--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
12.05

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─

2016-12-05-0001.jpg
〈善男善女の願いを込め、続けられる例祭の護摩法〉

 福島で出会った自衛隊員から話を聴いた。

 南スーダンへの派兵は、自衛隊からの離脱者を続々と生み出している。
 たまりかねた政府は、戦死した場合の弔慰金を6千万円から9千万円へ引き上げ、指示通り「駆けつけ警護」に当たれば1日2万3千円を支給するという。
 しかし、現場の本音は、金銭などではごまかしきれない問題の核心を衝いている。

 Aさんは日本を守ろうとして入隊した。
 もちろん、見知らぬ外国で戦死するつもりなどまったくなかったので、現在の自衛隊の動きは想定外だ。
 それに、現場ではたらく日本人から求められていないのに、戦闘要員として出兵させられることにも納得できない。
 災害時に請われ、丸腰ででかける時のような使命感を持ちようがない。
 国会では、南スーダンは戦闘行為が行われていない安全な場所だから、武装した自衛隊が出かけても安全だという議論が繰り広げられている。
 そもそも安全であれば軍隊は不要なはずだし、スーダン出兵がどうして国是である専守防衛になるのか。
 納得できないので、いくらお金を積まれようが自分のいのちはかけられないし、仲間がいのちをかけることにも耐えられない。

 もっともだと思わされた。
 次の話には胸を衝かれた。

 隊員は口を閉ざしたまま、共通のイメージを持っている。
 それは、最初に出る犠牲者はきっと、撃つ前に撃たれるということだ。
 厳しく訓練された隊員は、必ず命令で動くし、命令されないことは勝手にやらない。
 一方、戦闘が起こる時、撃てという命令は必ず、危機的状況から遅れて出されるだろう。 
 一発の発射が日本という〈国を背負った行為〉になることをよく知っている優秀な隊員たちは、自分のいのちに危機が迫ったからといって、指揮官でない者がバラバラに判断をくだすことはないと、互いに信じ合っている。
 だから、きっと、射撃命令が出る前に撃たれてしまうだろうというのが、若いまじめな隊員たちの共通認識だという。

 涙が流れた。
 現場の隊員たちにとって、これほどまでに切羽詰まった出兵であることを、どれだけの国民が認識しているだろう?
 安全な場所に征くのだから大丈夫だと主張している人々へ、〈真実を知って出かける〉彼らの本音を聞かせてやりたい。
 あるいは、崇高な理想を諦め、安定した収入を捨ててまで〈辞めないではいられない〉彼らの本音を聞かせてやりたい。
 しかも彼らは、やがて生じるであろう犠牲者が軍神として祭り上げられかねない日本の空気に恐ろしさを感じ、固唾を呑んで仲間の無事を祈っている。

 砲弾の飛び交うアフガニスタンでさまざまな活動を行ってきた医師の中村哲氏は「ペルシャワール会報」の10月5日号で述べた。

テロとの戦い』を声高に叫ぶほどに、犠牲者が増えました。
 そして、その犠牲は、拳をあげて戦を語る者たちではなく、もの言わぬ無名の人々にのしかかりました。

 干ばつに戮れ、空爆にさらされ、戦場に傭兵として命を落とす──アフガン農民たちの膨大な犠牲は、今後も語られることはないでしょう。
 私たちは、このような人々にこそ恩恵が与えられるべきだとの方針を崩さず、現在に至っています。
 多くの良心的な人々の支持を得て、事業は着実に進められてきました。
 PM5は、誰とも敵対せず、仕事を進めてまいります。


 彼らの地道な活動こそが、世界における日本の信用と価値を守っている。
 彼らは、自衛隊に来てもらいたいとは決して言わない。
 武器を持った敵対行為こそが最も危険であると、骨身に沁みて知っているからだ。

 南スーダンの気温は35度前後だが、作業現場の体感気温は50度にもなるらしい。
 日本の若者たちはそこへ征く。
 武器を携えて……。
 これからの日本を背負う若者が、戦争に加担するか、それとも無職になるかと悩んでいる姿はあまりに痛々しく、こうした日本をつくった世代の一員として、詫びる言葉も見つからなかった。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」※今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=EOk4OlhTq_M





