--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
12.01

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─

2016-11-11-218.jpg
〈四国霊場にて〉

 積もりつつある落ち葉の上に小雨が降り、今にも雪に変わりそうなある日、人生相談で訪れた中年のAさんは、訥々と語り始めた。
 若い頃、父親に殺されかけた話から。

 熟した柿の木のそばで、ちょっとしたいざこざが起こり、逆上した父親が、「このやろう!」と鎌を振り上げた。
 無論、妻子のあるAさんは逃げた。
 父親は普段、決して暴力的ではなく、常識や良識も持ち合わせ、業界や町内で役員に推されるような人間だが、ある種のマグマを抱えているのは、学歴コンプレックスのせいかもしれない。

 百姓の家に生まれ、土方など、何でもやって生き延びてきた父親は、「裸一貫」が口癖で、IT企業ではたらくAさんとは人生観がまったく異なっている。
 とにかく、細くて長い節(フシ)がスルッとした指を持つ者は「汗を流さない」「本気ではたらかない」と決めつけ、信用しなかった。
 だから、病気がちな弱い身体と、よくはたらく頭脳を持ったAさんは、親子でありながら、信用できない者の範疇(ハンチュウ)に入れられていた。
 
 Aさんは〈生い立ちという檻(オリ)から出られない〉父親への軽蔑を育てつつ、そのことに苦しんでもいた。
 とにかく母親と協力して自分を育て、学校を出し、一人前にならせてくれたのだから、大恩人であることは重々、承知している。
 しかし、いくら恩を自覚しようと軽蔑は消えず、惚れ合い妻となった女もまたAさんと似た心理に陥り、家族間の葛藤は募る一方だった。

 多くの人に観音様のようだと称された母親は若くして他界しており、高齢になった父親も又、2年前、頑健な身体にガンを発症した。
 入院させ、金銭面ですべての面倒をみているが、夜半までの仕事が珍しくないAさんは、なかなか見舞いに行かない。
 たまに病室を訪れても、「何でお前のような子供に育ったんだろう」などと言われたシーンが繰り返し、思い出され、言葉も出ないままに息苦しい時が経つだけだ。

 通勤の途中、ビルの向こうに薄いを見た日、Aさんは初めて、お得意様Bさんの接待をした。
 BさんはAさんを高く評価し、受ける信頼はAさんの貴重なエネルギー源となっている。
 宴の終盤、酔ったBさんはやおら、「私は福島の出です」と前置きして民謡を唄い出した。

「ハアー 遥か彼方は 相馬の空かよ~」
 Aさんは鳥肌が立った。
 それは、Aさんがテストで全校のトップになった中学時代、夕食で一杯やった父親がちゃぶ台の前で立ち上がり、上機嫌で唄った時の姿そのものだった。

 福島県で百姓の五男坊に生まれた父親は、この「新相馬節」を十八番(オハコ)にしていた。
「なんだこらようと アー チョーイ チョイ」と唄う時は、すべてから解放されたとしか思えない無邪気な顔をしていた。
 Aさんは勝手に、〝きっと、自分が父親からこの民謡を聴かされた頃の少年時代に戻っているのだろう〟と考えていた。

 大恩人Bさんが唄い終える前に、涙をこらえつつ、Aさんは気づいた。
〝もう、消えた……〟
 ──自分でつくった〈そこから出られない〉心の檻(オリ)がなくなっている。

 上機嫌で更なる協力を約束してくれたBさんと堅い握手を交わし、乗り込んだタクシーを見送ってからAさんは決心した。
〝明日、父親の見舞いに行こう、(初めて)手を握ってやろう。
 俺の節がスルッとした指でもきっと、喜んでくれるだろう〟

※この文章は実話を元にていますが、プライバシー保護のため内容に手を加えたフィクションです。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



