--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
12.01

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─

2016-11-11-218.jpg
〈四国霊場にて〉

 積もりつつある落ち葉の上に小雨が降り、今にも雪に変わりそうなある日、人生相談で訪れた中年のAさんは、訥々と語り始めた。
 若い頃、父親に殺されかけた話から。

 熟した柿の木のそばで、ちょっとしたいざこざが起こり、逆上した父親が、「このやろう!」と鎌を振り上げた。
 無論、妻子のあるAさんは逃げた。
 父親は普段、決して暴力的ではなく、常識や良識も持ち合わせ、業界や町内で役員に推されるような人間だが、ある種のマグマを抱えているのは、学歴コンプレックスのせいかもしれない。

 百姓の家に生まれ、土方など、何でもやって生き延びてきた父親は、「裸一貫」が口癖で、IT企業ではたらくAさんとは人生観がまったく異なっている。
 とにかく、細くて長い節(フシ)がスルッとした指を持つ者は「汗を流さない」「本気ではたらかない」と決めつけ、信用しなかった。
 だから、病気がちな弱い身体と、よくはたらく頭脳を持ったAさんは、親子でありながら、信用できない者の範疇(ハンチュウ)に入れられていた。
 
 Aさんは〈生い立ちという檻(オリ)から出られない〉父親への軽蔑を育てつつ、そのことに苦しんでもいた。
 とにかく母親と協力して自分を育て、学校を出し、一人前にならせてくれたのだから、大恩人であることは重々、承知している。
 しかし、いくら恩を自覚しようと軽蔑は消えず、惚れ合い妻となった女もまたAさんと似た心理に陥り、家族間の葛藤は募る一方だった。

 多くの人に観音様のようだと称された母親は若くして他界しており、高齢になった父親も又、2年前、頑健な身体にガンを発症した。
 入院させ、金銭面ですべての面倒をみているが、夜半までの仕事が珍しくないAさんは、なかなか見舞いに行かない。
 たまに病室を訪れても、「何でお前のような子供に育ったんだろう」などと言われたシーンが繰り返し、思い出され、言葉も出ないままに息苦しい時が経つだけだ。

 通勤の途中、ビルの向こうに薄いを見た日、Aさんは初めて、お得意様Bさんの接待をした。
 BさんはAさんを高く評価し、受ける信頼はAさんの貴重なエネルギー源となっている。
 宴の終盤、酔ったBさんはやおら、「私は福島の出です」と前置きして民謡を唄い出した。

「ハアー 遥か彼方は 相馬の空かよ~」
 Aさんは鳥肌が立った。
 それは、Aさんがテストで全校のトップになった中学時代、夕食で一杯やった父親がちゃぶ台の前で立ち上がり、上機嫌で唄った時の姿そのものだった。

 福島県で百姓の五男坊に生まれた父親は、この「新相馬節」を十八番(オハコ)にしていた。
「なんだこらようと アー チョーイ チョイ」と唄う時は、すべてから解放されたとしか思えない無邪気な顔をしていた。
 Aさんは勝手に、〝きっと、自分が父親からこの民謡を聴かされた頃の少年時代に戻っているのだろう〟と考えていた。

 大恩人Bさんが唄い終える前に、涙をこらえつつ、Aさんは気づいた。
〝もう、消えた……〟
 ──自分でつくった〈そこから出られない〉心の檻(オリ)がなくなっている。

 上機嫌で更なる協力を約束してくれたBさんと堅い握手を交わし、乗り込んだタクシーを見送ってからAさんは決心した。
〝明日、父親の見舞いに行こう、(初めて)手を握ってやろう。
 俺の節がスルッとした指でもきっと、喜んでくれるだろう〟

※この文章は実話を元にていますが、プライバシー保護のため内容に手を加えたフィクションです。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



スポンサーサイト
2012
09.12

親の思いを知る手がかり ─有島武郎作『小さき者へ』を読む(その2)─

20120912026.jpg

 有島武郎による子供が生まれる場面の描写は、迫真としか言いようがない。
 それは、将来起こるかも知れない親子葛藤を解くカギともなる重要な文章である。

「昼過ぎになると戸外の吹雪は段々鎮まっていって、濃い雪雲から漏れる薄日の光が、窓にたまった雪に来てそっと戯(タワム)れるまでになった。
 然(シカ)し産室の中の人々にはますます重い不安の雲が蔽(オオ)い被(カブ)さった。
 医師は医師で、産婆は産婆で、私は私で、銘々の不安に捕われてしまった。
 その中で何等の危害をも感ぜぬらしく見えるのは、一番恐ろしい運命の淵に臨んでいる産婦と胎児だけだった。
 二つの生命は昏々(コンコン)として死の方へ眠って行った。