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト
2016
04.20

〈初めての行動〉を重ねる自衛隊

2016-04-08-021-028.jpg

 昨年来、自衛隊はもはや、〈自衛〉の軍隊という枠を取り払ったかのようである。
 政府と軍と軍需産業との一体的活動もまた、堂々と行われるようになった。

1 初めて行われた自衛隊と米豪軍の合同演習

 平成27年7月11日、自衛隊はアメリカ軍とオーストラリア軍の大規模な合同演習へ初めて参加した。
 根拠となったのは、4月に改訂した「日米防衛協力のための指針」(ガイドライン)である。
 これまでに制約となっていた「日本周辺」の言葉はなくなり、日米両国が第三国と連携を強めることになっている。
 自衛隊は、米軍とだけでなく、その同盟軍とも一緒に、地球上どこででも戦争を行う軍隊になった。
 豪ニューサウスウェールズ大のアラン・デュポン教授は指摘した。

「日豪は米国を挟んだあいまいな友人から、機密を共有する明確な盟友になった。
 中国の台頭や、米軍事予算の削減からくる自立の必要性がある。
 その集大成が両国の潜水艦技術の協力である。」


 初の大規模演習参加は、オーストラリア軍が導入予定の潜水艦12隻を売りつけようとしている日本の軍需産業に対する強い後押しとなったに違いない。

2 初めて行われた自衛隊のカムランワン寄港

 平成28年4月12日、自衛隊の護衛艦「ありあけ」と「せとぎり」が、南シナ海に面するベトナムの軍事要衝カムラン湾の国際港に初めて寄港した。
 両軍は共同操艦訓練を行う予定。
 根拠となったのは、昨年の11月に行われた中谷元・防衛相とベトナムのフン・クアン・タイン国防相(当時)との寄港合意である。
 中谷氏は12日の記者会見で言った。

「わが国にとって南シナの航行の自由やシーレーン(海上交通路)の安全確保は重要な関心事項である。
 今後も米国や豪州とも連携しつつ、南シナ海周辺国との関係強化に向けた努力を積み重ねたい」


 2隻は、この直前にフィリピンのスービック港へ潜水艦を伴って寄港している。
 理由はこう語られている。

「最近の周辺国の状況に対応するため」


 一連の行動は、、アメリカ軍、オーストラリア軍はもちろん、フィリピン軍やベトナム軍とも一緒に中国を相手に戦うという決意表明以外の何ものでもない。
 そして、日本はフィリピンとベトナムへ巡視船の供与を進めている。

3 初めて行われた自衛隊の潜水艦の豪州寄港

 平成28年4月15日、海上自衛隊の潜水艦と護衛艦2隻は初めてオーストラリアのシドニー港へ寄港した。
 潜水艦はそうりゅう型の「はくりゅう」、護衛艦は「あさゆき」と「うみぎり」。
 太平洋戦争で奇襲攻撃を行った日本軍の寄港は「日本の潜水艦が歴史的な寄港」と大きな話題になったという。
 目的は共同訓練である。
 また、豪政府が目ざしている最新鋭潜水艦の調達に関し、日本政府は豪州政府へ伝えている。

「そうりゅう型に基づく建造計画案がリスクが低く、豪州の要求に合ったものである。」


 ドイツ、フランスと受注を争う日本の軍需産業への大きな後押しが行われた。

4 知らぬ間の変質

 日本の国民はいったい、いつ、こうした自衛隊の変質を望んだのだろう?
 また、いつ、政治と軍と産業との一体的活動を求めたのだろう?
 もちろん、国防は相手があってのことであり、中国や北朝鮮などの動きに影響されることは子供でもわかる話だが、問題は、〈いかなる状況の変化により、いかなる対応をせねばならないか〉という肝心な点が国会ですら事実上隠されたまま、自衛隊が米軍などと同じ〈普通の〉〈日本軍〉として世界中へ進出しつつあるという事態の重大さにある。
 そして、それを産業界が待ち望んでいるという事態は、ゆゆしきことと言わざるを得ない。

