--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
12.03

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─

2016-11-11-0191.jpg
〈四国の路傍に〉

 人生相談に来られたAさんから、ご質問をいただいた。

三回忌などの廻向(エコウ)って何ですか?
 仏教は自業自得ではないのでしょうか?
 どうして、あの世へ行った人が、この世の人の祈りで救われるのでしょう?
 それでは、死後に拝んでくれる人さえいれば、この世でさんざん悪事をやっても大丈夫、ということになりませんか?」

 もっともな疑問だ。
 お答えした。

「確かに因果応報なので、善きことを行えば善き報い、悪しきことを行えば悪しき報いがあり、それは皆、その人自身の問題です。
 ではなぜ、祈りの功徳を廻し向けられるのか?
 それは、ありとあらゆるものが本当は、いっさいの枠を離れた(クウ)だからです。
 また、私たちは、の内容をすべて把握できないことも考えておく必要があります。

 例えば、一輪のタンポポを踏んだとしましょう。
 それは一見、自分とタンポポの間で起こった小さなできごとにしか思えませんが、タンポポを当てにしていたハチやチョウチョにとっては、蜜を得る先がなくなったことを意味します。
 あるいは、タンポポの根元にいた小さなミミズまで一緒に踏み潰したかも知れません。
 また、花を踏んでしまったという小さな悔悟の念が、懺悔させ、慈悲心を育てるかも知れません。
 それまでは、いつも花を見つけたら踏まないように心がけていたはずなのに、つい踏んでしまった自分の注意力が散漫になっていると気づくかも知れないし、アッと思っても足が止まらなかったことに、〝自分は年をとってしまった〟と嘆くかも知れません。
 このように、ありとあらゆるモノもできごとも、無限の連なりの中で生じ、滅しているので、神ならぬ身には全体像など知り得ないのです。

 また、例えてみましょう。
 まず、自分のために勉強をすれば成績が上がり、精神も豊かになります。
 希望する進学も可能になるでしょう。
 これは自分に対して結果が出ている状態ですね。
 一方、病気で苦しむ人たちを見捨てられず、救いたいと一念発起して勉強し、首尾良く医師になって活躍するならば医療の力はどこまで及ぶか、はかり知れません。
 実は、御霊のために供養という善行(ゼンギョウ)の功徳(クドク)を回し向ける廻向は、後者の世界と同じです。

 我(ガ)にとらわれない清浄な心で、正しい方法を用い、そして相手を選り好みせず普く供養するならば、〈枠を離れた影響力〉は当然、あの世の相手へ届き、たくさんの御霊へ届き、供養する施主(セシュ)その人自身もまた、善き影響力によって苦や悪因縁から離れる機会になることでしょう。
 自分のために行う善行は小さな因果応報としての〈世俗的善行〉であり、相手を選ばずに行う善行は無限の力を無限に及ぼす〈菩薩(ボサツ)の善行〉であり、両方共に大切です。
 だから誰かへ供養のまことを捧げたいならば、特定の相手に向かって祈るだけでなく、無限の相手に対しても廻向の心で再度、手を合わせましょう。
 その際、イメージを明確にするための伝統的文章があります。

『願わくは、この功徳をもって普く一切へ及ぼし、我らと衆生(シュジョウ)と皆共に、仏道を成(ジョウ)ぜん』。

 こうして、の心で行う善行は、あの世にいる特定の御霊のためになるだけでなく、結果的に、生きとし生けるもの全体のためにすら、なるのです。

 お盆の故事を思い出してみましょう。
 神通力第一とされた目連尊者(モクレンソンジャ)が、あの世に行った母親の様子を観たところ、餓鬼界(ガキカイ)で苦しんでおり、自分一人では救いきれないからとお釈迦様へ相談に行ったのがきっかけでしたね。
 お釈迦様は、雨季の修行が終わったら皆で祈り、その功徳で救いましょうと指導され、その通りに母親が救われたからこそ、いまだに、廻向の祈りが続いているのです。
 きっと、お釈迦様も、行者たちも、の祈りを捧げたのでしょうね。
 私たちもまた、縁に応じて、心を広く持ち、尊い廻向となる供養を実践しましょう」




