--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
11.10

静寂の共有 ━修行の深まり━

 今回の四国巡拝は今日で終わる。
 前回、お遍路さんとして目立ったヨーロッパ系の方々、特に、自転車で回る若い方はほとんどいない。
 多いのが僧侶に連れられた団参者だ。
 女性のリーダーもいて頼もしい。
 季節によって、これほど違うものかと驚く。

 最大の難所とされる45番札所岩屋寺で、40代の僧侶に声をかけられた。
「どちらからですか?」
「宮城です」
 即座に、震災の被害は?と返ってきた。
 あちこちで幾度か一緒になった彼は三重県からやってきたらしい。
 頭(ズ)が低く、自分より年上の20人ほどを巧みに率いている。
 まことに好ましく思えた。
 こういう人々が仏法を生かしてゆくのだろう。

 さて、「修行の道場」である高知県が終わり、「菩提(ボダイ)の道場」愛媛県に入ったところで、菩提心(ボダイシン)について少々、お話をした。
 お大師様が重要視されたこの言葉にはいくつもの意味がある。
 要は悟りを開くことに収斂するが、それではますますわかりにくいので、小生はよく「まっとうに生きたいと願い、精進する心」と表現する。
 湯川秀樹博士は、お大師様がこう願って生きた人であると指摘した。
「一日生きるとは、一歩進むことでありたい」
 ならば、私たちは今回、どう一歩進もうか?

 前回の巡拝では、「限られた時間内でしっかり思いを確立して歩くために、真言や御宝号を一区切りづつ丁寧に、ご本尊様とお大師様へ届けよう」と提案した。
 その結果、当山のグループは他のグループとかなり、リズムの異なった唱え方をしながら歩いている。
「南無大師遍照金剛、南無大師遍照金剛、南無大師遍照金剛、~」とバンバン、重ねてやらない。
「南無大師遍照金剛━━━、南無大師遍照金剛━━━、南無大師遍照金剛━━━」
 もしかすると、声をかけてきた彼は、そんなところが気になっていたのかも知れない。
 プロは他のプロが自分と違うことをやっている状態にすぐ、気づく。

 さて、今回はそのちょっと先へ進みたい。
 たとえば、最後の「南無大師遍照金剛━━━」が終わり、声が切れた先にやってくる静寂の数秒。
 この<余韻>大切にしたいのだ。
 そこは無限のスピードで思いがお大師様へと通じて行く時間であり、同時に、お大師様からも無限のスピードでご加護が返ってくる時間であると思う。
 また、日常生活ではほとんど望めないほど意識が深まる貴重な時間だ。

 運転手の滑田(ナメタ)さんにもご協力をいただいたおかげで、本堂の前でも、大師堂の前でも、唱え終わってから次の動作へ移る直前の静寂を共有できるようになった。
 静寂と言っても、周囲で物音一つしないわけではない。
 大きな声でお唱えする声が周囲に満ちていようとも、息を吐ききり、無呼吸の状態となった自分の心に必ず静寂がやってくるし、それは、心を合わせて修行しているメンバーには<気配>としてわかるのだ。

 今回も貴重で、生きた修行ができた。
 もしかすると、息が止まったままになり、この静寂に入りきってしまえば、安寧な成仏となるのかも知れない。
スポンサーサイト
2016
11.08

ツワブキとの初対面

 ツワブキがどういう花なのかをようやく知った。
 開ききった小さな菊花で、土手の目立たないあたり、あるいは、やや日陰になって他の華やかな花たちが見当たらないような場所で、ひっそりと咲いている。
 華奢な花弁の割には広葉樹のようにしっかりした濃緑色の葉をもっており、目を奪われた。

 昭和62年、小椋佳の作詞作曲による『流氷の街』が渡哲也の唄で巷に流れた。
 確か、テレビドラマの主題歌か挿入歌だったと思う。
 そのドラマを観たことはなかったが、いつしか、もろもろの問題で苦吟する者の耳の底に居ついた。

流氷の街の 片隅で
 心にしみ込む 優しさは
 涙おく 露草か
 ひそやかな ひとよ

 すまじきは恋の 戯れか
 心のなごみの 華やぎも
 ひとむれの つわぶきか
 隠れ咲く 花よ」

 小椋佳が言わんとするところは想像がついても、花そのものがいなかる姿をしているか、調べないままに約30年の月日が流れた。
 今回の四国遍路を迎える準備中、不思議とこの歌がよみがえった。
 そして、“この哀しみは何だろう?”と訝る思いを持ったまま飛行機に乗った。

