--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
11.11

四国の巡拝を終えて ─ご加護と祈り─

508.jpg
〈キリシタン灯籠〉

 おかげさまにて、四国の霊場を25カ寺、予定通り巡拝し終えました。
 雨も風もありましたが、前回のような嵐には遭わず、60代から70代の男女7名はそれぞれの目的を達しました。
 お大師様をはじめ仏神のご加護と有縁無縁の方々の善心とが、強い悪縁を避け、弱りつつある足腰をお支えくださいました。
 感謝にたえません。

 48番札所西林寺では、考えごとをしているうちに車の中へ頭陀袋(ズダブクロ…托鉢などで首に懸ける袋))を置き忘れ、せっかく納経所に並んでいる運転手の滑田(ナメタ)さんを列から外させるわけにもゆかず、心でお線香やおローソクを捧げました。
 情けなく、申しわけない気持でいたところ、帰り際、滑田さんから教えられました。
「納経所の横におられる福授地蔵様は、願い事をお聞き届けくださることで有名です。
 ただし、願いは1つだけしか懸けられませんから、くれぐれも欲張られませんよう」
 もちろん全員が、池の中に立つお地蔵様へとつながる橋の前に並びました。
 引け目を感じている小生は、「さあ、誰の何を願うんでしょうか?」などと軽口を叩きながら最後尾につきました。
 結局、忘れた不始末をお詫びして、何とか最後まで役割を果たさせてくださいと祈るしかありませんでした。

 46番札所浄瑠璃寺では、ご本尊薬師如来様の前に立ったところ、早朝でまだ参拝者もほとんどいないのに、大きな屋根の下に集う無数の人々の気配を感じて鳥肌が立ちました。
〝これはどうしたことだろう?〟
 畏怖の念を抱きながら大師堂へ向かったら、「抱っこ大師」がおられました。
 幼少時のお大師様に擬した小さな木彫りのお像で、皆さんがいなくなってからこっそり抱っこしたところ、妙にしっくり来るではありませんか。
 男女それぞれ、肉体的にだけでなく精神的にも特性があり、男性原理、女性原理という言葉もありますが、男女共に、精神的には両性の要素を持っているようです。
 その比率には当然、個人差があって、その人らしさが形づくられています。
 抱っこ大師は、女性に母性を意識させるだけでなく、男性からも隠された善き女性的何ものかを引き出してくれるのでしょうか。
 帰山してから調べたところ、江戸時代、地元の庄屋が托鉢僧堯音となって全国から寄進を募り、山火事で消失した伽藍を再興したと知り、二度、鳥肌が立ちました。

 そういえば、飛行機に備え付けられた雑誌に、競馬馬を指導する調教師の話が載っていました。
 牡馬は自己主張が強くてよく抵抗するが、嫌なことをすぐに忘れてくれる一方、牝馬は嫌なことをよく覚えているから慎重につき合わねばならないと書いてありました。
 隣に座ったAさんにこのことを伝えたら、「私は牡馬ね」と大笑いになり、妙に納得したものでした。

 最後の53番札所円明寺では、ご本尊の阿弥陀様とすっかり感応してしまい、声明(ショウミョウ)からすぐに阿弥陀様の真言に入り、たった3度ですが存分に唱え終わって振り向いたところ、皆さんから般若心経がまだですよとお叱りを受けました。
 それでも気を取り直して大師堂へ向かい、最後に九字を切って無事、行程を終えました。
「善男善女、心願成就」
 帰り際に、滑田さんからキリシタン灯籠へ導かれました。
 キリスト教が禁制だった時代、円明寺では事実上、キリシタンの祈りを認めていたとされています。
 さすがはマンダラを説くお大師様の姿勢を受け継ぐ寺院であると感じ入りました。

 途中でアメリカ大統領選挙の結果を知りました。
 私たちはさまざまな観念を持ち、願いを持って生きていますが、人間の歴史と共に練られ、深められてきた普遍的な価値を伴った観念は、目先の現象を眺めているだけではつかめず、実感もできません。
 移民国アメリカで培われてきた〈平等〉の思想は、公正な社会を実現するために不可欠であるにもかかわらず、目先の結果を競う方向へと強く傾斜した〈自由〉の意識に覆われつつあるように思えてなりません。
 それは、資本主義体制をとる先進国各国に共通する問題です。
 自由に結果を競うだけの単純な原理で世界が動けば、弱肉強食という現実の前に勝者と敗者は固定化し、勝者はより富み、増殖する敗者たちはより簒奪されて悲惨な境遇に陥ることでしょう。
 これではケダモノの世界と変わりないではありませんか。
 トランプ氏は叫び続けました。
「アメリカを偉大な国にする!」
 それは、アメリカ人以外を除く世界中の人々にとっては、迷惑で独り善がりな意識でしかありません。
 自国や自国の仲間だけが勝者であろうとするような意識を喚起する指導者には、世界中が注意せねばならないと思います。
 一方、彼の最大の功績は、民主党のサンダース氏と共に、没落しつつある層の苦しみや怒りをしっかり受け止めたという点にあるのではないでしょうか。

