--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
02.01

イラク戦争と靖国神社への祈り(その17) ─お葬式をしてはいけない日?─

201601300031.jpg

 平成16年1月、自衛隊のイラク派兵に鑑み、仏神と祖霊のご加護で自衛隊員の無事帰還をはかるべく、靖国神社へ向かって托鉢行を始めた。
 世界の情勢が急変を見せ始めた今、そのおりの記録を加筆訂正しながら再掲しておきたい。
 不戦日本の願いを込めて。

 いったん帰山してからの法務が相次ぐ。

○お葬式のできない日(2月25日)

 午前中、長年患っておられたAさんへ引導(インドウ)を渡した。
 覚悟の出立は見事だった。
 午後、終り次第新幹線に乗る予定で地鎮祭の出張祈祷にでかけたところ、枕経のご依頼が入った。
 またしてもご不幸である。
 B家では、大黒柱が不治の病にかかって以来、不測の事態を想定し、かねて、奥さんをはじめご一族が額を寄せあってお寺選びをしておられたのだという。
 忌中の提灯を目印に玄関のドアを開けたら、「よくおいでくださいました」とお揃いでお迎えいただいた。
 寺院が〈選ばれる〉時代にならない限り仏教は衰退すると信じ、日々法務に邁進してきた者としてはまことに心強い。

 さて、ご親族はお葬式の日取りに頭を悩ませておられた。
 諸事情を考え合わせると4日目がよいのだが、4という数を忌む風習があり、どうしたらよいかわからないという。
 4日目にするか、それとも5日目にするかという選択である。

 まず、喪主様から教えを問われた。
「ご住職様、仏教上、どうなっているのでしょうか?
 どういう問題がありますか?」
「私たちは自分で自分の生まれる日も亡くなる日も決められず、生き死にに関することごとにおいて良い日も悪い日もありません。
 だから、俗信は別として、日柄による修法上の障碍は何もありません。
 当山は、どのようにも対応できます。
 どうぞご都合のよい日をお選びください」
 極力、皆さんのご意志を尊重しようと、議論の結果を待った。

 案の定、聡明な喪主様が道理によって場をリードし、俗信に左右されず、御霊が早く成仏への道へ入り、ご遺族もまた大仕事を速やかに済ませられるよう4日目と決した。
 それを確かめてから「その日は初七日をご守護くださるお不動様のご縁日です」と申し上げた。
 全員が信頼の眼差しを向けて来られ、場にかすかに漂っている不安や不満の気配は霧消した。
 み仏の教えは、真理真実に立ち、気まま心や愚かさや怒りによって自ら苦を招く生き方から脱するための慈悲ある智慧である。
 俗信に対して適切な判断をもたらす智慧の鏡ともなる。
 今日も確かなご縁の糸を結んでいただいた。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



スポンサーサイト
2016
01.11

イラク戦争と靖国神社への祈り(その5) ─運勢の相談、ご葬儀での合唱など─

201601110001.jpg
〈真善美は光の三原色となってダイヤモンドのような霊性を輝かせる〉

201601110002.jpg
〈貪り、怒り、愚かさは色の三原色となって悲しみや苦しみに満ちた黯(クロ)い地獄へ導く〉

 平成16年1月、自衛隊イラク派兵に鑑み、小生は、仏神と祖霊のご加護で自衛隊員の無事帰還をはかるべく、靖国神社へ向かって托鉢行を始めた。
 世界の情勢が急変を見せ始めた今、そのおりの記録を加筆訂正しながら再掲しておきたい。
 不戦日本の願いを込めて。

○ご意見(2月4日)

 早朝からご祈祷と法話の法務があり、NHK文化センターの講座『法句経を読む』を終えて帰山したら午後1時を過ぎていた。
 ひき続き墓地での打ち合わせやお葬式のご相談などがあり、あっという間に夕方である。
 
