--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
01.27

平成26年2月の運勢 ─本田圭佑選手や田中将大選手に観る修身の姿─

20140124001 (2)3
〈グラウンドへ礼を捧げる田中将大投手です。産経新聞様からお借りして加工しました〉

 2月の運勢としては、儒教の説く「修身(シュウシン)斉家(セイカ)治国(チコク)平天下(ヘイテンカ)」をよく考えてみたい時期になります。

『大学』という書物にはこう書かれています。

「物に本末(ホンマツ)あり、事に終始あり。
 先後(センコウ)するところを知ればすなわち道に近し」


(樹木に根があり枝葉もあるように、モノには本と末がある。
 ものごとにも、終わりと始まりがある。
 先になるものと後になるものとを知れば、人の道へ入る者と言える)

 ものごとが成って行く順番をきちんと把握しなさいと説かれています。
 それに続いて、冒頭の教えがきます。

「古(イニシエ)の明を天下に明らかにせんと欲する者は、まずその国を治む。
 その国を治めんと欲する者は、まずその家を斉(トトノ)う。
 その家を斉(トトノ)えんと欲する者は、まずその身を修む。」


(古人の叡智を天下へ明らかにしようとするならば、まず、天下を動かそうとするより先に、国を治めなければならない。
 国を治めようとするならば、まず自分の家庭がバランスよく営まれるようにせねばならない。
 自分の家がそうあって欲しいならば、まず、自分の身を修めねばならない)

 ここで、因果によって先と後を整理しなおせば、冒頭の順番になります。
修身→斉家→治国→平天下」
 これは、自分の身を修められなければ、家も国も混乱し、ひいては天下が狂ってしまうことを意味しています。
 だから、「修身」は、家のためにも、国のためにも、この世のためにもまず最初に、やらねばなりません。

 さて、修めるとはいかなることでしょうか?
 そもそも「修」の文字は、祭事へ臨む前に背中から水をかけてもらい、清めることを意味しています。
 だから、修身を実行するとは、何よりもまず穢れを去り、神仏の前へ出て恥ずかしくない心身になることです。
 清らかな者になれば、家にあっては、その言葉や行動が家族間へ家族らしい親和をもたらし、国へ関わってはによる政治が可能になり、ひいては天下に叡智の光があふれるようになるのです。
 こうした観点から考えると、テレビでは他人をいぎたなく罵るような場面が喜ばれ、政界では攻撃的な人物が目立ち、私たちの脳が〈見る〉ことによる刺激を最も強く受けやすいことに乗じた不の風潮があるのは問題です。

 サッカーの本田圭佑選手がイタリアで行ったミラン入団に関する記者会見では、おそらく、地元の記者たちが、言葉少ない選手の周辺に漂う不動心のようなものを感じていたことでしょう。
 また、野球の田中将大選手は、地元仙台市でヤンキースとの契約を発表した後、しばし、グラウンドへ一礼を捧げました。
 両氏の〈静寂〉こそ、会見での言葉に勝るとも劣らぬほど饒舌にのありようを表していたように思えてなりません。
 聞いた言葉はやがて忘れても、が感応した印象はなかなか消えません。
 そして印象は、心中で何かを熟成させ、人生の宝ものになったりすらします。
 両氏がどのように身を修めてきたかは知りません。
 しかし、血肉となったはおのづと、確かに、無言の空間へ拡がっていました。
 それと感応する無数のへ、確かに、届いていたことでしょう。

 冒頭の教えはそもそも政治に携わる者へ説かれましたが、「先後するところ」を知り、「まずその身を修む」姿勢の価値は、どの世界にあっても変わりません。
 身を修めることは、すべての出発点となり、修めつつ進めば確実に成就へ近づけもしましょう。
 周囲にいる〈修めた人〉や〈修めつつある人〉に見倣いたいものです。

 皆さんが修身に留意し、運勢を生かし、開運されるよう祈っています。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



