込みください。(022-346-2106)




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2016
10.02

背き合いとマンダラ ─10月の運勢─

2016-10-02-00012.jpg
〈世界を裡によって表現した胎藏マンダラ

2016-10-02-0002.jpg
胎藏マンダラの「最外院(サイゲイン)」には、人を喰うダーキニーもいます。「電気仕掛けの胎蔵界曼荼羅を描いてみるぶろぐ」様よりお借りして加工しました〉

2016-10-02-0008.jpg
〈染川英輔画伯の「最外院」〉

 今月は、「君がそっちへ行くというのなら、僕はこっちへ行くよ」というような〈背き合い〉が生ずるかも知れません。
 人それぞれに好みや主張があるのは当然ながら、「他人のことは知ったこっちゃない」という姿勢になれば、大問題があります。
 誰一人として、他者との〈関係性〉の中でしか生きられないのに、その真実を忘れ、自分一人だけで生きているような気持になるのは、錯覚というものです。
 錯覚は、自分に眠る仏心への扉となる根本的な感謝の心を薄れさせ、周囲とのを薄く、暗くしてしまうことでしょう。
 しかも、自分の運勢を傾かせるだけでなく、周囲の人々にも決してよい影響を与えはしません。

 世界の姿が表現されているマンダラを眺めてみましょう。
 中央部附近にはありがたいみ仏方が霊光を発しておられますが、周辺をよく観察すると、気味の悪いものや恐ろしいものもいます。
 人間に害を及ぼす鬼や夜叉などです。
 しかし、彼らがいくら嫌いだからといってマンダラから消してはなりません。
 そうしたものたちも含めてこそ、この世が成り立っており、人間の都合によってどうこうできるわけではないからです。

2016-10-02-000622.jpg
〈金剛界マンダラの「供養会(クヨウエ)」では、中心の如来様を女尊が優しく供養しています。上記の「最外院」とは何という違いでしょうか〉

 たとえば、私たちはウジ虫を見れば〝気持悪い〟と感じ、招来はハエになって飛び回るので、ウジ虫もハエもいなくなって欲しいと思うかも知れません。
 しかし、太平洋戦争の激戦地では、傷口にうごめくウジ虫を食べて生き延びたという実話もあります。
 そこにそのように生ずるものには必ず、宇宙的バランス上の必要性があり、たかが人間の都合で安易にどうこうしようとするのは軽率であり、身勝手と言うべきです。
 なお、ウジ虫は今、医学などの分野で脚光を浴びています。

 たとえば、最近、日本で新しい免疫療法が開発され、注目を浴びていますが、それは「免疫チェックポイント阻害剤」です。
 私たちの身体には、生じたガン細胞を攻撃する免疫細胞がいます。
 ただし、異物への攻撃は体内での戦いなので、あまり激しくやると体そのものがアウトになりかねません。
 核戦争になれば地球が滅ぶのと同じです。
 だから、パワーが暴走しないよう、歯止めがかかっています。
 さて、彼らはガンをやっつけようとしますが、ガンは抵抗し、やがては、この歯止めボタンを押します。
 そうなると、免疫細胞は「撃ち方やめ」となるので、ガンは勢力をどんどん伸ばします。
 そこで、医学博士本庶佑氏は、ガンがボタンを押させないように工夫しました。
 効果は顕著で、他の方法では助からないはずの人々が回復するようになりました。
 しかし、当然ながら、ボタンはそもそも体全体のバランス上、必要なはずだったものであり、暴走すれば肺や大腸などに副作用をもたらし、重症筋無力症などを発症させる場合もあります。
 現在は、免疫細胞にどうアクセルを踏ませ、どうブレーキをかけるかという研究が行われているそうです。

 たとえば、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は、選挙で「大統領になったなら、半年で10万人の犯罪者を殺す」と公約し、事実、当選後2ヶ月の間に、警官とビジランテ(非公式自警団)は、麻薬密売人と目される3000人以上の人々を射殺しました。
 裁判制度があり、死刑禁止が国是となっている法治国家において公然と行われている大量殺戮は明らかに法と秩序を無視していると言えましょう。
 あろうことか、9月30日にはこう演説しました。
「ヒトラーは300万人のユダヤ人を虐殺した。
 (フィリピンに)麻薬中毒者は300万人いる。
 私も喜んで殺したい」 
 しかし、世論調査によれば、国民の9割もが大統領を支持しているそうです。
 他国の状況ながら、何かのバランスが危機的に崩れているのではないかと心配になります。
 そして、世界中で、拳を振り上げつつ誰かを叩き、周囲に耳を貸さず、強引にやりたいことをやろうとするタイプの人間が喝采を浴びつつある現状は、恐ろしいと感じます。

 私たちが是非・善悪を判断し、よりよいと思う方向を目ざすのは当然ですが、自分が思う「是」によって「非」を排斥し、「善」によって「悪」を否定しようと先鋭化すれば、独善に陥る危険性が生じるだけでなく、全体を俯瞰(フカン)する目が失われ、自分も、人間関係も、社会も、免疫細胞の暴走に似た状態となりかねません。
 もしも〈背き合い〉の気分を感じた時は、頑(カタク)なな一歩を踏み出す前に、マンダラを思い描いてみましょう。
〝自分はマンダラのどこにいるのだろう?〟
 このように一呼吸置いただけで、無事安全にこの一ヶ月を送るきっかけになることでしょう。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2016
09.11

唱歌の会と「小さな木の実」のこと

2016-09-11-0001.jpg
〈広島平和記念資料館に展示された犠牲者の作品〉

 おかげさまで、「真の優しさを考え、歌う会」は無事、終了しました。
 鎌倉女子大准教授小山裕之先生の合唱指導には舌を巻きました。
 時間が経つにつれ、自分と歌の距離がどんどん縮まり、歌に込められているものが自分の心から湧き出してくるのです。
 いかなる境遇にある方でも、先生の前に出れば、きっと、〈自分の歌〉を唄い元気になることでしょう。