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



スポンサーサイト
2013
06.14

因果応報と自業自得について ─NPO法人ワンファミリー仙台理事長立岡学氏の講演(補遺)─

20130613011.jpg
〈さて、進むべき道は?〉

 お釈迦様は因果応報を説かれました。
 原因があれば必ず結果が出るし、結果のあるところには必ず原因があるのです。
 しかも、この理が動かす範囲は、現世だけにとどまりません。
 無始の過去から無窮の未来まで変わることはありません。
 現在があるのは過去があったからであり、現在起こっていることごとのすべてが未来を決めます。

 ならば、私たちの営みはすべて〈自業自得〉ではないか?

 確かにそうです。
 しかし、自分が理不尽な目に遭った時、「なあに、自業自得さ」とのんびりできはしません。
 正義感が強ければ強いほど「なぜだ!」「おかしい!」と憤ったり、何かを変えようとしたりします。
 また、辛い目に遭っている人がいれば、「なあに、自業自得さ」と見て見ぬふりはできません。
 なぜでしょうか?

1 人間は原因と結果をすべて結びつける能力を持っていないから

 私たちは、誰かを叩けばそのままでは済まないことがわかります。
 しかし、もしも自分の発言が曲解されて誰かに伝わり、それが原因で人間関係がうまくゆかなくなったりした場合、そもそもの原因が自分にあったと気づけないかも知れません。
 自分がなぜ、今あるような人間に生まれてきたのかもわからないし、死後、自分の人生が自分に関わった他人様と自分のあの世とにいかなる結果をもたらすかもわかりません。

2 現実を観て判断する視点や基準や価値観が多様であり変遷するから

 幾多の嵐を乗り越えた老賢者となれば、すべてが因果応報と観え、自他に何があっても泰然と対応できるかも知れませんが、若いうちにそうなることは困難です。
 また、半世紀前まで、マラソンをする時に水を飲んではいけないことになっていたことも忘れてはなりません。
 今は、小学校からオリンピックまで、飲みものを用意せずに行われるマラソン大会はなくなりました。
 長距離を走ることと、身体を鍛える成果と、身体を壊す危険性との関係は、今の時点でわかる範囲までしかわかっていないので、因果の糸がどこにあるかを疑い、研究する姿勢は永遠に欠かせません。
 たかだか今、わかっている範囲で「因果応報」「自業自得」と終わらせるわけにはゆかないのです。

3 人間には理性と感情があるから

 自分の未熟さが原因で会社に損害を与えた場合、自業自得と減給に応じるだけで終われない場合があります。
 ろくに指導もしてくれない上司から「ばか者!」と叱られたばかりに、頭へ血がのぼり、上司の指導不足が原因であると言い張って会社へ抗議したり、裁判を起こしたりするかも知れません。
 また、他人の辛い話を聴いて自分も涙を流すのが人間であり、こうした情緒や感情のはたらきが行き来するからこそ、私たちは共存できます。
 事実としての因果応報自業自得を観るよりも、結果としてもたらされた哀しみや苦しみにまず、対応しないではいられないのが、み仏の子である証拠です。
 
4 結果をもたらす影響力である「業(ゴウ)」には個人的な業と、社会的な共業(グウゴウ)があるから

 映画『奇跡のリンゴ』には、困窮したリンゴ農家の主人公木村秋則が出稼ぎに行き、お金を使うのがもったいないので公園で野宿していたところ、三人組のならず者たちにナップザックごと強奪されるシーンがあります。
 主人公は「何で……」と悔し涙にくれますが、生活に困窮している人々を食いものにするならず者がはびこる社会は、私たち皆がそれとは気づかぬうちにつくり出したものであり、被害者の個人的な因果応報とだけ考えることはできません。
 堀川惠子著『永山則夫 封印された鑑定記録』の核心もそこにあり、木村秋則と永山則夫の身に起こったできごとは、二人にとってのみ因果応報なのではなく、私たち皆が、悪行の発生をもたらした因果応報の糸の一本に関わっていることを忘れないようにしたいものです。