最初に訪れた鶴林寺の参道で小さく黄色な花を見つけ、同行のご婦人方に訊ねた。
「何という花でしょうか?」
 そして、あっけない初対面となった。

 その慎ましさに涙を感じた。
 “小椋佳はいかなる思いでこの花を眺めたのだろう?”
 大ぶりでしっかりした葉にも唸らされた。
 食用にもなると聞き、今度は深く頷かせられた。
 あの歌の主人公が流氷の街で出会った女性のイメージは、霧の去った朝に存在感を増す風景と同じく、鮮明になった。

 知ってしまったせいで、よく目に入るのだろう。
 行く先々の札所で、ツワブキたちが出迎えてくれた。
 ポンと孤独に咲いているものもあり、群れているものもある。
 心で挨拶をしながら本堂へ向かう。
 祈りは確実に深まった。

2016
09.29

10月の守本尊様と真言 ―阿弥陀如来―

2016-09-29-0001.jpg
〈ご加持の印〉

 10月は、寒露(カンロ)と霜降(ソウコウ)の神無月(カンナヅキ…10月8日より11月6日まで)です。
 10月は戌(イヌ)の月なので、守本尊阿弥陀如来(アミダニョライ)様です。

 阿弥陀如来様は、『遍處行智力(ヘンショギョウチリキ)』をもって、人々がどのような世界へ行こうとしているかをご覧になり、地獄界や餓鬼界などの悪しき世界へ入らぬよう、お導きくださいます。
 正しく念ずるならば、そのお力により、必ず善き所へ連れて行ってくださるのです。
 また、阿弥陀如来は、戌亥年生まれの善男善女を一生お守りくださる一代守本尊様でもあり、身体においては、主として脚をお守りくださいます。
 そして、特に今年、数え年で2才、11才、20才、29才、38才、47才、56才、65才、74才、83才、92才、100才の方をご守護くださいます。
 ご供養し、ご守護いただき、心豊かに、無事安全に過ごしましょう。

「それ衆生(シュジョウ)界一切の○業障重罪(ゴッショウジュウザイ)ことごとく○消滅すまで大慈悲の○無量の願を捨てざると○誓約された阿弥陀仏○三密加持(サンミツカジ)のその時に○目(マ)の当たりにぞ拝すなり」


(生きとし生けるものたちすべての悪行による悪しき影響力や障りを招く可能性、そして重い罪そのものをことごとく消滅させるまで、無限の願いを捨てないと約束された阿弥陀如来を、私たちは、身体と言葉と心とをみ仏と一体化させるその時に、ありありと拝することができる)

 私たちは、うわべだけでなく、心の底から自分自身を省み、身体でよきことを行い、思いやりのこもった言葉を用い、み仏の世界やお姿を心に描く時、慈悲の権化(ゴンゲ)である阿弥陀如来様のお力やお姿を感得せきるかも知れません。

「亡き人と○一切衆生(シュジョウ)の成仏を○至心に廻向(エコウ)・祈念して○阿弥陀如来の真言の○無量無辺の加持力(カジリキ)と○利益を信じ誠心(ヒタスラ)に○大師と共に誦持(ジュジ)すれば○阿弥陀の光に包まれて○その法悦に随喜(ズイキ)せん」


(亡くなった人と、生きとし生けるものが成仏できるよう、心の底から、自分の善行がもたらすよい影響力をふり向け、成就するよう祈り、阿弥陀如来の真言が持つ限りない救済力を信じつつ、お大師様と一緒に唱え、没頭すれば、やがて阿弥陀如来の光に包まれ、ご加護を受けている実感を喜べることだろう)

 四国遍路をする人はすべて、心に「同行二人(ドウギョウニニン)」の思いを抱き、「南無大師遍照金剛」と唱えます。
 どこでもお大師様と一緒であり、どこの札所におられるご本尊様に対しても、お大師様と一緒に般若心経や真言を捧げ、善願の成就を祈ります。
 お不動様やお地蔵様や阿弥陀様など、各札所におられるどなたもが、まごころを捧げる善男善女へ救いの手を差し伸べられます。
 まごころを捧げる具体的な方法、すなわち、即身成仏(ソクシンジョウブツ)する方法が、身体と言葉と心をみ仏に一体化させることであり、合掌し、真言や経文を唱え、心が清浄になってご本尊様と一体化すれば、「加持力」に包まれる状態と言えるのです。
 その〝ああ、お救いいただいている〟という実感こそが「法悦に随喜」と称する中身です。
 
2012097.jpg

 写真は、永代供養を行ってご加護を受けるため、当山の講堂へ納められた阿弥陀如来様です。
 総丈は約35㎝あり、日本で唯一、護摩を焚いてできた灰が体内へ納められています。(奉納受付中)