 明治から昭和にかけて戦争の恐ろしさを知った日本人は、軍隊の海外進出を止めたはずではなかったか?
 軍需産業と一体化する政治を止めたはずではなかったか?
 今から約半世紀前、戦勝国アメリカのアイゼンハワー大統領は退任演説において、軍需産業の必要性を認めながらも、政治的・軍事的・経済的複合体ができつつある状況に対して強烈な警告を発した、

「我々は、政府の委員会等において、それが意図されたものであろうとなかろうと、軍産複合体による不当な影響力の獲得を排除しなければなりません。
 誤って与えられた権力の出現がもたらすかも知れない悲劇の可能性は存在し、また存在し続けるでしょう。
 この軍産複合体の影響力が、我々の自由民主主義的プロセスを決して危険にさらすことのないようにせねばなりません。


 しかし、アメリカの軍産複合体は膨張し、今や政府支出の2割前後を占めるとされる軍事予算は国家財政を締め付けている。

 ところで、建築家の磯崎新氏(84才)は、新国立競技場の旧計画案を作ったザハ氏と安保法制の関係につき、小生が抱いていた疑念を明確に示した。

「五輪は本来、都市の祭典で、国が表に出てくる必要はない。
 国家の五輪としてはナチス政権下の36年のベルリン五輪が典型だが、今回も国が前面に立ったために、大きければいい、派手ならいい、という国や政治家たちの意向が働いたのではないか。
 もはや建築の議論ではなかった。

 旧計画の白紙撤回が表明された昨年7月17日は、安保関連法案が衆院本会議で採決された翌日。
 競技場問題で安保法制の隠蔽(インペイ)をはかったという見方もあったと思う。
 2度目の公募への参加申請が締め切られた翌日に、参院本会議で安保関連法が可決・成立した。
 そして、施行の2日後にザハが亡くなった。

 この奇妙な符合に、彼女は日本の戦争と平和を巡る議論に巻き込まれたように感じた。」(4月18日付朝日新聞)


 現在、私たちが最も関心を持っている(持たされている)ものは何だろう?
 そして、秘されたまま進んでいるものは何だろう?
 国民一人一人がよく考えてみる必要があると思う。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン




2016
01.18

イラク戦争と靖国神社への祈り(その11) ─「先生」とは?─

2016011800022.jpg
〈お焚きあげの本尊お不動様〉

201601180001.jpg

 平成16年1月、自衛隊イラク派兵に鑑み、仏神と祖霊のご加護で自衛隊員の無事帰還をはかるべく、靖国神社へ向かって托鉢行を始めた。
 世界の情勢が急変を見せ始めた今、そのおりの記録を加筆訂正しながら再掲しておきたい。
 不戦日本の願いを込めて。

先生(3月19日)郡山~矢吹

 午前中に福島県郡山市へ到着し、午後1時から歩き始める。
 風も弱く絶好の日和。
 しかし、不在にしている寺からどんどん連絡が入り、なかなか距離は伸ばせない。
 車で10分の距離は、歩けば1時間以上かかるのだ。

 立ち止まって電話をしていたら、終わるのを待っていたかのように、自転車で通りかかった40歳位の男性から声をかけられた。
「どこへ?」
「靖国神社です」
「私は自転車で、10回行きました」
 そして、いきなり「私はホームレスの〝先生〟を二人知っています」と言う。
 ヨレヨレの托鉢姿は、ホームレスの仲間に見えたのだろうか。
 一人は仙台二高から東大法学部へ進み、役人になったが、上司共々やっていた公金の私的流用が発覚してクビになり、上野あたりにいるという。
 飲食物がいつどこで手に入るかなどの情報をいち早く仲間に伝授しているので「先生」と呼ばれている。
 一方、自分だけうまく窮地を脱した上司は、都内の一等地で豪勢な暮らしをしているらしい。
 同じく仙台二高を出て東大受験に失敗したところから人生のダッチロールが始まった身としては、後輩の浮沈は他人ごとと思えない。
 もう一人は、慶大を出て外国へ留学し、英語仏語がぺらぺら。
 親の資産を元手に外車販売をやっていたが、バブルの崩壊と共に生活を破滅させた。
 今は、利根川あたりで不良外人を相手に中古車のブローカーをやっている。
 それでも、「夢よもう一度」と、勉強を欠かさないという。
 