 講座で、終戦当時に中学生だった女性Aさんからご意見をいただいた。
「テレビを見ると昔、若い人を戦争に送り出した時と同じ光景ですよね。
 どんなことをしても、孫たちをああやって戦地へは行かせたくないと思いました。
 外国から出兵を頼まれても憲法があるのだからと断れるはずではないでしょうか。
 どこの国の人だって、いのちを一番大事にするのは当たり前のことですよね。
 日本は自ら出兵をせず、『戦争はしてはいけないものだ』と世界へ訴えるべきではないでしょうか」
 午後に来山されたBさんは、きっぱりと言われた。
「日本の現状は、すべて戦後の年月が生みだしたのですから、敗戦を境にして何が失われたか、何を得たのかを問う住職の考えに同感です。
 特に50代60代の人々がこの57年間をふり返って懺悔すべきは懺悔し、学ぶべきは学び、やらねばならないことをしっかりとやらなければなりません」
 いじめや授業の様子などにはっきりと現われている子供たちの精神と振舞の荒廃。
 そこに代表される日本の衰運に対して、大人が責任を感じ行動を起こさねばならない。
 足元が崩れていながら外国へ出兵してどうなることだろうか。

運気の弱い場合には(2月5日)

 人生相談や打ち合わせが重なり、お通夜までびっしりだった。
 明日のお葬式が終るまで再出発はできない。
 これもまたみ仏のお導きなのだろう。

 自分の力が出にくい運勢の方からのご相談があったので、その対処法を記しておきたい。
 運勢はバイオリズムである。
 智慧でそれを活かす人は自力で運命を創りながら生きられる。
 ただ怖れたり流されたりする人は、運勢に翻弄され、いつも山と谷を行ったり来たりして人生を過ごす。
 さて、誰にでも〝自分ではがんばっているつもりなのに、どうも力が出ないなあ、どうしたんだろう〟という時期がある。
 力がなくなったのではなく、何ものかに吸収されてしまう。
 こんな時に自分の力を過信して無理をすると、間に合うはずのものが間に合わなくて失敗する。
 年配者が若い時代に持っていたジャンプ力を過信して沢を渡ろうとすれば、川に落ちてずぶ濡れになってしまうようなものである。
 目的地へ向かう力が出ないなら、焦らず深呼吸をして、まず、たとえ小さなことでも他のためになることを実行したい。
 他へ与え、喜ぶ姿を見て自分も喜べることが大切である。
 この「お互い様」は「おかげ様」である。
 お互いが徳を積めば、それが陰の力となって必ずお互いを救う。
「お互い様」「おかげ様」はありがたい教えである。
 
 護摩の火で眼鏡がひび割れたままなので、よく見えない状態だったが、どうにかお通夜の修法を終えた。
 かつて師僧から「行者は、印を結び真言を唱え観想をして法を行うが、最後は、たとえ布団の上で動けない状態になっても瞬時に法を結べるようでなければならない」と教えていただいたことが初めて実感さた。
 若いうちは若いなりの修行、年をとればそれなりの修行があるものだ。
 一生、一行者でありたいとの思いを新たにさせられた。

○お葬式(2月6日)

 お葬式で合唱が入るという初体験をした。
 故人も喪主も合唱が趣味なのでお別れの言葉に代えて合唱を行いたいという。
 お焼香をする前に、20人ほどが導師・職衆を半円形に囲み、指揮者が端に立ってモーツァルトの「アヴェ ヴェルム コルプス」を演奏した。
 歌詞は、以下のとおりである。
「めでたし、まことの御体
 おとめマリアの御子として生まれたお人
 真の試練を受け、人間の罪のため十字架にかけられた
 引き裂かれた脇腹から流れ出る血
 私たちのため、先に最後の審判をお受けください」(インターネットの「クラシック音楽夜話」による)
 正装した善男善女の歌声は、すすり泣きを交えながらも凛としていて、魂を揺すられる思いがした。

 修法が終っての法話で、「先ほどのように清らかな魂の震えを共有できるならば、きっと争いや戦いのない世の中になることでしょう」と申し上げた。
 真・善・美を追究する哲学や科学、宗教や道徳、芸術は、微妙にずれながらもどこかで重なり合っている。
 真実に発するものは人生にとってよきものであり、美しいものでもあるはずだ。
 重いだけになりがちのお葬式が魂の共振をもたらす、すばらしい企画だった。

○問い(2月7日)