5 終わりに

 神職の資格を持つ立岡学氏が仏教哲理に基づく「共業」という思想を持っておられるかどうかはわかりません。
 しかし、氏は言われました。

「路上生活者は苦しみや悲しみや怒りでさんざん自分を壊してからNPOにやってきます。
 そもそも、冬の寒い時期に路上で寝ること自体、心が正常にはたらいていると言えるでしょうか?
 自業自得と切り捨てられるでしょうか?」


 路上生活を余儀なくされた方々の身に起こったできごと、現に起こっているできごとと自分は無関係ではないという魂のレベルでの直感と核心があればこその言葉ではないでしょうか。
 
 氏はこうも言われました。

「本当はこんな団体がなくなり、我々の存在のなくなることが究極の目標です。」


 氏の法人は立派に成り立っていますが、氏の視点は経営そのものの発展などにはありません。
 辛い社会に生きる人々を見捨てられぬ人々によってやむを得ずつくられた集団なので、辛い生活環境がなくなれば目的は達成されるのであり、それ以外の経営的成功などは眼中にありません。
 映画『奇跡のリンゴ』の最終場面を思い出しました。
 木村秋則は、糟糠(ソウコウ)の妻(米かすと米ぬかしか食べられないような辛苦の人生を共にしてきた妻)へ言います。

「一つのものに狂えば、いつか必ず答に巡り合う」


 立岡学氏の冷静かつ情熱的に狂っておられる姿はきっと社会を変え、人々の心を変え、やがては日本人の叡智がきちんとしたシステムをつくりだすことでしょう。
 氏の周囲へ広がる縁の糸の細い一本であり続けたいと願っています。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2013
06.13

幼少時の育ち方は自業自得と言えるのか? ─NPO法人ワンファミリー仙台理事長立岡学氏の講演(補遺)─

2012062010 001

020130609342.jpg

 前回、「自業自得?」で故永山則夫について書きましたが、路上生活者の方々が即、犯罪者になると言う意図はまったくありません。
 路上で寝る境遇となる経緯に〈自力〉が及ばないとしか思えない部分があり、しかも、路上生活は、過酷という言葉などではくくれないものを抱えている一例として書きました。
 補足しておきます。
 
 永山則夫は、住む場所がなくなりました。 

「通る人がね、『この橋の下!』って言ってさ、クラゲをバーンって俺の顔に投げつけたりするんだよ。
 そうするとヒリヒリして痛いんだ。
 だからどっか目につかないとこ探して、穴、行ったよ、穴。
 桜木町のあたりに、いっぱいあるんだ、防空壕、昔の。
 中が寒くてね、ヒンヤリしていて、ちょっとおっかないんだけど。」
「俺、映画館っていうのは寝るとこだって思ってたから。
 もうエロ映画とか観てもね、そんな感情、全然、湧かないんだ。
 とにかく俺、布団に寝たかったのね。
 それで布団代、布団代って何とかしようと思ってやるんだけど、また、使っちゃう、パチンコとか。
 もう身体が疲れてクタクタでね、何もできないんだ。
 どこか休むとこ、怒られないで休むとこって……。」
「夜になるとね、淋しくなるんだよね、なんつうか……。
 周りにいる人、歯がなかったりね、ちょっと頭が弱いような貧乏くさいっていうか、そういう人ばっかりでしょう。
 俺、親父の影、追ってたもんね。
 それで、おじいちゃんみたいな人とばっかり話してたんだ。
 親父のような者と話がしたくて。
 みんな、新聞にくるまって寝ちゃうんだ。
 汚いよ……。
 こんな中に親父、死んでいったのかなあって。
 それで俺、『親父のようにはなりたくない』って思っちゃったんだよね。
 『ああなったら終わりだ』って。
 それで『親父のようには死にたくない』って、親父が10円持って死んだっていうから、それが非情におっかなくって、いっつも1000円くらい持ってたよ。
 独り……、って言うか、ずんずんずんずん、独りになっちゃったんだよね。」