 無頼だった早大生時代、木刀と本を抱えてバーの用心棒をしていた小生も「先生」と呼ばれていた。
 呼ぶ人物はと言えば、無制限に掛売をしてくれた小さな本屋の店主、マージャン好きで笑顔に凄みがあるヤクザの親分、年増できっぷの良いバーのママ、年から年中「南無妙法蓮華経」と唱えていた冴えない小料理屋の女将、目ばかり大きくて風邪の抜けない痩せた売春婦、そのヒモを自称している青白いゲタ屋の若壇那など。
 あの日々は本当に〈あった〉のだろうか。
 もしかすると、彼らにとって〈先生〉は少々、物珍しい仲間だったのかも知れない。
 小生にとって「先生」と呼ばれることは、自分を保つために欠かせない小さな支えだったのかも知れない。
 単なる知人でしかない40才前の売春婦から低く掠れた声で「先生。今度、私さあ、思い切って~」などと相談された時、彼女はちゃぶ台の向こうにいるが、二人で包まれている一つの空間が持つ確かさは、かけがえのないものだった。
 無論、今の小生にとって、「先生」という呼びかけは、「住職さん」「和尚さん」「お父さん」などと同じ声がけ以上のものでも、以下のものでもない。
 上野と利根川の二人にとってはどうなのだろうか。

 自転車の彼は強い調子で言う。
「私は、先生方のように生きたくはありません。
 自分なら断食に入り、二~三日目の空腹を克服したら、そのまま餓死します」
「そうですか。どうせなら、山形県などの即身仏のように、天下泰平万民富楽を祈りながらおやりになれば」と水を向けたところ、言葉を濁した。
 お互いに住所・氏名・年齢・職業を問わない一期一会だった。

 できごとは風の一過に似て、再び、靖国の英霊に対する誓いの言葉などを口ずさみながら夢中で歩いた。
 最後に「壇信徒の方々の善願成就しますよう、身命を賭して祈念し奉ります」と言い終わった瞬間、頭に衝撃を受けて倒れそうになった。
 歩道へはみ出した大きな縦型カンバンの角にぶつかったのだ。
 網代笠(アジロガサ)が破れた。
 額から血が流れ落ちないのは不思議だった。
 明らかに違法な設置だろう。
 首が痛みボーッとしかけたが、仏神のお試しと感じ、再度「身命を賭して~」と誓い歩き出して間もなく、携帯電話が鳴った。
 信徒Aさんからの依頼ごとをつないでおいたBさんが連絡を待っているとのこと。
 電話をして話し合ったところ、Aさんの希望通りに決着した。
 すぐに報告した電話口の向こうから、Aさんの驚嘆し喜ぶ声が流れて来た。
 善願が一つ、成就した。
 まことにありがたい。

 八方へ意識を広げる隠形流(オンギョウリュウ)の護身の意識から離れれれば、やはり危うい。
 暗くなると、歩道のないバイパスは危険極まりない。
 衣の袖が頻繁に舞い上がる。
 父子が乗った通りすがりの車を停めて宿を訊ねたところ、意外な言葉が返ってきた。
「今、近くの温泉に湯を浴びに行くからご一緒にどうぞ。
 あそこは宿泊もできるはずですよ」
 後部座席に乗り込むと、彼は10年前まで当山の隣町宮城県黒川郡富谷町の住人だった。
 そう広くない車中で、宮床と七ツ森の話に花が咲いた。
 
 宿の鏡に映った額には、逆L字形に血の塊が盛り上がっていた。
 網代笠の布は額のところで血だらけ。
 不注意の証しである。
 今日は半日も歩かないのに矢吹近辺まで20㎞以上進んだ。
 明日はもっとスピードを上げたい。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2016
01.16