 10月守本尊阿弥陀如来(アミダニョライ)様をご供養しお守りいただきたい時、願いを成就させたいと念じる時、つらい時、悲しい時、淋しい時は、合掌して真言(真実世界の言葉)をお唱えしましょう。
 たとえ一日一回でも、信じて行なえば、ご本尊様へ必ず思いが届きます。
 回数は任意ですが、基本は1・3・7・21・108・1080回となっています。

「おん あみりたていせい から うん」

今月の真言をお聞きになるにはこちらをクリックしてください。音声が流れます


※お聞き頂くには 音楽再生ソフト が必要です。お持ちでない方は、
 こちらから無料でWindows Media Player がダウンロードできます。





 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2016
04.24

言葉は運命を変える ─懺悔と遍路─

2016-04-08-030-004.jpg

 一緒に懺悔(サンゲ)し、人の道にそって生きることを誓うと、運命が変わります。
 言葉は必ず心を動かすからです。
 たとえば、こんな具合です。

「我昔所造諸悪業(ガシャクショゾウショアクゴウ)
 皆由無始貪瞋痴 (カイユムシトンジンチ)
 従身語意之所生(ジュウシンゴイシショショウ)
 一切我今皆懺悔(イッサイガコンカイサンゲ)」


 この自分が、無限の過去から生まれ変わり死に変わりしてきた中で積んできたさまざまな悪しき(ゴウ…影響力)はすべて、
 無限の過去から行ってきた貪りと怒りと愚かさという三つの毒によってつくられたものです。
 自分は今まで、身体のはたらきも、言葉のはたらきも、心のはたらきも、三つの毒に染められたままでした。
 それらのすべてをたった今、心から懺悔し尽くします。

 ご本尊様へ合掌し、心からこう唱えれば、身体のはたらきも、言葉のはたらきも、心のはたらきも影響を受けないはずはありません。
 いのちのはたらきにまつわる毒の穢れが薄れ、消える時、運命の変わらぬはずはありません。
 また、無数の行者も、在家の人も、自らの意思と、大いなるもののご加護と、の力とによって生き方を変えてきました。
 それは、四国遍路の方々が真っ白な笈摺(オイズリ)をまとって歩く姿に表れています。
 お遍路さんはそれぞれよき目的を持ち、自力と、お大師様のご加護と、遍路を成り立たせるあらゆるのおかげとによって一歩づつ、自分を変え、運命を変えています。
 自力に偏らず、他力に偏らず、自分の功徳(クドク)と、み仏のご加持(カジ)と、真実世界のとの三力(サンリキ)がすべてを動かします。
 幾度も唱える同じ言葉が、微妙に変化し、深まり、おさまりがついてきます。
 それは心と運命の変化を意味しているのです。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん ばざら たらま きりく」※今日の守本尊千手観音様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IvMea3W6ZP0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

 

2016
04.09

健全な肉体と健全な精神の話(その2) ─コントロールのこと─

2016-04-08-012-002.jpg

1 私たちが欲するものの危険性

 四国遍路を前にして、「健全な精神は健全な肉体に宿る」の虚構性を知り、難問を抱えながら巡拝してきた。(ブログ「健全な肉体と健全な精神の話(その1)」)
 そもそも、古代ローマの詩人ユウェナリスはこう言ったのだ。

「健やかな身体に健やかな魂が願われるべきである」


 その理由は、多くの人々が手に入れたいと切望する〈富・地位・才能・栄光・長寿・美貌〉などが身の破滅をもたらしかねないからである。
 しかし、私たちは、社会に生きる生きものとして、それなりの衣食住や人間関係などを欲しがらずにはいられない。
 寒い時期にシャツしかなければ心もとなく、風邪をこじらせて死ぬかも知れないし、暑い時期に毛皮で身体を覆うしかなければ、ネアンデルタール人が寒暖のくり返しへ適応できずに滅んでいったように、健康な日々は望めない。
 地位があれば自分の意思を通しやすく、才能があれば周囲から認められやすく、賛辞があればやりがいも生まれ、長寿であれば人生の四季を知り、美貌があれば異性の関心を惹きやすい。
 つまり一般的に、富や地位などは人生を明るくする材料と期待されている。

 それにもかかわらず、それらは人生を破滅させかねない。
 4日間テレビを観ず、新聞を読まずに帰山したら、男子バドミントン界のエースと目されている桃田・田児両選手が闇カジノで賭博をしていたことが発覚し、ニュースになっていた。
 先輩の田児賢一選手(26才)は賭博で借金を抱えており、桃田賢斗選手(21才)は普段から高級時計などを身に着け、派手好きだったという。
 若く、人一倍健康な彼らは、地位にも名誉にも財産にも恵まれていた。
 そして転落しようとしている。

