--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
12.04

12月の守本尊は千手観音菩薩様です ─救われる時─

2016-12-04-0001.jpg
〈改装中の守本尊道場に、ようやく仏像が建ち始めました〉

 12月は、大雪(ダイセツ)と冬至(トウジ)の師走(シワス…12月7日より1月4日まで)です。
 12月は子(ネ)の月なので、守本尊千手観音(センジュカンノン)様です。

 千手観音〈センジュカンノン)様は天眼無礙智力(テンゲンムゲチリキ)をもって、人々の過去までも見通し、どのような因縁で、何に苦しみ何を求めているかを、無限の(仏教における「千」は無限を意味します)智慧の眼をもってご覧になり、無限の慈悲の手を差しのべ、お救いくださいます。
 ご供養し、ご守護いただき、1年の締めくくりとなる月を心豊かに、無事安全に過ごしましょう。

 千手観音〈センジュカンノン)様は、子年(ネドシ)生まれの善男善女を一生お守りくださる守本尊でもあります。
 身体においては、特に腹腰をお守りくださるので、お腹が不調の時などは真言を唱え、ご加護をいただきましょう。

「尊く聖(キヨ)き観世音(カンゼオン)○菩薩(ボサツ)の行を果たさんと○人間界に降り立って○衆生(シュジョウ)の苦しみ同じくし○衆生と共に喜びを○分かち合わんと哀愍(アイミン)し○衆生済度(サイド)に勤(ツト)め往(ユ)く。」


(尊く清らかで聖なる観音様は、菩薩としての務めを果たそうとして人間界に降り立ち、生きとし生けるものの苦しみを自分の苦しみと感じ、生きとし生けるものと喜びも分かち合いたいものだと切に願い、その救済に励む)

 観音様のお救いは、「そうしてはなりません、こうしなさい」と教えるのではありません。
 もしも病気で苦しむ人がいたなら、自分も病人に姿を変えて一緒に苦しみ、それにじっと耐えたり、花に憩いを感じてホッとする姿を見せるなどして、救われる様子を教えてくださるのです。

「善(ヨ)き人々よたとえ百○千万億の衆生(シュジョウ)あり○この世の中の諸々の○苦しみ受けて悩めども○観音菩薩の在(ア)るを聞き○その名至心に称(トナ)うれば○観音菩薩はその音声(コエ)を○即時に観じ応現(オウゲン)し○皆の解脱(ゲダツ)を得せしめん。」


(善男善女よ、無数の生きとし生けるものの世界にあっていかなる苦しみに悩もうと、観音様がおられると知り、その御宝号を一心に唱えておすがりするならば、観音様はその声をただちに聞いて願いを知り、そばに現れて皆をこの上ない安心の世界へお導きくださる)

 私たちは、何かを渇望する時、それを持っており分かち与えてくれるような相手にすがらないではいられなくなります。
 病気になれば、治す術を知っている医師のもとへ走り、お金が必要になれば、銀行へ走ります。
 そのようにして、お互いさま、おかげさま、と生きますが、いよいよどうにもならなくなった時には、「これが欲しい」ということではなく、〈救い〉そのものを求める気持になります。
 これが、おすがりするという状態です。

 だから、具体的な手段を失い尽くし、困り果てた人でなければ、すがらずにはいられないという状態はなかなか理解できません。
 そうしておすがりする者に対して、観音様はすぐさま追いつめられた状態から解放してくださるというのですから、まことにありがたいというしかありません。 
 それが信じられるかどうかは、そこに立ち至り、「南無観世音菩薩」あるいは「おん あろりきゃそわか」、あるいは千手観音様へ「おん ばざらたらま きりく」とおすがりした体験者にとってのみ、意味のある問いとなることでしょう。
 ちなみに小生は、幾度も〝もはやこれまで〟を乗り越えて今、生きており、信じている人の部類に入ります。