イラク戦争と靖国神社への祈り(その10) ─悪行から善行へ─

2016011600012.jpg

 平成16年1月、自衛隊のイラク派兵に鑑み、仏神と祖霊のご加護で自衛隊員の無事帰還をはかるべく、靖国神社へ向かって托鉢行を始めた。
 世界の情勢が急変を見せ始めた今、そのおりの記録を加筆訂正しながら再掲しておきたい。
 不戦日本の願いを込めて。

懺悔(2月18日)

 帰山して行った『法句経(ホックキョウ)講座』で有名な一句をとりあげた。

「人前(サキ)に悪を為し、後に止(ヤ)めて犯さざれば、是(コ)れ世間を炤(テ)らす、月の雲消ゆるが如し」


 僧侶になりたての頃、救われた一句である。
 人は誰しも過ちを犯す。
 教えで言うところの過ちとは殺人や窃盗など目に見えるものだけではなく、誰かに〝ウヌッ〟と怨みを抱くことや、給料をもらいながら怠けることや、道理に反する考えを持つことや、二枚舌を使って他人を仲違いさせることなども含むのだから、〈誰しも〉なのである。
 釈尊は、人はそういうものであるということをふまえ、憐れみをもって諭した。

「いけないと気づいたならば、悪行はただちに止めて二度と過ちをくり返さぬようにせよ。
 そうして努力を続ければ、やがては過ちを犯さぬ人となり、迷妄の暗闇で呻吟する人々にとっての明灯ともなれるのだから。
 そもそも人の心には智慧の明かりがあり、たとえ一時的に迷いという雲で隠されていたとしても消えることなく、雲さえ晴れれば皓々と自他を照らすのである」

 
 問題は、「止めて犯さざれば」である。
 何が悪行の歯止めとなるのか。
 それは、今はやりの反省などという生ぬるいものではなく、心が苦汁で満たされるような、身体が震えるような懺悔(サンゲ)である。
 反省は自分だけの範囲であって、必ず自分に甘いところで落着(ラクチャク)にしたくなる。
 懺悔は意識するとしないとに関わらず仏神など、自分を超えたものの存在をふまえてこそ成立し、悪行の隅々までが自分の心で明瞭になり、自分を隠し甘えさせる逃げ場はない。
 犯した罪に怖れおののき慚愧(ザンキ)の念に苛(サイナ)まれ、心身に受ける苦が大きければ大きいほど強い歯止めとなる。
 懺悔に後押しされた善行が世を照らす光も、確かで強いものとなるだろう。
 そのためにこそ、毎月行う例祭の冒頭で、至心に『懺悔之文(サンゲノモン)』を唱える。

「我昔所造諸悪業(がしゃくしょぞうしょあくごう)
 皆由無始貪瞋痴(かいゆむしとんじんち)
 従身口意之所生(じゅうしんくいししょしょう)
 一切我今皆懺悔(いっさいがこんかいさんげ)」


 懺悔する対象は、〈昨日の失敗〉などにとどまらず、無限の過去から行って来たあらゆる罪科である。
 いのちの限り、自分の全部を投げ出して懺悔するところから、自他の雲を晴らす力は生まれる。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」※今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=EOk4OlhTq_M





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2016
01.15

イラク戦争と靖国神社への祈り(その9) ─仰ぎ見る峰・万人への救い─

20160115000122.jpg

 平成16年1月、自衛隊イラク派兵に鑑み、小生は、仏神と祖霊のご加護で自衛隊員の無事帰還をはかるべく、靖国神社へ向かって托鉢行を始めた。
 世界の情勢が急変を見せ始めた今、そのおりの記録を加筆訂正しながら再掲しておきたい。
 不戦日本の願いを込めて。

○峰(二月十六日)

 朝に妻と連絡をとってみると、ご祈願やご加持の申し込みが溜まっているらしい。
 皆さんの顔が浮かび、〝もっともっと幸せにしてあげたいのに〟と法力(ホウリキ)の至らなさを恥じる。
 釈尊もお大師様も、人々の迷妄の解消に、善願いの成就に、あるいは社会的な災厄の解消に、いかにお力を発揮されたことか。