 硬直した原理だけでは公正な社会を気づきにくいという現実の前で苦闘しているフランスのオランド大統領だけは、さすがのコメントを発表しました。
「今般のアメリカ大統領選挙は不確実な時代を開きます。」
 単純で俗耳に入りやすいフレーズを叫ぶ人ではなく、対立する思想や立場や利害を公正に調整できる慎重で叡智に富んだ指導者が求められていると思います。
 そして、私たち一人一人もまた、そうした人を選べるよう意識を高めねば、社会の亀裂や対立を深めて行くおそれがあります。

 お釈迦様は2500年前、弱肉強食から自他共に救われる道へ向かうよう説かれました。
 お大師様は1200年前、個人的・歴史的人間性の深まり、高まりがどのように進んで行くか明確に説かれました。
 実際に主著「十住心論(ジュウジュウシンロン)」「秘蔵宝鑰(ヒゾウホウヤク)」を読み解いた岡倉天心、菊地寛、湯川秀樹、井筒俊彦といった人々は、その真実性と価値を指摘しました。
 不確実な時代に、私たちと日本が進路を誤らぬよう、45番札所岩屋寺の穴禅定では魂魄の力を込め、九字を切りました。
「天下泰平、万民富楽、不戦日本、世界平和」




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」※今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=EOk4OlhTq_M





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト
2016
11.09

四国で猫に会い、亀に会う

 四国霊場巡拝している。

○捨てられた猫

 37番札所岩本寺を過ぎ、金剛福寺へ向かう途中のドライブインで、ほっそりした猫に出会った。
 軒下で毛づくろいをしていたのは、白と薄茶色の若い雌猫だった。
 毛足の長い背中はさっきまでの雨に濡れ、やや狐顔のまなざしは、いかにも空腹そうに見えた。
 ゆっくり近づき、しゃがんで頭を撫でるとゴロゴロ言いながら身体を擦り付けてくる。
 やはり、捨てられた猫なのだ。

 餌になりそうな食べ物も持っていないので、「しっかり生きろよ」と声をかけてジャンボタクシーに戻ろうとしたら追いかけてくる。
 かわいそうだが振り切って乗り込むのを見た彼女は、隣に停まっている白い乗用車の下へもぐり込み、長めのしっぽがするりと消えた。
 それが永久の別れとなった。
 車中から一部始終を眺めていたらしいAさんは言う。
「捨てるくらいなら。飼わなければいいのにねえ」
 小生は応えた。
「そうですが、やむにやまれないケースもきっとあるんでしょうねえ」

 昼食時に潮騒を聞きながらうどんを食べている時、彼女を思い出した。
“誰かに餌をもらっているだろうか”
 宇和島駅前のホテルで夕食を食べ終える頃、一階のレストランから見える街路を急ぐ女子高生の白い傘が視界を流れ、またもや彼女を思い出した。
 不憫さに胸が詰まり、言葉も詰まった。
「━━あの猫はどうしているんでしょうか……」
 誰もが口をつぐんだままだった。

○現れた

 ジョン万次郎の巨大な銅像と道路をはさんだ向かい側に、目立たぬ宝篋印塔と、それを取り囲むさほど大きくない池がある。
 渡海僧の碑だ。
 その昔、手漕ぎの小舟で、遥か西方にある補陀洛浄土(フダラクジョウド)を目ざす渡海が試みられた。
 助手は神の遣いである

 一人の観光客もいない池を見つめていたら大きな野鯉が二匹、やってきて、背中を水面より高く出し、すばやくUターンした。
 続いて、30センチほどもありそうながゆっくりと頭を出したかと思う間もなく、水中へ没した。
 あとは、どんよりと雲の垂れる空の下、暗い水面が静まり返るだけだった。

 渡海僧は確かにと会い、に連れられて行くべきところへ逝ったのだろう。
2016
11.07

マルチの落とし穴 ─「俳人は俳句しかないのである」─

2016-11-07-0001.jpg
〈地にあるもの〉

 今は、〈マルチ〉な人間が喜ばれる時代である。
 何かで名を上げれば、その人の行為は他の分野に関するものでも関心を呼び、マスコミに重宝される。
 しかし、そうした人々の中には、専門分野以外のところで、いかがなものか、と思われる行為に走ってプロプロたる土台を疑われたり、自分で破壊してしまったりするケースも散見される。