21080819 007

 写真は、永代供養を行ってご加護を受けるため、当山の講堂へ納められた千手観音様です。
 総丈は約35㎝あり、日本で唯一、護摩を焚いてできた灰が体内へ納められたご本尊様です。(奉納受付中)

 12月守本尊様をご供養しお守りいただきたい時、願いを成就させたいと念じる時、つらい時、悲しい時、淋しい時は、合掌して真言(真実世界の言葉)をお唱えしましょう。
 たとえ一日一回でも、信じて行なえば、必ずご本尊様へ思いが届きます。
 回数は任意ですが、基本は1・3・7・21・108・1080回となっています。

「おん ばざら たらま きりく」

今月の真言をお聞きになるにはこちらをクリックしてください。音声が流れます

※お聞き頂くには 音楽再生ソフト が必要です。お持ちでない方は、

 こちらから無料でWindows Media Player がダウンロードできます。





 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



スポンサーサイト
2016
10.28

祈りの先に ─福島県の慧日寺へ─

2016-10-28-0005.jpg

201610-28-0003.jpg

2016-10-28-0007.jpg

2016-10-28-0004.jpg

 慧日寺を訪ねて迷い、高台を目ざしたら墓地の脇道へ出た。
 車を草むらに停めた。
 うっそうとした木立の奧にお堂が見えたので、「蜂に注意」と書かれた注意札のある山道を進むと視界が開けた。
 そこは、菩薩とまで崇められた東北を代表する傑僧徳一の御廟だった。
 格子戸越しに中を見ると、屋根まで届くような石塔がある。
 素朴だが完成された形は、徳一の清々しくも揺るがない精神にふさわしいと思われた。
 本尊薬師如来徳一菩薩のご加護を願う住民たちはかつて、石塔を削って薬にしたという。

 しばし、祈ってから低い方へ目をやると新しく豪壮なお堂がある。
 そこは復元された新しい金堂だった。
 さらに下ると旧本坊もあったが、祈られている気配はない。
 近隣にある「道の駅」が平日とは思えないほどの賑わいを見せているだけに、あまりの落差が胸を冷たくした。
 資料館では、地方創生加速化交付金事業と銘打たれた「磐梯とくいつ藝術祭」が開催中である。
 それでいてこの閑古鳥。

 お堂も仏像仏塔もモノである。
 目には入り、形も色も名前もわかるが、それだけでは、それが何であるかがつかめない。
 求める心がなければ、モノに込められているものは感得できない。
 祈りの場であるはずの神社仏閣が単なる観光地と化してしまうことの弊害は、中国共産党の観光資源でしかなくなったかつての聖地ポタラ宮を見るまでもなく、あまりにも明らかではないか。
 
 私たちはいったい、何を求めているのだろう?
 そして、社会は、〈本当に求められているもの〉が、求める人びとへ広く与えられるシステムになっているだろうか?

 法務のために福島県へ入り、徳一菩薩を慕う心でひたすら慧日寺を目ざしたら、まっすぐ御廟にたどりついた。
 思いがけず目にした五層の石塔と、御廟に続く道の脇に連なる五輪の塔が教えるイメージは、現在、進めている計画への大きな後押しとなった。

 本当に求めるものとは、結局、自他の苦を抜き取り、自他へ楽をもたらすという二つの願いに収斂するのではないか。 
 自他の苦を曖昧にせず、叫ぶように祈りたい。
 祈らずにはいられないところから祈れば、心中の仏心が開き始め、異次元の仏界からも手が差し伸べられる。
 徳一菩薩に感謝しつつ帰山した。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2016
08.09

百文字の写経 ─人間の理想像について─

2016-08-09-0002.jpg
〈世界のどこでも日本人〉

2016-08-09-00012.jpg

 密教の根本経典『理趣経(リシュキョウ)』の核心が詰まっている『百字偈(ヒャクジゲ)』という百文字の写経を行う方が増え、とてもありがたく、頼もしくも思っています。
 ご質問も増えました。
 智慧と慈悲によって、いのちと心を人の道に合わせて生かすという仏教の根本が理解されつつあります。
 これまでも幾度かとりあげましたが、村岡空氏の意訳によって、意とするところをつかまえてみましょう。