 石川義博医師へ吐露した永山則夫は、部屋を出る時、つぶやいています。

「こんな話をしても、分かってくれるかなあ。
 無理じゃないかなあ」


 カルテには「目のまわりを赤らめ、涙ぐんでいた」とあります。

 永山則夫は、逮捕された当時をふり返ります。

「捕まってから、(マスコミに)バチバチやられてね、『なんか一言』ってやるでしょう、それで、『この野郎』って怒鳴りたかったけど、でも黙っててね。
 あとでね、刑事にお茶かけたらしいんだ、バーンって。
 『お前らに分かってたまるか!』って。
 それが本当に言いたかったことかも分かんない。」


 逮捕後、兄弟たちは姿を隠した中、一人で面会へ行った母親は、後に、石川義博医師へ語りました。

「──則夫、とにかく甘えたかったんだの。
 おら、分かってたけど、出来んかった。
 おら、今でも信じられねえ。
 金、ほしくてやったんじゃねえのにやったんだって、則夫、言ってるんだなって、おら思った。
 誰が何と言おうと、今に分かるって。
 金、ほしくてやったんじゃねえ。
 なんぼニュースに出ても、本に出ても、こんなん嘘だ、今に見てろ、分かるって。」

 
 他人様のお金を奪うのは卑劣でしかないが、いかにおちぶれても息子はそんな人間にはなっていないと言うのです。
 たとえ殺人という悪しき手段を用いようと〈意地〉を通さないではいられないギリギリの思いを母親は知っていたのでしょう。
 その意地は、心の飢えによってもたらされたことも……。

 通常は一ヶ月ほどで終える精神鑑定を278日もかけて行った「石川鑑定」にある締めくくりの文章です。

「則夫は、『二人も殺したから自分も死ななければならない』と死ぬ覚悟を自分に言い聞かせながらも、『俺はなんのために生きてきたのか。このまま死ぬのはくやしい。やりたいことを何一つ出来なかった。何か足りない。充たされない。何かに対して強いうらみが心のなかでうずまいてどうしようもない』と、まず強いうらみを自覚した。
 次いで、このうらみの原因を分析し、幼少時の家庭環境を真先に挙げている。
 鑑定人の調査でもこの犯罪の主因をなした則夫の恨みや憎悪は、人生早期の体験に根ざすことが諸事実から明らかにされたのである。
 精神医学的に見ても、則夫の家庭環境の分析は、則夫の犯行時の精神状態を解明するためにもっとも重要なる鍵を提供するものである。」


 立岡学氏は確信を持って指摘します。

「問題の根本的な解決法は、若いうちに手を打つことです。
 中高年になれば対処療法的な対応しかできないのが実態です。
 しかし、若いうちに皆が関わり、心身のきちんとした成長をうながせば、生活困窮者に陥る人々はかなり減るのではないでしょうか。」


 氏は、人間としての最後の砦である自尊心から生じる悲しい意地が固まり、膨れあがり、やがては爆発しないよう、早めに心の飢えを解消する社会的手立てが必要であると言っておられるのではないでしょうか。
 路上に暮らす方々の心が故永山則夫の行き着いた極限の切なさへ向かわぬよう祈らずにいられません。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2013
06.12

自業自得? ─NPO法人ワンファミリー仙台理事長立岡学氏の講演(補遺)─

20130609004.jpg

 寺子屋の講演でお聴きしたNPO法人ワンファミリー仙台理事長立岡学氏の言葉について、ふり返ってみます。

 氏は、実態を訴えます。

「自分がこれまで関わってきたのべ600~700名の路上生活者は、その9割以上が、幼少の時期に虐待を受けるなど劣悪な環境で育っています。
 心身、特に脳が発達する時期にそれを疎外するほどのストレスがかかり、充分に発達できていません。
 また、心的ストレスによる歪んだ認知が生じます」
「こうした人々へ自業自得と言えるでしょうか?
 独りにできるでしょうか?」

 
 永山則夫の連側殺人事件を思い出しました。

 過酷な環境に育った青年永山則夫は4人を射殺し、平成9年、48才で死刑になりました。
 逮捕直後から、事件を起こした動機についてさまざまな議論が起こりました。
 昭和56年、一審の死刑判決を破棄した東京高裁は、無期懲役を科しました。