 丁度(チョウド)三時と思わしい時に――産気がついてから十二時間目に――夕を催す光の中で、最後と思わしい激しい陣痛が起った。
 肉の眼で恐ろしい夢でも見るように、産婦はかっと瞼を開いて、あてどもなく一所(ヒトトコロ)を睨(ニラ)みながら、苦しげというより、恐ろしげに顔をゆがめた。
 そして私の上体を自分の胸の上にたくし込んで、背中を羽がいに抱きすくめた。
 若(モ)し私が産婦と同じ程度にいきんでいなかったら、産婦の腕は私の胸を押しつぶすだろうと思う程だった。
 そこにいる人々の心は思わず総立ちになった。
 医師と産婆は場所を忘れたように大きな声で産婦を励ました。

 ふと産婦の握力がゆるんだのを感じて私は顔を挙げて見た。
 産婆の膝許(ヒザモト)には血の気のない嬰児が仰向けに横たえられていた。
 産婆は毬(マリ)でもつくようにその胸をはげしく敲(タタ)きながら、葡萄酒(ブドウシュ)葡萄酒(ブドウシュ)といっていた。
 看護婦がそれを持って来た。
 産婆は顔と言葉とでその酒を盥(タライ)の中にあけろと命じた。
 激しい芳芬(ホウフン)と同時に盥(タライ)の湯は血のような色に変った。
 嬰児はその中に浸された。
 暫(シバラ)くしてかすかな産声(ウブゴエ)が息気(イキ)もつけない緊張の沈黙を破って細く響いた。

 大きな天と地との間に一人の母と一人の子とがその刹那に忽如(コツジョ)として現われ出たのだ。

 その時新たな母は私を見て弱々しくほほえんだ。
 私はそれを見ると何という事なしに涙が眼がしらに滲(ニジ)み出て来た。
 それを私はお前たちに何といっていい現わすべきかを知らない。
 私の生命全体が涙を私の眼から搾り出したとでもいえばいいのか知らん。
 その時から生活の諸相が総て眼の前で変ってしまった。

 お前たちの中(ウチ)最初にこの世の光を見たものは、このようにして世の光を見た。
 二番目も三番目も、生れように難易の差こそあれ、父と母とに与えた不思議な印象に変りはない。

 こうして若い夫婦はつぎつぎにお前たち三人の親となった。」


 生む、生まれるという真実はこのようなものである。
 途中で母子が「死の方へ眠って行」く場合もある。
 生まれた者とは「この世の光を見た」者である。
 大役を果たした妻は「弱々しくほほえ」み、妻と共に「いきんでい」た夫は「涙が眼がしらに滲(ニジ)み出て」、人間としての母親となり、父親となる。

 育てた親と大きくなった子との間で何かが起こり、行き詰まりそうになった時は、この時点へ帰るべきではなかろうか。
 親なくして、子は世の光を見られなかった。
 子なくして、女と男は自分の人生を他の存在へ捧げつつ生きる尊い親の道を歩めなかった。
 親あっての子、子あっての親であり、人の子として今を生きている者のいのちも人生も〈親あったればこそ〉であり、人の親として今を生きている者のいのちと人生も〈子あったればこそ〉である。
 相手をするのは、自分のいのちと人生をすることであり、相手を憎むのは、自分のいのちと人生を憎むことである。
 自分のいのちと人生を真にする者は、相手をもするはずであり、自分のいのちと人生を憎む者は、相手を真にはせないはずである。

 真の慈しみとして顕れ、優しさとなって相手を包む。
 優しさとは、〈信じる〉〈認める〉〈教える〉〈与える〉〈守る〉という五つの行為が円満にはたらいてもたらされる〈人間がみ仏の子である証明〉である。
 育てた親と大きくなった子との間で何かが起こり、行き詰まりそうになった時は、誕生の時点へ帰り、「自分はみ仏の子として生きているだろうか」と自らへ問いたい。
 そうすれば壁を突破できるのではないだろうか。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん ばざら たらま きりく」※今日の守本尊千手観音様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

 

2011
06.09

東日本大震災 ─東北関東大震災・被災の記(その59)─日本を信じつつ、我が子を看病する

 岩手県在住のAさんが、大震災の影響によって躁うつ病の悪化したお子さんに関するご相談で来山されました。
 お子さんは、躁状態の時は別人のような目つきで強引な態度になり、うつ状態の時は一日中寝ているといった生活を続けています。
「とても良いまじめな子で、自慢の種でした。
 地震が来るまでは回復が順調だっただけに、悔しくてなりません。
 今はもう、あきらめつつありますが、自分があの世へ行ったら子供はどうなるのか心配でなりません」。

 気丈なお母さんはもう70才を超え、お子さんは40才代のはたらきざかりです。
 病気の対処法は、はっきりしています。
 第一に、お子さんと心の波長が合い信頼できる医師を根気強く探すこと。
 第二に、ネット上に氾濫している治療と薬に関する情報を鵜呑みにせず、足を骨折したならば松葉杖に頼るのと同じ気持で信じた医師の治療法に従うこと。
 第三に、薬は必ず指示通りに服用し、その結果として表れている実際の状態をありのままに医師へ伝えること。
 第四に、症状の変化や薬への心配など気になる点は自己流で解決しようとせず、どのような些細なことでも遠慮せず医師へ相談すること。