「知恵があるものは仏だ
 かれはいつも教えてくれる
 われわれが生きているあいだ
 そして教えは亡びない」


 原文の読み下しは以下のとおりです。

菩薩(ボサツ)の勝慧(ショウケイ)ある者は 乃至(ナイシ)生死(ショウジ)を尽くすまで
 恒(ツネ)に衆生(シュジョウ)の利を作(ナ)して 而(シカ)も涅槃(ネハン)に趣かず」
(優れた智慧を持った菩薩の方々は、迷い苦しむ人々すべてを救済し尽くすまで、
 常に手を貸し続け、安寧の世界へ行ってしまうことはない)

「原則と適用は
 知恵でできあがり
 存在と実体は
 みんな清らかだ」


「般若(ハンニャ)及び方便(ホウベン)の 智度(チト)をもちて悉く加持(カジ)し
 諸法及び諸有(ショユウ)をして 一切皆清浄ならしむ」
(智慧と手だてとの有効な救済手段を用いて
 あらゆる存在といのちあるものたちとを本来の清浄な姿にさせる)

「欲望が世界を整え
 清らかにしているから
 ピンからキリまで
 われわれは救われる」


「欲等(ヨクトウ)をもちて世間を調し 浄除(ジョウジョ)することを得せしむるが故に
 有頂(ウチョウ)より悪趣に及ぶまで 調伏(チョウフク)して諸有(ショウ)を尽くす」
(欲望などによって人々を正しく整え、煩悩を浄め除かせることによって
 天界から地獄界に至るいかなる世界のものたちが持つ苦の原因をも断滅して余すところがない)

「みよ、どぶ泥の蓮華を
 あのけがれない姿を
 われわれだってそうだ
 このままで立派に生きられる」


「蓮體(レンタイ)の本染(ンホンゼン)にして 垢の為に染められ不(ザ)るが如く
 諸欲の性も亦(マタ)然(シカ)り 不染(フゼン)にして群生(グンジョウ)を利す」
(蓮華が本来持っている清浄な色は、いかなる泥や汚れにも染められずその色を保つように
 菩薩も私たちも本来的に具えている意欲は、悪しきものに染められず人々の救済に役立つ)

「大きな欲望を持てば
 大きな楽しみができ
 いつも自由にふるまえ
 成功疑いなし」


大欲(タイヨク)清浄を得て 大安楽にして富饒(フジョウ)なり
 三界(サンカイ)に自在を得て 能(ヨ)く堅固の利を作(ナ)す」
(自他のためになる限りない意欲は清浄であり、限りなく安楽で豊かである
 いかなる世界にあっても自在にはたらき、金剛のような堅固さで自他のためになれる)

 私たちは生きている限り、食べねばならないし、子孫を残そうともします。
 人間はイメージの生きものなので、繁殖力の有無にかかわらずそこは残り、食欲と色欲は続きます。
 それは、食べものをおいしいと感じることであり、異姓を佳いなあと思うことです。

 お釈迦様が、10の戒めの2番目に「盗めない人間になろう」と説かれたのは、ひもじさによる奪い合いが人の輪を壊すからではなかったでしょうか?
 お釈迦様が3番目に「妄りなセックスをしない人間になろう」と説かれたのは、人間が倫理を失ってケダモノに化す身勝手さに警告を発したのではなかったでしょうか?
 そして一番目に「殺せない人間になろう」と説かれたのは、生きものが最も厭うことをしない人間であることは、人間であるための最低条件だからではなかったでしょうか?