 かつて、「人間探求派」と呼ばれた俳人に石田波郷(ハキョウ)がいる。
 これから四国八十八霊場へでかけることを縁として、愛媛県出身の彼について少々、書いておきたい。

 昭和40年2月21日、俳人石田波郷は、毎日新聞に「俳句の魅力」を発表した。
 以下、抜粋を読んでみよう。
 歴史的仮名遣(カナヅカイ)で書かれたもので、読みにくいかも知れないが、当時のままで引用したい。

「今日では小中学生に俳句を教へる先生は、子供たちに、自分のほんたうに歌ひたいものを、自分の言葉で歌ひなさいといふにちがひない。
 俳句も詩である以上、私もこの考へは当然だと思ふが、私は形からはひつた私の入門を間違つてゐたとは思はない。
 私は形からはひつたが、それゆゑに俳句形式のもつ魅力を存分に学ぶことができたし、後年、自由な詩の欲求が起こつた時にも、自分のやつてゐるものが俳句であることを決して忘れず、形をくづすことを拒んできた。
 そして自らの表白の欲求によつて自らの俳句を生み出してゆく、生々たる営みを、これが生きるといふことかと思つたほどである。」


 波郷は、五・七・五という韻文の形を重んじた。
 切れ字がきちんとしていてこそ俳句であるとし、「歌ひたいもの」をそこに納めるべく苦闘した。

「俳句の魅力は、一口にいふと、複雑な対象を極度に単純化して、叙述を節してひと息に表現することにあると思ふ。
 複雑なものは複雑ななまゝに、多元のものは多元のまゝに詠まうといふ新しい方法も今日広く行われてゐるし、その方が、現代の句法と言へるのかもしれないが、俳句独自の魅力は弱まるのではないか。」


 詠みたい内容に合わせた自由な表現を否定はしないが、定まった形での表現にこそ、俳句の醍醐味があると言う。
 

俳人は俳句しかないのである。
 詠みたいことはすべて俳句でやるほかはない。

 おびたゞしい字余りや破調、日本語本来の語法を犯す叙法も、詠みたいものがあふれてやまないからだといふ考え方にも、同じ俳人として同情はできるのである。
 しかし同調はできない。


 文字どおり、血を吐くような叙述である。
 誰しも、言いたいこと、言わずにいられないこと、表現したいことを抱えている。
 それをどのように吐き出すかは自由だし、その気持は理解できるが、自分はプロとしての境界を破るわけには行かないと宣言している。
 まったく同感である。
 小生も、宗教者として最大の難問をそこに感じ、役割をまっとうできるかどうかの難関はそこにあると覚悟している。
 いわゆる「分際(ブンザイ)」の問題だ。
 小生のような凡人は、身の程を弁(ワキマ)えることによってしか、自分をかけた結晶体はつくれない。
 

「俳句表現にはたしかに限界がある。
 俳句といふ詩形を破ることなく、この限界をひろげることはむづかしいかもしれないが可能である。
 過度的に破調を来たすことはあつても必ず見事な完成をもたらして、俳句を前進させてきたのである。

 金剛の露ひとつぶや石の上 茅舎
 葛城の山懐に寝釈迦かな  青畝

 かういふ珠玉のやうな俳句、俳句表現の魅力を典型的にもつた句が私はたまらく好きだ。
 この二句の短冊を私は宝物のやうに大切にしてゐる。」


 お大師様は説かれた。

「夫(ソ)れ、仏法遥かに非(アラ)ず、心中にして、即ち近し。」


(そもそも、仏法はどこか遠くにあるのではなく、自分自身の心中にあり、身近なものである)

 この一文は、般若心経の真髄を説いた「般若心経秘鍵(ヒケン)」にある。
 仏教の行者は、世間に起こり自分に起こるいかなる現象についての〈解〉も、〈表現〉も、ここに求めるしかない。
 さまざまな理由から非宗教な分野にそれらを求める人びとに「同情」はできる。
 しかし、いかなる理由があろうとも、小生は「同調」できない。
 そうして、宗教の役割の「限界」をひろげ、「前進」させて行きたい。
 四国霊場で、その力を授かりたい。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2016
04.08

今月の寺子屋は、四国巡りのお話です

 今月の寺子屋法楽舘」では、四国八十八か所巡拝のお話をします。
 画像処理が間に合えば、今回、巡拝した写真もお目にかけられます。
 四国霊場は、日本の宝とも言うべき〈生きた聖地〉です。 
 ご関心のある方はどうぞ、おでかけください。

・日時:4月9日(土)午後2時~
・場所:法楽寺講堂
・参加費:千円(中学生以下:五百円)
・送迎:午後1時30分に地下鉄泉中央駅そばの「イズミティ21」前から送迎車が出ますので、乗車を希望される方は前日午後5時までに電話(022-346-2106)などでお申し込みください。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2016
03.19