 今日も朝から予約がびっしり。
 地鎮祭の相談に来られたAさんから「お釈迦様の教えだから、どの宗派も結局は同じなんですよね?」と問われた。
 これまで幾度となくいただいたご質問である。
 こういう問いを発する方は、ほとんど例外なく「仏教」を自分の向こう側においていろいろ読んだり聴いたりしているだけで、一つの行に打ち込むといった実践をしておられない。
 み仏の教えと法の中に〈この身このままで〉飛び込んでおられない場合が多い。
 正式な作法で真言を唱えるなり、経典を読誦するなり、瞑想をするなり、経典を書き写すなりして何かをつかんだ方は、〈漠然とした問い〉があまり出なくなる。
 問いは具体性を帯び、回答を受けて心と行が深まり、また一歩、お釈迦様の悟りへ近づくきっかけとなる。
 
 行者として冒頭の問いに答えるならば、「花一輪を捧げる場合、見た目には同じ行為でも、いかなる心で行うかによって、得られる境地という行為の結果はさまざまになります」ということになる。
 たとえば、お葬式の後で必ず行う五種供養の法話を聴き、花を手向ける意味と意義が、「美しいもので飾ってあげましょう」だけではないのだと魂で受けとめた方は、眼の輝きが変わる。
 その方が次に花を捧げる機会があれば、以前とは異なったレベルの心で行われることだろう。
 見た目には同じ作法、同じ行為だが内容は別ものである。
 そのように、どの宗派もお釈迦様の悟られた境地を目ざすが、方法は千差万別であり、方法という〈原因〉が異なれば得られる境地である〈結果〉も違うのは因果の理法どおりである。
 仏教を心の柱としたいのなら、とにかく、縁となった教えを実践することがすべてである。
 すべての宗派におけるご本尊様を尊ぶのがマンダラの教えと法なので、お大師様は生涯、他の宗教宗派と争われなかった。
 当然、当山も同じである。
 仏教徒の根本姿勢は、他の宗教宗派と争わず、縁となった教えを実践することである。

 略式礼服のまま、午後7時から開いている居合の道場へ駆け込んだ。
 帰山後、NHKテレビで、日本を剣道団体戦で世界一に導いた〈無心の一撃〉を眺めながら食事をし、一日が終った。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2016
01.02

1月の運勢 ─宥座(ユウザ)の器など─

2016010100052.jpg

 1月の運勢です。

 この時期に行う〈一念発起〉は、新天地が拓けるか、もしくは夢で終わるか、大きく二つに分かれます。
 成功のポイントは、手順や予定をしっかり組み立て、着々とやれるかどうかにかかっています。
 最初はスピードが鈍いようでも焦りは禁物です。
 閃いたものを信じて進みましょう。

2015122400012.jpg

 一方で、あまり調子に乗ってはなりません。
 昔、孔子が桓公の廟へお参りした時に、傾いたままぶら下げられている器を見つけ、廟守(ビョウモリ)に何であるか訊ねたところ、「きっと『宥座(ユウザ)の器』というものでしょう」と教えられました。
 孔子はすぐに、空の時は傾き、ほどほどならば水平になり、満杯にしようとすればひっくり返る器があると聞き及んでいたことを思い出しました。
 知恵ある名君はこれを側へ置いて自らへの戒めとしているのです。
 そこで付き従っていた弟子へ、さっそく水を入れてみるように命じました。

 案の定、そのとおりになりました。
 孔子はそこで教えを説きました。

「嗚呼(アア)、夫(ソ)れ物は惡(イズ)くんぞ滿ちて覆(クツガエ)らざるものあらんや」


 何ごとも〈ほどの良さ〉が大切であり、何ごとも行き過ぎれば本来の役割を果たせず、価値を失うだけでなく、害にすらなりかねません。
 そして孔子は、具体的にどうすればよいかと問う弟子へ答えました。

「優れた才知を持つ者は、自信の愚を自覚すること、功績や手柄のある者は、謙譲の心を持つこと、勇力を持つ者は、恐れを忘れぬこと、そして、富を持つ者は、謙遜すべきである」