 要は意欲の用い方に尽きます。
 み仏の子であるわたしたちはすべて菩薩として生きる可能性を持っており、本来の姿で生きるためにはまず、本来の姿を知るための智慧を磨かねばなりません。
 リオデジャネイロ五輪の競泳で金メダルを獲得した萩野公介選手は、子供の頃から水泳を学び、鍛えに鍛えて結果を出しました。
 学び、鍛錬することなしに、潜在能力が最高の結果へと結びつきはしません。
 この『百字偈(ヒャクジゲ)』は、光り輝く萩野公介選手を表現しているようなものです。
 いわば最高のイメージ、人間はそこまで行ける、という可能性の極地を示しているのです。
 その原動力は意欲です。

 ただし、スポーツは競技ですが、人生は競技ではありません。
 その人なりに、その時点で行けるところまで行っていれば、その時点での金メダルを手にしているようなものです。
 人の道を学びつつまっとうに生きれば、必ず、その人なりのメダルを一個、二個と手にしつつ生きられることでしょう。
 手応えというメダルを金色に近づけるためには、金メダルの世界をイメージしたいものです。
 人間性が最高に発揮されれば生き仏であり、その典型としての菩薩は、さまざまなお姿で私たちを惹き付けます。
 菩薩の世界がストレートに説かれた『百字偈(ヒャクジゲ)』を読誦し、写経し、考えることをお勧めしているのにはこういうわけがあります。

 もうすぐお盆なので少々、くどく書きました。
 お経は約30分で書けます。
 チャレンジを……。 




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2016
07.05

願いのかけ方、成就の仕方 ─懺悔(サンゲ)と廻向(エコウ)─

2016-07-05-0001.jpg
〈彼は彼なりの姿で……〉

 さまざまな方々が、それぞれに真剣な思いでご祈祷を申し込まれます。
 最近は、ご祈祷の前後に唱える経文を一緒にお唱えするよう、お勧めしています。

1 祈願菩薩道(ボサツドウ)

 前部にあるのは、懺悔(サンゲ)やご本尊様との約束などです。
 これまでの行いをすべて懺悔した上で、み仏を信じ、よき願いをかけるのです。

 後部にあるのは、廻向(エコウ)です。
 み仏をご供養し、よき願いをかけるという善行(ゼンギョウ)の功徳(クドク)を、有縁無縁(ウエンムエン)の生きとし生けるものへふり向け、自分が一歩でもよき人生を歩めるようになると同時に、この世もまた一歩でもよき世の中になり、自分以外の生きとし生けるものにも生きる喜びが生まれるよう祈るのです。

 これは、2500年の歴史をかけて仏教がたどり着いた菩薩道(ボサツドウ)としての仏教に縁を結ぶ人々にとって必要不可欠の行為であり、この精神あればそこ、よき願いの成就が確かなものになるからです。
 その精神とは、自利(ジリ)、利他(リタ)、両方の実現を祈りつつ、よき生き方を目ざす心です。

2 自利利他

 自利とは、自分のためになることです。
 自分がしっかりしていなければ、誰かのためにはなかなか、なれません。
 もちろん、それは、いろいろなものに恵まれていることを意味しているのはありません。
 心のライフセーバーにならなければ、心の救済はできず、すべての救済は畢竟(ヒッキョウ)、心の救済だからです。

 たとえば、病状が悪化して先の短い方と、こんなやりとりをします。
「住職さんが拝んでいてくれると言うのだから、もう、心配はなくなりました。
 必ず、お不動さんが護ってくれますね」
「そうですか、大丈夫ですよ。
 私もそのうちに行きますからね」
 
 これは、心のありよう一つで、誰にでもできるのです。
 たとえば、逝く人へ感謝し、逝く人も感謝すれば、そこには尊い思いやりのやりとりがあり、互いの救済があります。
 余分なものを取り去って心からありがとうと言えるのは、自分がよき心になり、自分が救われている状態です。
 その誠心が相手に伝われば、心のライフセーバーとして相手を救う大きな力になり得ます。

 利他とは、自分以外の誰かのためになることです。
 皆でよくなろうという心がなければ、どんな願いにも穢れがつきまとっており、真によき願いとは言えません。
 これまた、いろいろなものに恵まれていることを意味しているのはありません。
 お金や地位や知力や体力がなければ、誰かのためになれないわけではないのです。