スポンサーサイト
2015
11.09

生涯を感謝すこゝろ落葉降る ─飯田蛇笏─

201511090001.jpg

201511090002.jpg

201511090003.jpg

〈11月4日、『ペット霊園やすらぎ』さんで、恒例となった秋の供養会を行いました〉

 11月8日、飯田蛇笏(イイダ ダコツ)が昭和27年に詠んだ句をとりあげた。

は地上におはし給はず


 息子3人を失った老年男性の呻きとしか言いようのない作品だが、同時期のものについても書いておかねばならない。

「生涯を感謝すこゝろ落葉降る」


 晩秋から初の時期に降る落ち葉は、いのちの終わり、あるいは休息というイメージを、極めて強く喚起する。
 しかし、蛇笏はストレートに「感謝す」と言う。
 しかも「生涯」を。

 きっと、〈もういい〉のだろう。
 超一流の俳人としてあらん限りの力を発揮し、戦争もくぐり抜けた。
 も仏もないこの地上をありようも、まざまざと観た。
 無常の現世は、私たちに喜怒哀楽を催させながら、全体としてここにある。

 これも同時期の作品である。

「凪ぎわたる地はうす眼してに入る」


 ここで言う「凪ぐ」は、実際に海が平穏に広がっている光景であっても、あるいは大地がおさまりかえっている気配であっても構わない。
 ポイントは「うす眼」にある。
 の冷たい空気は氷のように密度が高い。
 あらゆるものを、そこにあるがままに固定、密閉する。
 隙間や弛みを許さない。
 その存在の力を受けながらでなければ、アリ一匹、動けない。
 こうした凪ぎ切り、支配し切った空気の圧力を受けてなお、大地は、はっきりと薄眼を開いている。
 あらゆるものに存在と緩慢な活動を許し、見守っている。
 私たち人間も又、薄眼のご加護が及ぶ範囲で生きている。

 は進む。
 

「こゝろなごみゆく地の起伏冬日和


 初冬の小春日和とは違い、本格的な冬の最中に空が晴れ渡り、寒いながらも陽光の恵みを直接ありありと感じられる状態が「冬日和」である。
 そんな日は、大地の自然な起伏にすら弛緩のありがたみを覚える。
 厳寒に玩ばれつつ生をつなぐ生きものである人間にとって、その〈赦し〉は何ものにも代えがたい。
 蛇笏はそう言うしかない言葉を紡いだ。
「こゝろなごみゆく」は、冒頭の句における「感謝す」と同じ率直さだ。

 もう一句ある。

「魂沈む冬日墓地を通るかな」


 墓地におられる御霊については普通、「鎮まる」と表現する。
 未練や怨みや怒りや不満などを脱却して、安らかに、静かにお眠りいただきたいと誰しもが願う。
 しかし、蛇笏は敢えて「沈む」と書いた。
 それは沈むという動きを言うのではない。
 沈んでしまっている状態だろう。
 若くして死んだ三人の息子たちの御霊はあの世へ行ったが、そこはもう手の届きようがない世界だ。
 冬ですらこの世の生きとし生けるものへ遍く降りそそぐ陽光も、死者へはまったく恩恵を与えることができない。
 現実をそのままにとらえ、諦観に静まる心で合掌しつつ墓地を通り過ぎる蛇笏。

 ここまで読んで来ると、「は地上におはし給はず」にも潔さが感じられてくる。
 生きてたどり着いた境地を見せた、さすがの67才である。
 最後に辞世の句、あるいは臨終の句とされている作品について触れておきたい。

「誰彼もあらず一天自尊の秋」


 この「一天自尊」は明らかに、現象世界はそのままに自らの心の本性であると観た状態である。
 無常なるものとして「誰」も「彼」も「自分」も全てが在る。
 それは「天」であり「尊」と言うしかない。合掌

201511090004.jpg

201511090005.jpg

〈灰塚や火葬炉や古いお塔婆のお焚きあげなど、一切の供養を行いました〉




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2015
11.08

神は地上におはし給はず冬の虹 ─飯田蛇笏─

201511080002.jpg
〈会津の冬空にかかったをお借りして加工しました〉

 11月8日は立冬である。
 今年もとうとう冬を迎え、が一段と儚さを感じさせる時候となった。
 太平洋戦争敗戦から7年後となる昭和27年、俳人飯田蛇笏(イイダダコツ)は詠んだ。