 今月はまた、結論を急がないようにしましょう。
 たとえば、お年寄りの中には〈ピンコロ〉を理想とする方も少なくないことでしょうが、人生はなかなかそう思い通りになるものではありません。
 特に病気や生き死にの道筋は人間の浅知恵を遥かに超えています。
 驚かれる方が多いかも知れませんが、お医者さん方の多くは、もしも死因として望めるならばガンがよいと考える方が多いと聞き及んでいます。
 それは、ある程度、死への手順を踏めるからです。
 また、仏法的視点からすれば、死の自覚は、普段、世渡りの忙しさに追われて開いていなかった心の扉が開き、教えに対して〈聴く耳〉がはたらくきっかけとなります。
 だから、説かれる真理がすなおに心へ届き、罪業(ザイゴウ)を清められます。
 また病気に耐えつつ、手をかけ、心を向けてくださる方々へ感謝する徳によって善業(ゼンゴウ)を積み、罪滅ぼしができるのです。
 いずれにせよ、起こった状況をまず冷静に観て、人の道にそった真の意味での方便をじっくりと探してみましょう。

 さて、早くも、いくつかの人生相談がありました。

 Aさんは、大きな計画を持っておられますが、どう計算しても予算オーバーとなってしまいます。
 こんなお話をしました。
「プラスを集めても足りない時は、マイナスを減らす努力も必要ではないでしょうか?
 ギリギリの勝負では味方の力を頼るだけでなく、敵の力を削ぐ兵法も必要になるものです」

 Bさんは、親から受け継いだお仏壇のご本尊様が信じられない宗教のものなので、お位牌に手を合わせる時の違和感が拭い去れません。
 こんなお話をしました。
「四国八十八か所のご本尊様がさまざまおられ、全体で一つのマンダラとなって聖地を形成しているように、さまざまな私たちも又、それぞれの霊性の色合いによって反応するみ仏が多種多様ですから、どうぞ、これからお守りになられる貴方様が心から信じられるご本尊様に代えて問題はありません。
 これまでのご本尊様は魂抜きをしてお焚きあげしますし、新しいご本尊様は魂入れをして、お堂であるお仏壇にお納めしましょう」

 Cさんは問題を起こした組織との関係を模索しておられます。
 こんなお話をしました。
「去ろうとしているものを追おうとせず、むしろ、手放したくてもなかなか手放されずにいたものをこの際、去るものと共に切り放してやりましょう。
 災い転じて福となり、次の段階が開けるかも知れません」

 Dさんは、ご自身のお葬式をどうするか、墓地とお墓をどうするか、なかなか決めかねておられます。
 お話ししました。
「もしも重篤な病気になったなら、確実に治してくださるお医者様を真剣に探すでしょう?
 それと同じほど重大な問題をお金や便利さだけで決められるはずはなく、ご自身が心から安心できる住職と墓地を、ご自身で見つける以上の方法はないので、どうぞ安心を第一の判断基準にしてじっくりとご検討ください」

(プライバシー保護のため、いずれのご相談と答も配慮しています)
 皆々様の開運を祈っています。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん さん ざん ざん さく そわか」※今日の守本尊勢至菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。

https://www.youtube.com/watch?v=qp8h46u4Ja8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2015
12.30

遺影と語る ─ヘルメットのAさん─

20141223000232.jpg

 ご葬儀、あるいはお納骨の時など、たまに、遺影を縁とした会話が生ずる。

 Aさんは還暦を過ぎてもまじめに工事現場ではたらき続け、突然、亡くなった。
 仲間と酒を飲んだりもしたが、なぜか出身地については語らなかったという。
 福祉関係者のみの立ち会いによるお納骨となり、石屋さんが手順を進めた。
 好きだった缶ビールやセンベイが添えられ、「準備が調いました」の声に法具を正面へ移動しようとして、荷物の上へ置かれたままになっている小さな遺影に気づいた。
 工事現場らしい背景で、上半身だけが映ったありきたりのスナップ写真である。
 手に取り、お墓へ立てかけた。
 黄色い安全帽をかぶった痩躯(ソウク)のAさんは陽に焼け、やや得意気に穏やかな笑みを浮かべていた。
 プロとしてはたらく誇りなのか、あるいは年配者になっても仕事に自信があるのか、揺るがぬ何かを感じさせる渋みの伴う佳い顔だった。
 手を合わせた瞬間、思いもよらず、こちらから問いかけが生じた。
「何を埋められたのですか?」
 彼が過去に埋めたのは、よもや人間ではあるまいが、埋めるしかなかったモノなのか?
 それとも、交友関係や家族関係や仕事上のできごとなどの記憶だったのか?
 どんよりとした雪空の下、答が返ってこないまま修法に入り、結界を結び終えた瞬間、急に空から陽光が降って来た。
 Aさんの笑顔は輝きを増した。