スポンサーサイト
2014
01.21

前厄・本厄・後厄・八方塞がりの方々へ ─春祭厄除け千枚護摩のご祈祷─

20140121016.jpg

 厄年とは何でしょうか?
 それは、自然の運行に春夏秋冬などのリズムがあるように、自然の一部である私たちの運気にもリズムがあり、そのうちの〈鍛えられる時期〉に当たる年回りのことです。
 米も、柿も、大根も、天地自然の恵みと試練によっておいしくできあがるのと同じです。

 1才が最初の体験となる「八方塞がり」においては、〈塞がる〉という流れにあって、伸ばしたい手が思う存分伸ばせない虞(オソレ)があります。
 5才が最初の体験となる「前厄」においては、〈明らかになる〉という流れにあって、隠しておきたいものごとが露呈してしまう虞(オソレ)があります。
 6才が最初の体験となる「本厄」においては、〈あるがままに見られない〉という流れにあって、努力どおりの結果が出しにくくなる虞があります。
 7才が最初の体験となる「後厄」においては、〈足枷(カセ)がかかる〉という流れにあって、いつもより時間を要する虞があります。

 9年に1度、必ず廻ってくるこうした試練の時期を無事安全に乗り切り、人間として一段と成長できるよう、その年回りにご守護くださる守本尊様へ祈り、自分の努力と周囲の縁の力に加えて仏神のご加護もいただき、敬虔ですなおな心となって万全を期したいものです。

 もちろん、17才や18才など、運気の盛んな時期も、追い風をいいことに有頂天になれば転んでしまうかも知れません。
 厄年は必ず悪いことが起こり、そうでない年は必ずよいことが起こるわけではありません。
 雨の日には傘を差し、晴れた日には帽子をかぶるように、人生の向かい風や追い風それぞれを上手に生かし、自然の一部としての人間生活をリズムよく過ごしたいものです。

 運気の流れとしての1年は立春から始まります。
 だから、私たちは必ず「春夏秋冬(シュンカシュウトウ)」と言い「冬春夏秋」とは言いません。
 当山では、立春の到来を前に、2月2日(日)午前10時より千枚の護摩木を焚いて1年間の厄除けを行います。
 千は無限を意味し、厄除け開運のために、それぞれの方の、立春から翌年の節分まで1年間をお守りくださる守本尊様へ最高のまごころを捧げてご供養します。
 私たちは毎年、運勢が変わり、お守りくださる守本尊様も変わります。
 たとえば八方塞がりの年には地蔵菩薩様、本厄年には千手観音様、前厄祓いでは勢至菩薩様、後厄祓いでは大日如来様へ祈るのです。
 祈願を申し込まれた方は、総本山開悟峯寺の『星祭』でも厄除け祈祷拝受となり、当山経由で祈祷札と御守が送られます。

【年齢別運勢表】

年齢は数え年で見てください。
それぞれの詳しい運勢表と心構えのヒント『開運のしおり』は当山にあります。

●● 八方塞がりの年…守本尊は地蔵菩薩様…天地は通じ、開く。
1・10・19・28・37・46・55・64・73・82・91・100才
○● 種蒔きと開運の年 守本尊は阿弥陀如来様…積徳には開運あり。
2・11・20・29・38・47・56・65・74・83・92・101才
●○ 歓喜と散財の年…守本尊は不動明王様…質素倹約を第一に。
3・12・21・30・39・48・57・66・75・84・93・102才
○● 運命変化の年…守本尊は虚空蔵菩薩様…悲運を打開するチャンスあり。
4・13・22・31・40・49・58・67・76・85・94・103才
○○ 前厄の年…守本尊は勢至菩薩様…虚実が明鏡に映る如く、明らかになる。 
5・14・23・32・41・50・59・68・77・86・95・104才
●● 本厄の年…守本尊は千手観音様…外は穏でも、内には乱の危険あり。
6・15・24・33・42・51・60・69・78・87・96・105才
●● 後厄の年…一陽来復 守本尊は大日如来様…再び、陽が廻りくる。
7・16・25・34・43・52・61・70・79・88・97・106才
○○ 仮の縁多い年…守本尊は文殊菩薩様…善悪虚実を見分けて安全と発展あり。
8・17・26・35・44・53・62・71・80・89・98・107才
○○ 良縁多く盛運の年…守本尊は普賢菩薩様…良縁多く、福が来る。
9・18・27・36・45・54・63・72・81・90・99・108才