「神は地上におはし給はず冬の


 冬の空に鮮やかなが浮かんでいる。
 多くの人びとは美しさに惹かれ、「あっ、だ」と喜んで眺める。
 つかの間、幻のように浮かんでは消えるアーチは、天への架け橋であるかのようだ。
 天におわす神が何かを約束される徴(シルシ)と観るクリスチャンの方々にとっては、特にありがたい吉兆であろう。

 と神と言えば、映画『黒い雨』を思い出す。
 広島で被曝し、死に逝く人びとの生と死を描いた映画の最終場面、閑間(シズマ)重松は、倒れて病院へ運ばれる姪の矢須子を見送りながら、思う。
〝―─今、もし、向うの山に虹が出たら奇蹟が起る。
 不吉な白い虹でなくて、五彩の虹が出たら矢須子の病気が治るんだ……〟
 モノクロの映画はついに虹を見せることなく幕が降りる。
 この映画の原作が井伏鱒二によって書かれたのは昭和40年、映画が公開されたのは平成元年であり、冒頭の一句は『黒い雨』をふまえたものではない。

 しかし、戦争と死はふまえている。
 蛇笏は長男をレイテ島で失い、外蒙古で抑留された三男も失っている。
 三男もまた社会人になる一歩手前で、病死した。
 神が天におわすかどうかはいざ知らず、少なくとも、人間が棲む地上には決しておられない、という慟哭が「地上におはし給はず」と詠ませた。
 
 敗戦から70年、地上の地獄を体験した方々のうちいったい幾人が、こうした思いで虹を眺めて来られたことだろう。
 昭和21年に生まれた小生は、傷痍軍人や米兵に〈戦後〉を感じつつ、モノの不足な時代を生きたが、戦争による喪失そのものを体験してはいない。
 それだけに、映画や小雪の『黒い雨』、あるいはこうした句に接すると、戦争そのものに巻き込まれ、戦後を背負いながらの人生を過ごして来られた方々のお気持は〝いったい、いかばかりか〟という強い思いが起こる。
 息子三人を失った67才の男が眺める虹とは……。
 あまりにも深々と心へ切り込んでくる忘れ得ない一句である。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん ばざら たらま きりく」※今日の守本尊千手観音様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IvMea3W6ZP0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

 

2009
11.23

例祭だより(11月の第二例祭)

 11月21日は第二例祭でした。

 その日の朝、家を出た時に空にが架かっていました~☆
 とっても大きなでアーチが全部見えたんです。そのアーチをくぐっての出勤v

「なんだか朝から縁起がいいなぁ~♪」なんて思いながらお寺につくと

 なななんとぉー。
 またもや大きな笹倉山に架かっているではないですかー!しかもまたはっきりアーチ☆

 住職はしっかりカメラを向けておられました^^

 そんなの祝福を受け^^新しい講堂にて初めての護摩を焚きました。
 二日前に急遽、住職と奥さんと私と三人で護摩壇を運びいれたのです=3

 とにかく今までみたことがないほど大きな炎が上がり、びっくりしましたー。
 大きな大日如来様の右前に置かれた護摩壇には、使者とされる不動明王様が奉られています。
 大日如来様に届くようにお不動様は大きな炎を上げられたのでしょうか・・・。
 久々に住職の太鼓の音と一緒にお経と真言を唱え、やっぱり元気が出てきます!
 太鼓が後押ししてくれるんです。
 護摩の煙が目に沁みるもの久しぶり。
 懐かしいぃ~~~っ。

 これからは講堂での護摩法ができるようになり、冬の寒さも心配いりませんね。
 お正月の大護摩祈祷も楽しみです☆皆様おそろいでお出かけください♪

 この日は18時より映画「チベットチベット」の上映会でした。
 住職はお通夜の大切なお勤めが急遽入ったので、奥さんが一緒に行ってくださいまいした。
 奥さんをお乗せして会場の青年文化センターへ向かう車の中ん???
 クンクンと作務衣の匂いを嗅ぐと煙の香りが・・・