「本件被告人は、出生以来極めて劣悪な生育環境にあり、父は賭博に狂じて家庭を省みず、母は生活のみに追われて被告人らに接する機会もなく、被告人の幼少期にこれを見はなして実家に戻ったため、~
 人格形成に最も重要な幼少期から少年時にかけて、右のように生育して来たことに徴すれば、被告人は本件犯行時一九歳であったとはいえ、精神的な成熟度においては実質的に一八歳未満の少年と同視しうる状況にあったとさえ認められるのである」


 しかし、4人を殺害した事実は重く、最終的には死刑になりました。

 ジャーナリスト堀川惠子氏は、永山則夫の遺品(段ボール100箱以上)ととり組んでいるうちに、偶然、石川義博医師と被告のやりとりを記録したテープを見つけました。
 医師は精神鑑定し「鑑定書」を提出しましたが、最高裁ではまったく触れられませんでした。
 もう一つの「荒井鑑定」が出されており、被告自身が「精神病に近い精神状態」といった言葉を含む「石川鑑定」に反発し、否定したからです。
 しかし、堀川惠子氏がテープをもとに書いた『永山則夫 封印された鑑定記録』を読むと、現場に立つ医師がつかんだ真実に身震いさせられます。
 堀川惠子氏は「あとがき」に記しました。

「今回、永山の100時間を超える独白と、それを引き出した石川医師と改めて向き合うことで、あまりにも普遍的な『家族』というテーマに行き当たりました。
 ようやく少年の心の闇に少し、ふれることができたように感じています。
 人間として生きていくための基盤となる家族、そして、その絆を失った人たちへの第三者のまなざしこそ、取り返しのつかない犯罪への第一歩を止める何にも替え難い力になることを確信しました。」


 日本の殺人事件の約半数は家族間で起こっています。
 家族間の問題によって社会人として生きて行く心の準備が充分にできないまま実社会へ放り出され、路上生活を余儀なくされる方々や、どうにもやりきれない心の処置が自分でできないほど追いつめられた方々が〈独り〉で苦しみ続けないよう、心ある〈第三者のまなざし〉が不可欠です。
 堀川惠子氏は書きました。

「この歪んだ厳しい社会の中で、足を踏ん張り根を張って生きていくには、人と人の繋がりがどうしても必要です。
 弱ければ、弱いもの同士で手を繋ぐことができるはずです。
 その最も小さな単位が、家族です。」


 私たちすべてが氏の言う〈弱いもの〉です。
 舞い上がり、落ち込み、成功し、失敗し、笑い、泣き、喜び、悲しむ私たちは、決して独りでは生きられない〈弱いもの〉同士です。
 幼いうちは家族が手をつなぐ庭ですが、大人になれば、社会全体が手をつないで成り立っている庭です。
 自己責任という強い意志と世間の荒波を泳ぎ続ける腕と体力とを兼ね備えていない方々も、誰一人、手をつなぐ輪からはみ出てはいません。
 縁の糸は無限であり、その糸につながっていない人はいないからです。
 しかし、心の発育の阻害や、人の世の不条理は切れてしまったとしか思えない状況をつくり出します。
 その時、「大丈夫、糸があるではありませんか」と気持を新たにさせるのは、心ある第三者です。

 過日、夜に孫をある店へ連れて行ったところ、突然、横から走ってきた中学生くらいの少年が孫の前にあった踏み台を蹴り飛ばし、孫が熱心に見ていたものをすぐ横から覘きました。
 肩を叩き、「小さな子が先に見ているんだよ」と諫めたところ、謝るどころか、「今、台に乗っていなかったでしょう!何が悪いんですか!」と詰め寄るように開き直りました。
 もしもこの子が高校生であったなら、私を突き飛ばしていたかも知れません。
 少年の脇では、小太りでボロに近いワンピースをまとった母親が、少年の荷物らしいものを背負わされ、オロオロしています。
 二・三度やりとりしてもまったく通じないまま、心の受信装置が壊れたように無機質な表情を変えず、我(ガ)だけしかない言葉を強硬にはき続け、少年は走り去りました。
 その後をヨロヨロと追いつつ小さな声で「すみません」と一言、口にした母親の声は忘れられません。
 私は「いいえ」と小さく答え合掌するしかありませんでした。
 きっと、事情があり、もうすでに、少年は手に負えない子供になっているのでしょう。
「あの親子を見捨てずにやりとりできるのは誰だろう?」
 