【申込みによって授与されるもの】

○御札 ○御守 ○ミニ錫杖 ○八方除け御守
 ご志納金は、数え歳19歳以上の方は5千円、数え歳10歳から18歳の方は3千円、数え歳1歳から9歳の方は2千円となります。
 ご志納金によって授与される内容は変わります。

護摩木の奉納も受け付けています】

 護摩木のご志納金は1本3百円です。

【お申込方法】

 ご住所・ご芳名・℡番号・生年月日を明記の上、以下の方法で1月31日(金)までにお申し込みください。
・電話…022(346)2106 午前9時より午後5時まで
・ファクス…022(346)2107
・メール…ryuuchi@hourakuji.net
・ご志納金の入金先
 ゆうちょ銀行 02260ー3ー4604 (宗)大師山法楽寺
 七十七銀行吉岡支店 5446007 (宗)大師山法楽寺
 古川信用組合吉岡支店 3383332 (宗)大師山法楽寺

 皆さんの厄除け開運を祈っています。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2014
01.01

新しい年を迎えて ─ご挨拶・運勢・開運のポイント─

20140101001.jpg

20140101003 (2)

○ご挨拶

 皆さん、新しい年を迎えられ、本当によかったですね。
 皆さんと共に新しい年を迎えられたことは、ありがたくてなりません。
 最近、高校で同期だった仲間が作る文集に、こんなことを書きました。
「目と目を見ながら語り合った友人たちは不思議にも、事実として、一生の宝ものとなるのである」
 当山は、仏縁のつながった方々のほとんどと、互いに目と目を見ながら、心で固い握手をしています。
 悲しみにあっても、苦しみにあっても、あるいは喜びにあっても、〈そちら側におられる〉他人は一人もおられません。
 皆さんがどう思われていようと、当山にとって、仏縁の糸で結ばれた方々は等しくご本尊様を中心とした親戚のようなものです。

 昔、お釈迦様が説法される時、人間だけでなく、神々も動物たちまでもが周囲へ集い、耳をかたむけ、救われたとされています。
 同じように、人生相談にこられる方も、あるいはご祈祷やご葬儀やご供養のご縁で足を運ばれる方も、役員さん方も住職も職員も、すべて、一緒にご本尊様のご加護を受けています。
 そうした方々と共に日々を過ごせることは寺院として本望です。
 皆さんは当山にとって永遠の宝ものであり、当山も又、皆さんのささやかな宝ものでありたいと願っています。

 お正月に5回行うご祈祷では、ご本尊さまの前でまず懺悔を行います。
 そして、戒めを確認し、菩薩(ボサツ)として生きる具体的な行動を誓います。
 ご先祖様方をご供養し、よき願いには如意宝珠(ニョウホウジュ)のお力をいただきます。
 こうして自らを清め、人間たる行為に邁進すれば、生まれと共に見守ってこられた守本尊様のご加護が増し、自ずと、目的達成への足どりは強まることでしょう。

 また、昨年のお盆にひき続き、3日(金)の午後2時には当山を出発し、仙台市泉区で建設が進行している『みやぎ四国八十八か所巡り道場』の参拝を行います。
 お大師様は、四国全体を一つの修行道場とみなし、覚悟を決め、修行し、結果を得、憩うという救済の道筋を明らかにされました。
 1年の新たなサイクルが始まる時、お大師様の志を偲びながら共に白雪を踏み、「南無大師遍照金剛(ナムダイシヘンジョウコンゴウ)」とお唱えしましょう。
 まだ10分の1しか造られていませんが、わずか30分のお詣りでも、私たちの誠心は必ずや、お大師様がおられる弥勒菩薩様の浄土へ届くことでしょう。
 道場の守本尊であるお地蔵様の後には、東日本大震災で犠牲になられた方々をご慰霊申しあげるためのお塔婆が立っています。
 御霊となられた方々へ供養のまことを捧げ、文明の大転換点をしっかり生きる覚悟を新たにしようではありませんか。