 唄ったのは以下の5曲です。
「ふるさと」では、息継ぎと、盛り上げる場所を教わりました。
「赤とんぼ」では、高音の出し方と、抑揚のつけたかを教わりました。
小さな木の実」では、音符とそれに合わせた言葉の一つ一つを追うだけでなく、歌詞が紡ぐ物語を意識し、歌が表現しようとしている世界へ入ることを教わりました。
「見上げてごらん夜の星を」では、一つの曲が持つ波をつかみ、大きく、小さく、ゆっくり、早くといったメリハリのついた唄い方を教わりました。
「もみじ」では、習ったことの総集編として、全員で立ったまま唄いました。

 最後に先生がご自身でピアノを弾きながら外国語の歌を一曲ご披露され、万雷の拍手でお開きとなりました。
 本当はアンコールとなったところですが、会館の使用時間に制限があるため、次回を期して閉会宣言を行いました。

 先生は、楽譜は読めても読めなくても大丈夫と言われました。
 音符と発声を合わせようとばかりしていると、肝腎のものがかえってつかみにくくなる場合さえあります。
 歌詞のイメージと、メロディーの流れに入れば、唄えるのです。
 ただし、「学生はちゃんと読まなければならないんですが」と、小さな声でつけ加えました。
 さすが、四国の霊場を巡拝し、お大師様のご加護を実感された方であると感じました。
 お大師様は、般若心経を読み解いた文章の中でこう言っておられるからです。
「名医は薬草を見つけ鉱山技師は宝石を見つける。
 秘されている価値を見いだすかどうかはそれぞれの問題である」
 同じ草や石も、目にする人の心によって現れ方が違います。
 貴重な薬草も、それを見分ける力がなく、必要としてもいない人にはただの雑草であり、草刈りの対象となって刈られてしまうことでしょう。
 宝石を含んだ石も、それを見分ける力がなく、宝を求めてもいない人にはただの石ころであり、意識にもとどめられないか、蹴飛ばされるか、モノを叩くのに使われるかわかりません。
 厳密に楽譜を追い、正確に朗々と唄う能力を高めねばならない立場を目ざしてもいない私たちは、書かれたものを大まかにつかみ取り、自分の心を開いて楽しく唄えば、それで楽譜は役割を果たしたことになります。
 先生は、この胆のところを言われたのでしょう。

 5つの歌それぞれに深い感興を覚えました。
 特に、初めて唄った「小さな木の実」の歌詞を先生が朗読された時には、身体が震えました。
 帰山して調べ、驚きました。
 作詞家海野洋司が未発表にしていた自作の「草原の秋」が元になったこと。
 ビゼーの旋律に打たれた編曲者石川皓也(アキラ)が、それを心にしまっておいたこと。
 歌手の大庭照子が、自分でなければ唄えない自分の歌を追い求めていたこと。
 三者三様の深い思いがの糸で結ばれた時、珠玉の歌が生まれました。
 それから約40年、いまだに老若男女の情緒へ訴えかけ続けているているこの歌は、これかもきっと唄い継がれることでしょう。
 いつか又、皆さんと一緒に唄いたいものです。
 ご参加くださった方々をお見送りしました。
 一期一会の楽しいひとときでした。

小山裕之先生は仙台市でも歌の指導をしておられます。
 ご希望の方は直接小山先生へ連絡してみて下さい。℡080-1839-6579




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2016
04.24

言葉は運命を変える ─懺悔と遍路─

2016-04-08-030-004.jpg

 一緒に懺悔(サンゲ)し、人の道にそって生きることを誓うと、運命が変わります。
 言葉は必ず心を動かすからです。
 たとえば、こんな具合です。

「我昔所造諸悪業(ガシャクショゾウショアクゴウ)
 皆由無始貪瞋痴 (カイユムシトンジンチ)
 従身語意之所生(ジュウシンゴイシショショウ)
 一切我今皆懺悔(イッサイガコンカイサンゲ)」


 この自分が、無限の過去から生まれ変わり死に変わりしてきた中で積んできたさまざまな悪しき(ゴウ…影響力)はすべて、
 無限の過去から行ってきた貪りと怒りと愚かさという三つの毒によってつくられたものです。
 自分は今まで、身体のはたらきも、言葉のはたらきも、心のはたらきも、三つの毒に染められたままでした。
 それらのすべてをたった今、心から懺悔し尽くします。

 ご本尊様へ合掌し、心からこう唱えれば、身体のはたらきも、言葉のはたらきも、心のはたらきも影響を受けないはずはありません。
 いのちのはたらきにまつわる毒の穢れが薄れ、消える時、運命の変わらぬはずはありません。
 また、無数の行者も、在家の人も、自らの意思と、大いなるもののご加護と、の力とによって生き方を変えてきました。
 それは、四国遍路の方々が真っ白な笈摺(オイズリ)をまとって歩く姿に表れています。
 お遍路さんはそれぞれよき目的を持ち、自力と、お大師様のご加護と、遍路を成り立たせるあらゆるのおかげとによって一歩づつ、自分を変え、運命を変えています。
 自力に偏らず、他力に偏らず、自分の功徳(クドク)と、み仏のご加持(カジ)と、真実世界のとの三力(サンリキ)がすべてを動かします。
 幾度も唱える同じ言葉が、微妙に変化し、深まり、おさまりがついてきます。
 それは心と運命の変化を意味しているのです。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん ばざら たらま きりく」※今日の守本尊千手観音様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IvMea3W6ZP0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

 

back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。