 私たちが〈心ある第三者〉になることは、容易ではありません。
 それには、立岡学氏が訴えるように、「自業自得さ」と切り捨てない姿勢が欠かせません。
 重いものと向き合うためには、それ相応の揺るがぬ心が求められます。
 立岡学氏の今日を想い、堀川惠子氏の今日を想い、精神鑑定をふっつりと断ち精神療法の現場にある石川義博医師の今日を想います。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」※今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=EOk4OlhTq_M





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2012
01.13

因果応報ならば自業自得であり、あの世へ行った悪人に救いはないか

 仏教は因果応報(インガオウホウ)を説きます。
 そして輪廻転生(リンネテンショウ)を説きます。
 原因と結果の糸は永遠であり、過去の世があってこそ今の世があり、自分も又、過去世によって現世への生まれ方が定められ、こうして今、ここにいます。
 もちろん、この世からあの世へ行っても糸が切れはしません。
 ならば、すべては自業自得(ジゴウジトク)なのか?
 そして、例えば亡くなった親もまた、永遠なる過去世から背負ったものと、現世で生きたすべての結果とを持ってあの世へ行ったのだから、あの世でのありように誰も関われないのではないか?
 もしも親が地獄に堕ちたとしても、本人でなく、また、み仏でもない私たちにはどうしようもないのか?
 親が亡くなれば、もう、親不孝の罪滅ぼしはできないのか?

 また、仏教は、凡夫の生き方から、み仏に近づく生き方への転換を求め、救いはそこにあると説きます。
 仏教徒の資格は三宝への帰依にあり、み仏と、その教えと法と、帰依して守る人々を大切にしない仏教徒はありません。
 ならば、親がこの世で仏教徒でなかったなら、あの世へ行ってもみ仏による救いは得られないのか?

 こうした疑問を解いたのが大乗仏教(ダイジョウブッキョウ)です。
 大乗仏教は、万人がみ仏の子であって救われる資格を持ち、我(ガ)を離れ、わけへだて無く誰かのためになろうとする者はすべて、み仏の子としての真姿を生きる菩薩(ボサツ)であると考えます。
 そして、誰かのためになる善行は、この世とあの世とを隔てずに通用すると考えます。
 だから、もしも、この世でみ仏へ近づかずさしたる功徳も積まずにあの世へ行った親へ、これまであまり、み仏へ手を合わせず般若心経の一巻も読誦したことのない子供が〈後れた親孝行〉のできる方法が見つかりました。
 それが廻向(エコウ)です。
 これまで親不孝を重ねてきた自分だけれども、あの世へ行った親には何としても安らかであって欲しいとみ仏へすがった瞬間に、功徳を廻し向ける廻向は成り立ちます。
 願いがまことならば、その瞬間、子供はまさしく仏教徒であり、まごころの光は、行者が結ぶ法の力によってこの世とあの世の壁を乗り越えて亡き親の魂を照らします。
 親がもしも暗黒の地獄にいたとて、救いの光に必ずや、安らぎを覚えるのです。
 そして、そのことによって子供も又、救われます。
 み仏の子になっているからです。

 娑婆におられる方は、まごころを磨きましょう。
 出家したプロの行者は、まごころを磨くと同時に、この世とあの世の壁を透過する法力をも磨かねばなりません。
 両者は、等しくみ仏の子であり、誰かのためになろうとまごころを発揮する時は、等しく菩薩になっています。

 私たちには必ず親があります。
 そしてその親があり、またその親があります。
 わずか5代を遡っただけで、親として確かに存在し命のバトンタッチをしてくださった方々は62人にも及びます。
 自分が今、生かされていることをありがたいと思うならば、時には、感謝の功徳を62人の方々へ廻し向けてはいかがでしょうか。
 自分の感謝が深まり、廻向された方々はまごころの光に照らされます。
 その時、愚かしい私たちにとってはあまりに峻厳な自業自得という理法が、祈って救われる善因善果として確かな救いの根拠へと相貌を変えます。

 自業自得を恐れず、自業自得と諦めず、廻向によって因果応報を生かしたいものです。

20120113008.jpg



 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」※今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。