 さて、今年は、第47回目となる寺子屋(1月11日)に、〈言の葉アーティスト〉であり、ロゴセラピストの資格もある渡辺祥子氏をお招き申しあげ、言葉について考えることにしました。
 東日本大震災後は、亡くなられた方々や被災された方々のお心をおもんばかりながら、できることをさせていただきたいという尊い心が全国に広がり、多くの方々が、「さて……」と立ち止まられたことでしょう。
 自分は、どなたへ、どういう言葉をかけられるか?
 どう言葉を交わしたらいいか?
 かける言葉にどれほどの価値があるのか?
 あの時以来、私たちは、言葉というものの持つ重みや繊細さを再認識しつつ、ここまで来たたはずです。
 春が来れば丸3年となる今、皆さんは、ご自身なりにどんな答を見つけ出されたでしょうか。
 そして、どう語り、どう生きておられるでしょうか。

 渡辺祥子氏の思いです。

「普段何気なく使っている言葉に、改めて目を向けてみませんか?
 新しい年の始まり。
 私たちのなかに流れる宝物を、皆さんと確認したいと思います」


 共に感じ、考えてみましょう。

 また、今年は、初めて新年会を催します。
 畏まったものでなく、寺子屋に引き続いての気楽な懇親会です。
 お互いの無事と元気を確認し合い、「おかげさま」「おたがいさま」で新たな年を和やかにスタートさせようではありませんか。

○今年一年間の運気の流れ

一 ものごとを新しくはじめたくなる
 
 どんどん前へ行きたくなる今年、注意すべきは、「新芽に肥料をやり過ぎてはいけない」ということです。
 新芽の段階では、早く成長するようにとたくさん肥料を与えるよりも、土や水分や温度に心をくばってあげる方が、植物自身の成長力を伸ばせるものです。

二 因縁や気持や志を同じくする人々が集い、和する

 順調な場合に結束力が高まるのは当然ですが、問題が発生した時こそ真価が問われます。
 そこで苦しみを共にし、助け合ってこそ真の仲間です。プロ野球『楽天』のイメージでやりましょう。

三 頑固な自己主張がぶつかって争いとなり、窮地から脱しにくくなる

 一生懸命になる余り、〈聴く耳〉を持たなくなっては危険です。
 いくら仲間とはいえ、強気な同士がお互いに一歩も退がらないと、不毛で危険なチキンレースになりかねません。

四 仏神や目上を蔑(ナイガシ)ろにする心が起こり、突然の信用失墜を招きやすい

 ものごとがうまく進むと、どうしても高慢になり、楽観しがちになり、周囲の支えや仏神のご加護を考えなくなりがちです。
 それでは、知らぬ間に運気が下がり、痛い目に遭いかねません。

五 理にそぐわない思想や宗教がはびこり、まっとうなな精神が見えにくくなる

 不安や不満が世間を覆うと、つけ込む輩が現れ、タブーめいたことや、〈隠れた悪玉〉探しを流行させるものです。
 情報は自分で判断し、おかしなものに乗せられないようにしましょう。

開運のポイントは

 さて、こんな平成26年は、〈親しみ合い〉と〈競い合い〉とのバランスが難しい一年になりそうです。
 信念や使命感や情念のこもった言葉が人の心を衝き動かして大きな力を生み出す一方、迂闊なやりとりで肝腎なものが壊れ、信用を失う危険性もあります。
 ふと、意識せぬままに漏らすひと言が、前途に大きくかかわるかも知れません。