 すべてが終わり、礼をして正面から離れようとした時、今度は口からもう一度、喉を擦る空気に伴って問いが出た。
「何を埋められたのですか?」
 数秒、遺影との対面が続いた。
 Aさんは静かに笑ったままだった。
 後片付けの途中で、察知した女性の担当者からおずおずと質問された。
「何を話されたんですか?」
「埋めたものをお訊きしたんですが、わかりませんでした」
 別の担当者が荷物へしまい込もうとしているAさんの写真が視界の隅を通って消えた。
 ありがとう、と聞こえたのは気のせいだったのか……。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2015
11.20

自分で自分の戒名を考える話 ─戒名が降りる時─

201511200001.jpg
〈浜の叫び〉

 これまで、生前戒名を自分で考える方々とのご縁がいくつか、あった。
 皆さん、おずおずと言われる。
「私は自分で考えているんですが、いいでしょうか?」
 あるいは、ご遺族から訊かれる。
「実は自分で戒名をつけていたんですが、お葬式をしていただけるでしょうか?」

 戒名戒律と共に授かる名前である。
 戒律そのものになる新たな存在が、清浄なみ仏の世界から授かる名前である。
 この世で授かれば、僧名となり、あるいは生前戒名となる。
 多くは、あの世の住人となる旅立ちに際して、旅人を特定する戒名となる。

 そうした戒名は、ご本尊様から授かるしかない。
 だから当山では、ご本尊様と一体になる法を結び、降りた戒名をお伝えしている。
 住職が〈考えついた〉ものではない。

 ならば、皆さんが〈考えた〉戒名は無効か?
 もちろん、どなたも、ご本尊様と一体になる法を結んでなどはおられない。
 しかし、当山とご縁になられた方々はどなたも、真剣そのものである。
 
 そもそも、私たちはすべて、み仏の子である。
 その本性が隠れ、自己中心で生きている日々にあって、み仏の子そのものに成り切る瞬間は誰にでも、無数にある。
 ──小さな子供がアリを避けて歩く時。
 ──少年がお祖母ちゃんの荷物を持つ時。
 ──ドライバーが進路を譲る時。
 ──腰の痛みに耐えながら、自分に信頼しきっている入所者を介護士がお風呂へ入れる時。
 何も劇的場面とは限らない。

 さて、自分の戒名を考えている時はどうか?
 やはり、み仏の子になっておられるのではないか?
 死後を想い、いろいろあった人生を振り返るご自身の魂の奥底に、ようやく、しかし確かに、仏性を観ておられないはずはない。
 やがて、み仏の世界から文字が授かる。
 その瞬間、み仏と一体になっていないと誰が言えようか。

 お大師様は説かれた。

「遠くして遠からざるはすなわち我が心なり。
 絶えて絶えざるはこれ吾が性(ショウ)なり」


(どこにあるかわからず、つかみようもないけれど、確かにここにあるのが自分の心というものである。
 凡夫である自分とは隔絶し、絶縁しているように思えるけれど、実は自分の本性として必ずそなわっているのが仏性である)

 修法中の導師がみ仏の世界に入っているのと、自分の死後にそなえるため、懸命に心の底へ降りて仏性の光を見出している方とは、何ら変わりはない。
 だから、当山では、ご自身で考えられた戒名を否定しない。
 同じ〈仏の心〉から生じた名前だからだ。
 こうした理由で、当山のご本尊様から戒名を授かった方も、ご自身で戒名を決められた方も、等しく、全身全霊で引導を渡している。
 もちろん、ご自身の信念から戒名を求めない方も。
 み仏のご加護に救い漏れはない。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん ばざら たらま きりく」※今日の守本尊千手観音様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IvMea3W6ZP0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

 

back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。