 たとえば、受験の合格祈願に来られる方と、こんなやりとりをします。
「すばらしいチャレンジですね。
 ところで、合格したら何をやるつもりですか?」
「日本では簡単に克服できるいろいろな病気によって、世界中のあちこちで、子供たちが簡単に死んでしまいます。
 そうした子供たちを救いたいのです」

 こうした利他の志を持った方ならば、首尾よく合格すれば目標へ早く進めるのはもちろん、もし、失敗したとしても、志に即した別の方法を見つけ出して、進めることでしょう。
 合格した途端に遊びまくったり、資格を得て高慢になったりはしないはずです。
 また、受験に失敗したからといって、浮き草のようになるはずもありません。
 他のためになろうとするよき意思は、必ず自分自身をも救う力を持っているのです。

3 確かな救い

 だから、懺悔(サンゲ)ではこう唱えます。(一部です)
「無始よりこのかた
 貪瞋癡 (トンジンチ)の煩悩(ボンノウ)に まつわれて
 身と口と意(ココロ)とに造るところの
 もろもろのつみとがを、
 みなことごとく懺悔(サンゲ)し奉る」
(無限の過去から
 貪り、怒り、愚かさによって積み上げてきた
 さまざまな罪科を
 すべて懺悔いたします)

 廻向(エコウ)ではこう唱えます。(一部です)
「願わくば此の功徳(クドク)を以(モッ)て
 普(アマネ)く一切に及ぼし、
 我れ等と衆生(シュジョウ)と皆共に
 仏道を成(ジョウ)ぜん」
(ねがわくばこの功徳の力を
 広く生きとし生けるものへ及ぼし
 自分自身と生きとし生けるものとすべて一緒になり
 仏道の成就ができますように)

 そして皆さんは、ご来山された時よりも必ずいくばくか、よき心になって帰られます。
 顔に輝きが出て、言葉にも力がこもっており、すでに、ご加護はあるのです。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん ばざら たらま きりく」※今日の守本尊千手観音様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IvMea3W6ZP0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

 

2016
06.25

新月からの修行 ─16日間の心─

2016-06-25-00012.jpg

 新月から満月までの16日間にわたって瞑想修行をしませんか。

 私たちが霊性そのものになれば、円満して欠けるところのない大日如来の心になれます。
 生き仏になるのです。
 しかし、簡単にはそうなれません。

 さまざまな行者、聖者が思考と修行を重ね、感得した経典が『金剛頂経(コンゴウチョウキョウ)』と『大日経(ダイニチキョウ)』です。
 今回は、この『金剛頂経(コンゴウチョウキョウ)』にもとづいて表された金剛界マンダラの中心にある「成身会(ジョウジンエ)」というマンダラに描かれた菩薩(ボサツ)様方に導かれて円満な心をつくる修行法を公開します。

 完成された智慧を表す成身会(ジョウジンエ)の中心には大日如来がおられ、その四方に阿閦如来(アシュクニョライ)、宝生如来(ホウショウニョライ)、無料寿如来(ムリョウジュニョライ)、不空成就如来(フクウジョウジュニョライ)がおられます。
 4尊は、大日如来の智慧を4つの方面から、私たちにわかりやすく示しておられます。

1 阿閦如来(アシュクニョライ)は、大円境智(ダイエンキョウチ)を示します。
 これは、モノが鏡に映るように、ありのままに観る智慧であり、これがあってこそ、私たちの生活は成り立ちます。
 真理・真実にそぐわない勝手なものの見方を離れ、よき願いを持ちたいものです。

2 宝生如来(ホウショウニョライ)は、平等性智(ビョウドウショウチ)を示します。
 これは、人間もネコもスズメも、それぞれに存在していることは平等であると観る智慧であり、ここからあらゆる創造が可能になります。
 自己中心的でなく、自分をも含めて客観的に広く眺める視点を持ちたいものです。

