FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
07.30

般若心経の救い

2016-07-30-0001.jpg

 皆さんのご関心が仏法に向かうこの時期、般若心経について少々述べてみます。

1 般若心経三蔵法師(サンゾウホウシ)が救われた話

 中国の敦煌(トンコウ)から見つかったお経が説く、般若心経の救いです。

 唐の時代、玄奘(ゲンジョウ)という意欲に満ちた僧侶がいました。
 彼は、学ぶ仏教に、自分ではどうしても解釈できない問題点を見つけました。
 そこで彼はインドへ行って直接、調べようと決心します。
 若き日のお大師様が、夢のお告げで『大日経』に巡り会った後、どうしても理解でない部分を解くために、唐の都長安を目ざしたのと同じです。

 しかし当時、長安から出ることは固く禁じられていました。
 それでも玄奘はこっそり出発します。
 やがてたどり着いた空恵寺(クウエジ)でインドから来て病気になった僧侶と出会い、手厚く看護します。
(空海とその師である恵果の「空」と「恵」が山号になっています……)
 すると僧侶は、インドへ向かう彼に、救済力のある経典として般若心経を教えてくれました。
 きっとこの僧侶は、般若心経にすがりながらインドからここまでの道中を生きてきたのでしょう。

 当時、道のない砂漠の中を進むには、人や馬などの骸骨が目印でした。
 白々としたお骨を求めて歩むある夜、突然、従者が剣を振りかざし、玄奘から路銀を奪おうとします。
 玄奘般若心経を唱えたところ、月光が刃となって従者の目を貫き、救われました。

 一難去ってまた一難、悪竜などが次々に襲ってきますが、般若心経はすべて退散させました。
 しかし、水がないのには困り果て、彼はついに故国へ踵(キビス)を返そうとします。
 その時、大音声が聞こえました。
「お前は何のために歩いているのだ。
 長安へ引き返して生きるよりも、西へ向かって死のう」
 突っ伏した彼に向かって一陣の涼風が吹き、顔を上げると、そこには草も水もありました。
 いつの間にか、天山(テンザン)山脈の麓にいたのです。

 あらためて勇気を奮い起こした玄奘は、山脈越えに挑みます。
 凍てついた平原や峻険な山、石つぶてのように叩きつける氷雪をものともせず、般若心経を先達(センダツ)として進んだ彼はついに、インドのナーランダー寺にたどり着きました。
 そこで彼を出迎えたのは、空恵寺で看病した僧侶でした。
「私は観世音菩薩である」
 こう告げた彼は消えます。
 般若心経と、その主尊観音様に救われた玄奘は懸命に励み、16年の歳月をかけ、インドから数々の経典を持ち帰りました。
 彼は三蔵法師(サンゾウホウシ)と称され、私たちは彼が翻訳した般若心経に救われ続けています。

2 お大師様が説いた般若心経の意義

 玄奘と同じように、真理を求めて荒海を渡り、長安へ行ったお大師様〈空〉海は、〈恵〉果阿闍梨(ケイカアジャリ)から密教のすべてを伝授され、帰国後、般若心経を解釈する「般若心経秘鍵(ヒケン)」を記しました。
 そこにはこんな文章が含まれています。

「仏法というものは、どこか遠くにあるのではなく、私たちの心の中にあり、誰にとっても身近なものだ。
 真実世界は自分から遠いところにあるのではなく、自分自身を捨ててどこかに探そうとしてはならない。
 迷いも悟りも自分自身にある。
 だから、真実世界を求めようと心の底から決心するならば、そこにこそ、悟りはある。
 迷いも悟りも、極楽も地獄も、遠くにあるのではない。
 教えを学び、信じ、実践すれば、それはたちまち明らかになる」