四国霊場を巡る話 ─88の意味、心の変容─

2016-03-19-00012.jpg

 四国八十八か所巡りは、宗教宗派を超越した世界有数の聖地巡礼です。
 お大師様にゆかりの深い霊場を巡ると、各札所で何を体験したかという事実はもちろん大切な思い出になりますが、その全体が、日常的な自分を離れた〈何ごとか〉であったことを、あとからジワッとした充実感と共に感じとれるものです。

1 八十八の話

 ところで、「88になったのはなぜですか?」というご質問をよくいただきます。
 煩悩(ボンノウ)の数。
 男性42、女性33,子供13という厄年の数の合計。
 八十八の末広がり。
 その他いわれは多々あっても根拠はあいまいで、数にこだわる必要はなさそうです。
 ちなみに、星野英紀博士はこう書いています。

「開創については諸説あるが、信仰上では弘法大師空海が修行のため一寺一寺を巡ったことから始まったとされている。
 しかし、この説には史的データの裏付けがないこともまた確かである。
 無理のない学的推測の範囲でいえば、平安末期にはその祖型らしきものが確立し、鎌倉期、室町期を通じて次第に整備され、おそらく室町末期には八十八か寺が定まり、そして江戸期になって一般民衆の遍路者を多く迎えるようになったと考えられる。」(以下、「四国遍路の宗教学的研究」より)

「もし旧遍路道を徒歩で歩くとすると、現実には、参詣寺院は優に百か寺を上まわるのである。
 すなわち八十八の数は参詣のうえで、あまり実質的な意味を持っていなかったと考えることができる。」

「ある案内書には、八十八カ寺の他に『四国別格二十カ所霊場』を付加している。
 両者を併せると百八か寺となり、仏教のいう百八煩悩に通じると説明している。」


 実際、八十八カ寺以外のいわゆる番外札所も訪ねてみると、少なくともその〈聖性〉において、定められた札所にまったくひけを取らないすばらしい寺院が数多くある事実に気づきます。
 たとえば、細い山道の先に突然、光景が開け、山上とは信じられないほど広い駐車場に着き、本堂はいかにも修行寺らしい峻厳な空気を漂わせていて身が引き締まったりします。
 だから、あまり八十八という数字にはこだわらず、許された時間と体力の範囲で、ご縁に応じたお詣りを実践することが大切ではないでしょうか。

2 熟成される体験

 さて、私たちの日常生活は、家族や友人との関係、あるいは地域や会社の構造など、幾種類もの関係・構造が重なり合いつつ営まれています。
 それがあってこそ人間の社会であり、そこにこそ生きられる基盤がある一方で、関係や構造は、個人個人をつなぎ止めて救いとなるだけでなく、鎖としてそこに縛りつけるという一面も持っています。
 私たちは家族や会社に感謝しつつ、時には〈鎖〉から解放されたいという欲求も禁じ得なくなります。
 そうした欲求に導かれてでかけるお遍路さんは皆、平等であり、一切の階層や上下関係などが消えます。
 お遍路さんも地域の住民も互いに尊び合う四国遍路は、〈鎖〉の対称にある〈解放〉世界です。
 解き放たれたといっても孤独地獄へ放り出されるのではなく、自然な思いやりという信じがたいほど温かで柔らかい空気に包まれるのです。

 数々の苦しみや迷いから10代で四国遍路を体験した明治時代の女性史研究家高群逸枝(タカムレイツエ)は、苦闘の遍路体験を振り返り、20年後にこう書きました。

「その後、私の生活は、幾起伏(イクキフク)を辿(タド)ったけれども、それを一貫した態度としては、運命にまかせるところに、安心の境地をもつことであった。」


 お遍路の体験が、時の経過とともに高群の心へ「運命にまかせる」という根本的態度を育てたのでしょう。
 もちろん、そう意識されていようがいまいが、「運命」の成り行きと、「まかせる」気持を受けとめるのはお大師様です。
 霊場巡りは、いつしか、お大師様が目に見えない人生の同伴者となってくださる尊い修行です。

「〈生きている〉のではなく、〈生かされている〉のだという認識を得ることもできた。」(以下、体験者の話)

「心がきれいになったらいいなと、遍路に出る前に思った。
 終わってみて、心がきれいになったとはいえないが、世の中には優しい人がいることがわかった、接待などを通じて、ここまで心の優しい人がいるのかと思った。」


 四国は実に別世界であり聖地そのものです。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん ばざら たらま きりく」※今日の守本尊千手観音様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IvMea3W6ZP0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

 

back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。