--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
07.31

順境も逆境も仏心を磨く ―8月の聖語─

2014073100034.jpg
西條八十

 8月の聖語です。

「法味(ホウミ)を嘗(ナ)めて珠(タマ)を蘊(ツツ)む」


 数千人とも言われた膨大な弟子たちの中から、お大師様を後継者と定め、全てを伝授してくださった師僧である恵果阿闍梨(ケイカアジャリ)が亡くなられた際に、お大師様は碑文を書きました。
 そこにあるのがこの一節です。

「仏法のありがたさを知って、心にある珠のような仏心を磨き、大切に保ち続ける」

 師は常に弟子たちへ向かい、こうしたことを目的として、マンダラの教えを説かれ、導いてくださったとふり返り、感謝したのです。
 何という温かで奥深い表現でしょうか。
 仏法のありがたみは、そのままそっくり、師の人間性のありがたみとなっています。
 すべからく、仏法を学び、修行し、実践する者の心はこうありたいものです。

 大正7年に西條八十が作った童謡『金糸雀(カナリヤ)』を思い出しました。

「唄を忘れた金糸雀(カナリヤ)は
 後の山に棄てましよか
 いえいえ それはなりませぬ

 唄を忘れた金糸雀は
 背戸の小藪に埋(イ)けましょか
 いえいえ それはなりませぬ

 唄を忘れた金糸雀は
 柳の鞭でぶちましよか
 いえいえ それはかわいそう

 唄を忘れた金糸雀は
 象牙の船に銀の櫂
 月夜の海に浮べれば
 忘れた唄をおもいだす」


 優しい声でさえずることができなくなったカナリヤは、人間にとって〈役立たず〉です。
 しかし、捨ててしまったり、叩いてみたりしてはなりません。
 むしろ、これまでよりも手をかけ、目をかけてやれば、唄を思い出すかも知れないのです。
 お大師様の全体像へ迫る『エンサイクロメディア空海』(http://www.mikkyo21f.gr.jp/)に参加しておられる松岡正剛氏の言葉です。

「日本の童謡は世界で類例のない子供を対象とした表現運動でした。
 大正期前半に始まって一挙に広がり、戦争の足音とともに消えていったものです」(『日本という方法』より)


 お大師様は、ありがたい仏法によって仏心を磨き、保つと書きました。
 西條八十にあっては、難しい時代が、いつしか仏心を磨いていたのでしょうか。
 実に、順境逆境も、心一つで、み仏に成る機縁となり得るのです。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん あらはしゃのう」
※今日の守本尊文殊菩薩様の真言です。どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=WCO8x2q3oeM





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



スポンサーサイト
2011
09.08

三毒の恐怖

「誰にでもあるという『三毒』が、さっぱり理解できません。
 私はあまり学校の勉強をしませんでしたが、そんなに悪いこともしていません。
 自分も他人も傷つけ滅ぼす毒を持っているよと言われても、ピンときません」
 妻として母としてまじめにやっているAさんからのご質問です。
 おそらく、こういった感想をお持ちの方は結構おられるのではないでしょうか。
 今年の締めくくりの時期なので、今まで何度もとりあげたテーマを復讐しておきましょう。

 毒の一つ『貪(トン)』は貪欲(トンヨク)、すなわち貪ってやまない心です。
 これは、ものごとが円満に進む順境でつくられます。
 たとえば、犬を飼って可愛い可愛いと楽しんでいたとします。
 そこで、知らぬ間に「貪」の心が醸成されてしまっている場合があります。
 もし、突然、愛犬が死んでしまったならどうでしょうか。
 もちろん当初は悲しく、寂しくなりますが、時間が経つにしたがって強いマイナスの思いはだんだん薄れて行き、しみじみした哀感といったものがうっすらと残るだけになるのが普通ではないでしょうか。
 しかし、この毒にやられている人は、そうなりません。
 ご近所で飼い犬を可愛がっているのを見ては悲しみを新たにし、死の受容と愛しい思いの解消ができず、あまりに心優しい方などは、心身に著しい変調を来す場合すらあります。
 あるいは、お骨をいつまでも自宅へ置いたりもします。
 これは「可愛がる心」が度を超して毒を生じている状態です。

『瞋(ジン)』は瞋恚(シンニ)、すなわち怒る心です。
 これは理不尽な目に遭うとか、計画を邪魔されるとか、困難を強いられる逆境でつくられます。
 ものごとが自分の思い通りに行かなかったりすると、自分の未熟さや勘違いや見込み違いなどが原因だとしても、結果を冷静に受け容れられずに、まず、怒ってしまう場合があります。
「気に入らない」心が昂まり、怒りを抑えられず、気持をぶつける対象を外へ求めずにいられなくなるのです。
 これが動いている場合に、正しい智慧がはたらくことはなく、「カッとなってやった」ことが賢い行動であったためしは古今東西、ありません。
 カッとなって赤鬼になり、ウヌッと恨んで青鬼になり、復讐心を燃やしては黒鬼になります。
 怒りは心を荒(スサ)ませ、運命を狂わせ、吐く息で確認できるほどはっきりした毒は身体を蝕(ムシバ)みます。
 
『癡(チ)』は愚癡(グチ)、すなわち道理に暗い心です。
 すなおに、ものの道理に合わせた客観的な視点を持てないと、自分で自分を袋小路へ誘ったりします。

 多くの事件は、三毒のからみあいによります。
 愛しむ心が強い執着心となり、ちょっとしたことから憎しみや嫉妬へ転換すると、分別を忘れた大人げない行動へ走ります。
 幼児虐待事件なども、頭へ血が上ったために危険だという判断を忘れてやってしまうのです。
 他を害してはならないという歯止めが破壊され、愚かな行動へ走ります。

 人はどうしても「欲しい、惜しい」と思い、「カッ」と熱くなるものです。
 こうした心のはたらきは、命に付随しています。
 生きるために何としても自分で自分の胃を満たさねばならず、危険に際しては、身を守るために敵へ強く立ち向かわねばならないからです。
 そのエネルギーを自他共に発展させる方向へはたらかせるには、常々、ものごとの根本道理をきちっと腹に据えておく必要があります。
 そのためにこそ道を学びです。
 ここがケダモノと人間の分かれ目です。
 三毒に負けて〈奪い取るケダモノ〉や〈傷つけるケダモノ〉にならないために、教えを学び、自らを省みたいものです。

(この文章は平成16年に書きました。もうネットで読んでいただけない古い綴りの中から行者高橋里佳さんがピックアップしたものを加筆修正の上、再掲しています)


20110908 0012



 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん あり きゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。