 原文です。

「夫(ソ)れ、仏法遥かに非ず、心中にして、即ち近し。
 真如(シンニョ)、外(ホカ)に非ず、身を棄てて何(イズク)にか求めん。
 迷悟(メイゴ)我れに在(ア)り。
 則ち発心(ホッシン)すれば、即ち到る。
 明暗(ミョウアン)、他に非(アラ)ず。
 則ち信修(シンシュ)すれば、忽(タチマ)ちに証す。」


 また、般若心経の最後にある「ぎゃてい、ぎゃてい、~」という真言についてこう述べておられます。

真言は不思議である。
 ご本尊様を正しく観想しながら一心に唱えれば、根源的な無智の闇は取り除かれる。
 一字一字に無限の真理を含んでおり、
 真言に導かれるこの身このままに真実世界の救いが実感できる」

 原文です。

真言は不思議なり
 観誦(カンジュ)すれば無明(ムミョウ)を除く
 一字に千理を含み
 即身に法如(ホウニョ)を証す」


 そして得られる世界はこう説かれます。

「ぎゃてい、ぎゃてい、という真言と共に、絶対の安寧がもたらされ、
 ぎゃてい、ぎゃてい、という真言と共に、根源的なみ仏の世界へ還り着く。
 迷う世界は旅人が泊まる仮の宿のようなものであり、
 本来の居場所は、自分自身にある悟りの世界である」

 原文です。

「行行(ギョウギョウ)として円寂(エンジャク)に至り
 去去(ココ)として原初に入る
 三界(サンガイ)は客舎(カクシャ)の如(ゴト)し
 一心はこれ本居(ホンコ)なり」


 結びです。

「般若心経に説かれる一文字、一文章はすべて真実世界に充ち満ちており、
 終わりも始まりもなく、私たちの心中に存在している。
 心の目が曇っている人には、心が閉ざされていて見えないが、
 この経典の主尊である文殊菩薩と般若菩薩(ハンニャボサツ)は、曇りを取り除いてくださる。
 この救いの妙薬を迷う人々へ与えて苦しみや心の乾きを癒し、
 さらに、根源的な無智をうち払って魔ものたちの軍勢を破摧しよう」

 原文です。

「一字一文、法界(ホッカイ)に遍じ
 無終無始にして、我が心分(シンブン)なり
 翳眼(エンゲン)の衆生(シュジョウ)は、盲(メシイ)て見ず
 曼儒(マンジュ)・般若(ハンニャ)は能(ヨ)く紛(フン)を解く
 この甘露(カンロ)を灑(ソソ)いで迷者(メイジャ)を霑(ウルオし
 同じく無明(ムミョウ)を断じて魔軍(マグン)を破せん」


3 ある人生相談

 墓石などにかかわっておられるAさんがしみじみと言われました。
「こういう仕事をしていると、いろいろ考えさせられ、〝自分はこうしていていいのだろうか?〟と疑問に思えてきます。
 今は虫一匹を踏みつぶすこともできないし、縁になるお客様には心で合掌しています。
 生きなおしを考えています」
 Aさんに前述の物語と、お大師様の教えをお伝えしました。
 般若心経がますますありがたくなったと言うAさんの瞳に力ある光が宿りました。

 8月9日の講演「お盆・終括・生きなおし」(http://hourakuji.blog115.fc2.com/blog-entry-5155.html)では、こうしたお話も申し上げたいと考えています。(022ー224ー3384)
 どうぞふるってご参加ください。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト
2016
05.11

心の眺め方 ─守本尊と一体になる瞑想について─

2016-05-11-0002.jpg

 5月14日(土)午後2時からの寺子屋法楽館』では瞑想についてのお話を少々、申し上げ、瞑想体験も行います。
 イス席があるので、どうぞお気軽にご参加ください。

 さて、根本経典『大日経』は、迷いを断ち悟りを開く方法について説きます。

「実(ジツ)の如(ゴト)く自を知る」


 自分のをありのままに知るとはどういうことでしょうか?