2 危険なものをコントロールする

 彼らほど飛び抜けて恵まれてはいない私たち凡人は、とんでもないと柳眉を逆立てたり、ざまあみろと溜飲を下げたり、別世界のできごとと知らん顔をしているだけでは、情報が生きない。
 凡人の多くも、なにがしか、後ろめたさを伴うことごとで日常生活のバランスをとっているものだ。
 臨時収入をパチンコですってしまったり、人妻がスポーツクラブのインストラクターに熱を上げてしまったり、ロクでもないことをやる。
 大々的なニュースに接し、ニュースにならない自分の姿を客観的に眺めるきっかけとすれば、〈あそこ〉までは行かないための小さからぬ歯止めになることだろう。
 孔子は、「水清ければ魚棲まず」と言った。
 清廉過ぎる人は他人が近寄りがたく、孤立しがちになるとの教えである。
 いわゆる聖人君子然とした堅物には人望が集まりにくい。
 それは、一人の人間の内面を観ても、似た事情になっている。
 パチンコや横恋慕は決して推奨されるものではないが、そのような部分があってようやく、私たちは人の道を大きく踏みはずすことなく生きていられるのではなかろうか。
 全体としてまっとうであれば、人として立派なものであると思える。

3 手段目的

 さて、私たちがぜひ考えたいのは、地位や名誉や財産や健康などは、いずれも、それらを得ることが人生の〈目的〉とはなり得ないことである。
 地位であれ、お金であれ、健康であれ、計り得るものはすべて、根源的価値を持たない人生の〈手段〉だ。
 それらを何のために用いるかという目的にはその人なりの人生をかけた価値観が伴い、この価値は計数化できない。
 たとえば私たちがお金が欲しいと思う時、それを使う目的の価値はどうなっているだろう?
 たとえば私たちが政治に経済発展を望む時、経済の膨張が私たちへいかなる人生上の価値をもたらすと考えているのだろう?

 ちなみに、ホセ・ムヒカ前ウルグアイ大統領は、水資源と環境問題が人類の取り組むべき最も大きなテーマではないと言う。

「マーケットをコントロールしなければならない。
 根本的な問題は、私たちが実行した社会モデルなのだ。
 私たちは生活スタイルを見直さねばならない。」


 あらゆる文化の多様性を無視し、国家の枠を超えて消費社会を煽り、馬のような私たちの目の前へおいしそうなニンジンをぶら下げ、世界中から富を集めるごく一部の人たちが操っている世界規模の経済システムこそが、人類にとっての大問題であると警鐘を鳴らしている。
 彼は、数値的にはかられる経済の発展そのものに価値があると考えさせられている私たちの錯覚を衝く。
 私たちは、〈目的〉を考えないよう、数値化した〈手段〉によって目くらましをさせられているようなものだ。

 私たち一人一人が生活に〈価値〉を感じられるよう役立つ政治には〈救い〉という要素が欠かせないはずだ。
 それは、さまざまな面で、持てる者から持たざる者への分かち合いが行われるようなシステムを構築し、動かす政治である。
 欠かせないものは「コントロール」である。
 あらゆるコントロールを拒否するグローバリズムや自由競争へ任せたままの政治に〈救い〉のあろうはずはない。

4 修行と成満

 どうにか、四国遍路の3分の1は成満した。
 それぞれなりの〈価値〉を求めた旅は無事、終わった。
 成満のためにこそ、歩き、祈れるだけの健康が求められ、願われた。
 全員が年配者であり、言葉には出さなくても、何かを抱えつつ乗り切った。
 そのためには、その人なりのコントロールが欠かせなかった。
 コントロールがユウェナリスの言う「健やかな身体」と「健やかな魂」をもたらした。
 コントロールする過程全体が修行であるとも言える。
 お釈迦様は何と説かれたか?

「身体と言葉と言葉による欲望のコントロールこそが修行である」


 健康が手段であり、心の清めが目的であるとしても、二つは切り離せない。
 手段は、目的によって価値あるものとなり、価値を持つ目的は、しっかりした手段によって達成された。
 そこに確かな価値が生まれた。
 これから、成満された方々は、じっくりとその価値を味わうことだろう。
 そして誰一人、自分の力だけで達成されたと思う人はいないに違いない。
 あらためて〈おかげさま〉を知ったのだ。
 南無大師遍照金剛。
 



 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」※今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=EOk4OlhTq_M





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。