 言葉は当然、心を反映します。
 たとえば、『伊佐ホームズ』(東京都世田谷区)社長伊佐裕氏の言葉です。
「人物と同様に良い建築は内外が一体となる。
 私たちの仕事も斯くありたい」。
 実にシンプルですが、社長と会社の姿勢を示すのに、他の言葉はもう要りません。
 創られたモノとしての家に〈ごまかし〉や〈見てくれ〉がないのと同じように、社長にも会社もそうしたものとは無縁だろうと信じさせるとてつもない説得力があります。
 ここで言う「内外」とは家の内側と外側だけではありません。
 会社の方針と商品としての家であり、社長をはじめはたらく人々の心がけと仕事ぶりであり、さらには、会社の思想と芸術作品としての家などの関係をも含んでいます。
 こうした言葉は、誠意や真心やぶれない信条などが積み重ならなければ出てきません。

 言葉に気をつけるとは畢竟、心のありように気をつけることに他なりません。
 まごころをもって語り、書き、共によくなる一年にしたいものです。

◎お詫び

 常日頃、皆様から温かいお励ましや、お礼や、ご意見や、ご芳志などを賜っておりますが、お返事やご挨拶がなかなか思うに任せず、ご無礼を重ねておりますことを、あらためて心よりお詫び申し上げます。

 感謝とお詫びにて新年のご挨拶を終わらせていただきます。合掌 

2014010100522.jpg
〈秘仏になっている当山開基時代からの守本尊様方をご開帳しています〉

20140101027.jpg
〈新年最初の護摩法です〉




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2013
08.24

平成25年(2013年)9月の運勢─流れの生かし方─

20130824004.jpg
〈『法楽農園』の胎蔵界大日如来〉

 2013年9月(長月…9月7日から10月7日まで)の運勢運気のミニポイントです。
 改運し、開運し、快運となりますよう。

○魂で判断する第六感を生かせば、新しい世界が開けます

 今月は、理論だけでは解決をつけられないような場面がたくさん生じます。
 そこでは、すなおな心で第六感を重んじいものです。
 
 8月17日付の河北新報は、東北電力浪江・小高原発計画に関わった二人の市長の言葉を掲載しました。
 南相馬市の桜井勝延市長(57歳)は、東日本大震災の前日に行われた市議会で原発計画について問われ、「協定書に基づいた対応以外ないと考える」とそっけなく述べました。
 賛否両論があり、当時の原発着工予定は平成28年で、自分の任期外だったからです。
 しかし、震災に次いて原発事故が起こり原発の恐ろしさが骨の髄までしみました。
「爆発が起きても何の連絡もない。誰を頼ればいいかも分からない。それが原発事故だった」。
 市庁舎に50日間寝泊まりして対応し、「住民の安全を守るのが使命。脱原発を明確に示すことが被災自治体の務め」と考え浪江・小高原発関連の交付金を辞退し、原発を拒否する姿勢を鮮明にしました。

 一方、浪江町の馬場有市長(64歳)は、「原発は地域振興のために必要」と考え計画を推進してきました。
 福島第一原発の建設・稼働によって浪江町にも経済効果が及び、家業の酒屋でも「高級ワインが売れるようになっていた」からです。
 しかし、一号機の爆発が起こった2日後、三号機の爆発が起こった時に意識転換が起こりました。
 高線量地域だったことを知らされず、浪江町対馬地区に集団避難していた住民が、再避難を余儀なくされたからです。
「制御不能な原発はモンスターのようだった」。

 それがどう役立つか、それを使えばどう儲かるかという判断があまりにも先行すると、〈そのもの自体〉の姿は見えにくくなります。
「人間にとって原発は何なのか」という根本的な問題は、人智の限界を問題にすることでもあり、机上の計算だけで済ませられないはずです。

 直立歩行できるようになった人間は両手を用いて道具を操り、概念で思考するようになり、機械に計算を任せる過程で、第六感の力を弱めてきたように思えます。
 生活レベルは飛躍的に向上しましたが、一方で、危険性を孕んだ歴史でもありました。
 第六感が持つ最大の役割は、危険へ近づかせないところにあるからです。
 気配を感じとることによって、まだ視野に入らず、足音も聞こえていない敵から身を守る生きものたちを見れば、一目瞭然です。
 人間も同じ生きものであることに変わりはありません。