 お大師様は説きました。

「これこの一句に無量の義を含めり。
 竪(タテ)には十重の浅深を顕し、横には塵数の広多を示す。」


(この一句には無限の内容が含まれている。
 縦にその深さを観れば、十段階ものレベルがあり、横にその広さを観れば数えきれぬほどの教えを示している)

「自分のがあやふやで、迷い穢れに満ちていればこそ〝このままではいけない〟と配しているのに、これ以上、自分のを眺めても救いなど見つけられるとは到底思えない……。」

 これが皆さんの本音ではないでしょうか?

 実は小生も、かつてはそうでした。
 しかし、問題は眺め方にあります。
 そのヒントを得ていただくだけでも、今回の講座は万々歳だと思っています。

・日  時 5月14日(土)午後2時~3時半(ひき続き、自由参加の茶話会もあります)
・場  所 当山講堂(イス席もあります)
・参加費 千円 中学生以下五百円(お菓子、飲物付)
・送  迎 開始30分前に『イズミティ21』前へ無料送迎車がまいります。乗車希望の方は必ず、前日午後5時までにお申し込みください。℡022(346)2106




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2014
08.01

合掌し、心におられるみ仏と会おう ─東北関東大震災・被災の記(第155回)─

2014080100012.jpg
〈クラゲは獲物を狙わず、触手で感じとった縁のものによって生きています〉

 7月5日、大震災によって生まれた膨大な悲しみに人と社会がどう対処すればよいかを問うシンポジウム「震災と宗教―悼みと向き合える社会へ―」が開催された。
 場所は東北学院大土樋キャンパスである。
 7月27日に掲載された河北新報の記事を元に、宗教者としてかかわってみたい。

 パネリスト6名へ与えられたテーマは「〝悲しみの技術〟を巡って」である。
 今回を最終回としたい。

3 死者と共に生きる方法は?

 東北学院大副学長、教養部教授である佐々木俊三氏は問を発した。

死者と共に生きるような柔らかさのある社会を現代の日本に取り戻すことはできるのだろうか。」


 こうした問いに接すると、いつもお大師様の教えを思い出す。

仏法は、私たちの日常生活から離れたどこか遠いところにあるのではない。
 私たちすべての心の中という最も近いところにある。
 
 悟りの真理は、私たちの外にあるのではない。
 私たち自身を離れていったいどこに求めようというのか。

 迷いも、悟りも、自分自身そのものにある。
 だから、そのように気づく時、すでに、迷いを離れ悟りを得る境地へ達している。

 悟りの明るい世界も、迷いの暗い世界も、私たち自身を離れた何ものかに原因を求めてはならない。

 だから、自分の身体と言葉と心のはたらきについて正しく知り、正しくはたらかせる方法を学び実践すれば、こうした真実はたちまちにして明らかになることだろう。」


 これは、般若心経について解き明かした文章の冒頭近くにある教えである。

 私たちは、心がクシャクシャになった時、山へ行き、海を眺め、鳥や虫の声や潮騒に目や耳を任せる。
 ジョン・コルトレーンやエンヤに聴き入り、我を忘れるひとときを持つ。
 それは、掌中に丸められた一枚の白紙を静かに広げ、皺を伸ばすようなものである。
 いったんは、机の上に広げられ解放されても、そのうちにまた否応なく、見えない手によってクシャクシャにされる。

 どうすればすんなりと紙を伸ばし皺を取れるか、あるいは、クシャクシャにされないためにはどうすればよいか。
 宗教の歴史は、こうした〈方法〉を探求してきたと言える。
 そして、有効と認められた方法こそが、現代人に伝えられた宗教である。
 仏教について現況を観れば、学び実践している人々にとっては充分に有効であっても、無関心であることを含め、知らない人々にとっては何の効力もない。
 もちろん、知った上で近づかない方や批判する方もたくさんおられ、そうした方々を批判したり教化したりしようとする姿勢は、仏教的なものではない。