3 無料寿如来(ムリョウジュニョライ)は、妙観察智(ミョウカンザツチ)を示します。
 これは、それぞれのものがそれぞれなりに独自のありようで存在していることを観る智慧であり、ここに活きたコミュニケーションが生まれます。
 苦しみや楽しみのさまざまなありようを眺め、生きとし生けるものへ慈悲をもって接したいものです。

4 不空成就如来(フクウジョウジュニョライ)は、成所作智(ジョウショサチ)を示します。
 これは、あらゆるものがそれぞれ固有のはたらきを持って存在していることを観る智慧であり、ここからあるべき行動が導き出されます。
 生きとし生けるものが尊い役割を果たしていることを理解できれば、自分にも自分なりの他に代えがたい役割があると気づくことでしょう。

 この4尊それぞれが、私たちの心に感得しやすい四菩薩(ボサツ)を生じさせてくださいます。
 だから、私たちが4×4の16菩薩(ボサツ)に成りきれれば、大日如来の智慧に近づくことができます。
 以下、1、2、3、4それぞれの如来様の智慧をつくる修行に入りますが、月の満ち欠けと現在、一般的に使われている暦の日付とがずれていることを承知しておいてください。
 今の暦は太陽暦であり、太陽の運行に合わせているので、ずれが生じるのはやむを得ません。
 新月の日をもってスタートし、月が満ちて行くように、円満な智慧を獲得しましょう。
 ちなみに、次の新月は7月4日の20時1分( 中央標準時)です。

2016-06-25-00022.jpg

○第一日…阿閦如来(アシュクニョライ)の世界

 金剛薩捶(コンゴウサッタ)のお姿を胸に引き入れ、その徳を思い、真言を唱えましょう。
 この方は、金剛のように堅固な菩提心(ボダイシン…悟りを求める心)を持ち、普賢菩薩(フゲンボサツ)と同体であると見なされています。
 大日如来の説法を聴き、私たちへ伝えてくださる使者の役割を果たしておられます。
 右手に持つ金剛杵(コンゴウショ)は如来の智慧を表し、左手に持つ金剛鈴(コンゴウレイ)は、私たちの迷妄に気づかせ、まっとうに生きようという心を起こさせます。
 菩薩(ボサツ)の「五大願」を発しましょう。
 
 衆生無邊誓願度(シュジョウムヘンセイガンド)…生きとし生けるものは無限にいますが、誓って救います。
 福智無邊誓願集(フクチムヘンセイガンシュウ)…福徳と智慧は無限にありますが、衆生のために誓って集めます。
 法門無邊誓願覺(ホウモンムヘンセイガンガク)…み仏の教えは無限の量ですが、誓って学びます。
 如来無邊誓願事(ニョライムヘンセイガンジ)…み仏は無限におられますが、誓ってお仕えします。
 菩提無上誓願證(ボダイムジョウセイガンショウ)…み仏の悟りは無限の高みにありますが、誓って体得します。

 真言は「オン バザラサトバ アク」です。

2016-06-25-00032.jpg

○第二日…阿閦如来(アシュクニョライ)の世界

 金剛王菩薩(コンゴウオウボサツ)のお姿を胸に引き入れ、その徳を思い、真言を唱えましょう。
 この方は、一切の如来を引き寄せる力を持っているために、自利行を自在にできます。
 衆生へ利益を自在に与えられるので、利他のために衆生を引き寄せることも自在にできます。
 だから、鉤(カギ)のように引き寄せる形の印を結びます。
 衆生を仏道へ引き入れるための善行である「四摂事(シショウジ)」を誓願しましょう。

 布施(フセ)…教えを与え、物資を与える。
 愛語(アイゴ)…思いやりのある言葉をかける。
 利行(リギョウ)…身体と言葉と心を用いて衆生へ利益をもたらす。
 同事(ドウジ)…相手と同じ立場に立って利益をもたらす。

 真言は「オン バザラアランジャ ジャク」です。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。