 思わず
「ああ~、久々ですね~この煙臭!例祭だったって感じですよね~!」
と言ってしまう。

「うふふ・・・」と奥さん。

 また新たな始まりです。
 皆様が佳い冬を過ごせますように☆

※この原稿は、橋里佳さんのブログ「大日如life」http://blog.goo.ne.jp/lebleucrystal/から転載させていただきました。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 密教・修験道へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



人気ブログランキングへ
2005
11.26

あの世からの知らせ

1 亡きお父さん
 
 息子さんの酒癖の悪さを治したいと何度か来山され、このところ劇的な改善を見た父親が言われました。
「ありがたいなあと思っていたところ、妻の亡父がはっきりと妻の枕元に立ちました。
 はっとして目が覚めたら、まちがいなく立っていたんです。
 おい、親父さんが来ているぞって妻を揺り動かしましたが、何夢見ているのと言うばかりで、横を向いてしまいました。
 私はあまりこういうことを信じる方ではなかったんですが、錯覚や夢ではなく、明らかな事実でした。
 あんなことってあるんでしょうかねえ。
 いったいどういうことだったんでしょうか?」

 観たところ、凶事の前触れなどではなく、娘夫婦が光明を見いだしたのを喜び、自分も守っているんだよ、自信を持ってしっかりやりなさいとばかり、励まし力をつけてくださるために姿を現したのです。
 ご守護の験(シルシ)ですと申し上げたところ、ご夫婦は驚かれました。
「父は、亡くなる直前、世話になったな、必ずあの世で護っているぞって言ったんです。
 その後、言われたことはすっかり忘れていましたが、息子の更生には、ご本尊様と一緒に亡き父も力を貸してくれていたんですね。
 その知らせだったんでしょう。
 ―――ありがたいことでです」

2 亡き友人
 
 当山の共同墓『法楽の礎』には、同級生だったE君が眠っています。
 やはり同級生だったS君が、ゴルフの帰り道、初めて当山を訪れようという気になり、探しながら近くまで来たそうです。
 うっかり通り過ぎてしまい、道路工事でごちゃごちゃしていることもあって、もうこのまま帰ろうと思ったけれども、なぜか?引き返さねばならない?という気持が強く起こり、Uターンしました。
 そして、住職が不在だったので『法楽の苑』を訪れました。
 
 ここにE君がいるんだったなあと思いながら十三仏様の前に立ち、E君の碑盤を見つけたS君は息を呑みました。
 命日だったのです。
「Eに導かれたとしか思えないなあ。
 第三者と相乗りしていたのに回り道しようと思い立ったのも、通り過ぎてからわざわざ戻ったのも、おかしいよ。引っ張られたんだろうなあ」
 誰からも好かれ、人間好きだったE君は、少し淋しかったのかも知れません。

3 架け橋
 
 大学教授S先生が亡くなって一年が経とうとしています。
 お墓へ向かう車中で、奥さんが言われました。
「主人が亡くなる2日前、目を見張るようなすばらしい虹が病院の窓から見えました。
 表現できないような美しさでした。
 主人は阿寒湖のそばで少年時代を過ごしたそうです。
 ランプ磨きなどをした思い出話を聞いたことがあります。
 とにかく山などになじみ、自然が好きな人でした」
 快晴で無風。やや暖かくさえある日。
 紅葉もあり、雑木林や草地などが広がる墓地の周囲は、冬というより晩秋の気配が濃厚です。
 修法していると、皆さんも御霊も一緒に自然へとけ込むような気持になりました。
 お呼びにあずかった食事の場所へ向かいながら思いました。
「虹は、自然の創る大きな大きな架け橋だったのだろう。何ごとも順序立て、きちんきちんとやり抜いた方へ、み仏がご用意くださったご褒美にちがいない」




back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。