 さらに、人生相談やご葬儀やご供養を行っている現場の者の実感としては、葬儀や供養という〈慣習〉あるいは〈習俗〉についてはある程度、知られいても、宗教的〈意味〉や〈意義〉については、ほとんど知られていないというのが実情である。
 その証拠に、お通夜やご葬儀の後で必ず行う法話において、戒名は何であり、どうやって決まるか?お線香やお花は誰の何のために捧げるのか?といったお話を申しあげると、驚くほど多くの方々から「初めて知りました」「驚きました」と言われ、感激される。
 そして、これまで、肝腎な宗教的真実が伝わらず、宗教行為がほとんど社会通念上行われる〈儀礼的行為〉に堕してしまった現状に打ちのめされ、奮い立ちもする。
 現場に立つ僧侶たちが檀家制度という社会的枠組みに長年、安住してきたことの結果であり、現代の僧侶たちは、急速に風化し崩壊して行く枠組みにすがらず、托鉢行を行ったお釈迦様やお大師様と同じような「出発」を覚悟すべきであると思う。

 ちなみに、当山はこう願をかけて無からスタートした。
この世の幸せとあの世の安心」
「法灯に因(ヨ)り、法友と共に、法楽に住せん」

 人間関係や病気など、この世の幸せを脅かす状況に、救いを求める方々と一緒に、立ち向かいたい。
 自分の死、周囲の人々の死、そして、悼む思い、こうしたあの世の安心を脅かす状況に、救いを求める方々と一緒に、立ち向かいたい。

 冒頭の問いに対して、自然、芸術、哲学、歴史、さまざまな分野からの回答があることだろう。
 伝統仏教の実践者としては、人類が深化させてきた宗教を離れて、空の彼方に救いを求めるといった方法は考えられない。
 伝統的、かつ斬新な作風で知られる家具職人増野繁治師の言葉を思い出す。

「無から自分が創り出す新しい技法などはありません。
 ただただ、先人に憧れ、学ぶのみです。」

 
 最後に、お大師様が「自分の心におられるみ仏に気づくべし」と説かれた原文を挙げておきたい。

「夫(ソ)れ、仏法遥かに非ず、心中にして、即ち近し。
 真如(シンニョ)、外に非ず、身を棄てて何(イズク)にか求めん。
 迷悟(メイゴ)我れに在り。
 則ち発心(ホッシン)すれば、即ち到る。
 明暗、他に非ず。則ち信修(シンシュ)すれば、忽(タチマ)ちに証す。」



 最後の最後に申し添えておきます。
 仏教を学び実践することは誰にでも、いますぐに、できるのです。
 仏教は難しい、と腕組みしをていたならば、幾度生まれ変わっても仏教による救いとは無縁なままでしょう。
 毎日、24時間、仏法を生きているつもりの私も到底、「仏教というもの」など、わかりはしません。
 だから、一輪の花と亡き人とを思い浮かべ、念じてみましょう。
「この花のように、雨風に耐え、人としてきちんと生きて行きますから、どうぞ、ご安心ください。
 どうぞ、お見守りください」
 これであなたも立派な仏教徒であり、人の道を一歩、確実に前へ歩んだことになるのです。合掌




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2012
10.10

ペットのお骨と人間のお骨を同じお墓に入れられないか?

20121010033.jpg

1 ペットのご葬儀人間のご葬儀

 最近は、特にペットのご葬儀が多くなりました。
 当山で行ったり、ペット霊園で行ったりします。
 お骨をそばに置き、百か日や一周忌の供養を行ってから埋骨するという方も決して珍しくはありません。
 皆さんの真剣な気持に接していると、亡くなった家族をあまりにも簡単に送ってしまう風潮に対して疑問を新たにさせられます。
 