 私たちは、〈自由に欲望を満たすという方向で何でもやれる〉という思い込みにより、第六感のはたらきを弱め、すでに、〈見えぬモンスター〉たちの餌食となりかけているのではないでしょうか。
 暴発的な破壊力を持つ異常気象は世界中で常に生じ、今世紀半ばには海面が一メートル近く上昇するとされています。
 世界中で心を病む人々が増え、依存症の日本人は2000万人になりました。
 日本人の三人に一人は何らかのアレルギーを抱えており、食物アレルギーによる死者は後を絶ちません。
 今月は危機を認識し、〈そのもの自体〉を直感的にとらえる第六感の錆を落とす時期にしたいものです。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2013
07.31

2013年(平成25年)8月の運勢─流れの生かし方─

2013073101法楽寺仏前勤行宝典

20130731001法楽寺仏前勤行CD

 2013年8月(葉月…8月7日から9月6日まで)の運勢運気のミニポイントです。
 改運し、開運し、快運となりますよう。

○今月は、おさまるべきものがおさまるべきところへおさまる「固定」の力が強くはたらきます

 今月は、数十年に一度の、「定まる」力が強大な月です。
 ここで運気をいかに生かすかが、その後の人生に少なからぬ影響を及ぼすことでしょう。
 このような時期には、自分をよくふり返り、「分を尽くしているか」「まっとうな願いを持っているか」「心にある恥ずべきものを見すえているか」などとよく考え、ごまかしのない澄んだ心で、なすべきことに邁進したいものです。

 もしもこの一ヶ月で、仏神に顔向けできない生き方をすれば、よからぬものやつまらぬものがしっかりと根を張り、悪影響が尾を引きかねません。
 せっかく発展の芽が出た時に、思いも寄らぬ形で信用を破壊される事態に陥って失敗したり、目上との間で自滅的な問題を起こして失敗するはめに陥るかも知れません。
 望まぬものが固まってしまえば、後が大変です。
 ボンドや瞬間接着剤を用いる時に注意するのと同じ慎重な姿勢でやりたいものです。

 もしもこの一ヶ月で、嵐にも消えない灯火をともすように肝心なものを定めてしまえば、その後の人生でおたおたせずに済むことでしょう。

 そこでお勧めなのが、懺悔の言葉です。

「無始よりこのかた貪瞋癡(トンジンチ)の煩悩(ボンノウ)に まつわれて、身と口と意(ココロ)とに造るところの、もろもろのつみとがを、みな悉(コトゴト)く懺悔(サンゲ)したてまつる
 我昔所造諸悪業(ガシャクショゾウ ショアクゴウ)
 皆由無始貪瞋痴(カイユムシ トンジンチ)
 従身口意之所生(ジュウシンクイ シショショウ)
 一切我今皆懴悔(イッサイガコン カイサンゲ)」


 読み下し文は一回、漢文は通しで三回、読むならわしになっています。
 毎日一度でも口にすれば、心も運勢も大きく変わること請け合いです。

(唱え方は、どうぞ『法楽寺仏前勤行宝典』CDの冒頭をご参考にされますよう。
 また、「従身口意之所生」は「従身語意之所生」と唱える場合もありますが、同じ意味です)

金縛りに遭う時は否が応でも遭うのです

 そんな状況になったならば「あっ、来たな」と落ちついて対応しましょう。
 今月起きやすい金縛りに関するウィキペディアの解説です。
「医学的には睡眠麻痺と呼ばれる。
 睡眠時の全身の脱力と意識の覚醒が同時に起こった状態。
 不規則な生活、寝不足、過労、時差ぼけやストレスなどから起こるとされる。」
 このことを知っていれば、金縛りに遭ったからといって、無用の恐怖や不安などにとらわれることもなく、魔ものを怖れる必要もありません。
 そもそも金縛りとは、不動明王が左手に持った索で悪しき心を縛るお力の強さを指したありがたい言葉です。
 動物である人間は、位置を変えることが生きる実感と密接に結びついています。
 そこが脅かされたと感じる時は、智慧と胆力によって相手を冷静に見極め、悠然と対応したいものです。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。