 Aさんご自身についても、不安を吐露されました。
「子供への接し方がわからなくなりました。
 お医者さんは『なるべく好きにさせてください。精神年齢が一時的に大人でなく、子供の状態に近いと心得て接してください』と言います。
 でも、やってはいけないことについては厳しくしなければならないと思うし、イライラが募って、きつい言葉をぶつけたくなる時もあります。
 自分の心をどのようにすれば良いのでしょうか?
 また、一番心配なのは、私が死んだ後のことです。
 ただただ心配で、私が参ってしまいそうです」。

 お答えしました。
「接し方のマニュアルはありません。
 人の性格も、人と人との関係も千差万別だからです。
 ただ、言えるのは、貴方とお子さんは今までも親子であり、これからも親子であるということです。
 貴方がこれまで親として接してきた気持で、幼子が風邪を引いた時と同じ気持で、今できることをするしかありません。
 親子だからできること、親子でなければできないことを行うのみです。
 親子あるいは夫婦の誰であれ、親や子や夫や妻に看病してもらえるのを幸せと考えたいものです。
 もちろん、他人である看護士などは劣るという意味ではありません。
 縁が年月によって熟成した深い絆を信じて、自分が行っている看病は、誰にも負けない世界一であると自信を持ってください。

 次のご質問ですが、貴方が亡くなった後のご心配は当然です。
 これまでたくさんの方々から同じご質問を受けてきました。
 中には、80才の母親が年賀状へこう書かれた例もあります。
『子供の杖になりたいのです。
 お護りください』
 私が申し上げられることはたった二つです。

 まず、日本を信じ、信じられる国にしましょう。
 少子高齢化の社会となった日本の経済力は、この震災の影響もあってなかなか上昇しないでしょう。
 失業者や生活保護の方々は簡単に減らすこともできず、日本は、競い合って伸びる社会から、皆で、暮らしにくい人々を支える社会へと変わりつつあります。
 でも、ガッカリする必要はありません。
 お隣さん同士で味噌や米を貸し借りし、『大家と店子は親子同然』だった江戸時代の長屋を想像してみましょう。
 あるいは敗戦後、焼け野原から立ち上がった世代の話を聞いてみましょう。
 皆が目線を上げつつ、同時に手もつないでいたはずです。
 これまでの日本は、それぞれが勝手に目線を上げすぎ、手をつなぐ面が薄れていたような気がします。
 個人の上昇志向と横の連帯とのバランスが時代によって変わるのは当然です。
 日本の政治はかなり批判を浴びていますが、日本人の精神風土は崩れておらず、むしろこの大震災で良い面が復活しつつあります。
 いろいろ問題はあっても、基本的に、日本は日本人を見捨てません。
 見捨て始めたと思えば皆で方向を修正させましょう。
 どうせだめだと思ったなら、本当にだめな国になりかねません。
 テレビで流れるメッセージとは別な自分自身の視点から日本を信じ、『自分亡き後は、きっと国が何とかしてくれる』と信じましょう。 
 もう一つ申し上げるのは、貴方がお子さんへ全力投球されるのは当然であり尊いことですが、ぜひ、貴方自身を回復する時間と空間も確保していただきたいということです。
 そんな余裕などありはしませんとおっしゃりたいお気持はわかります。
 私自身も、急に深く落ち込んだ妻を看病しながら仕事を続けていた時期があるので、いささかは理解できます。
 しかし、それでもなお、意識して自己回復をはかればできるし、貴方自身がご自身の生命力を新鮮に保つことが、しっかり看病する条件だと申し上げたいのです。
 自己回復は、自己解放が前提です。
 そのための時間を何としてもつくりましょう。
 お金も、自分亡き後のために貯めておこうとばかり思わずに、自分へ許せる範囲で使い、しっかり自己解放自己回復を行いましょう。
 そうやって元気な貴方であってこそ、お子さんの看病を続けられると考えてください。
 そもそも、貴方が億万長者であればまだしも、そうでない以上、お子さんのこれからの人生のすべてをまかなえるだけのお金を残せますか?
 できないのなら五十歩百歩ではありませんか。
 もちろん、貴方は無責任に自分の役割を国へ押しつけようとはせず、まっとうに、真剣に責務を果たそうと生きておられると見込んでこのように申し上げているのです。
 ぜひ、ご自身のために時間もお金もそこそこに使い、ご自身の人生の充実もはかりながら、看病してください。
 現実は厳しくて、そんなことができるくらいなら相談に来てはいませんとおっしゃりたいかも知れません。
 でも、心がけ次第で、周囲の見え方や時間の流れ方は必ず変わります。
 小さなご提案を心の隅に置いていただきたいと願っています。

 心の支えが欲しい時、気持を切り替えたい時は、守本尊様の真言を唱えましょう。
 お子さんを護って欲しいならばお子さんの守本尊様の真言、貴方自身が護られたいならば、貴方自身の守本尊様の真言です。
 つぶやくだけでもスッと心の状態が変わり、ご加護を実感できることでしょう。
 守本尊様と亡きお父さんに護られてお子さんが早く回復されるよう、お子さんとのかけがえのない日々が無事安全に送られるよう、心から祈っています」。

230609024.jpg



 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。