 たとえ長かろうと短かろうと、人が一生を生き抜き幕を下ろす時は、私たちにとって最も尊厳に満ちたものです。
 送る人は畏れ敬う畏敬の念にかられ、人生で最も厳粛な気持になるのが当然ではないでしょうか。
 新たないのちに出会う誕生に魂が揺すぶられるならば、生き抜いたいのちが去る逝去にも魂が揺すぶられて当然ではないでしょうか。
 新たないのちが保たれ、安全に育つよう万全を尽くすのと同じく、生き抜いたいのちが無事安全に安心の世界へ還って行けるよう万全を尽くしたくなるのが当然ではないでしょうか。
 それが人の道ではないでしょうか。

 派手なお葬式をやれば良いと言うのではありません。
 自分が病気になれば、多くの人は、一生懸命、治してくれそうな病院を探すはずです。
 それと同じく、人があの世へ向かう時、きちんと送ってくれると確信が持てる寺院や葬儀社を真剣に探し、心残りのない送り方と弔い方を真剣に模索するかどうかを問うているのです。
 安く、早く、手短に、を第一とするのではなく、まごころを込め、今の自分にはこれしかできませんという誠意をもって送ろうとするかどうかという心の問題を問うているのです。
 死者のいのちを粗末に扱えば、自分も粗末に扱われる未来を招き、結局、自他のいのちを粗末に扱う生き方になることをよく考えてみたいものです。

 その点、ペットを送るためにご葬儀を申し出られる方々は皆さん、真剣そのものです。
「あなたは家族、あなたは友、~」と始まる導師の声に重なってこらえきれない嗚咽が漏れたりします。
 人間のご葬儀に比べればとても短いものですが、どなたも、濃密な思いを込めて過ごされ、心を決して火葬炉へ向かわれます。
 炉の前に立たれたご遺族の方々からあらためて嗚咽や別れの言葉が聞かれるのは、人間の場合と変わりありません。

2 お骨の納め方

 さて、そうした真剣な方々から、「人間のおに一緒に入れてはいけませんか?」と問われる機会も生じるようになりました。
 質問者のほとんどは若い方です。
 こんなふうにお答えしています。
地の区画内にもう一つ、ペット用のカロート(お骨を納める穴)を作られてはいかがでしょうか?
 当山の地にはそうしたおがいくつもあります。
 それが難しく、しかも、どうしても身近にということであれば、今あるカロートの一部をコンクリートなどで区切り、人間と別途に法を結ぶしかないでしょう。
 それも難しければ、同じ苑内にあるペット用の共同に納め、お詣りするという方法になりましょう。
 いずれにしても、いつまでもお骨のままで置かず、自然へ還してあげることが大事です」

3 一緒にしない方が良い理由

 当山は、ペットのお骨人間お骨を一緒にすべきでないと判断しています。

 理由の一つは、生きものとしては人間もペットも変わりはありませんが、位が違い、世界が違うとされていることです。
 人間界と畜生界は異なっており、人間がペットにすればトラも大蛇も家族となりますが、飢えた猛獣は人間を餌にしかねません。
 もう一つは、混じるイメージに問題があることです。
 たとえどんなに可愛かろうと、一体になる究極的方法であるセックスを行えばそれは獣姦(ジュウカン)であり、決して受精から誕生へ至ることのないこのセックスにおぞましさを感じるのがまっとうな人間です。
 死後であろうと、〈交わる〉イメージはもつべきでないと考えます。
 もう一つは、いつまでも一緒にいたいという気持はとても理解できますが、かなわぬ執着心(クウ)を忘れた迷いです。
 あらたな明日を生きる自分のためにも、先に安心の世界をめざして旅立ったペットのためにも、はっきりと別れの意識を持ち(クウ)という真実にそった生き方をお勧めしたいのです。

 同じ疑問を持たれている方々、ご理解、ご納得いただけたでしょうか?
 まだ納得できないという方はどうぞ、人生相談をお申し込みください。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


 
2012
04.10

厄年の過ごし方一口ポイント(その1)