 ある時、お大師様は天下泰平を祈る修法に入り、宮中からの要請にも応じず、成就の時まで弟子たちと共に山門からお出にならなかった。
 やがて法は成り、嵯峨天皇の存命中は、いのちをも奪い合う当時特有の権力闘争をはじめ大事件は起らなかった。
 超人的な法力である。
 人間が寄り集まっている衆生世間(シュジョウセケン)と、それが依っており抱かれている自然世界である器世間(キセケン)の全体を〈国〉とし、全力でそれを護ろうとされたお大師様の大きさは想像し切れない。
 それは遙かに高い峰であり、小生のような末徒などは裾野を歩いただけで死ぬしかないが、せめて頂上を拝しつつ死にたい。

 歩きながら、隠形流(オンギョウリュウ)居合の稽古もやっている。
 まず、極力道路の右側を歩く。
 車が見えていれば、万が一突っこまれる場合に予測・回避がしやすい。
 いつも、身をかわす方向と場所を意識している。
 ただし、高い橋の上や右側が切り立った切り通しなどの場合はどうしようもない。
 それと、ぼんやりではあるが八方へ意識を向けている。
 漫然としていたり、考え事に夢中になっていたりすれば危うい。
 歩くのも格好の修行である。

 一旦帰山せねばならず電車を待つプラットホームに鳩が舞い降りた。
 他の人のところへ行かず、おにぎりを背負っているのを知っているかのように、私の座っているイスの前をうろうろして離れない。
 おにぎりを少しづつやりながら、首の付け根をぐるっと取り巻く瑠璃(ルリ)色の羽毛の輝きに眼を奪われた。
 足も、光ってはいないが同じ色だ。
 彼は人間が持っていない宝ものを持っている。
 生きものは皆それぞれに宝ものを持っているのだ。
 人間は、その一つをも創り出せない。
 安易かつ声高に叫ばれる「環境保護」の言葉に対して感じていた違和感の正体がつかめた。
 人間にとっての損得計算以前に、畏敬や畏怖があってしかるべきではなかろうか。
 畏れや慎みがなければ、文明のブルドーザーは高慢さをまとったまま、儚く右往左往するしかない。

帰依(2月17日)

 4日ぶりにご本尊様の前で修法を行う。
 老いと病いの苦、人を憎む苦、突然襲い来る不安と不調、他人との悪因縁にからまる苦、ご縁の方々のさまざまな苦を解かねばならない。
 修羅へ向かう人の足止めもせねばならない。
『般若心経』は「よく一切の苦を除く」と説き、『観音経』は「かの観音の力を念ずれば~」と苦の消滅を説き、『聖不動経』は「須臾(シュユ)にして吉祥を得ん」と説いている。

 日本で会社を始めた中国人Aさんは言った
「よく見ていると、モノに恵まれている人はあまり信仰心がないようですね。
 中国でも、日本でも同じです。
 もちろん、人それぞれですが」
 確かに、人は、自分が欲しい肝心要(カンジンカナメ)のものが決定的に不足し、万策尽きようとする時、仏神を想う。
 不足感の無い場合は、必死の思いはあまり生じない。
 ただし、肝心要のものは人により状況によって異なる。
 だから、「お金持は不信心である」などとは決めつけられない。
 欲しいものは、あるいは財、あるいは人、あるいは心、あるいは命、あるいは健康、あるいは名誉、あるいは力、あるいは天運、あるいは時間、…………。
 誰が何に不足感を感じているか、誰が何に追いつめられているか。
 それぞれの心中は、他人の容易く想像できるものではない。

 いずれ、「み仏は親のようなものである」とされ、何が必要などんな場面でも、帰依(キエ)する者を見捨てるみ仏はおられない。
 帰依こそが極楽への入り口である。
 不足しているものを求め、救いを求めて手を合わせれば、右手はご本尊様、左手は自分なのだから、何が手に入ろうと入るまいと、必ず自分自身への浄めとなる。
 欲自体は善でも悪でもない。
 ともすれば煩悩(ボンノウ)となりやすい欲がまごころと重なれば清らかな大欲(タイヨク)となり、降りたご加護は自分だけでなく他人をも救う。
 欲の転化、昇華こそが決定的な救いである。
 南無般若菩薩(ナムハンニャボサツ)。
 南無観世音菩薩。
 南無不動明王。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。