20120405001matu.jpg

 運勢に関するご相談が多く、これまでとは少し異なる面からも書きとめておきます。

八方塞がりの年】

○1・10・19・28・37・46・55・64・73・82・91・100歳(数え歳)の方

「我、明と暗の区別をするは、人を惑わさず、自他の発展を願うがゆえなり」


 ここは混沌たる迷いの世界です。
 1才に当たっていることを見てもわかるように、生まれたての赤児が何も知らずに泣いているような状況になるやも知れません。
 迷わずにやっていれば、悪も一時は栄えるとおり、私たちの栄枯盛衰と迷いのあるなしは大いに関係があります。
 この時期には、考えがしっかりしないままに強行したくなりがちですが、それではなかなかはかばかしい結果は得られません。
 大切なのは心の安らぎや子孫の幸せを願い、我を張らず、迷う部分を解消してから行動に移ることです。
 親不孝をしている人は、八方塞がりの時期には天変地異など不意のできごとで大難に遭う可能性があるとされており、ここで生き方を変えましょう。
 心身の弱っている人も、交通事故などに要注意です。
 また、強い迷いや疲れでフラフラしている人は、各種のもらい事故に要注意です。

 しかし、道が見えにくくなっている時期は、み仏の教えや人生の達人に学んで自分の判断力を高め、人生の方向を見直す絶好のチャンスでもあります。
 まず、自分にとって本当に明らかになっていることがらと、そうでないことがらをはっきりと見極めましょう。
 また、周囲へ廻す視線が安心なものをとらえられない時は、天を見上げましょう。
 仏神の世界を思い、偉人たちの人生へ想いを廻らしてみましょう。
 惑い、ままならぬ焦りがフッと遠ざかるかも知れません。
 自他のいのちとこの世のありようが持つ尊いものをしっかり見つめ、正しい見解を持って精進しましょう。

【種蒔きの年】

○2・11・20・29・38・47・56・65・74・83・92・101一歳(数え歳)の方

「我、愚痴を言わず未来を語るは、人につけ入られず、自他の発展を願うがゆえなり」


 この年は、自分を奥から突き上げるものに動かされていろいろなことを思い立ちます。
 しかし、表面的には立派な計画でも、裏に我欲煩悩が隠れている場合は、うまく行きません。
 忙しい一方で、地獄をかいま見る可能性もあります。
 それは、煩悩に突き動かされているその時、その場が地獄の世界だからです。
 故武田泰淳は指摘しました。
「『地獄』とは何か。人間の苦悩の全てである」
「地球上の総人口、生きとし生けるものに平等にわかちあたえられている、この地獄的要素」
として
「つまずきがある。壁がある。矛盾がある。絶望がある。迷いがある。くらやみがある。疑いがある。自分および他人に対する、許しがたい裏切りがある。みしくさがある。汚れがある。弱さがある。競争がある。攻撃がある。抹殺がある」
を挙げました。
 何と恐ろしく、かつ、日常的な光景でしょうか。
 私たちは誰かが踊っているのを見ると踊りたくなり、唄っていれば唄いたくもなります。
 それが煩悩に動かされている場合ですら、同じです。
 自分にも煩悩があるからです。
 悟りを得ていない私たちが呼吸をしているこの世界がそのまま地獄の様相を持っていることを忘れてはなりません。

 この時期は、ものの道理をあらためて考え、自分勝手(我欲のしわざです)な理屈に走らず、口にしても仕方がないグチを言わず、誰かのためになる喜びを知る生き方をしましょう。
 剣豪は、こうした心で前進しました。
「斬り結ぶ刃の下ぞ地獄なれ、身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」(柳生石舟斎)
「斬り結ぶ太刀の下こそ地獄なれ、一歩進めば後は極楽」(宮本武蔵
「切り結ぶ刃の下ぞ地獄なれ、踏み込み行かば後は極楽
 他のため、社会のためになる計画へ捨て身で当たれば、協力者が現れるなどして成功へ向かいます。
 そこから、結果的に、自分の運勢も地獄的なものから離れて上昇することでしょう。



 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん あり きゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。